読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

夏は好きなのですが雷は嫌いです

よもや話
スポンサーリンク

夏真っ盛りです。基本的に冬より夏の方が好きなのですが、

1つだけ困った事があります。

雷が本気できらい

これは本当に困ったことで子供のころからずっときらいです。

大人になれば治るのかと期待してましたが、一向におさまりません。

 

何がきらいなのか

何がきらいってあの「どこに落ちてくるかわからない稲妻」。

一瞬なので避けようがないのですが、「ピカッ」となるたびに「ビクッ」と。

ほんとうにいやです。

 

翌日の天気予報で「雷雨」なんて言われるともう、大変。

なんとか出かけないようにしようと必死に努力。

でも仕事は休むわけにはいかないので、行きますけどね。

ひどい人は雷恐怖症かも

 ちょっと調べてみると「雷恐怖症」という病気があるらしい。

  • 身震い
  • 叫び声
  • 発汗
  • パニック発作
  • 突然の尿意
  • 吐き気
  • 恐怖感
  • 心拍の上昇

等々が症状にあるようです。

私の場合は「恐怖感」「心拍の上昇」ですね。

あ、それとたまに「腹痛」。外でトイレに行かないといけない状況に

いると「トイレ行きたいが雷が怖くて外のトイレにまでいけない」という

ヘレンケラーの三重苦よりも大変な状況になります。

対処方法は

最も広く一般に知られており、可能な範囲の中での最も効果的な治療法として、雷雲に身をさらし、最終的には耐性をつける方法がある

う~ん、「慣れろ!!」と。怖いに外に出てろと。

雷が直撃したらどうするの?

一番良いのは安全な場所で雷雲が消えるまでやり過ごすのが一番ですけどね。