読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

空手教室引退しました

よもや話
スポンサーリンク

先日の試合を最後に息子が約9年間続けた

空手教室を受験のため引退しました。

 

思えばいろんなことがありましたが、よく9年間も

続けてくれました。

 

通い始めたころは「空手」より友達と騒げるというのが楽しかった

ようでしたね。

初めての試合でも「勝つ」ことより会場まで向かう電車に乗るのが

楽しみで「あっ、新快速電車や!!」とか「今のは快速や」など

とても楽しそうでした。

偶然、車両工場から「成田エキスプレス」の搬送運転を見た時は

目を皿のようにして通過する「成田エキスプレス」をじっと見てました。

関西で「成田エキスプレス」が走っているところを見るのは

めったにないことなので、鉄道ファンの人たちに交じって一緒に見たこと

いまでも覚えてます。

 

真夏の暑いときの蒸し風呂のような体育館での練習、真冬に手と足に

しもやけがたくさんできて腫れていても一度も練習を休みませんでした。

とても立派です。

 

すこし気持ちがやさしく「格闘技」には向いていないのか

試合ではあまり好成績を残すことはできず悔しい思いもしたようですが、

あなたは「試合に勝つ」よりも範士をはじめ同じ教室の先輩、後輩などとの絆、

武道をやることによって得た礼儀作法、そのたいろいろな、かけがえのないものを

たくさん手に入れました。

それらはこれからの長い人生できっと役に立つときが来ます。

 

最後の試合はあと一歩で表彰状もらえる位置まで行けたのに残念でした。

でも、この9年間で一番よい試合で感動しました。

恥ずかしい話ですがちょっと泣きそうになりました。

 

本当に長い間ご苦労様でした。 

本当に良く頑張りました。

本当にありがとう。