読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

朝の通勤電車で腹痛の発生を抑える方法

健康
スポンサーリンク

「過敏性腸炎です」と言われたのが18歳の春。それから30年、未だに

「お腹痛て、ト、トイレはどこ?」という緊急事態も日常茶飯事。

正直、外出しなくて生きて行けるのであればそうしたい。

仕事さえ自宅でできれば・・・と。

 

でもそんなことを言っても現実はサラリーマンだし、外出しないで済むことはな

い。

 

で、20数年の通勤人生の中で1番苦労した「緊急事態=朝の通勤電車」の克服方

法を

伝授します。

 

1.各駅停車の電車に乗る

自分自身に「トイレに行けない」状況をなるべく作らず、長くても数分で下車で

きる

各駅停車の電車に乗りましょう。

それだけでも精神的にかなり楽です。

 

2.各駅のトイレの場所を確認しておく

いつなんどき電車を降りてダッシュしなければならない状況が来るかわからない

ので、

暇な時に通勤経路の各駅のトイレの場所を確認しておきましょう。

進行方法の前方にあるのか後方にあるのか、トイレの数はいくつあるのか、など

基本情報はインプットしておきましょう。

たまに駅の外にしかトイレが無い、反対側のホームにしかないと言った恐ろしい

駅も

あるので、確実に調査しておきましょう。

 

3.電車内ではできるだけ座席を確保して座る

毎朝同じ電車の同じ車両に乗ると、何人かは降りる駅がわかって来ます。

そういった人を数名把握しておき、できるだけ座って行きましょう。

座って寝るとかマンガを読むなど、できるだけ「気がまぎれる」方法で

トイレのことは忘れます。

お年寄りや席を必要とされる方が前に立たれた時に少し罪悪感を感じますが、

背に腹は変えれないということで、許して貰え・・・ませんか?

 

4.前日の22:00以降は水分を避ける

これは時間は難しいのですが、前日の夜にたくさん水分を摂ると、次の日の朝

お腹の調子が良くないことが多いです。飲みすぎないようにしましょう。

 

5.腸をなるべく動かさない

腸が起きて動き出すとトイレに行きたくなるので、できるだけ腸を動かさないよ

うに

しましょう。

朝は早めに出て走ることがないようにします。

私には効果てきめんだったのですが、朝ご飯は家で食べず、会社で食べます。

会社に着いてから食べればトイレに行きたくなっても大丈夫ですし、

食べなければ腸も動かないような気がします。

 

実はこれが一番わたしには合っているようで、この方法に変えてから

月に1度降りるかどうかになりました。

これおすすめです。

 

 

 

最新版 過敏性腸症候群の治し方がわかる本 (こころの健康シリーズ)

最新版 過敏性腸症候群の治し方がわかる本 (こころの健康シリーズ)