読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

鼻の穴まで写ってるんじゃないの?

よもや話
スポンサーリンク

先日、今年で卒業と言う事もあり久々に子供の体育祭を

観戦しに行きました。

必死になるカメラおやじ

実は最近観戦に行かなかった理由は面倒というのも

あるのですが、観戦に来ているバカ親の傍若無人さを

見るのが耐え難くて行っていませんでした。

やっぱりいるよ超望遠レンズ&脚立おやじ

撲滅されたとは思っていませんでしたがやはりいました。

「超望遠レンズ&脚立おやじ」。

人ごみの中で邪魔になっていようが、平気で脚立の上に立って

 

アンドロメダ星雲でも撮れるのではないかと思えるような

超望遠レンズで自分の子供の活躍する姿を撮ってます。

しかも「カシャ、カシャ、カシャ・・・」と超連写。

まぁ、自分の子供がかわいいことは私も親なので

わかる。

でも、実際そんな写真撮っても、まぁ見返すことはほぼない。

もし自分の子供が学年で一番足が速いとしても、たかが体育祭。

連写で撮ってベストショットを選んでもなんだかなぁと思うのだが。

 

しかもそんな「超望遠レンズ&脚立おやじ」に限って、

まわりでビデオ撮影している人たちがいるにも関わらず

大声で「〇〇がんばれ!!」とか「ほらそこ!!いけぇ~~!!」とか

絶叫する。

ビデオ撮影していた人は家に帰って見返したとき、

決して美声とはお世辞でも言えないおっさんの叫び声が

大音量で再生されていることだろう・・・がっかり感満載で

もう二度とその場面は再生されなくなるはず。

 

かわいい子供を応援したい気持ちは良くわかるが、もう少し

まわりにも配慮することを切に願いたい。

 

写真にはこどもの鼻の穴まで写ってるんじゃないの?