読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

このまま行くと雷に直撃される確率が5割増し?勘弁してください

よもや話
スポンサーリンク

気になるニュースを見つけました。


Yahoo!ニュース - 稲妻の発生、今世紀末に5割増 被害も増大 米研究 (CNN.co.jp)

なんと、このまま行くと5割増しだと。

f:id:lightgauge:20141116214115j:plain

雷は嫌いです

私は自慢じゃありませんが、雷が嫌いです。

いや、怖いです。

以前に書いた通りです。 

夏は好きなのですが雷は嫌いです - 攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

人が一生で雷に打たれる確率は 

でもこのニュースによるとこのまま温暖化が進むと

稲妻が地上の人間に命中する確率は人間の一生で
1万2000回に約1回。
今回の論文の主張が正しければ、2100年までには
8000回に1回の比率に増える。

 ということです。

 

今で1万2000回で1回・・・

これが8000回に一回。うん、確実に怖い。

でもこの1万2000回ってどんなくらいの

確率なんでしょう。

宝くじで考えると

わかりやすく(?)宝くじで考えると

  • ジャンボ宝くじ1等で1,000万分の1。
  • ロト7でも約1,000万分の1。
  • ロト6で約600万分の1。
  • ナンバーズ3でようやく1万分の1。

らしいので、ナンバーズ3でストレートが
当たる確率とほぼ同じか・・・。

 

これが高いのか低いのかはわかりませんが、

雷が怖い事には変わりありませんね。

 

その確率が上がるなんて・・・あってはならない

ことです。

早急に温暖化対策お願いします。

 

ちなみに西暦2100年には134歳くらい

なので、もしかしたらこの世にはいないかも

しれませんね。

 

どちらにしても冬にも日本海側は雷発生する

確率高いのでお気を付け下さい。