読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

赤目四十八滝に行ってきましたが行ってないことになりそうです

お出かけ
スポンサーリンク

去年の話ですが、三重県名張市

ある「赤目四十八滝」に行ってきました。

 

でも行ってないことになりそうです。

入口にはウーパールーパーいます

赤目四十八滝の入口には昔懐かしい

ウーパールーパーがいます。

f:id:lightgauge:20130720132245j:plain

後姿ですね。

ちゃんとした写真ないですね。

f:id:lightgauge:20130720132608j:plain

アラフィフの人には懐かしい生き物ではないでしょうか。

オオサンショウウオもいます

横の水槽にはオオサンショウウオもいました。

f:id:lightgauge:20130720132106j:plain

おお、でかい。

さすがオオサンショウウオです。

いよいよ赤目四十八滝に出発

さぁ、ウーパールーパーも見たし、オオサンショウウオ

見ました。

いよいよ赤目四十八滝に出発です。

結構な山道

歩き始めると結構な山道が続きます。

すごいことにデートで「瀧みたい」なんて

彼氏に頼んで「よし、じゃあ赤目四十八滝

行くか」みたいなノリで来たのか、なんと

ハイヒール履いてスカートできている

おねーさんもいました。

結構道がせまい場所もあるので、おねーさん自体が

障害物になり渋滞を引き起こしていたりしましたが

なんとか、40分ほどでちょっと広く座れる場所が

あったのでそこで昼食です。

f:id:lightgauge:20130720140707j:plain

悲劇はここから

さぁ、お腹もいっぱいになったし、最終地点目指して

再出発です。

いくつもあらわれる瀧を見ながらどんどん山道

登って行きます。

 

入口のお土産屋さんでもらった地図によると

全体の半分を超えたくらいからでしょうか、

わたしの足に異変がおきます。

 

足のかかとが痛い・・・どうやら靴擦れのようです。

ハイヒールのおねーちゃんを心の中で

「こんなところにハイヒールでくるなんて

バカじゃない。男に気に入ってもらうために

おしゃれしたんだろうけど、やっぱりバカ」なんて

思ったバチでしょうか、靴擦れ痛いです。

めちゃめちゃ痛い。

f:id:lightgauge:20130720140941j:plain

行程も残り3分の1であきらめる

このまま行くと帰りが大変。

せっかくここまで来たのだから最後まで行きたい。

 

でも戦艦大和のように行きだけの燃料で

帰る力がないというわけにはいきません。

しかたなく妻に「靴擦れがひどいので戻って

下で待ってるわ」と伝、一人で来た道を

引き返しました。

 

1人でウーパールーパー眺めながら

待っていると数時間後無事帰還。

 

妻いわく「上の方はとてもきれいだった。

あなたは半分で帰ったけど残念」と。

 

いやちょっと待て。

地図で見たけど3分の2は行ってるよ。

なんで半分?

 

すると妻は「あそこから上が本当に大変

だった。あなたは行ってないからわからないが

気分的にはあそこからまだ半分はあった」と。

だからわたしは半分で引き返したことになる・・・。

 

お、恐ろしや。

すごい論理。

 

まぁ、実際途中で引き返したので

制覇した妻には逆らえまい。

 

仕方なくそのときは「半分」で手打ち。

思いで話をするとひどいことに

先日、娘が「そういえば赤目四十八滝に行ってから

もう1年になるかなぁ?」と言い、

ウーパールーパー見たねとか、お父さん

お腹痛くて途中で電車降りて、結局予定の

バス乗れずにタクシーで駅から瀧の入口まで

行ったね、なんて思い出話しながら笑って

ました。

妻から衝撃の一言が

そうすると妻から衝撃の一言が

赤目四十八滝と言えばお父さんが3分の1で引き返したやつね。

え、3分の2やろ。

いやあれはお昼食べてすぐだったので、絶対に半分行ってない。

よくて3分の1よ。

おいおい、そんなことないやろ。ガンガン登ったよ。

もらった地図は縮尺おかしかったので本当は4分の1くらいかな。

へ、減ってるやん。

30分で行けるって3分の2は無理なんで、

やっぱり4分の1くらいじゃない?

・・・

ということで去年から1年でわたしの達成度は

3分の2から4分の1へ。

 

このペースでいくと来年には「行ってない」ことになりそうです。

人間の記憶とは都合の良いようにどんどん書き換えられて行くことを

実感し、恐ろしいものであることを痛感しました。

 

次はちゃんと最後まで行こう。そうしないと存在すら消されてしまう。

 お、恐ろしや。

ニッポンの滝100選

ニッポンの滝100選

 
滝 ジグソーパズル

滝 ジグソーパズル