読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

世の奥様方に教える「ご主人に家事手伝いをさせる」方法

よもや話
スポンサーリンク

わが家には「専業主婦」の妻と「兼業主夫」のわたしがいます。

 

「兼業主夫」とはちゃんと定職を持って外で働いているが、なぜか家事手伝いもする「けなげな夫」の事です。

 

ふつうに考えると「専業主婦」がいるのですから「兼業主夫」は不要なのですが、わが家では知らぬ間に「兼業主夫」が生まれてました。

 

「兼業主夫」が生まれるきっかけ

「兼業主夫」が生まれたきっかけは本当に「ちょっと優しさ」からでした。
ある日仕事から帰宅すると妻が

 

質問者の写真
手があかぎれして痛い。食後の食器洗いお願いできない?
解答者の写真
どれどれ?

 

と言ってきました。
見ると本当に痛そうだったので、その日は代わって私が洗うことに。
洗い終わると妻に

 

質問者の写真
わぁ、きれいに落ちてる。特にコップのくすみが、きれいに落ちてる。ありがとう。やっぱり男の人の力がちょうどいいのかなぁ。明日からはやるから。ありがとう。
解答者の写真
いやいや、大変な時はお互い様やし。

 

普段になく絶賛されたのです。

 

次の日は

次の日に帰宅した時はこちらから

 

解答者の写真
手は治った?
質問者の写真
まだちょっと痛いけど、昨日手伝ってもらったから大丈夫。

 

見るとまだ痛そうだったので、

 

解答者の写真
治るまではできる日は代わってあげるよ。
質問者の写真
ありがとう、でも冬のあいだは治らないし、毎年の事なんでいいよ。
解答者の写真
まぁ、しばらくは代わるよ。
質問者の写真
ありがとう。

 

洗い終わると毎回絶賛してくれます。
で、気がつくと春が来て夏が来てもずっとわたしが洗ってます。 もう「あかぎれ」は治っているはずなのに・・・完全に習慣化です。やられました。
今では食べ終わったあとに何か用事で食器洗い忘れててもそのまま置いてくれてます。
風邪をひいたり、体調の悪いときは

 

質問者の写真
かわろうか?
解答者の写真
ぼちぼちやるよ。
質問者の写真
わかった。

 

この調子で

  1. 食後の食器洗い
  2. お風呂掃除
  3. 休日の部屋の掃除

は完全に「マイタスク」となってしまってます。
まぁ、「それくらいやってあげたらいい」という意見もあるでしょうが、わたしも「手荒れ」や「あかぎれ」するんです。 にんげんだもの。
そんな時は「ハンドクリームあるから塗ったら?」ということです。「代わってする」という選択肢はないようです。
世の奥様方、ご主人に「家事手伝い」をさせるには
・弱み見せて引き込んで ・褒めて伸ばして ・習慣化 がお勧めです。
いきなり「ダメだし」ばかりすると「なんでそんなこと言われてまでしないといけないのか!!」となります。
大事なのは「家事手伝い3原則」。

・弱み見せて引き込んで

・褒めて伸ばして

・習慣化
です。
大事なので2度言いました。

あ、妻はとてもやさしいし、愛してくれてますよ。・・・多分。

子どもを伸ばすお手伝い―家事ができる子はなんでも気づきなんでもできる

子どもを伸ばすお手伝い―家事ができる子はなんでも気づきなんでもできる

親がお手伝いをさせた子どもは、絶対に頭がよくなる!

親がお手伝いをさせた子どもは、絶対に頭がよくなる!