読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

「虫の知らせ」ってあるんですね

よもや話
スポンサーリンク

虫の知らせ

昨日のよる寝る前にふと

田舎で入院している叔父のことが

頭をよぎりました。

「入院して長いけどどうなってるのかなぁ?」と。

高齢ということもあり、そんなに長くは持たないと

言われながらも半年以上経過してました。

 

すると今朝「午前2ごろ旅立った」と連絡が

ありました。

 

普段はあまり気にすることはなかったのですが、

なぜか昨日の夜は頭にふと浮かんできました。

これが「虫の知らせ」ってやつでしょうか。

 

今週末はお葬式ですが、最近は本当に

去っていく人ばかりでとても

寂しいものです。

 

幸いにもわたし、妻の両親共に健在ですが、

そうは言っても「遠くない将来」には

旅立って行きます。

 

こればかりは誰も避けられませんしね。

自分の最期はどんなものなのでしょうね

あと1年半ほどで50歳なのですが、

近所でも自分と歳のかわらない人が

旅立ってしまったり、ニュースで自分より

若い人が旅立ったニュースなどを見ると

「あぁ、自分もあと何年生きられるのかなぁ。」

なんてちょっとさみしくなってしまいます。

73歳まではいけるはず

でもね不思議なことに子供のころから

たまに自分のお墓を想像することが

あったのですが、そこには何故か

いつも「享年73才」って書いてあるの

ですよ。最初にそう思った記憶のあるのは

幼稚園のころかな。

 

だから勝手に自分は「73歳」までは

生きると思ってます。(笑)

 

それでもあと20数年。

 

IT業界に足を踏み入れてこれまでと

ほぼ同じくらいの年月。

 

これまでの社会人人生は

楽しくもあり、苦しくもあり

なんだかんだと言っても

まぁ、上出来かなと。

 

結婚もしたし子供もできた。

うつ病になったりもしたが

まぁ、大体良しかな。

 

あと20数年、どんな楽しいことが

待っているのかワクワクしながら

生きていけるといいですね。

 

こう考えると無駄にできる時間は

そう多くないのかもしれません。

 

がんばって生きて行きましょう。 

あした死ぬかもよ?

あした死ぬかもよ?