読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

知らぬ間に毎月の家計資金ショートが発生していたようです

よもや話
スポンサーリンク

知らぬ間に資金ショートが発生していたようです。

といっても家計の話ですが。

わかったきっかけは妻が急に「私も働きに行く」と言いだしました。

働いてくれる分には全然かまわないので「仕事見つかるといいね」なんて話をしていたのですが、先日ついに就職先が決まったようです。

1万円だけお小遣いにします

妻からは「給料が入ったら申し訳ないけど月に1万円だけお小遣いにさせてください。あとは家計に回します」と言われました。

わたしは「いやいや、自分で働いたお金だから自由に使えば」と言いましたが妻は「それでは働きに出させてもらう意味がない」と。


そこでわたしはなんとなく「ピ---ン」と来ました。
「ん?もしかして給料では足りてない?」と聞くと申し訳なさそうに「うん」と。

いつから家計資金ショートになっていたのか

家計は妻に任せきりだったのでいったい、いつから資金ショートになっていたのだろうか。

給料は下がり続けている

確かに数年前から会社からもらえる給料は下降線をたどっている。

給料の下がった原因は二つあり、会社の方針で

  • 給料右肩上がりなんてもうあり得ないよ~~~甘えるなよ~~~
  • 入社してもらった時はもうちょっとやってくれるかと思ったけどちょっと期待外れ~~~

という人たちは給料を年1万円単位で下げるよと。

これが数年前に発動され、残念ながら当時40歳を超えていた、わたしは「は~い、給料下げる対象ね~」ってことで数年間で月数万円の給料が下がりました。

当然「上がる」要素はないのでそのまま・・・。

しかも「家族手当なんて前近代的な制度はもう維持できないからなしね~、しかも民主党政権は子供手当2万6千円もくれるらしいね
もう会社が子供手当払わなくてもいいよね~~~はい、なし!!!!」って。

おい民主党責任とれよ!!!!!

エンゲル係数アップと学費アップ

子供が成長すればエンゲル係数は上がるし、それなりに塾やそのた教育費で経費は上がる。
これは仕方ない。子供が成長するということは喜びであるので。

とどめ「消費税」

で、とどめは「消費税」です。
もともと「ぎりぎり」の生活だったようで、たった3%アップかもしれませんが、わが家の家計の息の根を止めるには十分すぎる3%でした。

自分では稼いでいる夫のつもりだった

これでも自分では稼いでいるつもりの夫でした。
でも知らぬ間に毎月の家計資金はショートし妻を精神的に追い詰めていたようでした。

もう貯金も少なくなってきて、子供も進学し益々お金が必要ということでの「出稼ぎ」に妻は行ってくれるようです。
ごめんね。

はぁ、一生懸命働いても子供2人育てるのに足りないとはなんとも情けない。

消費税増税を決めた民主党の元総理大臣は、これは国策として最優先事項としてわが家の家計を助けて欲しいものである。
当然、現在の自民党現職総理大臣にも責任はあるよ。
早くしてくれないと破産するよ。