読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

専業主婦は大変だと言う事が少しだけわかった週末

よもや話
スポンサーリンク

先日より妻が働き始めた。


理由は簡単。「毎月のお金が足りないから」。
詳細はこちらで。
gin-kei.hatenablog.com

仕事の都合上、土日も出勤に

仕事の内容上どうしても土日が忙しいようで、先週から土日にの昼間は妻がいない。

働きに行くと決まった時に「土日いないので悪いけど、自分でお昼とかお願いね。」と宣言されていました。

「あぁ、子供たちも大きくなってるし別にいいよ」と軽く考えてました。

で、実際土日に妻がいないという週末がこれで2回ほど。

そこで気づいたのは。

お昼ご飯の準備が大変

わたしは一人暮らしをしたこともなく、父親からは「男が台所に立つな!!」というような教育を受けていたので、料理ができません。

インスタントラーメンを作ってもなんかまずいです。

結婚する前はずっとお母親が食事は作ってくれましたし、結婚してからもずっと妻が作ってくれてます。

そんなわたしが「レンジでチン」が中心と言えども子供二人と自分の分のお昼ご飯を用意するわけです。

これは結構大変。

まず、段取りが上手くできない。

レンジでおかずを「チン」しかながらお茶を沸かして、お豆腐を冷蔵庫から出して・・・一気にはできんがな。

でも容赦なくレンジは「ピピッ、ピピッ、ピピッ」でできましたよアピール。
「うるさい、わかってるわ」と思いつつ別の事をしていると「ピピッ、ピピッ、ピピッ」と「早よ出さんかい!!」メッセージ。

で慌ててレンジから出そうそうとすると「皿、熱いやん!!」。

そのうちヤカンも「ピーッ!!」って沸いたよアピール。

なんやねん、みんないっせいに言いいやがって!!なんて思いながらなんとか妻のメモ通りに作業を完了。

やっとのことで昼食の準備完了。

食べ終わると後片づけ。

これは毎度のことなんでまぁ、なんとか。

今度はお掃除

今度は家の掃除。

これも毎週やってるので慣れたもんです。

でも、昼食の準備で精神的に追い込まれているわたしにとってはちょっとつらい。

「あぁ、なんかめんどくさい」と思いながらなんとか完了。

でもいつもよりちょっと・・・いやかなり手抜きかも。
四角い部屋をま~るく掃除機しておきました。

洗濯物も入れないとアカンのか?

ベランダを見ると洗濯物が干してある。

あまり遅くまで干しているとせっかくカラカラに乾いたのが湿るような気もするし入れておかなあかんやろうな。
ということで、取り込んで、たたんで。

気が付けば時計は16:00時。

う~ん、いつもなら昼寝なんてして楽な日曜日の午後がなんかあっと言うまに夕方。

なんか休み一日損した気分。

これを毎日している妻は結構忙しいのかも

妻はこれを毎日しているんですね。

それだけではなく、買い物や子供達の習い事の送迎、アイロンがけ、PTAの会合・・・。

いつも「わたしは専業主婦で楽させてもらっているから」と妻は言っていたのだが。



専業主婦も結構忙しく大変だということはわかりました。
これからはもう少し家事手伝いを増やしてもいいかな。
でも、食事の後片づけ、お風呂の掃除、休日の家の掃除は今までやっていたので自分では「けっこう家事する旦那じゃ」と思っていましたが、少し反省ですね。

専業主婦になるということ

専業主婦になるということ