読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

進捗報告で言っちゃーダメな言葉3つ

よもや話
スポンサーリンク

最近、少し気になることがある。

仕事の関係上、複数人で1つのシステムを作り上げて行くので、その過程でそれぞれのメンバーに作業進捗を確認する必要が出てくる。

その時に出てくる言葉で最近一緒に仕事している人の口癖がとても気になる。

作業の進捗を訊くと出てくる

その口癖は作業の進捗を確認すると出てくる。

とりあえず

一つ目は「とりあえず」。

「できた?」と訊くと「はい、とりあえず」。

「とりあえず」という言葉はもともと

他にやる事はたくさんあるけれど、最優先事項としてこれをやろう。

という意味らしいですが、

「応急処置で。労力を用いずに。片手間に。」といった後ろ向き、否定的な捉え方をされる事が多い。

という風に「後ろ向き」に使われているイメージ。

「完成物」を求めている「できた?」に対して「とりあえず」と言われると、
「ちゃんとしたのくれ」と言いたくなる。

一応

これも「とりあえず」とともに良く言われる。
「できた?」
「一応」

うん「一応」のものは要らない。ちゃんとしたの頂戴。

たぶんできてます

これはちょっとダメすぎる。
作っている本人ですら「できているかどうかわからない」ようなイメージ。

これをもらった方はどうすれば良いのか。

ちゃんとテストして完成したの下さい。

でも本当に「たぶんできていると思います」っていう人いるんです。
で、不具合起きると「とりあえずバージョンなんで」とか、もう意味わかりません。



毎日こんなこと思いながら今日も不具合プログラムと戦う毎日。

そろそろ引退したいけどね。
(メンバーは「口うるさいから早く引退しろ」と思ってるでしょうけどね。)

大阪八尾市・貸し工場あります。