読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

SQLServerのエラーコード1~500

SQLServer
スポンサーリンク

SQLServerのエラーコード1~500までです。

コード メッセージ
21 警告: %2! で致命的なエラー %1! が発生しました。エラーと発生時刻を記録してシステム管理者に連絡してください。
101 クエリは Waitfor では許可されません。
102 '%1!' 付近に不適切な構文があります。
103 '%2!' で始まる %1! は長すぎます。最大長は %3! です。
104 ステートメントが UNION、INTERSECT、EXCEPT のいずれかの演算子を含んでいるときは、選択リスト内に ORDER BY 項目が必要です。
105 文字列 '%1!' の後で引用符が閉じていません。
106 クエリ内にテーブル名が多すぎます。最大 %1! 個まで許可されます。
107 列のプレフィックス '%1!' が、クエリで使用されているテーブル名または別名と一致していません。
108 ORDER BY 句の位置番号 %1! が、SELECT リストの項目数の範囲外です。
109 VALUES 句で指定された値よりも INSERT ステートメントの列数が多すぎます。VALUES 句の値の数は、INSERT ステートメントで指定される列数と一致させてください。
110 VALUES 句で指定された値よりも INSERT ステートメントの列数が少なすぎます。VALUES 句の値の数は、INSERT ステートメントで指定される列数と一致させてください。
111 '%1!' を、クエリ バッチの最初のステートメントにする必要があります。
112 %1! ステートメントでは変数は許可されません。
113 コメントの終了マーク '*/' がありません。
114 変数に値を代入するステートメントでは、ブラウズ モードは無効です。
115 FOR UPDATE 句は、set 演算子を含むステートメントでは無効です。
116 EXISTS を使用しないサブクエリでは、サブクエリの選択リストには、式を 1 つだけしか指定できません。
117 %1! の名前 '%2!' は、プレフィックスの最大数を超えています。最大数は %3! です。
119 パラメーター番号 %1! とそれに続くパラメーターを '@name = value' の形式で渡す必要があります。'@name = value' の形式を使用した後は、その後のすべてのパラメーターの形式を '@name = value' で指定してください。
120 INSERT ステートメントの SELECT リストは INSERT リストよりも項目数が少なくなっています。SELECT の値の数は、INSERT 列の数と一致させてください。
121 INSERT ステートメントの SELECT リストは INSERT リストよりも項目数が多くなっています。SELECT の値の数は、INSERT 列の数と一致させてください。
122 %1! オプションは %2! 構文だけで使用できます。
123 バッチまたはプロシージャが、最大長 %1! 文字を超えています。
124 CREATE PROCEDURE にステートメントがありません。
125 Case 式は、%1! レベルまでしか入れ子にできません。
126 擬似列 "%1!" が無効です。
127 TOP N 値を負の値にすることはできません。
128 名前 "%1!" は、このコンテキストでは許可されません。有効な表記は定数、定数表記、および (コンテキストによっては) 変数です。列名は許可されません。
129 Fillfactor %1! は有効なパーセンテージではありません。Fillfactor には 1 から 100 までの値を指定してください。
130 集計やサブクエリを含む式に対して集計関数を実行することはできません。
131 %2! '%3!' に指定したサイズ (%1!) は、どのデータ型の許容最大サイズ (%4!) も超えています。
132 ラベル '%1!' は、既に宣言されています。ラベル名は、クエリ バッチまたはストアド プロシージャ内で一意にしてください。
133 GOTO ステートメントはラベル '%1!' を参照していますが、このラベルは宣言されていません。
134 変数名 '%1!' は既に宣言されています。変数名は、クエリ バッチまたはストアド プロシージャ内で一意にしてください。
135 WHILE ステートメントのスコープ外では BREAK ステートメントを使用できません。
136 WHILE ステートメントのスコープ外では CONTINUE ステートメントを使用できません。
137 スカラー変数 "%1!" を宣言してください。
138 サブクエリでは相関関係句は許可されません。
139 ローカル変数に既定値を代入できません。
140 CREATE TRIGGER ステートメント内では、IF UPDATE しか使用できません。
141 変数に値を代入する SELECT ステートメントを、データ取得操作と組み合わせることはできません。
142 '%1!' 制約の定義に不適切な構文があります。
143 COMPUTE BY 項目が、ORDER BY リスト内に見つかりませんでした。COMPUTE BY リスト内のすべての式は、ORDER BY リスト内にも記述する必要があります。
144 GROUP BY 句の GROUP BY リストに使用される式内では、集計またはサブクエリは使用できません。
145 SELECT DISTINCT が指定されている場合、選択リストに ORDER BY 項目が必要です。
146 サブクエリの補助テーブルを割り当てることができませんでした。クエリ内のテーブルの最大数 (%1!) を超えました。
147 集計が HAVING 句または選択リスト内のサブクエリにある場合、および集計する列が外部参照の場合にだけ、WHERE 句に集計を含めることができます。
148 WAITFOR で使用されている時刻文字列 '%1!' の時刻構文が不適切です。
149 WAITFOR で使用されている時刻の値 '%1!' が有効ではありません。date/time の構文を調べてください。
150 外部結合の両項は列を含む必要があります。
151 '%1!' は、無効な MONEY 値です。
152 同じ大規模データ配置オプション "%1!" が 2 回指定されています。
153 %2! ステートメントのオプション %1! の使用法が無効です。
154 %1! は %2! では許可されません。
155 '%1!' は %2! オプションとして認識されません。
156 キーワード '%1!' 付近に不適切な構文があります。
157 UPDATE ステートメントの SET リストには集計を含めることはできません。
158 OUTPUT 句には集計を含めることはできません。
159 DROP INDEX ステートメントにはテーブル名とインデックス名を指定してください。
160 ルールに変数がありません。
161 ルールが複数の変数を保持しています。
162 TOP 句内の式が無効です。
163 COMPUTE BY リストが ORDER BY リストと一致しません。
164 各 GROUP BY 式には、外部参照ではない列が少なくとも 1 列含まれている必要があります。
165 %1! 特権を許可または取り消すことはできません。
166 '%1!' では、オブジェクト名にデータベース名をプレフィックスとして指定することはできません。
167 一時オブジェクトに %1! を作成できません。
168 浮動小数点値 '%1!' は、このコンピューターで扱える表記 (%2! バイト) の範囲外です。
169 列が ORDER BY リスト内で複数回指定されました。ORDER BY リスト内の列は一意になるようにしてください。
171 INSERT、SELECT INTO、または UPDATE ステートメントではブラウズ モードを使用できません。
172 ブラウズ モードでは、HOLDLOCK は使用できません。
173 列 '%1!' の定義にはデータ型を含めてください。
174 関数 %1! には引数が %2! 個必要です。
175 計算列の式またはチェック制約には集計を含めることはできません。
176 FOR BROWSE 句はビューでサポートされなくなりました。このステートメントを有効にするには、このステートメントのデータベース互換性レベルを 80 以下に設定してください。
177 IDENTITY 関数は、SELECT ステートメントに INTO 句があるときにだけ使用できます。
178 このコンテキストでは、戻り値を返す RETURN ステートメントは使用できません。
179 ストアド プロシージャに定数を渡すときに OUTPUT オプションは使用できません。
180 この %1! ステートメントのパラメーターが多すぎます。最大数は %2! です。
181 DECLARE ステートメント、CREATE AGGREGATE ステートメント、または CREATE FUNCTION ステートメントでは OUTPUT オプションを使用できません。
182 READTEXT または WRITETEXT ユーティリティには、テーブル名と列名を指定してください。
183 列 '%2!' の小数点以下桁数 (%1!) の範囲は、%3! ~ %4! です。
184 コンテンツの種類が同じファイル グループでは、DEFAULT を複数指定できません。
185 データ ストリームは、一括形式の WRITETEXT ステートメントでは無効です。
186 WRITETEXT ステートメントにデータ ストリームがありません。
187 MAX_QUEUE_READERS の有効な範囲は 0 ~ 32767 です。
188 CREATE DATABASE ステートメントでログ ファイルを指定するには、少なくとも 1 つのデータ ファイルを指定する必要があります。
189 関数 %1! は %2! 個から %3! 個までの引数が必要です。
190 ステートメントで無効な日付または時刻が指定されました。
191 SQL ステートメントの一部の入れ子が深すぎます。クエリを書き直すか、もっと小さなクエリに分割してください。
192 小数点以下桁数は有効桁数の値以下で指定してください。
193 '%1!' で始まるオブジェクト名または列名が長すぎます。最大長は %2! 文字です。
194 SELECT INTO ステートメントに、変数に値を代入する SELECT ステートメントを含めることはできません。
195 '%1!' は %2! として認識されません。
196 UNION、INTERSECT、または EXCEPT 演算子を含んでいるステートメントでは、SELECT INTO を最初のクエリにしてください。
197 テーブル変数に挿入しているときは、挿入元として EXECUTE は使用できません。
198 UNION 演算子、INTERSECT 演算子、または EXCEPT 演算子を含むステートメントではブラウズ モードは無効です。
199 INSERT ステートメントに、変数に値を代入する SELECT ステートメントを含めることはできません。
201 プロシージャまたは関数 '%1!' にはパラメーター '%2!' が必要ですが、指定されませんでした。
202 型 '%1!' は WAITFOR では無効です。サポートされるデータ型は CHAR/VARCHAR、NCHAR/NVARCHAR、DATETIME です。WAITFOR DELAY では INT と SMALLINT もサポートされます。
203 名前 '%1!' は有効な識別子ではありません。
204 ノード %1! で正規化エラーが発生しました。
205 UNION 演算子、INTERSECT 演算子または EXCEPT 演算子を使用して組み合わされたすべてのクエリには、クエリの対象となるリスト内の式と同じ数の式を含める必要があります。
206 オペランド型の不整合: %1! は %2! と互換性がありません
207 列名 '%1!' が無効です。
208 オブジェクト名 '%1!' が無効です。
209 列名 '%1!' があいまいです。
210 binary/varbinary 文字列から datetime 型に変換中、変換に失敗しました。
211 スキーマが壊れている可能性があります。DBCC CHECKCATALOG を実行してください。
212 式の結果の長さが最大値を超えています。最大値 %1!、見つかった値 %2!。
213 列名または指定された値の数がテーブルの定義と一致しません。
214 プロシージャにはデータ型 '%2!' のパラメーター '%1!' が必要です。
215 関数ではないオブジェクト '%1!' にパラメーターを指定しました。テーブル ヒントとしてパラメーターを指定する場合、WITH キーワードが必要です。
216 関数 '%1!' にパラメーターが指定されませんでした。
217 ストアド プロシージャ、関数、トリガー、またはビューの入れ子のレベルが最大値を超えました (制限 %1!)。
218 型 '%1!' が見つかりませんでした。存在しないか、必要な権限がありません。
219 型 '%1!' が既に存在するか、この型を作成する権限がありません。
220 値 = %2! はデータ型 %1! では算術オーバーフロー エラーになります。
221 FIPS 警告: %1! から %2! への暗黙の変換です。
222 基本データ型 "%1!" は、別名データ型で有効な基本データ型ではありません。
223 テーブル ID %2!、列 ID %3! にデフォルトとして指定されたオブジェクト ID %1! が存在しないか、既定の型ではありません。
224 テーブル ID %2!、列 ID %3! にルールとして指定されたオブジェクト ID %1! が存在しないか、既定の型ではありません。
225 %1! "%2!" に指定されているパラメーターは有効ではありません。
226 %1! ステートメントは、複数のステートメントを含むトランザクション内では許可されません。
227 "%1!" は有効な関数、プロパティ、またはフィールドではありません。
228 アセンブリ '%3!' の型 '%2!' のメソッド '%1!' からは値が返されません。
229 %1! 権限がオブジェクト '%2!'、データベース '%3!'、スキーマ '%4!' で拒否されました。
230 %1! 権限がオブジェクト '%3!' の列 '%2!' で拒否されました (データベース '%4!'、スキーマ '%5!')。
231 このような既定値はありません。ID = %1!、データベース ID = %2!。
232 値 = %2! は型 %1! では算術オーバーフロー エラーになります。
233 テーブル '%2!' の列 '%1!' は NULL にできません。
234 money 値を %1! に変換した結果を格納するための領域が不足しています。
235 char 値を money に変換できません。char 値に不適切な構文があります。
236 CHAR データ型から MONEY への変換の結果、MONEY でオーバーフロー エラーが発生しました。
237 money 値を %1! に変換した結果を格納するための領域が不足しています。
239 重複する共通テーブル式名 '%1!' が指定されました。
240 再帰クエリ "%2!" の列 "%1!" で、アンカーの型と再帰部分の型が一致していません。
241 文字列から日付と時刻、またはそのいずれかへの変換中に、変換が失敗しました。
242 %1! データ型から %2! データ型への変換の結果、範囲外の値になりました。
243 型 %1! は定義済みのシステム型ではありません。
244 %1! の値 '%2!' の変換が %3! 列でオーバーフローしました。より大きい整数型の列を使用してください。
245 %1! の値 '%2!' をデータ型 %3! に変換できませんでした。
246 再帰クエリ "%1!" にアンカー メンバーが指定されていませんでした。
247 再帰クエリ "%1!" の再帰部分にアンカー メンバーが見つかりました。
248 %1! の値 '%2!' の変換が int 型の列でオーバーフローしました。
249 型 "%1!" は比較できません。%2! 句ではこの型を使用できません。
251 クエリの最適化のために補助テーブルを割り当てられませんでした。クエリ内のテーブルの最大数 (%1!) を超えました。
252 再帰共通テーブル式 '%1!' に最上位レベルの UNION ALL 演算子が含まれていません。
253 共通テーブル式 '%1!' の再帰メンバーに複数の再帰参照が含まれています。
254 PIVOT 演算子の列リストではプレフィックス付きの列は許可されません。
255 PIVOT 演算子の列リストでは擬似列は許可されません。
256 %1! データ型は %2! 関数では無効です。有効な型は、char/varchar、nchar/nvarchar および binary/varbinary です。
257 %1! データ型から %2! データ型への暗黙の変換は許可されません。CONVERT 関数を使用して、クエリを実行してください。
258 %1! のメソッドを呼び出せません。
259 システム カタログへのアドホック更新は許可されません。
260 テーブル '%3!'、列 '%4!' でデータ型 %1! からデータ型 %2! への暗黙の変換は許可されません。CONVERT 関数を使用してこのクエリを実行してください。
261 '%1!' は関数として認識されません。
262 %1! 権限がデータベース '%2!' で拒否されました。
263 SELECT FROM にはテーブルを指定してください。
264 SET 句に列名 '%1!' が複数回指定されています。1 つの SET 句で 1 つの列に複数の値を割り当てることはできません。列の更新が一度だけになるように SET 句を変更してください。SET 句でビューの列が更新されると、列名 '%2!' がビュー定義に 2 回含められることがあります。
265 %2! 演算子で指定された列名 "%1!" は、%3! 引数の既存の列名と競合します。
266 EXECUTE 後のトランザクション数は、BEGIN ステートメントと COMMIT ステートメントの数が一致していないことを示しています。以前の数 = %1!、現在の数 = %2!。
267 オブジェクト '%1!' が見つかりません。
268 このデータベースでは SELECT INTO を実行できません。データベース所有者が sp_dboption を実行することによりこのオプションが有効になります。
270 オブジェクト '%1!' は変更できません。
271 列 "%1!" を変更できません。この列は、計算列か UNION 演算子の結果のいずれかです。
272 timestamp 列は更新できません。
273 timestamp 列に明示的な値を挿入できません。timestamp 列を除外する列リストを指定して INSERT を使用するか、timestamp 列に DEFAULT を挿入してください。
275 UNPIVOT 演算子の値またはピボット列ではプレフィックスは許可されません。
276 UNPIVOT 演算子の値またはピボット列として擬似列は許可されません。
277 列 "%1!" は、UNPIVOT 演算子の列リストで複数回指定されています。
278 text、ntext、および image データ型を GROUP BY 句で使用することはできません。
279 text、ntext、および image データ型は、サブクエリまたは集計式では無効です。
280 TEXTPTR 関数で使用できるのはベース テーブルの列だけです。
281 %1! は、%2! から文字列への変換時に有効なスタイル番号ではありません。
282 プロシージャ '%1!' は、許可されていないステータス NULL を返そうとしました。代わりにステータス 0 を返します。
283 INSTEAD OF トリガー内で挿入または削除されたテーブルでは READTEXT を使用できません。
284 ルールは、text、ntext、または image データ型にバインドできません。
285 READTEXT、WRITETEXT、および UPDATETEXT ステートメントは、ビューまたは関数では使用できません。
286 論理テーブルの INSERTED および DELETED は更新できません。
287 %1! ステートメントはトリガー内では許可されません。
288 PATINDEX 関数は、char、nchar、varchar、nvarchar、text、および ntext データ型だけで機能します。
290 オブジェクト "%1!"、メソッド "%2!" を使用する EXECUTE ステートメントは無効です。
291 CAST または CONVERT: 型 '%1!' に無効な属性が指定されました
292 smallmoney 値を %1! に変換した結果を格納するための領域が不足しています。
293 char 値を smallmoney に変換できません。char 値に不適切な構文があります。
294 CHAR データ型から SMALLMONEY データ型への変換は、SMALLMONEY でオーバーフロー エラーによって失敗しました。
295 文字列から smalldatetime データ型に変換中、変換に失敗しました。
297 ユーザーにはこの操作を実行する権限がありません。
300 %1! 権限がオブジェクト '%2!' で拒否されました (データベース '%3!')。
301 外部結合要求を含むクエリは許可されません。
302 newsequentialid() 組み込み関数は、CREATE TABLE ステートメントまたは ALTER TABLE ステートメントの 'uniqueidentifier' 型の列の DEFAULT 式でのみ使用できます。他の演算子と組み合わせて複雑なスカラー式を作成することはできません。
303 テーブル '%1!' は外部結合句の内部メンバーです。テーブルが通常の JOIN 句にも使用されている場合は許可されません。
304 '%1!' はインデックス オプション '%2!' の範囲外です。有効な値については、sp_configure のオプション '%3!' を参照してください。
305 IS NULL 演算子を使用する場合を除き、XML データ型の比較や並べ替えは行えません。
306 text、ntext および image データ型は、IS NULL 演算子または LIKE 演算子を使用しているときを除いて比較または並べ替えできません。
307 (FROM 句で指定された) テーブル '%2!' のインデックス ID '%1!' は存在しません。
308 (FROM 句で指定された) テーブル '%2!' のインデックス '%1!' は存在しません。
309 ヒントでは、テーブル "%2!" のインデックス "%1!" は使用できません。ヒントでは XML インデックスは許可されません。
310 MAXRECURSION オプションに指定された値 %1! は許容最大値の %2! を超えています。
311 '挿入された' テーブルおよび '削除された' テーブルでは、text 列、ntext 列、または image 列を使用できません。
312 フィルター ストアド プロシージャでは、text、ntext、または image 列は参照できません。
313 プロシージャまたは関数 %1! に指定された引数が不足しています。
314 特殊なテーブルの INSERTED または DELETED では GROUP BY ALL を使用できません。
315 (FROM 句で指定された) テーブル "%2!" のインデックス "%1!" は無効であるか、またはオンラインでないファイル グループに存在しています。
316 (FROM 句で指定された) テーブル "%2!" のインデックス ID %1! は無効であるか、またはオンラインでないファイル グループに存在しています。
317 テーブル値関数 '%1!' に列の別名を指定することはできません。
318 テーブル値メソッドから返されたテーブル (およびその列) には別名を付ける必要があります。
319 キーワード 'with' 付近に不適切な構文があります。このステートメントが共通テーブル式、xmlnamespaces 句、または変更追跡コンテキストの句の場合は、前のステートメントをセミコロンで終了してください。
320 OPTIMIZE FOR 句の '%1!' に指定するコンパイル時の変数値はリテラルである必要があります。
321 "%1!" はテーブル ヒント オプションとして認識されません。使用目的がテーブル値関数または CHANGETABLE 関数のパラメーターの場合は、データベース互換性モードが 90 に設定されていることを確認してください。
322 変数 "%1!" は OPTIMIZE FOR 句で指定されていますが、クエリでは使用されていません。
323 INTERSECT 演算子または EXCEPT 演算子を含むステートメントでは、'COMPUTE' 句は許可されません。
324 %1! 演算子の 'ALL' バージョンはサポートされていません。
325 '%1!' 付近に不適切な構文があります。現在のデータベースの互換性レベルを高い値に設定し、この機能を有効にする必要があります。ALTER DATABASE の SET COMPATIBILITY_LEVEL オプションについては、ヘルプを参照してください。
326 マルチパート識別子 '%1!' はあいまいです。'%2!' と '%3!' の両方の列が存在します。
327 関数の呼び出し '%1!' はあいまいです。この名前を持つユーザー定義関数とメソッドの呼び出しの両方が存在します。
328 指定されたステートメントに対するカーソル プランを生成できませんでした。textptr() 関数がベース テーブルのいずれかの LOB 列で使用されました。
329 各 GROUP BY 式には、少なくとも 1 つの列参照が含まれている必要があります。
330 OUTPUT INTO 句の対象の '%1!' には、ビューまたは共通テーブル式を指定できません。
331 OUTPUT INTO 句の対象のテーブル '%1!' に有効なトリガーを指定することはできません。
332 OUTPUT INTO 句の対象のテーブル '%1!' を、(主キー、外部キー) リレーションシップのどちらにも配置できません。参照制約 '%2!' が見つかりました。
333 OUTPUT INTO 句の対象のテーブル '%1!' に有効な Check 制約または有効なルールを指定できません。Check 制約またはルール '%2!' が見つかりました。
334 DML ステートメントに INTO 句が指定されていない OUTPUT 句が含まれている場合、このステートメントの対象のテーブル '%1!' に有効なトリガーを指定することはできません。
335 DELETE ステートメントまたは UPDATE ステートメントの FROM 句内で関数呼び出しを使用して対象のテーブルを一致させることはできません。パラメーターを指定せずに関数名 '%1!' を使用してください。
336 '%1!' 付近に不適切な構文があります。これが共通テーブル式の場合は、前のステートメントをセミコロンで明示的に終了してください。
337 警告: 浮動小数点値 '%1!' は小さすぎます。この値は 0 と見なされます。
338 READTEXT、WRITETEXT、および UPDATETEXT ステートメントは、ビュー、リモート テーブル、およびトリガー内で挿入または削除されたテーブルでは使用できません。
339 DEFAULT または NULL は明示的な ID 値として許可されません。
340 ビュー "%2!" にトリガー "%1!" を作成できません。AFTER トリガーはビューに作成できません。
341 レプリケーション フィルター プロシージャには、ラージ オブジェクト、大きな値、XML、または CLR 型の列を含めることはできません。
342 このコンテキストでは列 "%1!" が許可されておらず、ユーザー定義関数または集計 "%2!" が見つかりませんでした。
343 不明なオブジェクトの種類 '%1!' が CREATE、DROP、または ALTER ステートメントで使用されています。
344 リモート関数参照 '%1!' は許可されておらず、列名 '%2!' が見つからなかったかあいまいです。
345 関数 '%1!' は OUTPUT 句では許可されません。この関数は、ユーザーまたはシステムのデータ アクセスを実行するか、このアクセスを実行するように想定されています。関数は、スキーマ バインドされていない場合、既定でデータ アクセスを実行するように想定されます。
346 パラメーター "%1!" は、テーブル値パラメーターではないため、READONLY として宣言できません。
347 テーブル値パラメーター "%1!" は、OUTPUT パラメーターとして宣言できません。
348 テーブル変数 "%1!" は OUTPUT オプションを使用してストアド プロシージャに渡すことはできません。
349 プロシージャ "%1!" には、"%2!" という名前のパラメーターがありません。
350 列 "%1!" のデータ型が無効です。列にユーザー定義テーブル型を指定することはできません。
351 列、パラメーター、または変数 %1!: データ型 %2! が見つかりません。
352 テーブル値パラメーター "%1!" は、READONLY オプションを使用して宣言してください。
353 入れ子になった INSERT、UPDATE、DELETE、または MERGE ステートメントが FROM 句に含まれている場合、%2! 句では関数 '%1!' が許可されません。その理由は、この関数がユーザー データまたはシステム データのアクセスを実行するものであるか、そのように見なされるためです。既定では、関数がスキーマ バインドでない場合、データ アクセスを実行すると見なされます。
354 入れ子になった INSERT、UPDATE、DELETE、または MERGE ステートメントが FROM 句に含まれている場合、INSERT ステートメントの対象の '%1!' にビューまたは共通テーブル式を指定することはできません。
355 入れ子になった INSERT、UPDATE、DELETE、または MERGE ステートメントが FROM 句に含まれている場合、INSERT ステートメントの対象のテーブル '%1!' に有効なトリガーを指定することはできません。
356 入れ子になった INSERT、UPDATE、DELETE、または MERGE ステートメントが FROM 句に含まれている場合、INSERT ステートメントの対象のテーブル '%1!' を、(主キー、外部キー) リレーションシップのどちら側にも配置できません。参照制約 '%2!' が見つかりました。
357 入れ子になった INSERT、UPDATE、DELETE、または MERGE ステートメントが FROM 句に含まれている場合、INSERT ステートメントの対象のテーブル '%1!' に有効化されたルールを指定することはできません。ルール '%2!' が見つかりました。
358 MERGE ステートメントの対象のテーブル '%1!' に有効化されたルールを指定することはできません。ルール '%2!' が見つかりました。
359 OUTPUT INTO 句の対象の '%1!' は、ignore_dup_key オプションを指定したインデックスを含んでいるため、OUTPUT 句と共には使用できません。
360 INSERT、UPDATE、または MERGE ステートメントの対象の列リストには、スパース列と、スパース列を含む列セットの両方を含めることはできません。スパース列と列セットの両方ではなく、いずれかを含めるようにステートメントを書き直してください。
361 INSERT、UPDATE、または MERGE ステートメントで指定された対象列の数が、%1! の最大数を超えています。この合計数には、ID 列、タイムスタンプ列、および、既定値を含む列が含まれます。このエラーを修正するには、単一のスパース列ではなく、スパース列セットを対象とするようにクエリを変更してください。
362 テーブルまたはビュー '%2!' に対する FORCESEEK ヒントに含まれる名前 '%1!' がインデックス '%3!' のキー列名と一致しないため、クエリ プロセッサはクエリ プランを作成できませんでした。
363 テーブルまたはビュー '%1!' に対する FORCESEEK ヒントはインデックス '%3!' で指定される %2! と共に使用できないため、クエリ プロセッサはクエリ プランを作成できませんでした。
364 ビュー '%1!' に対する FORCESEEK ヒントが NOEXPAND ヒントの指定なしで使用されているため、クエリ プロセッサはクエリ プランを作成できませんでした。 NOEXPAND ヒントを指定してクエリを再実行するか、ビューに対する FORCESEEK ヒントを削除してください。
365 テーブルまたはビュー '%1!' に対する FORCESEEK ヒントに、インデックス '%2!' のキー列数より多くのシーク列が指定されたため、クエリ プロセッサはクエリ プランを作成できませんでした。
401 ステートメントまたは式 %1! は実装されていません。
402 データ型 %1! と %2! は %3! 演算子では互換性がありません。
403 データ型の演算子が無効です。演算子は %1!、データ型は %2! です。
404 列参照 "inserted.%1!" は許可されません。このステートメントでは変更されていないベース テーブルを参照しています。
405 OUTPUT 句または入れ子になった DML ステートメントを含むステートメントでは、リモート テーブルを DML の対象として使用できません。
406 %1! は NULL に固定されていないので、PIVOT 演算子では使用できません。
407 内部エラー。ファイル %1!、行 %2! の文字列ルーチンが HRESULT 0x%3! で失敗しました。
408 ORDER BY リストの位置 %1! に定数式が見つかりました。
411 COMPUTE 句 #%1!、集計式 #%2! が選択リストに存在しません。
412 列 "%1!" は更新可能ではありません。この列は派生されているか、定数です。
413 インライン関数 "%1!" では、相関パラメーターまたはサブクエリはサポートされていません。
414 UPDATE は許可されません。ステートメントにより、結合に参加していて、INSTEAD OF DELETE トリガーを保持しているビュー "%1!" が更新されます。
415 ステートメントによってビュー "%1!" が更新されるので、DELETE は許可されません。このビューは結合に参加していて、INSTEAD OF DELETE トリガーを保持しています。
416 サービス キュー "%1!" を直接更新することはできません。
417 パーティション ビューに対する UPDATE ステートメントまたは DELETE ステートメントでは、TOP を使用できません。
418 CLR 型の列を公開するオブジェクトは、分散クエリでは許可されません。パススルー クエリを使用してリモート オブジェクト '%1!' にアクセスしてください。
421 %1! データ型は比較できない型なので DISTINCT として選択できません。
422 共通テーブル式が定義されましたが使用されませんでした。
423 XML データ型のメソッドは、CHECK 制約ではサポートされません。スカラー ユーザー定義関数を作成して、メソッドの呼び出しをラップしてください。テーブル "%1!" でエラーが発生しました。
424 XML データ型のメソッドは、テーブル変数の計算列の定義ではサポートされず、テーブル値関数のテーブルを返します。%3! ステートメントの列 "%1!"、テーブル "%2!" でエラーが発生しました。
425 受け取る変数のデータ型 %1! が列 '%3!' のデータ型 %2! と一致しません。
426 受け取る変数の長さ %1! が列 '%3!' の長さ %2! より短すぎます。
427 データベース ID %2! 内にある制約 ID %1! の定義を読み込めませんでした。DBCC CHECKCATALOG を実行して、データベースの整合性を確認してください。
428 複数のステートメントが含まれたバッチでは一括挿入は使用できません。
432 XML データ型のメソッドは、CHECK 制約ではサポートされなくなりました。制約を削除するか、またはスカラー ユーザー定義関数を作成してメソッドの呼び出しをラップしてください。テーブル "%1!" でエラーが発生しました。
434 関数 '%1!' は OUTPUT 句では許可されません。
435 XML データ型のメソッドは、計算列の定義ではサポートされません。スカラー ユーザー定義関数を作成して、メソッドの呼び出しをラップしてください。%3! ステートメントの列 "%1!"、テーブル "%2!" でエラーが発生しました。
438 XML データ型のメソッドはルールには使用できません。テーブル "%1!" でエラーが発生しました。
440 内部クエリのコンパイル エラー。スタック オーバーフローを処理できませんでした。
441 リモート データ ソースでは '%1!' 関数は使用できません。
442 NEST 引数は列参照にする必要があります。式は許可されません。
443 副作用のある演算子 '%1!' を関数内で使用することはできません。
444 関数内に含まれる SELECT ステートメントは、クライアントにデータを返せません。
445 COLLATE 句は、COLLATE 句を含む式では使用できません。
446 %1! 操作での照合順序の競合を解決できません。
447 COLLATE 句では、式の型 %1! は無効です。
448 照合順序 '%1!' が無効です。
449 異なる照合順序 '%1!' と '%2!' の COLLATE 句で照合順序が競合しています。
450 text データ型ではコード ページ変換はサポートされません。変換元: %1! 変換先: %2!。
451 %2! ステートメントの列 %1! での照合順序の競合を解決できません。
452 COLLATE 句はユーザー定義データ型では使用できません。
453 照合順序 '%1!' は Unicode データ型だけでサポートされます。データベース レベルやサーバー レベルでは設定できません。
454 UNNEST 引数は、入れ子になったテーブル列に指定してください。
455 FUNCTION 内に含まれる最後のステートメントは RETURN ステートメントにしてください。
456 照合順序の競合により、結果の照合順序が解決されないので、%1! 値から %2! 値への暗黙の変換は実行できません。
457 照合順序の競合により、値の照合順序が解決されないので、%1! 値から %2! 値への暗黙の変換は実行できません。
458 SELECT INTO の対象になるテーブル "%1!" を作成できません。データベース "%4!" のスキーマ コレクション "%3!" で列 "%2!" に xml 型が設定されています。xml 列では、異なるデータベースのスキーマを参照できません。
459 照合順序 '%1!' は Unicode データ型だけでサポートされます。char、varchar、text データ型には適用できません。
460 DISTINCT 演算子は、再帰共通テーブル式 '%1!' の再帰部分では許可されません。
461 TOP 演算子は、再帰共通テーブル式 '%1!' の再帰部分では許可されません。
462 外部結合は、再帰共通テーブル式 '%1!' の再帰部分では許可されません。
463 パラメーターを受け取る関数は、再帰共通テーブル式 '%1!' の再帰部分では許可されません。
464 副作用のある関数は、再帰共通テーブル式 '%1!' の再帰部分で許可されません。
465 再帰参照はサブクエリでは許可されません。
466 UNION 演算子は、再帰共通テーブル式 '%1!' の再帰部分では許可されません。
467 GROUP BY、HAVING、または集計関数は、再帰共通テーブル式 '%1!' の再帰部分では許可されません。
468 %3! 操作の "%1!" と "%2!" 間での照合順序の競合を解決できません。
469 テーブル ヒント KEEPIDENTITY が使用され、テーブルに ID 列が含まれるときは、対象のテーブル '%1!' に明示的に列リストを指定してください。
470 シノニム "%1!" がシノニム "%2!" を参照しました。シノニムのチェーンは許可されません。
471 3 つのオプション SINGLE_BLOB、SINGLE_CLOB、SINGLE_NCLOB のいずれか 1 つだけを指定できます。
472 フォーマット ファイル、または SINGLE_BLOB、SINGLE_CLOB、SINGLE_NCLOB の 3 つのオプションのうちのいずれか 1 つを指定してください。
473 PIVOT 演算子に不適切な値 "%1!" が指定されました。
474 テーブル "%1!" の計算列の定義を読み込めません。
475 SAMPLE 句が無効です。SELECT、UPDATE、および DELETE クエリの FROM 句でサンプリングできるのはテーブル名だけです。
476 テーブル "%2!" の PERCENT tablesample のサイズ "%1!" は無効です。 PERCENT tablesample のサイズは 0 から 100 までの範囲で指定してください。
477 テーブル "%1!" の TABLESAMPLE 句の ROWS 値または REPEATABLE シードは無効です。この値またはシードには整数値を指定してください。
478 ビュー定義またはインライン テーブル関数定義では、TABLESAMPLE 句を使用できません。
479 テーブル "%2!" の TABLESAMPLE 句の ROWS 値または REPEATABLE シード "%1!" は無効です。この値またはシードには 0 より大きい値を指定してください。
480 テーブル関数 "%1!" では TABLESAMPLE 句を使用できません。
481 リンク サーバー テーブル "%1!" では TABLESAMPLE 句を使用できません。
482 TABLESAMPLE 句または REPEATABLE 句に、定数以外または無効な式があります。
483 INSERT...EXEC ステートメントでは OUTPUT 句を使用できません。
484 %1! を超えるローカル変数は宣言できません。
485 ビューとインライン関数は、現在のデータベース以外のデータベースに登録されたスキーマ コレクションを使用して型指定された xml 列を返せません。列 "%1!" は、データベース "%3!" に登録されたスキーマ コレクション "%2!" を使用して型指定されています。
486 "%1!" では、アセンブリ名にスキーマ名をプレフィックスとして指定することはできません。
487 ステートメント "%1!" に無効なオプションが指定されました。
488 %1! 列は比較できるようにする必要があります。列 "%2!" の型は "%3!" ですが、この型は比較できません。
489 出力先のビュー "%1!" はパーティション ビューなので、OUTPUT 句を指定できません。
490 再同期機能は一時的に無効になっています。
491 FROM 句の一括行セットには相関名を指定してください。
492 OPENQUERY および OPENROWSET を使用して取得した結果セットには、重複する列名を使用できません。列名 "%1!" が重複しています。
493 nodes() メソッドから返された列 '%1!' は、直接使用できません。4 つの XML データ型メソッド exist()、nodes()、query()、value() のいずれか、または IS NULL チェックと IS NOT NULL チェックでのみ使用できます。
494 TABLESAMPLE 句は、ローカル テーブルだけに使用できます。
495 戻り値のテーブル列 "%1!" は、作成時の型と同じ型ではありません。このモジュールを削除し、この型に 2 つの部分で構成される名前を使用して再作成するか、sp_refreshsqlmodule を使用してそのパラメーターのメタデータを更新してください。
496 パラメーター "%1!" は、作成時の型と同じ型ではありません。このモジュールを削除し、この型に 2 つの部分で構成される名前を使用して再作成するか、sp_refreshsqlmodule を使用してそのパラメーターのメタデータを更新してください。
497 TABLESAMPLE 句または REPEATABLE 句では変数は許可されません。
498 TABLESAMPLE 句または REPEATABLE 句内の値が無効です。
499 getchecksum 関数のパラメーターは無効です。
500 %1! 列が指定されたテーブル値パラメーターを渡そうとしていますが、対応するユーザー定義テーブル型では %2! 列が必要です。

絵で見てわかるSQL Serverの内部構造 (DB Magazine Selection)

絵で見てわかるSQL Serverの内部構造 (DB Magazine Selection)

現場で使えるSQL―Oracle/SQL Server対応 (DB Magazine SELECTION)

現場で使えるSQL―Oracle/SQL Server対応 (DB Magazine SELECTION)