読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

鈴木康博さんの「BeSide」というカバーアルバムを買いました。

音楽
スポンサーリンク

今日は久々に懐かしいCDを入手しました。

鈴木康博さんの「BeSide」

鈴木康博さんの「BeSide」というカバーアルバムです。

鈴木康博はオフコースのメンバーです

鈴木康博さんと言えば私達の年代の方は知っているかもしれませんが、私が高校生時代に毎日聴いていた「オフコース」のメンバーです。

同じ「オフコース」のメンバーだった小田和正さんは最近でもよくテレビCMの曲などで耳にしますが、オフコースのツインボーカルの一人だった鈴木康博さんの声は最近メディアでは私自身は聴かなくなっていたのでちょっとさみしい思いをしてました。

そんな中、先日偶然に見つけたのです。
鈴木康博さんの名前を。

で、昔出ていたアルバム「BeSide」というものがあったのを思い出しました。


さっそくAmazonで探すとありました。
BeSide

収録曲は

収録曲は

  1. 一億の夜を越えて
  2. メインストリートをつっ走れ
  3. 夜はふたりで
  4. 青春
  5. 恋を抱きしめよう
  6. のがすなチャンスを
  7. 昨日への手紙
  8. 潮の香り
  9. いくつもの星の下で
  10. ランナウェイ
  11. ロンド
  12. 美しい思い出に
  13. でももう花はいらない (Bonus Track)

です。

もう、オフコースファンにとってはどれも懐かしいナンバーばかり。

「これは買うしかない」ということでさっそく、ポチリました。

で、それが今日、届きました。

さっそくiPodに入れて明日の通勤時に聴きましょう。

いまから楽しみです。

小田さんもいいけど鈴木さんもねいいよ。

なんかイメージとして「オフコース=小田さん」というのが昔のイメージにありますが、わたしは実は鈴木さんが作った楽曲の方がなんか好きでした。

特に初期のころのアコースティックギターのサウンドはとってもいいですよ。

よく「オフコースは暗い」なんて言われ周りからはいじめられましたが、この歳になって聴くとこの「しっとり感」がまたいい。

夜に明かりを消して一人で聴いてるとなんか癒されますよ。

みなさんも仕事に疲れた夜などにどうでしょうか。

BeSide

BeSide