読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

一歩間違えたら死ぬよ。台所の蛍光灯交換はブレーカー落として感電注意。

よもや話
スポンサーリンク

台所の蛍光灯交換は感電注意

先日、10数年使用してきた台所の蛍光灯が
とうとう壊れて点灯しなくなりました。

そこで蛍光灯を交換するかグローランプを交換すれば
復活するかと思い、いざ分解。

蛍光灯でもなくグローランプでもない

蛍光灯もグローランプも予備にあったものに交換しましたが、復活せず。

あ、グローランプってこんなのね。

どうやら本体が壊れてしまっているようです。

仕方が無いので取り外して交換です。

天井に張り付いている部分は他の照明器具と同様に、
カチッとねじってはめるソケットのようなもんかと...
そうこんな感じ。

でも実際は違いました。
なんか天井から直接電線が出て、そのまま照明器具に直結されてます。

本体取り外し

照明器具を取りはずします...電線が何かソケットの
ようなもので固定されて器具がとれない。
引っ張って見るがどうしても抜けない。

よ~く見るとネジで固定されているので、「それを外せばぬけるのか」と、
ドライバーを持ってきて、ネジを外しました。
でも外れないので、銅線のあたりをドライバーコネコネ。
その瞬間「バチバチっ」と火花炸裂、中に入っていた金具が
燃えながら飛んで来ました。
黒い煙がモワモワっと。
怖ぇ~。

どうやらショートしたようです。
そう、ブレーカー落とさずに作業してました。

よく感電しなかったものです。
黒こげになった部品と、ちょっと焦げた天井見ると
冷や汗がたらっ~と。

とりあえず、懐中電灯を持ってきて、ブレーカー落として
むき出しになった銅線に絶縁テープをぐるぐる巻きに。

ショートで焼けたので、すんなり銅線が抜けて
本体も取り外し完了です。

工事してくれる業者探す

このまま放置しておくのもなんなので、24時間トラブル
解決してくれる業者をネットで見つけて作業のお願いを
しましたが、見積り金額を聞いてびっくり。

照明器具代+工事代合わせて35,000円くらいですねと。

いや、ホームセンターで照明器具を買っても10,000円もしないし、
工事代が25,000円もかかるとは思えない。

仕方が無いので、工事をお断りして、なんとか別の
方法を検討することに。

ホームセンターでお願いして見る

どちらにしても照明器具を購入しないといけないので
翌日近所のホームセンターへ。

照明器具は5,000円ほどであります。
と言う事は昨日の業者は工事代が30,000円くらいなのか・・・?

でも、どの製品もパッケージにも「工事には専門の資格が必要です」と
書いてあります。
やっぱり、素人がやってはいけなかったのか・・・。

で、ホームセンターの人に「工事費はどれくらい?」と聞くと
「8,000円から、あとはご自宅にお邪魔して他に必要な部品が
なければそれだけです。」と。

う~ん、とってもリーズナブル。

でもそこは貧乏な我が家。
協議の結果、一度取りつけにトライして駄目なら
ホームセンターにお願いするということに。

電気工事には資格が必要です

でも「電気工事には資格が必要です」。
当然自分でやる場合はすべて自己責任です。

それを肝に銘じていざ勝負。

ブレーカー必ず落としましょう

作業する前に必ず、そこに通電している箇所のブレーカーは
落としましょう。

そうしないと確実に感電します。
感電死までいくかどうかは知りませんが
危険なことこの上ないです。

さぁ、照明器具の梱包といて説明書を見ると
「図のようにN極に灰色を挿します」とありますが、
白黒なんで、色合いが微妙...。
これ間違ったらまたショートするんだろうか...。

しかも一旦ショートしているので、むき出しになっている
銅線の部分がもろくなって「ポキポキ」と折れる。
これを差し込むの怖い。

仕方が無いので、銅線の先端を短く切って、絶縁体を
むきむき。
これが結構硬い。

なんとかむきむきしていざ、銅線を挿入。
いやちゃんと入ってない。
ブレーカーをあげても蛍光灯は点灯しません。
またブレーカーを落として、同線抜き差し。

これを繰り返すこと10回。
やっと入りました。

これで作業完了です。

必ずブレーカーを落として、自己責任で作業して
下さい。
感電や漏電が起こっても一切責任は取りません。

やっぱり電気は怖いです。苦手です。