読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

Google先生に新しい「桃太郎」作ってもらったら結構笑えるお話になりました

よもや話
スポンサーリンク

今朝、ネットサーフィンをしていると太宰治の「走れメロス」をGoogle翻訳で日本語→英語→日本語に変換した結果を載せていて、面白かったので私も「桃太郎」でやってみると、誤訳(迷訳)が面白かったので載せときます。

それにしても「そのようお願い1キビ団子。ライト連絡先」の「ライト連絡先」ってなんなんでしょうね。
「キジ」も「記事」や「関連記事」になってます。
鬼さんの角 ピン留めタイプ鬼の角

Google先生作「桃太郎」

むかしむかし、ある場所で、祖父と祖母が住んでいました。
山へ芝で老人が、老婆は川に行ってきました。
祖母は、Donburako川での選択​​であり、Donburakoすると、大きな桃が流れていました。
「ああ、これは老人に良いお土産である可能性があります。」
祖母と大きな桃を拾ったが、家に持ち帰りました。
老人と老婆は桃を食べようと桃をカットしようとすると、次に、それは何のうち元気の良い男の赤ちゃんをジャンプしました。
「これは確かですが、神は私を与えたしなければなりません。」
子供のいなかった祖父と祖母は、大きな喜びです。
桃、祖父と祖母から少年が桃太郎と名付けられた誕生しました。
桃太郎激しく、今すぐ強力な少年を成長しています。
そしてある日、桃太郎は述べています。
「私は、鬼ヶ島に行ってきました、それは悪い鬼を殺すでしょう」
あなたが祖母のにきび団子を作るために取得する場合、私は鬼ヶ島に行ってきました。
旅の途中で、私は犬に出会いました。
「桃太郎さんは、どこに行くべきか?」
「鬼ヶ島のために、我々は、鬼退治に行きます」
"あなたはあなたの腰に付けたそう、そのようお願い1キビ団子。ライト連絡先」
犬はキビ団子を持って、今、桃太郎のお供。
そして、今回は私が猿に出くわしました。
「桃太郎さんは、どこに行くべきか?」
「鬼ヶ島のために、我々は、鬼退治に行きます」
"あなたはあなたの腰に付けたそう、そのようお願い1キビ団子。ライト連絡先」
そして今、私は記事に出くわしました。
「桃太郎さんは、どこに行くべきか?」
「鬼ヶ島のために、我々は、鬼退治に行きます」
"あなたはあなたの腰に付けたそう、そのようお願い1キビ団子。ライト連絡先」
したがって、イヌ、サル、桃太郎は、鬼ヶ島についに来た、関連記事を得ました。
鬼ヶ島で、近くの村から盗んだ悪魔側の宝物とごちそうによって側は、それが酒盛りの最中です。
「私は間違いを犯すのNaみんな、。それ、Kakare! "
悪魔の臀部に犬にかまは、悪魔の背中に傷をつけたサルは、キジはくちばしで鬼の目をつつきました。
そして桃太郎もふり剣を回して大暴れです。
最後に、悪魔のボス、
「どのような残念なの§、どのような残念なの§。のみゆき、呉〜eを助けます」
そして、私たちは手で謝罪します。
桃太郎と犬と猿とキジは、車の中で悪魔から撮影された宝物を積み上げている、と私は元気に収容するために戻りました。
祖父と祖母は、桃太郎の安全な形を見て大喜びされています。
そして三人は、喜んで宝物のおかげで住んでいました。