読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

会社のトイレで「テロ事案」発生しました。(泣)

よもや話
スポンサーリンク

今日の夕方、会社の男子トイレで「テロ事案」が発生しましたので、お知らせします。
(お食事中の方は事案の特性上「う〇こ」という言葉が出てきます。ご自分で「○○○」と脳内変換してお読みください。)

テロはあってはならない行為

ランボー 怒りの脱出 [Blu-ray]

今日の夕方、少しお腹の調子を崩しトイレに行きました。
そこで「テロ事案」に遭遇しました。

お、おっさん、ちゃんと・・・

現場のトイレは男子用には個室が1つしかありません。

そこにとりあえず入り便器のフタを開けると・・・
あ、あるじゃん「う〇こ」が。
しかも、拭いた紙まで・・・。


これは間違いなく、さっきまで席にいなかったおっさんの成果物。

過敏性腸炎という病気のある私は、普通の人よりは様々な公共のトイレを使っており、「きゃーっ」ってトイレでも戦いを挑んで敵を打ち破ってきました。

でも、今日のヤツは本当に「テロ事案」。
臭いといい、量といい・・・。

もう、「集団的自衛権」ではなく「個別的自衛権」の範囲で自衛隊の掃海艇派遣を要請しても良いレベル。

しかも「テロ行為」をしたおっさんの顔も知ってるし・・・余計に厳しい。

これが綺麗なおねーちゃんのなら、何倍もマシ・・・いや少しはマシ・・・多分マシ・・・。
(マニアの方、この辺の見解に詳しい方は「はてぶ」のコメントでどうぞ・・・いや、やっぱりダメ。)

このままにしておくと

自衛隊の掃海艇が来るまで、お腹の調子が持ちそうにないので、「くそー」っと洒落を言いながら意を決して流す・・・
な、流れん・・・どんだけいっぱい出しとんねん。
どんだけ食ったらこんなことになるのか。

水があふれないようにしばらく間をあけて流すこと2回。
やっと「テロ事案」を無事に排除。

万が一このまま流れなかったら、この「テロ事案」は私が起こしたことになっていたかもしれません。
お、おそロシア。

ちゃんと自分の事案は最後まで責任を持て

ちゃんと自分の事案は最後まで責任を持て。
確認を怠るな。ってかちゃんと流せよ。

窓を全開にして出てきたけど、次の人はわたしが起こした「テロ事案(臭いのみ)」と思っているのだろうか。

怒りのまま書いてしまいました。
次の記事からはちゃんと「社会派ブロガー」として認識されているに、ふさわしい記事を書く予定です。
ご容赦の程を。