読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

とても優しくていい奴なのにどうして彼は結婚できないのか?

よもや話
スポンサーリンク

わたしの学生時代からの友人にT君という人がいます。


彼はわたしと同じ年なので、あと少しで生誕半世紀になるはずです。
(途中でカウントアップ忘れてなかったらね。)

彼は未だ独身です。

彼は会うたびに「結婚したいんだけどできない」と言うのです。

私から見ると経済力もあるし、背も高く容姿も悪い方じゃない。

しかもとても優しい。

同僚の方たちにも女性が多く、いろいろ食事などにも言っている雰囲気はあるのですが、なぜか「結婚」までは行かない模様。

で、今日は彼がどれだけ「やさしいのか」に着目して、なぜ彼が結婚できないのか分析してみます。

リンゴ飴を買う

これは学生時代の時。
友人達と自分の大学の学園祭での出来事。

当時はデビューして間もなくだったのか我が大学に「プリンセス プリンセス(PRINCESS PRINCESS)」がやってくると言う事で(わたしはその時彼女たちの存在は知らなかった)みんなで見に行きました。

その途中で人ごみにT君がまぎれてしまい彼を見失いました。
ほんの一瞬。

でも彼は背が高く頭ひとつ抜き出ているのですぐに見つかりました。

しかし発見された彼の手には何故か「リンゴ飴」が・・・。

「ん?そのリンゴ飴どうした?」と聞くと「いやぁ、なんか女の子が売れずに困っているので買って下さいって来たから・・・でも、リンゴ嫌いなんやけどな。あははは。」

どうですこの優しさ。
困っている人は見過ごせないのです。

自分だけが幸せならいいのですね!!

とある交差点で彼と信号待ちをしていると、女性が近づいて来て「恵まれない子供たちに寄付をお願いします」と言ってきました。

わたしは「なんかあやしい」と思ったので「ごめんね」と断ると隣に立っていた友人に「そちらの方はして頂けますか?」と。友人は「い、いや・・・」と断ると、突然彼女は友人に向かって「あなた達はご自分だけが幸せならいいのですね!!!世の中には困っている人がたくさんいるのに!!!」と怒り出しました。

「なんじゃこいつ?」と思いつつも「無視」していると、その女性は友人に向かって「なんとか言って下さい。本当に困っている人がいるんですよ!!!自分が幸せならそれを少し分けてあげたらいいでしょ!!!」と。

信号が青になったのでわたしが「ほら、行くぞ。」と言って歩き出しても彼はまだ捕まったまま。

仕方ないので戻ってもう一度「ほら、行くぞ。」と。すると彼女はわたしに向かって「あんたなんかと話してないのよ。私はこの人と話してるの!!!」とキレてる。

友人は財布からお金を出そうとしているので「そんな強引な寄付あるかぁ!!!あやしいからやめとけ!!!」と言って彼の腕を掴んで交差点を渡りました。

彼曰く「お前がいなかったら払ってたわ。」と。
やさしい、やさし過ぎる。

太陽のパワーを注がれる

とある駅で待ち合わせをした時、電車を降りるとベンチに腰をかけて本を読んでいる友人を発見。

でも良く見るとその前に女性が立って本を読んでうつむいている彼の頭に手をかざしている。

近づいて彼に「お待たせ、なにやってんの?」と聞くと「いや、断ったんやけど勝手にやらせてもらいますって・・・」と。

「で、なに?」と聞くと彼女はなんかの宗教の人で太陽のパワーを一般人に注いで浄化しているらしい。

彼は断ったが「こちらの自由意思なのでお気になさらず、そのまま読書を続けて下さい」という事だったらしい。

わたしは「ほら、行くぞ。」と彼に立つことを促すと彼女が「まだ終わってません、もしよければこの後あなたもどうですか?」と言うので「浄化しなければならない程、穢れてませんので結構です。」と応えておいた。

彼女は「そういう方こそ、太陽のパワーが・・・」と何か、のたまってらっしゃったのですが、無視して電車乗りました。

彼は「いやぁ、かっこ悪かった。」と言っているので「あんまり浄化されたらこの世から消え去るぞ!!」と少しだけ脅しておきました。

分析結果

どうやらここまで見ると彼は女性に優しすぎるのかも知れません。

たまには「突き放す」ということも必要なんじゃないでしょうか。
「ツンデレ」ってやつの逆バージョン?

あと、わたしは割と冷たいのかも知れません。

結婚できない男 Blu-ray BOX

結婚できない男 Blu-ray BOX