読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

今年も年賀状を書く季節がやって来ました。針のむしろ状態が続きますが耐えるのです。

よもや話
スポンサーリンク

去年も書いたような・・・
www.fair-skinned-monster.com

や、やっぱり。


そりゃそうですね。
わたしは書かないもの年賀状。

妻にぜ〜んぶお任せします。

理由は去年も書いた通りわたしは字がへ下手。
とてつもなく下手。

子供たちに勉強教えてて、例などを紙に書くけど「お父さんの字を読む方が勉強より難しい」と笑われます。


なのですべて妻にお任せです。

妻は言います。「私がもしいなくなったらどうするの?」と。
わたしは答えます。
「今はネットで書いてくれるんよ。」と。
ほら。



宣伝、宣伝と。

妻は言います「そんなん、ありがたみがないやろ」と。
わたしは答えます。「大丈夫、みんな読んでへんて」と。
妻は「じゃあんたの分は書かない」と言いますが、わたしは知っているのです。
そう言っても妻は毎年書いてくれることを。

最悪書いてくれなくても
はい、



宣伝、宣伝と。


でも、同僚からは「毎年とても達筆な年賀状が貰える」と実は好評。
なので今年も書いてもらうのです。

そして耐えるのです「肩凝った〜、腕痛い〜」って呪文を唱えられても聴こえないフリをして年賀状が完成するまでは。