読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

「どんなお葬式したい?」とはなかなか聞きにくい

よもや話
スポンサーリンク
自動車保険一括見積
▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ

最近、とあることが夫婦での懸案事項になってる。

それは、そう遠くないうちに訪れるであろうお互いの両親の終活の話題。

訃報にふれるたびに

ニュースや新聞で訃報にふれるたびに思う。

例えば「享年73」などという記載を見ると「まぁ、ちょっと早いような気もするが致し方ないか」と。

でもこの年齢、私たちの両親よりも年下なんである。

そう考えると、今は幸いにも4人とも元気ではあるが、いつ「その時」が訪れるのかはわからない。

どんな最期を迎えたいのだろうか

で、夫婦で話をするのである。

お互いの両親の最期の迎え方、お葬式はどんなのがいいのか、お墓はどうしたいのか・・・

でもそれを両親に「どうしたいの?」と聞くのも何故か聞きにくい。

いや、当然、いつかはみんな旅立つ訳なので避けるものでもないし、はっきりさせておいた方がいい。

でも、それでも聞きにくいのである。

無意識のうちに「両親との別れ」を自分には訪れて欲しくないという願望もあるのかも知れない。

「そんなこと気にしなくてもいいから聞け」という話なんだろうけども、どうしても言いだしにくい。

それでも、次に会った時は聞くようにしよう・・・