読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

あまりの尿意に間違えておっさんが女子トイレに侵入?えっ?えっ?えっ?マジか?

よもや話
スポンサーリンク

先日珍しく会社の人と帰りにお酒を飲んで帰りました。

誘い文句は「ちょっとだけ行く?」ですが、まぁ「ちょっとだけ」では済まないです。

そんなこんなで結構な量を飲んで解散になるわけですが、飲みすぎると(特にビールは)来るんです。

尿意が。それも突然に。しかもいきなり限界値MAXな状態で。

そこは女子トイレ?綺麗な足のミニスカートの人が

ちょっと(いやかなり)慌て気味に駅のトイレに駆け込んだのです。

そこで「あぁ、間にあったな」と思った次の瞬間、目に飛び込んできた光景は
【イメージ図】
超 マイクロ ミニ スカート 視線集中 ムチムチ 透け コスチュームA (白)

鏡に向かってこちらに背中を向けている綺麗なおねーさん・・・?

足が超綺麗。

「あ、あれ?・・・なんで?」となりました。

「も、もしかしてこれは慌て過ぎて女子トイレに間違えて入ってしまった・・・?」と。

これは焦りました。尿意なんて吹っ飛びました。

一瞬にして
妻子ある会社員男性、女子トイレに入りのぞき!!
とか
社会派ブロガー、落ちぶれて女子トイレに侵入!!
などと言った新聞の見出しが脳裏をよぎりました。

よく見ると他にも「のぞき」のおっさんがいる?

でも、よく見ると他にも「のぞき」のおっさんがいる。

しかも男子の「小」の用とたすようの便器も配備されている。

「もしかして、男女兼用?」「いや、ここの駅はちゃんと男子用と女子用は分かれていたはず」と言うことはここは間違いなく男子トイレ。

わたしの知っている「男の娘」とはちょっと違う

で、よーく見るとミニスカート履いた男の人やん。

しかもわたしの知っている「男の娘」とはちょっと違う。

わたしのイメージでは「男の娘」は「男」だけど化粧とかして女装して「綺麗な女の人」に見える20歳前後の人(認識合ってる?)。

でも、鏡に映るお顔はどう見ても「男の子(というか30代前半)」。

まぁ、お土地柄でいくとそう言ったお店がたくさんあるので、いまからご出勤の方なんでしょうか。

でも後ろ姿の下半身だけ見てると「めっちゃ綺麗」。

そこだけ見て「付き合って」と言われたら大抵の男はOKをするはず。


あとから入って来た人もそのおねーさん(いや、おにーさん・・・いや、おねーさん?)を見て3歩ぐらい後ずさりしてたので、みんな
妻子ある会社員男性、女子トイレに入りのぞき!!
って見出しが脳裏をよぎったはず。

そのおねーさん(いや、おにーさん・・・いや、おねーさん?)は間違ってない、わたしも犯罪者にならなくてよかった。

ということで目的の尿意を開放したあと横で手を洗いましたが、「男の人」とわかっていながらも何故か「ドキドキ」している自分が。

酔いも一気に醒めた。