読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

「骨粗鬆症」をとるか「お腹ゴロゴロ&ピッピー」をとるか、それが問題だ。

健康
スポンサーリンク

ここ数年、健康診断でかならず注意されるのが「骨粗鬆症に気をつけて」です。


どうやら、同年代の人に比べると骨密度が少ないらしい。

「骨粗鬆症」は患者数の全体で男女比「1:3」くらいの割合の患者数らしいのですが、なぜか該当してしまうようで。

対策に牛乳飲んでみる

完全に歳を取る前に対策をとろうと。

家で朝食を取っている頃はコーヒーに牛乳入れてくれてたけれども、最近、会社で朝食を取るようになってから飲み物はブラックコーヒーなのでそれが一因かということで、と思い昨日から毎朝牛乳を飲むことに。

朝食は牛乳とパン。

で、初日の昨日はいきなり来ましたよ。
お腹ゴロゴロ&ピッピー

4回もトイレ行ったわ。おかげで500gくらい痩せた・・・でもお尻痛い。

なぜ牛乳飲むとお腹ゴロゴロ&ピッピーになるのか?

子供の頃は毎日、給食で牛乳飲んでたし、その時はまったく「お腹ゴロゴロ&ピッピー」なんてならなかった。

でも、最近ダメなんだね、これが。

調べてみると
www.nyukyou.jp

牛乳中の糖質である乳糖を消化する酵素(乳糖分解酵素=ラクターゼ)が少ないか、働きが弱いためです。特に、激しい下痢を起こす症状を「乳糖不耐症」といいます。
乳糖は哺乳類の乳に多く含まれており、乳幼児期は乳糖分解酵素の働きが活発なのですが、大人になるにつれて弱くなる人がいます

「大人になるにつれて弱くなる・・・」ね、これか。

では予防法は?

  1. 少しずつゆっくり飲む
  2. 他の食品といっしょに摂る
  3. 乳糖を分解してある乳飲料などを選ぶ
  4. ヨーグルトやチーズを食べる

ゆっくり飲むか。

というとでちょっと行ってきます。