読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

SQLServerのエラーコード501〜1000

SQLServer
スポンサーリンク

SQLServerのエラーコード501〜1000までです。

コード メッセージ
505 現在のユーザー アカウントが SETUSER または SP_SETAPPROLE を指定して起動されました。データベースの変更は許可されません。
506 %2! 述語で無効なエスケープ文字 "%1!" が指定されました。
507 SET ROWCOUNT の引数が無効です。NULL 以外の負でない整数を指定してください。
509 ユーザー名 '%1!' が見つかりません。
510 許容最大行数を超える作業テーブル行は作成できません。ROBUST PLAN ヒントを指定してクエリを再実行してください。
511 1 行のサイズ %1! が許容最大行サイズ %2! を超えているので行を作成できません。
512 サブクエリは複数の値を返しました。サブクエリが =、!=、<、<=、>、>= の後に続く場合や、サブクエリが 1 つの式として使われる場合は複数の値は許可されません。
513 列の挿入または更新が、以前の CREATE RULE ステートメントで設定されたルールに従っていません。ステートメントを終了しました。データベース '%1!'、テーブル '%2!'、列 '%3!' で不一致が発生しました。
515 テーブル '%2!' の列 '%1!' に値 NULL を挿入できません。この列では NULL 値が許可されていません。%3! は失敗します。
517 値を '%1!' 列に追加したことで、オーバーフローが発生しました。
518 データ型 %1! を %2! に変換できません。
522 WAITFOR スレッドが解放されました。
523 別の未処理の結果セットがまだアクティブの間に、トリガーから結果セットが返されたか、トリガーが SET NOCOUNT OFF で実行されました。
524 トリガーから結果セットが返されましたが、サーバー オプション 'disallow results from triggers' は true です。
525 nodes() メソッドから返された列は、データ型 %1! に変換できません。4 つの XML データ型メソッド exist()、nodes()、query()、value() のいずれか、または IS NULL チェックと IS NOT NULL チェックでのみ使用できます。
526 異なる XML スキーマ コレクションおよび DOCUMENT/CONTENT オプション、またはそのいずれか一方で制約された XML 型の %1! は許可されません。このクエリを実行するには、CONVERT 関数を使用してください。
527 異なる XML スキーマ コレクションによって制約された XML 型間の暗黙の変換は許可されません。CONVERT 関数を使用して、このクエリを実行してください。
529 データ型 %1! から %2! への明示的な変換は許可されません。
530 ステートメントが終了しました。ステートメントの完了前に最大再帰数 %1! に達しました。
531 トリガー実行中には NOCOUNT を OFF に設定できません。サーバー オプション "disallow_results_from_triggers" が True に設定されているか、LOGON トリガーの実行中です。
532 %1! に変更されたタイムスタンプは、行が他のユーザーによって更新されていることを示します。
533 データベースの互換性が 90 以外の場合は、トリガー実行中に XACT ABORT を OFF に設定できません。
534 '%1!' は、この SQL Server インスタンス '%2!' のエディションではサポートされていないので失敗しました。SQL Server の各エディションでサポートされている機能の詳細については、オンライン ブックを参照してください。
535 datediff 関数でオーバーフローが発生しました。2 つの日付/時刻インスタンスの間隔を示す日付要素の数値が大きすぎます。datediff で指定する日付要素の単位を大きくしてみてください。
536 %1! 関数に渡した長さのパラメーターが無効です。
537 LEFT 関数または SUBSTRING 関数に渡した長さのパラメーターが無効です。
539 対象になるテーブルが作成された後にスキーマが変更されました。SELECT INTO クエリを再実行してください。
540 RAISERROR を実行するには、システム メモリが不足しています。
541 ステートメントを実行するには、スタックが不足しています
542 無効な datetime 値が見つかりました。年の値が 9999 を超えています。
543 テーブル値関数 '%1!' の戻りテーブルの作成に失敗しました。
544 IDENTITY_INSERT が OFF に設定されているときは、テーブル '%1!' の ID 列に明示的な値を挿入できません。
545 IDENTITY_INSERT が ON に設定されているか、レプリケーション ユーザーが NOT FOR REPLICATION ID 列に挿入しているときは、テーブル '%1!' の ID 列には明示的な値を指定してください。
547 %1! ステートメントは %2! 制約 "%3!" と競合しています。競合が発生したのは、データベース "%4!"、テーブル "%5!"%6!%7!%8! です。
548 挿入に失敗しました。データベース '%1!'、レプリケートされたテーブル '%2!'%3!%4!%5! の ID 範囲チェック制約と競合しました。ID 列がレプリケーションによって自動的に管理される場合は、範囲を次のように更新してください: パブリッシャーの場合、sp_adjustpublisheridentityrange を実行してください。サブスクライバーの場合、ディストリビューション エージェントまたはマージ エージェントを実行してください。
549 受け取る変数の照合順序 '%1!' が列 '%3!' の照合順序 '%2!' と一致しません。
550 対象のビューに WITH CHECK OPTION が指定されていたか、CHECK OPTION 制約で限定できない操作が 1 行以上の行を返し、WITH CHECK OPTION が指定されたビューを広げてしまったため、挿入または更新できませんでした。
552 CryptoAPI 関数 '%1!' が失敗しました。エラー 0x%2!: %3!
555 ユーザー定義関数は、まだ有効ではありません。
556 ストアド プロシージャが対象テーブルのスキーマを変更したので、INSERT EXEC が失敗しました。
557 関数内から実行できるのは関数と一部の拡張ストアド プロシージャだけです。
558 関数内では、リモート関数呼び出しは許可されません。
561 ファイル '%1!' にアクセスできませんでした
562 ファイル '%1!' にアクセスできませんでした。ファイルにアクセスできるのは、共有を使用する場合だけです。
563 INSERT EXEC ステートメントのトランザクションがロールバックされました。 INSERT EXEC 操作は終了されます。
564 固定長 '%1!' のレコードを作成しようとしました。許容最大固定長は '%2!' です。
565 クエリをコンパイル中にサーバーでスタック オーバーフローが発生しました。クエリを簡単にしてください。
566 監査トレースを書き込み中にエラーが発生しました。SQL Server がシャットダウンされています。ディスク領域の不足などのエラー状態を調べて修正してから、SQL Server を再起動してください。問題が解決しない場合は、コマンド プロンプトから "-f" スイッチを指定してサーバーを起動し、SP_CONFIGURE を使用して監査を無効にしてください。
567 ファイル '%1!' は存在しないか、トレース ファイルとして認識されません。または、ファイルを開くときにエラーが発生しました。
568 エラーが発生したか、トレース ファイル '%1!' の予期しない終了が検出されました。
569 %1! に渡されたハンドルは無効です。
570 INSTEAD OF トリガーでは直接再帰はサポートされません。トリガーの実行に失敗しました。
571 %1! に指定した属性値は無効です。
572 オフセット %2! 付近の正規表現 "%1!" は無効です。
573 正規表現の評価が複雑すぎます: '%1!'。
574 %1! ステートメントはユーザー トランザクション内では使用できません。
575 LOGON トリガーから結果セットが返されました。結果セットを返さないように LOGON トリガーを変更してください。
576 サイズ %1! のスパース データを含む行を作成できません。スパース データの許容最大サイズ %2! を超えています。
577 タイムアウトに指定された値は有効ではありません。タイムアウトには、0 〜 2,147,483,647 の有効な整数を指定してください。
578 WAITFOR クエリでは、Insert Exec は許可されません。
579 スナップショット分離レベルでは、WAITFOR クエリを実行できません。
582 オフセットが、書き込み時に更新される列の長さを超えています。
583 書き込みに負のオフセットまたは長さが指定されています。
584 WAITFOR クエリでは、SELECT INTO は許可されません。
585 リソース データベースのデータ設定中に、データベース コンテキストは変更できません。
587 無効な遅延された CLR 型フェッチ トークンが指定されました。
588 セッション内の複数のタスクで、同一の遅延 CLR 型フェッチ トークンが同時に使用されています。
589 このステートメントから、アセンブリによってアクセスが制限されているデータにアクセスしようとしました。
590 RPC が実行前に中止されました。
591 %1!: 仮引数 "%2!" が OUTPUT として定義されましたが、実引数は OUTPUT として宣言されませんでした。
592 ID %3! のデータベースで %1! ID %2! が見つかりません。
593 fn_trace_gettable: イベント 165 のトレース データの XML 変換が失敗しました。
594 fn_trace_gettable: トレース データの XML 変換はファイバー モードではサポートされていません。
595 未処理の結果セットを含む一括挿入は、XACT_ABORT をオンにして実行する必要があります。
596 セッションが強制終了状態なので、続行できません。
597 ユーザー データグラム プロトコル (UDP) でのエラーにより、インプロセス データ アクセスの実行を終了しています。
598 CREATE/ALTER DB を実行中にエラーが発生しました。詳細については、以前に発生したエラーを参照してください。
599 %1!: 結果の長さが、対象となる大きな型の長さの制限 (2 GB) を超えています。



コード メッセージ
601 データが移動されたので NOLOCK を使用したスキャンは続行できませんでした。
602 パーティション ID が %1! のテーブルまたはインデックスのエントリが、データベース %2! に見つかりませんでした。このエラーは、削除されたテーブルをストアド プロシージャが参照している場合、またはメタデータが壊れている場合に発生する可能性があります。ストアド プロシージャを削除して再作成するか、DBCC CHECKDB を実行してください。
603 オブジェクト ID が %1! (パーティション ID %2!) のテーブルまたはインデックスのエントリが、データベース %3! に見つかりませんでした。このエラーは、削除されたテーブルをストアド プロシージャが参照している場合、またはメタデータが壊れている場合に発生する可能性があります。ストアド プロシージャを削除して再作成するか、DBCC CHECKDB を実行してください。
605 データベース %2! の論理ページ %1! のフェッチに失敗しました。この論理ページは、アロケーション ユニット %4! ではなく、%3! に所属しています。
606 メタデータに一貫性がありません。テーブル '%2!' に指定されているファイル グループ ID %1! は存在しません。DBCC CHECKDB または CHECKCATALOG を実行してください。
608 パーティション ID %1! のカタログ エントリがデータベース %2! に見つかりませんでした。メタデータに一貫性がありません。DBCC CHECKDB を実行してメタデータが壊れているかどうか確認してください。
609 RowsetBulk で開始するときに BTree が空ではありません。
610 ページのヘッダー値が無効です。DBCC CHECKDB を実行して、データの破損の有無を確認してください。
611 行を挿入または更新できません。オーバーヘッドを含む、変数列の合計サイズが、制限を超える %1! バイトです。
613 パーティション ID %1! の作業テーブル行セットのエントリがデータベース %2! に見つかりませんでした。
615 データベース ID %1!、名前 '%2!' が見つかりませんでした。このデータベースはオフラインの可能性があります。しばらく待ってから再試行してください。
617 データベース ID %2! のオブジェクト ID %1! の記述子の非ハッシュ化を試みたときに、記述子がハッシュ テーブルに見つかりませんでした。作業テーブルにエントリがありません。クエリを再実行してください。カーソルが含まれている場合は、カーソルを閉じてから再度開いてください。
622 ファイル グループ "%1!" には、割り当てられたファイルがありません。ファイルが追加されるまで、このファイル グループについて、テーブル、インデックス、text 型の列、ntext 型の列、および image 型の列に値を設定することはできません。
627 分散トランザクション内では SAVE TRANSACTION は使用できません。
628 アクティブなトランザクションが存在しない場合は SAVE TRANSACTION を実行できません。
650 READ COMMITTED または REPEATABLE READ 分離レベルでは、READPAST ロックだけを指定できます。
651 テーブル "%2!" では %1! 粒度ヒントは使用できません。指定された粒度でロックすることは禁止されています。
652 テーブル "%2!" (RowsetId %3!) のインデックス "%1!" が、・ヌみ取り専用のファイル グループ ("%4!") に存在します。このファイル グループは変更できません。
656 パーティション関数 '%1!' は %2! パーティションを作成します。これにより、パーティション数増加のサポートの削除が回避されます。
657 データベース '%1!' でパーティション数増加のサポートを無効にできませんでした。理由: %2!。
658 データベース '%1!' でパーティション数増加のサポートを有効にできませんでした。理由: %2!。
666 パーティション ID が %1! のインデックスで、重複するグループに対するシステム生成の一意値が最大値を超えました。この問題はインデックスを削除し、再作成することで解決できます。それ以外の場合は、別のクラスター化キーを使用してください。
667 テーブル "%2!" (RowsetId %3!) のインデックス "%1!" が、アクセスできないファイル グループ ("%4!") に存在します。このファイル グループはオフラインか、復元中か、または機能していません。
669 行オブジェクトに一貫性がありません。クエリを再実行してください。
670 テーブル "%1!" のラージ オブジェクト (LOB) データは、アクセスできないオフラインのファイル グループ ("%2!") に存在します。
671 テーブル "%1!" のラージ オブジェクト (LOB) データは、変更できない読み取り専用のファイル グループ ("%2!") に存在します。
672 データベース "%1!" 内の孤立した行セットをクリーンアップするパケットをキューに登録できませんでした。ディスク領域の一部が使用できなくなっている可能性があります。データベースの再起動時に、クリーンアップが再試行されます。
674 RowsetNewSS 0x%1! のデストラクターで例外が発生しました。このエラーは、一括挿入操作中に使用される事前に割り当てられたディスク ブロックの解放に関連する問題を示している可能性があります。この問題を解決するには、サーバーを再起動してください。
675 パーティション ID %1! の作業テーブルは、繰り返し試行された後、正常に削除されました。
676 パーティション ID %1! の作業テーブルを削除中にエラーが発生しました。
677 パーティション ID %1! の作業テーブルの削除を複数回試みましたが削除できません。作業テーブルに遅延削除が設定されています。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
678 バッチの最後にパーティション ID %1! のアクティブ行セットが見つかりました。このエラーは、例外が適切に処理されていない可能性を示しています。SQL Server Management Studio の現在の利用状況ウィンドウまたは Transact-SQL の KILL ステートメントを使用して、エラーを生成したサーバー プロセス識別子 (SPID) を終了してください。
679 テーブル '%2!'(パーティション ID %3!) のインデックス '%1!' のパーティションの 1 つが、オフライン、復元中、または機能していないためアクセスできないファイル グループ ("%4!") に存在します。そのため、クエリ結果が制限される可能性があります。
680 パーティション ID が %5! の作業テーブルに属しているアロケーション ユニット ID %4! の削除中にエラー [%1!、%2!、%3!] が発生しました。
681 NULL 値が許容されていない列の値を NULL に設定しようとしています。
682 内部エラー。列の値を読み取るために用意されたバッファーが小さすぎます。DBCC CHECKDB を実行して、データが破損していないかどうかを確認してください。
683 10 進形式を可変長と固定長の間で変換中に内部エラーが発生しました。DBCC CHECKDB を実行して、データベースの破損の有無を確認してください。
684 圧縮されたストレージ形式と圧縮されていないストレージ形式の間で変換中に内部エラーが発生しました。DBCC CHECKDB を実行して、破損の有無を確認してください。
685 ヒープの転送されたレコードの戻りポインターを取得中に内部エラーが発生しました。
686 バイト数が奇数の nchar 列または nvarchar 列は圧縮できません。
701 このクエリを実行するには、リソース プール '%1!' のシステム メモリが不足しています。
708 少ない仮想アドレス空間でサーバーが実行されているか、少ない仮想メモリでコンピューターが実行されています。スタートアップから %1! 回、予約済みのメモリが使用されました。クエリを取り消して再実行するか、サーバーの負荷を減らすか、他のアプリケーションを取り消してください。
801 バッファーで予期しないステータス 0x%1! が検出されました。
802 バッファー プールで使用できるメモリが不足しています。
803 擬態エラー (デバッグのみ)
805 復元は保留中です
806 監査エラー (ディスクから読み取られたページが基本的な整合性のチェックに合格しませんでした)
807 (ドライブにディスクが挿入されていないか、間違ったディスクが挿入されています)
808 転送されたバイト数が不足しています
821 バッファー ページ番号が %2! の 0x%1! にあるバッファーと、HASHED ステータスが設定されているデータベース ID %3! を非ハッシュ化できませんでした。バッファーが見つかりませんでした。%4!。ご購入元に問い合わせてください。
822 要求 %1! の I/O 操作を開始できませんでした。ご購入元に問い合わせてください。
823 オペレーティング システムにより、ファイル '%4!' のオフセット %3! で %2! 中の SQL Server にエラー %1! が返されました。SQL Server エラー ログまたはシステム イベント ログ内の別のメッセージで詳細情報を参照できる場合があります。このシステムレベルのエラー状態は深刻で、データベースの一貫性を損なう可能性があるので、すぐに解決する必要があります。完全なデータベース整合性確認 (DBCC CHECKDB) を完了してください。このエラーには多くの要因があります。詳細については、SQL Server オンライン ブックを参照してください。
824 SQL Server で、一貫性に基づいた論理 I/O エラーが検出されました: %1!。このエラーは、ファイル '%6!' のオフセット %5! にあるデータベース ID が %4! のページ %3! の %2! 中に発生しました。SQL Server エラー ログまたはシステム イベント ログ内の別のメッセージで詳細情報が報告されることもあります。このエラー状態は深刻で、データベースの整合性を損なう可能性があるので、すぐに解決する必要があります。完全なデータベース一貫性確認 (DBCC CHECKDB) を実行してください。このエラーには多くの要因があります。詳細については、SQL Server オンライン ブックを参照してください。
825 ファイル '%1!' のオフセット %2! での読み取りは、読み取りに %3! 回失敗 (エラー: %4!) した後で成功しました。SQL Server エラー ログとシステム イベント ログ内の別のメッセージで詳細情報が報告されることもあります。このエラー状態は、データベースの整合性を損なう可能性があるので、解決する必要があります。完全なデータベース整合性確認 (DBCC CHECKDB) を完了してください。このエラーの原因には多くの要因があります。詳細については、SQL Server オンライン ブックを参照してください。
826 正しくないページ ID (必要な ID %1!:%2!、実際の ID %3!:%4!)
829 データベース ID %1!、ページ %2! が RestorePending に設定されています。ディスクが破損している可能性があります。この状態から復旧するには、復元操作を実行してください。
830 古いページ (読み取ったページが返したログ シーケンス番号 (LSN) (%1!:%2!:%3!) は、最後に書き込まれた LSN (%4!:%5!:%6!) より古い番号です)
831 保持しているページの割り当ては解除できません。
832 変更してはいけないページが変更されています (正しいチェックサム: %1!、実際のチェックサム: %2!、データベース %3!、ファイル '%4!'、ページ %5!)。これは一般的に、メモリの障害、またはハードウェアか OS の破損を示します。
833 SQL Server は、データベース [%4!] (%5!) のファイル [%3!] で、完了に %2! 秒以上かかった I/O 要求を %1! 個検出しました。OS ファイル ハンドルは 0x%6! です。最新の実行時間の長い I/O のオフセット: %7!。
844 バッファー ラッチを待機中にタイムアウトが発生しました。型 %1!、BP %2!、ページ %3!:%4!、状態 %5!、データベース ID: %6!、アロケーション ユニット ID: %7!%8!、タスク 0x%9! : %10!、待機時間 %11!、フラグ 0x%12!、所有しているタスク 0x%13!。待機を続行します。
845 バッファー ラッチを待機中にタイムアウトが発生しました。ページ %2! の型 %1!、データベース ID %3!。
846 バッファー ラッチを待機中にタイムアウトが発生しました。型 %1!、BP %2!、ページ %3!:%4!、状態 %5!、データベース ID: %6!、アロケーション ユニット ID: %7!%8!、タスク 0x%9! : %10!、待機時間 %11!、フラグ 0x%12!、所有しているタスク 0x%13!。待機は続行されません。
847 ラッチを待機中にタイムアウトが発生しました。クラス '%1!'、ID %2!、型 %3!、タスク 0x%4! : %5!、待機時間 %6!、フラグ 0x%7!、所有しているタスク 0x%8!。待機を続行します。
848 バッファー プールに大きなページを使用しています。
849 バッファー プールにロックされたページを使用しています。
850 %1! MB の大きなページ メモリが割り当てられています。
851 そのページは、読み取ることができないオフライン ファイルに含まれています



コード メッセージ
902 %1! を変更するには、データベースがチェックポイントを実行できる状態にしてください。
904 サーバーのシャットダウン中またはスタートアップ中に、データベース %1! を自動起動できません。
905 データベース '%1!' は、このエディションの SQL Server では起動できません。このデータベースには、パーティション関数 '%2!' が含まれています。パーティション分割は SQL Server Enterprise Edition でしかサポートされません。
907 データベース "%1!" に、一貫性のないデータベースまたはファイルのメタデータが含まれます。
908 データベース %2! のファイル グループ %1! は使用できません。このファイル グループは %3! です。このファイル グループを復元または変更して、使用可能にしてください。
909 データベース '%1!' は、オブジェクト '%2!' の一部または全体でデータ圧縮または vardecimal ストレージ形式が有効になっているため、このエディションの SQL Server では開けません。データ圧縮および vardecimal ストレージ形式がサポートされているのは、SQL Server Enterprise Edition だけです。
910 データベース '%1!' で、スクリプト '%2!' がレベル %3! からレベル %4! にアップグレードされています。
911 データベース '%1!' が存在しません。名前が正しく入力されていることを確認してください。
912 アップグレード手順 '%2!' でエラー %3!、状態 %4!、重大度 %5! が発生したため、データベース '%1!' のスクリプト レベルのアップグレードが失敗しました。このエラー状態は深刻で、通常の操作に影響を与える可能性があるので、データベースはオフラインになります。'master' データベースのアップグレード中にこのエラーが発生した場合は、SQL Server インスタンス全体を開始できません。スクリプトのアップグレード手順が最後まで実行されるように、これまでのエラー ログ エントリを参考にしてエラーを調査し、適切な方法で対処して、データベースを再起動してください。
913 データベース ID %1! が見つかりませんでした。データベースがまだ有効になっていないか、状態遷移中である可能性があります。データベースが使用可能になってから、クエリを再発行してください。データベースが状態遷移中であるためにこのエラーが発生したとは考えられず、エラーが引き続き発生するときは、サポートの提供元に問い合わせてください。Microsoft SQL Server エラー ログおよびエラー発生時の環境に関する詳細を確認できるようにしておいてください。
914 アップグレード手順 '%2!' が完了前に中止されたため、データベース '%1!' のスクリプト レベルのアップグレードが失敗しました。'master' データベースのアップグレード中に手順が中止された場合は、SQL Server インスタンス全体を開始できません。スクリプトのアップグレード手順が最後まで実行されるように、これまでのエラー ログ エントリを参考にしてエラーを調査し、適切な方法で対処して、データベースを再起動してください。
915 データベース '%1!' の現在のスクリプト レベルを取得できません。'master' データベースの起動中にエラーが発生した場合は、SQL Server インスタンス全体を開始できません。スクリプトのアップグレードが最後まで実行されるように、これまでのエラー ログ エントリを参考にしてエラーを調査し、適切な方法で対処して、データベースを再起動してください。
916 現在のセキュリティ コンテキストでは、サーバー プリンシパル "%1!" はデータベース "%2!" にアクセスできません。
917 コンパイル エラーにより、データベース '%1!' に対してアップグレード スクリプトのバッチを実行できませんでした。コンパイルが失敗する原因となった行については、以前に発生したエラー メッセージを確認してください。
918 エンジンのスクリプト メタデータをスクリプト DLL '%1!' から読み込めませんでした。Windows によって報告されたエラー コードは %2! です。このエラー状態は深刻で、通常、インストールが破損しているか不完全であることを示します。SQL Server インスタンスを修復すると、このエラーの解決に役立つ場合があります。
919 ユーザー '%1!' が、データベースのスクリプト レベルのエントリ %2! の値を %3! に変更しています。
920 sysadmin ロールのメンバーだけが、データベースのスクリプト レベルを変更できます。
921 データベース '%1!' はまだ復旧していません。しばらく待ってから再試行してください。
922 データベース '%1!' は復旧中です。復旧が終了するまでお待ちください。
923 データベース '%1!' は制限付きのモードで実行されています。データベース所有者、dbcreator ロールおよび sysadmin ロールのメンバーだけがアクセスできます。
924 データベース '%1!' は既に開かれています。同時に 1 人のユーザーだけが開けます。
925 クエリごとに使用されるデータベースの最大数を超えました。許容最大値は %1! です。
926 データベース '%1!' を開けません。このデータベースは、復旧により問題ありと設定されています。詳細については、SQL Server エラー ログを参照してください。
927 データベース '%1!' を開けません。復元中です。
928 アップグレード中に、データベースで例外 %1!、重大度 %2!、状態 %3!、アドレス %4! が発生しました。原因を判断するには、例外番号を使用してください。
929 現在開いていないデータベースは閉じることができません。アプリケーションを再接続して、再試行してください。それでも問題が解決しない場合、ご購入元に問い合わせてください。
930 存在しないデータベース '%2!' で復旧単位 %1! を参照しようとしています。ご購入元に問い合わせてください。
931 存在しないデータベース '%2!' でデータベース フラグメント %1! を参照しようとしています。ご購入元に問い合わせてください。
932 変更の追跡が有効になっているため、SQL Server はデータベース '%1!' を読み込めません。現在インストールされている SQL Server のエディションでは、変更の追跡がサポートされていません。サポートされている SQL Server のエディションを使用してデータベースの変更の追跡を無効にするか、変更の追跡をサポートするエディションにインスタンスをアップグレードしてください。
933 SQL Server の現在のエディションではデータベース機能の一部が使用できないため、データベース '%1!' を開くことができません。
934 Change Data Capture が有効になっているため、SQL Server はデータベース '%1!' を読み込めません。現在インストールされている SQL Server のエディションでは、Change Data Capture がサポートされていません。サポートされている SQL Server のエディションを使用してデータベースの Change Data Capture を無効にするか、Change Data Capture をサポートするエディションにインスタンスをアップグレードしてください。
935 データベース '%2!' では、'%1!' のスクリプト レベルを、%3! からこのサーバーでサポートされている %4! にダウングレードできません。通常、これは、今後のバージョンのデータベースがアタッチされた場合に、ダウングレード パスが現在のインストールでサポートされないことを示します。新しいバージョンの SQL Server をインストールしてから、再度データベースを開いてください。
942 データベース '%1!' はオフラインなので開けません。
943 データベース '%1!' のバージョン (%2!) は現在のサーバーのバージョン (%3!) よりも新しいので、このデータベースは開けません。
944 データベース '%1!' をバージョン %2! から現在のバージョン %3! に変換しています。
945 ファイルにアクセスできないか、メモリまたはディスク領域が不足しているので、データベース '%1!' を開けません。詳細については、SQL Server エラー ログを参照してください。
946 データベース '%1!' バージョン %2! を開けません。データベースを最新のバージョンにアップグレードしてください。
947 データベース '%1!' を閉じているときにエラーが発生しました。以前に発生した関連するエラーを確認し、操作を再試行してください。
948 データベース '%1!' のバージョンは %2! なので、開けません。このサーバーではバージョン %3! 以前がサポートされます。このダウングレード パスはサポートされません。
949 tempdb はスキップされます。tempdb を必要とするクエリは実行できません
950 データベース '%1!' をアップグレードできません。製品版でないバージョン (%2!) は、このバージョンの SQL Server ではサポートされません。このバージョンの sqlservr.exe と互換性がないデータベースは開けません。データベースを再作成してください。
951 データベース '%1!' で、バージョン %2! からバージョン %3! へのアップグレード手順が実行されています。
952 データベース '%1!' は状態遷移中です。後でステートメントを実行してください。
954 データベース "%1!" を開けません。ミラー データベースとして機能しています。
955 データベース %1! のデータベース ミラーリングは有効になっていますが、データベースにクォーラムが足りないため、データベースを開くことができません。パートナー接続とミラーリング監視接続を構成している場合は、それらの接続を確認してください。
956 データベース %1! のデータベース ミラーリングは有効になっていますが、まだパートナーと同期されていません。後で操作を再試行してください。
957 データベース '%1!' のデータベース ミラーリングが有効になっています。データベース名を変更できません。
958 リソース データベースのビルド バージョンは %1! です。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
959 リソース データベースのバージョンは %1! で、このサーバーがサポートしているバージョンは %2! です。正しいバージョンを復元するか、SQL Server を再インストールしてください。
960 警告: データベース "%2!" でユーザー "sys" (principal_id = %1!) の名前が "%3!" に変更されました。"sys" は、このバージョンの SQL Server で予約されているユーザー名またはスキーマ名です。
961 警告: データベース "%4!" でオブジェクト ID %3! のインデックス "%1!" (index_id = %2!) の名前が同じオブジェクトの別のインデックスと重複してたため、"%5!" に変更されました。
962 警告: データベース "%3!" の主キー制約または一意の制約 "%1!" (object_id = %2!) のインデックスの名前が変更されたため、この制約の名前が "%4!" に変更されました。
963 警告: アップグレード中に行われた動作により、データベース "%1!" は問題ありと設定されました。詳細については、エラー ログまたはイベント ログを参照してください。データベースをオンラインにするには、ALTER DATABASE を使用します。データベースは restricted_user 状態でオンラインになります。
964 警告: データベース '%2!' に見つからなかったシステム ユーザー '%1!' が復元されました。このユーザーは、SQL Server 操作を行うために必要です。
965 警告: データベース "%4!" のオブジェクト ID %3! のインデックス "%1!" (index_id = %2!) のメタデータで、列の NULL 値の許容属性に一貫性がないことが検出されました。インデックスが壊れている可能性があります。DBCC CHECKTABLE を実行して一貫性を確認してください。
966 警告: データベース "%2!" のアセンブリ "%1!" の名前は、このバージョンの SQL Server のシステム アセンブリと競合するため、"%3!" に変更されました。
967 警告: "%2!"."%3!" のインデックス "%1!" が無効です。このインデックスにバインドされた XML データには、xs:date および xs:dateTime として、サポートされなくなった負の値が含まれている可能性があります。
968 警告: スキーマ コレクション "%2!" にある型 "%1!" の XML ファセットが "%3!" から "%4!" に更新されます。SQL Server では、xs:date 型および xs:dateTime 型の値の中で年に負の値を使用することはできません。
969 警告: スキーマ コレクション "%2!" にある XML 要素または属性 "%1!" の既定値または固定値が "%3!" から "%4!" に更新されます。SQL Server では、型 xs:date および xs:dateTime の値の中で年に負の値を使用することはできません。
970 警告: XML 列 "%1!.%2!.%3!" の XML インスタンスに、xs:date または xs:dateTime 型の単純型の負の値が含まれている可能性があります。この XML インスタンスでは、XQuery を実行することも、プライマリ XML インデックスを作成することもできません。
971 2 つの異なる場所でリソース データベースが検出されました。現在アタッチされている '%2!' のリソース データベースの代わりに、sqlservr.exe と同じディレクトリにある '%1!' のリソース データベースをアタッチします。
972 プロシージャの実行中にデータベース '%1!' を使用できませんでした。