読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

SQLServerのエラーコード1000〜1500

SQLServer
スポンサーリンク

SQLServerのエラーコード1000〜1500までです。

コード メッセージ
1001 行 %1!: 長さまたは有効桁数の指定 %2! が無効です。
1002 行 %1!: 指定された小数点以下桁数 %2! は無効です。
1003 行 %1!: %2! 句は %3! だけに許可されます。
1004 列プレフィックス '%1!' は無効です。テーブル名が指定されていません。
1005 行 %1!: プロシージャ番号 (%2!) が無効です。プロシージャ番号には 1 から 32767 までの値を指定してください。
1006 CREATE TRIGGER にステートメントがありません。
1007 %1! '%2!' は数値表現の範囲外です (最大有効桁数は 38 桁です)。
1008 ORDER BY 番号 %1! で識別される SELECT 項目に、列位置を識別する式の一部として変数が含まれています。変数は、列名を参照する式で順序付けられているときだけ許可されます。
1009 キーワード DEFAULT は DBCC コマンドでは許可されません。
1010 エスケープ文字 '%1!' が無効です。
1011 相関名 '%1!' が FROM 句内で複数回指定されました。
1012 相関名 '%1!' がテーブル '%2!' と同じ公開名を持っています。
1013 FROM 句内のオブジェクト "%1!" と "%2!" の公開名が同じです。相関名を使用してこれらを区別してください。
1014 TOP 句が無効な値が含まれています。
1015 HAVING 句または選択リストに含まれるサブクエリの場合、および集計される列が外部参照の場合にだけ、ON 句に集計を含めることができます。
1016 外部結合演算子は、結合テーブルを含むクエリでは指定できません。
1018 '%1!' 付近に不適切な構文があります。この構文がテーブル ヒントの一部の場合、WITH キーワードとかっこが必要になります。適切な構文については、SQL Server オンライン ブックを参照してください。
1019 GRANT/REVOKE ステートメントのオブジェクト名後の列リストが無効です。
1020 サブエンティティ リスト (列やセキュリティ式など) は、エンティティレベルの権限に指定できません。
1021 FIPS 警告: 行 %1! には ANSI 以外のステートメント '%2!' があります。
1022 FIPS 警告: 行 %1! には ANSI 以外の句 '%2!' があります。
1023 %2! に指定されたパラメーター %1! は無効です。
1024 FIPS 警告: 行 %1! には ANSI 以外の関数 '%2!' があります。
1025 FIPS 警告: 識別子 '%1!' の長さが 18 を超えています。
1026 GOTO を使用して TRY または CATCH スコープに移動することはできません。
1028 GROUP BY ALL 句では、CUBE、ROLLUP、および GROUPING SETS コンストラクトは許可されません。
1029 サブクエリおよび派生テーブルでは、ブラウズ モードは無効です。
1030 ここでは定数だけを使用できます。時刻のリテラルは現在の日付を参照するので使用できません。
1031 パーセント値は 0 から 100 までの値を指定してください。
1032 列プレフィックス '%1!' は使用できません。列プレフィックスを UPDATE 句 '%2!' のオブジェクトと一致させてください。
1033 TOP または FOR XML が指定されていない場合、ビュー、インライン関数、派生テーブル、サブクエリ、および共通テーブル式では ORDER BY 句は無効です。
1034 構文エラー: トリガー宣言でアクション "%1!" の指定が重複しています。
1035 '%1!' 付近に不適切な構文があります。'%2!' である必要があります。
1036 この CREATE/ALTER DATABASE ステートメントにはファイル オプション %1! が必要です。
1037 CASCADE、WITH GRANT、または AS オプションはステートメント権限では指定できません。
1038 オブジェクト名または列名がないか、空です。SELECT INTO ステートメントの場合は、各列に名前が付いていることを確認してください。その他のステートメントの場合は、空の別名を検索してください。"" または [] として定義された別名は許可されません。別名を有効な名前に変更してください。
1039 オプション '%1!' が複数回指定されました。
1041 オプション %1! はログ ファイルには使用できません。
1042 指定された最適化ヒント %1! が競合しています。
1043 '%1!' はまだ実装されていません。
1044 ストアド プロシージャ名に既存の関数名は指定できません。
1045 このコンテキストでは、集計は許可されません。スカラー式だけが許可されます。
1046 このコンテキストではサブクエリは許可されません。スカラー式だけが許可されます。
1047 指定されたロック ヒントが競合しています。
1048 カーソル オプション %1! と %2! が競合しています。
1049 カーソル オプションの指定に新旧の構文を混在させることはできません。
1050 この構文は、パラメーター化クエリだけに使用できます。
1051 ストアド プロシージャのカーソル オプションは OUTPUT および VARYING オプションを使用して宣言してください。指定する順番は CURSOR VARYING OUTPUT です。
1052 %1! のオプション "%2!" と "%3!" が競合しています。
1053 DROP STATISTICS では、"objectname.statisticsname" の形式で、オブジェクト (テーブルまたはビュー) 名と統計名の両方を指定してください。
1054 構文 '%1!' はスキーマ バインド オブジェクトでは許可されません。
1055 '%1!' は NULL 文字または無効な Unicode 文字を含んでいるので無効な名前です。
1056 SELECT リスト内の要素数が、許容最大要素数 %1! を超えています。
1057 IDENTITY 関数は UNION、INTERSECT、または EXCEPT 演算子を含む SELECT INTO ステートメントとは併用できません。
1058 カーソル宣言では READ_ONLY と FOR READ ONLY を同時に指定できません。
1059 プロシージャまたは関数内では、'parseonly' オプションを設定または再設定できません。
1060 TOP 句の行数は整数値を指定してください。
1061 text/ntext/image 定数はまだ実装されていません。
1062 TOP N WITH TIES 句は対応する ORDER BY 句が必要です。
1063 ALTER DATABASE ADD FILE を使用してファイル グループを追加できません。ALTER DATABASE ADD FILEGROUP を使用してください。
1064 ログ ファイルではファイル グループを使用できません。
1065 NOLOCK ロック ヒントと READUNCOMMITTED ロック ヒントは INSERT、UPDATE、DELETE、または MERGE ステートメントの対象になるテーブルには許可されていません。
1066 警告: 行 %1!: オプション '%2!' は古い形式です。機能しません。
1067 SET SHOWPLAN ステートメントはバッチ内のステートメントとしてだけ使用できます。
1068 インデックス ヒントのリストは、テーブルごとに 1 つだけ有効です。
1069 インデックス ヒントは FROM 句または OPTION 句内だけで許可されます。
1070 CREATE INDEX オプション '%1!' はサポートされなくなりました。
1071 リモート JOIN では JOIN アルゴリズムは指定できません。
1072 REMOTE ヒントは INNER JOIN 句と共にだけ指定できます。
1073 '%1!' はカーソル %2! のカーソル オプションとして認識されません。
1074 一時関数の作成は許可されません。
1075 スカラー値関数の RETURN ステートメントは引数を含む必要があります。
1076 関数 '%1!' には少なくとも %2! 個の引数が必要です。
1077 テーブル変数では、ID 列への INSERT INTO は許可されません。
1078 '%1! %2!' はオプションとして認識されません。
1079 カーソルを使用してアクセスしているときは、変数をフルテキスト述語の検索条件の指定には使用できません。
1080 整数値 %1! は範囲外です。
1081 %1! では、アセンブリ名にデータベース名をプレフィックスとして指定することはできません。
1082 "%1!" では、同期トリガー登録はサポートされません。
1083 OWNER は、サーバー レベルおよびデータベース レベルのトリガーのコンテキスト内では EXECUTE AS の有効なオプションではありません。
1084 '%1!' は無効なイベントの種類です。
1085 イベントの種類 '%1!' では、イベント通知はサポートされていません。
1086 ビュー、インライン関数、派生テーブル、およびサブクエリに set 操作が含まれている場合、FOR XML 句は無効です。この問題を解決するには、派生テーブルの構文を使用して set 操作が含まれている SELECT をラップしてから、FOR XML を適用します。
1087 テーブル変数 "%1!" を宣言してください。
1088 オブジェクト "%1!" が存在しないか権限がないので、このオブジェクトを見つけることができません。
1089 SET FMTONLY OFF ステートメントはバッチ内の最後のステートメントとしてだけ使用できます。
1090 パラメーター %1! には無効な既定値です。
1091 オプション "%1!" はこの関数では有効ではありません。
1092 このコンテキストでは、オプション '%2!' に %1! 統計名を指定できません。
1093 "%1!" は有効なブローカー名ではありません。
1094 データベース レベルおよびサーバー レベルのトリガーのトリガー名に、プレフィックスとしてスキーマ名を指定することはできません。
1095 "%1!" は、イベントの種類として既に指定されています。
1096 CLR 型、nvarchar(max)、varbinary(max)、および xml の既定のパラメーター値はサポートされません。
1097 この CREATE TRIGGER ステートメント内では IF UPDATE を使用できません。
1098 指定した対象のオブジェクトでは、指定したイベント型が無効です。
1099 ON 句はこのステートメントでは有効ではありません。

コード メッセージ
1101 データベース '%1!' の新しいページを割り当てられませんでした。ファイル グループ '%2!' のディスク領域が不足しています。ファイル グループ内のオブジェクトの削除、ファイル グループへの新しいファイルの追加、またはファイル グループの既存のファイルの自動拡張の設定のいずれかを行って、必要な領域を作成してください。
1105 データベース '%3!' にオブジェクト '%1!'%2! の領域を割り当てられませんでした。'%4!' ファイル グループがいっぱいです。不要なファイルの削除、ファイル グループ内のオブジェクトの削除、ファイル グループへの新しいファイルの追加、またはファイル グループの既存のファイルの自動拡張の設定のいずれかを行ってディスク領域を作成してください。
1119 IAM ページ %1! を削除できませんでした。この IAM ページが所属するオブジェクトが他のユーザーによって使用されています。
1121 領域アロケーターは、データベース %1! でページを割り当てられません。
1122 テーブル エラー: ページ %1!。テスト (%2!) が失敗しました。アドレス 0x%3! は整列されていません。
1123 テーブル エラー: ページ %1!。予期しないページ型 %2!。
1124 テーブル エラー: ページ %1!。テスト (%2!) が失敗しました。スロット %3!、オフセット 0x%4! が無効です。
1125 テーブル エラー: ページ %1!。テスト (%2!) が失敗しました。スロット %3!、行が 0x%4! で空き領域まで拡張されています。
1126 テーブル エラー: ページ %1!。テスト (%2!) が失敗しました。スロット %3!、オフセット 0x%4! が前の行と重なり合っています。
1127 テーブル エラー: ページ %1!。テスト (%2!) が失敗しました。値は %3! と %4! です。
1128 テーブル エラー: ページ %1!、行 %2!。テスト (%3!) が失敗しました。値は %4! と %5! です。
1129 ファイル グループ '%1!' からの遅延割り当て解除をクリーンアップできませんでした。
1130 作業テーブルのエクステントを割り当て中にエラーが発生しました。TEMPDB のエクステント %1! が失われている可能性があります。
1131 AppendOnlyStorageUnit 0x%1! を切り捨てられませんでした。次回に再試行されます。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
1202 データベース プリンシパル '%1!' が存在しないか、ユーザーがメンバーではありません。
1203 プロセス ID %1! は、所有していないリソース %2! のロックを解除しようとしました。このエラーはタイミングによって発生する可能性があるので、トランザクションを再試行してください。問題が解決しない場合は、データベース管理者に問い合わせてください。
1204 この時点では、SQL Server データベース エンジンのインスタンスは LOCK リソースを取得できません。アクティブなユーザーが少ないときにステートメントを再実行してください。データベース管理者に依頼して、このインスタンスのロックとメモリの構成を確認するか、実行時間の長いトランザクションを確認してください。
1205 トランザクション (プロセス ID %1!) が、%2! 個のリソースで他のプロセスとデッドロックして、このトランザクションがそのデッドロックの対象となりました。トランザクションを再実行してください。
1206 Microsoft 分散トランザクション コーディネーター (MS DTC) により、この分散トランザクションが取り消されました。
1207 スタートアップ時に %1! 個のロックを割り当てることができません。%2! に戻して、動的ロック割り当てを有効にします。スタートアップ時に許容される最大メモリ使用量は %3! KB です。
1208 スタートアップ中に %1! 個のロック ブロックを初期割り当てできませんでした。サーバーを起動できません。
1209 スタートアップ中に %1! 個のロック所有者ブロックを初期割り当てできませんでした。サーバーを起動できません。
1210 ロック移行中にロック所有者ブロックを割り当てることができません。サーバーは停止されました。
1212 ログに記録されなかったロック: %1! モード: %2!
1213 ロック モニター スレッドの起動中にエラーが発生しました: %1!
1214 内部エラー。並列トランザクションが多すぎます。
1220 トランザクションから使用できるロック クラスがなくなりました。
1221 データベース エンジンで、現在トランザクションで保持されていないロックのグループを解放しようとしています。トランザクションを再試行してください。問題が解決されない場合は、ご購入元に問い合わせてください。
1222 ロック要求がタイムアウトしました。
1223 現在保持していないアプリケーション ロック (データベース プリンシパル: '%1!' リソース: '%2!') は解放できません。
1224 無効なアプリケーション ロック リソースが %1! に渡されました。
1225 無効なアプリケーション ロック モードが %1! に渡されました。
1226 無効なアプリケーション ロック所有者が %1! に渡されました。
1227 無効なアプリケーション ロック タイムアウトが %1! に渡されました。
1228 アプリケーション ロック関数またはプロシージャに、無効なパラメーター "%1!" が渡されました。
1230 無効なデータベース プリンシパルが %1! に渡されました。
1401 データベース ミラーリングのマスター スレッド ルーチンのスタートアップが次の理由により失敗しました: %1!。このエラーの原因を解決して SQL Server サービスを再開してください。
1402 ミラーリングの監視では、データベース ミラーリング GUID {%1!-%2!-%3!-%4!%5!-%6!%7!%8!%9!%10!%11!} のエントリが見つかりませんでした。構成が一致しません。コマンドを再実行するか、いずれかのデータベース ミラーリング パートナーでミラーリングの監視を再設定してください。
1403 ミラーリング セッションのミラーリング監視サーバーは、データベース %4! のサーバー インスタンス %3! からエラー応答 %1! (状態 %2!) を受け取りました。エラーの詳細については、このサーバー インスタンスおよびパートナー サーバー インスタンスのエラー ログを参照してください。
1404 データベース ミラーがビジーなので、コマンドは失敗しました。後でコマンドを再実行してください。
1405 データベース "%1!" はデータベース ミラーリングで既に有効になっています。
1406 サービスを安全に実行できません。アクセスできるようにするには、データベース ミラーリングを削除して、データベース "%1!" を復旧してください。
1407 データベース "%1!" のリモート コピーは、データベースのローカル コピーに関連していません。
1408 データベース "%1!" のリモート コピーはデータベース ミラーリングを有効にするのに十分な程度まで復旧されていません。
1409 データベース "%1!" のリモート コピーで、データベース ミラーリングを有効にすることはできません。データベース ログをリモート コピーに復元してください。
1410 データベース "%1!" のリモート コピーはデータベース ミラーリングで既に有効になっています。
1411 データベース "%1!" のリモート コピーには、すべてのファイルを共通の時点までロールフォワードするのに十分なログ バックアップが適用されていません。
1412 データベース "%1!" のリモート コピーは、データベース ログのローカル コピーに含められた時点までロールフォワードされていません。
1413 データベース ミラーリングを完全に開始する前にリモート サーバー インスタンス '%1!' への通信が失敗しました。ALTER DATABASE コマンドが失敗しました。リモート データベースを起動したときにコマンドを再試行してください。
1414 データベース ミラーリングの初期化が完了しないうちにデータベースが閉じられています。ALTER DATABASE コマンドが失敗しました。
1415 データベース "%1!" のデータベース ミラーリング操作が失敗しました。要求された操作を実行できませんでした。
1416 データベース "%1!" はデータベース ミラーリング用に構成されていません。
1417 データベース "%1!" の管理者がデータベース ミラーリングを無効にしました。
1418 サーバー ネットワーク アドレス "%1!" にアクセスできないか、このアドレスが存在しません。ネットワーク アドレス名と、ローカル エンドポイントおよびリモート エンドポイントのポートが操作可能であることを確認してください。
1419 データベース "%1!" のリモート コピーを開けません。データベース名を確認し、復元状態であることを確認してから、コマンドを再実行してください。
1420 データベース ミラーリングでは、ネットワーク ホスト名を取得できませんでした。オペレーティング システム エラー %1! が発生しました。ネットワークの構成を確認してください。
1421 リモート サーバー インスタンス '%1!' への通信がタイムアウト前に完了できませんでした。ALTER DATABASE コマンドが完了していない可能性があります。コマンドを再実行してください。
1422 ミラー サーバー インスタンスはデータベース "%1!" への最新の変更が適用されていません。フェールオーバーできません。
1423 プロパティ名はサポートされていません。
1424 リモート サーバー インスタンスには、プロパティ'%1!' の最新の値があります。プロパティ値は変更されません。
1425 プロパティ値は '%1!' では無効です。プロパティ値は変更されません。
1426 ALTER DATABASE SET WITNESS を実行するには、サーバー インスタンスを 3 つすべて相互接続し、ミラー データベースを最新状態に更新してください。この条件が満された時点にコマンドを再実行してください。
1427 サーバー インスタンス '%1!' は、ミラーリング監視サーバーとして機能できませんでした。ALTER DATABASE SET WITNESS コマンドが失敗しました。
1428 応答サーバー インスタンスが要求を処理できる状態ではないので、要求は拒否されました。
1429 ミラーリング監視サーバー インスタンス名は、データベースを管理する両方のサーバー インスタンスと異なる名前にしてください。ALTER DATABASE SET WITNESS コマンドが失敗しました。
1430 データベース '%1!' は、データベース ミラーリングを削除するには不安定な状態であるため、復旧に失敗する可能性があります。復旧後にデータを確認してください。
1431 パートナーとデータベース "%1!" のミラーリング監視サーバーをどちらも使用できません。少なくともどちらかのインスタンスが使用できるようになったときに、コマンドを再実行してください。
1432 データベース ミラーリングは、パートナーからコピーを要求することによってデータベース "%2!" の物理ページ %1! を修復しようとしています。
1433 3 つのサーバー インスタンスでは、ALTER DATABASE SET WITNESS コマンドの実行期間中にすべての相互接続が維持されませんでした。そのデータベースに関連した監視は行われていない可能性があります。状態を確認し、必要に応じてコマンドを再実行してください。
1434 無効または予期しないデータベース ミラーリング %1!、メッセージの種類 %2! をサーバー %3!、データベース %4! から受け取りました。
1435 %1! は次の予期しないデータベース ミラーリングのエラー応答を受け取りました: ステータス %2!、重大度 %3!、状態 %4!、文字列 %5!。
1436 データベース "%1!" のリモート コピーの Service Broker ID はプリンシパル サーバーの ID と一致しません。
1437 メモリが不足しているので、サーバー インスタンス '%2!' からメッセージ '%1!' を通知できませんでした。不要なメモリの負荷を下げるか、システム メモリを増やしてください。
1438 サーバー インスタンス %1! は構成要求を拒否しました。詳細については、エラー ログ ファイルを参照してください。理由 %2!、状態 %3!。マイクロソフトではこの情報を診断に使用しています。これは一時的なエラーなので、要求を再試行することで成功する場合があります。原因を解決して再試行してください。
1439 現在、データベース "%1!" に関連付けられているミラーリング監視サーバーはありません。
1440 データベース '%1!' で、データベース ミラーリングがプリンシパル コピーとしてアクティブになっています。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
1441 データベース '%1!' で、データベース ミラーリングがミラー コピーとしてアクティブになっています。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
1442 データベース '%1!' のデータベース ミラーリングが非アクティブです。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
1443 データベース '%1!' のデータベース ミラーリングが終了しました。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
1444 データベース '%1!' は復旧できないミラー データベースに設定されているので、このデータベースの復旧はバイパスされています。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
1445 データベース '%1!' は、データベースをミラーリングする、アクセスできないデータベースに設定されているので、このデータベースの復旧がバイパスされています。ミラーリング セッションで問題が発生しています。このセッションでは、クォーラムが足りないか、リンク、エンドポイントの構成、または (サーバー アカウントまたはセキュリティ証明書に対する) 権限に関する問題が原因で通信リンクが壊れています。データベースに再度アクセスするには、このセッションの構成で変更された部分を明らかにし、その変更を元に戻してください。
1446 "%1!" サーバー インスタンスは、既に監視用として機能しています。
1447 ALTER DATABASE "%1!" コマンドは、両方のパートナー サーバー インスタンスが稼動し、実行および接続されるまで実行できません。パートナー サーバー インスタンスを起動し、コマンドを再実行してください。
1448 データベース "%1!" のリモート コピーは存在しません。データベース名を確認し、コマンドを再実行してください。
1449 ALTER DATABASE コマンドが失敗しました。サーバー接続文字列が無効です。
1450 ワーカー スレッドを作成できなかったので、ALTER DATABASE コマンドは失敗しました。
1451 データベース ミラーリング情報がシステム テーブルに見つかりませんでした。
1452 パートナー サーバー インスタンス名は、データベースを管理するサーバー インスタンスと異なる名前にしてください。ALTER DATABASE SET PARTNER コマンドが失敗しました。
1453 データベース '%2!' のリモート ミラーリング パートナー '%1!' で、エラー %3! が発生しました (状態 %4!、重大度 %5!)。データベース ミラーリングは中断されました。リモート サーバーのエラーを解決してミラーリングを再開するか、ミラーリングを削除してミラー サーバー インスタンスを再作成してください。
1454 データベース ミラーリングは中断されます。データベース '%5!' のミラーリング パートナーとして機能しているときに、サーバー インスタンス '%1!' でエラー %2!、状態 %3!、重大度 %4! が発生しました。データベース ミラーリング パートナーは、エラーから自動的に復旧してミラーリング セッションを再開しようとする可能性があります。詳細については、エラー ログで関連するエラー メッセージを確認してください。
1455 データベース "%1!" のデータベース ミラーリング サービスを強制的に実行できません。このデータベースは、プリンシパル データベースとして正しい状態ではありません。
1456 ALTER DATABASE コマンドをリモート サーバー インスタンス '%1!' に送信できませんでした。データベース ミラーリング構成は変更されませんでした。サーバーが接続されていることを確認して、再試行してください。
1457 ミラー データベース '%1!' の同期が中断されました。データベースの一貫性は損なわれた状態のままです。ALTER DATABASE コマンドが失敗しました。プリンシパル データベースが使用可能な場合は、そのデータベースがバックアップされ、オンラインであることを確認してから、ミラー サーバー インスタンスに再接続し、ミラー データベースで同期を終了できるようにしてください。
1458 ページ %5! をミラーに送信中に '%1!' データベースのプリンシパル コピーでエラー %2!、ステータス %3!、重大度 %4! が発生しました。データベース ミラーリングは中断されました。エラー状態を解決して、ミラーリングを再開してください。
1459 データベース ミラーリング メタデータにアクセス中にエラーが発生しました。ミラーリングを削除 (ALTER DATABASE database_name SET PARTNER OFF) してから、再構成してください。
1460 データベース "%1!" は、リモート サーバーでデータベース ミラーリング用に既に構成されています。新しいパートナーを確立するには、リモート サーバー上のデータベース ミラーリングを削除してください。
1461 データベース ミラーリングは、パートナーからコピーを取得することによってデータベース "%2!" の物理ページ %1! を正常に修復しました。
1462 やり直し操作の失敗により、データベース ミラーリングが無効になっています。再開できません。
1463 この SQL Server インスタンスのエディションでは、データベース ミラーリングを使用できません。SQL Server の各エディションでサポートされている機能の詳細については、オンライン ブックを参照してください。
1464 データベース "%1!" のリモート コピーで、データベース ミラーリングを有効にすることはできません。このデータベースは復旧状態ではありません。リモート データベースは、WITH NORECOVERY を使用して復元してください。
1465 "%1!" データベースは両方のパートナーで完全復旧モードで実行されていないので、データベース ミラーリングを有効にできません。
1466 "%1!" データベースはいずれかのパートナーで読み取り専用で実行されているので、データベース ミラーリングを有効にできません。
1467 "%1!" データベースは、いずれかのパートナーで緊急時モードまたは問題のあるモードで実行されているので、データベース ミラーリングを有効にできません。
1468 データベース "%1!" はデータベース ミラーリング セッションに関係しているので、このデータベースに対してこの操作を実行することはできません。
1469 "%1!" データベースはいずれかのパートナーで自動的に閉じられるデータベースなので、データベース ミラーリングを有効にできません。
1470 このパートナー構成値の ALTER DATABASE は、データベース "%1!" の現在のプリンシパル サーバーだけで開始できます。
1471 データベース ミラーリングの接続が終了しました。データベース "%1!" のメッセージを送信するときにメモリ不足が発生しました。
1472 データベース ミラーリング接続が終了しました。データベース "%1!" のメッセージを送信するときに通信エラーが発生しました。
1473 このエディションの SQL Server では安全性レベルを変更できません。ALTER DATABASE コマンドが失敗しました。
1474 '%3!' のデータベース ミラーリング接続エラー %1! '%2!'。
1475 "%1!" データベースにはバックアップされていない一括でログ記録された変更が存在するので、データベース ミラーリングを有効にできません。プリンシパルで前回実行されたログのバックアップをミラー側で復元する必要があります。
1476 データベース ミラーリングのタイムアウト値 %1! が最大値の 32767 を超えています。
1477 データベース "%1!" を手動でフェールオーバーするには、データベース ミラーリングの安全性レベルを FULL に設定する必要があります。安全性レベルを FULL に設定し、再試行してください。
1478 ミラー データベース "%1!" には、プリンシパル データベースのログ バックアップ チェーンを維持するのに十分なトランザクション ログ データがありません。プリンシパル データベースのログ バックアップが作成されていないか、ミラー データベースで復元されていない可能性があります。
1479 "%1!" へのミラーリング接続がタイムアウトしました。データベース "%2!" が %3! 秒経過しても応答しません。サービスおよびネットワーク接続を確認してください。
1480 %4! により、ミラー化されたデータベース "%1!" でロールを "%2!" から "%3!" に変更しています。
1481 データベース ミラーリングはデータベース "%2!" の物理ページ %1! を修復できませんでした。ミラーリング パートナーに接続できなかったか、ミラーリング パートナーからページのコピーが提供されませんでした。この原因として、ネットワーク接続が不十分であるか、パートナーが保持しているページのコピーも破損していることが考えられます。パートナーが現在接続されているかどうかを調べるには、sys.database_mirroring カタログ ビューの mirroring_state_desc 列を確認します。接続されている場合、パートナーがページのコピーを提供できなかった理由の詳細については、パートナーのエラー ログ エントリのうち、このメッセージがレポートされた時刻前後のエントリを調べてください。エラーを解決して、ミラーリングを再開してください。
1485 SQL Server のこのインスタンスで、データベース ミラーリングが有効になりました。
1486 エンドポイントの構成で、データベース ミラーリング トランスポートが無効になっています。
1487 データベース ミラーリングによって、%1! 並列再実行スレッドがデータベース '%2!' をミラー コピーとして開始されました。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
1488 "%1!" データベースはシングル ユーザー モードで実行されているので、データベース ミラーリングを有効にできません。
1489 エラー %1! により、このサーバーではデータベース ミラーリングが無効になっています。詳細については、エラー ログと構成を確認してください。
1499 データベース ミラーリング エラー: ステータス %1!、重大度 %2!、状態 %3!、文字列 %4!。