読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

天然パーマは受け継がれた・・・意外と苦労するのですよね、天然パーマ。

よもや話
スポンサーリンク

わたしは小学校高学年のころから髪の毛が天然パーマなってしまいました。


こういうのって本当は生まれた時からがおおいのでしょうか?

でもわたしが「天然パーマ」になったのは小学校高学年(確か5年生)のころ。

坊主にしたら天然パーマになった

きっかけはクラスで流行ったんです。坊主にするのが。

きっかけはクラスの誰かが「ほぼ剃った」状態の坊主にしたこと。

みんな笑ってたのですが、触り心地がいいとか、光ってるなどといじられながらもで、みんなの人気者に。

すると段々増えていったのです、坊主が・・・。

で、気が付くと「坊主(スポーツ刈り含む)」でないのがわたしを含めてクラスで3人。

わたしは「ぼうず」にするのが恥ずかしかったのですが、クラスの友達からは「あとはお前らだけや。早よせぇや。全員せな意味無いやろ。」なんてわけのわからない論理で責め立てられました。

でも、それでも「お、おれは坊主にはせん」と拒否していたのですが、翌日にはついに1人が「坊主」になって残り「2人」。

「こ、これはやばい。おれだけ長髪(といっても普通の髪型)は逆に恥ずかしい」という、これまた良く分からない論理でその日の放課後ソッコー散髪屋へ。

散髪屋のおっちゃんに「いつも通り?」と訊かれたわたしは「いや、今日はスポーツ刈りに・・・」と。

おっちゃんは「お、あんたもか、最近スポーツ刈りの子が多いんや」と。わたしは少しでも抵抗したく「スポーツ刈り・・・ちょっと長めで」と。

「よっしゃ、ほな行くで」とバリカンでバリバリバリバリバリバリ・・・。

「う、うぉー・・・あ〜ぁ、やってもうた・・・スポーツ刈り・・・ちょっと長めちゃうし・・・」。


家に帰ると母親には「ど、どうしたん?」と驚かれ妹には「おにいちゃんの『はげぇ〜〜〜』」とからかわれ。

坊主ブームは一瞬にして終了し、天然パーマに

結局、わたしと最後を争ったヤツは坊主にすることなく「19/20」という坊主率でブームは終焉しました。

そこから、髪の毛を伸ばすとなんと・・・髪の毛くるくるの天然パーマに。

いくら真っすぐにしようと努力しても軽ーくウェーブ。

あれ?こんな髪の毛だったかな?と昔の写真を見るとちゃんとストレートヘアー。

う〜ん、これは・・・?

天然パーマはつらいよ!<天然パーマはつらいよ!> (中経☆コミックス)

天然パーマはつらいよ!<天然パーマはつらいよ!> (中経☆コミックス)

中学では「パーマすんな!!」と怒られる。

中学へ入学すると先生からは「パーマしてるんちゃうやろな?」と睨まれ、ヤンキー先輩からは「お前、パーマしてイキっるんちゃうか?」と絡まれ、クラスメイトからは「顔へんやのにカッコつけんな」なんて名言を頂き・・・ろくなことない。

高校へ行く時も内申書にも願書にも「この子は天然パーマどす。ご勘弁を。と書いといたし」と先生に言われ、入学しても学生手帳に親に「この子は両親はストレートヘアなのに、突然変異で天然パーマになりました」と書いてもらい、事情を知らない先生が校門で風紀チェックに立つたびに「お前パーマしてんちゃうん?あぁ?」なんて言われ続ける羽目に。

大学になってやっと友人から「ええのぉ、パーマ代要らんやん」とうらやましがられるようになりました。

遺伝子的に天然パーマDNA?

なぜ「突然」天然パーマなのか不明なのですが、どうやらDNA的にはその要素あるようです。

というのは娘が「天然パーマ」なんです。しかもわたしよりちょっときつい。

妻はストレート、わたしの両親も妻の両親もストレート。息子もストレート。

わたしと娘だけが天然パーマ。顔もわたしとそっくりらしいので、90%くらいわたしのDNAで娘はできてるみたいですね。

娘は「真っすぐの髪がいい!!」と毎日シャンプー、リンス、トリートメントなんぞに気を使いケアしてますがそんなことではDNAは修復できません。まぁ、あきらめてもらいましょう。

でも不思議ですね。生まれつきでない天然パーマが遺伝するとは・・・。

当然、娘の生徒手帳にも書いてますよ「父親似という不幸を背負っているため天然パーマです」と・・・。