読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

プロブロガー認定されたのでプロブロガー目指す人に聴きます。あなたのブログの「売り」はなんですか?

よもや話
スポンサーリンク

本音を言えば「プロブロガー」っていいよねと思います。

だって過敏性腸炎のわたしにとっての最大の苦痛「通勤電車」がなくなるんです。

これは大きなアドバンテージ。でも実際は「プロブロガー」はそんなに甘くないです。

あきらめました。

でも
pendragon.hatenablog.com

遠慮なく個人攻撃させてもらう。
おい!貴様はすでにプロブロガーだ!

と「プロブロガー」に認定されました。(詳細は記事をリンク先の記事をお読みください。)

しかも「個人攻撃」と言いながら内容は「攻撃」ではなく「お褒め」いただいている(とわたしは思ってます)。

これはもう「プロブロガー」にならくてはなるまい・・・?ん?

なのでちょっと偉そうなことを書いてみる気になりました。

プロブロガーって何を売ってるの?

ところで1つ疑問がでずっとあって「プロブロガー」って何を売ってるのでしょうか?

わたしはIT業界でコソコソ生きて来たのですが、当然お客様がいてそのお客様の要望をコンピューターという道具を使ってそれを実現する。

実際には「ソフトウェア」というものを売るわけですね。ですから「ソフトウェア」の対価としてお金を頂く。
(ま、ソフトウェアも何か「形」のあるのではなく、電子データ上のものなんですけどね。)

立ち返って「プロブロガー」が売っているものは・・・?

小説家や作家なら「文章」を書いて本なり電子書籍なんかになって、それが売れて対価を得る。

「文書」自体が「商品」なんでしょう。

「プロブロガー」も「文章」を売っている・・・?

少なくともわたしのブログでは「売れるような文章」はない。思い付きをつらつらと書いているだけ。商品にはならない。

読んで何かに役立つ?・・・いや、それもほぼ無い。

じゃあ何?「しょーもなぁー」と言って笑える(バカにできる)。これは目指してる。でもお金をもらうほどのものではない。

ん?Amazonの商品紹介して売れてるって?それ「ブロガー」じゃなくて「アフィリエイター」かも。

Noteでノウハウ売ってる?それは「ブロガー」なん?

あなたのブログでは何を売っている?

プロブロガーを目指している人はちゃんと「ブログ(文章)」で勝つ方法を考えた方がいいと思う。

自分のブログの「売り」は何で、それはこの先も「売れる」のか?

「プロ」なのでそれで生計を立てて行こうということなのだろうから、少なくても数年、できればずっと「売れる」ものでないと困る。

このあたりを見極めないと「あ~あ、結局利益でなかったね」になるような気がします。

「お前に言われたくない」って?・・・そりゃそうだ。

でもこれから「プロブロガー」を目指す人はきちんと戦略もってやらないと「プロ」ではいられない。

ということで、やはりわたしのブログでは「プロ化」は無理ですね。「はてなPro」がいいところです。

ところで、あなたのブログでは何が『売り』ですか?