読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

人間ドックは「基地」でブルドックは「犬」

よもや話
スポンサーリンク

昨日、実家で父親と娘の会話。

人間ドックは「基地」でブルドックは「犬」

なぜか突然、父親(おじいちゃん)が娘に言い放った。

父:おじいちゃん、「人間ドッ」受けようかな。
娘:なんで急に?
父:健康で長生きしてお前の成人式、お嫁さんになるまで生きとこうかな。
娘:ふ〜ん、でもおじいちゃん「人間ドッ」じゃなくて「ドック」やで。
父:ん?「ドッ」しか知らんが。
娘:訳したら「人間いぬ」やん(笑)。「ドッ」な「ドッ」。
父:「ドッ」やったら訳したら何になるねん?「ドッ」って何?
娘:よー知らんけど「基地」とかちゃうの?(←あ、惜しい)
父:そーかー「人間基地」か・・・確かによーわからんなー。
父:そしたら「ブルドッ」は「ブル基地」か?(←わざと間違えとんなぁ?)
娘:ブルドックは犬やからそのまま「ドッ」でいいんちゃうん。
父:そなら「ホットドッ」は「ホットドッ」・・・あれ?「ドッ」か「ドッ」かどっちや?
娘:知らんがね。スマホで調べーな。
父:おじいちゃんガラケーやし、電話しかかけれんから無理やな。今度調べといて。
娘:覚えてたらな。

大切な人を悲しませないためにも人間ドック受けましょう。

酷暑の日曜日の午後。あまりにも寒すぎる会話が展開されたのでご紹介。