読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

うつ病の薬、勝手に止めてみたけどどうでしょう?

健康
スポンサーリンク

長年飲み続けているうつ病のくすり。

くすりの名前は「ルジオミール」。

おくすり手帳には「気分をよくするお薬です」って書いてます。

もう飲み始めて何年になるのだろうか・・・。

そんな愛飲の「ルジオミール」止めてみました。

止めて今日で2週間。病院の先生には言ってません。今週末に行くので言うべきかどうなのか。

最近は行っても「どうですか?」「あ、変わりないです」という会話でほぼ終了。

病院に行く必要性があるのかどうかもわからない状況ですが「治りました」とも言ってもらえないし、ここ数年はなんとなくの惰性で病院行ってます。

でも「行かない」となると、そのこと自体が「不安」になり「大丈夫か?」なんて自分で負のループに入って行きそうで怖い。

なんとなく「病院依存症」になってるのかも知れませんね。


これからは秋から冬に向かっていくので「季節性情動障害(季節性うつ)」には気をつけないといけないのですが、今年は何とかなりそうな今のところ雰囲気。

このまま病院は行ってくすりは今まで通りもらうけども実は飲まないということでこの冬を乗り切って見ようかな。

あぁ、こんなこと書くとどこぞの誰かに「医療費を無駄に使って○ネ」とか言われるんかな。