読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

【雑感】IT企業の社員が勉強するのは自己投資でやるのか会社がお金を出すべきなのか?

よもや話
スポンサーリンク

IT業界では絶対に避けて通れないのが「新しい技術の習得」。

言語であれ仕組みであれ、次々と新しいものが雨後のタケノコのように出てきます。

そんな中、必ず出てくるのが「勉強する為の費用」はどうするのか?

新しい技術を習得していかなければいずれ仕事は無くなってくる。

経営人サイドから言うと「勉強は自分のため。自分の仕事がなくならないように自己投資でやって下さい」。
社員サイドから言うと「会社で仕事していく上で必要なことなので会社が投資して下さい」。

こんなやり取りがもうずっと続いている・・・で結局「何もやってない」状態になる、不毛なやり取り。

個人的には「自分のことなんで自分でやれば(やらなければ)」と思ってこれまでやってきたが、確かに個人で賄いきれないほどの「投資(ソフト買ったり、高い書籍買ったり)」もある。
でも「高価」になればなるほど「会社」は「そんなお金無い!!」と言って拒否するんだな、これが。

まぁ、大企業なら「資金」も潤沢かもしれないが中小企業ではやはり厳しいのだろう。それもわからないでもない。

今年もあと2ヶ月・・・年末に「勉強できなかった、スキルアップできなかった」と反省して年明けに「今年こそはスキルアップ」って目標立てて年末にはまた・・・無限ループ。

定年まであと10年。この問題は解決しているんだろうか。
実は「原資」がないのは単なる言い訳で実は「やらない」ために一生懸命それを主張してたりする部分もあるかもしれない。