読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

人生、なすがママ、きゅうりがパパ

50歳になって会社辞めても大丈夫なんだろうか?いや大丈夫じゃないよね~

よもや話
スポンサーリンク

ずっと悩んでましたが、一旦、会社を辞める方向で調整していくことにしました。
と言っても「辞めます」「はい、そうですか。」と言うわけにはいかないでしょうから、これから各方面との調整を始めなければなりません。

50歳で辞めて大丈夫か?

一番の問題は「50歳で会社辞めて大丈夫か?」ということですね。

たぶん、大丈夫じゃないでしょう。おそらくは「何も仕事ない」か今と比べると給料の安い仕事になるのかなとは思っています。

では、なぜ辞めようと思うのか?

それは以前に何度か書きましたが「仕事」と言っても「何かあったときの待機」なので、仕様変更やトラブルがない限り「作業」はありません。

「作業が無くてお金もらえれば幸せやん」と周りからも言われますが、実際に「やることない」のに1日パソコンの前に座って「ぼーっと」しているのは辛いものです。しかももう何年もその状態です。

これが多分わかってもらえないと思いますが、とてつもなく苦痛です。

たまに「あぁひま~」はいいのですが「ずーっとひま」はただの拷問です。

考えてみてください、1日8時間、だまって席に座って、何をするでもなく「じーっと」してるんですよ。
独房に居るみたいじゃないですか。

「じゃあ何かかってにやれば?」とも言われますが「目的(目標)」がないものは中々そう簡単にはできませんし、プログラムを作る環境もお客様に借りているパソコンに構築するわけにはいきませんしね。
(さすがに衝動買いした「ASUSノートブックE200HA」では何を開発するにも無理ですしね。)
しかもお客様からしたら「なにしとんねん」となりますしね。

これまでも何度か会社にも掛け合いましたが状況が変わることもなく、この先も変わることはないようなので、そろそろ「潮時」かと。
最近は「会社に変化」を求めるのではなく「自分で変化しないといけない」のではとの思いが強くなり、今回、妻に仕事を辞めることを相談しました。

意外とあっさりと

「お金はどうするの?」とか「辞めてどうするの?」なんて言われるのかと思いましたが、「まぁ、好きにした方がいいんじゃない?」と意外とあっさりと仕事を辞める交渉を始めることには賛成してくれました。なんか、ずっとどうやって伝えようかと悩んでいたのでちょっと拍子抜けです。

いや、うつ病を持っているわたしへの最大限の配慮からでしょうか。

まだ自分の中で「辞めよう」と思っているのと一応、妻に「まぁ好きにした方がいいよ」と言われただけなんで、まだまだこれからですが、できれば3月末までには決着つけたいなぁと。

せっかく新しい事をするなら「IT業界」からも身を引いてみるのも・・・なんてね。

今後は何をするのか決めてないのでどうなるのか不安ですが、新しい何かを始められればいいかなぁ。
(そのまま会社に残って新しい事ができれば一番いいのでしょうが、そう虫のいい事ばかりは認めてもらえないでしょうね。)

さて、どうなるのでしょうね。
無事に辞めれるのか・・・仕事は何か見つかるのか・・・「そのまま残留」なんてことも・・・悩む~。