攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

人生、なすがママ、きゅうりがパパ

WordPressサイトのhttps対応をしました

スポンサーリンク

手持ちの中で誰も訪れてくれないサイトがいくつかあったので、実験をかねて強引に「https」対応しました。

これからは必須?https対応

世間の流れは完全に「https」に向かってます。

Googleも「http」と「https」の同じサイトあったら「https」優先するって言ってるらしいし、しておいて損はないかと。

しかも「なんかカッコいい」し。

https化の手順

さて実際にhttpsに対応していくのですが、必ずバックアップしてからやりましょう。

バックアップしたらまずレンタルサーバーでSSLの設定します。

わたしはWordPressサイトをMixHostで運営してるのでここは簡単でした。

というのもMixHostは独自ドメインを設定したタイミングでSSLの対応もしてくれてます。(いや、してくれてるようです。最近気が付きました。)

ということでMixHostを使っている人はまず第一段階クリアです。


次にWordPressの設定を変えます。
具体的にはダッシュボードの「一般」から「一般設定」を開いて

  • WordPressアドレス(URL)
  • サイトアドレス(URL)
の2つのエリアにある「http」を「https」に変えて保存します。
f:id:lightgauge:20170525215328p:plain

次はページ内の「http」を「https」に変えます・・・これが結構大変かもしれません。
WordPressプラグインの「Search Regex」をインストールして一括置換がいいでしょう。
気を付けるのは「http://あななのドメイン」を「https://あななのドメイン」で変換すればいいです。
ちょっとした問題は何故か「サイドバー」にある「http」がこれでは変わりませんでしたので手動でやりました。

ここで最大の難関「.htaccess」が来るはずでしたがどうしてもMixHostの管理コンソール(CPanel)では「.htaccess」が見つけられませんした。

仕方がないのでHELPを見ていると

という記述を見つけました。

なんとそんな便利なプラグインがあるのか。
で、早速インストールして有効化。

これで作業完了。

無事「https」完了と。
rental-server-info.net
private-gym.net
あとは・・・ちゃんと記事書いて読んでもらえるサイトに育てるだけ・・・と。

ちょっと怖いのでメインのサイトは「https」対応せずにそのままですけどね。
あくまでも作業は自己責任でお願いします。