攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

人生、なすがママ、きゅうりがパパ

アイドルと同じ食事をして同じう〇〇をしよう

スポンサーリンク
アウトドア&フィッシング ナチュラム

「うんこ漢字ドリル」って流行ってるらしいですね。

電車の中の広告にも「うんこ漢字ドリル」がいっぱい。

そんな「うんこ漢字ドリル」の広告を見ながら「ふと」あることを思い出しました。

アイドルと同じ食事をして同じう〇〇をしよう

わたしがまだ若かりし頃、大阪のラジオの毎日放送でヤングタウン(通称「ヤンタン」)というラジオ番組があった。
いや、まだ最近はラジオを聴いたことはないが、やってるらしい。
そのヤンタンの金曜日のパーソナリティが谷村新司、ばんばひろふみ、佐藤良子(?)さんという3名が担当されていた。

その時のとあるコーナー。

その中に正確なタイトルは忘れたけれど、「アイドルと同じ食事をして同じう〇こをしよう」みたいなコーナーがあった。

理論的にはアイドルも同じ人間なので同じ食事をすれば同じものを排出するだろうと・・・なんちゅーコーナー。
毎週、誰か一人のアイドルの数日の食事が発表される。で、リスナーはそれを実践して食べると・・・すると翌日くらいにはアイドルと同じものが出る・・・と?

当時のリスナーは真面目に実践している人もいたようで、毎週「出ました」みたいな葉書きが来てたような気がする。

でも、私のような単なる一般家庭のご子息では実践は難しかった。
だって朝から「フレンチトースト」だの、お昼は「なんかこじゃれた『デザート』」だの一般家庭に出て来るようなものではないものを食されていたから。

母親に「明日の朝はフレンチトーストにしてぇや」というと「なんじゃそのフレンチなんちゃらって?お母さんそんなん食べたこともないし、よー作らんわ。どうしても食べたかったら自分で作り」と言われて終了である。

まぁ、いまから考えると「ええの?」という企画だったが、毎週笑いながら聴いてました。
楽しい青春の想い出。