攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

人生、なすがママ、きゅうりがパパ

WordPressをhttpsで運用するならMixHostが簡単で手間いらずでおすすめ

スポンサーリンク

やっと勇気をもって手持ちのすべてのWordPressで運用しているサイトのHTTPS化を終了しました。
(残りの未対応は「はてなブログ」で運用しているサイトだけです。)

これまではずっとさくらのレンタルサーバで運用していたのですが、今年の初めごろからMixHostの運用に切り替えました。

切り替えた理由はさくらのレンタルサーバはちょっと遅いかなと感じたのとSSLの証明書を設定するのが面倒そうだったので。

HTTPS化してアクセス数は変化したのか?

HTTPS化する前は毎月1万円ちょっと稼いでくれててるサイトのアクセスが減るんじゃないかとビビってましたが、実際はGoogleのインデックス数や検索順位の変化もなく、アクセス数はほとんど変わりませんでした。

まぁ、減ったところで毎月1万円しか稼げてないので、人生に大きく変化が出るわけではないですが、貧乏サラリーマンとしてはこの毎月1万円ちょっとが、あるのとないのでは「心の余裕」に大きな差が出ます。

MixHostでのサイトのSSL化は簡単

手順を書くほどでもないですが、MixHostでの「SSL化」は簡単でドメインを登録するしてしばらくするとWordPressインストール時に「https://」って選択ができるようになり、それでインストールすると基本的には終わりです。
(あとプラグインを1個入れてますが、マニュアルにも書いてあるし間違えることはないでしょう。)

はてなブログも「SSL化」するそうですが、いろいろと手直しが必要なようです。

これを機に「WordPressにブログ移行」を考えているなら一つの選択肢としてMixHostは簡単にSSL化できるのでおすすめです。