読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

SQLServerのエラーコード6501〜7000

SQLServer
スポンサーリンク

SQLServerのエラーコード6501〜7000までです。

コード メッセージ
6501 %1! ASSEMBLY が失敗しました。物理ファイル "%2!": %3! を開くことができませんでした。
6502 %1! ASSEMBLY が失敗しました。物理ファイル '%2!': %3! から読み取れませんでした。
6503 アセンブリ '%1!' が SQL カタログに見つかりませんでした。
6504 %1!.%2! から返される値を NULL にすることはできません。
6505 型 '%1!' がアセンブリ '%2!' に見つかりませんでした。
6506 型 '%2!' のメソッド '%1!' がアセンブリ '%3!' に見つかりませんでした
6507 HRESULT 0x%2! で不適切なアセンブリ '%1!' を開くことができませんでした。
6508 型 '%2!' のフィールド '%1!' がアセンブリ '%3!' に見つかりませんでした。
6509 アセンブリ '%1!' からメタデータを収集中に HRESULT 0x%2! でエラーが発生しました。
6510 この機能には .NET Framework 3.5 SP1 が必要です。この機能を使用するには、.NET Framework 3.5 SP1 をインストールしてください。
6511 HRESULT 0x%2! で共通言語ランタイム (CLR) %1! を初期化できませんでした。問題を解決してから、再試行してください。
6512 HRESULT 0x%2! で共通言語ランタイム (CLR) %1! を初期化できませんでした。CLR 統合機能を使用するには、SQL Server を再起動する必要があります。
6513 メモリ不足により、共通言語ランタイム (CLR) %1! を初期化できませんでした。メモリの MemToLeave 領域でのメモリ不足が原因である可能性があります。詳細については、SQL Server オンライン ブックにある CLR 統合に関するドキュメントを参照してください。
6514 ストリーム ユーザー定義関数 (列 '%2!') の結果テーブルでは、'%1!' 列を使用できません。
6515 スキーマ コレクション データベース '%1!' が存在しないか、権限がありません。
6516 メタデータ '%2!' のコレクション '%1!' がありません。
6517 AppDomain "%1!" を作成できませんでした。%2!
6518 システム アセンブリ ''%1!'': %2! を開けませんでした。
6519 型 '%1!' は、CLR 操作ではまだサポートされていません。
6520 ステートメントを実行中に .NET Framework エラーが発生しました。
6521 ステートメントを実行中に .NET Framework エラーが発生しました: %1!。
6522 ユーザー定義のルーチンまたは集計 "%1!" を実行中に .NET Framework エラーが発生しました: %2!。
6523 アセンブリ '%3!' のクラス '%2!' のメソッド、プロパティ、またはフィールド '%1!' が静的です。
6524 ストリーム ユーザー定義関数 (列 '%1!') の結果テーブルでは、計算列を使用できません。
6525 ストリーム ユーザー定義関数の結果テーブルでは、'%1!' 制約を使用できません。
6526 ストリーム ユーザー定義関数 (列 '%2!') の結果テーブルでは、'%1!' 制約を使用できません。

コード メッセージ
6527 .NET Framework ランタイムが停止しました。
6528 アセンブリ '%1!' がデータベース '%2!' の SQL カタログで見つかりませんでした。
6529 ALTER ASSEMBLY が失敗しました。参照されるアセンブリ '%1!' の ID が変更されました。バージョン、名前、および公開キーが変更されていないことを確認してください。
6530 '%1!' での変更を実行できません。オブジェクトの種類に互換性がありません。
6531 %1! が失敗しました。アセンブリ '%4!' のクラス '%3!' の関数 '%2!' は 1 つ以上のパラメーターを受け取りますが、CLR トリガーはパラメーターを受け取りません。
6532 .NET Framework の実行は、メモリが不足しているため、エスカレーション ポリシーにより中止されました。%1!
6533 アプリケーションの一貫性を確保するため、エスカレーション ポリシーにより AppDomain %1! がアンロードされました。重要なリソースへのアクセス中に、メモリが足りなくなりました。%2!
6534 アプリケーションの一貫性を確保するため、エスカレーション ポリシーにより AppDomain %1! がアンロードされました。アプリケーションでは、マネージ ロックを解放できませんでした。%2!
6535 .NET Framework の実行が中止されました。別のクエリにより AppDomain %1! がアンロードされました。%2!
6536 .NET Framework 共通言語ランタイムで致命的なエラーが発生しました。SQL Server をシャットダウンします。サーバーを再起動した後もエラーが繰り返し発生する場合は、ご購入元に問い合わせてください。
6537 ユーザー定義関数や CLR 型などでのユーザー コードにより、.NET Framework 共通言語ランタイムがシャットダウンされました。SQL Server をシャットダウンします。プロセスの終了には Environment.Exit を使用しないでください。失敗を示す整数値を返すことが目的である場合は、代わりにスカラー関数または出力パラメーターを使用してください。
6538 .NET Framework の実行は、スタック オーバーフローのために中止されました。%1!
6539 型 '%1!.%2!' のシリアル化形式 (Format.Unknown) が無効です。
6540 登録しているアセンブリ名 '%1!' は、システム アセンブリ名と重複するので無効です。
6541 ALTER ASSEMBLY が失敗しました。アセンブリ '%1!' には複数のファイルが関連付けられています。余分なファイルを削除するには、ALTER ASSEMBLY DROP FILE を使用してください。
6542 %1! は一般的な型なのでオブジェクトを作成できません。
6543 .NET Framework の実行が中止されました。UDP/UDF/CLR 型ではスレッドの関係が終了しませんでした。
6544 アセンブリ '%3!' の形式が不適切か、純粋な .NET アセンブリではないため、アセンブリ '%2!' の %1! ASSEMBLY が失敗しました。%4!
6545 CLR プロシージャまたは関数内から実行統計 SET オプションを有効にすることは許可されません。
6546 '%1!' の実行中に、実行コンテキストの権限を借用できませんでした。
6547 アセンブリ "%3!" のクラス "%2!"' の "%1!" に関するメソッド、プロパティ、またはフィールドの情報を取得中にエラーが発生しました。
6548 CREATE ASSEMBLY が失敗しました。このアセンブリでは別のユーザーが所有しているアセンブリ '%1!' が参照されています。
6549 ユーザー定義ルーチンまたは集計 '%1!' の実行中に .NET Framework エラーが発生しました: %2!。ユーザー トランザクションがある場合はロールバックされます。
6550 %1! が失敗しました。パラメーター数が一致していません。
6551 "%2!" の %1! が失敗しました。戻り値の T-SQL 型および CLR 型が一致していません。
6552 "%2!" の %1! が失敗しました。パラメーター "%3!" の T-SQL 型および CLR 型が一致していません。
6553 %1! は .NET Framework の呼び出し規約に従っていないため、失敗しました。.NET Framework の既定の呼び出し規約を使用してください。
6554 SQL アセンブリ名 '%1!' と .NET Framework アセンブリ名 '%2!' が一致しません。アセンブリ名が一致する必要があります。
6555 アセンブリ '%1!' は、データベース '%3!' に所有者 '%2!' で既に存在します。
6556 %1! が失敗しました。型 '%2!' がアセンブリ '%3!' に見つかりませんでした。
6557 %1! が失敗しました。型 '%2!' は、フィールド '%4!' により、%3! 仕様に準拠していません。
6558 %1! が失敗しました。型 '%2!' は、メソッド '%4!' により、%3! 仕様に準拠していません。
6559 型 ID %1! がデータベース %2! に見つかりませんでした。これは、スキーマの一貫性が損なわれていることが原因です。
6560 アセンブリ "%1!" はシステム アセンブリです。この操作は、ユーザー アセンブリでのみ実行できます。
6561 ファイル '%1!' がディレクトリ '%2!%3!' に見つかりませんでした。
6562 ファイル '%1!' (%2!.%3!.%4!) とファイル '%5!' (%6!.%7!.%8!) のバージョンが一致していません。
6563 アセンブリ '%3!' のクラス '%2!' のメソッド、プロパティ、またはフィールド '%1!' の戻り値の型が無効です。
6564 アセンブリ '%3!' のクラス '%2!' のメソッド '%1!' の引数の一部が無効です。型 '%4!' の値は、引数 %5! では無効です。
6565 %1! ASSEMBLY が失敗しました。アセンブリのソース パラメーター %2! は有効なアセンブリではありません。
6566 %1! ASSEMBLY が失敗しました。アセンブリのソース パラメーター %2! は有効な式ではありません。
6567 %1! が失敗しました。CLR プロシージャは、SqlInt32、System.Int32、System.Nullable、または void を返す CLR メソッドだけで定義できます。
6568 アセンブリ "%2!": %3! のクラス "%1!" から情報を取得中に .NET Framework エラーが発生しました。
6569 '%1!' が失敗しました。パラメーター %2!を NULL にすることはできません。
6570 アセンブリ '%3!' のクラス '%2!' のメソッド '%1!' は一般メソッドです。一般メソッドはサポートされません。
6571 アセンブリ '%2!' のクラス '%1!' は一般型です。一般型はサポートされません。
6572 '%1!' という名前の複数のメソッド、プロパティ、またはフィールドがアセンブリ '%3!' のクラス '%2!' で見つかりました。オーバーロードされるメソッド、プロパティ、またはフィールドはサポートされません。
6573 アセンブリ '%3!' のクラス '%2!' のメソッド、プロパティ、またはフィールド '%1!' が静的ではありません。
6574 アセンブリ '%3!' のクラス '%2!' のメソッド、プロパティ、またはフィールド '%1!' がパブリックではありません。
6575 アセンブリ名は %1! 文字未満にしてください。アセンブリ名 '%2!' は長すぎます。
6576 アセンブリ '%2!' の型 '%1!' はパブリックではありません。

コード メッセージ
6577 CREATE TYPE が失敗しました。インターフェイス '%2!' により、型 '%1!' は CLR 型の仕様に準拠していません。
6578 サーバー エラー発生後の操作の続行は無効です。
6579 '%1!' から '%2!' へのアセンブリの変更は、互換性のあるアップグレードではありません。
6580 パラメーター %1! の宣言が一致しません。.NET Framework リファレンスと T-SQL OUTPUT のパラメーター宣言を一致させてください。
6581 アセンブリ '%1!' がディレクトリ '%2!' に見つかりませんでした。
6582 SQL オブジェクトの作成時にアセンブリ '%1!' は表示されません。ALTER ASSEMBLY を使用して、アセンブリの表示設定を変更してください。
6583 アセンブリ '%1!' はシステム アセンブリなので SQL オブジェクトの作成に使用できません。
6584 アセンブリ '%3!' の型 '%2!' のプロパティまたはフィールド '%1!' は静的ではありません。
6585 アセンブリ ファイルの操作中に、クライアントの権限を借用できませんでした。
6586 アセンブリ '%1!' をインストールできません。既存のポリシーでは使用が禁止されています。
6587 アセンブリ参照 '%1!' は外部ポリシーによって '%2!' にリダイレクトされました。
6588 SETUSER を使用してアクティブにした Windows NT ユーザーではアセンブリ ファイルの操作は許可されません。
6589 DROP ASSEMBLY が失敗しました。指定されたアセンブリは、アセンブリ '%1!' によって参照されています。
6590 DROP ASSEMBLY が失敗しました。'%1!' はオブジェクト '%2!' によって参照されています。
6591 "%2!" の %1! が失敗しました。"%3!" メソッドの最初のパラメーターは System.Object 型である必要があります。
6592 型 '%2!' のプロパティまたはフィールド '%1!' がアセンブリ '%3!' に見つかりませんでした。
6593 アセンブリ '%3!' の型 '%2!' のプロパティまたはフィールド '%1!' は静的です。
6594 アセンブリ '%3!' の型 '%2!' のプロパティ '%1!' から読み取れませんでした。このプロパティには get アクセサーがありません。
6595 アセンブリ '%3!' の型 '%2!' のプロパティ '%1!' を割り当てられませんでした。このプロパティは読み取り専用です。
6596 %1! ASSEMBLY が失敗しました。アセンブリ '%2!' はシステム アセンブリです。目的の機能をラップするユーザー アセンブリの作成を検討してください。
6597 CREATE %1! が失敗しました。
6598 DROP ASSEMBLY が失敗しました。'%1!' は CLR 型 '%2!' によって参照されています。
6599 空のネイティブ シリアル化クラス '%1!' が見つかりました。空のネイティブ シリアル化クラスは許可されません。
6600 XML エラー: %1!
6601 行番号 %2!、XML テキスト "%3!" 付近で、XML 解析エラー 0x%1! が発生しました。
6602 エラーの説明は '%1!' です。
6603 XML 解析エラー: %1!
6605 %1!: XML テキストで IPersistStream インターフェイスの取得に失敗しました。
6607 %1!: パラメーター番号 %2! に指定された値は有効ではありません。
6608 クラス "%1!" のインスタンスを作成できませんでした。インストールされている SQL Server に Msxmlsql.dll が存在することを確認してください。
6609 列 "%1!" のデータ型が無効です。有効なデータ型は、CHAR/VARCHAR、NCHAR/NVARCHAR、TEXT/NTEXT、および XML です。
6610 Msxmlsql.dll をロードできませんでした。
6611 XML データ型が壊れています。
6613 指定された値 '%1!' は既に存在します。
6621 オブジェクト名 '%1!' で、XML エンコーディングまたはデコーディング エラーが発生しました。
6622 列 "%1!" のデータ型が無効です。データ型を text、ntext、image、binary、varchar(max)、nvarchar(max)、varbinary(max)、または xml にすることはできません。
6623 列 '%1!' のデータ型が無効です。有効なデータ型は char、varchar、nchar、および nvarchar です。
6624 サーバーのメモリが不足しているので、XML ドキュメントを作成できませんでした。sp_xml_removedocument を使用して、XML ドキュメントを解放してください。
6625 OPENXML 列 '%1!' の値を sql_variant データ型に変換できませんでした。値が長すぎます。この列のデータ型を text、ntext、または image に変更してください。
6626 予期しないデータ ストリームの終了です。
6627 ストリームから要求されたデータ チャンクのサイズが、許可されている上限を超えています。
6628 %1! では型指定されていない XML だけを処理できます。入力値を XML または文字列型にキャストしてください。
6629 列 "%1!" の列式の結果は、要求された型 "XML" と互換性がありません。結果は要素、テキスト ノード、コメント ノード、処理命令、またはドキュメント ノードになる必要があります。
6630 1 つの列の型が XML の場合、要素中心のマッピングは OPENXML と併用してください。
6631 要求された OpenXML ドキュメントは現在別のスレッドで使用中なので、使用できません。
6632 列 "%1!" データ型が無効です。OpenXML WITH 句では CLR 型を使用できません。
6633 見つかった MSXMLSQL.DLL のバージョンは、最低限必要なバージョンよりも古いバージョンです。見つかったバージョンは "%1!.%2!.%3!" です。必要なバージョンは "%4!.%5!.%6!" です。
6634 DML 操作または OUTPUT INTO 操作の対象に OpenXML を使用することはできません。
6700 XQuery: ' %1!' 操作はサポートされません。
6701 使用しようとしている XML インデックスのバージョンはサポートされなくなりました。XML インデックスを削除してから再作成してください。
6716 XML ノード ID が無効です。この問題が解決しない場合は、データベースを再構築してください。
6717 XQuery: ドキュメント ツリーが深すぎます。この問題が解決しない場合は、XML 階層を簡素化してください。
6718 XQuery: ordpath 文字列が無効です: "%1!"
6739 XQuery: SQL 型 '%1!' は XQuery ではサポートされません。
6743 XQuery: XML インスタンスの許容最大深度は %1! レベルです。クエリ内のパスのいずれかが最大レベルより深いレベルのノードにアクセスしようとしています。
6744 XQuery: クエリで指定されたパスのいずれかの構造が深すぎます。許容最大深度は %1! レベルです。
6745 XQuery: 内部コンパイラ エラー。
6800 FOR XML AUTO では XML タグ生成用に少なくとも 1 つテーブルが必要です。FOR XML RAW を使用するか、テーブル名を指定した FROM 句を追加してください。
6801 FOR XML EXPLICIT には、タグ列、親列、および少なくとも 1 つのデータ列が必要です。
6802 FOR XML EXPLICIT クエリには無効な列名 '%1!' が含まれています。TAGID が正の整数の場合は、TAGNAME!TAGID!ATTRIBUTENAME[!..] 形式を使用してください。
6803 FOR XML EXPLICIT では、最初の列が XML タグ ID を表す正の整数値を保持する必要があります。
6804 FOR XML EXPLICIT では、2 番目の列が XML 親タグ ID を表す NULL または負でない整数値を保持する必要があります。
6805 FOR XML EXPLICIT スタックがオーバーフローしました。親タグの循環リレーションシップは許可されません。

コード メッセージ
6806 宣言されていないタグ ID %1! が FOR XML EXPLICIT クエリで使用されています。
6807 宣言されていない親タグ ID %1! が FOR XML EXPLICIT クエリで使用されています。
6808 XML タグ ID %1! を追加できませんでした。サーバー メモリ リソースが不足しています。
6809 名前のないテーブルは XML 識別子として使用できません。また、名前のない列は属性名に使用できません。名前のない列とテーブルには、SELECT ステートメントで AS を使用して名前を付けてください。
6810 列名 '%1!' が繰り返されています。同じ XML タグに同じ属性を複数回生成することはできません。
6811 FOR XML と COMPUTE 式の互換性がありません。COMPUTE 式を削除してください。
6812 XML タグ ID %1! は本来 '%2!' として宣言されていましたが、'%3!' として再宣言されています。
6813 FOR XML EXPLICIT では、列名 '%1!' に複数の ID、IDREF、IDREFS、NMTOKEN、および NMTOKENS を組み合わせることはできません。
6814 FOR XML EXPLICIT 句では、ID、IDREF、IDREFS、NMTOKEN、および NMTOKENS に '%1!' での属性名が必要です。
6815 FOR XML EXPLICIT 句では、ID、IDREF、IDREFS、NMTOKEN、および NMTOKENS を '%1!' で非表示にできません。
6816 FOR XML EXPLICIT 句では、ID、IDREF、IDREFS、NMTOKEN、および NMTOKENS 属性を、CDATA、XML、または XMLTEXT として '%1!' に生成することはできません。
6817 FOR XML EXPLICIT では、列名 '%1!' に複数の ELEMENT、XML、XMLTEXT および CDATA を組み合わせることはできません。
6819 FOR XML 句は、%1! ステートメントでは許可されません。
6820 FOR XML EXPLICIT では、列 %1! の名前を '%3!' ではなく '%2!' にしてください。
6821 GROUP BY と集計関数は現在 FOR XML AUTO ではサポートされていません。
6824 FOR XML EXPLICIT 句では、列名のモード '%1!' は無効です。
6825 ELEMENTS オプションでは、FOR XML の RAW、AUTO、PATH の各モードのみを使用できます。
6826 FOR XML EXPLICIT クエリの各 IDREFS 列または NMOTOKENS 列は、別の SELECT 句に出現する必要があり、インスタンスの順序は所属する要素の直後になる必要があります。
6827 FOR XML EXPLICIT クエリでは、XMLTEXT 列がタグごとに 1 つだけ許可されます。列 '%1!' では許可されない別の XMLTEXT 列が宣言されます。
6828 XMLTEXT 列 '%1!' は、文字列データ型または XML 型にしてください。
6829 FOR XML EXPLICIT モードと RAW モードでは、列 '%1!' の URL としてバイナリ データを処理することは現在サポートされていません。この列を削除するか、BINARY BASE64 モードを使用するか、'dbobject/TABLE[@PK1="V1"]/@COLUMN' 構文を使用して直接 URL を作成してください。
6830 FOR XML AUTO では、URL アドレスを作成するために、列 '%1!' を所有するテーブルが見つかりませんでした。この列を削除するか、BINARY BASE64 モードを使用するか、'dbobject/TABLE[@PK1="V1"]/@COLUMN' 構文を使用して直接 URL を作成してください。
6831 FOR XML AUTO では、'%1!' の参照を作成するために主キーが必要です。主キーを選択するか、主キーが存在しない場合は、BINARY BASE64 を使用してエンコードされた形式でバイナリ データを取得してください。
6832 FOR XML AUTO は、主キーもバイナリの場合に、バイナリ データの URL アドレスを生成できません。
6833 親タグ ID %1! が開かれたタグの間にありません。FOR XML EXPLICIT では親タグが最初に開かれる必要があります。結果セットの順序を調べてください。
6834 XMLTEXT フィールド '%1!' には無効な XML ドキュメントが含まれています。ルート タグとその属性を調べてください。
6835 FOR XML EXPLICIT フィールド '%1!' ではディレクティブ HIDE を 1 度しか指定できません。
6836 FOR XML EXPLICIT には、要素中心の IDREFS/NMTOKEN フィールドの前に、属性中心の IDREFS フィールドまたは NMTOKENS フィールド '%1!' が必要です。
6838 属性中心の IDREFS または NMTOKENS フィールドは、TEXT/NTEXT 型または IMAGE 型の要素中心のフィールド '%1!' を含むタグではサポートされません。IDREFS/NMTOKENS フィールドに ELEMENT を指定するか、ELEMENT ディレクティブを削除してください。
6839 FOR XML EXPLICIT では、IDREFS フィールドまたは NMTOKENS フィールドを含むタグ '%1!' の XMLTEXT フィールドはサポートされません。
6840 XMLDATA と XMLSCHEMA はどちらも '%1!' などの名前空間要素または属性をサポートしません。これらを指定しないで SELECT FOR XML ステートメントを実行するか、名前空間プレフィックス宣言を削除してください。
6841 FOR XML では、ノード '%1!' のデータをシリアル化できませんでした。このデータには、XML で許可されない文字 (0x%2!) が含まれています。FOR XML を使用してこのデータを取得するには、データを binary、varbinary、または image データ型に変換し、BINARY BASE64 ディレクティブを使用してください。
6842 ノード '%1!' のデータをシリアル化できませんでした。このデータには、XML で許可されない文字 (0x%2!) が含まれています。このデータを取得するには、データを binary、varbinary、または image データ型に変換してください。
6843 FOR XML EXPLICIT: XML データ型と CLR 型は、列名 '%1!' で CDATA として処理できません。XML を文字列型に変換することを検討してください。CLR 型については、XML に変換してから文字列型に変換することを検討してください。
6844 '%1!' という名前の型が異なる 2 つ (以上) の要素が、同一レベルの直接の兄弟ではありません。
6845 '%1!' という名前の 2 つ (以上) の要素は、同一レベルでは省略可能です。これらの要素を直接の兄弟にするか、NULL を xsi:nil にマップすることを検討してください。
6846 FOR XML %2! の名前 '%3!' に対する XML 名前空間プレフィックス '%1!' の宣言がありません。
6847 列 '%1!' の型は、属性中心の FOR XML ではサポートされない sql_variant 型で、XML スキーマを含んでいます。
6848 XMLDATA では、列の型 '%1!' から XDR 型へのマッピングはサポートされません。AUTO モードや RAW モードではなく、XMLSCHEMA を使用してください。
6849 列 '%1!' の FOR XML PATH エラー \endash 単純なパス式では '//' および先頭または末尾の '/' は許可されません。
6850 %1! の名前 '%2!' に、FOR XML に必要なものとしては無効な XML 識別子が含まれています。無効な最初の文字は '%3!'(0x%4!) です。
6851 列 '%1!' は、FOR XML PATH での属性中心 XML シリアル化には無効なデータ型です。
6852 FOR XML PATH の XML 階層では、属性中心でない兄弟の後に属性中心の列 '%1!' を配置することはできません。
6853 列 '%1!': パスの最終ステップを FOR XML PATH の XML データ型または CLR 型に適用できません。
6854 FOR XML PATH の XML 処理命令に従った形式設定列では、列の別名 '%1!' は無効です。この別名は、'processing-instruction(target)' 形式にしてください。
6855 インライン スキーマは FOR XML PATH ではサポートされません。
6856 FOR XML 行 XML タグ名には無効な XML 識別子が含まれています。最初の無効な文字は '%1!'(0x%2!) です。
6857 FOR XML ルート XML タグ名には無効な XML 識別子が含まれています。最初の無効な文字は '%1!'(0x%2!) です。
6858 XML スキーマ URI に、XML で許可されない文字 '%1!'(0x%2!) が含まれています。
6859 行タグ名を使用できるのは、FOR XML の RAW モードまたは PATH モードを使用する場合だけです。
6860 FOR XML ディレクティブの XMLDATA は、ROOT ディレクティブまたは行タグ名と同時に指定することはできません。
6861 FOR XML では、空のルート タグ名を指定できません。
6862 対象になる FOR XML インライン スキーマ URI を空にすることはできません。
6863 行タグの省略 (空の行タグ名) は XMLSCHEMA FOR XML ディレクティブと互換性がありません。
6864 属性中心の FOR XML シリアル化では、行タグの省略 (空の行タグ名) を使用できません。
6865 FOR XML では CLR 型はサポートされません。CLR 型を FOR XML クエリでサポートされている型の 1 つに明示的にキャストしてください。
6866 システム予約の XML スキーマ URI の使用は許可されません。
6867 FOR XML PATH の場合、または WITH XMLNAMESPACES が FOR XML で使用されている場合、XML タグ名に含まれる 'xmlns' は無効です。
6868 次の FOR XML 機能は、WITH XMLNAMESPACES リストではサポートされていません: EXPLICIT モード、XMLSCHEMA と XMLDATA ディレクティブ。
6869 名前空間プレフィックス '%1!' を再定義します

コード メッセージ
6870 WITH XMLNAMESPACES 句で使用されるプレフィックス '%1!' に、無効な XML 識別子が含まれています。無効な最初の文字は '%2!'(0x%3!) です。
6871 WITH XMLNAMESPACES で使用されるプレフィックス '%1!' は予約されているので、ユーザー定義のプレフィックスとしては使用できません。
6872 URI http://www.w3.org/XML/1998/namespace に関連付けることができるのは、XML 名前空間プレフィックス 'xml' だけです。この URI を他のプレフィックスと共に使用することはできません。
6873 'xsi' XML 名前空間プレフィックスの再定義は、FOR XML の ELEMENTS XSINIL オプションではサポートされません。
6874 WITH XMLNAMESPACES 句では、空の URI を使用できません。
6875 WITH XMLNAMESPACES 句で使用される URI '%1!' が無効です。無効な最初の文字は '%2!'(0x%3!) です。
6876 WITH XMLNAMESPACES で使用される URI が長すぎます。最大長は %1! 文字です。
6877 WITH XMLNAMESPACES 句では、空の名前空間プレフィックスを使用できません。
6878 FORXML XMLSCHEMA は、空のスキーマ コレクションで型指定された XML 列では使用できません。
6879 'xml' は XML 処理命令の無効な対象です。XML 処理命令コンストラクターを使用して XML 宣言を構築しようとしている可能性があります。FOR XML を使用した XML 宣言の構築はサポートされていません。
6901 XML 検証: XML インスタンスはドキュメントにしてください。
6902 XML 検証: 型 '%1!' の定義が無効です。SQL Server は、現在、パターンまたは列挙ファセットの使用を型 QName のリストでサポートしていません。
6903 XML 検証: 型 '%1!' の定義が無効です。SQL Server は、現在、union 型のメンバー型で、ID、QName、または QName のリストの包含をサポートしていません。
6904 XML 検証: 重複した属性 '%1!' が見つかりました。場所: %2!
6905 XML 検証: 属性 '%1!' は、このコンテキストでは許可されません。場所: %2!
6906 XML 検証: 必須属性 '%1!' がありません。場所: %2!
6907 名前空間 URI が長すぎます: '%1!'。
6908 XML 検証: コンテンツが無効です。必要な要素: '%1!'。場所: %2!
6909 XML 検証: この場所にはテキスト ノードは許可されません。要素だけのコンテンツまたは単純なコンテンツで型が定義されました。場所: %1!
6910 XML 検証: 型 '%1!' の定義が無効です。SQL Server は、現在、union 型の制限をサポートしていません。
6911 XML 検証: すべてのコンテンツ モデルに重複した要素 '%1!' が見つかりました。場所: %2!
6912 XML 検証: テキストだけのコンテンツ モデルに要素 '%1!' が見つかりました。場所: %2!
6913 XML 検証: 要素 '%1!' の宣言が見つかりませんでした。場所: %2!
6914 XML 検証: 型 '%1!' の型定義が見つかりませんでした。型キャストで使用する前に、型定義が必要です。場所: %2!
6915 要素または属性の名前が長すぎます: '%1!'。
6916 XML 検証: 型またはモデル グループが '%1!' のコンテンツ モデルがあいまいで、一意のパーティクル属性の制約に違反しています。詳細については、SQL Server オンライン ブックを参照してください。
6917 XML 検証: 要素 '%1!' は、nillable として定義されていないか、固定された値制約を持っているので、xsi:nil="true" を指定することはできません。場所: %2!
6918 XML 検証: 要素 '%1!' には文字または要素の子は必要ありません。xsi:nil が True に設定されています。場所: %2!
6919 XML 検証: 要素 '%1!' の型が abstract です。インスタンス作成には、xsi:type を使用して abstract 以外の型を指定する必要があります。場所: %2!
6920 型 '%1!' の定義が無効です。対応する属性が基本型にないので、use="prohibited" を属性 '%2!' に指定できません。
6921 XML 検証: 要素または属性 '%1!' が fixed として定義されました。要素の値は、定義で指定された 'fixed' 属性の値と等しい値にしてください。場所: %2!
6922 XML 検証: プレフィックス '%1!' の名前空間を解決できません
6923 XML 検証: 予期しない要素 '%1!' が検出されました。場所: %2!
6924 XML 検証: 属性だけのコンテンツ モデルにテキスト '%1!' が見つかりました。場所: %2!
6925 要素 '%1!' の定義が無効です。SQL Server では、現在、ALTER XML SCHEMA COLLECTION によって既存の代替グループに追加できません。
6926 XML 検証: 単純型の値 '%1!' は無効です。場所: %2!
6927 XML 検証: 単純型の値 '%1!' が無効です。
6928 XML 検証: 型またはモデル グループ '%1!' のコンテンツ モデルの XML インスタンスは複数の方法で検証できますが、サポートされていません。
6929 XML 検証: xsi:type 属性 '%1!' の QName が無効です。
6930 XML 検証: ID 制約チェックに失敗しました。重複した ID 値 '%2!' を含む '%1!' という名前の属性が見つかりました。場所: %3!
6931 XML 検証: IDREF 制約チェックに失敗しました。ID 値 '%2!' への参照を含む '%1!' という名前の属性が見つかりましたが、存在しません。
6932 要素または属性 '%1!' の定義が無効です。ID 型のコンポーネントでの値制約は許可されません。
6933 XML 検証: 単純型の操作が無効です。単純型への挿入は許可されません。場所: %1!
6934 XML 検証: 要素 '%1!' は置き換えが必要です。この要素は abstract として定義されました。場所: %2!
6935 XML 検証: ID 属性または IDREF 属性が許容最大長を超えました。場所: %1!
6936 XML 検証: 型 '%2!' から型 '%3!' への要素 '%1!' のキャストは無効です。場所: %4!
6937 XML 検証: 指定された型では、値 '%1!' の正規の形式が無効です。文字列以外の型でパターン ファセットが使用されているか、浮動小数点型で範囲の制限または列挙が使用されている可能性があります。場所: %2!
6938 XML 検証: 指定された型では、値 '%1!' の正規の形式が無効です。文字列以外の型でパターン ファセットが使用されているか、浮動小数点型で範囲の制限または列挙が使用されている可能性があります。
6939 XML 検証: 要素 '%1!' は、固定値を含む混合コンテンツなので、要素コンテンツを含めることは許可されません。場所: %2!

コード メッセージ
6940 グローバル スコープで見つかった '%1!' という名前のコンポーネントは無効です。グローバルなコンテキストで定義できるのは、要素、属性、型、およびグループだけです。
6941 型 '%1!' の型定義は無効です。複合コンテンツの型は、複合コンテンツを保持する基本データ型だけから派生できます。
6942 型 '%1!' の型定義は無効です。単純コンテンツの型は、単純コンテンツを保持する基本データ型だけから派生できます。
6943 型 '%1!' の型定義は無効です。基本データ型で 'final' 属性が指定されているので、派生は無効です。
6944 型 '%1!' の型定義は無効です。'%2!' ファセットが値空間を制限していません。
6945 型定義 '%2!' 内のファセット '%1!' のファセット値が無効です。
6946 型 '%1!' の型定義は無効です。'minLength' を 'maxLength' より大きくすることはできません。
6947 XML 検証: 単一の要素で複数の ID 属性が見つかりました。場所: %1!
6948 型 '%1!' の型定義は無効です。'minLength' を 'Length' より大きくすることはできません。
6949 型 '%1!' の型定義は無効です。'Length' を 'maxLength' より大きくすることはできません。
6950 型 '%1!' の型定義は無効です。'fractionDigits' を 'totalDigits' より大きくすることはできません。
6951 型 '%1!' の型定義は無効です。'minInclusive' には 'maxInclusive' 以下で、'maxExclusive' より小さい値を指定してください。
6952 型 '%1!' の型定義は無効です。'minExclusive' には 'maxExclusive' 以下で、'maxInclusive' より小さい値を指定してください。
6953 型 '%1!' の型定義は無効です。再帰的な型定義は許可されません。
6954 グループ '%1!' のグループ定義は無効です。再帰的なグループ定義は許可されません。
6955 属性 '%1!' の属性定義は無効です。属性の型は単純型にしてください。
6956 型 '%1!' の型定義は無効です。固定されたファセット '%2!' を別の値に再定義することはできません。
6957 要素定義が無効です。要素 '%1!' は要素 '%2!' の無効な派生です。
6958 型 '%1!' の定義が無効です。'all' グループを他のモデル グループの子または親にすることはできません。'all' グループでは minOccurs = maxOccurs = 1 を設定し、子要素を maxOccurs = 1 に設定してください。
6959 定義が無効です。最上位レベルのグループ定義では、兄弟のモデル グループを定義することはできません。
6960 コンポーネント '%1!' が許容範囲内にありません。'fractionDigits' の最大値は 10、小数部分を除いた最大桁数は 28 です。
6961 システムで使用できる XML 型の数が上限に達しました。データベースを再設計して使用する XML 型の数を減らしてください。
6962 '既定' 値と '固定' 値は、この型の要素では許可されません: '%1!'
6963 '既定' 値または '固定' 値が許容できる長さを超えています。許容最大長は 4,000 文字です: '%1!'
6964 ファセットの値が許容長を超えています。許容最大長は 4,000 文字です: '%1!'
6965 XML 検証: コンテンツが無効です。必要な要素: %1!。検出された要素: '%2!'。場所: %3!。
6966 警告: 型 '%1!' が、この型のインスタンスの完全なラウンド トリップを妨げる可能性があるファセット '%2!' によって制限されています
6967 型 '%1!' の型定義が無効です。基本型および派生型は、制限による派生の場合を除き、'mixed' に対して同じ値を持つ必要があります。制限による派生では、派生型に対して 'false' が常に許可されています。
6968 型 '%1!' の型定義は無効です。複合型では単純型を制限できません。
6969 ID/IDREF の検証で使用されたメモリが多すぎます。ID 属性および IDREF 属性の数を減らしてください。IDREF 属性を含む要素が、参照先の要素の後になるように、ファイルを並べ替えることも役立つ場合があります。
6970 型 '%1!' の型定義は無効です。どの型も、ID から派生した型の属性を複数保持することはできません。
6971 型 '%1!' の型定義は無効です。この型には、基本データ型では許可されない属性 '%2!' が含まれています。
6972 型 '%2!' の属性 '%1!' の再定義は無効です。基本データ型の対応する属性に対して有効な制限となる型にしてください。
6973 型 '%2!' の属性 '%1!' の再定義は無効です。基本データ型でこの属性が必要な場合は、派生型でも必要です。
6974 型 '%2!' の属性 '%1!' の再定義は無効です。基本データ型でこの属性が禁止されている場合は、派生型でも禁止されます。
6975 型 '%2!' の属性 '%1!' の再定義は無効です。派生型の値と同一の値に修正してください。
6976 型 '%2!' の属性 '%1!' の再定義は無効です。拡張機能による派生では、属性を再定義することはできません。
6977 union 型 '%2!' のメンバーの型 '%1!' が無効です。union では複合型のメンバーを含めることはできません。
6978 リスト型 '%1!' の項目の型が無効です。リスト項目の型自体をリストにすることはできません。また、ID から派生した型は、このリリースでは項目型として使用されない場合があります。
6979 型 '%1!' の制限は無効です。制限付きの型の要素は、基本データ型の対応する要素と同じ名前で、より制限の多い型にしてください。
6980 型 '%1!' の制限は無効です。制限付きの型のパーティクルには、基本データ型の対応するパーティクルの出現範囲よりも広い範囲を指定できません。
6981 型 '%1!' の制限は無効です。基本データ型の対応する要素が nillable ではない場合は、制限付きの型の要素を nillable にすることはできません。
6982 型 '%1!' の制限は無効です。制限付きの型の要素を、派生型の対応する要素と同じ値に修正してください。
6983 型 '%1!' の制限は無効です。制限付きの型の要素には、基本データ型の対応する要素よりも制限の少ない 'block' 値を指定できません。
6984 型 '%1!' の制限は無効です。制限付きの型の要素は、基本データ型のワイルドカードによって許可される名前空間のいずれかに所属する必要があります。
6985 型 '%1!' の制限は無効です。制限付きの型のワイルドカードは、基本データ型の対応するワイルドカードの有効なサブセットにしてください。また、processContents の制限を少なくすることはできません。
6986 型 '%1!' の制限は無効です。制限付きの型のモデル グループで有効なすべての範囲は、基本データ型のワイルドカードの出現範囲内で有効な制限にする必要があります。
6987 型 '%1!' の制限は無効です。'all' パーティクルを制限できるのは 'all'、'element'、または 'sequence' だけです。
6988 型 '%1!' の制限は無効です。'choice' パーティクルを制限できるのは 'element'、'choice'、または 'sequence' だけです。
6989 型 '%1!' の制限は無効です。'sequence' パーティクルを制限できるのは 'element' または 'sequence' だけです。
6990 型 '%1!' の制限が無効です。モデル グループの制限は無効です。
6991 型 '%1!' の制限は無効です。基本データ型のコンテンツが空の場合は、派生型でもコンテンツを空にする必要があります。派生型のコンテンツが空の場合は、基本データ型のコンテンツを空にできるようにしてください。
6992 型 '%1!' のコンテンツ モデルには、同じ名前 '%2!' で型、NULL 値の許容属性、または値制約の異なる 2 つの要素が含まれます。
6993 属性 '%1!' での値制約は、宣言での値制約と一貫性を持たせてください。
6994 型 '%1!' の制限が無効です。制限付きの型での属性ワイルドカードは、基本データ型の対応する属性ワイルドカードの有効なサブセットにしてください。また、processContents の制限を少なくすることはできません。
6995 型または要素 '%1!' の定義が無効です。SQL Server では、組み込みの XML スキーマ型 'ID' および 'IDREF'、またはこれらの型から派生した型を、要素の型として、または拡張機能による派生のベースとして使用できません。
6996 型 '%1!' の型定義は無効です。1 つの型で 'minInclusive' ファセットと 'minExclusive' ファセット、または 'maxInclusive' ファセットと 'maxExclusive' ファセットを同時に使用することはできません。
6997 要素 '%1!' の定義が無効です。固定値を含む要素も nillable にはできません。
6998 無効な型定義: 型またはコンテンツ モデル '%1!' が複雑すぎます。列挙数またはコンテンツ モデルのサイズを減らす必要があります。
6999 要素または属性 '%1!' の定義が無効です。QName 型のコンポーネントでの値制約はこのリリースではサポートされません。
7000 OPENXML ドキュメント ハンドル パラメーターのデータ型は int にしてください。