読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

SQLServerのエラーコード11001〜11500

SQLServer
スポンサーリンク

SQLServerのエラーコード11001〜11500までです。

コード メッセージ
11001 NULL 以外の値が正常に返されました。
11002 遅延アクセサー検証が行われました。この列では無効なバインドです。
11003 符号の不一致またはオーバーフロー以外の原因によりデータ値を変換できませんでした。
11004 正常に NULL 値が返されました。
11005 正常に切り捨てられた値が返されました。
11006 符号の不一致によりデータ型を変換できませんでした。
11007 プロバイダーで使用されるデータ型ではデータ値がオーバーフローするので、変換できませんでした。
11008 プロバイダーがこの列のメモリを割り当てられないか、別のストレージ オブジェクトを開けません。
11009 プロバイダーがこの列の値を決定できません。
11010 ユーザーにはこの列に書き込む権限がありませんでした。
11011 データ値が列の整合性制約に違反しました。
11012 データ値が列のスキーマに違反しました。
11013 列の状態が無効です。
11014 列は既定値を使用しました。
11015 列はデータ設定中にスキップされました。
11031 行は正常に削除されました。
11032 テーブルは即時更新モードなので、データ ソースで 1 行削除することにより複数の行が削除されます。
11033 行は、変更が保留されていましたが、解放されました。
11034 行の削除が通知中に取り消されました。
11036 行セットがオプティミスティック同時実行制御を使用していて、列を保持している行が最後にフェッチまたは再同期された後に、列の値が変更されました。
11037 行の削除が保留されたか、削除がデータ ソースに転送されました。
11038 行の挿入が保留されています。
11039 DBPROP_CHANGEINSERTEDROWS は VARIANT_FALSE でした。行の挿入はデータ ソースに転送されました。
11040 行の削除は列またはテーブルの整合性制約に違反しました。
11041 行ハンドルが無効か、現在のスレッドがアクセス権のない行ハンドルです。
11042 この行の削除は、行セット プロパティ DBPROP_MAXPENDINGROWS で指定されている変更の保留数の制限値を超えます。
11043 行は開かれたストレージ オブジェクトを持っています。

コード メッセージ
11044 プロバイダーのメモリが不足しています。行をフェッチできませんでした。
11045 ユーザーには行を削除する権限がありません。
11046 テーブルは即時更新モードです。クエリ実行タイムアウトなどの、サーバーの制限値に到達したので、行は削除されませんでした。
11047 更新はスキーマの要件を満たしていませんでした。
11048 RPC 障害などの復旧可能なプロバイダー固有のエラーが発生しました。
11100 プロバイダーが、他のプロパティまたは要件と競合が発生したことを示しています。
11101 text、ntext、または image へのアクセスに必要なインターフェイスを取得できませんでした。
11102 プロバイダーが必要な行照合インターフェイスをサポートできませんでした。
11103 UPDATE/DELETE/INSERT ステートメントで必要なインターフェイスをプロバイダーがサポートできませんでした。
11104 プロバイダーがこのテーブルへの挿入をサポートできませんでした。
11105 プロバイダーがこのテーブルへの更新をサポートできませんでした。
11106 プロバイダーがこのテーブルへの削除をサポートできませんでした。
11107 プロバイダーが行照合位置をサポートできませんでした。
11108 プロバイダーが必要なプロパティをサポートできませんでした。
11109 プロバイダーはこのデータ ソースでインデックス スキャンをサポートしません。
11201 このメッセージを配信できませんでした。差出人サービス名がありません。メッセージの発信元は '%1!' です。
11202 このメッセージは削除されました。差出人サービス名が、最大サイズの %1! バイトを超えています。サービス名: "%2!"。メッセージの発信元: "%3!"。
11203 このメッセージは削除されました。差出人ブローカー インスタンスがありません。メッセージの発信元は '%1!' です。
11204 このメッセージは削除されました。差出人ブローカー インスタンスが、最大サイズの %1! バイトを超えています。ブローカー インスタンス: "%2!"。メッセージの発信元: "%3!"。
11205 このメッセージは削除されました。宛先サービス名がありません。メッセージの発信元は "%1!" です。
11206 このメッセージは削除されました。宛先サービス名が、最大サイズの %1! バイトを超えています。サービス名: "%2!"。メッセージの発信元: "%3!"。
11207 このメッセージは削除されました。サービス コントラクト名がありません。メッセージの発信元は "%1!" です。
11208 このメッセージは削除されました。サービス コントラクト名が、最大サイズの %1! バイトを超えています。コントラクト名 "%2!"。メッセージの発信元: "%3!"。
11209 このメッセージを配信できませんでした。メッセージ交換 ID をアクティブなメッセージ交換に関連付けることができませんでした。メッセージの発信元は '%1!' です。
11210 このメッセージは削除されました。宛先サービスが見つかりませんでした。サービス名: "%1!"。メッセージの発信元: "%2!"。
11211 このメッセージは削除されました。ユーザーには、対象になるデータベースにアクセスする権限がありません。データベース ID: %1!。メッセージの発信元: "%2!"。
11212 このメッセージを配信できませんでした。メッセージ交換のエンドポイントが既に閉じられています。
11213 このメッセージを配信できませんでした。このメッセージは、メッセージ交換の最初のメッセージではありません。
11214 このメッセージを配信できませんでした。'%1!' コントラクトが見つからなかったか、サービスでこのコントラクトのメッセージ交換が受け付けられませんでした。
11215 このメッセージを配信できませんでした。データベース ID %2! の ID %1! のユーザーには、サービスに送信する権限がありません。サービス名: '%3!'。
11216 このメッセージを配信できませんでした。このメッセージを処理している別のタスクが既に存在します。
11217 このメッセージを配信できませんでした。メッセージのメッセージ交換順序が間違っています。メッセージ交換受信シーケンス番号: %1!、メッセージ シーケンス番号: %2!。
11218 このメッセージを配信できませんでした。メッセージが重複しています。
11219 このメッセージを配信できませんでした。配信先のキューが無効になっています。キュー ID: %1!。
11220 このメッセージを配信できませんでした。宛先ブローカー インスタンスがありません。
11221 このメッセージを配信できませんでした。メッセージ ヘッダーの一貫性が損なわれています。
11222 このメッセージを配信できませんでした。メッセージの宛先サービス名がメッセージ交換エンドポイントの宛先サービス名と一致しません。メッセージの宛先サービス名: '%1!'。メッセージ交換エンドポイントの宛先サービス名: '%2!'。
11223 このメッセージを配信できませんでした。メッセージのサービス コントラクト名がメッセージ交換エンドポイントのサービス コントラクト名と一致しません。メッセージのサービス コントラクト名: '%1!'。メッセージ交換エンドポイントのサービス コントラクト名: '%2!'。
11224 このメッセージを配信できませんでした。このサービス プログラムの別のインスタンスが、このエンドポイントとのメッセージ交換を既に開始しています。
11225 このメッセージを配信できませんでした。メッセージ型名が見つかりませんでした。メッセージ型名: '%1!'。
11226 このメッセージを配信できませんでした。メッセージ型がサービス コントラクトの一部ではありません。メッセージ型名: '%1!'。サービス コントラクト名: '%2!'。
11227 このメッセージを配信できませんでした。発信側サービスによって、発信先サービスだけが送信できるメッセージ型を含むメッセージが送信されました。メッセージ型名: '%1!'。サービス コントラクト名: '%2!'。
11228 このメッセージを配信できませんでした。発信先サービスから、発信側サービスだけが送信できるメッセージ型を含むメッセージが送信されました。メッセージ型名: '%1!'。サービス コントラクト名: '%2!'。
11229 このメッセージを配信できませんでした。セキュリティ コンテキストを取得できませんでした。
11230 このメッセージを配信できませんでした。メッセージの暗号化解除および検証を行えませんでした。
11231 このメッセージを配信できませんでした。メッセージ交換のエンドポイントがセキュリティで保護されていませんが、このメッセージはセキュリティで保護されています。
11232 このメッセージを配信できませんでした。メッセージ交換のエンドポイントはセキュリティで保護されていますが、このメッセージはセキュリティで保護されていません。
11233 このメッセージは削除されました。メッセージ交換エンドポイントのセッション キーが、メッセージのセッション キーと一致しません。
11234 このメッセージを配信できませんでした。メッセージの処理中に内部エラーが発生しました。エラー コード %1!、状態 %2!: %3!。

コード メッセージ
11235 不適切な形式のメッセージを受信しました。バイナリ メッセージ クラス (%1!:%2!) が定義されていません。ネットワークに問題があるか、Service Broker のエンドポイントに別のアプリケーションが接続されている可能性があります。
11236 破損したメッセージを受け取りました。サイズ %1! のバイナリ ヘッダーが必要ですが、受け取ったヘッダー サイズは %2! でした。
11237 メモリ不足のため、%1! メッセージを処理できませんでした。このメッセージは削除されました。
11238 破損したメッセージを受け取りました。プライベート変数のデータ セグメントの形式が不適切です。
11239 破損したメッセージを受け取りました。プライベート変数のデータ セグメントがメッセージの長さを超えています。
11240 破損したメッセージを受け取りました。バイナリ メッセージの preamble の形式が不適切です。
11241 破損したメッセージを受け取りました。メッセージ交換のセキュリティ バージョン番号が %1!.%2! ではありません。
11242 破損したメッセージを受け取りました。パブリック変数のデータ要素の最大数 (%1!) を超えました。見つかったパブリック変数のデータ要素数: %2!。
11243 破損したメッセージを受け取りました。このメッセージでは、パブリック変数のデータ要素 (%1!) が重複しています。
11244 破損したメッセージを受け取りました。ハンドシェイク検証ヘッダーの形式が不適切です。
11245 破損したメッセージを受け取りました。プライベート変数のデータ要素の最大数 (%1!) を超えました。見つかったプライベート変数のデータ要素数: %2!。
11246 破損したメッセージを受け取りました。このメッセージでは、プライベート変数のデータ要素 (%1!) が重複しています。
11247 破損したメッセージを受け取りました。ログイン ネゴシエート ヘッダーが無効です。
11248 破損したメッセージを受け取りました。SSPI ログイン ヘッダーが無効です。
11249 破損したメッセージを受け取りました。プリマスター シークレットが無効です。
11250 破損したメッセージを受け取りました。セキュリティ証明書キー フィールドは両方存在するか、どちらにも存在してはいけません。この現象は、メッセージ交換 ID '%1!'、発信側: %2!、メッセージ シーケンス番号: %3! のメッセージで発生しました。
11251 破損したメッセージを受け取りました。サービス ペアのセキュリティ ヘッダーの送信元証明書と署名は両方存在するか、どちらも存在してはいけません。この現象は、メッセージ交換 ID '%1!'、発信側: %2!、メッセージ シーケンス番号: %3! のメッセージで発生しました。
11252 破損したメッセージを受け取りました。送信先証明書にシリアル番号がありません。この現象は、メッセージ交換 ID '%1!'、発信側: %2!、メッセージ シーケンス番号: %3! のメッセージで発生しました。
11253 破損したメッセージを受け取りました。サービス ペアのセキュリティ ヘッダーの送信先証明書、キー交換のキー、キー交換のキー ID、およびセッション キーはすべて存在するか、まったく存在してはいけません。この現象は、メッセージ交換 ID '%1!'、発信側: %2!、メッセージ シーケンス番号: %3! のメッセージで発生しました。
11254 破損したメッセージを受け取りました。セッション キー ID がありません。この現象は、メッセージ交換 ID '%1!'、発信側: %2!、メッセージ シーケンス番号: %3! のメッセージで発生しました。
11255 破損したメッセージを受け取りました。暗号化フラグが設定されていますが、メッセージ本文、MIC、または salt がありません。この現象は、メッセージ交換 ID '%1!'、発信側: %2!、メッセージ シーケンス番号: %3! のメッセージで発生しました。
11256 破損したメッセージを受け取りました。MIC はありますが、メッセージ本文または暗号化フラグがありません。この現象は、メッセージ交換 ID '%1!'、発信側: %2!、メッセージ シーケンス番号: %3! のメッセージで発生しました。
11257 破損したメッセージを受け取りました。MIC およびセッション キー ID の状態が無効です。この現象は、メッセージ交換 ID '%1!'、発信側: %2!、メッセージ シーケンス番号: %3! のメッセージで発生しました。
11258 破損したメッセージを受け取りました。MIC のサイズは %1! バイトでしたが、この長さは %2! バイトを超えてはいけません。この現象は、メッセージ交換 ID '%3!'、発信側: %4!、メッセージ シーケンス番号: %5! のメッセージで発生しました。
11259 破損したメッセージを受け取りました。証明書のシリアル番号のサイズは %1! バイトでしたが、この長さは %2! バイトを超えてはいけません。この現象は、メッセージ交換 ID '%3!'、発信側: %4!、メッセージ シーケンス番号: %5! のメッセージで発生しました。
11260 破損したメッセージを受け取りました。証明書発行者の名前のサイズは %1! バイトでしたが、この長さは %2! バイトを超えてはいけません。この現象は、メッセージ交換 ID '%3!'、発信側: %4!、メッセージ シーケンス番号: %5! のメッセージで発生しました。
11261 破損したメッセージを受け取りました。送信先証明書のシリアル番号のサイズは %1! バイトでしたが、この長さは %2! バイトを超えてはいけません。この現象は、メッセージ交換 ID '%3!'、発信側: %4!、メッセージ シーケンス番号: %5! のメッセージで発生しました。
11262 破損したメッセージを受け取りました。送信先証明書発行者の名前のサイズは %1! バイトでしたが、この長さは %2! バイトを超えてはいけません。この現象は、メッセージ交換 ID '%3!'、発信側: %4!、メッセージ シーケンス番号: %5! のメッセージで発生しました。
11263 破損したメッセージを受け取りました。サービス ペアのセキュリティ ヘッダーのサイズは %1! バイトでしたが、このサイズは %2! バイトから %3! バイトの範囲内でなければなりません。この現象は、メッセージ交換 ID '%4!'、発信者: %5!、メッセージ シーケンス番号: %6! のメッセージで発生しました。
11264 破損したメッセージを受け取りました。キー交換のキー サイズは %1! バイトでしたが、このサイズは %2! バイトから %3! バイトの範囲内でなければなりません。この現象は、メッセージ交換 ID '%4!'、発信者: %5!、メッセージ シーケンス番号: %6! のメッセージで発生しました。
11265 破損したメッセージを受け取りました。キー交換のキー ID が無効です。この現象は、メッセージ交換 ID '%1!'、発信側: %2!、メッセージ シーケンス番号: %3! のメッセージで発生しました。
11266 破損したメッセージを受け取りました。暗号化セッション キーのサイズは %1! バイトでしたが、このサイズは %2! バイトでなければなりません。この現象は、メッセージ交換 ID '%3!'、発信側: %4!、メッセージ シーケンス番号: %5! のメッセージで発生しました。
11267 破損したメッセージを受け取りました。セッション キー ID のサイズは %1! バイトでしたが、このサイズは %2! バイトでなければなりません。この現象は、メッセージ交換 ID '%3!'、発信側: %4!、メッセージ シーケンス番号: %5! のメッセージで発生しました。
11268 破損したメッセージを受け取りました。salt のサイズは %1! バイトでしたが、このサイズは %2! バイトでなければなりません。この現象は、メッセージ交換 ID '%3!'、発信側: %4!、メッセージ シーケンス番号: %5! のメッセージで発生しました。
11269 破損したメッセージを受け取りました。このメッセージでは、UNICODE 文字列が 2 バイトに揃えられていません。この現象は、メッセージ交換 ID '%1!'、発信側: %2!、メッセージ シーケンス番号: %3! のメッセージで発生しました。
11270 破損したメッセージを受け取りました。UNICODE 文字列のサイズが許容最大サイズの %1! バイトを超えています。この現象は、メッセージ交換 ID '%2!'、発信側: %3!、メッセージ シーケンス番号: %4! のメッセージで発生しました。
11271 破損したメッセージを受け取りました。メッセージ交換 ID を NULL にする必要があります。この現象は、メッセージ交換 ID '%1!'、発信側: %2!、メッセージ シーケンス番号: %3! のメッセージで発生しました。
11272 破損したメッセージを受け取りました。メッセージ ID を NULL にはできません。
11273 破損したメッセージを受け取りました。メッセージ本文が暗号化用に正しく埋め込まれていません。この現象は、メッセージ交換 ID '%1!'、発信側: %2!、メッセージ シーケンス番号: %3! のメッセージで発生しました。
11274 破損したメッセージを受け取りました。シーケンス番号が許容範囲を超えています。この現象は、メッセージ交換 ID '%1!'、発信側: %2!、メッセージ シーケンス番号: %3! のメッセージで発生しました。
11275 破損したメッセージを受け取りました。メッセージ交換の終了とエラー フラグが両方設定されています。この現象は、メッセージ交換 ID '%1!'、発信側: %2!、メッセージ シーケンス番号: %3! のメッセージで発生しました。
11276 破損したメッセージを受け取りました。シーケンスが付けられていないメッセージにメッセージ交換の終了フラグが設定されています。この現象は、メッセージ交換 ID '%1!'、発信側: %2!、メッセージ シーケンス番号: %3! のメッセージで発生しました。
11277 破損したメッセージを受け取りました。シーケンスの最初のメッセージにはメッセージ交換の終了とエラー フラグは設定できません。この現象は、メッセージ交換 ID '%1!'、発信側: %2!、メッセージ シーケンス番号: %3! のメッセージで発生しました。
11278 破損したメッセージを受け取りました。このメッセージには、メッセージ型がありません。この現象は、メッセージ交換 ID '%1!'、発信側: %2!、メッセージ シーケンス番号: %3! のメッセージで発生しました。
11279 破損したメッセージを受け取りました。このメッセージには、メッセージ型を設定してはいけません。この現象は、メッセージ交換 ID '%1!'、発信側: %2!、メッセージ シーケンス番号: %3! のメッセージで発生しました。

コード メッセージ
11280 サイズが %1! バイトのパケットは、受信バッファー カウントを超えているので処理できませんでした。
11281 破損したメッセージを受け取りました。メッセージ ヘッダーのプライベートな部分の形式が不適切です。
11282 ライセンスの制限により、このメッセージは削除されました。詳細については、マニュアルを参照してください。
11285 この転送メッセージは削除されました。ホップの残数が 0 になりました。
11286 SQL Server インスタンスでメモリが不足しているために、このメッセージ転送が削除されました。
11288 この転送メッセージは削除されました。重複するメッセージを既に転送中です。
11289 この転送メッセージは削除されました。この転送メッセージのメモリ使用量が、転送メッセージに構成されたメモリ制限 %1! バイトを超えるためです。
11290 この転送メッセージは削除されました。このメッセージを有効期限内に配信できませんでした。転送元のルートが正しく構成されていないか、転送先が使用できない可能性があります。
11291 この転送メッセージは削除されました。転送時間がメッセージの有効期限 %1! 秒を超えました (%2! 秒間でメッセージが着信し、このブローカーで %3! 秒間使用されました)。
11292 転送メッセージが削除されました。メッセージの送信中にトランスポート送信エラーが発生しました。エラーについては、以前に発生したイベントを確認してください。
11293 この転送メッセージは削除されました。トランスポートがシャットダウンされています。
11294 この転送メッセージは削除されました。転送先のルートが有効ではありません。
11295 エンドポイント構成の変更が検出されました。Service Broker マネージャーおよびトランスポートが再開されます。
11296 証明書の変更が検出されました。Service Broker マネージャーおよびトランスポートが再起動されます。
11297 破損したメッセージを受け取りました。プライベート変数のデータ セグメント オフセットが不適切です。
11298 破損したメッセージを受け取りました。パブリック変数のデータ セグメント オフセットが不適切です。
11299 破損したメッセージを受け取りました。シーケンスが付けられていないメッセージに 0 以外のシーケンス番号が含まれています。この現象は、メッセージ交換 ID '%1!'、発信側: %2!、メッセージ シーケンス番号: %3! のメッセージで発生しました。
11300 読み取り専用または TEMPDB XDES のコミット中にエラーが発生しました。サーバーをシャットダウンしています。
11301 オブジェクト %1! イベント %2! のトランザクション通知を実行中にエラーが発生しました。
11302 ロールバック中にエラーが発生しました。データベースをシャットダウンしています (場所: %1!)。
11303 予約済みログ領域の解放エラー: %1! 領域 %2!、コード %3!、状態 %4!。
11304 2 フェーズ コミット トランザクションの結果を記録できませんでした。データベースをオフラインにしています。
11400 ALTER TABLE SWITCH ステートメントが失敗しました。インデックス付きビュー '%2!' のインデックス '%1!' ではパーティション関数 '%3!' が使用されていますが、テーブル '%4!' では同等ではないパーティション関数 '%5!' が使用されています。インデックス付きビュー '%6!' のインデックスとテーブル '%7!' では同等のパーティション関数を使用する必要があります。
11401 ALTER TABLE SWITCH ステートメントが失敗しました。テーブル '%1!' は %2! ですが、インデックス付きビュー '%4!' のインデックス '%3!' は %5! です。
11402 ALTER TABLE SWITCH ステートメントが失敗しました。切り替え先テーブル '%1!' は %2! のインデックス付きビューによって参照されていますが、切り替え元テーブル '%3!' を参照しているのは %4! のインデックス付きビューのみです。切り替え先テーブルの各インデックス付きビューは、切り替え元テーブルの少なくとも 1 つのインデックス付きビューと一致している必要があります。
11403 ALTER TABLE SWITCH ステートメントが失敗しました。インデックス付きビュー '%1!' がテーブル '%2!' と対応していません。インデックス付きビューのパーティション分割列 '%3!' の値は、テーブルのパーティション分割列 '%4!' から直接選択されるのではなく、1 つ以上の列または式から算出されます。インデックス付きビューの定義を変更して、パーティション分割列がテーブルのパーティション分割 '%5!' から直接選択されるようにしてください。
11404 ALTER TABLE SWITCH ステートメントが失敗しました。切り替え先テーブル '%1!' は %2! のインデックス付きビューによって参照されていますが、切り替え元テーブル '%3!' を参照しているのは %4! の一致するインデックス付きビューのみです。切り替え先テーブルの各インデックス付きビューは、切り替え元テーブルの少なくとも 1 つのインデックス付きビューと一致している必要があります。
11405 ALTER TABLE SWITCH ステートメントが失敗しました。テーブル '%1!' がインデックス付きビュー '%3!' のインデックス '%2!' と対応していません。テーブルは列 '%4!' でパーティション分割されていますが、インデックス付きビューのインデックスは列 '%5!' でパーティション分割されています。この列は、テーブル '%7!' の別の列 '%6!' から選択されています。インデックス付きビューの定義を変更して、パーティション分割列がテーブルのパーティション分割列と同じになるようにしてください。
11406 ALTER TABLE SWITCH ステートメントが失敗しました。切り替え元のパーティションと切り替え先のパーティションで DATA_COMPRESSION オプションの値が異なります。
11407 '%1!' では、vardecimal ストレージ形式を有効にできません。vardecimal がサポートされているのは、SQL Server Enterprise Edition だけです。
11408 テーブル '%2!' の列 '%1!' を変更して COLUMN_SET 属性を追加または削除できません。列の COLUMN_SET 属性を変更するには、テーブルを変更して列を削除してから再度列を追加するか、テーブルを削除して作成し直してください。
11409 テーブルに含まれる列が 1025 を超えるため、テーブル '%2!' 内の列セット '%1!' を削除できません。テーブル内の列数を 1025 より少なくしてください。
11410 テーブル '%2!' 内の列 '%1!' をスパース列に変更できません。この列では、デフォルトまたはルールがバインドされています。列からルールまたはデフォルトのバインドを解除してから、列をスパース列として指定してください。
11411 スパース列 '%1!' をテーブル '%2!' に追加できません。この列のデータ型では、デフォルトまたはルールがバインドされています。データ型からルールまたはデフォルトのバインドを解除してから、スパース列をテーブルに追加してください。
11412 ALTER TABLE SWITCH ステートメントが失敗しました。テーブル '%2!' と '%3!' では列 '%1!' のスパース ストレージ属性が異なります。
11413 ALTER TABLE SWITCH ステートメントが失敗しました。テーブル '%2!' と '%3!' では列 '%1!' の列セット プロパティが異なります。
11414 警告: テーブル %2! にクラスター化インデックスがないので、このテーブルにオプション %1! を適用できません。このオプションは、テーブルに非クラスター化インデックスがある場合に、そのインデックスにのみ適用されます。
11415 オブジェクト '%1!' を無効または有効にできません。この操作は、外部キー制約およびチェック制約のみに適用されます。
11418 テーブル '%2!' を %1! できません。テーブルには、圧縮と互換性のないスパース列または列セットの列が含まれています。