読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

SQLServerのエラーコード11501〜13500

SQLServer
スポンサーリンク

SQLServerのエラーコード11501〜13500までです。

コード メッセージ
11551 ABR - 操作が中止されます。エラー '0x%1!'
11552 ABR - バックアップを書き込むディスク領域が不足しています
11553 ABR - 一時バックアップ ファイル '%1!' を作成できません。エラー '0x%2!'
11554 ABR - 仮想デバイス セット インターフェイスを作成できません。エラー '0x%1!'
11555 ABR - データベース '%1!' が壊れています
11556 ABR - '%1!' のデータベース バックアップが壊れています
11557 ABR - バックアップ ファイル '%1!' が存在しません。エラー '0x%2!'
11558 ABR - バックアップ ファイル '%1!' を開けません。エラー '0x%2!'
11559 ABR - バックアップセット メタデータを作成できません。エラー '0x%1!'
11560 ABR - バックアップセット メタデータを削除できません。エラー '0x%1!'
11561 ABR - バックアップ ファイルを削除できません
11562 ABR - データベース '%1!' に対するロックを取得できません
11563 ABR - データベース '%1!' のトランザクション ログが壊れています
11564 ABR - ドライブ '%1!' の IO スロットルが見つかりません
11565 ABR - デバイス '%1!' を開くことができません。エラー '0x%2!'
11566 ABR - デバイス '%1!' を照会できません。エラー '0x%2!'
11567 ABR - データベース '%1!' はオフラインです。
11599 ABR - 不明な ABR エラー
12002 テーブル '%3!' の列 '%2!' の要求された %1! インデックスは、列の型が %4! ではないので作成できませんでした。%5! データ型の列を参照する列名を指定してください。
12003 空間テセレーション スキーム '%1!' が見つかりませんでした。有効なテセレーション スキーム名を USING 句内で指定してください。
12004 テーブル '%2!' の列 '%1!' の既定の空間テセレーション スキームが見つかりませんでした。列参照が正しいことを確認するか、USING 句で拡張スキームを指定してください。
12005 不適切なパラメーターが '%2!' 付近の CREATE %1! ステートメントに渡されました。インデックス作成構文に対してこのステートメントを検証してください。
12006 重複したパラメーターがインデックス作成ステートメントに渡されました。インデックス作成構文に対してこのステートメントを検証してください。
12007 CREATE %1! ステートメントに必要なパラメーター '%2!' がありません。インデックス作成構文に対してこのステートメントを検証してください。
12008 テーブル '%1!' には、%2! インデックスに必要なクラスター化主キーがありません。%3! インデックスを作成する前に、主キー列がテーブルに存在することを確認してください。
12009 テーブル '%3!' で %1! インデックス '%2!' が見つかりませんでした。この名前の %4! インデックスが存在しないか、%5! 以外のインデックスに同じ名前が使用されている可能性があります。重複しないようにインデックス名を修正してください。リレーショナル インデックスが同じ名前の場合は、通常のリレーショナル インデックスを削除してください。
12010 空間インデックス ヒントは、ヒントの最初または最後のインデックスとして、各テーブルに 1 つだけ指定できます。
12011 CREATE %2! のパラメーター '%1!' の値には、%3! より小さい値を指定する必要があります。
12012 CREATE %2! のパラメーター '%1!' の値には、%3! より大きい値を指定する必要があります。
12013 CREATE %2! のパラメーター '%1!' の値には、パラメーター '%3!' の値より大きい値を指定する必要があります。
12014 CREATE %2! の '%1!' パラメーターが完全に定義されていません。パラメーターに複数の構成要素がある場合は、すべての構成要素を定義する必要があります。
12015 CREATE %2! ステートメントのインデックス オプション %1! は、一般的なインデックス オプションの前に指定する必要があります。
12016 %1! インデックスの作成では、ベース テーブルの主キーが次の制約を満たす必要があります。この制約とは、主キー列の最大数が %2! であること、主キー列の 1 行あたりの最大結合サイズが %3! バイトであること、ベース テーブル '%4!' の主キーが %5! 列であり %6! バイトを保持していることです。%7! インデックスが必要とする主キー制約が満たされるようにベース テーブルを変更してください。
12017 空間インデックスが無効かオフラインになっています
12018 空間オブジェクトが述語のスコープ内で定義されていません
12019 空間インデックスでは、述語で指定された比較対照値がサポートされません
12020 空間インデックスでは、述語で指定された比較演算子がサポートされません
12021 空間インデックスでは、述語で指定されたメソッド名がサポートされません
12022 比較対照値が、述語より下で定義されている列を参照しています
12023 比較述語内の比較対照値が明確ではありません
12024 空間パラメーターが、述語より下で定義されている列を参照します
12025 必要なバイナリ空間メソッドが条件に見つかりませんでした
12026 必要な比較述語が見つかりませんでした
12101 クライアント接続で変更通知を待機している間はデータベース '%1!' で変更の追跡を無効にすることはできません。変更の追跡を無効にする前に接続を閉じてください。
12980 ログ エントリを識別するには、%1! または %2! のいずれかを指定してください。
12981 サブプランの作成時に %1! を指定してください。
12982 実行するプランまたはサブプランを識別するには、%1! または %2! のいずれかを指定してください。
13001 ファイル名
13002 監査
13003 監査の仕様
13004 監査名
13008 受信

コード メッセージ
13010 読み取り
13012 USE データベース ステートメント
13013 プロシージャ、関数、またはトリガー
13014 インデックス付きビュー、計算列のインデックス、フィルター選択されたインデックス、クエリ通知、XML データ型のメソッド、空間インデックスの操作
13015 空間インデックスの操作
13016 INTO 句
13018 COMPUTE 句
13019 SELECT INTO ステートメント
13020 オプション
13021 オフセット オプション
13022 統計オプション
13024 関数名
13025 varbinary (128) NOT NULL
13026 パラメーター
13027 変換指定
13028 インデックス
13029 テーブル
13030 データベース
13031 プロシージャ
13032 トリガー
13033 ビュー
13034 デフォルト
13035 ルール
13036 システム テーブル
13037 不明な型
13038 SET オプション
13039
13040
13041 文字列
13042 整数
13043 識別子
13044
13045 インデックス
13047 オブジェクト
13049 組み込み関数名
13050 集計関数
13051 XML インデックス
13052 CLR 型
13053 XML スキーマ コレクション
13054 EXTENDED INDEX
13055 SPATIAL INDEX
13056 空間
13057 プラン ガイド バッチ
13058 ジオメトリ
13059 メッセージ交換の優先度
13076 代入
13077 カーソル宣言
13078 レプリケーション フィルター
13079 変数代入
13080 統計
13081 ファイル
13082 ファイル グループ
13083 サーバー
13084 書き込み
13085 関数
13086 データベース照合順序
13087 削除
13088 変更

コード メッセージ
13089 メッセージ型
13090 コントラクト
13092 サービス
13093 キュー
13094 テーブル値関数
13095 イベント通知
13096 シノニム
13097 ロック
13098 スレッド
13099 通信バッファー
13100 共通言語ランタイム クリティカル セクション
13101 パーティション構成
13102 DETACH
13103 HASH
13104 RANGE
13105 作成
13106 ルート
13107 リモート サービス バインド
13108 発信側
13109 対象
13110 ホスト同期オブジェクト
13111 一般待機可能オブジェクト
13112 アプリケーション ロール
13113 スキーマ
13114 ユーザー
13115 ログイン
13116 証明書
13117 ロール
13118 検索
13119 エンドポイント
13120 sql:variable
13121 sql:column
13122 XML 名前空間
13123 アセンブリ
13124 フルテキスト カタログ
13125 実行者
13126 対称キー
13127 プリンシパル
13128 セキュリティ記述子
13129 仮定のインデックス
13130 非クラスター化インデックス
13131 資格情報
13132 転送
13133 1 秒あたりの累積待機時間 (ミリ秒)
13134 1 秒あたりに開始された待機回数
13135 待機中
13136 平均待機時間 (ミリ秒)
13137 1 秒あたりの累積実行時間 (ミリ秒)
13138 1 秒あたりに開始される実行数
13139 実行中
13140 平均実行時間 (ミリ秒)
13141 非対称キー
13142 INSERT SELECT ステートメント
13143 パーティション関数
13144 パーティション構成
13145 暗号化
13146 署名

コード メッセージ
13147 パスワード
13148 名前の変更
13149 終了ダイアログ
13150 END CONVERSATION WITH ERROR
13151 MOVE CONVERSATION
13152 シーケンス付きのメッセージを受信
13153 メッセージ交換の終了を受信
13154 エラーによるメッセージ交換の終了を受信
13155 ブローカー エラーの受信
13156 メッセージ受信確認を受信
13157 メッセージ交換を終了します
13158 ブローカー エラー
13159 副署名
13160 BEGIN CONVERSATION TIMER
13161 ファイルのメッセージ交換タイマー
13162 END CONVERSATION WITH CLEANUP
13163 BEGIN DIALOG CONVERSATION
13164 SEND
13165 メッセージ交換
13166 メッセージ交換グループ
13167 システム
13168 Service Broker
13169 データベース ミラーリング
13170 テーブルまたはインデックス付きビュー
13171 メッセージ交換ハンドル
13172 GET CONVERSATION GROUP
13173 マスター キー
13174 現在のデータベースに同じ SQL 名の別のアセンブリが既に存在します
13175 バージョン、カルチャまたは公開キーの不一致
13176 コンポーネント
13177 IL コンパイル
13178 インプロセス データ アクセス
13179 DDL 操作
13180 実行キャッシュのクリーンアップ
13181 未指定の操作
13182 ダイアログ
13183 証明書の秘密キーが見つかりません
13184 証明書の秘密キー サイズと暗号化プロバイダーの互換性がありません
13185 証明書の公開キー サイズと暗号化プロバイダーの互換性がありません
13186 証明書の秘密キー サイズと暗号化されたキー交換のキーには互換性がありません
13187 証明書の公開キー サイズとセキュリティ ヘッダーの署名には互換性がありません
13188 証明書の秘密キーはパスワードで保護されています
13189 証明書の秘密キーで暗号化解除された後、キー交換のキーのサイズが無効になりました
13190 証明書の参照に使用されたデータベース プリンシパルが無効です
13191 データベース プリンシパルに、サーバー プリンシパルへのマッピングがありません
13192 BEGIN DIALOG の証明書が無効です
13193 暗号化アルゴリズム
13194 認証プロトコル
13195 証明書が見つかりませんでした
13196 証明書がまだ有効になっていません
13197 証明書の有効期限が切れました
13198 証明書のサイズが許容最大サイズを超えています
13199 メッセージ タイムスタンプ
13202 TO BROKER INSTANCE
13203 TO SERVICE
13204 FROM BROKER INSTANCE

コード メッセージ
13205 FROM SERVICE
13206 SERVICE CONTRACT
13207 MESSAGE TYPE
13208 MESSAGE INTEGRITY CHECK
13209 KEY SALT
13210 SESSION KEY
13211 KEY EXCHANGE KEY
13212 SOURCE CERTIFICATE ISSUER NAME
13213 SOURCE CERTIFICATE SERIAL NUMBER
13214 DESTINATION CERTIFICATE ISSUER NAME
13215 DESTINATION CERTIFICATE SERIAL NUMBER
13216 SECURITY HEADER SIGNATURE
13217 MESSAGE BODY
13218 STATEMENT
13219 クラスター化インデックス
13220 プライマリ XML インデックス
13221 フェールオーバー
13222 自動フェールオーバー
13223 パートナーからフェールオーバー
13224 ロールの同期
13225 Force_Service_Allow_Data_Loss
13226 追加
13227 追加先
13228 追加元
13229 有効化
13230 無効化
13231 再マップ
13232 INSERT
13233 UPDATE
13234 DELETE
13235 WHEN MATCHED
13236 WHEN NOT MATCHED
13237 WHEN NOT MATCHED BY SOURCE
13238 TOP
13239 GROUP BY
13240 HAVING
13241 ORDER BY
13242 COMPUTE
13243 OUTPUT INTO
13244 SELECT
13245 WHERE
13246 予期しない
13254 イベント
13255 対象
13256 イベント アクション
13257 イベント セッション
13258 イベント パッケージ
13259 イベント オブジェクト
13260 イベントの述語比較演算子
13261 イベント属性または述語ソース
13262 カスタマイズ可能な属性
13263 イベントの述語
13264 述語ソース
13265 イベント属性
13266 パーティション分割されています
13267 パーティション分割されていません

コード メッセージ
13268 リソース プール
13269 ワークロード グループ
13270 リソース ガバナー
13271 移動
13272 UPDATETEXT
13273 WRITETEXT
13274 正しくないページ (必要な署名: 0x%1!、実際の署名: 0x%2!)
13275 正しくないチェックサム (必要なチェックサム: 0x%1!、実際のチェックサム: 0x%2!)
13276 無効な保護オプション
13277 無効な暗号化キー
13278 ページの暗号化を解除できません
13279 暗号化解除エラー (想定: 0x%1!、実際: 0x%2!)
13280 DEK がないため、ページの暗号化を解除できません
13281 CREATION_DISPOSITION
13282 PROVIDER_KEY_NAME
13283 キーのソース
13284 ENCRYPTION BY
13285 公開キー
13286 秘密キー
13287 暗号化サービス プロバイダー
13288 暗号化サービス プロバイダーの DLL パス
13289 暗号化サービス プロバイダーの表示名
13290 バージョン
13291 GUID
13292 資格情報の作成対象
13293 暗号化サービス プロバイダー キーの名前
13294 キーの永続性
13295 暗号化サービス プロバイダー キーの拇印の長さ
13296 暗号化サービス プロバイダー キーの BLOB の長さ
13297 暗号化アルゴリズム タグ
13298 名前
13299 拇印
13301 IV (初期化ベクトル) の長さ
13302 ビット長
13303 制約
13304 データベース暗号化キー
13371 パーティション関数は、SQL Server の Enterprise、Developer、または Evaluation の各エディションでしか作成できません
13372 この操作はユーザー トランザクション内では実行できません。
13373 アンカー レコード
13374 ページ辞書
13375 圧縮情報の構造
13376 フルテキスト クエリ文字列
13377 フルテキスト クエリ言語
13378 フルテキスト クエリ キーの最大数
13379 フルテキスト ストップ リスト
13380 成功 - 詳細については EKM プロバイダーに問い合わせてください
13381 失敗 - 詳細については EKM プロバイダーに問い合わせてください
13382 バッファーが不足しています - 詳細については EKM プロバイダーに問い合わせてください
13383 サポートされていません - 詳細については EKM プロバイダーに問い合わせてください
13384 オブジェクトが見つかりません - 詳細については EKM プロバイダーに問い合わせてください
13385 認証エラー - 詳細については EKM プロバイダーに問い合わせてください
13386 無効な引数 - 詳細については EKM プロバイダーに問い合わせてください
13387 プロバイダー エラー - 利用できる情報はないため、詳細については EKM プロバイダーに問い合わせてください
13388 キー フラグ
13389 キー名
13390 キーの種類

コード メッセージ
13391 1000 を超えるパーティションが指定されたパーティション関数があります。パーティション関数を削除するか、パーティションをマージして 1000 パーティションを超えないようにしてください
13392 これはシステム データベースです。
13393 このデータベースはディストリビューション データベースとして使用されています
13394 内部エラーが発生しました
13395 このデータベースはミラーリング セッションに関係しています。ミラーリング セッションをオフにしてから再試行してください
13396 このデータベースは SIMPLE 復旧モードではありません。復旧モデルを SIMPLE に変更してから再試行してください
13397 これはデータベース スナップショットです
13398 これは現在有効ではありません
13400 拡張ストアド プロシージャ API は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの機能の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションでは変更を検討してください。
13401 ANSI 以外の外部結合演算子 ('*=' および '=*') は次のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの機能の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションの変更を検討してください。代わりに、ANSI 外部結合を使用してください。
13402 TIMESTAMP 列に NULL 値の INSERT を実行する機能は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの機能の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションの変更を検討してください。代わりに、DEFAULT を使用してください。
13403 文字列リテラルを列の別名として使用する機能は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの機能の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションの変更を検討してください。代わりに、AS 句を使用してください。
13404 一時テーブルおよびストアド プロシージャの名前として '#' および '##' を使用する機能は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの機能の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションの変更を検討してください。
13405 '@'、および '@@' で始まる名前を Transact-SQL 識別子として使用する機能は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの機能の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションの変更を検討してください。
13406 DEFAULT キーワードを既定値として使用する機能は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの機能の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションの変更を検討してください。
13407 FASTFIRSTROW ヒントは次のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの機能の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションの変更を検討してください。代わりに、OPTION (FAST n) を使用してください。
13408 %1! は、次のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの機能の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションでは変更を検討してください。
13409 照合順序 %1! は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの照合順序の使用を避け、現在この照合順序を使用しているアプリケーションでは変更を検討してください。