読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

SQLServerのエラーコード13501〜15000

SQLServer
スポンサーリンク

SQLServerのエラーコード13501〜15000までです。

コード メッセージ
14002 タスク ID が %1! の 'Sync' サブシステムが見つかりませんでした。
14003 パブリケーション名を指定してください。
14004 %1! は現在のデータベース内に存在する必要があります。
14005 パブリケーションを削除できませんでした。このパブリケーションにはサブスクリプションが少なくとも 1 つ存在します。パブリケーションのサブスクリプションをすべて削除してから、パブリケーションの削除を試してください。問題が解決しない場合は、レプリケーションのメタデータが不適切である可能性があります。オンライン ブックでトラブルシューティングに関する情報を参照してください。
14006 パブリケーションを削除できませんでした。
14008 パブリケーションがありません。
14009 パブリケーション '%1!' にはアーティクルがありません。
14010 リモート サーバー '%1!' はサブスクリプション サーバーとして定義されていません。ネットワーク別名ではなく、サーバー名を指定していることを確認してください。
14011 サーバー '%1!' を SQL Server 以外のサブスクライバーとして設定できません。
14012 @status パラメーターの値には 'active' または 'inactive' のいずれかを指定してください。
14013 このデータベースはパブリケーションでは有効ではありません。
14014 同期方法 (@sync_method) は '[bcp] native'、'[bcp] character'、'concurrent'、'concurrent_c'、'database snapshot'、または 'database snapshot character' にしてください。
14015 レプリケーション周期 (@repl_freq) は 'continuous' または 'snapshot' に設定してください。
14016 パブリケーション '%1!' は既に存在します。
14017 @restricted パラメーター値が無効です。有効なオプションは 'true' または 'false' です。
14018 パブリケーションを作成できませんでした。
14019 @operation パラメーターの値には add、drop、alter のいずれかを指定してください。
14020 指定された列の列 ID を取得できませんでした。スキーマ レプリケーションに失敗しました。
14021 列がアーティクルに正しく追加されませんでした。
14022 パラメーター @property の値には 'description'、'sync_object'、'type'、'ins_cmd'、'del_cmd'、'upd_cmd'、'filter'、'dest_table'、'dest_object'、'creation_script'、'pre_creation_cmd'、'status'、'schema_option' または 'destination_owner' のいずれかを指定してください。
14023 型は、[indexed view ]logbased[ (manualview manualfilter manualboth)]'、'[serializable ]proc exec'、または '(view indexed view proc func aggregate synonym) schema only' にしてください。
14024 プロパティ 'subscriber_provider' の値を NULL にすることはできません。
14025 アーティクルは正常に更新されました。
14026 プロパティ 'subscriber_type' の値は、異種サブスクライバーのサポートされている種類ではありません。値には 1 (ODBC サブスクライバー)、または 3 (OLE DB サブスクライバー) を指定してください。
14027 %1! は現在のデータベースに存在しません。
14028 ユーザー テーブル、具体化されたビュー、およびストアド プロシージャだけを 'logbased' アーティクルとしてパブリッシュできます。
14029 列分割スイッチは 'true' または 'false' のいずれかにしてください。
14030 アーティクル '%1!' はパブリケーション '%2!' に既に存在します。
14031 ユーザー テーブルおよびビューだけが有効な同期オブジェクトです。
14032 パラメーター %1! の値を 'all' にすることはできません。この値は、レプリケーション ストアド プロシージャによって予約されています。
14033 パブリケーションでサブスクリプションがアクティブなので、レプリケーション周期を変更できませんでした。
14034 パブリケーション名 (@publication) をキーワード 'all' にはできません。
14035 データベース '%2!' のレプリケーション オプション '%1!' は既に TRUE に設定されています。
14036 データベースでパブリッシュを有効にできませんでした。
14037 データベース '%2!' のレプリケーション オプション '%1!' は既に FALSE に設定されています。
14038 データベースでパブリッシングを無効にできませんでした。
14039 アーティクル ビューの列句を構築できませんでした。列数を減らすか、手作業でビューを作成してください。
14040 サーバー '%1!' は既にサブスクライバーです。
14041 '%1!' プロパティは異種サブスクリプションのパブリケーションが有効な場合にだけ変更できます。パブリケーションは有効ではありません。
14042 サブスクライバーを作成できませんでした。
14043 ストアド プロシージャ %2! に渡されたパラメーター %1! を NULL にすることはできません。
14044 サーバーのサブスクライバーの状態を消去できません。
14045 MSdistribution_agents テーブルの subscriber_type を更新できません。
14046 アーティクルを削除できませんでした。サブスクリプションが存在します。
14047 %1! を削除できませんでした。
14048 サーバー '%1!' はサブスクライバーではありません。
14049 レプリケーション用のストアド プロシージャはフィルターとしてだけ使えるオブジェクトです。
14050 このパブリケーションまたはアーティクルにサブスクリプションはありません。
14051 パラメーター値は 'sync_type' または 'dest_db' を指定してください。
14052 @sync_type パラメーターの値には、"automatic"、"none"、"replication support only"、"initialize with backup"、または "initialize from lsn" を指定してください。
14053 この時点で、サブスクリプションを更新できませんでした。
14054 サブスクリプションは正常に更新されました。
14055 サブスクリプションは存在しません。

コード メッセージ
14056 この時点で、サブスクリプションを削除できませんでした。
14057 サブスクリプションを作成できませんでした。
14058 サブスクリプションを作成できません。サブスクリプション データベースにサブスクリプションが既に存在します。各サブスクリプション データベースでは、同じパブリケーションに対して 1 つのサブスクリプションのみが許可されます。必要に応じて、サブスクリプションを削除してから再度追加してください。問題が解決しない場合は、レプリケーションのメタデータが不適切である可能性があります。オンライン ブックでトラブルシューティングに関する情報を参照してください。
14059 具体化されたビュー アーティクルは、プロパティ allow_sync_tran、allow_queued_tran、または allow_dts を含むパブリケーションに対して作成できません。
14060 SQL Server サブスクライバーでは、プロバイダー プロパティを指定しているサブスクライバー パラメーターを NULL にしてください。
14061 @pre_creation_cmd パラメーターの値には 'none'、'drop'、'delete'、または 'truncate' を指定してください。
14062 サブスクライバーが削除されました。
14063 リモート サーバーが存在しないか、有効なサブスクライバーとして設定されていません。
14065 @status パラメーターの値には 'initiated'、'active'、'inactive'、または 'subscribed' を指定してください。
14066 以前の状態は 'active'、'inactive'、または 'subscribed' でなければなりません。
14067 状態値は以前の状態値と同じです。
14068 オブジェクトのサブスクリプションの状態を変更できませんでした。
14069 sysarticles を更新できませんでした。サブスクリプションの状態を変更できませんでした。
14070 ディストリビューション データベースのサブスクリプション テーブルを更新できませんでした。サブスクリプションの状態を変更できませんでした。
14071 ローカル サーバーのディストリビューターまたはディストリビューション データベースが見つかりませんでした。ディストリビューターがインストールされていないか、ローカル サーバーがディストリビューターでパブリッシャーとして構成されていません。
14074 サーバー '%1!' は既にパブリッシャーとして一覧されています。
14075 この時点では、パブリッシャーは作成できませんでした。
14076 レプリケーション ログイン権限を '%1!' に許可できませんでした。
14077 パブリケーションは正常に更新されました。
14078 パラメーターには 'description'、'taskid'、'sync_method'、'status'、'repl_freq'、'restricted'、'retention'、'immediate_sync'、'enabled_for_internet'、'allow_push'、'allow_pull'、'allow_anonymous'、または 'retention' を指定してください。
14080 リモート サーバー "%1!" は存在しないか、有効なパブリッシャーとして設定されていません。または、ユーザーには使用可能なパブリッシャーを参照する権限がありません。
14085 ディストリビューターからサブスクライバー情報を取得できませんでした。
14088 トランザクション ベースの方法を使用してパブリッシュするには、テーブル '%1!' に主キーを含めてください。
14089 具体化されたビュー '%1!' がトランザクション ベースのメソッドを使用してパブリッシュされる場合は、そのビューのクラスター化インデックスには NULL 値が許可される列を含めることはできません。
14090 列を削除した後のアーティクル同期オブジェクトの評価中にエラーが発生しました。アーティクル '%1!' のフィルター句では、削除された列を参照できません。
14091 sp_helpreplicationdb に渡される @type パラメーターには 'pub' または 'sub' を指定してください。
14092 このアーティクルに対するサブスクリプションが存在するので、アーティクルを変更できませんでした。
14093 パブリケーション '%1!' のアクセス権を直接許可するか取り消すことはできません。このパブリケーションでは、既定のパブリケーション アクセス リストが使用されています。
14094 アーティクル '%1!' をサブスクライブできませんでした。異種サブスクライバー '%2!' では @pre_creation_cmd のパラメーター値として 'truncate' がサポートされません。
14095 @sync_method パラメーターの値が有効ではありません。パブリケーション '%1!' をサブスクライブできませんでした。SQL Server 以外のサブスクライバー '%2!' では、@sync_method パラメーターの値として 'character'、'bcp character'、'concurrent_c'、および 'database snapshot character' だけがサポートされます。
14096 @pre_creation_cmd パラメーター値が 'drop' の場合、テーブル作成スクリプトのパスと名前を指定する必要があります。
14097 'status' の値は 'no column names'、'include column names'、'string literals'、'parameters'、'DTS horizontal partitions' または 'no DTS horizontal partitions' にしてください。
14098 ディストリビューション パブリッシャー '%1!' を削除できません。リモート パブリッシャーでディストリビューターとして '%2!' が使用されています。パブリッシャーでのパブリッシングを無効にしてから、このリレーションシップを削除してください。
14099 サーバー '%1!' は既にディストリビューターとして定義されています。サーバーをディストリビューターとして再構成するには、最初に既存のディストリビューターをアンインストールする必要があります。ストアド プロシージャ sp_dropdistributor を使用するか、パブリッシングとディストリビューションの無効化ウィザードを使用してください。
14100 同時実行スナップショット処理を使用するパブリケーションをサブスクライブしているときは、すべてのアーティクルを指定してください。
14101 パブリケーション '%1!' には既にスナップショット エージェントが定義されています。
14102 同時実行スナップショット処理を使用するパブリケーションからサブスクライブを解除するときは、すべてのアーティクルを指定してください。
14103 "%1!" 値は無効です。有効な値は "publisher"、"subscriber"、または "both" です。
14105 ディストリビューション データベースのプロパティ '%1!' が正常に更新されました。
14106 ディストリビューション保有期間には、0 以上の値を指定してください。
14107 @max_distretention 値は @min_distretention 値よりも大きな値を指定してください。
14108 %2! から履歴レコードを %1! 個削除しました。
14109 @security_mode パラメーターの値には 0 (SQL Server 認証) または 1 (Windows 認証) を指定してください。
14110 ストアド プロシージャ アーティクルでは、@property パラメーター値に 'description'、'dest_table'、'dest_object'、'creation_script'、'pre_creation_cmd'、'schema_option'、または 'destination_owner' を指定してください。
14111 @pre_creation_cmd パラメーターの値には 'none' または 'drop' を指定してください。
14112 このプロシージャはテーブル ベースのアーティクルだけに対して実行できます。
14113 '%1!' を実行できませんでした。インストール ディレクトリの '%2!' を確認してください。
14114 サーバー '%1!' はディストリビューターとして構成されていません。
14115 プロパティ パラメーター値には %1! を指定してください。
14117 '%1!' はディストリビューション データベースとして構成されていません。
14118 ストアド プロシージャは、'serializable proc exec' アーティクル、'proc exec' アーティクル、または 'proc schema only' アーティクルとしてだけパブリッシュできます。
14119 ディストリビューション データベース '%1!' を追加できませんでした。ディストリビューション データベースは既に存在します。
14120 ディストリビューション データベース '%1!' を削除できませんでした。このディストリビューション データベースはパブリッシャーに関連付けられています。
14121 ディストリビューター '%1!' を削除できませんでした。このディストリビューターはディストリビューション データベースに関連付けられています。
14122 immediate_sync パブリケーションでは、@article パラメーター値には 'all' を指定してください。
14123 サブスクリプションの @sync_type パラメーター値 'manual' はサポートされなくなりました。

コード メッセージ
14124 パブリケーションに対するサブスクリプションが作成される前に、そのパブリケーションはアーティクルを最低 1 つ含む必要があります。
14126 操作を完了するのに必要な権限がありません。
14128 @subscription_type パラメーター値が無効です。有効なオプションは 'push' または 'pull' です。
14129 サブスクリプションを immediate_sync パブリケーションに追加するとき、'automatic' sync_type では @status パラメーターの値を NULL にしてください。
14135 パブリッシャー '%1!'、パブリッシャー データベース '%2!'、パブリケーション '%3!' にはサブスクリプションがありません。
14136 キーワード 'all' はレプリケーション ストアド プロシージャで予約されています。
14137 @value パラメーター値には 'true' または 'false' のいずれかを指定してください。
14138 オプション名 '%1!' が無効です。
14139 レプリケーション システム テーブル '%1!' は既に存在します。
14143 ディストリビューター パブリッシャー '%1!' を削除できません。関連付けられたサブスクライバーがディストリビューション データベース '%2!' にあります。
14144 サブスクライバー '%1!' を削除できません。そのサブスクライバーのサブスクリプションがパブリケーション データベース '%2!' にあります。
14146 アーティクルのパラメーター '@schema_option' は NULL にはできません。
14147 制限付きのパブリケーションはサポートされなくなりました。
14148 '%1!' 値が無効です。有効な値は 'true' または 'false' です。
14149 %2! 秒間に %1! 個のレプリケーション履歴レコードが削除されました (%3! 行/秒)。
14150 レプリケーション-%1!: エージェント %2! が成功しました。%3!
14151 レプリケーション-%1!: エージェント %2! は失敗しました。%3!
14152 レプリケーション-%1!: エージェント %2! には再試行のスケジュールが設定されました。%3!
14153 レプリケーション-%1!: エージェント %2! の警告。%3!
14154 ディストリビューター パラメーターには、'@heartbeat_interval' を指定してください。
14155 プロシージャ スクリプト生成に無効なアーティクル ID が指定されました。
14156 アーティクル定義で指定された %1! コマンドのフォーマットを呼び出すカスタム ストアド プロシージャが、%2! フォーマットに一致しません。
14157 サブスクライバー '%1!' によって作成された、パブリケーション '%2!' に対するサブスクリプションは、有効期限が切れたので削除されました。
14158 レプリケーション-%1!: エージェント %2!: %3!。
14159 アーティクル '%2!' のプロパティ '%1!' を変更できませんでした。このアーティクルへのサブスクリプションが存在しています。
14160 パブリケーション [%3!] に対し、1 つ以上のサブスクリプションがしきい値 [%1!:%2!] を超えています。このパブリケーションのサブスクリプションの状態を確認し、必要に応じて有効期限のしきい値を変更してください。
14161 パブリケーション [%3!] のしきい値 [%1!:%2!] が設定されています。ログ リーダーとディストリビューション エージェントが実行されており、待機時間の要件に適合することを確認してください。
14162 パブリケーション [%3!] に対し、1 つ以上のサブスクリプションがしきい値 [%1!:%2!] を超えています。このパブリケーションのサブスクリプションの状態を確認し、必要に応じて有効期限のしきい値を調整してください。
14163 パブリケーション [%3!] に対し、1 つ以上のサブスクリプションがしきい値 [%1!:%2!] を超えています。このパブリケーションのサブスクリプションの状態を確認し、必要に応じて有効期限のしきい値を調整してください。
14164 パブリケーション [%3!] に対し、1 つ以上のサブスクリプションがしきい値 [%1!:%2!] を超えています。このパブリケーションのサブスクリプションの状態を確認し、必要に応じて有効期限のしきい値を調整してください。
14165 パブリケーション [%3!] に対し、1 つ以上のサブスクリプションがしきい値 [%1!:%2!] を超えています。このパブリケーションのサブスクリプションの状態を確認し、必要に応じて有効期限のしきい値を調整してください。
14166 パブリッシングの無効化が無視されました。エラー メッセージ %1!、重大度 %2!、状態 %3!: %4!。
14167 サブスクリプションの有効期限
14168 トランザクション レプリケーションの待機時間
14169 ダイヤルアップ接続を使用した長期間のマージ
14170 LAN 接続を使用した長期間のマージ
14171 LAN 接続を使用した低速のマージ
14172 ダイヤルアップ接続を使用した低速のマージ
14173 パブリケーション パラメーター %1! を設定できませんでした。このパラメーターはワークグループの SKU ではサポートされません。
14196 エージェントが実行されていません。
14197 %1! パラメーターの値は、セット %2! 内に存在する必要があります。
14198 %1! パラメーターの値は %2! の範囲内にある必要があります。指定したパラメーターの値が正しいかどうかを確認してください。
14199 指定されたジョブ '%1!' はメンテナンス プラン用に作成されません。ジョブの少なくとも 1 ステップに xp_sqlmaint の呼び出しが含まれているかどうかを確認してください。
14200 指定した '%1!' は無効です。
14201 0 (全ステップ) ..
14202 @active_start_time の前または後
14203 sp_helplogins [Windows NT グループを除く]
14204 0 (アクティブ)、1 (実行中)、2 (スレッド待機中)、3 (再試行待ち)、4 (アイドル)、5 (一時中断)、7 (完了操作の実行中)
14205 (不明)
14206 0..n 秒
14207 -1 [最大値なし]、0..n
14208 1..7 [1 = メール、2 = ポケットベル、4 = NetSend]
14209 0..127 [1 = 日曜日 .. 64 = 土曜日]
14210 通知
14211 サーバー
14212 (すべてのジョブ)

コード メッセージ
14213 主要ジョブの詳細:
14214 ジョブ ステップ:
14215 ジョブ スケジュール:
14216 ジョブ対象サーバー:
14217 SQL Server 警告: '%1!' は TSX サーバー '%2!' から強制的に参加解除されました。参加解除を完了するには、MSX で sp_delete_targetserver を実行してください。
14218 時間
14219
14220
14221 このジョブには '%1!' 以外のオペレーターへの通知が 1 つ以上含まれています。現在定義されているとおりに、リモート サーバーでこのジョブを対象にすることはできません。
14222 '%1!' オペレーターの名前を変更できません。
14223 サーバーが %2! の間は、オペレーター '%1!' を変更または削除できません。
14224 警告: 指定されたサーバー名は現在の MSX サーバー ('%1!') ではありません。
14225 警告: ローカル マシン名を確認できませんでした。MSX 操作は通知されませんでした。
14226 %1! 個の履歴エントリが削除されました。
14227 サーバーを MSX '%1!' から参加解除しました。%2! 個のジョブが削除されました。
14228 サーバー MSX への参加が '%1!' から '%2!' に変更されました。
14229 サーバーが MSX '%1!' に参加しました。
14230 SP_POST_MSX_OPERATION: %1! %2! ダウンロード命令が通知されました。
14231 SP_POST_MSX_OPERATION 警告: 指定された %1! ('%2!') はマルチサーバー ジョブではありません。
14232 job_name、job_id、または originating_server のいずれかを指定してください。
14233 有効な job_id (全ジョブの場合は 0x00 ) を指定してください。
14234 指定した '%1!' は無効です (有効な値が %2! から返されます)。
14235 指定した '%1!' は無効です (有効な値は 1 以上ですが %2! は除きます)。
14236 警告: 存在しないステップが %1! で参照されています。
14237 動作として 'REASSIGN' が指定されているときは、新規ログイン パラメーターを指定してください。
14238 %1! 個のジョブが削除されました。
14239 %1! 個のジョブが %2! に再割り当てされました。
14240 ジョブは %1! 台の新規サーバーに適用されました。
14241 ジョブが %1! 台のサーバーから削除されました。
14242 システム管理者だけが、ジョブの所有権を再割り当てできます。
14243 ジョブ '%1!' が正常に開始しました。
14245 タスクを削除するには、@name、@id、または @loginname のいずれかを指定してください。
14250 指定した %1! は長すぎます。%2! 文字以下で指定してください。
14251 通知先のオペレーターとして '%1!' を指定できません。
14252 所有していないジョブではこの操作を実行できません。
14253 %1!/%2! 個のジョブが正常に停止しました。
14254 ジョブ '%1!' が正常に停止しました。
14255 このジョブの所有者 ('%1!') はログインが無効か、データベース '%2!' の有効なユーザーではありません。
14256 ジョブ "%1!" (ID %2!) を開始できません。このジョブには、ジョブ サーバーが定義されていません。sp_add_jobserver を呼び出して、ジョブとジョブ サーバーを関連付けてください。
14257 ジョブ "%1!" (ID %2!) を停止できません。このジョブには、ジョブ サーバーが定義されていません。sp_add_jobserver を呼び出して、ジョブとジョブ サーバーを関連付けてください。
14258 SQLServerAgent の開始中は、この操作を実行できません。後で再試行してください。
14260 このコマンドを実行するのに十分な権限がありません。システム管理者に連絡してください。
14261 指定した %1! ('%2!') は既に存在します。
14262 指定した %1! ('%2!') は存在しません。
14263 対象サーバー '%1!' は既にグループ '%2!' のメンバーです。
14264 対象サーバー '%1!' はグループ '%2!' のメンバーではありません。
14265 MSSQLServer サービスが予期せず終了しました。SQL Server エラー ログおよび Windows のシステム イベント ログとアプリケーション イベント ログで、可能性のある原因を確認してください。
14266 指定した '%1!' は無効です (有効な値: %2!)。
14267 ジョブをジョブ カテゴリ '%1!' に追加できません。
14268 このサーバーには、サーバー '%1!' からのジョブはありません。
14269 ジョブ '%1!' はサーバー '%2!' で既に対象になっています。
14270 ジョブ '%1!' はサーバー '%2!' で現在対象になっていません。
14271 対象サーバーの名前を '%1!' にはできません。
14272 オブジェクト型とオブジェクト名はペアで指定してください。
14273 @job_id または @job_name (オプションで @schedule_name) を指定するか、@schedule_id を指定してください。
14274 MSX サーバーからのジョブ、ステップ、スケジュールを追加、更新、または削除できません。

コード メッセージ
14275 作成元サーバーはローカル サーバーまたは MSX サーバーにしてください。
14276 '%1!' はパーマネント %2! カテゴリなので、削除できません。
14277 コマンド スクリプトは作成するオブジェクトをすべて破棄できません。コマンド スクリプトを修正してください。
14278 このジョブのスケジュールは無効です (理由: %1!)。
14279 @job_name、@job_id、または @originating_server のいずれかを指定してください。
14280 ジョブ名 (ジョブの概要) または 1 つ以上のジョブ フィルター パラメーターのいずれかを指定してください。
14281 警告: 'DELETE' 操作を指定しているときは @new_owner_login_name パラメーターは必要ありません。
14282 作成日付または最終更新日付とデータ比較演算子を指定するか、日付パラメーターをまったく指定しないかのいずれかです。
14283 @target_server_groups または @target_servers、あるいは両方を指定してください。
14284 新しいジョブのジョブ ID を指定できません。ID はプロシージャで代入されます。
14285 マルチサーバー ジョブ カテゴリに、ローカル ジョブは追加できません。
14286 ローカル ジョブ カテゴリに、マルチサーバー ジョブは追加できません。
14287 指定された '%1!' は無効な %2! です。
14288 %1! を %2! よりも前にはできません。
14289 %1! に '%2!' 文字含めることはできません。
14290 このジョブは現在ローカル サーバーで対象になっているので、リモート サーバーで対象にすることはできません。
14291 このジョブは現在リモート サーバーで対象になっているので、ローカル サーバーで対象にすることはできません。
14292 '%1!' という名前のタスクが 2 つ以上存在します。タスクを一意に識別するには、%3! ではなく %2! を指定してください。
14293 '%1!' という名前のジョブが 2 つ以上存在します。ジョブを一意に識別するには、%3! ではなく %2! を指定してください。
14294 ジョブを識別するには、%1! または %2! のいずれかを指定してください。
14295 周期の種類 0x2 (OnDemand) はサポートされなくなりました。
14296 このサーバーは既に MSX '%1!' に参加しています。
14297 ローカル コンピューターに参加できません。
14298 このサーバーは現在 MSX に参加していません。
14299 サーバー '%1!' は MSX です。MSX を別の MSX に参加させることはできません。
14301 現在のユーザー以外のログインは、sysadmin ロールのメンバーだけが表示できます。
14303 ストアド プロシージャ '%1!' は、レジストリ キーにアクセスできませんでした。
14304 ストアド プロシージャ '%1!' は、Windows 2000 サーバーだけで実行できます。
14305 列 '%1!' はテーブル '%2!' に存在しません。
14306 対象サーバー (TSX) のバージョンとマスター サーバー (MSX) のバージョン (%1!.%2!.%3!) に互換性がありません。
14307 Integration Services パッケージ '%1!' へのアクセスは拒否されます。
14350 CoInitialize が失敗したので、COM ライブラリを初期化できません。
14351 予期しないエラーが発生したので、この操作を完了できません。
14352 この SQL Server インスタンスのレジストリに Active Directory 情報が見つかりません。再度 sp_ActiveDirectory_SCP を実行してください。
14353 この SQL Server インスタンスのサービス アカウントを判断できません。
14354 MSSQLServerADHelper サービスを開始できません。この SQL Server インスタンスのサービス アカウントが MSSQLServerADHelper サービスを開始するために必要な権限を持っていることを確認してください。
14355 MSSQLServerADHelper サービスがビジーです。後でこの操作を再試行してください。
14356 Windows Active Directory クライアントが、SQL Server インスタンスが実行されているコンピューターに正しくインストールされていません。LoadLibrary が ACTIVEDS.DLL のロードに失敗しました。
14357 名前が長すぎるので、Active Directory 内の '%1!' を一覧表示できません。Active Directory の共通名は 64 文字を超えることはできません。
14359 Active Directory ディレクトリ サービスがネットワーク上で有効になっていないか、オペレーティング システムでサポートされていません。
14360 %1! は既に TSX コンピューターとして構成されています
14362 MSX サーバーでは SQL Server Standard Edition または Enterprise Edition を実行してください
14363 MSX サーバーは参加の準備ができていません [MSX で定義された 'MSXOperator' という名前のオペレーターが必要です]
14364 TSX サーバーは現在参加していません
14365 有効な schedule_uid を指定してください。
14366 sysadmin ロールのメンバーだけがスケジュールの所有者を変更できます。
14367 1 つ以上のスケジュールが削除されませんでした。少なくとも 1 つの別のジョブでスケジュールが使用されています。"sp_detach_schedule" を使用して、ジョブからスケジュールを削除してください。
14368 スケジュール "%1!" が削除されました。スケジュールは、少なくとも 1 つの他のジョブで使用されています。"sp_detach_schedule" を使用して、ジョブからスケジュールを削除してください。
14369 スケジュール ID "%1!" は複数のジョブで使用されています。job_id を指定してください。
14370 @originating_server には、ローカル サーバー名、または対象サーバー (TSX) 上にある MSX ジョブのマスター サーバー (MSX) 名のいずれかを指定してください。
14371 "%1!" という名前のスケジュールが 2 つ以上存在します。スケジュールを一意に識別するには、%3! ではなく %2! を指定してください。
14372 スケジュールは 1 つ以上のジョブで使用されているので、削除されませんでした。
14373 スケジュールを識別するには、%1! または %2! のいずれかを指定してください。
14374 指定したスケジュール名 "%1!" はジョブ "%2!" に関連付けられていません。
14375 "%1!" という名前の複数のスケジュールがジョブ "%2!" にアタッチされています。"sp_update_schedule" を使用してスケジュールを更新してください。
14376 "%1!" という名前の複数のスケジュールがジョブ "%2!" にアタッチされています。"sp_detach_schedule" を使用してジョブからスケジュールを削除してください。

コード メッセージ
14377 スケジュールは指定されたジョブにアタッチされませんでした。スケジュールとジョブに同じ所有者を指定するか、sysadmin として操作を実行してください。
14378 @sysadmin_only フラグは SQLAgent でサポートされなくなりました。このフラグは、旧バージョンとの互換性のためだけに保持されています。
14379 テーブル '%1!' の外部キー 'originating_server_id' には、参照先のビュー 'dbo.sysoriginatingservers_view' 内に対応する値がありません。
14380 テーブル sysoriginatingservers のフィールド 'originating_server_id' は、sysjobs または sysschedules のいずれかから参照されています。
14390 sysadmin ロールのメンバーだけが %1! パラメーターを指定できます。
14391 sysadmin ロールのジョブまたはメンバーの所有者だけがスケジュールをデタッチできます。
14392 sysadmin ロールまたは SQLAgentOperatorRole のジョブまたはメンバーの所有者だけがジョブの履歴を削除できます。
14393 sysadmin ロールまたは SQLAgentOperatorRole のジョブまたはメンバーの所有者だけがジョブを開始および停止できます。
14394 sysadmin ロールのジョブ スケジュールまたはメンバーの所有者だけがジョブ スケジュールを変更または削除できます。
14395 '%1!' は sysadmin サーバー ロールのメンバーであり、プロキシへのアクセスを許可したり、プロキシからのアクセスを禁止したりできません。sysadmin サーバー ロールのメンバーは、任意のプロキシを使用できます。
14396 sysadmin サーバー ロールのメンバーだけがマルチサーバー ジョブを変更できます
14397 sysadmin サーバー ロールのメンバーだけがマルチサーバー ジョブを開始および停止できます
14398 sysadmin サーバー ロールのメンバーだけがマルチサーバー ジョブを作成できます
14410 plan_name または plan_id のいずれかを指定してください。
14411 このプランは削除できません。プランには、参加しているデータベースが含まれています。
14412 配布先データベースは、既にログ配布計画の一部です。
14413 このデータベースは既にログ配布されています。
14414 ログ配布モニターは既に定義されています。
14415 SQL Server 認証を使用するときは、ユーザー名を NULL にはできません。
14416 このストアド プロシージャは msdb で実行する必要があります。
14417 データベースがログ配布に参加しているときは、監視サーバーを削除できません。
14418 指定した @backup_file_name をデータベース '%1!' から作成できませんでした。
14419 指定した @backup_file_name はデータベース バックアップではありません。
14420 ログ配布プライマリ データベース %1!.%2! では、バックアップのしきい値が %3! 分間ですが、%4! 分間バックアップ ログ操作が実行されていません。エージェント ログおよびログ配布モニターの情報を調べてください。
14421 ログ配布のセカンダリ データベース %1!.%2! は復元のしきい値が %3! 分間ですが、同期されていません。復元は %4! 分間実行されていません。復元される待機時間は %5! 分間です。エージェント ログおよびログ配布モニターの情報を調べてください。
14422 @plan_id または @plan_name のいずれかを指定してください。
14423 他のデータベースがこのプランに参加しています。プランを削除する前に、このデータベースを削除してください。
14424 データベース '%1!' は、既にログ配布に関係しています。
14425 データベース '%1!' は、ログ配布に関係していない可能性があります。
14426 ログ配布モニターは既に定義されています。@delete_existing = 1 を指定して、sp_define_log_shipping_monitor を呼び出してください。
14427 SQL Server セキュリティにはユーザー名が必要です。
14428 ログ配布にデータベースが含まれているので、モニターを削除できませんでした。
14429 このプライマリ サーバーにはまだセカンダリ サーバーがアタッチされています。
14430 対象とするパス %1! が無効です。ディレクトリ コンテンツを一覧表示できません。有効なパスを指定してください。
14440 シングル ユーザー モードに設定できませんでした。
14441 ロールが正常に変更されました。
14442 ロールの変更に失敗しました。
14450 指定した @backup_file_name はデータベース '%1!' から取得されませんでした。
14451 指定した @backup_file_name はデータベース バックアップではありません。
14500 0 以外のメッセージ ID、0 以外の重大度、NULL 以外のパフォーマンス条件、または NULL 以外の WMI 名前空間と WMI クエリのいずれかを指定してください。
14501 警告 ('%1!') はこの条件で既に定義されています。
14502 @enum_type に 'TARGET' を指定しているときは、@target_name パラメーターを指定してください。
14503 @enum_type に 'ALL' または 'ACTUAL' を指定しているときは、@target_name パラメーターは指定しないでください。
14504 '%1!' は緊急時のオペレーターです。別のオペレーターを緊急時のオペレーターに指定するまで、'%2!' を削除できません。
14505 パフォーマンス条件を指定するときは、NULL の %1! を指定してください。
14506 メッセージ ID %1! に警告を設定できません。
14507 次のように、パフォーマンス条件の書式を設定してください: 'object_name counter_name instance_name comparator(> または < または =) numeric value'。
14508 @wmi_namespace と @wmi_query の両方を指定してください。
14509 @wmi_namespace を指定するときは、有効な %1! を指定してください。
14510 @wmi_namespace を指定するときは、NULL の %1! を指定してください。
14511 指定された @wmi_namespace で @wmi_query を実行できませんでした。クエリで選択されたイベント クラスがこの名前空間に存在すること、およびクエリの構文が正しいことを確認してください。
14512 @wmi_query を指定するときは、有効な %1! を指定してください。
14513 分析クエリ サブシステム
14514 分析コマンド サブシステム
14515 sysadmin サーバー ロールのメンバーだけが @owner_login_name を使用して別の所有者のジョブを追加できます。
14516 プロキシ (%1!) は、サブシステム "%2!" とユーザー "%3!" では許可されません。sp_grant_proxy_to_subsystem または sp_grant_login_to_proxy を呼び出して、権限を許可してください。

コード メッセージ
14517 Transact-SQL サブシステムではプロキシ アカウントは許可されません。
14518 プロキシ (%1!) を削除できません。少なくとも 1 つのジョブ ステップで使用されています。最初に、すべてのジョブ ステップに対してこのプロキシを変更してください。
14519 @login_name、@fixed_server_role、@msdb_role のいずれか 1 つだけを指定してください。
14520 "%1!" は有効な SQL Server 標準ログイン、Windows NT ユーザー、Windows NT グループ、または msdb データベース ロールではありません。
14521 "%1!" は有効な SQL Server 固定サーバー ロール、Windows NT ユーザー、または Windows NT グループではありません。
14522 '"%1!" は、msdb データベース、Windows NT ユーザー、または Windows NT グループの有効なロールではありません。
14523 "%1!" には、プロキシ "%2!" を使用する権限が許可されていません。
14524 %1! または %2! のいずれかを指定してください。
14525 sysadmin ロールのメンバーだけが、別のログインによって所有されているジョブを更新または削除できます。
14526 指定したカテゴリ "%1!" はカテゴリ クラス "%2!" に存在しません。
14527 ジョブ "%1!" を警告で使用することはできません。まず、sp_add_jobserver を呼び出して、このジョブをサーバーに関連付けてください。
14528 ジョブ "%1!" にはステップが定義されていません。
14529 プロキシ "%1!" は、有効な Windows ユーザーではありません。
14530 プロキシ アカウントのコンテキストでは Transact-SQL サブシステムを実行できません。
14531 プロキシへのアクセス権限は既に許可されています。現在の権限の割り当てを確認してください。
14532 %1! と %2! の両方を指定するか、どちらも指定しないでください。
14533 プロキシまたは user_domain、user_name、user_password パラメーターを使用してください。
14534 パラメーター user_domain、user_name、および user_password をすべて定義してください。
14535 user_domain、user_name、および user_password パラメーターは、レプリケーション サブシステムだけで指定できます。
14536 sysadmin ロールのメンバーだけが "%1!" パラメーターを指定できます。
14537 無効なプロキシ (proxy_id = %1!) のコンテキスト内での実行は許可されません。システム管理者にお問い合わせください。
14538 SSIS パッケージ実行サブシステム
14539 SQL Server の Standard エディションまたは Enterprise エディションだけが MSX に参加できます。
14540 Microsoft Windows NT で実行されている SQL Server だけが MSX に参加できます。
14541 MSX (%1!) のバージョンは新しいバージョンではないので、この TSX をサポートできません。MSX ではバージョン %2! 以降が必要です。
14542 マルチサーバー ジョブの TSQL ステップに NULL 以外の %1! 値を含めることはできません。
14543 ログイン '%1!' は 1 つ以上のマルチサーバー ジョブを所有しています。これらのジョブの所有権は %2! ロールのメンバーだけに割り当てることができます。
14544 このジョブは '%1!' が所有しています。マルチサーバー ジョブにすることができるのは、%2! ロールのメンバーが所有するジョブだけです。
14545 %1! パラメーターは '%2!' 型のジョブ ステップでは有効ではありません。
14546 %1! パラメーターは Windows 95/98 プラットフォームではサポートされません。
14547 警告: ジョブの %1! が %2! を使用して通知されるまで、この変更は対象サーバーによってダウンロードされません。
14548 対象サーバー '%1!' にはそのサーバーに割り当てられたジョブがありません。
14549 (説明の要求なし)
14550 コマンド ライン サブシステム
14551 レプリケーション スナップショット サブシステム
14552 レプリケーション トランザクション ログ リーダー サブシステム
14553 レプリケーション ディストリビューション サブシステム
14554 レプリケーション マージ サブシステム
14555 アクティブ スクリプティング サブシステム
14556 Transact-SQL サブシステム
14557 [内部]
14558 (暗号化されたコマンド)
14559 (出力ファイルを追加)
14560 (履歴に結果を含める)
14561 (正常)
14562 (正常終了)
14563 (異常終了)
14564 (次のステップに移動)
14565 (ステップに移動)
14566 (アイドル状態)
14567 (正常値以下)
14568 (正常値以上)
14569 (タイム クリティカル)
14570 (ジョブの結果)
14571 使用できる説明はありません。
14572 毎日のジョブでは、@freq_interval に最低 1 を指定してください。

コード メッセージ
14573 毎週のジョブでは、@freq_interval に有効な曜日のビットマスク [日曜日 = 1 .. 土曜日 = 64] を指定してください。
14574 毎月のジョブでは、@freq_interval に 1 から 31 までの値を指定してください。
14575 @freq_relative_interval には、第 1 (0x1)、第 2 (0x2)、第 3 [0x4]、第 4 (0x8) または最終 (0x10) のいずれかを指定してください。
14576 毎月のジョブでは、@freq_interval に 1 から 10 まで (1 = 日曜日 .. 7 = 土曜日、8 = 日、9 = 平日、10 = 週末) の値を指定してください。
14577 @freq_recurrence_factor には、最低 1 を指定してください。
14578 CPU の使用率が %2! 秒間に %1! パーセント以下のときに開始します。
14579 SQLServerAgent 開始時に、自動的に開始します。
14580 ジョブ
14581 レプリケーション トランザクション キュー リーダー サブシステム
14582 sysadmin だけがジョブ ステップに '@output_file_name' パラメーターを指定できます。
14583 sysadmin だけが '@database_user_name' パラメーターを指定できます。
14585 DTS パッケージ '%1!' の所有者または sysadmin ロールのメンバーだけがパッケージの所有権を再割り当てできます。
14586 DTS パッケージ '%1!' の所有者または sysadmin ロールのメンバーだけが新しいバージョンのパッケージを作成できます。
14587 DTS パッケージ '%1!' の所有者または sysadmin ロールのメンバーだけがそのパッケージまたは任意のバージョンのパッケージを削除できます。
14588 ID.VersionID =
14589 [指定なし]
14590 DTS パッケージ '%1!' は別の ID でこのカテゴリ内に既に存在します。
14591 SSIS フォルダー '%1!' は指定された親フォルダーに既に存在します。
14592 DTS カテゴリ '%1!' が複数の親カテゴリ内に見つかりました。削除するカテゴリは一意に指定してください。
14593 SSIS フォルダー '%1!' にパッケージや他のフォルダーが含まれています。最初にこれらを削除してください。
14594 DTS パッケージ
14595 DTS パッケージ '%1!' は別のカテゴリ内に存在します。パッケージは一意に指定してください。
14596 DTS パッケージ '%1!' は別のカテゴリ内に存在します。
14597 DTS パッケージ ID '%1!' は別の名前で既に存在します。
14598 カテゴリ Local、Repository、または LocalDefault DTS は削除できません。
14599 名前
14600 プロキシ "%1!" には、サブシステム "%2!" を使用する権限が許可されていません。
14601 オペレーター "%1!" は有効になっていないので、通知を受信できません。
14602 オペレーター "%1!" には電子メール アドレスが指定されていません。
14603 データベース メールが正しく構成されていません。
14604 %1! パラメーター (id と name) を両方とも NULL にはできません
14605 %1! パラメーター (id と name) が共に同じオブジェクトを指していません
14606 %1! ID は有効ではありません
14607 %1! 名は有効ではありません
14608 %1! または %2! のいずれかのパラメーターを指定してください
14609 メール データベースとユーザー データベースの関連付けが存在しないので更新できません
14610 更新には、@profile_name または @description のいずれかのパラメーターを指定してください
14611 更新では、アカウントのシーケンス番号を指定してください
14612 各プリンシパルには、既定のプロファイルが少なくとも 1 つ含まれている必要があります
14614 %1! は有効な mailserver_type ではありません
14615 @password を指定する場合は、@username パラメーターを指定してください。
14616 資格情報ストアから、新しく作成した資格情報 [%1!] を取得できません。
14617 指定されたメール ホスト データベースは無効です。
14618 パラメーター '%1!' を指定する必要があります。このパラメーターは NULL にはできません。
14619 Service Broker とデータベース メールのメッセージ交換でエラーを受信しました。データベース メールが使用できないか、エラーが発生した可能性があります。詳細については、データベース メールのエラー ログを確認してください。
14620 データベース メールへの Service Broker メッセージ交換はデータベース メールからの応答なしで終了しました。データベース メールが使用できないか、エラーが発生した可能性があります。詳細については、データベース メールのエラー ログを確認してください。
14621 パラメーター @attachmentencoding では値 "%1!" はサポートされません。添付ファイルのエンコードを "MIME" にしてください。
14622 パラメーター @importance では値 "%1!" はサポートされません。メールの重要度は、低、標準、高のいずれかにしてください。
14623 パラメーター @sensitivity では値 "%1!" はサポートされません。メールの秘密度は、標準、個人用、親展、社外秘のいずれかにしてください。
14624 次のパラメーターの少なくとも 1 つを指定してください。"%1!"。
14625 パラメーター @query に値が指定されていないときは、パラメーター @attach_query_result_as_file を 1 (true) にはできません。クエリは、その結果をアタッチするように指定してください。
14626 パラメーター @mailformat では値 "%1!" はサポートされません。メールの形式は TEXT または HTML にしてください。
14627 %2! の操作の一環としてメッセージを送信中にエラー %1! を受信しました。データベース メールが使用できないか、エラーが発生した可能性があります。詳細については、データベース メールのエラー ログを確認してください。
14628 パラメーター @attachments の形式が不適切です。ファイル名はセミコロン ";" で区切ってください。
14629 "%1!" という名前の構成パラメーターがないか、指定された値のデータ型が正しくありません。
14630 データベース メールでは、ファイル拡張子が %1! のファイルは送信できません。

コード メッセージ
14631 現在のユーザー ('%1!') は、パラメーター @execute_query_database で指定されたデータベースにアクセスする権限がないか、またはパラメーター @execute_query_as で指定されたユーザーの権限を借用できません。sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーおよび db_owner 固定データベース ロールのメンバーだけが、別のユーザーの権限を借用できます。
14632 @execute_query_as で指定されたユーザー名 %1! は無効です。そのユーザー名のユーザーはいません。
14633 @execute_query_database で指定されているデータベース名 "%1!" は無効です。その名前のデータベースは存在しません。
14634 警告: '%1!'
14635 メールがキューに登録されました。
14636 グローバル プロファイルは構成されていません。@profile_name パラメーターでプロファイル名を指定してください。
14637 アクティブ化エラー。
14638 正常にアクティブ化されました。
14639 メール キューはログイン "%1!" により開始しました。
14640 メール キューはログイン "%1!" により停止しました。
14641 メールはキューに登録されませんでした。データベース メールが停止しています。データベース メールを開始するには、sysmail_start_sp を使用してください。
14642 添付ファイルの既定のエンコード
14643 ダイアログの既定の有効期間
14644 既定の最大ファイル サイズ
14645 発信メールには拡張機能を使用できません
14646 メール サーバーへの再試行回数
14647 メール サーバーに対する各再試行の遅延間隔
14648 プロセスの秒単位の最短有効期間
14649 プロファイルをテストできません。データベース メールが停止しています。データベース メールを開始するには、sysmail_start_sp を使用してください。
14650 このデータベースでは Service Broker のメッセージ配信が有効になっていません。Service Broker のメッセージ配信を有効にするには ALTER DATABASE を使用してください。
14651 プロファイルをテストできません。このデータベースでは Service Broker のメッセージ配信が有効になっていません。Service Broker のメッセージ配信を有効にするには ALTER DATABASE を使用してください。
14652 ExternalMailQueue で受信したメッセージが無効です。conversation_handle: %1!。 message_type_name: %2!。メッセージ本文: %3!。
14653 ExternalMailQueue で受信した値 %1! は無効です。conversation_handle: %2!。 message_type_name: %3!。メッセージ本文: %4!。
14654 ExternalMailQueue で予期しないメッセージを受信しました。conversation_handle: %1!。 message_type_name: %2!。メッセージ本文: %3!。
14655 ExternalMailQueue で受信した XML メッセージ形式が無効です。conversation_handle: %1!。 message_type_name: %2!。メッセージ本文: %3!。
14657 メールはキューに登録されませんでした。ログイン %2! の 1 日あたりのメールの最大数 (%1!) を超えています。
14658 syssubsystems 設定の SQLPath を取得できませんでした。
14659 syssubsystems 設定の VerSpecificRootDir を取得できませんでした。
14660 データベース互換性レベルが低すぎます。互換性レベルを Version80 以上にしてください。
14661 クエリの実行に失敗しました: %1!
14662 メッセージ交換 %1! の mailitem_id が、sysmail_send_retries テーブルに見つかりませんでした。このメール アイテムは送信されません。
14663 メール ID %1! の再試行回数が上限値を超えました。このメール アイテムは送信されません。
14664 データベース メールのログ記録レベル: 標準 - 1、拡張 - 2 (既定)、詳細 - 3
14665 メール アイテムの削除がユーザー "%1!" により開始されました。%2! 個のアイテムが削除されました。
14666 既定の資格情報を使用している場合は、ユーザー名を指定できません
14667 メール ID %1! が sysmail_mailitems テーブルから削除されました。このメールは送信されません。
14668 プロファイル %1! を削除できませんでした。このプロファイルに関連付けられた未送信の電子メールがあります。force_delete オプションを使用して、プロファイルを強制的に削除してください。
14670 アクティブなコレクション セット '%1!' を削除できません。コレクション セットを停止してからもう一度削除してください。
14671 アクティブなコレクション セット '%2!' 内のコレクション アイテム '%1!' の名前またはパラメーターを更新できません。コレクション セットを停止してから、コレクション アイテムをもう一度更新してください。
14672 アクティブなコレクション セット '%2!' 内のコレクション アイテム '%1!' を削除できません。コレクション セットを停止してから、コレクション アイテムをもう一度削除してください。
14673 コレクターの種類 '%1!' を削除できません。このコレクターの種類に関連付けられているすべてのコレクション アイテムを削除してからもう一度削除してください。
14674 非アクティブなコレクション セット '%1!' のデータをアップロードできません。コレクション セットを開始してから、データをもう一度アップロードしてください。
14675 name、target、proxy_id、logging_level、または collection_mode を更新できないか、コレクション アイテムをアクティブなコレクション セット '%1!' に追加できません。コレクション セットを停止してからもう一度更新してください。
14676 ユーザーには '%1!' を変更する権限がありません。ユーザーはデータ コレクター ロール '%2!' のメンバーである必要があります。
14677 ユーザーにはこの操作を実行する権限がありません。ユーザーはデータ コレクター ロール '%1!' のメンバーである必要があります。
14678 ID %1! の SQL Server トレースが外部ユーザーによって停止され、閉じられました。SQL Server トレース コレクターにより、このトレースの再作成が試みられます。
14679 指定された %1! (%2!) はこのデータ ウェアハウスでは無効です。
14680 管理データ ウェアハウス データベースは、SQL Server 2008 以降のインスタンスにのみインストールできます。
14681 コレクターが無効になっているときは、このプロシージャを実行できません。コレクターを有効にしてから再試行してください。
14682 コレクション セットの状態は変更されましたが、コレクション セットはコレクターが有効になるまで開始または停止されません。
14683 キャッシュ モードのコレクション セットにはスケジュールが必要です。
14684 エラー %1! が発生しました。レベル: %2!、状態: %3!、プロシージャ: %4!、行: %5!、メッセージ: %6!
14685 コレクション セット '%1!' にはコレクション アイテムが含まれていないため、コレクション セットを開始しても効果はありません。
14686 構成ストアの MDWInstance パラメーターおよび MDWDatabase パラメーターを NULL にすることはできません。
14687 @cache_window パラメーターの値 (%1!) が無効です。許可されている値: -1 (以前のアップロード エラーのすべてのアップロード データをキャッシュする)、0 (アップロード データをキャッシュしない)、N (N 個のアップロード エラーのデータをキャッシュする。N は 1 以上)
14688 SQL Server エージェントが停止しているときにコレクション セットを開始することはできません。SQL Server エージェントを開始してください。

コード メッセージ
14689 管理データ ウェアハウスが構成されていないと、コレクション セットを開始できません。instmdw.sql スクリプトを実行して、管理データ ウェアハウスを作成および構成してください。
14690 コレクターが有効になっているときは、このプロシージャを実行できません。コレクターを無効にしてから再試行してください。
14691 通常、コレクターの状態が NULL になることはありません。NULL になった場合は、コレクションの構成データが内部で破損している可能性があります。
14692 コレクション セット '%1!' を開始するための特権が不足しています。SQL Server エージェント プロキシを使用せずにコレクション セットを開始できるのは、'sysadmin' 固定サーバー ロールのメンバーだけです。再試行する前に、SQL Server エージェント プロキシをコレクション セットにアタッチしてください。
14693 スケジュールを指定せずにコレクション セットを開始することはできません。コレクション セットにスケジュールを指定してください。
14694 非キャッシュ モードのコレクション セット '%1!' のデータを要求時にアップロードすることはできません。
14695 キャッシュ モードのコレクション セット '%1!' のデータを要求時に収集することはできません。
14696 システム コレクション セットを更新または削除したり、システム コレクション セットに新しいコレクション アイテムを追加したりすることはできません。
14697 プラン表示を XML に変換できません。行 %2! のエラー #%1!: %3!
14698 PowerShell サブシステム
14700 すべてのデータベースのディスクおよびログの使用量に関するデータを収集します。
14701 ディスク使用量
14702 ディスク使用量 - データ ファイル
14703 ディスク使用量 - ログ ファイル
14704 コンピューターとデータベース エンジンの最上位レベルのパフォーマンス指標を収集します。リソースの使用、リソースのボトルネック、およびデータベース エンジンの利用状況の分析を有効にします。
14705 サーバーの利用状況
14706 サーバーの利用状況 - DMV スナップショット
14707 サーバーの利用状況 - パフォーマンス カウンター
14708 パフォーマンスに影響するステートメントの多くのクエリ統計、T-SQL テキスト、およびクエリ プランを収集します。SQL Server データベース エンジン全体の利用状況に対してパフォーマンスの低いクエリの分析を有効にします。
14709 クエリ統計
14710 クエリ統計 - クエリの利用状況
14711 SQL Dumper 構成への変更は、コレクション セットを再起動するときに有効になります。即時ダンプを実行するには、dtutil /dump オプションを使用します。
14712 dbo または dc_admin のメンバーのみが instmdw.sql をインストールまたはアップグレードできます。十分な権限を持つ管理者にこの操作の実行を依頼してください。
14713 管理データ ウェアハウスは、SQL Server Express Edition にインストールできません。
14714 新しいバージョン '%1!' の管理データ ウェアハウスを古いバージョン '%2!' にアップグレードしようとしています。アップグレードが中止されました。
14715 SQL Server ユーティリティで管理されている SQL Server のインスタンスに関するデータを収集します。
14716 ユーティリティ情報
14718 ユーティリティ情報 - マネージ インスタンス