読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

SQLServerのエラーコード15001〜16000

SQLServer
スポンサーリンク

SQLServerのエラーコード15001〜16000までです。

コード メッセージ
15001 オブジェクト '%1!' は存在しないか、この操作で有効なオブジェクトではありません。
15002 プロシージャ '%1!' はトランザクション内では実行できません。
15003 %1! ロールのメンバーだけがこのストアド プロシージャを実行できます。
15004 名前は NULL にはできません。
15005 全テーブルの統計が更新されました。
15006 '%1!' は無効な文字を含んでいるので、有効な名前ではありません。
15007 '%1!' は有効なログインではないか、権限がありません。
15008 ユーザー '%1!' は現在のデータベースに存在しません。
15009 オブジェクト '%1!' がデータベース '%2!' に存在しないか、この操作では無効です。
15010 データベース '%1!' は存在しません。有効なデータベース名を入力してください。使用できるデータベースを確認するには、sys.databases を使用してください。
15011 データベース オプション '%1!' は存在しません。有効なデータベース オプションを指定してください。
15012 デバイス '%1!' は存在しません。使用できるデバイスを表示するには、sys.backup_devices を使用してください。
15013 テーブル '%1!': 統計のない列は見つかりませんでした。
15014 ロール '%1!' は現在のデータベースには存在しません。
15015 サーバー '%1!' は存在しません。sp_helpserver を使用して、使用できるサーバーを表示してください。
15016 既定の '%1!' は存在しません。
15017 ルール '%1!' は存在しません。
15018 テーブル '%1!': 次の列の統計を作成しています:
15019 拡張ストアド プロシージャ '%1!' は存在しません。
15020 統計が、上記のテーブルの一覧に記載された %1! 個の列に対して作成されました。
15021 パラメーター %1! に指定された値は無効です。有効なパラメーター値を指定してください。
15022 指定したユーザー名には既に別名があります。
15023 ユーザー、グループ、またはロール '%1!' は現在のデータベースに既に存在します。
15025 サーバー プリンシパル '%1!' は既に存在します。
15026 論理デバイス '%1!' は既に存在します。
15028 サーバー '%1!' は既に存在します。
15032 データベース '%1!' は既に存在します。一意なデータベース名を使用してください。
15033 '%1!' は有効な公式言語名ではありません。
15034 アプリケーション ロールのパスワードを NULL にはできません。
15036 データ型 '%1!' が存在しないか、権限がありません。
15040 ユーザー定義エラー メッセージの ID は 50000 より大きい値で指定してください。
15041 ユーザー定義エラー メッセージの重大度は 1 〜 25 で指定してください。
15042 us_english 版ではないメッセージでは @with_log パラメーターは無視されます。
15043 既存のメッセージに上書きする場合は 'REPLACE' を指定してください。
15044 種類 "%1!" は不明なバックアップ デバイスの種類です。種類には "disk" または "tape" を使用してください。
15045 論理名は NULL にはできません。
15046 物理名は NULL にはできません。
15048 データベース互換性レベルの有効な値は %1!、%2!、または %3! です。
15049 '%1!' からバインド解除できません。ALTER TABLE DROP CONSTRAINT を使用してください。
15050 デフォルト '%1!' をバインドできません。CREATE DEFAULT ステートメントを使用して、デフォルトを作成してください。
15051 テーブルがレプリケーションでパブリッシュされているので、名前を変更できません。
15053 データベース所有者が所有していないオブジェクトが存在します。
15054 現在の互換性レベルは %1! です。
15056 データベース "%1!" に問題があることを示すフラグは既にリセットされています。
15057 %1! 名のリストにスペースが含まれていますが、スペースは許可されません。
15058 %1! のリストに含まれる名前が少なすぎます。
15059 %1! のリストに含まれる名前が多すぎます。
15060 %1! 名のリストに、アルファベット以外の文字が '%2!' 文字含まれた名前が存在します。
15061 デバイスの追加要求が拒否されました。物理デバイス名 "%1!" は既に存在します。1 つの物理デバイス名を参照できるバックアップ デバイスは 1 つだけです。
15062 guest ユーザーをログイン名にマップすることはできません。
15063 ログインは別のユーザー名でアカウントがあります。
15065 すべてのユーザー ID が割り当てられました。

コード メッセージ
15066 リモート サーバー'%1!' からリモート ログインへの既定名マッピングは既に存在します。
15068 リモート サーバー'%2!' のリモート ユーザー'%1!' は既に存在します。
15069 1 人以上のユーザーがデータベースを使用しています。要求した操作を完了できません。
15070 オブジェクト '%1!' には再コンパイルが正しく設定されました。
15071 使用法: sp_addmessage ,, [, [,FALSE TRUE [,REPLACE]]]
15072 使用法: sp_addremotelogin remoteserver [,loginame [,remotename]]
15074 警告: このデータベースにアクセスする前に復旧してください。
15076 デフォルト、テーブルおよびユーザー データ型は現在のデータベースに存在する必要があります。
15077 ルール、テーブルおよびユーザー データ型は現在のデータベースに存在する必要があります。
15078 テーブルまたはビューは現在のデータベースに存在する必要があります。
15079 処理されたクエリ数: %1!。
15080 Windows ログインにはパラメーター %1! を使用できません。
15081 Public ロールのメンバーシップは変更できません。
15083 物理データ型 '%1!' は照合順序を受け入れません
15084 列またはユーザー データ型は現在のデータベースに存在する必要があります。
15085 使用法: sp_addtype name, 'data type' [,'NULL' 'NOT NULL']
15096 オブジェクト '%1!' が見つからなかったか、必要な権限がありません。または、そのオブジェクトは拡張プロパティの追加では有効ではありません。
15097 拡張プロパティに関連付けられたサイズは 7,500 バイトより大きくできません。
15098 新しい名前の SID がプリンシパルの古い SID と一致しないので、名前を変更できません。
15099 CHECK_EXPIRATION が OFF のときは、MUST_CHANGE オプションは使用できません。
15100 使用法: sp_bindefault defaultname, objectname [, 'futureonly']
15101 計算列、スパース列、またはデータ型が timestamp、varchar(max)、nvarchar(max)、varbinary(max)、xml、CLR 型の列にはデフォルトをバインドできません。
15102 ID 列にはデフォルトをバインドできません。
15103 既定値を含む列または既定値が変更された列にはデフォルトをバインドできません。
15104 '%2!' という名前の列を含む、'%1!' という名前のテーブルを所有していません。
15106 使用法: sp_bindrule rulename, objectname [, 'futureonly']
15107 計算列、スパース列、またはデータ型が text、ntext、image、timestamp、varchar(max)、nvarchar(max)、varbinary(max)、xml、ユーザー定義型の列にはルールをバインドできません。
15108 varchar(max)、nvarchar(max)、または varbinary(max) データ型では、sp_addtype を使用してユーザー定義データ型を定義することはできません。この場合は、CREATE TYPE を使用してください。
15109 master、model、tempdb、またはディストリビューション データベースの所有者は変更できません。
15110 指定された新規データベース所有者は、既にそのデータベースのユーザーであるか、別名があります。
15112 テーブル オプション 'text in row' の 3 番目のパラメーターが無効です。'on'、'off'、'0'、または 24 〜 7000 の数値を指定してください。
15113 ログインの失敗が許容回数を超えました。パスワード推測攻撃の防止のため、アカウントは一時的にロックアウトされました。システム管理者は、ALTER LOGIN の UNLOCK 句を使用することで、このログインのロックを解除できます。
15114 パスワードの検証に失敗しました。このユーザーのパスワードは最近変更したばかりです。
15115 パスワードの検証に失敗しました。この時点では、このパスワードは使用できません。
15116 パスワードの検証に失敗しました。パスワードの文字数が不足していて、Windows のポリシーで指定された強力なパスワードの基準を満たしていません。
15117 パスワードの検証に失敗しました。パスワードの文字数が長すぎ、Windows のポリシーで指定された基準を満たしていません。
15118 パスワードの検証に失敗しました。このパスワードは Windows のポリシーで指定された強力なパスワードの基準を満たすほど複雑ではありません。
15119 パスワードの検証に失敗しました。このパスワードは、パスワード フィルター DLL の要件を満たしていません。
15120 パスワードの検証で、予期しないエラーが発生しました。
15121 %1! の実行中にエラーが発生しました。'%2!' への呼び出しがエラー コード '%3!' で失敗しました。
15122 CHECK_POLICY が OFF のときは、CHECK_EXPIRATION オプションは使用できません。
15123 構成オプション '%1!' が存在しないか、詳細構成オプションの可能性があります。
15124 構成オプション '%1!' は一意ではありません。
15125 トリガー '%1!' は '%2!' のトリガーではありません。
15127 既定言語を syslanguages で定義されていない言語 ID に設定することはできません。
15128 MUST_CHANGE が ON のときは、CHECK_POLICY オプションと CHECK_EXPIRATION オプションは OFF にできません。
15129 '%1!' は構成オプション '%2!' の有効な値ではありません。
15130 '%2!' の '%1!' トリガーは既に存在します。
15131 使用法: sp_dbremove [,dropdev]
15133 INSTEAD OF トリガー '%1!' を順序に関連付けることはできません。
15134 指定されたユーザーの別名は存在しません。
15135 オブジェクトが無効です。拡張プロパティが '%1!' で許可されていないか、オブジェクトが存在しません。
15136 データベース プリンシパルは、1 つ以上のプロシージャ、関数、またはイベント通知の実行コンテキストとして設定されているので、削除できません。
15137 sp_xp_cmdshell_proxy_account の実行中にエラーが発生しました。考えられる理由: 指定したアカウントが無効だったか、'%1!' 資格情報を作成できませんでした。エラー コード: '%2!'。
15138 データベース プリンシパルは、データベースの %1! を所有しているので、削除できません。
15141 サーバー プリンシパルは %1! を 1 つ以上所有しているので、削除できません。

コード メッセージ
15143 '%1!' は @updateusage パラメーターの有効なオプションではありません。'true' または 'false' のいずれかを指定してください。
15144 ロールにはメンバーが含まれています。空にしてから削除してください。
15145 暗黙の %1! の作成に失敗しました。理由: %2! が削除されたか、名前が既に使用されている可能性があります。
15146 この %1! の秘密キーを暗号化するには、暗号化用パスワードを指定する必要があります。
15147 この %1! の秘密キーはマスター キーで暗号化されているので、暗号化解除用パスワードを指定する必要はありません。
15148 データ型またはテーブル列 '%1!' が存在しないか、権限がありません。
15149 プリンシパルが存在しないか、特権が不足しています。
15150 %2! '%3!' を %1! できません。
15151 %2! '%3!' を %1! できません。存在しないか、権限がありません。
15152 ユーザー インスタンスを更新できません。理由: %1!。エラー コード: 0x%2!
15153 xp_cmdshell プロキシ アカウント情報を取得できないか、または無効です。'%1!' 資格情報が存在していること、および有効な情報が含まれていることを確認してください。
15154 データベース プリンシパルは %1! を所有しているので、削除できません。
15155 サーバー プリンシパルは %1! を所有しているので、削除できません。
15156 指定したパスワードが長すぎます。パスワードは %1! 文字以下で指定してください。
15157 次のいずれかの理由により、Setuser は失敗しました。データベース プリンシパル '%1!' が存在しないか、対応するサーバー プリンシパルにサーバー アクセス権がないか、この種類のデータベース プリンシパルで権限を借用できないか、ユーザーに権限がありません。
15158 セキュリティを初期化できません。
15159 権限借用の入れ子レベルが最大値を超えました (制限 %1!)。
15160 プライマリ以外の権限借用コンテキストの権限借用トークン、または Windows ユーザー以外の権限借用トークンは発行できません。
15161 アプリケーション ロール '%1!' を設定できません。このアプリケーション ロールが存在しないか、パスワードが間違っています。
15162 権限借用トークンを作成中に予期しないエラーが発生しました。
15163 タイムアウト値が無効です。有効なタイムアウト値は 1 秒から 7200 秒までです。
15164 '%1!' は有効なログインではないか、権限借用トークンを発行できません。
15165 オブジェクト '%1!' が見つからなかったか、権限がありません。
15166 警告: sp_addtype を使用して作成されたユーザー型が dbo スキーマに含まれています。@owner パラメーターが指定されている場合は無視されます。
15167 GUID を生成できません。
15168 ビュー '%1!' およびビューの列やインデックスの名前を変更できません。このビューは最適化のために作成されたシステム生成のビューです。
15169 サーバー オプション "%1!" は、このエディションの SQL Server では使用できません。
15170 このログインは %1! 個のジョブの所有者です。ログインを削除する前に、これらのジョブを削除するか、再割り当てしてください。
15171 証明書または非対称キー ログインにはパラメーター "%1!" を使用できません。
15172 FallBack 証明書は、シングル ユーザー モードで master データベースに対して作成または削除を行ってください。
15173 ログイン '%1!' 1 つ以上の権限が許可されています。権限を取り消してからログインを削除してください。
15174 ログイン '%1!' は 1 つ以上のデータベースを所有しています。データベースの所有者を変更してからログインを削除してください。
15175 ログイン '%1!' には、1 つ以上のデータベースに別名が設定されているか、それらのデータベースのユーザーにマップされています。ユーザーまたは別名を削除してからこのログインを削除してください。
15176 @parameter の有効な値は 'WITH_LOG' だけです。
15177 使用法: sp_dropmessage [, 'ALL']
15178 ID が 50,000 未満のメッセージは削除できません。
15179 メッセージ番号 %1! または指定された言語バージョンが存在しません。
15182 master または tempdb の guest ユーザーへのアクセスを無効にできません。
15183 データベース プリンシパルはデータベースのオブジェクトを所有しているので、削除できません。
15184 データベース プリンシパルはデータベースのデータ型を所有しているので、削除できません。
15185 リモート サーバー '%3!' からローカル ユーザー '%2!' にマップされたリモート ユーザー '%1!' が存在しません。
15186 サーバー プリンシパルは、トリガーまたはイベント通知の実行コンテキストとして設定されているので、削除できません。
15187 %1! は、1 つ以上の %2! で使用されているので、削除できません。
15188 一部でもセキュリティ列を含まないインデックスは作成できません。
15189 1 つのテーブルに複数のセキュリティ列を含めることはできません。
15190 サーバー '%1!' のリモート ログインまたはリンク ログインがまだ存在しています。
15192 テーブルのセキュリティ列を変更または削除できません。
15195 このバージョンの Microsoft Windows では、MUST_CHANGE オプションはサポートされません。
15196 現在のセキュリティ コンテキストは元に戻せません。"Revert" ステートメントは失敗しました。
15197 オブジェクト '%1!' のテキストは存在しません。
15198 指定された名前 (%1!) はユーザー、ロール、またはログインの別名ではありません。
15199 現在のセキュリティ コンテキストは元に戻せません。'%1!' の呼び出し元のデータベースに切り替えて、再試行してください。
15200 定義されたリモート サーバーはありません。
15201 リモート サーバー '%1!' のリモート ログインはありません。
15202 定義されたリモート ログインはありません。
15203 '%1!' のリモート ログインはありません。

コード メッセージ
15204 リモート サーバー '%2!' には '%1!' のリモート ログインがありません。
15205 定義されたサーバーはありません。
15206 無効なリモート サーバー オプション: '%1!'。
15207 リモート ログインのマッピングの信頼関係オプションはサポートされなくなりました。
15208 証明書、非対称キー、または秘密キーのファイルが存在しないか、無効な形式です。
15209 暗号化中にエラーが発生しました。
15212 証明書のサブジェクトが無効です。証明書のサブジェクトは 1 文字から %1! 文字までの範囲で指定してください。
15213 警告: 作成した証明書の有効期間が無効です。証明書の失効日が開始日より前に設定されています。
15214 警告: 作成した証明書の有効期限が切れています。
15215 警告: 作成した証明書はまだ有効ではありません。証明書の開始日は現在より後の日付です。
15216 '%1!' は @delfile パラメーターの有効なオプションではありません。
15217 プロパティを更新または削除できません。'%2!' のプロパティ '%1!' が存在しません。
15218 オブジェクト '%1!' はテーブルではありません。
15219 インデックス付きビューの所有者を変更できません。
15222 リモート ログイン オプション '%1!' が一意ではありません。
15223 エラー: 入力パラメーター '%1!' を NULL にすることはできません。
15224 エラー: @newname パラメーターの値に無効な文字が含まれているか、基本的な制限 (%1!) に違反しています。
15225 '%1!' の名前による項目が現在のデータベース '%2!' に見つかりませんでした。@itemtype は '%3!' として入力されました。
15226 XML データ型から CLR 型を作成できません。
15227 データベース '%1!' の名前を変更できません。
15229 ストアド プロシージャ sp_db_vardecimal_storage_format の "%1!" パラメーターに指定された引数が無効です。有効な引数は 'ON' または 'OFF' です。
15230 ユーザー インスタンスの起動中にエラーが発生しました。エラー コード: %1!。
15231 ストアド プロシージャ '%2!' の '%1!' パラメーターに指定された引数が無効です。有効な引数は 'ON'、'OFF'、'TRUE'、および 'FALSE' です。
15232 名前 '%1!' の証明書が既に存在するか、この証明書が既にデータベースに追加されています。
15233 プロパティを追加できません。'%2!' のプロパティ '%1!' は既に存在します。
15234 この型のオブジェクトに割り当てる領域がありません。
15236 列 '%1!' にはデフォルトがありません。
15237 ユーザー データ型 '%1!' にはデフォルトはありません。
15238 列 '%1!' にはルールがありません。
15239 ユーザー データ型 '%1!' にはルールはありません。
15240 ファイル '%1!' に書き込めません。書き込み権限があること、ファイル パスが有効であること、およびファイルが存在していないことを確認してください。
15241 使用法: sp_dboption [dbname [,optname [,'true' 'false']]]
15242 データベース オプション '%1!' は一意ではありません。
15243 master データベースのオプション '%1!' は変更できません。
15244 sysadmin ロールのメンバーまたはデータベース所有者だけがデータベース オプションを設定できます。
15246 証明書 '%1!' の秘密キーをダンプできません。秘密キーが見つかりません。
15247 ユーザーにはこの操作を実行する権限がありません。
15248 パラメーター @objname があいまいか、要求した @objtype (%1!) が間違っています。
15249 エラー: 明示的な @objtype '%1!' は認識されません。
15250 オブジェクト修飾子の一部になるデータベース名には、現在のデータベースを指定してください。
15251 指定された '%1!' が無効です。%2! を指定してください。
15252 主キーまたは外部キー テーブル名を指定してください。
15253 SQL 識別子 '%1!' の解析中に構文エラーが発生しました。
15254 データベース所有者または guest 以外のユーザーがデータベースに存在します。データベースを削除する前にユーザーを削除してください。
15255 '%1!' は @autofix の有効な値ではありません。有効な値は 'auto' だけです。
15256 使用法: sp_certify_removable [,'auto']
15257 証明しようとしているデータベースを同時に使用することはできません。
15258 削除する前に、データベースの所有者を sysadmin ロールのメンバーにしてください。
15259 DEFAULT_SCHEMA 句は、証明書や非対称のキーにマップされた Windows グループまたはプリンシパルでは使用できません。
15260 セキュリティ記述子文字列 '%1!' の形式が無効です。
15261 使用法: sp_create_removable ,,,,,,,,, [,,,...,,]
15262 入力されたファイル サイズが無効です。すべてのファイルは最低 1 MB 必要です。
15263 アカウント参照操作では、セキュリティ記述子文字列 '%1!' の SID が見つかりませんでした。
15264 データベースの '%1!' 部分を作成できませんでした。
15265 セキュリティ記述子の文字列 '%1!' の処理で、予期しないエラーが発生しました。
15266 データベース '%1!' をリムーバブルにできません。

コード メッセージ
15267 名前 '%1!' のセキュリティ記述子は既に存在します。
15268 認証モードは %1! です。
15269 論理データ デバイス '%1!' は作成されませんでした。
15271 @with_log パラメーター値が無効です。有効な値は 'true' または 'false' です。
15272 %1! '%2!' は信頼されていないので実行されません。
15273 暗号化解除キーが正しくありません。
15274 現在のセキュリティ コンテキストは信頼されていないので、リモート サーバーへのアクセスが拒否されました。
15276 システム データベースにマスター キーのパスワードを提供することはできません。
15277 @parameter_value の有効な値は 'true' または 'false' だけです。
15278 ログイン '%1!' はデータベース '%3!' のユーザー '%2!' に既にマップされています。
15279 このメッセージの us_english 版を追加してから、'%1!' 版を追加できます。
15280 このメッセージのすべてのローカライズ版を削除してから、us_english 版を削除してください。
15281 SQL Server によって、コンポーネント '%3!' の %1! '%2!' に対するアクセスがブロックされました。サーバーのセキュリティ構成で、このモジュールが OFF に設定されているためです。システム管理者は sp_configure を使用して、'%4!' の使用を有効にできます。'%5!' を有効にする手順の詳細については、SQL Server オンライン ブックの「セキュリティ構成」を参照してください。
15282 名前 '%1!' のキーまたはユーザー定義の一意識別子が既に存在するか、作成する権限がありません。
15283 名前 '%1!' に含まれる文字数が多すぎます。
15284 データベース プリンシパルはデータベース内のオブジェクトへの権限の許可や拒否を行うので、削除できません。
15285 特殊な単語 '%1!' は論理デバイス名には使用できません。
15286 このプロシージャを終了しています。@action '%1!' は認識できません。'REPORT'、'UPDATE_ONE'、または 'AUTO_FIX' を試してください。
15287 このプロシージャを終了しています。'%1!' はこのプロシージャのログイン名パラメーターでは禁止されている値です。
15288 キーの暗号化解除に使用する暗号化解除機能を 1 つ指定してください。
15289 このプロシージャを終了しています。プロシージャが実行されるときに、開かれたトランザクションが存在してはいけません。
15291 このプロシージャを終了しています。%1! 名 '%2!' が指定されていないか、間違っています。
15292 ユーザー '%1!' の行は、既存のログインにリンクされたログインを更新することによって解決されます。
15293 競合する場合を除いて、ユーザー '%1!' の行は、新しいログインへのリンクを更新することで解決されます。
15294 新しいログインを追加して、ユーザーを更新することにより解決された不明なユーザー数は %1! でした。
15295 ユーザーを更新することにより解決された不明なユーザー数は %1! でした。
15296 一般的な暗号化エラー。
15297 証明書、非対称キー、または秘密キーのデータが無効です。
15299 公開キーの署名が無効です。
15300 認識できる文字が汎用権限型 (%1!) のパラメーター値に含まれていません。有効な文字は、次の文字セットにあります: %2!。
15301 照合順序 '%1!' は Unicode データ型だけでサポートされます。データベース レベルやサーバー レベルでは設定できません。
15302 このプロシージャへのパラメーターでは、owner.object を修飾するために Database_Name を使用できません。
15303 "user options" 構成値 (%1!) は、互換性のないオプションに設定されたので拒否されました。
15304 このメッセージの '%1!' 版の重大度レベルは、us_english 版の重大度レベル (%2!) と同じでなければなりません。
15305 @TriggerType パラメーターの値には 'insert'、'update'、または 'delete' を指定してください。
15306 レプリケートされたデータベースまたは分散されたデータベースの互換性レベルは変更できません。
15307 サーバーにはレプリケーションがセットアップされていないので、マージ パブリッシュ オプションを変更できませんでした。
15309 model データベースまたは tempdb データベースの信頼状態を変更できません。
15310 スタートアップ時にユーザー インスタンスを構成できませんでした。サーバーのメタデータを更新中にエラーが発生しました。
15311 '%1!' という名前のファイルは存在しません。
15312 '%1!' という名前のファイルはプライマリ ファイルです。削除できません。
15313 キーは、指定された暗号化解除機能で対応できるように暗号化されていません。
15314 アルゴリズムが指定されなかったか、キーに指定されたビット長とアルゴリズムがこの Windows のインストールでは使用できません。
15315 キー '%1!' は開かれていません。キーを使用する前に開いてください。
15316 グローバル一時キーは許可されません。ローカル一時キーだけが使用できます。
15317 マスター キー ファイルが存在しないか、無効な形式です。
15318 デバイス '%2!' 上のデータベース '%1!' のすべてのフラグメントはログだけに使用されるようになりました。
15319 エラー: データベース '%1!' (デバイス '%2!') の DBCC DBREPAIR REMAP が失敗しました。
15320 古いマスター キーで暗号化された %1! '%2!' の暗号化解除中にエラーが発生しました。FORCE オプションを使用してこのエラーを無視し、操作を続行できますが、古いマスター キーで暗号化解除できないデータは使用できなくなります。
15321 sys.master_files から '%1!' を削除しているときに問題が発生しました。
15322 ファイル '%1!' は tempdb から削除されましたが、実際にはサーバーの再起動時に削除されます。
15323 選択したインデックスはテーブル '%1!' に存在しません。
15324 オプション %1! は '%2!' データベースでは変更できません。
15325 現在のデータベースには '%2!' という名前の %1! は含まれません。
15326 拡張ストアド プロシージャは存在しません。
15327 データベースがオフラインになりました。

コード メッセージ
15328 データベースは既にオフラインです。
15329 現在のマスター キーを暗号化解除できません。これがデータベースのマスター キーである場合は、暗号化解除を実行する前に、セッションでこのマスター キーを開く必要があります。FORCE オプションを使用すると、このエラーを無視して操作を続行することもできますが、古いマスター キーで暗号化されたデータは失われます。
15330 レポートする一致した行が存在しません。
15331 SID が重複しているので、ユーザー '%1!' は auto_fix 操作を実行できません。
15332 このファイルの秘密キーは既に設定されています。変更するには、証明書をいったん削除して再作成してください。
15333 エラー: 修飾された @oldname によって、現在のデータベース以外のデータベース (%1!) が参照されます。
15334 %1! には、ユーザー定義のパスワードで保護された秘密キーがあります。秘密キーを使用するには、そのパスワードを指定する必要があります。
15335 エラー: 新しい名前 '%1!' は、%2! の名前として既に使用中です。名前の重複は許可されません。
15336 オブジェクト '%1!' の名前を変更できません。オブジェクトは設定された依存関係に含まれています。
15337 注意: sys.sql_dependencies を使用して、このオブジェクトを古い名前で参照しているビューやプロシージャなどの他のオブジェクトを表示します。このようなオブジェクトは無効になるので、すぐに削除し、再作成してください。
15339 '%1!' を作成しています。
15342 %1! '%2!' に提供された秘密キーはありません。
15343 渡されたユーザー名またはパスワード、あるいはその両方が無効です。または、必要な特権が現在のプロセスにありません。
15344 %1! の所有権の変更はサポートされません。
15345 ロール、グループ、または証明書や非対称キーにマップされるプリンシパルでは、型 %1! のエンティティを所有することはできません。
15346 親オブジェクトが所有するオブジェクトの所有者を変更できません。代わりに親オブジェクトの所有者を変更してください。
15347 親オブジェクトが所有するオブジェクトは転送できません。
15348 スキーマ バインド オブジェクトを転送できません。
15349 MS が提供したオブジェクトを転送できません。
15350 ファイル %1! の自動的に名前が付けられたデータベースをアタッチできませんでした。同じ名前のデータベースが既に存在するか、指定されたファイルを開けないか、UNC 共有に配置されています。
15351 署名されている CLR プロシージャ、関数、型のいずれかが、厳密名またはアセンブリで署名されていないアセンブリを参照しています。
15352 %1! は、1 つ以上のエンティティの署名または暗号化に使用されているので、削除できません。
15353 ロール、グループ、アプリケーション ロール、または証明書や非対称キーにマップされるプリンシパルでは、型 %1! のエンティティを所有することはできません。
15354 使用法: sp_detach_db , [TRUE FALSE], [TRUE FALSE]
15356 現在のアプリケーション ロールが削除されました。現在のセキュリティ コンテキストには有効なデータベース ユーザー コンテキストが含まれていません。
15357 現在のセキュリティ コンテキストは "%1!" によって設定されました。ステートメント "%2!" では元に戻せません。
15358 ユーザー定義ファイル グループは読み取り専用にしてください。
15359 機能単位 '%1!' をコンポーネント '%2!' に追加できません。この単位はコンポーネントに既に登録されています。
15360 LSA からエージェント プロキシ アカウントを読み取るために xpstar dll を読み込み中に、エラーが発生しました。
15361 LSA から SQLAgent プロキシ アカウント資格情報を読み取り中にエラーが発生しました。
15362 '%1!' 資格情報を作成中にエラーが発生しました。
15364 SQL Server のユーザー インスタンスを生成できませんでした。統合接続だけがユーザー インスタンスを生成できます。接続は閉じられます。%1!
15365 SQL Server のユーザー インスタンスを生成できませんでした。Builtin\Users のメンバーだけがユーザー インスタンスを生成できます。接続は閉じられます。%1!
15366 メモリ不足により、SQL Server のユーザー インスタンスを生成できませんでした。接続は閉じられます。%1!
15367 一意なユーザー インスタンス名生成中のエラーにより、SQL Server のユーザー インスタンスを生成できませんでした。接続は閉じられます。%1!
15368 レジストリ キー読み取り中のエラーにより、SQL Server のユーザー インスタンスを生成できませんでした。接続は閉じられます。%1!
15369 クライアントの権限借用中のエラーにより、SQL Server のユーザー インスタンスを生成できませんでした。接続は閉じられます。%1!
15370 データベース ファイルコピー中のエラーにより、SQL Server のユーザー インスタンスを生成できませんでした。接続は閉じられます。%1!
15371 ユーザー インスタンス イベント作成中のエラーにより、SQL Server のユーザー インスタンスを生成できませんでした。接続は閉じられます。%1!
15372 ユーザー インスタンスのプロセスを起動中のエラーにより、SQL Server のユーザー インスタンスを生成できませんでした。接続は閉じられます。%1!
15373 ユーザー インスタンスのプロセス情報取得中のエラーにより、SQL Server のユーザー インスタンスを生成できませんでした。接続は閉じられます。%1!
15374 ユーザー インスタンス情報をシステム カタログに保存中のエラーにより、SQL Server のユーザー インスタンスを生成できませんでした。接続は閉じられます。%1!
15375 ユーザー インスタンスへの接続中のエラーにより、SQL Server のユーザー インスタンスを生成できませんでした。接続は閉じられます。%1!
15376 SQL Server のユーザー インスタンスを生成できませんでした。SQL Server Express バージョンを使用している場合だけ、ユーザーがユーザー インスタンスを生成できます。接続は閉じられます。%1!
15377 スタートアップ時にユーザー インスタンスを構成できませんでした。ユーザーを sysadmin ロールに追加中にエラーが発生しました。
15378 スタートアップ時にユーザー インスタンスを構成できませんでした。MASTER DB 内のシステム データベース エントリを構成中にエラーが発生しました。
15380 スタートアップ時にユーザー インスタンスを構成できませんでした。MASTER DB 内のシステム データベース パスを構成中にエラーが発生しました。
15381 ユーザー インスタンスのプロセスでセキュリティ記述子を更新中のエラーにより、SQL Server のユーザー インスタンスを生成できませんでした。
15382 ユーザーのローカル アプリケーション データ パス取得中のエラーにより、SQL Server のユーザー インスタンスを生成できませんでした。対象のユーザーのローカル ユーザー プロファイルがコンピューターに存在することを確認してください。接続は閉じられます。%1!
15383 SQL Server でのユーザー インスタンスの生成は無効です。sp_configure 'user instances enabled' を使用して、ユーザー インスタンスを生成してください。%1!
15384 スタートアップ時にユーザー インスタンスを構成できませんでした。リソース マネージャー ID の更新中にエラーが発生しました。
15385 sid '%1!' に定義されたデータベース プリンシパルはありません。
15386 セッションの別のバッチがセキュリティ コンテキストを変更しているので、新しいバッチを開始できません。
15387 修飾されたオブジェクト名がデータベースを指定している場合は、そのデータベースは現在のデータベースにしてください。
15388 現在のデータベースに入力名 '%1!' と一致するユーザー テーブルがないか、テーブルにアクセスする権限がありません。
15389 sp_indexoption は XML インデックスまたは空間インデックスではサポートされません。代わりに ALTER INDEX を使用してください。

コード メッセージ
15390 入力名 '%1!' に一致するユーザー テーブルまたはインデックス付きビューが現在のデータベースに存在しません。
15391 sp_indexoption は XML インデックスではサポートされません。テーブルに XML インデックスが含まれます。代わりに ALTER INDEX を使用して、インデックスに ALL オプションを設定してください。
15392 指定したオプション '%1!' はこのエディションの SQL Server ではサポートされないので、sp_configure を使用して変更できません。
15393 古いマスター キーで暗号化されたリンク ログイン '%1!' のパスワードの暗号化解除中にエラーが発生しました。FORCE オプションを使用すると、このエラーを無視して操作を続行することもできますが、古いマスター キーで暗号化されたデータは失われます。
15394 照合順序 '%1!' はオペレーティング システムではサポートされません
15395 修飾された古い名前が項目型 '%1!' に見つかりませんでした。
15396 名前 '%1!' の非対称キーが既に存在するか、この非対称キーが既にデータベースに追加されています。
15397 %1! はパスワードによって保護されていません。暗号化解除用パスワードはこの操作には使用できません。
15398 スタートアップの設定を保持できる DBO が所有する master データベースのオブジェクトだけが変更されました。
15399 スタートアップ オプションを変更できませんでした。このオプションは、パラメーターのないオブジェクトに限定されています。
15401 Windows NT ユーザーまたはグループ '%1!' が見つかりませんでした。名前を再確認してください。
15402 '%1!' は固定サーバー ロールではありません。
15403 サーバー プリンシパル "%1!" が存在しないか、サーバーにアクセスできないか、権限がありません。
15404 Windows NT グループまたはユーザー '%1!' に関する情報を取得できませんでした。エラー コード %2!。
15405 特殊なプリンシパル '%1!' は使用できません。
15406 サーバー プリンシパルとして実行できません。プリンシパル "%1!" が存在しないか、この種類のプリンシパルで権限を借用できないか、ユーザーに権限がありません。
15407 '%1!' は有効な Windows NT 名ではありません。完全な名前 を指定してください。
15408 同時実行されているバッチで "%1!" が呼び出されているので、このバッチでは呼び出すことができません。
15409 '%1!' はロールではありません。
15410 ユーザーまたはロール '%1!' はこのデータベースに存在しません。
15411 データベース プリンシパルまたはスキーマ '%1!' は、このデータベース内に存在しません。
15412 '%1!' は既知の固定ロールではありません。
15413 ロールをそのロール自体のメンバーにはできません。
15414 互換性レベルを設定できません。データベースにはインデックスが付けられたビューまたは計算列が含まれています。これらのインデックスは SQL Server 互換のデータベースを必要とします。
15416 使用法: sp_dbcmptlevel [dbname [, compatibilitylevel]]
15418 sysadmin ロールのメンバーまたはデータベース所有者だけがデータベース互換性レベルを設定できます。
15419 指定されたパラメーター sid は binary(16) にしてください。
15420 グループ '%1!' はこのデータベースには存在しません。
15421 データベース プリンシパルはデータベース ロールを所有しているので、削除できません。
15422 アプリケーション ロールは、アドホック レベルだけでアクティブにできます。
15425 sid '%1!' に定義されたサーバー プリンシパルはありません。
15426 このプロパティ群にはプロバイダー名を指定してください。
15427 不明な製品 '%1!' のプロバイダー名を指定してください。
15428 製品 '%1!' のプロバイダーまたは任意のプロパティを指定できません。
15429 '%1!' は無効な製品名です。
15431 @rolename パラメーターを指定してください。
15432 ストアド プロシージャ '%1!' は、アドホック レベルだけで実行できます。
15433 指定されたパラメーター sid は使用中です。
15434 ユーザーが現在ログインしているので、ログイン '%1!' を削除できませんでした。
15435 データベースが正常にパブリッシュされました。
15436 データベースがサブスクリプションに対して正常に有効になりました。
15437 データベースはマージ レプリケーションを使用して、正常にパブリッシュされました。
15438 データベースは既にオンラインです。
15439 データベースがオンラインになりました。
15440 データベースはパブリッシュされていません。
15441 データベースはサブスクリプションには有効ではありません。
15442 データベースはマージ パブリケーションには有効ではありません。
15443 変更されたデータベースのチェックポイント処理を実行しています。
15448 マシン キーによる暗号化をサービス マスター キーに追加できません。サービス マスター キーが暗号化解除できないか、存在しません。
15450 新しい言語が挿入されました。
15451 サービス マスター キーから暗号化を削除できませんでした。マシン キーによる暗号化が存在しません。
15452 代替言語が使用できません。
15453 us_english は syslanguages に存在しなくても常に使用できます。
15454 言語が削除されました。
15455 サービス マスター キーに暗号化を追加できませんでした。マシン キーによる暗号化が既に存在します。
15457 構成オプション '%1!' が %2! から %3! に変更されました。RECONFIGURE ステートメントを実行してインストールしてください。

コード メッセージ
15458 データベースが削除されました。
15459 現在のデータベースでは、指定されたオブジェクトは以下を参照しています:
15460 現在のデータベースでは、指定したオブジェクトは以下によって参照されています:
15461 オブジェクトはどのオブジェクトも参照していません。また、このオブジェクトを参照しているオブジェクトもありません。
15462 ファイル '%1!' が閉じられました。
15463 デバイスが削除されました。
15464 サポートされない秘密キー形式またはキー長です。
15465 秘密キーのパスワードが無効です。
15466 暗号化解除中にエラーが発生しました。
15468 %1! を生成中にエラーが発生しました。
15469 オブジェクト '%1!' で制約が定義されていないか、権限がありません。
15470 外部キー参照テーブル '%1!' が存在しないか、参照先のテーブルに権限がありません。
15471 オブジェクト '%1!' のテキストは暗号化されています。
15472 オブジェクト '%1!' にインデックスがないか、権限がありません。
15474 秘密キーが無効です。この秘密キーは %1! の公開キーと一致しません。
15475 データベースの名前が変更され、シングル ユーザー モードになりました。
15477 注意: オブジェクト名の一部を変更すると、スクリプトやストアド プロシージャが機能しなくなる可能性があります。
15482 インデックス付きビューを含むテーブルの所有者は変更できません。
15490 依存する別名も削除されました。
15497 sp_addlogin (user = %1!) を使用してログインを追加できませんでした。このプロシージャを終了しています。
15499 依存する別名が新規データベース所有者にマップされました。
15500 依存する別名が削除されました。
15502 データベース所有者をシステム管理者に設定しています。
15503 すべてのオブジェクトの所有権をデータベース所有者に与えています。
15504 guest およびデータベース所有者以外のユーザーをシステム カタログから削除しています。
15505 オブジェクト '%1!' またはその子オブジェクトのいずれかで所有者を変更できません。新しい所有者 '%2!' は同じ名前のオブジェクトを既に所有しています。
15506 署名中にエラーが発生しました。
15507 この操作に必要なキーが壊れている可能性があります。
15508 この操作で必要なキーを生成中にエラーが発生しました。
15509 パスワードを削除できません。別のデータベースで使用されている可能性があります。
15510 空のパスワードを持つログインを有効にすることはできません。
15511 デフォルトが列にバインドされました。
15512 デフォルトがデータ型にバインドされました。
15513 新規デフォルトが指定したユーザー データ型の列にバインドされました。
15514 ルールがテーブル列にバインドされました。
15515 ルールがデータ型にバインドされました。
15516 新規ルールが指定されたユーザー データ型の列にバインドされました。
15517 データベース プリンシパルとして実行できません。プリンシパル "%1!" が存在しないか、この種類のプリンシパルで権限を借用できないか、ユーザーに権限がありません。
15518 Windows トークンとして実行できません。有効でないか、または権限がありません。
15519 デフォルトがテーブル列からバインド解除されました。
15520 デフォルトがデータ型からバインド解除されました。
15521 指定したユーザー データ型の列からデフォルトがバインド解除されました。
15522 テーブル列からルールがバインド解除されました。
15523 データ型からルールがバインド解除されました。
15524 指定されたユーザー データ型の列からルールがバインド解除されました。
15525 sp_checknames を使用して、7 ビット ASCII 文字以外を検索します。
15526 検索はいくつかの重要なシステム テーブルの列に対して行われます。
15527 検索された列:
15528 master データベース:
15529 チケットとして実行できません。有効でないか、または権限がありません。
15530 名前が "%2!" の %1! は既に存在します。
15531 セキュリティ記述子の情報が有効ではありません。
15532 セキュリティ記述子には、所有者またはプライマリ グループに関する情報が含まれていないので、無効です。
15533 無効なデータ型が '%1!' ステートメントで指定されています。
15534 '%1!' ステートメントでクッキーを生成できませんでした。
15535 プリンシパル '%1!' の資格情報を設定できません。

コード メッセージ
15536 全データベース:
15537 ログイン '%1!' はサーバーにアクセスできません。
15538 ログイン '%1!' はデータベースにアクセスできません。
15539 ユーザー '%1!' は削除できません。無効にすることだけができます。このユーザーは、現在のデータベースで既に無効になっています。
15540 ID 文字列が長すぎます。ID 文字列は %1! 文字以下で指定してください。
15541 資格情報 '%1!' を削除できません。この資格情報は、サーバー プリンシパルで使用されています。
15542 暗号化処理方法を指定しないでキーを作成することはできません。
15556 指定された %1! を使用して暗号化または暗号化解除することはできません。秘密キーが存在しないか、秘密キーに指定されたパスワードが正しくありません。
15557 %2! '%3!' ごとに %1! が既に存在します。
15558 %2! '%3!' によって %1! を削除できません。
15559 %3! がマップされているので、%1! '%2!' を削除できません。
15560 '%1!' の署名を追加または削除できません。署名できるのはモジュールだけです。
15561 このバージョンの製品でサポートされるオプションは、証明書または非対称キーに基づいた署名だけです。
15562 実行されているモジュールは信頼されていません。モジュールのデータベースの所有者に認証権限を与えるか、モジュールにデジタル署名を追加する必要があります。
15563 %1! には秘密キーのセットがありません。
15574 このオブジェクトには統計がありません。
15575 このオブジェクトには統計またはインデックスがありません。
15576 サーバー '%1!' にはネットワーク名を設定できません。このサーバーは、リンク SQL Server ではありません。
15577 警告: 対象のサーバーを参照するリンク サーバーではサポートされないシナリオです。ローカル テーブルを参照する 4 部分構成の名前を使用する場合は、別名ではなく実際のサーバー名を指定してください。
15578 データベースにはマスター キーが既に存在します。マスター キーを削除してから、このステートメントを実行してください。
15579 対称キーに暗号化を追加できませんでした。同じ %1! '%2!' による暗号化が既に存在する可能性があります。
15580 %1! により %2! '%3!' が暗号化されているので、削除できません。
15581 この操作を実行するには、マスター キーをデータベースに作成するか、またはセッション内のマスター キーを開いてください。
15583 署名されているモジュールは、所有者として実行するように設定されています。所有者が変わると、署名は無効になります。
15584 古いマスター キーで暗号化された %1! '%2!' の暗号化解除中にエラーが発生しました。FORCE オプションが指定されたので、このエラーは無視されました。
15585 現在のマスター キーは暗号化解除できません。FORCE オプションが指定されたので、エラーは無視されました。
15586 master データベースとリソース データベース間でシステム証明書を同期中に、エラーが発生しました。
15587 新しい所有者は依存するアセンブリ '%2!' を所有していないので、アセンブリ '%1!' の所有者を変更できません。
15588 古いマスター キーと新しいマスター キーが同じです。データの再暗号化は必要ありません。
15589 クッキーが無効なので、現在のセキュリティ コンテキストを元に戻すことはできません。
15590 アドホック レベルでは 'No Revert' オプションまたは 'Cookie' オプションだけを 'Execute As' ステートメントで使用できます。
15591 現在のセキュリティ コンテキストは、このステートメントを使用して元に戻せません。'Revert' ステートメントでクッキーが必要か不要かは、'Execute As' ステートメントでコンテキストを設定した方法によって異なります。
15592 何も設定されていないか、クッキーが無効なので、アプリケーション ロールの設定を解除できません。
15593 古いマスター キーで暗号化されたリンク ログイン '%1!' のパスワードの暗号化解除中にエラーが発生しました。FORCE オプションが指定されたので、このエラーは無視されました。
15594 データベース '%1!' のパスワードは既に提供されています。
15595 パスワードを削除できません。このパスワードは、データベース '%1!' に提供されていません。
15596 警告: 行レベルのセキュリティが有効になっているテーブルで UNIQUE インデックス、PRIMARY KEY 制約、または UNIQUE 制約を使用すると、情報の公開を許可できます。
15597 警告: 行レベルのセキュリティが有効になっているテーブルで IDENTITY 列を使用すると、情報の公開を許可できます。
15598 警告: 行レベルのセキュリティが有効になっているテーブルでインデックス付きビューを使用すると、情報の公開を許可できます。
15599 警告: 行レベルのセキュリティが有効になっているテーブルで FOREIGN KEY 制約を使用すると、行レベルで認証されていない、情報の公開、変更、削除を実行できます。
15600 プロシージャ '%1!' に無効なパラメーターまたはオプションが指定されました。
15601 現在のデータベースではフルテキスト検索は無効です。sp_fulltext_database を使用してフルテキスト検索を有効にしてください。データベースのフルテキスト検索を無効または有効にする機能は推奨されていません。アプリケーションを変更してください。
15612 DBCC DBCONTROL エラー。データベースを読み取り専用モードにできませんでした。
15615 DBCC DBCONTROL エラー。データベースをシングル ユーザー モードにできませんでした。
15622 データベース '%1!' にアクセスする権限がありません。
15625 オプション '%1!' は '%2!' パラメーターでは認識されません。
15626 アクティブなトランザクションを指定しないで、トランザクション アプリケーション ロックを取得しようとしました。
15627 sp_dboption コマンドに失敗しました。
15635 '%1!' を実行できません。データベースが読み取り専用アクセス モードです。
15645 列 '%1!' は存在しません。
15646 列 '%1!' が計算列ではありません。
15647 スキーマ バインド参照テーブル '%1!' を含むビューがありません。
15650 %1! を更新しています
15651 %1! 個のインデックス/統計が更新されました、%2! は更新の必要がありませんでした。
15652 %1! は更新されました...
15653 %1!、更新の必要はありません...

コード メッセージ
15654 テーブル %1!: テーブルのクラスター化インデックスが無効なので、テーブルで操作を実行できません。
15656 XML データ型からユーザー定義型を作成できません。
15657 システム データベース '%1!' では、vardecimal ストレージ形式は使用できません。
15658 データベース スナップショットに対して sp_resetstatus を実行することはできません。
15659 パラメーター schema_name に指定されたスキーマ '%1!' は存在しません。
15660 XML インデックスの圧縮はストアド プロシージャ sp_estimate_data_compression_savings ではサポートされていません。
15661 一時テーブルの圧縮はストアド プロシージャ sp_estimate_data_compression_savings ではサポートされていません。
15662 スパース列または列セットを含むテーブルの圧縮はストアド プロシージャ sp_estimate_data_compression_savings ではサポートされていません。