読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

SQLServerのエラーコード1501〜2000

SQLServer
スポンサーリンク

SQLServerのエラーコード1501〜2000までです。

コード メッセージ
1501 並べ替えのエラー。ご購入元に問い合わせてください。
1505 オブジェクト名 '%1!' およびインデックス名 '%2!' に重複したキーが見つかったので、CREATE UNIQUE INDEX ステートメントは終了しました。重複したキーの値は %3! です。
1509 キー列に不明なデータ型が存在したので、並べ替え中に行の比較が失敗しました。メタデータが壊れている可能性があります。ご購入元に問い合わせてください。
1510 並べ替えに失敗しました。データベース '%1!' の領域が不足しているか、ロックできませんでした。
1511 並べ替えをトランザクション ログと一致させることができません。
1522 インデックスの構築中に、並べ替え操作に失敗しました。並べ替えの終了により、データベース '%1!' のアロケーション ページの上書きは回避されました。DBCC CHECKDB を実行して、アロケーション エラーと一貫性エラーを確認してください。バックアップからデータベースの復元が必要になる場合があります。
1523 並べ替えのエラー。不適切なエクステントを割り当て解除できませんでした。ご購入元に問い合わせてください。
1532 ページ %1! で実行開始された新しい並べ替えにより、共有に設定されていないエクステントが見つかりました。トランザクションを再試行してください。問題が解決しない場合は、ご購入元に問い合わせてください。
1533 エクステント %1! を共有できません。正しいエクステントを識別できませんでした。トランザクションを再試行してください。
1534 エクステント %1! が共有エクステント ディレクトリに見つかりませんでした。トランザクションを再試行してください。問題が解決しない場合は、ご購入元に問い合わせてください。
1535 エクステント %1! を共有できません。共有エクステント ディレクトリがいっぱいです。トランザクションを再試行してください。問題が解決しない場合は、ご購入元に問い合わせてください。
1537 行入力フェーズ以外では並べ替えを中断できません。
1538 並べ替えが行入力フェーズ以外の場合は、並べ替えに行を挿入できません。
1540 サイズが %1! の行を並べ替えられません。このサイズは許容最大値 %2! を超えています。ROBUST PLAN ヒントを使用してクエリを再実行することを検討してください。
1541 並べ替えのエラー。CLR 型比較関数の問題が原因の可能性があります。
1542 BobMgr::GetBuf: 大きな出力バッファーの並べ替え書き込みは %1! 秒後に完了しません。
1543 ID %4! のデータベースのファイル '%3!' のページ %2! で実行された並べ替えを読み取ろうとしてオペレーティング システム エラー '%1!' が発生しました。並べ替えで読み取りを再試行しています。
1701 %3! バイトの内部オーバーヘッドを含めて、最小行サイズが %2! になるので、テーブル '%1!' を作成または変更できませんでした。このサイズは、テーブル行の最大許容サイズの %4! バイトを超えています。
1702 CREATE TABLE が失敗しました。テーブル '%2!' の列 '%1!' が、列の最大数 %3! 列を超えています。
1706 システム テーブル '%1!' は、アップグレード中にしか作成または変更できません。
1707 パーティション テーブルに TEXTIMAGE_ON ファイル グループを指定することはできません。
1708 警告: テーブル "%1!" が作成されましたが、このテーブルの最大行サイズは許容最大サイズの %2! バイトを超えています。結果として生成される行がサイズの制限を超えると、このテーブルへの INSERT または UPDATE は失敗します。
1709 テーブルに text 列、ntext 列、image 列、varchar(max) 列、nvarchar(max) 列、varbinary(max) 列、xml 列、または大きな CLR 型の列が含まれないときは、TEXTIMAGE_ON は使用できません。
1710 ルールまたはデフォルトがバインドされた別名型は、テーブル変数の列の型、またはテーブル値関数で返されるテーブル定義としては使用できません。型 '%1!' にはその型にバインドされた %2! があります。
1711 テーブル '%2!' の列 '%1!' に PRIMARY KEY 制約を定義できません。計算列は保存される必要があり、NULL 値を許可することはできません。
1712 オンラインのインデックス操作を実行できるのは、SQL Server Enterprise Edition だけです。
1713 テーブル '%2!' が対象になるテーブルであるか、現在実行中のトリガーの連鎖操作の一部であるため、このテーブルで、またはこのテーブルを使用して、%1! を実行できません。
1714 ALTER TABLE が失敗しました。テーブル '%1!' には一意の列 ID がなくなりました。
1715 外部キー '%1!' を作成できませんでした。参照している計算列 '%2!' で許可されるのは、NO ACTION 参照更新操作だけです。
1716 テーブルに FILESTREAM 列がない場合は FILESTREAM_ON を指定できません。ステートメントから FILESTREAM_ON 句を削除するか、テーブルに FILESTREAM 列を追加してください。
1717 FILESTREAM_ON と ON 句でのパーティション構成を同時に指定することはできません。
1718 変更の追跡は、テーブル '%2!' で有効にする前に、データベース '%1!' で有効にする必要があります。
1719 FILESTREAM データを空のファイル グループに配置することはできません。
1720 テーブル '%1!' に FILESTREAM 列があるため、FILESTREAM ファイル グループまたはパーティション構成を削除できません。
1721 テーブル '%1!' を変更できませんでした。vardecimal ストレージ形式を使用した行サイズがテーブル行の最大許容サイズの %2! バイトを超えています。
1722 パーティション構成が FILESTREAM データに指定されていないため、操作 (%1! %2! '%3!') を実行できません。
1723 パーティション構成が FILESTREAM データには指定され、テーブルには指定されなかったため、操作 (%1! %2! '%3!') を実行できません。
1724 ファイル グループ '%1!' は、FILESTREAM ファイル グループまたは FILESTREAM ファイル グループのパーティション構成ではありません。
1725 INSTEAD OF トリガーが %3! に存在するため、%1! '%2!' に FILESTREAM 列を追加できません。
1726 テーブル '%1!' に既に FILESTREAM ファイル グループまたはパーティション構成があるため、FILESTREAM ファイル グループまたはパーティション構成を追加できません。
1727 FILESTREAM_ON 句を使用してテーブル '%2!' に非クラスター化インデックス '%1!' を作成することはできません。
1728 計算列 '%3!' で FILESTREAM 列を使用しているため、テーブル '%2!' にインデックス '%1!' を作成できません。
1729 パーティション分割列 '%2!' で FILESTREAM 列を使用しているため、テーブル '%1!' を作成できません。
1730 %3! バイトの内部オーバーヘッドを含めて、圧縮されていない行のサイズが %2! になるので、圧縮されたテーブル '%1!' を作成または変更できませんでした。このサイズは、テーブル行の最大許容サイズの %4! バイトを超えています。
1731 指定されたオプションまたはデータ型が無効なため、テーブル '%2!' にスパース列 '%1!' を作成できません。スパース列には、NULL 値を許容する必要があり、ROWGUIDCOL、IDENTITY、または FILESTREAM のプロパティを設定できません。スパース列のデータ型を text、ntext、image、geometry、geography、またはユーザー定義型にすることはできません。
1732 テーブルには複数のスパース列セットを含めることができないため、スパース列セット '%1!' をテーブル '%2!' に作成できません。ステートメントを変更して、1 列だけを COLUMN_SET FOR ALL_SPARSE_COLUMNS として指定するようにしてください。
1733 スパース列セットは NULL 値許容の xml 列である必要があるため、スパース列セット '%1!' をテーブル '%2!' に作成できません。NULL 値を許容するように列の定義を変更してください。
1734 スパース列セット '%1!' をテーブル '%2!' に作成できません。テーブルには、既に 1 つ以上のスパース列が存在します。テーブルにスパース列が存在する場合、そのテーブルにスパース列セットを追加することはできません。
1736 テーブル '%2!' の列 '%1!' は CHECK 制約または計算列の定義で参照できません。この列はスパース列セットです。スパース列セットは CHECK 制約または計算列の定義で参照できません。
1738 テーブル内に列セットの列だけを含み、計算列以外の列を含まないテーブル '%1!' を作成できません。
1750 制約を作成できませんでした。以前のエラーを調べてください。
1752 テーブル '%2!' の列 '%1!' は、既定の制約の作成には無効です。
1753 列 '%1!.%2!' の長さまたは小数点以下桁数が、外部キー '%5!' で参照している列 '%3!.%4!' と異なります。外部キー リレーションシップに参加する列は、長さおよび小数点以下桁数を同じにして定義してください。
1754 IDENTITY 属性を含む列にはデフォルトを作成できません。テーブル '%1!'、列 '%2!'。
1755 データ型 timestamp の列にはデフォルトを作成できません。テーブル '%1!'、列 '%2!'。
1756 一時テーブルの FOREIGN KEY 制約の '%1!' 定義をスキップしています。FOREIGN KEY 制約はローカル一時テーブルまたはグローバル一時テーブルでは強制されません。
1757 列 '%1!.%2!' は、外部キー '%5!' で参照している列 '%3!.%4!' と同じ照合順序ではありません。
1758 同一ステートメント内で、他の操作を伴わずにオンラインで追加または削除できる制約は 1 つだけです。
1759 テーブル '%2!' の計算列 '%1!' を別の計算列の定義に使用することはできません。
1760 型 %1! の制約は、型 %2! の列には作成できません。
1761 SET NULL 参照操作を指定して外部キー "%1!" を作成できません。参照している 1 つ以上の列で NULL 値が許可されていません。
1762 SET DEFAULT 参照操作を指定して外部キー "%1!" を作成できません。参照している 1 つ以上の NULL 値が許可されない列に、既定の制約がありません。
1763 データベースをまたがる外部キー参照はサポートされません。外部キー '%1!'。
1764 テーブル '%2!' の計算列 '%1!' は保存されていないので '%3!' で使用するには無効です。
1765 外部キー '%1!' を作成できませんでした。参照している計算列 '%2!' で許可されるのは、NO ACTION および CASCADE 参照削除操作だけです。
1766 一時テーブルへの外部キー参照はサポートされていません。外部キー '%1!'。
1767 外部キー '%1!' では、無効なテーブル '%2!' が参照されています。
1768 外部キー '%1!' ではオブジェクト '%2!' を参照していますが、このオブジェクトはユーザー テーブルではありません。
1769 外部キー '%1!' では、参照元テーブル '%3!' の無効な列 '%2!' が参照されています。
1770 外部キー '%1!' では、参照先テーブル '%3!' の無効な列 '%2!' が参照されています。
1771 外部キー '%1!' を作成できません。クラスター化インデックス '%3!' が無効になったオブジェクト '%2!' が参照されています。
1772 外部キー '%1!' は無効です。外部キーの定義では、システム テーブルを使用できません。
1773 外部キー '%1!' には、主キーが定義されていないオブジェクト '%2!' への暗黙の参照が含まれています。
1774 外部キー '%1!' の参照列リストの列数が、参照元のテーブル '%2!' の主キーの列数と一致していません。
1775 外部キー '%1!' を作成できません。主キー インデックス '%3!' が無効になったオブジェクト '%2!' が参照されています。
1776 参照先テーブル '%1!' に主キーと候補キーがありません。この参照先テーブルは、外部キー '%2!' の参照元列リストと一致しています。
1778 列 '%1!.%2!' は、外部キー '%5!' で参照している列 '%3!.%4!' と同じデータ型ではありません。
1779 テーブル '%1!' には、そのテーブルに定義された主キーが既に含まれています。
1781 列は既にデフォルトにバインドされています。
1784 外部キー '%1!' を作成できません。参照先の列 '%2!.%3!' は保存されない計算列です。
1785 テーブル '%2!' に FOREIGN KEY 制約 '%1!' を設定すると、パスが循環するか、複数のパスに連鎖する可能性があります。ON DELETE NO ACTION、ON UPDATE NO ACTION、を指定するか、他の FOREIGN KEY 制約を変更してください。
1786 列 '%1!.%2!' または外部キー '%5!' の参照先の列 '%3!.%4!' が timestamp 列です。このデータ型は連鎖参照整合性制約では使用できません。
1787 テーブル '%2!' に連鎖 DELETE または連鎖 UPDATE を含む外部キー制約 '%1!' は定義できません。テーブルでは INSTEAD OF DELETE または UPDATE TRIGGER が定義されています。
1788 参照している列 '%2!.%3!' が ID 列の場合は、連鎖する外部キー'%1!' を作成できません。
1789 計算列の定義では CHECKSUM(*) を使用できません。
1790 ユーザー定義テーブル型の名前の先頭にシャープ記号 (#) は使用できません。
1791 テーブル '%2!' の列 '%1!' に DEFAULT 制約を作成できません。この列はスパース列またはスパース列セットです。スパース列またはスパース列セットには DEFAULT 制約を含めることができません。

コード メッセージ
1801 データベース '%1!' は既に存在します。別のデータベース名を選択してください。
1802 CREATE DATABASE が失敗しました。一覧されたファイル名の一部を作成できませんでした。関連するエラーを確認してください。
1803 CREATE DATABASE ステートメントが失敗しました。model データベースのコピーを格納するには、プライマリ ファイルを %1! MB 以上にする必要があります。
1806 CREATE DATABASE が失敗しました。データベース '%1!' の既定の照合順序を '%2!' に設定できません。
1807 データベース '%1!' を排他的にロックできませんでした。後で操作を再試行してください。
1810 model データベースを更新可能にしてから、新しいデータベースを作成してください。
1812 CREATE DATABASE に失敗しました。 COLLATE 句は FOR ATTACH オプションと共に使用できません。
1813 新しいデータベース '%1!' を開けませんでした。CREATE DATABASE は中止されます。
1814 tempdb を作成できませんでした。使用できるディスク領域が不足している可能性があります。tempdb ドライブにある他のファイルを削除して新たにディスク領域を解放してから、SQL Server を再起動してください。イベント ログで関連するエラーを確認してください。tempdb ファイルを初期化できなかった理由が示されている可能性があります。
1815 %1! プロパティはデータベース スナップショット ファイルには使用できません。
1816 システム データベース %1! のデータベース スナップショットは許可されません。
1817 データベース "%1!" の所有者またはシステム管理者だけがそのデータベースのデータベース スナップショットを作成できます。
1818 プライマリ ログ ファイル '%1!' がなく、データベースが正しくシャットダウンされなかったので、再構築できません。
1819 名前が長すぎるので、既定のログ ファイルを作成できませんでした。
1821 別のデータベース スナップショットにはデータベース スナップショットを作成できません。
1822 データベース スナップショットを保持するにはデータベースをオンラインする必要があります。
1823 データベース スナップショットは、開始に失敗したので作成できません。
1824 復元されていたデータベースをアタッチできません。
1825 データベース スナップショットに、ファイル グループおよび照合順序を指定することはできません。
1826 ユーザー定義ファイル グループは "%1!" では許可されません。
1827 CREATE DATABASE または ALTER DATABASE が失敗しました。結果として生成される累積データベース サイズが、ライセンスされている %2! ごとの制限 %1! MB を超えることになります。
1828 論理ファイル名 "%1!" は既に使用されています。別の名前を選択してください。
1829 FOR ATTACH オプションにはプライマリ ファイルを指定する必要があります。
1830 ファイル '%1!' と '%2!' は共にプライマリ ファイルです。1 つのデータベースに存在できるプライマリ ファイルは 1 つだけです。
1831 CREATE DATABASE ではファイルの ONLINE/OFFLINE 構文を使用できません。
1832 ファイル '%1!' をデータベース '%2!' としてアタッチできません。%3!
1833 次回の BACKUP LOG 操作が終了するまで、ファイル '%1!' を再利用できません。
1834 ファイル '%1!' に上書きできません。データベース '%2!' が使用中です。
1835 既存のデータベース数が許容最大数 %1! に達しているので、新規データベースを作成またはアタッチすることができません。
1836 既定のデータ ファイルを作成できません。指定された名前が長すぎます。
1837 ファイル名 "%1!" は、代替ストリーム名を作成するには長すぎます。
1838 データベース スナップショットからオンライン状態に戻しているときに、オフライン データベース ファイルが上書きされました。戻されたファイルには無効なページが含まれている可能性があります。データベース整合性確認を実行して、データの整合性を評価してください。
1839 名前 '%1!' が予約済みのデバイス名のため、既定のデータ ファイルを作成できませんでした。
1840 READONLY 単一ファイル ユーザー データベースでサポートされていないため、スナップショット データベースを作成できませんでした。
1842 ファイルの最大サイズは、ページ サイズ単位で 2147483647 を超えることはできません。ファイルの拡張は、ページ サイズ単位およびパーセンテージ単位のいずれでも 2147483647 を超えることはできません。
1843 データベース '%1!' を、分割点 LSN %3! (0x%4!) が設定されたデータベース スナップショット '%2!' の時点に戻しています。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
1844 %1! は %2! ではサポートされません。
1845 オンラインの DBCC チェック用として自動回復 VSS (ボリューム シャドウ コピー サービス) スナップショットの作成中に、VSS によって提供されるライター メタデータ ドキュメントで、SQL VSS Writer が見つかりません。
1846 オンラインの DBCC チェック用として自動回復 VSS (ボリューム シャドウ コピー サービス) スナップショットの作成中に、データベース '%1!' に対応する SQL VSS Writer コンポーネントが見つかりません。
1847 現在のオペレーティング システムのバージョンで自動回復 VSS (ボリューム シャドウ コピー サービス) スナップショットがサポートされていません。
1848 VSS (ボリューム シャドウ コピー サービス) では、オンラインの DBCC チェック用としてデータベース '%1!' の自動回復スナップショットを作成できませんでした。
1901 ビュー '%2!' にはインデックスまたは統計 '%1!' を作成できません。キー列 '%3!' が不正確か、計算されるか、保存されません。ビュー インデックスまたは統計キーの列への参照を削除するか、列が正確になるように変更することを検討してください。ベース テーブルの列が計算される場合は、その列に PERSISTED を設定することを検討してください。
1902 %1! '%2!' にはクラスター化インデックスを複数作成できません。既存のクラスター化インデックス '%3!' を削除してから別のクラスター化インデックスを作成してください。
1904 テーブル '%3!' の %1! '%2!' は、%5! キー リストに %4! 個の列名を含みます。インデックスまたは統計キー列リストの最大値は %6! です。
1907 インデックス '%1!' を再作成できません。新規インデックスの定義と、既存のインデックスに設定されている制約が一致しません。
1908 列 '%1!' はインデックス '%2!' のパーティション分割列です。一意インデックスのパーティション列は、インデックス キーのサブセットにしてください。
1909 %1! には重複する列名は使用できません。リストに列名 '%2!' が複数個指定されました。
1910 %1! '%2!' を作成できませんでした。テーブルまたはビューごとに許可されている最大数 %3! を超えています。
1911 列名 '%1!' が対象になるテーブルまたはビューに存在しません。
1912 %1! '%2!' ではインデックス DDL 操作を続行できませんでした。インデックス DDL 操作が、既にオブジェクトで実行されている他の操作と競合しています。競合している同時実行操作は、同じオブジェクトでのオンライン インデックス操作か、DBCC SHRINKFILE など、インデックス ページを移動する他の同時実行操作の可能性があります。
1913 '%1!' という名前のインデックスまたは統計が既に %2! '%3!' に存在するので、この操作に失敗しました。
1914 オブジェクト '%1!' には、インデックスを作成できません。このオブジェクトは、ユーザー テーブルまたはビューではありません。
1915 ignore_dup_key インデックス オプションが設定されている、一意ではないインデックスは変更できません。インデックス '%1!' は一意ではありません。
1916 CREATE INDEX オプション %1! と %2! は同時に指定できません。
1917 オンラインのローカル一時テーブルでインデックスを作成、再構築、または削除することはできません。オフラインでインデックス操作を実行してください。
1919 テーブル '%2!' の列 '%1!' の型は、インデックスのキー列として使用するには無効です。
1921 無効な %1! '%2!' が指定されました。
1922 ファイル グループ '%1!' にはファイルが割り当てられていません。このファイル グループに、テーブル、インデックス、およびラージ オブジェクト列を作成することはできません。ALTER DATABASE を使用して、このファイル グループに 1 つ以上のファイルを追加してください。
1924 ファイル グループ '%1!' は読み取り専用です。
1925 DROP_EXISTING オプションを使用して、クラスター化インデックスを非クラスター化インデックスに変換することはできません。インデックスをクラスター化から非クラスター化に変更するには、2 つのステートメントを使用して、クラスター化インデックスを削除してから非クラスター化インデックスを作成してください。
1927 テーブル '%1!' には '%2!' という名前の統計が既に存在します。
1929 オブジェクト '%1!' には統計を作成できません。このオブジェクトは、ユーザー テーブルまたはビューではありません。
1930 外部キー制約で参照されている場合、非クラスター化インデックスをクラスター化インデックスに変換することはできません。外部キー制約を削除してから操作を再試行してください。
1931 ファイル グループ '%1!' がオフラインなので、SQL ステートメントを実行できません。sys.database_files または sys.master_files カタログ ビューを使用して、このファイル グループに含まれているファイルの状態を判断し、バックアップからオフライン ファイルを復元してください。
1934 %1! が失敗しました。次の SET オプションには不適切な設定 '%2!' があります。SET オプションが、%3! で使用するのに適切であることを確認してください。
1935 インデックスを作成できません。オブジェクト '%1!' は SET オプション '%2!' がオフで作成されました。
1937 ビュー '%2!' に %1! を作成できません。ビューでは別のビュー '%3!' が参照されています。インデックス付きビューの定義で参照されるビューの定義を手作業で拡張することを検討してください。
1938 ビュー '%1!' にインデックスを作成できません。基になるオブジェクト '%2!' の所有者が異なります。
1939 ビュー '%2!' に %1! を作成できません。ビューにはスキーマがバインドされていません。
1940 ビュー '%2!' に %1! を作成できません。ビューには一意なクラスター化インデックスが含まれていません。
1941 ビュー '%1!' に一意ではないクラスター化インデックスを作成できません。一意なクラスター化インデックスだけが許可されます。代わりに、一意なクラスター化インデックスを作成することを検討してください。
1942 %1! をビュー '%2!' に作成できません。text 列、ntext 列、image 列、FILESTREAM 列、または xml 列が含まれています。
1944 インデックス '%1!' が作成されませんでした。インデックスのキー長は少なくとも %2! バイトです。キー長の最大許容サイズは %3! バイトです。
1945 警告: 最大キー長は %1! バイトです。インデックス '%2!' の最大長は %3! バイトです。大きな値の組み合わせの一部では挿入操作または更新操作が失敗します。
1946 操作に失敗しました。インデックス '%2!' の長さ %1! バイトのインデックス エントリは、最大長 %3! バイトを超えています。
1947 ビュー "%2!" に %1! を作成できません。ビューの "%3!" に自己結合が含まれています。
1949 ビュー '%2!' に %1! を作成できません。関数 '%3!' では不明確な結果が生成されます。明確なシステム関数を使用するか、ユーザー定義関数が明確な結果を返すように修正してください。
1956 ビュー '%2!' に %1! を作成できません。このビューでは、不明確なユーザー定義関数 '%3!' が使用されています。関数への参照を削除するか、関数を確定してください。
1957 ビュー '%2!' に %1! を作成できません。ビューでは不正確なユーザー定義関数 '%3!' が使用されています。関数への参照を削除するか、関数が正確になるように変更することを検討してください。
1959 データベースの互換性レベルが 80 よりも小さいので、ビューまたは計算列にインデックスを作成できません。sp_dbcmptlevel を使用してデータベースの互換性レベルを高くしてください。
1961 %1! をビュー '%2!' に作成できません。照合順序名 '%3!' の照合順序キャスト式はオペレーティング システムに依存するので不明確です。
1962 %1! をビュー '%2!' に作成できません。ビューの WHERE 句または GROUP BY 句で参照される列 '%3!' が不正確です。ビューから列を削除するか、列が正確になるように変更することを検討してください。

コード メッセージ
1963 ビュー "%2!" に %1! を作成できません。ビューには、不正確または不明確な変換が含まれています。
1964 ビュー "%2!" に %1! を作成できません。ビューには不正確な定数が含まれています。
1965 ビュー "%2!" に %1! を作成できません。ビューには不正確な算術演算子が含まれています。
1966 ビュー '%2!' に %1! を作成できません。ビューには不正確な集計演算子が含まれています。
1967 ビューには新しいクラスター化インデックスをオンラインで作成できません。
1968 DROP_EXISTING オプションを使用して、非クラスター化インデックスをクラスター化インデックス オンラインに変換できません。
1969 既定の FILESTREAM ファイル グループをデータベース '%1!' では使用できません。
1970 警告: テーブル '%1!' でのオンライン インデックス操作は続行されますが、同一トランザクションで前回の操作から未解決のロックがテーブルにあるため、このテーブルへの同時アクセスは制限される場合があります。
1971 テーブル '%2!' のクラスター化インデックス '%1!' を無効にできません。このインデックスを使用しているテーブル '%4!' の外部キー '%3!' を無効にする権限が拒否されました。
1972 テーブル '%2!' のクラスター化インデックス '%1!' を無効にできません。クラスター化インデックスを無効にしているときに、参照しているビュー '%3!' を変更する権限が拒否されました。
1973 %2! '%3!' の無効になっているインデックス '%1!' では指定された操作を実行できません。
1974 %1! '%2!' では指定された操作を実行できません。クラスター化インデックス '%3!' が無効になっています。
1975 インデックス '%1!' の行の長さが、最大許容サイズ '%2!' バイトを超えています。
1976 ビュー '%2!' にはインデックスまたは統計 '%1!' を作成できません。キー列 '%3!' が正確かつ明確であることを確認できません。インデックスまたは統計キーから列を削除するか、ベース テーブルの列が計算される場合はその列を保存される列に設定するか、CLR から派生されない列をキーで使用することを検討してください。
1977 テーブル '%3!' に %1! '%2!' を作成できませんでした。XML 列 '%4!' には、XML インデックスしか作成できません。
1978 テーブル '%2!' の列 '%1!' の型を、インデックスまたは統計のキー列として使用するのは無効です。
1979 インデックス '%1!' に主キー制約または一意制約が設定されているときは、このインデックスの変更にインデックス オプション ignore_dup_key を使用できません。
1980 テーブル '%2!' の計算列 '%1!' にインデックスを作成できません。基になるオブジェクト '%3!' の所有者が異なります。
1981 警告: 行の最大長が許容制限の %1! バイトを超えています。一部の大きな値の組み合わせでは、挿入操作または更新操作が失敗します。
1982 ビュー '%2!' に %1! を作成できません。ビューでは CLR 型 '%4!' で不明確または不正確なメンバー関数 '%3!' が参照されています。関数への参照を削除するか、関数の動作が明確になるように変更することを検討してください。不明確な動作の CLR 関数を IsDeterministic=true と宣言しないでください。このように設定すると、インデックスが壊れる可能性があります。詳細については、オンライン ブックを参照してください。
1983 ビュー '%2!' に %1! を作成できません。関数 '%3!' では不正確な結果が生成されます。正確なシステム関数を使用するか、ユーザー定義関数が正確な結果を返すように変更してください。
1984 インデックス '%1!' を作成または再構築できません。vardecimal ストレージ形式を使用したこのインデックスに指定された行の長さは、許容最大長 '%2!' バイトを超えています。
1985 ビュー '%2!' に %1! を作成できません。ビューには 1 つ以上の xml データ型メソッドが含まれています。
1986 DROP_EXISTING オプションを使用して、仮定のインデックス '%1!' を実在のインデックスと置き換えることはできません。
1987 %4! '%5!' の %2! '%3!' を %1! できません。%6! が無効です。
1988 クラスター化インデックス '%1!' をオンラインで再構築できません。このインデックスは無効になっています。
1989 参照されるキーのインデックス '%2!' が無効になっているときは、外部キー制約 '%1!' を有効にできません。
1990 ignore_dup_key インデックス オプションが指定されたビューにインデックスを定義することはできません。ignore_dup_key オプションを削除して、ビュー定義で重複が許可されないことを確認するか、ビューにインデックスを設定しないでください。
1991 テーブル '%2!' のクラスター化インデックス '%1!' を無効にできません。このテーブルを参照しているテーブル '%4!' の外部キー '%3!' を無効にする権限が拒否されました。
1992 警告: インデックス '%4!' が無効になったので、テーブル '%3!' を参照しているテーブル '%2!' の外部キー '%1!' が無効になりました。
1993 テーブル変数のインデックスを分割したり、テーブル定義をテーブル値関数で返すことはできません。
1994 ビュー "%1!" での統計の作成または変更はできません。FULLSCAN オプションと NORECOMPUTE オプションが両方必要です。
1995 仮定のインデックス '%1!' をオンラインで再構築できません。
1996 テーブルには XML インデックスまたは空間インデックスがあるため、DROP_EXISTING オプションを使用して主キー制約 '%1!' を設定するインデックスを作成できませんでした。XML インデックスまたは空間インデックスを削除し、主キー制約を作成して、XML インデックスまたは空間インデックスを再作成してください。
1997 DROP_EXISTING オプションを使用して、XML インデックスまたは空間インデックス '%1!' をリレーショナル インデックスに変換できませんでした。XML インデックスまたは空間インデックスを削除し、同じ名前でリレーショナル インデックスを作成してください。
1998 警告: インデックス '%4!' が無効にされたので、テーブル '%3!' を参照しているビュー '%2!' のクラスター化インデックス '%1!' は無効になりました。
1999 テーブル '%2!' の列 '%1!' の型は、インデックスに付加列として使用するには無効です。