読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

SQLServerのエラーコード16000〜19000

SQLServer
スポンサーリンク

SQLServerのエラーコード16000〜19000までです。

コード メッセージ
16901 %1!: この機能はまだ実装されていません。
16902 %1!: パラメーター %2! の値は有効ではありません。
16903 "%1!" プロシージャが不適切なパラメーター数で呼び出されました。
16904 sp_cursor: optype: ABSOLUTE だけが DELETE または UPDATE と組み合わせて指定できます。
16905 カーソルは既に開かれています。
16906 カーソル クエリにより参照されるラージ オブジェクト変数の値を格納するためにカーソルで使用される一時ストレージが使用できなくなりました。
16907 %1! はカーソル ステートメントでは許可されません。
16909 %1!: 指定されたカーソル ID 値 (%2!) は有効ではありません。
16910 カーソル %1! は現在別のステートメントで使用されています。
16911 %1!: フェッチの型 %2! は順方向専用カーソルでは使用できません。
16914 "%1!" プロシージャ呼び出しにはパラメーターが多すぎました。
16915 名前 '%1!' のカーソルは既に存在します。
16916 名前 '%1!' のカーソルは存在しません。
16917 カーソルが開かれていません。
16922 カーソル フェッチ: データ型 %1! から %2! への暗黙の変換は許可されません。
16924 カーソル フェッチ: INTO リストで宣言する変数の数は、選択される列の数と一致させてください。
16925 フェッチの種類 %1! は動的カーソルでは使用できません。
16926 sp_cursoroption: 列 ID (%1!) は text、ntext、または image 列には対応しません。
16927 text、ntext、および image 変数にはフェッチできません。
16928 sp_cursor: Exec ステートメントは、カーソルの挿入元として許可されません。
16929 カーソルは読み取り専用です。
16930 要求した行はフェッチ バッファーには存在しません。
16931 現在のフェッチ バッファーには行はありません。
16932 カーソルには FOR UPDATE リストがありますが、更新を要求された列がこのリストに存在しません。
16933 カーソルは変更されるテーブルを含んでいないか、テーブルでカーソルを使用した更新が可能ではありません。
16934 オプティミスティック同時実行制御チェックに失敗しました。行はこのカーソルの外部で変更されました。
16935 sp_cursor-%1! ステートメントのパラメーター値が指定されませんでした。
16936 sp_cursor: 1 つ以上の値パラメーターが無効でした。
16937 指定されたステートメントではサーバー カーソルを開けません。既定の結果セットまたはクライアント カーソルを使用してください。
16938 sp_cursoropen/sp_cursorprepare: ステートメントのパラメーターは、バッチまたはストアド プロシージャだけで、単一の選択を含み、FOR BROWSE、COMPUTE BY、または変数代入は含みません。
16941 NOLOCK オプションで開かれたテーブルではカーソル更新は許可されません。
16942 非同期キーセットを生成できませんでした。カーソルは割り当て解除されました。
16943 カーソルが宣言された後にテーブル スキーマが変更されたので、カーソル操作を完了できませんでした。
16945 カーソルは宣言されませんでした。
16946 カーソルの 1 つ以上のテーブルがスコープ外になったので、カーソルを開けませんでした。
16947 行は更新または削除されませんでした。
16948 変数 '%1!' はカーソル変数ではありませんが、カーソル変数が必要な場所で使用されています。
16949 変数 '%1!' はカーソル変数ですが、カーソル変数が有効ではない場所で使用されています。
16950 現在、変数 '%1!' には割り当てられたカーソルがありません。
16951 変数 '%1!' はパラメーターとして使用できません。CURSOR OUTPUT パラメーターは、プロシージャの実行前に、この変数に割り当てられたカーソルを保持できません。
16952 カーソル変数はリモート プロシージャ呼び出しのパラメーターとして使用できません。
16953 リモート テーブルは更新可能ではありません。リモート テーブルで更新可能なキーセット ドリブン カーソルは、カーソルを展開する分離レベルとして REPEATABLE_READ または SERIALIZABLE が設定されたトランザクションを必要とします。
16954 カーソルを使用しないで SQL を直接実行しています。
16955 受け入れ可能なカーソルを作成できませんでした。
16956 作成されたカーソルは、要求された型ではありません。
16957 FOR UPDATE は READ ONLY カーソルでは指定できません。
16958 カーソルが宣言された後に、設定オプションが変更されたので、カーソル操作を完了できませんでした。
16959 一意テーブル計算に失敗しました。
16960 許可されるカーソルの最大数に達しました。
16961 1 つ以上の FOR UPDATE 列が、クエリ内のテーブルの最初のインスタンスに対して調整されました。
16962 対象のオブジェクト型はカーソルを使用して更新できません。
16963 リモート テーブルを含むカーソルではスクロール ロックを指定できません。

コード メッセージ
16964 オプティミスティック カーソルでは、更新または削除の対象がリモートの場合は、timestamp 列が必要です。
16965 トランザクションの参加解除により、カーソルのスクロール ロックが無効になりました。カーソル フェッチ後に UPDATE ステートメントまたは DELETE ステートメントを再実行してください。
16966 %1!: 指定された同時実行制御オプション %2! (%3!) は、静的カーソルまたは高速順方向専用カーソルと互換性がありません。静的カーソルまたは高速順方向専用カーソルと互換性があるのは、読み取り専用のみです。
16992 カーソル操作では、カーソルの非同期設定の完了を待機する必要があります。ただし、この時点では、トランザクションを実行して非同期設定の続行を許可することができません。
16996 %1! では出力パラメーターを使用できません。
16998 非同期カーソル作業テーブルの設定スレッドの起動に失敗しました。
16999 内部カーソル エラー: カーソルの状態が無効です。
17000 使用法: sp_autostats [, {ON OFF} [, ] ]
17001 メッセージ交換ハンドル '%2!' の型 '%1!' のイベント通知インスタンスを送信できません。エラー コード = '%3!'。
17002 QUEUE_ACTIVATION イベントを通知できませんでした。エラー コード: '0x%1!'。
17003 次のエラーにより、ハンドル '%1!' のイベント通知のメッセージ交換のエンドポイントが閉じられました。'%2!'。
17004 ダイアログ ハンドル '%1!' のイベント通知メッセージ交換がエラーなしで終了しました。
17005 Service Broker の送信時エラーにより、データベース '%2!' 内のイベント通知 '%1!' が削除されました。メッセージ交換ハンドル、Service Broker コントラクト、およびイベント通知で指定されているサービスがアクティブであることを確認してください。
17049 OS エラー '%3!' により、エラー ログ ファイルを '%1!' から '%2!' に循環できません。SQL Server 外部のプロセスが原因で SQL Server がファイルを読み取れない可能性があります。これにより、エラー ログのエントリが失われ、一部の SQL Server エラー ログを参照できなくなります。このファイルが他のプロセスにより書き込み専用アクセスでロックされていないことを確認してください。
17051 SQL Server の評価期間が終了しました。
17053 %1!: オペレーティング システム エラー %2! が発生しました。
17054 現在のイベントは Windows イベント ログにレポートされませんでした。オペレーティング システム エラー = %1!。Windows イベント ログがいっぱいになっている場合は、イベント ログのクリアが必要になることがあります。
17056 %1! 日でこのエディションの SQL Server の評価期間が終了します。
17057 オペレーティング システム オブジェクトのセキュリティ コンテキストを作成できませんでした。SQL Server を起動できません。イベント ビューアーで対応するエントリを探して、根本的な原因を診断してください。
17058 initerrlog: エラー ログ ファイル '%1!' を開けませんでした。オペレーティング システム エラー = %2!。
17060 %1!
17061 エラー: %1! 重大度: %2! 状態: %3! %4!
17063 エラー: %1! 重大度: %2! 状態: %3! %4!
17065 SQL Server アサーション: ファイル: <%1!>、行 = %2! 失敗したアサーション = '%3!' %4!。このエラーはタイミングに関係している可能性があります。ステートメントの再実行後もエラーが解決しない場合は、DBCC CHECKDB を使用してデータベースの構造上の整合性を確認するか、またはサーバーを再起動してインメモリ データ構造体が壊れていないことを確認してください。
17066 SQL Server アサーション: ファイル: <%1!>、行 = %2! 失敗したアサーション = '%3!'。このエラーはタイミングに関係している可能性があります。ステートメントの再実行後もエラーが解決しない場合は、DBCC CHECKDB を使用してデータベースの構造上の整合性を確認するか、またはサーバーを再起動してインメモリ データ構造体が壊れていないことを確認してください。
17067 SQL Server アサーション: ファイル: <%1!>、行 = %2! %3!。このエラーはタイミングに関係している可能性があります。ステートメントの再実行後もエラーが解決しない場合は、DBCC CHECKDB を使用してデータベースの構造上の整合性を確認するか、またはサーバーを再起動してインメモリ データ構造体が壊れていないことを確認してください。
17068 PrintStack 要求
17069 %1!
17070 このエディションの SQL Server ではクラスター化されたインスタンスはサポートされません。
17071 起動エラーが原因で SQL Server を起動できませんでした。オペレーティング システム エラー = %1!。
17101 (C) Microsoft Corporation.
17102 分散 COM を初期化できませんでした (CoInitializeEx から %1! が返されました)。異種クエリおよびリモート プロシージャ コールは無効です。コントロール パネルの [コンポーネント サービス] を使用して、DCOM の構成を確認してください。
17103 All rights reserved.
17104 サーバー プロセス ID は %1! です。
17105 システム タスク スレッド コンテキストで master データベースを開けませんでした。サーバーを終了しています。
17106 情報セキュリティ国際評価基準 (Common Criteria) 準拠モードが有効です。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17107 リソース ガバナーのプールおよびグループの perfmon カウンターは初期化に失敗したため、無効になっています。
17108 パスワード ポリシーは正常に更新されました。
17109 FallBack 証明書が正常に作成されました。
17110 レジストリ スタートアップ時のパラメーター: %1!
17111 ファイル '%1!' に SQL Server メッセージを記録します。
17112 レジストリまたはコマンド プロンプトから、無効なスタートアップ オプション %1! が指定されました。オプションを修正または削除してください。
17113 スタートアップ時に構成情報を取得するためにファイル '%2!' を開いているとき、エラー %1! が発生しました。このエラーは、無効なスタートアップ オプションが原因で発生した可能性があります。スタートアップ オプションを確認し、必要に応じてオプションを修正または削除してください。
17114 スタートアップ時に構成情報を取得するためにファイル '%2!' を開いているとき、エラー %1! が発生しました。このエラーは、無効なスタートアップ オプションが原因で発生した可能性があります。スタートアップ オプションを確認し、必要に応じてオプションを修正または削除してください。
17115 コマンド ライン起動時のパラメーター: %1!
17116 分散 COM を初期化できませんでした。DCOM がインストールされていません。異種クエリおよびリモート プロシージャ コールは無効です。コントロール パネルの [コンポーネント サービス] を使用して、DCOM の構成を確認してください。
17119 このエディションの SQL Server で許容できる上限を超えたので、同時ユーザー接続数を %1! まで減らしました。今後このメッセージが表示されないようにするには、sp_configure を使用し、同時ユーザー接続数が、ライセンスされている上限を超えないように常に調整してください。
17120 SQL Server は %1! スレッドを起動できませんでした。関連する可能性のある問題の情報については、SQL Server エラー ログと Windows イベント ログを確認してください。
17121 SQL Server がトレース フラグ %1! で開始されたので、'%2!' を使用してマスクされたエラー メッセージがユーザーに表示される可能性があります。
17123 イベント ログへのログ記録が無効になっています。レジストリまたはコマンド プロンプトで、スタートアップ オプション '-%1!' が指定されています。
17124 SQL Server は簡易プーリング用に構成されています。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17125 動的ロック割り当てを使用しています。ノードごとに %1! 個のロック ブロックと %2! 個のロック所有者ブロックを最初に割り当てています。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17126 SQL Server はクライアントに接続できる状態になりました。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17127 initdata: カーネル バッファー ハッシュ テーブル用のメモリがありません。
17128 initdata: カーネル バッファー用のメモリがありません。
17129 initconfig: 警告: 指定された関係が無効です。既定では関係はありません。ALTER SERVER CONFIGURATION SET PROCESS AFFINITY を使用して、システムの CPU マスクと互換性を持つようにシステムを構成してください。ライセンスが許可されている CPU の数に基づいてシステムを構成することもできます。

コード メッセージ
17130 構成されたロック数に対するメモリが不足しています。より小さいロックのハッシュ テーブルで開始しますが、パフォーマンスに影響する場合があります。データベース管理者に連絡して、データベース エンジンのこのインスタンスに割り当てるメモリを増やすように構成してください。
17131 記述子ハッシュ テーブル用のメモリが不足しているので、サーバーのスタートアップに失敗しました。不要なメモリ負荷を減らすか、システム メモリを増やしてください。
17132 記述子用のメモリが不足しているので、サーバーのスタートアップに失敗しました。不要なメモリ負荷を減らすか、システム メモリを増やしてください。
17133 スタートアップ プロシージャ '%1!' の起動に失敗しました。
17135 スタートアップ プロシージャ '%1!' が起動しました。
17136 tempdb データベースを消去しています。
17137 データベース '%1!' を起動しています。
17138 '%1!' を起動できるだけの十分なメモリを割り当てることができません。不要なメモリ負荷を減らすか、システム メモリを増やしてください。
17139 SQL Server イメージが、大きなページ オプションで割り当てられました。
17140 サービス コントロール マネージャーで SQL Server をディスパッチできませんでした。オペレーティング システム エラー = %1!。
17141 サービス コントロール ハンドラーを登録できませんでした。オペレーティング システム エラー = %1!。
17142 SQL Server サービスが一時停止されました。新しい接続は許可されません。サービスを再開するには、SQL コンピューター マネージャーを使用するか、コントロール パネルの [サービス] を使用します。
17143 %1!: サービス コントロール状態を設定できませんでした。オペレーティング システム エラー = %2!。
17144 サービス コントロール マネージャーが一時停止を要求したので、SQL Server は新しい接続を許可していません。サービスを再開するには、SQL コンピューター マネージャーまたは [コントロール パネル] の [管理ツール] の [サービス] を使用してください。
17145 サービス コントロール ハンドラーが無効なコントロール コード = %1! を受け取りました。
17146 サービス コントロール マネージャーからの 'continue' 要求に応答して、SQL Server が新しい接続を許可しています。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17147 SQL Server はシステムのシャットダウンにより終了しています。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17148 サービス コントロール マネージャーからの 'stop' 要求に応答して、SQL Server が終了しています。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17149 ロック構成オプションで指定された静的ロック割り当てを使用しています。ノードごとに %1! 個のロック ブロックと %2! 個のロック所有者ブロックを割り当てています。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17150 ロックのパーティション分割が有効です。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17152 ノード構成: ノード %1!: CPU マスク: 0x%2!:%3! アクティブな CPU マスク: 0x%4!:%5!。このメッセージは、このコンピューターの NUMA 構成についての説明です。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17153 ノード %1!、プロセッサ マスク 0x%2! でプロセッサ関係が有効になっています。スレッドは関係の設定ごとに CPU で実行されます。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17155 I/O 関係が有効になっています (プロセッサ マスク 0x%1!)。ディスク I/O は、affinity I/O mask/affinity64 mask 構成オプションごとに、CPU で実行されます。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17156 initeventlog: キー '%1!' の EventLog サービスを開始できませんでした。直近のエラー コードは %2! です。
17158 %1! 秒間のアイドル状態の後、サーバーの実行が再開されました。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17159 サーバーがアイドル状態です。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17161 master ファイルのセクター サイズ %1! が不適切なので、I/O 中に SQL Server で NO_BUFFERING オプションを使用できません。セクター サイズの正しいドライブに master ファイルを移動してください。
17162 SQL Server は、通常の優先度ベース (=7) で起動されています。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17163 SQL Server が高い優先度ベース (=13) で起動されています。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17164 %1! 個の CPU が検出されました。このメッセージは情報提供を目的としています。ユーザー操作は不要です。
17165 RANU インスタンスが内部タイムアウトに応じて終了しています。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17166 Microsoft 分散トランザクション コーディネーター (MS DTC) を初期化しようとしています。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17167 データベース エンジンは最小限の構成オプションを使用して起動されたので、データベース エンジンのこのインスタンスでは、分散トランザクションのサポートが有効ではありませんでした。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17169 カーネル HTTP ドライバー Httpapi.dll がパスに見つかりません。SQL Server ネイティブ HTTP サポートを使用できません。エラー: 0x%1!。カーネル HTTP ドライバーをサポートしないオペレーティング システムを使用している可能性があります。
17170 SQL Server ネイティブ HTTP サポートは使用できません。関数のエントリ ポイント '%1!' が %2! に見つかりませんでした。エラー 0x%3!。SQL Server へのネイティブ HTTP アクセスには、このバージョンよりも新しいバージョンのオペレーティング システムが必要です。
17171 SQL Server ネイティブ HTTP サポートが失敗したので使用できなくなります。'%1!()' が失敗しました。エラー 0x%2!。
17172 SNIInitialize() はエラー 0x%1! で失敗しました。
17173 起動時に指定されたトレース フラグ %1! を無視しています。このフラグは、無効なトレース フラグまたはサーバーの起動時には指定できないトレース フラグです。
17174 リソース不足のため、SQL Server ネイティブ HTTP サポートを初期化できません。SQL Server に HTTP でアクセスできません。エラー 0x%1!。このエラーは通常、メモリが不足していることを示します。不要なメモリ負荷を減らし、システム メモリを増やしてください。
17175 SNI プロトコル構成のレジストリ設定が不適切です。サーバーは接続要求を受け入れられません。エラー: 0x%1!。状態: 0x%2!。
17176 この SQL Server のインスタンスにより、%1! のプロセス ID を使用して、%2! (現地時間) %3! (UTC) に最後のレポートが行われました。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17177 この SQL Server のインスタンスでは、%2! (現地時間) %3! (UTC) 以降、%1! のプロセス ID が使用されています。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17178 Address Windowing Extensions が有効です。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17179 'lock pages in memory' 特権が許可されていなかったので、Address Windowing Extensions を使用できませんでした。
17180 SQL Server は、使用可能なシステム メモリをすべて使用するように構成されていません。SQL Server が使用できるメモリを増やすには、sp_configure ストアド プロシージャを使用して、awe enabled オプションを 1 に設定します。
17181 SNIInitializeListener() はエラー 0x%1! で失敗しました。
17182 エラー 0x%1!、状態コード 0x%2! で、TDSSNIClient の初期化に失敗しました。理由: %3! %4!
17183 エラー ログを循環しようとしています。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17184 エラー ログが再初期化されています。古いエントリについては、以前のログを参照してください。
17185 パスワード ポリシーを更新できません。
17186 %1! タスクをキューに登録できませんでした。メモリが不足している可能性があります。
17187 SQL Server は新しいクライアント接続を受け入れる準備ができていません。しばらく待ってから再試行してください。エラー ログにアクセスできる場合は、SQL Server の準備ができたことを示す情報メッセージを確認してから、接続を再試行してください。%1!
17188 SQL Server はシャットダウン中なので、新しい接続を受け入れられません。接続が閉じられました。%1!
17189 SQL Server は、新しいログインまたは接続を処理するスレッドを起動できませんでした (エラー コード 0x%1!)。関連する可能性のある問題の情報については、SQL Server エラー ログと Windows イベント ログを確認してください。%2!
17190 エラー コード: %1!、状態: %2!、エラー番号: %3! により、FallBack 証明書を初期化できませんでした。
17191 セッションが終了したため、新しい接続を受け付けることができません。このエラーは、ログアウトしようとしているセッションで新しいバッチを実行しようとしたとき、または接続時に重大なエラーが起こったときに発生します。このセッションの終了が KILL コマンドによるものか、重大なエラーによるものかは、エラー ログを確認してください。%1!

コード メッセージ
17192 エラー 0x%1!、状態コード: 0x%2! により、専用管理者接続のサポートは開始されませんでした。このエラーは、通常、既にポートが使用中などのソケット ベースのエラーを示しています。
17193 SQL Server ネイティブ SOAP サポートを使用してクライアント接続できる状態です。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17194 サーバーはログインに必要な SSL プロバイダー ライブラリを読み込めませんでした。接続が閉じられました。SSL は、サーバーがどのように構成されているかによって、ログイン シーケンスの暗号化またはすべての通信の暗号化に使用されます。このエラー メッセージの詳細については、オンライン ブックを参照してください: %1! %2! %3!
17195 サーバーで初期化シーケンスを完了できませんでした。使用可能なネットワーク ライブラリでは必要なレベルの暗号化がサポートされていません。サーバー プロセスは停止しました。サーバーを再起動する前に、SSL 証明書がインストールされているかどうかを確認してください。オンライン ブックのトピック「クライアント プロトコルとネットワーク ライブラリの構成 (Configuring Client Protocols and Network Libraries)」を参照してください。
17196 ホット アド メモリを使用して %1! GB までのサイズ拡張の準備をしています。
17197 ログインがタイムアウトにより失敗しました。接続が閉じられました。このエラーは、サーバーの負荷の高さを示している場合があります。このサーバーの負荷を減らしてからログインを再試行してください。%1!
17198 エンドポイントが見つからなかったので接続が失敗しました。これは接続中にエンドポイントが削除された場合に発生する可能性があります。サーバーの別のエンドポイントに接続を試みてください。%1!
17199 専用管理者接続のサポートは、このエディションの SQL Server では無効なので、開始されませんでした。専用管理者接続を使用する場合は、トレース フラグ %1! を使用して SQL Server を再起動してください。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17200 専用管理接続のリモート アクセス設定の変更が、エラー 0x%1!、状態コード 0x%2! で失敗しました。
17201 ポート %1! でローカルにリッスンするため、専用管理者接続のサポートが確立されました。
17202 ポート %1! でリモートにリッスンするため、専用管理者接続のサポートが確立されました。
17203 このコンピューターでは SQL Server を起動できません。プロセッサ (CPU) モデルが SQL Server の実行に必要な命令の一部をサポートしていません。詳細については、BOL の「システム要件 (System Requirements)」を参照してください。
17204 %1!: ファイル番号 %3! のファイル %2! を開けませんでした。OS エラー: %4!。
17207 %1!: ファイル '%3!' を作成中または開いているときに、オペレーティング システム エラー %2! が発生しました。オペレーティング システム エラーを診断して修正し、操作を再試行してください。
17208 %1!: ファイル '%2!' のサイズが正しくありません。このサイズは %3! MB と表示されていますが、%4! MB である必要があります。ディスク エラーを診断して修正し、データベースをバックアップから復元してください。
17253 ファイル '%1!' のセクター サイズ %2! が無効なので、このファイルへの I/O 中は、SQL Server で NO_BUFFERING オプションを使用できません。セクター サイズの有効なディスクにファイルを移動してください。
17255 セカンダリ TempDB ファイル '%1!' は、リムーバブル ドライブに存在するため、起動中にアタッチされません。
17256 セカンダリ TempDB ファイル '%1!' は TempDB の起動中にアタッチされません。ドライブ チェックがエラー '%2!' で失敗しました。
17257 ディスク情報を初期化しようとしたときに、システム エラーが発生しました。エラー '%1!'
17258 TempDB データベースに空き領域がありません
17300 メモリが不足しているか、構成されているセッション数がこのサーバーで許可されている最大数を超えているので、SQL Server で新しいシステム タスクを実行できませんでした。サーバーに十分なメモリがあることを確認してください。ユーザー接続の許容最大数を確認するにはオプション 'user connections' を指定して sp_configure を使用してください。ユーザー プロセスを含めた現在のセッション数を確認するには sys.dm_exec_sessions を使用してください。
17303 終了処理中に、SPID %1! のセッションが無効になっていることがわかりました。セッション構造が壊れている可能性があります。ご購入元に問い合わせてください。
17308 %1!: プロセス %2! でアクセス違反が発生しました。SQL Server により、このプロセスを終了しています。
17310 SPID %1! のセッションからのユーザー要求で致命的な例外が発生しました。SQL Server がこのセッションを終了しています。ログ ディレクトリに作成されたダンプを送って、Product Support Services に問い合わせてください。
17311 致命的な例外 %1! により SQL Server が終了しています。このエラーは、ハンドルされていない Win32 または C++ の例外か、例外の処理中に発生したアクセス違反が原因である可能性があります。SQL Server エラー ログで、関連のあるスタック ダンプまたはメッセージを確認してください。この例外により、強制的に SQL Server がシャットダウンされます。このエラーから復旧するには、サーバーを再起動してください (SQLAgent を自動的に再起動するように構成していない場合)。
17312 タスクのスタートアップでのエラーにより、SQL Server がシステムまたはバックグラウンドのタスク %1! を終了しています (セットアップの状態 %2!)。
17313 ドライバー ntdll.dll がパスに見つかりません。SQL Server ネイティブ HTTP サポートを使用できません。エラー: 0x%1!。このドライバーをサポートしないオペレーティング システムを使用している可能性があります。
17401 %1! 秒間のアイドル状態の後、サーバーの実行が再開されました。サーバーはユーザー操作により起動されました。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17403 %1! 秒間のアイドル状態の後、サーバーの実行が再開されました。理由: タイマー イベント。
17404 %1! 秒間のアイドル状態の後、サーバーの実行が再開されました。
17405 例外状況をレポート中に、イメージの破損またはホットパッチが検出されました。これはハードウェアに問題があることを示している可能性があります。詳細については、SQLDUMPER_ERRORLOG.log を確認してください。
17406 %1! 秒間のアイドル状態の後、サーバーの実行が再開されました。理由: リソースが少なくなっています。
17407 SQL Server で上級ユーザー モードのスケジュール設定のサポートが初期化されました。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17550 DBCC TRACEON %1!、サーバー プロセス ID (SPID) %2!。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17551 DBCC TRACEOFF %1!、サーバー プロセス ID (SPID) %2!。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17557 データベース ID %1! の DBCC DBRECOVER が失敗しました。バックアップからデータベースを復元してください。
17558 データベース %1! の復旧がバイパスされています。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17560 DBCC DBREPAIR: '%1!' インデックスは '%2!.%3!' に復元されました。
17561 %1! インデックスが %2!.%3! に対して復元されました。
17572 DBCC で DLL '%1!' を解放できません。SQL Server が正しく機能するにはこの DLL が必要です。
17573 データベース '%1!' の CHECKDB が %2! (現地時間) に完了しました。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17656 警告 ******************
17657 既定の照合順序を %1! に変更しようとしています。
17658 SQL Server がシングル ユーザー モードで起動しました。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17659 警告: システム テーブル ID %1! がデータベース ID %2! で直接更新されました。キャッシュの一貫性が維持されていない可能性があります。SQL Server を再起動してください。
17660 復旧せずに起動しています。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17661 tempdb を消去しないで、すべてのデータベースを復旧しています。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17663 サーバー名は '%1!' です。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17664 サーバーを実行中のローカル ノードの NETBIOS 名は '%1!' です。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17674 ログイン: %1! %2!、サーバー プロセス ID (SPID): %3!、カーネル プロセス ID (KPID): %4!。
17676 Ctrl + C または Ctrl + Break シグナルにより、SQL Server がシャットダウンされました。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17681 SQL Server のこのインスタンスの既定の照合順序 %1! を読み込んでいます。
17750 DLL %1!、またはこの DLL によって参照されるいずれかの DLL を読み込めませんでした。理由: %2!。
17751 関数 %1! がライブラリ %2! に見つかりませんでした。理由: %3!。
17752 SQL Server のメモリが不足しているので、拡張ストアド プロシージャ '%1!' を実行できません。接続を閉じるか、またはトランザクションを終了して、サーバーのメモリ リソースを解放してください。
17753 %1! は、master データベースだけで実行できます。

コード メッセージ
17802 接続を開くのに使用した、クライアント ライブラリの表形式のデータ ストリーム (TDS) バージョン 0x%1! は、サポートされていないか、不明です。接続は閉じられました。%2!
17803 接続の確立中にメモリの割り当てエラーが発生しました。不要なメモリ負荷を減らすか、システム メモリを増やしてください。接続が閉じられました。%1!
17805 ログイン レコードの usertype フィールドの値が無効です。Sybase クライアントによって使用されていた値 0x01 は、SQL Server ではサポートされなくなりました。SQL Server への接続に使用するクライアント ライブラリの製造元に問い合わせてください。%1!
17806 統合セキュリティでの接続を確立中に SSPI ハンドシェイクがエラー コード 0x%1!、状態 %2! で失敗しました。この接続は閉じられました。理由: %3! %4!.
17807 クライアントから受け取ったイベント '%1!' は SQL Server で認識されません。SQL Server への接続に使用されているクライアント ライブラリの製造元に問い合わせ、送信される表形式のデータ ストリーム内のイベント番号を修正するように依頼してください。
17809 既にユーザー接続最大数 '%1!' に達しているので接続できませんでした。システム管理者は、sp_configure を使用して最大値を増やすことができます。接続を閉じました。%2!
17810 既に最大数 '%1!' の専用管理者接続が存在するので接続できませんでした。新しい接続を作成するには、ログオフするか、プロセスを終了して、既存の専用管理者接続を削除してください。%2!
17812 専用管理者接続が切断されました。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
17813 要求されたサービスは停止されたか、無効にされたので、この時点では使用できません。接続が閉じられました。%1!
17825 ネットワーク エンドポイントを終了できなかったか、ネットワーク ライブラリをシャットダウンできませんでした。ネットワーク ライブラリで内部エラーが発生したことが原因です。エラー ログを確認してください。このエラーの後に一覧表示されるエントリには、ネットワーク ライブラリからのエラー コードが含まれます。
17826 ネットワーク ライブラリで内部エラーが発生したので、ネットワーク ライブラリを起動できませんでした。原因を判断するには、このエラーの直前に発生したエラーをエラー ログで確認してください。
17827 パスワードの暗号化中にエラーが発生しました。接続が閉じられました。%1!
17828 接続を開くのに使用したログイン前のパケットの構造は無効です。接続が閉じられました。クライアント ライブラリの製造元に問い合わせてください。%1!
17829 接続を確立中にネットワーク エラーが発生したので、接続が閉じられました。%1!
17830 接続を確立中に、ネットワーク エラー コード 0x%1! が発生したので接続が閉じられました。原因として、クライアントまたはサーバーのログインがタイムアウトした可能性があります。ログインに要した時間: 合計 %2! ミリ秒、キューへの登録 %3! ミリ秒、ネットワーク書き込み %4! ミリ秒、ネットワーク読み取り %5! ミリ秒、SSL の確立 %6! ミリ秒、SSPI のネゴシエーション %7! ミリ秒、ログインの検証 %8! ミリ秒 (ユーザー定義ログインの処理の %9! ミリ秒を含む)。%10!
17832 接続を開くのに使用したログイン パケットの構造は無効です。接続が閉じられました。クライアント ライブラリの製造元に問い合わせてください。%1!
17835 このサーバーに接続するには暗号化が必要になりますが、クライアント ライブラリでは暗号化がサポートされません。接続が閉じられました。クライアント ライブラリをアップグレードしてください。%1!
17836 ネットワーク パケット ペイロードで指定された長さが、読み取ったバイト数と一致しませんでした。接続が閉じられました。クライアント ライブラリのベンダーに問い合わせてください。%1!
17881 '%1!' はサポートされていないオープン データ サービス API です。
17883 プロセス %1!:%2!:%3! (0x%4!) ワーカー 0x%5! が、スケジューラ %6! で応答を停止している可能性があります。スレッドの作成時刻: %7!。スレッド CPU 概算使用時間: カーネル %8! ミリ秒、ユーザー %9! ミリ秒。プロセスの使用率 %10!%%。システムのアイドル状態 %11!%%。間隔: %12! ミリ秒。
17884 ノード %1! のプロセスに割り当てられた新しいクエリが、この %2! 秒間ワーカー スレッドで選択されませんでした。クエリがブロックされているか長時間実行されていると、この状態が発生することがあり、クライアントの応答時間が悪化します。"max worker threads" 構成オプションを使用して使用可能なスレッド数を増やすか、現在実行中のクエリを最適化してください。SQL プロセス使用率: %3!%%。システムのアイドル状態: %4!%%。
17885 Web サービス記述言語 (WSDL) 生成プロシージャに、予期しないクエリ文字列が渡されました。
17886 セッションがシングル ユーザー モードのときにクライアント ドライバーが複数の要求を送信したので、サーバーにより接続が削除されます。このエラーが発生するのは、セッションでバッチを実行しているときにクライアントが接続のリセットの要求を送信した場合、またはセッションが接続をリセットしているときにクライアントが要求を送信した場合です。クライアント ドライバーの製造元に問い合わせてください。
17887 IO 完了リスナー (0x%1!) のワーカー 0x%2! が、ノード %3! で応答を停止している可能性があります。CPU の概算使用量: カーネル %4! ミリ秒、ユーザー %5! ミリ秒、間隔: %6!。
17888 大量のワーカー スレッドが %2! で待機しているため、ノード %1! のすべてのスケジューラがデッドロックしている可能性があります。プロセスの使用率 %3!%%。
17889 新しい接続が拒否されました。セッション ID %1! の最大接続数に達しました。このセッションの既存の接続を閉じて再試行してください。%2!
17890 SQL Server プロセス メモリのかなりの部分がページ アウトされています。結果として、パフォーマンスが低下する可能性があります。継続時間: %1! 秒。ワーキング セット (KB): %2!、コミット メモリ (KB): %3!、メモリ使用率: %4!%%。
17891 リソース モニター (0x%1!) のワーカー 0x%2! が、ノード %3! で応答を停止している可能性があります。解放されたメモリ: %4! KB。最終待機: %5!。最終クラーク: 種類 %6!、名前 %7!。CPU の概算使用量: カーネル %8! ミリ秒、ユーザー %9! ミリ秒、間隔: %10!。
17892 トリガーの実行により、ログイン '%1!' のログオンに失敗しました。%2!
17894 ディスパッチャー プール '%2!' のディスパッチャー (0x%1!) のワーカー 0x%3! が、ノード %4! で応答を停止している可能性があります。CPU の概算使用量: カーネル %5! ミリ秒、ユーザー %6! ミリ秒、間隔: %7!。
18002 ライブラリ '%2!' の拡張ストアド プロシージャ '%1!' を実行中に例外が発生しました。SQL Server により、プロセス %3! が終了されています。例外の種類: %4!。例外コード: 0x%5!。
18052 エラー: %1!、重大度: %2!、状態: %3!。
18053 エラー: %1! 重大度: %2! 状態: %3! (パラメーター: %4!)。形式設定中にエラーが発生したため、エラーは簡易モードで出力されます。トレース、ETW、通知などはスキップされます。
18054 エラー %1!、重大度 %2!、状態 %3! が発生しましたが、このエラー番号を含むメッセージが sys.messages に見つかりませんでした。エラー番号が 50,000 より大きい場合は、sp_addmessage を使用してユーザー定義メッセージが追加されていることを確認してください。
18055 サーバーで接続 %3! を再設定中に、例外 %1!, %2! が発生しました。サーバーを障害から復旧して接続を再設定できないので、接続が削除されました。ご購入元に問い合わせてください。
18056 クライアントは、接続プーリング用にリセットされた SPID %1! のセッションを再利用できませんでした。エラー ID は %2! です。このエラーは以前の操作の失敗が原因で発生した可能性があります。エラー ログで、このエラー メッセージの直前に失敗した操作を確認してください。
18057 エラー: 実行コンテキストを設定できませんでした。
18058 書式設定文字列を読み込めませんでした。エラー %1!、言語 ID %2!。オペレーティング システム エラー: %3!。リソース ファイルが SQL Server 実行可能ファイルと一致することと、ローカライズされたディレクトリ内のリソース ファイルが英語ディレクトリ内のファイルと一致することを確認してください。また、メモリの使用量も確認してください。
18059 接続が削除されました。その接続を開いたプリンシパルが、その後新しいセキュリティ コンテキストを想定し、権限を借用したセキュリティ コンテキストの管理下に接続を再設定しようとしました。このシナリオはサポートされません。オンライン ブックの「権限借用の概要 (Impersonation Overview)」を参照してください。
18060 文字列を書式設定できませんでした。エラー %1!、言語 ID %2!。このエラーはサーバーのメモリ不足か、メッセージの書式設定中のエラーが原因で発生した可能性があります。
18061 クライアントは SPID %1! のセッションに参加できませんでした。このエラーは以前の操作が失敗したこと、またはセッションが確立された後に権限が変更されたことが原因で発生した可能性があります。エラー ログで、このエラー メッセージの直前に失敗した操作を確認してください。
18100 プロセス ID %1! は、ホスト名 %2!、ホスト プロセス ID %3! により強制終了されました。
18113 SQL Server はシステム インデックスを確認後にシャットダウンされます。
18124 既定の照合順序は正常に変更されました。
18204 %1!: バックアップ デバイス '%2!' を %3! にできませんでした。オペレーティング システム エラー %4!。
18210 %1!: バックアップ デバイス '%3!' で %2! エラーが発生しました。オペレーティング システム エラー %4!。
18225 テープ '%1!' (ファミリ ID %2!、シーケンス %3!、media_set_guid %4!) が、テープ ドライブ '%5!' にセットされました。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
18226 ドライブ '%1!' にテープをセットするように要求されています。セットする必要があるのは (ファミリ ID %2!、シーケンス %3!) のボリュームです。
18227 名前のないテープ (ファミリ ID %1!、シーケンス %2!、media_set_guid %3!) が、テープ ドライブ '%4!' にセットされました。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
18228 ドライブ '%1!' でテープのセットを求める要求が取り消されました。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
18257 %1!: デバイスまたはメディアでは %2! がサポートされません。この機能にアクセスするには、別のデバイスまたはメディアを使用してください。
18264 データベースがバックアップされました。データベース: %1!、作成日付 (時刻): %2! (%3!)、ダンプされたページ数: %4!、最初の LSN: %5!、最後の LSN: %6!、ダンプ デバイス数: %7!、デバイス情報: (%8!)。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
18265 ログがバックアップされました。データベース: %1!、作成日付 (時刻): %2! (%3!)、最初の LSN: %4!、最後の LSN: %5!、ダンプ デバイス数: %6!、デバイス情報: (%7!)。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
18266 データベース ファイルがバックアップされました。データベース: %1!、作成日付 (時刻): %2! (%3!)、ファイル リスト: (%4!)、ダンプされたページ数: %5!、ダンプ デバイス数: %6!、デバイス情報: (%7!)。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
18267 データベースが復元されました。データベース: %1!、作成日付 (時刻): %2! (%3!)、最初の LSN: %4!、最後の LSN: %5!、ダンプ デバイス数: %6!、デバイス情報: (%7!)。このメッセージは情報提供を目的としています。ユーザー操作は不要です。
18268 ログが復元されました。データベース: %1!、作成日付 (時刻): %2! (%3!)、最初の LSN: %4!、最後の LSN: %5!、ダンプ デバイス数: %6!、デバイス情報: (%7!)。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。

コード メッセージ
18269 データベース ファイルが復元されました。データベース: %1!、作成日付 (時刻): %2! (%3!)、ファイル リスト: (%4!)、ダンプ デバイス数: %5!、デバイス情報: (%6!)。このメッセージは情報提供を目的としています。ユーザー操作は不要です。
18270 データベースの差分変更がバックアップされました。データベース: %1!、作成日付 (時刻): %2! (%3!)、ダンプされたページ数: %4!、最初の LSN: %5!、最後の LSN: %6!、完全バックアップ LSN: %7!、ダンプ デバイス数: %8!、デバイス情報: (%9!)。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
18271 データベースの変更が復元されました。データベース: %1!、作成日付 (時刻): %2! (%3!)、最初の LSN: %4!、最後の LSN: %5!、ダンプ デバイス数: %6!、デバイス情報: (%7!)。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
18272 復元の再開中に、チェックポイント ファイル '%1!' で I/O エラーが発生しました (オペレーティング システム エラー %2!)。ステートメントは続行されますが、再開できません。チェックポイント ファイル用に有効なストレージの場所が存在することを確認してください。
18273 エラー %3! により、データベース '%2!' の '%1!' ビットマップをクリアできませんでした。この結果、差分ビットマップまたは一括ログ記録ビットマップにより、次の差分バックアップまたはログ バックアップで発生する変更量が実際より多く表示されます。この違いによりその後の差分バックアップまたはログ バックアップ操作の速度が遅くなり、バックアップ セットが必要量を超える可能性があります。通常、このエラーの原因はリソースの不足です。エラーを調べて原因を解決してください。このエラーがデータのバックアップで発生した場合は、データのバックアップを実行し、その後の差分バックアップ用に新しいデータベースを作成することを検討してください。
18274 テープ '%1!' がドライブ '%2!' から取り外されました。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
18275 名前のないテープがドライブ '%1!' から取り外されました。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
18276 データベース ファイルの差分変更がバックアップされました。データベース: %1!、作成日付 (時刻): %2! (%3!)、ファイル リスト: (%4!)、ダンプされたページ数: %5!、ダンプ デバイス数: %6!、デバイス情報: (%7!)。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
18277 データベース ファイルの変更が復元されました。データベース: %1!、作成日付 (時刻): %2! (%3!)、ファイル リスト: (%4!)、ダンプ デバイス数: %5!、デバイス情報: (%6!)。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
18300 理由: インフラストラクチャ エラーが発生しました。以前に発生したエラーを確認してください。
18301 理由: 指定された名前に一致するログインが見つかりませんでした。
18302 理由: 機密情報を含むメモリの保護を解除できませんでした。
18303 理由: 機密情報を含むメモリの保護を解除できませんでした。
18304 理由: 指定された名前に一致するログインが見つかりませんでした。
18305 理由: SQL Server 認証に NT アカウント名を使用しようとしています。
18306 理由: パスワードの評価中にエラーが発生しました。
18307 理由: パスワードが、指定されたログインのパスワードと一致しませんでした。
18308 理由: 無効なパスワードが指定されました。
18309 理由: パスワードの検証は、インフラストラクチャ エラーが発生して失敗しました。以前に発生したエラーを確認してください。
18310 理由: トークン ベースのサーバー アクセス検証は、インフラストラクチャ エラーが発生して失敗しました。以前に発生したエラーを確認してください。
18311 理由: ログイン ベースのサーバー アクセス検証は、インフラストラクチャ エラーが発生して失敗しました。以前に発生したエラーを確認してください。
18312 理由: SQL Server サービスが一時停止中です。現在新規接続を受け入れることができません。
18313 理由: SQL Server へのログインに使用されているインターフェイスはサポートされていません。
18314 理由: 指定されたデータベースを開けませんでした。
18315 理由: このログインのデータベースを開けませんでした。
18316 理由: 初期言語および日付形式を特定できません。
18317 理由: ユーザーはパスワードを変更する必要がありますが、現在の接続設定ではパスワードの変更ができません。
18318 理由: 機密情報を含むメモリの保護を解除できませんでした。
18319 理由: 接続でのログインの再実行中に発生したエラーのシミュレーションです。
18320 理由: SQL Server サービスが一時停止中です。現在ログインを再検証することができません。
18321 理由: 接続でのログインの再検証中に、セキュリティ コンテキストの再初期化に失敗しました。
18322 理由: 接続でのログインの再検証中に、サーバー検証へのアクセスに失敗しました。
18323 理由: 接続でのログインの再検証中に、指定されたデータベースを開けませんでした。
18324 理由: 接続でのログインの再検証中に、ユーザー インスタンスを作成できませんでした。
18325 理由: 接続でのログインの再検証中に、指定されたデータベースをアタッチできませんでした。
18326 理由: 接続でのログインの再検証中に、このログインのデータベースを開けませんでした。
18327 理由: 接続でのログインの再検証中に、言語および日付形式を特定できませんでした。
18328 理由: 接続でのログインの再検証中に例外が発生しました。以前に発生したエラーを確認してください。
18329 理由: ログインの再認証中に発生したエラーのシミュレーションです。
18330 理由: SQL Server サービスが一時停止中です。現在ログインを再認証することができません。
18331 理由: ログインの再認証中に、セキュリティ コンテキストの再初期化に失敗しました。
18332 理由: ログインの再認証中に、検証のためにサーバーにアクセスできませんでした。
18333 理由: ログインの再認証中に、指定されたデータベースを開けませんでした。
18334 理由: ログインの再認証中にエラーが発生しました。以前に発生したエラーを確認してください。
18335 理由: データベース名を取得できないか、またはデータベースをアイテムにマッピングできませんでした。
18336 理由: 共有を指定していないログインでは接続できません。
18337 理由: 明示的に指定されたデータベースを開けませんでした。
18338 理由: 指定されたファイル名からデータベース名を特定できません。
18339 理由: ログイン プロパティに指定されたデータベースを開けませんでした。
18340 理由: データベース名および照合順序を保存できませんでした。以前に発生したエラーを確認してください。
18341 理由: 接続の再設定中に、現在の照合順序とデータベースの照合順序が一致しませんでした。
18342 理由: ログ配布パートナー ノードに環境変更通知を送信できませんでした。
18343 理由: 接続でのログインの再検証中に、データベース名を取得できないか、またはデータベースをアイテムにマッピングできませんでした。
18344 理由: 接続でのログインの再検証中に、共有を指定していないログインで接続することは許可されていません。
18345 理由: 接続でのログインの再検証中に、ログイン オブジェクトに構成されたデータベースを開けませんでした。
18346 理由: 接続でのログインの再検証中に、指定されたファイル名からデータベース名を特定できませんでした。

コード メッセージ
18347 理由: 接続でのログインの再検証中に、ログイン プロパティに指定されたデータベースを開けませんでした。
18348 理由: 接続でのログインの再検証中に、データベース名および照合順序を保存できませんでした。以前に発生したエラーを確認してください。
18349 理由: 接続の再設定中に、現在の照合順序とデータベースの照合順序が一致しませんでした。
18350 理由: ログインの再検証中に、ログ配布パートナー ノードに環境変更通知を送信できませんでした。
18351 理由: クライアントの権限借用に失敗しました。
18352 理由: 権限借用を自己に戻せませんでした。
18353 理由: セキュリティ トークン情報を取得できませんでした。
18354 理由: セキュリティ トークンの複製に失敗しました。
18355 理由: プロセス トークン検証の再試行に失敗しました。
18356 理由: パスワードの変更中にエラーが発生しました。
18357 理由: SQL 認証を使用したログインに失敗しました。サーバーは、Windows 認証専用に構成されています。
18400 バックグラウンド チェックポイント スレッドで、回復できないエラーが発生しました。スレッドがリソースをクリーンアップできるように、チェックポイント処理を終了しています。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
18401 ユーザー '%1!' はログインできませんでした。理由: サーバーがスクリプト アップグレード モードです。この時点では管理者だけが接続できます。%2!
18451 ユーザー '%1!' はログインできませんでした。この時点では管理者だけが接続できます。%2!
18452 ログインできませんでした。このログインは信頼されていないドメインからのログインなので、Windows 認証では使用できません。%1!
18453 ユーザー '%1!' はログインに成功しました。接続は Windows 認証を使用して確立されました。%2!
18454 ユーザー '%1!' はログインに成功しました。接続は SQL Server 認証を使用して確立されました。%2!
18455 ユーザー '%1!' はログインに成功しました。%2!
18456 ユーザー '%1!' はログインできませんでした。%2!%3!
18458 ログインできませんでした。このサーバーの %1! の登録済みライセンスと同数の同時ユーザーが既にログインしています。同時ユーザーの最大数を増やすには、追加のライセンスを取得して、[コントロール パネル] の [ライセンス] を使用し、それらのライセンスを登録してください。%2!
18459 ログインできませんでした。SQL Server アクセスの最大ワークステーション ライセンスの上限に既に達しています。%1!
18460 ログインできませんでした。同時ユーザー数が、この '%2!' サーバーのライセンスの上限 %1! に既に達しています。追加のライセンスを取得してインストールするか、完全バージョンにアップグレードする必要があります。%3!
18461 ユーザー '%1!' はログインできませんでした。理由: サーバーがシングル ユーザー モードです。この時点では管理者だけが接続できます。%2!
18462 ユーザー "%1!" はログインできませんでした。パスワードを変更できませんでした。このユーザーのパスワードは最近変更したばかりです。%2!
18463 ユーザー "%1!" はログインできませんでした。パスワードを変更できませんでした。この時点ではパスワードを使用できません。%2!
18464 ユーザー '%1!' はログインできませんでした。理由: パスワードを変更できませんでした。このパスワードは短すぎるので、Windows ポリシーの要件を満たしません。%2!
18465 ユーザー '%1!' はログインできませんでした。理由: パスワードを変更できませんでした。このパスワードは長すぎるので、Windows ポリシーの要件を満たしません。%2!
18466 ユーザー '%1!' はログインできませんでした。理由: パスワードを変更できませんでした。このパスワードはあまり複雑ではないので、Windows のポリシー要件を満たしません。%2!
18467 ユーザー "%1!" はログインできませんでした。パスワードを変更できませんでした。パスワードがパスワード フィルター DLL の要件を満たしていません。%2!
18468 ユーザー "%1!" はログインできませんでした。パスワードを変更できませんでした。パスワードの検証で予期しないエラーが発生しました。%2!
18469 [クライアント: %1!]
18470 ユーザー '%1!' はログインできませんでした。理由: このアカウントは無効です。%2!
18471 ユーザー "%1!" はログインできませんでした。パスワードを変更できませんでした。このユーザーにはパスワードを変更する権限がありません。%2!
18482 サーバー '%1!' に接続できませんでした。'%2!' はリモート サーバーとして定義されていません。正しいサーバー名を指定していることを確認してください。%3!。
18483 サーバー '%1!' に接続できませんでした。'%2!' はそのサーバーでリモート ログインとして定義されていません。正しいログイン名を指定していることを確認してください。%3!。
18485 サーバー '%1!' に接続できませんでした。このサーバーは、リモート ログインを許可するように構成されていません。リモート アクセスの構成オプションを使用して、リモート ログインを許可してください。%2!
18486 現在アカウントがロックアウトされているので、ユーザー '%1!' はログインできませんでした。システム管理者がロックを解除できます。%2!
18487 ユーザー '%1!' はログインできませんでした。理由: このアカウントのパスワードの有効期限が切れています。%2!
18488 ユーザー '%1!' はログインできませんでした。理由: このアカウントのパスワードを変更する必要があります。%2!
18489 "%2!".%3! の "%1!" により、専用管理者接続は使用中です。
18491 無効なシリアル番号が原因で、SQL Server を起動できませんでした。スタートアップ時に取得されたシリアル番号情報が無効です。続行するには、SQL Server を再インストールしてください。
18492 SQL Server を起動できません。この '%1!' バージョンの SQL Server のライセンス契約が無効です。サーバーを終了します。続行するには、有効なライセンスで SQL Server を再インストールしてください。
18493 ユーザー インスタンスのログイン フラグは、SQL Server のこのバージョンではサポートされません。接続は閉じられます。%1!
18494 SQL Server のユーザー インスタンスに接続しているときは、ユーザー インスタンスのログイン フラグを使用できません。接続は閉じられます。%1!
18495 ユーザー インスタンスのログイン フラグは、アタッチするデータベース ファイル名と同時に使用できません。接続は閉じられます。%1!
18496 システム製造元: '%1!'、システム モデル: '%2!'。
18596 システムのメモリが不足しているため、%1! を開始できません。
18597 インストールされた %1! が破損しているか変更されています (%2!)。アンインストールしてセットアップを再実行し、この問題を解決してください
18598 %1! で既定のインスタンス (%2!) が見つかりませんでした: エラー %3!。sqlservr.exe の呼び出し時に、既存のインスタンスの名前を指定してください。\n\nインストールされたシステムが破損しているか変更されていると考えられる場合は、アンインストールしてセットアップを再実行し、この問題を解決してください。
18599 %1! で指定された名前付きインスタンス (%2!) が見つかりませんでした: エラー %3!。sqlservr.exe の呼び出し時に、既存のインスタンスの名前を指定してください。\n\nインストールされたシステムが破損しているか変更されていると考えられる場合は、アンインストールしてセットアップを再実行し、この問題を解決してください。
18750 %1!: パラメーター '%2!' は有効ではありません。
18751 %1! プロシージャが間違った数のパラメーターで呼び出されました。
18752 同時にデータベースに接続できるログ リーダー エージェントまたはログ関連のプロシージャ (sp_repldone、sp_replcmds、および sp_replshowcmds) は 1 つだけです。ログ関連のプロシージャを実行した場合、そのプロシージャが実行された接続を削除するか、その接続に対して sp_replflush を実行してから、ログ リーダー エージェントを開始するか、別のログ関連のプロシージャを実行してください。
18755 レプリケーションのメモリを割り当てられませんでした。すべての操作を実行するための十分なメモリが SQL Server に割り当てられていることを確認してください。
18756 テーブル %1! のレプリケーション情報を取得できませんでした。テーブルに主キーがあることを確認してから、ログ リーダー エージェントを再実行してください。
18757 プロシージャを実行できません。データベースがパブリッシュされていません。レプリケーション用にパブリッシュされたデータベースでプロシージャを実行してください。

コード メッセージ
18760 アーティクル %2! の %1! ステートメントは無効です。サブスクライバーに変更を反映するストアド プロシージャで適切な呼び出し構文が使用されていることを確認して、ログ リーダー エージェントに戻ってください。呼び出し構文を表示して変更するには、sp_helparticle と sp_changearticle を使用します。
18761 {%1!:%2!:%3!} のコミット レコードは既に配布済みです。
18762 コミット レコード {%4!:%5!:%6!} の開始 LSN {%1!:%2!:%3!} が無効です。DBTABLE を調べてください。
18763 コミット レコード {%1!:%2!:%3!} は最も古いアクティブな LSN を (0:0:0) とレポートしています。
18764 フィルター ストアド プロシージャ %1! の実行に失敗しました。詳細については、SQL Server エラー ログを参照してください。
18765 レプリケーション ログ スキャンで指定された "%1!" ログ シーケンス番号 (LSN) が無効です。
18766 DBTABLE の replbeginlsn フィールドが無効です。
18767 指定したレプリケーション ログ スキャンの開始 LSN {%1!:%2!:%3!} が replbeginlsn {%4!:%5!:%6!} より前になっています。
18768 repldone ログ スキャンに指定した LSN {%1!:%2!:%3!} が、ログ内のレプリケーションの現在の開始点 {%4!:%5!:%6!} よりも前になっています。
18769 repldone ログ スキャンに指定した LSN {%1!:%2!:%3!} は、レプリケートされたコミット レコードではありません。
18770 repldone ログ スキャンに指定した LSN {%1!:%2!:%3!} がトランザクション ログに存在しません。
18771 variant 型 %2! の書き込みに指定されたストレージ型 %1! が無効です。
18772 repl 型照合で指定されたサーバーのデータ型 (%1!) が無効です。
18773 コマンドの作成中に、列 "%1!"、ID %2! のテキスト情報レコードが見つかりませんでした。
18774 ストアド プロシージャ %1! はトランザクション内で実行してください。
18775 DML 操作を処理中に、ログ リーダー エージェントは予期しない型 %1! のログ レコードを検出しました。
18776 アーティクル キャッシュ アクセス イベントで待機中にエラーが発生しました。
18777 %1!: MSMQ コンポーネントの初期化エラー
18778 %1!: Microsoft メッセージ キュー %2! を開くときのエラー
18780 @dts_package_password パラメーターに値が指定されています。この場合、@dts_package_name パラメーターの値も指定する必要があります。
18781 @backupdevicetype パラメーターに指定された値は無効です。'logical'、'disk'、'tape' のいずれかの値を指定してください。
18782 指定されたバックアップ デバイスで、データベース '%1!' のバックアップ ヘッダー情報が見つかりませんでした。パブリッシャー データベースのバックアップが格納されているバックアップ デバイスを指定してください。
18783 サブスクリプション セットアップ スクリプトのパスが切り捨てられました。スナップショット フォルダーのディレクトリ パスが長すぎます。このパブリッシャーに短いパスを使用するようディストリビューターを再構成した後、操作を再試行してください。
18784 レプリケーションにより生成された、代替スナップショット フォルダーのパスが切り捨てられました。代替スナップショット フォルダーに短いパスを使用するようパブリケーションを再構成した後、操作を再試行してください。
18786 指定したパブリケーションでは、バックアップを使用したサブスクリプションの初期化は許可されません。バックアップを使用して初期化できるようにするには、'allow_initialize_from_backup' を 'True' にして sp_changepublication を実行してください。
18787 スナップショット パブリケーションでは、バックアップを使用したサブスクリプションの初期化オプションを使用できません。このオプションはトランザクション パブリケーションに対してのみサポートされています。
18790 バックアップを使用したサブスクリプションの初期化オプションを有効にできません。このオプションは SQL Server 以外のパブリッシャーではサポートされておらず、SQL Server パブリッシャーからのトランザクション パブリケーションに対してのみサポートされています。
18795 ログ ベースのインデックス付きビュー アーティクルの有効な新しい種類は 'indexed view logbased'、'indexed view logbased manualfilter'、'indexed view logbased manualview'、および 'indexed view logbased manualboth' だけです。
18796 ログ ベースのテーブル アーティクルの有効な新しい種類は、'logbased'、'logbased manualfilter'、'logbased manualview'、および 'logbased manualboth' だけです。
18799 この操作を実行できるユーザーは、sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーと、現在のデータベースの dbowner または dbcreator 固定データベース ロールのメンバーのみです。
18801 レプリケーションのスキーマ バージョン ノードで使用するメモリを割り当てることができません。
18802 新しいスキーマ変更を systranschemas システム テーブルに挿入できません。HRESULT = '0x%1!'。問題が解決しない場合は、ご購入元に問い合わせてください。
18803 トピック %1! はサポートされているヘルプ トピックではありません。サポートされているトピックの一覧を参照するには、ストアド プロシージャ sp_replhelp N'helptopics' を実行してください。
18804 ピア ツー ピア レプリケーションが有効になっています。ログ リーダー エージェントは、このサーバー以外で開始されたトランザクションの EOR (Extended-Originator-Record) を検出できませんでした。ご購入元に問い合わせてください。
18805 ログ スキャン プロセスは、レプリケートされたコマンドをログ シーケンス番号 (LSN) {%1!:%2!:%3!} から構築できませんでした。パブリケーション データベースをバックアップし、ご購入元に問い合わせてください。
18806 レプリケーション リソースを初期化できません。SQL Server に十分なメモリが割り当てられているかどうかを確認してください。問題が解決しない場合は、SQL Server を再起動してください。
18807 レプリケーション システム テーブル '%1!' のオブジェクト ID が見つかりません。システム テーブルが存在するかどうかと、クエリで直接アクセスできるかどうかを確認してください。システム テーブルが存在する場合は、ログ リーダー エージェントを停止し再起動してください。存在しない場合は、レプリケーションを削除し再構成してください。
18808 アーティクル情報が無効です。ログ リーダー エージェントを停止し、ストアド プロシージャ sp_replflush を実行した後、ログ リーダー エージェントを再起動してください。
18809 対応する BEGIN_UPDATE がない END_UPDATE ログ レコード {%1!:%2!:%3!} が検出されました。
18810 テーブル '%1!' でスキャンを再開できません。HRESULT = '0x%2!'。ログ リーダー エージェントを停止し、再起動してください。問題が解決しない場合は、ご購入元に問い合わせてください。
18811 ログ レコード %1! は無効です。
18812 アーティクル キャッシュ内のデータベース オブジェクトをロックできません。
18815 %1! バイトのデータが必要なところ、トランザクション ログでは %2! バイトしか見つかりませんでした。詳細については、ご購入元に問い合わせてください。
18817 テキスト情報ブロックが無効です。ご購入元に問い合わせてください。
18818 ログ シーケンス番号 (LSN) {%1!:%2!:%3!} までスキャンできませんでした。ご購入元に問い合わせてください。
18819 ログ シーケンス番号 (LSN) {%1!:%2!:%3!} の現在ログ レコードをロックできませんでした。ご購入元に問い合わせてください。
18821 行セットにオフセット %1! の列が含まれていません。パブリケーション データベースをバックアップし、ご購入元に問い合わせてください。
18823 %2! の値 %1! は無効です。
18826 systranschemas テーブルから行を削除できませんでした。HRESULT = '0x%1!'。これらの行は、次回、レプリケーションでストアド プロシージャ sp_replcmds が実行されたときに削除されます。
18827 ログ リーダー エージェントは、ハッシュ テーブル内のトランザクションをすべて処理する前に、ログの最後に到達しました。ハッシュ テーブルにあるのは %1! トランザクションで、そのうち %2! トランザクションが処理されました。ログの最後の LSN は {%3!:%4!:%5!} です。パブリケーション データベースをバックアップし、ご購入元に問い合わせてください。
18828 フィルター プロシージャ定義が無効です。
18829 更新ベースで、ログ シーケンス番号 (LSN) {%1!:%2!:%3!} の削除ログ レコードまでスキャンできませんでした。ご購入元に問い合わせてください。
18830 範囲指定された更新が、同じトランザクション内の、範囲指定された別の更新として記録されました。最初の BEGIN_UPDATE {%1!:%2!:%3!}、現在の BEGIN_UPDATE {%4!:%5!:%6!}。ご購入元に問い合わせてください。
18832 ログ リーダー エージェントは、範囲が指定された更新を処理中に、ログの最後に到達しました。BEGIN_UPDATE LSN {%1!:%2!:%3!}、END_UPDATE LSN {%4!:%5!:%6!}、現在の LSN {%7!:%8!:%9!}。パブリケーション データベースをバックアップして、ご購入元に問い合わせてください。
18834 オフセット %1! のテキスト情報の開始 (TIB) を処理中に、予期しない TIB ログ レコードが検出されました。最後に処理された TIB: (textInfoFlags 0x%2!、coloffset %3!、newSize %4!、oldSize %5!)。ご購入元に問い合わせてください。
18835 予期しないテキスト情報の終了 (TIE) ログ レコードが検出されました。最後のテキスト情報の開始 (TIB) が処理されました: (textInfoFlags 0x%1!、coloffset %2!、newSize %3!、oldSize %4!)、テキスト コレクションの状態 %5!。ご購入元に問い合わせてください。

コード メッセージ
18836 %1!、ti: {RowsetId %2!, {TextTimeStamp %3!, {RowId {PageId %4!, FileId %5!}, SlotId %6!}}, coloffset %7!, textInfoFlags 0x%8!, textSize %9!, offset %10!, oldSize %11!, newSize %12!}。
18837 現在のスキーマに行セット ID %1! が見つかりません。ログ リーダー エージェントを停止し、再起動してください。問題が解決しない場合は、パブリケーションのすべてのサブスクリプションを再初期化してください。
18838 ログ リーダー エージェントが無効な NULL コマンドを検出しました。エージェントが停止した場合は再起動してください。問題が解決しない場合は、パブリケーションのすべてのサブスクリプションを再初期化してください。
18840 アーティクル キャッシュ内でデータベース情報が見つかりません。SQL Server とログ リーダー エージェントを停止し再起動してください。問題が解決しない場合は、パブリケーション データベースをバックアップし、ご購入元に問い合わせてください。
18842 コミット レコードから最も古いアクティブなログ シーケンス番号 (LSN) を取得できませんでした。SQL Server とログ リーダー エージェントを停止し再起動してください。問題が解決しない場合は、パブリケーションのすべてのサブスクリプションを再初期化してください。
18843 レプリケーション コマンド、古いサイズ %1!、新しいサイズ %2! にバッファーを割り当てまたは再割り当てできませんでした。
18844 無効な補正範囲: 開始 {%1!:%2!:%3!}、終了 {%4!:%5!:%6!}。パブリケーションのすべてのサブスクリプションを再初期化してください。
18845 テキスト ポインター ベースの操作で生成されたログ レコードから、行セット ID を取得できません。パブリケーションのすべてのサブスクリプションを再初期化してください。
18846 ディストリビューション データベースで一貫性が損なわれている可能性があります: dist_backup_lsn {%1!:%2!:%3!}、dist_last_lsn {%4!:%5!:%6!}。"sp_repldone NULL, NULL, 0, 0, 1" を実行した後、sp_replflush を実行してください。パブリケーションのすべてのサブスクリプションを再初期化してください。
18847 ピア ツー ピア データベース情報を取得できません。ご購入元に問い合わせてください。
18849 フィルター プロシージャまたは計算列を評価できませんでした。列 ID %1!、rowsetId %2! の列オフセット情報が見つかりません。ログ リーダー エージェントを停止して再起動します。問題が解決しない場合は、パブリケーション データベースをバックアップして、ご購入元に問い合わせてください。
18850 予期しない %1! ログ レコードが検出されました。最後に処理した FILESTREAMInfo ノード: {%2!、{{%3!、%4!}、%5!、%6!、%7!、%8!}、%9!、%10!、%11!、%12!、%13!、%14!、{%15!:%16!:%17!}、%18!、{{%19!、%20!}、%21!、%22!、%23!、%24!}、{%25!:%26!:%27!}}
18851 TxF のレプリケーション コンテキストの %1! に失敗しました: {%2!、%3!、%4!、%5!、%6!、%7!、%8!、%9!、{%10!:%11!:%12!}、%13!、%14!、{%15!:%16!:%17!}}。問題が解決しない場合は、ご購入元に問い合わせてください。
18852 TXF_REPLICATION_RECORD_WRITE 構造体を読み取れませんでした。返された最後のエラー: '%1!'。問題が解決しない場合は、ご購入元に問い合わせてください。
18853 レプリケーションはスキーマ バージョンのログ記録をスキップしています。データベース '%1!' に systranschemas テーブルが存在しません。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザーによる操作は不要です。
18854 1 つ以上のサブスクリプションが非アクティブに設定されています。このエラーで失敗する、このノードのすべてのサブスクリプションを削除し再作成してください。
18855 データベースはパブリッシュされているか、レプリケーションで使用されるディストリビューション データベースなので、データベース名を変更できません。
18856 エージェント '%1!' はエラーの後に再試行しました。%2! 回の再試行が行われました。詳細については、Jobs フォルダーでエージェント ジョブの履歴を参照してください。
18857 このパブリケーションに対するサブスクリプションはまだアクティブではありません。ユーザー操作は不要です。
18896 列 ID %1! の削除および挿入ログ レコードをテーブル ID %2! と比較できませんでした