読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

SQLServerのエラーコード19001〜21000

SQLServer
スポンサーリンク

SQLServerのエラーコード19001〜21000までです。

コード メッセージ
19030 SQL トレース ID %1! がログイン "%2!" により開始されました。
19031 SQL トレースが停止しました。トレース ID = '%1!'。ログイン名 = '%2!'。
19032 サーバーのシャットダウンにより SQL トレースが停止しました。トレース ID = '%1!'。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
19033 サーバーが '-f' オプションを使用して起動されました。監査は開始されません。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
19034 C2 監査トレースを開始できません。SQL Server をシャットダウンしています。エラー = %1!
19035 OLE タスク アロケーターを初期化できませんでした。異種クエリ、分散クエリ、およびリモート プロシージャ コールは使用できません。DCOM が正しくインストールおよび構成されていることを確認してください。
19036 OLE DB 初期化サービスの読み込みに失敗しました。Microsoft Data Access Components を再インストールしてください。問題が解決しない場合は、OLEDB プロバイダーについてご購入元に問い合わせてください。
19051 トレースで不明なエラーが発生しました。
19052 アクティブなトレースを停止してから変更を行ってください。
19053 トレース イベント ID が有効ではありません。
19054 トレース列 ID が有効ではありません。
19055 同じイベント列 ID のフィルターを一緒にグループ化しないでください。
19056 フィルターの比較演算子が有効ではありません。
19057 フィルターのブール演算子が無効です。
19058 トレース状態が有効ではありません。
19059 要求されたトレースが見つかりませんでした。
19060 トレース オプションが有効ではありません。
19061 SPID トレース列を削除できません。
19062 トレース ファイルを作成できませんでした。
19063 トレースに使用できるメモリが不足しました。
19064 要求されたトレース停止時間を既に過ぎました。
19065 パラメーターが有効ではありません。
19066 制限付きのトレースを変更できません。
19067 既存のトレースにトレース ファイルのパスが見つからないので、新しいトレースを作成できません。
19068 トレース ファイルのパスが有効ではないか、サポートされていません。
19069 トレース ファイル名にロールオーバー ファイル番号 (C:\file_NNN の NNN) が含まれているので、トレース ロールオーバー オプションが有効になっている間は、この名前は有効ではありません。
19070 既定のトレースは停止および変更できません。トレースをオフにするには SP_CONFIGURE を使用してください。
19071 トレースを停止しています。現在のトレース ファイルがいっぱいで、ロールオーバー オプションが指定されていません。
19096 古いトレース ファイル '%1!' を削除できません。エラー = '%2!'。
19097 %1! の実行中に Windows エラーが発生しました。エラー = %2!。
19098 既定のトレースを開始中にエラーが発生しました。原因: %1! sp_configure を使用して、サーバーの詳細構成オプション 'default trace enabled' をオフにしてからオンにしてください。
19099 トレース ID '%1!' がエラーによって停止しました。原因: %2!。問題を解決してからトレースを再開してください。
19100 初期化に成功しました。
19101 初期化は、インフラストラクチャ エラーが発生して失敗しました。以前に発生したエラーを確認してください。
19102 ノード リスナー オブジェクトを作成できません。メモリ関連のエラーを確認してください。
19103 共有メモリ サポートの開始中にエラーが発生しました。
19104 すべてのプロトコルが無効になっています。
19105 特殊なインスタンス用のノード リスナー オブジェクトを作成できません。メモリ関連のエラーを確認してください。
19106 IP アドレスのスペースを削除できません。TCP/IP プロトコル設定を確認してください。
19107 'TcpKeepAlive' レジストリ設定の型が正しくありません。TCP/IP プロトコル設定を確認してください。
19108 'TcpKeepAlive' レジストリ設定を取得できません。TCP/IP プロトコル設定を確認してください。
19109 レジストリに MDAC 互換 TCP/IP ポートを構成できません。
19110 TCP/IP リスナーを初期化できません。
19111 レジストリの TCP/IP プロトコル構成キーを開けません。
19112 TCP/IP プロトコルの 'Enabled' レジストリ設定を取得できません。
19113 'ListenOnAllIPs' TCP/IP レジストリ設定を取得できません。
19114 レジストリの TCP/IP プロトコルの 'IPAll' 構成キーを開けません。
19115 レジストリに設定されている TCP/IP プロトコルの 'IPAll' 構成キーを取得できません。
19116 レジストリに構成されているリッスン用の IP アドレス リストのサイズを取得できません。
19117 リッスン用に構成された IP アドレスのためのメモリを割り当てられませんでした。メモリ関連のエラーを確認してください。
19118 レジストリに構成されているリッスン用の IP アドレス リストを取得できません。
19119 TCP/IP プロトコルの特定の IP アドレスのレジストリ キーを開けません。
19120 特定の IP アドレスの 'Enabled' 設定を取得できません。
19121 特定の IP アドレスの 'Active' 設定を取得できません。
19122 特定の IP アドレスの 'IpAddress' の値を取得できません。

コード メッセージ
19123 'IpAddress' レジストリ値の型が正しくありません。
19124 特定の IP アドレスのレジストリ設定を取得できません。
19125 特定の IP アドレスのレジストリ キーを表す構造体の割り当てを解除することができません。
19126 クラスター環境のレジストリ設定を取得できません。
19127 サーバーは、クラスター環境において特定の IP アドレスでリッスンするように構成されています。
19128 ネットワーク内で重複する IP アドレスをチェックできません。
19129 ネットワーク内に重複する IP アドレスが検出されました。
19130 レジストリの専用管理者接続設定用 SQL Server ネットワーク インターフェイス ライブラリ構成キーを開けません。
19131 レジストリの専用管理者接続構成キーを開けません。
19132 レジストリの専用管理者接続用 TCP/IP 構成キーを開けません。
19133 専用管理者接続の動的 TCP/IP ポート レジストリ設定を取得できません。
19134 レジストリ設定に、専用管理者接続の動的 TCP/IP ポートが構成されていないか、または複数構成されています。
19135 名前付きパイプ サポートを開始する際にエラーが発生しました。プロトコル設定を確認してください。
19136 VIA サポートを開始する際にエラーが発生しました。プロトコル設定を確認してください。
19137 SSL リッスン構造体のメモリを割り当てられませんでした。メモリ関連のエラーを確認してください。
19138 SSL の証明書を取得中または使用中にエラーが発生しました。構成マネージャーの設定を確認してください。
19139 リスナー エンドポイントを追加できません。メモリ関連のエラーを確認してください。
19140 通信リスナーを初期化できません。
19141 特殊なインスタンスの SQL Server ネットワーク インターフェイス ライブラリ設定を取得できません。
19142 SQL Server ネットワーク インターフェイス ライブラリ設定を取得できません。インスタンス名が長すぎます。
19143 共有メモリ リスナーを初期化できません。
19144 名前付きパイプ リスナーを初期化できません。
19145 レジストリに MDAC 互換名前付きパイプ プロトコルのパイプ名を構成できません。
19146 VIA リスナーを初期化できません。
19147 HTTP リスナーを初期化できません。
19148 SSL サポートを初期化できません。
19149 レジストリに MDAC 互換プロトコル リストを構成できません。
19150 レジストリの SQL Server ネットワーク インターフェイス ライブラリ構成キーを開けません。
19151 拡張保護設定の取得中にエラーが発生しました。SQL Server 構成マネージャーでネットワーク構成の設定を確認してください。
19152 拡張保護に構成した値が無効です。SQL Server 構成マネージャーでネットワーク構成の設定を確認してください。
19153 拡張保護の承認された SPN リストの取得中にエラーが発生しました。SQL Server 構成マネージャーでネットワーク構成の設定を確認してください。
19154 承認された SPN リストに構成した値が無効です。SQL Server 構成マネージャーでネットワーク構成の設定を確認してください。
19155 拡張保護構成の設定の読み込み中に TDSSNIClient がメモリの割り当てに失敗しました。メモリ関連のエラーを確認してください。
19200 認証に成功しました。
19201 トランスポート プロトコルで認証コンテキストが提供されておらず、TDS ストリームに認証トークンがありません。
19202 このセキュリティ コンテキストに対する CompleteAuthToken の呼び出し中にエラーが発生しました。Windows エラー コードはエラーの原因を示しています。
19203 現在のセキュリティ サポート プロバイダーには CompleteAuthToken API が定義されていません。
19204 AcceptSecurityContext が失敗しました。Windows エラー コードはエラーの原因を示しています。
19205 オペレーティング システムはチャネル バインドをサポートしていませんが、サーバーは拡張保護を要求するように構成されています。オペレーティング システムを更新するか、拡張保護を無効にしてください。
19206 このクライアントのチャネル バインドが、確立されたトランスポート層セキュリティ (TLS) チャネルと一致しません。サービスが攻撃を受けている可能性があるか、または拡張保護をサポートするようにデータ プロバイダーをアップグレードする必要があります。接続を閉じています。
19207 このクライアントのチャネル バインドが見つからないか、確立されたトランスポート層セキュリティ (TLS) チャネルと一致しません。サービスが攻撃を受けている可能性があるか、または拡張保護をサポートするようにデータ プロバイダーまたはクライアントのオペレーティング システムをアップグレードする必要があります。接続を閉じています。
19208 オペレーティング システムはサービス バインドをサポートしていませんが、サーバーは拡張保護を要求するように構成されています。オペレーティング システムを更新するか、拡張保護を無効にしてください。
19209 QueryContextAttributes がサービス バインドを取得できませんでした。Windows エラー コードはエラーの原因を示しています。
19210 サーバーの拡張保護レベルが [許可] または [必須] に設定されていますが、クライアントでサービス プリンシパル名 (SPN) が提供されませんでした。接続するには、このクライアントで拡張保護がサポートされている必要があります。サービス バインドとチャネル バインドを許可するオペレーティング システムのサービス パックをインストールすることが必要な場合があります。
19211 サーバーの拡張保護レベルが [許可] または [必須] に設定されていますが、クライアントでサービス プリンシパル名 (SPN) が提供されませんでした。接続するには、このクライアントで拡張保護がサポートされている必要があります。クライアントの SQL Server ドライバーを更新することが必要な場合があります。
19212 受信したサービス プリンシパル名 (SPN) の Service Class 要素が無効です。
19213 受信したサービス プリンシパル名 (SPN) の IP Address 要素が無効です。
19214 受信したサービス プリンシパル名 (SPN) の Host 要素が無効です。
19215 受信したサービス プリンシパル名 (SPN) の検証中にメモリの割り当てに失敗しました。
19216 QueryContextAttributes は成功しましたが、受信したサービス プリンシパル名 (SPN) を取得しませんでした。
19217 WSAStringToAddress で、受信したサービス プリンシパル名 (SPN) の IP Address 要素をアドレス構造に変換できませんでした。Windows エラー コードはエラーの原因を示しています。
20001 パブリケーション '%2!' のアーティクル '%1!' にはニックネームがありません。
20002 フィルター '%1!' は、パブリケーション '%3!' のアーティクル '%2!' に既に存在します。
20003 '%1!' のニックネームを生成できませんでした。
20004 パブリケーション '%1!' にはプロパティ '%2!' があります。'%3!' 以前のバージョンの SQL Server サブスクライバーでは、この設定は無視されます。
20005 %1!: パラメーター %2! を変換できません。結果として生成される colv のエントリが多すぎます。

コード メッセージ
20006 アーティクルは、匿名サブスクリプションまたはクライアント サブスクリプションを持つパブリケーション内にある可能性があるため、変更できません。このようなサブスクリプションの再初期化が認識されるよう、@force_reinit_subscription を 1 に設定してください。
20007 マージ レプリケーションのシステム テーブルを正しく削除できませんでした。
20008 マージ レプリケーションのシステム テーブルを正しく作成できませんでした。
20009 アーティクル '%1!' をパブリケーション '%2!' に追加できませんでした。
20010 パブリケーション '%1!' に対応するスナップショット エージェントを削除できませんでした。
20011 互換性のないパブリケーション プロパティは設定できません。パブリケーションの 'allow_anonymous' プロパティは 'immediate_sync' プロパティに依存します。
20012 サブスクリプションの種類 '%1!' はパブリケーション '%2!' では許可されません。
20013 パブリケーションにサブスクリプションが存在するときは、パブリケーション プロパティ '%1!' を変更できません。
20014 @schema_option 値が無効です。
20015 ディレクトリ '%1!' を削除できませんでした。xp_cmdshell のセキュリティ コンテキストを確認し、このディレクトリにアクセスしている可能性のある他のプロセスを終了してください。
20016 @subscription_type 値が無効です。有効な値は 'pull' または 'anonymous' です。
20017 そのサブスクリプションはサブスクライバーに存在しません。
20018 @optional_command_line は長すぎます。エージェント定義ファイルを使用してください。
20019 レプリケーション データベース オプション '%1!' は、データベースがパブリッシング データベース、またはディストリビューション データベースの場合以外は設定できません。
20020 指定したアーティクル解決モジュールは無効、または存在しません。
20021 サブスクリプションが見つかりませんでした。
20022 現在、このアーティクルはアップロードを無効にする設定を保持し、compensate_for_errors=true に設定されています。ただし、ローカル サブスクライバーと匿名サブスクライバーは、compensate_for_errors=false の場合と同様に動作します。
20023 @subscriber_type 値が無効です。有効なオプションは 'local'、'global'、または 'anonymous' です。
20024 alt_snapshot_folder は作業ディレクトリと同じにできません。
20025 パブリケーション名は一意にしてください。指定したパブリケーション名 '%1!' は既に使用されています。
20026 パブリケーション '%1!' は存在しません。
20027 アーティクル '%1!' は存在しません。
20028 ディストリビューターは正しくインストールされませんでした。データベースでパブリッシングを許可できませんでした。
20029 ディストリビューターは正しくインストールされませんでした。データベースでパブリッシングを禁止できませんでした。
20030 アーティクル '%1!' は、異なる列監視オプションを使用する別のパブリケーションに既に存在します。
20031 行が存在しないので、削除できませんでした。
20032 '%1!' は '%2!' のサブスクライバーとして定義されていません。
20033 パブリケーション型が無効です。
20034 パブリケーション '%1!' は '%2!' サブスクリプションをサポートしません。
20036 ディストリビューターは正しくインストールされていません。
20037 アーティクル '%1!' は、異なるアーティクル解決モジュールを使用する別のパブリケーションに既に存在します。
20038 アーティクル フィルターをパブリケーション '%2!' のアーティクル '%1!' に追加できませんでした。
20039 アーティクル フィルターをパブリケーション '%2!' のアーティクル '%1!' から削除できませんでした。
20040 パブリケーション '%1!' からアーティクルを削除できませんでした。
20041 トランザクションはロールバックされました。トリガーを実行できませんでした。トランザクションを再試行してください。
20043 アーティクル '%1!' を変更できませんでした。パブリケーションは既にアクティブです。
20044 ローカル サブスクライバーでは優先度プロパティは無効です。
20045 アーティクル名を指定してください。
20046 アーティクルが存在しません。
20047 この操作を実行する権限がありません。
20048 サブスクリプションの優先度を変更するには、sp_changemergepullsubscription をサブスクライバーで実行するのではなく、パブリッシャーで sp_changemergesubscription を実行してください。このプロシージャは旧バージョンとの互換性を維持するためだけに用意されています。
20049 優先度値を 100.0 より大きくできません。
20050 保有期間は 0 以上にする必要があり、9999 年 12 月 31 日以降にすることはできません。
20051 サブスクライバーが登録されていません。
20052 @metatype パラメーターの値には、NULL、1、2、5、または 6 を指定してください。
20053 異なる %1! 値を含むアーティクルがオブジェクト '%2!' 用に既に存在します。
20054 現在のデータベースはパブリッシングが有効ではありません。
20055 テーブル '%1!' には timestamp 列があるので、マージ レプリケーションではパブリッシュできません。
20056 テーブル '%1!' は再パブリッシュできません。
20057 プロファイル名 '%1!' は指定されたエージェントの種類に既に存在します。
20058 @agent_type には 1 (スナップショット)、2 (ログ リーダー)、3 (ディストリビューション)、または 4 (マージ) を指定してください
20059 @profile_type には 0 (システム) または 1 (カスタム) を指定してください
20060 互換性レベルを 60 よりも小さくすることはできません。
20061 マージ パブリッシングを有効にするために、このデータベースの互換性レベルを 70 以上に設定してください。
20062 rowguidcol プロパティの列の更新は許可されません。
20063 データの挿入、更新、または削除を行うテーブル '%1!' が読み取り専用に設定されています。これらの操作を実行できるのはマージ プロセスだけです。

コード メッセージ
20064 プロファイルを削除できません。定義されていないか、既定のプロファイルとして定義されています。
20065 プロファイルは使用中なので、削除できません。
20066 プロファイルは定義されていません。
20067 パラメーター名 '%1!' は指定したプロファイルに既に存在します。
20068 テーブル '%1!' にアーティクルを作成できません。このテーブルには %2! 列以上の列があります。
20069 ループしている結合フィルターを使用するマージ アーティクルは検証できません。
20070 サブスクリプション行を更新できません。
20072 サブスクライバー情報行を更新できません。
20073 アーティクルはパブリッシャーだけで追加または変更できます。
20074 "table" アーティクルとしてマージ レプリケーション用にパブリッシュできるのは、テーブル オブジェクトだけです。
20075 'status' パラメーター値には 'active' または 'unsynced' のどちらかを指定してください。
20076 @sync_mode パラメーター値には 'native' または 'character' を指定してください。
20077 レプリカ ニックネームを生成中に問題が発生しました。
20078 @property パラメーターの値には、'sync_type'、'priority'、'description'、'subscriber_security_mode'、'subscriber_login'、'subscriber_password'、'publisher_security_mode'、'publisher_login'、'publisher_password'、'merge_job_login'、'merge_job_password' のいずれかを指定してください。
20079 @subscription_type パラメーター値が無効です。有効なオプションは 'push'、'pull'、または 'both' です。
20081 パブリケーション プロパティ '%1!' を NULL にはできません。
20084 サブスクライバー データベース '%2!' がパブリケーション '%1!' をサブスクライブすることはできません。
20086 パブリケーション '%1!' は nosync 型をサポートしません。このパブリケーションには、rowguidcol 列のないテーブルが含まれています。
20087 匿名サブスクリプションをプッシュできません。
20088 0 以上、100 未満の優先順位だけを割り当てられます。
20089 ライセンス情報を正しく取得できませんでした。
20090 バージョン情報を正しく取得できませんでした。
20091 sp_mergesubscription_cleanup はプッシュ サブスクリプションのクリーンアップに使用します。プル サブスクリプションまたは匿名サブスクリプションのクリーンアップには sp_dropmergepullsubscription を使用してください。
20092 データの挿入、更新、または削除を行うテーブル '%1!' は、現在、マージ レプリケーション用にアップグレードまたは初期化されています。パブリッシャーでは、アップグレードが完了し、スナップショットが正常に実行されるまでデータを変更できません。サブスクライバーでは、アップグレードが完了するか、初期スナップショットが正常に適用されてパブリッシャーと同期されるまでデータを変更できません。
20093 マージ レプリケーションのアップグレードは、スナップショット エージェントがパブリッシャーに対して実行され、マージ エージェントがすべてのサブスクライバーに対して実行されるまで完了しません。
20100 サブスクライバー '%1!' を削除できません。サブスクリプションが存在します。
20500 更新可能なサブスクライバー ストアド プロシージャ '%1!' は存在しません。
20501 sp_articlecolumn を使用して sysarticleupdates に挿入できませんでした。
20502 '%1!' 値が無効です。有効な値は 'read only'、'sync tran'、'queued tran'、または 'failover' です。
20503 値 '%1!' は '%2!' では無効です。'%3!' 更新可能なサブスクリプションに対するパブリケーションが有効ではありません。
20504 即時更新サブスクリプション: サブスクライバーが挿入または更新した xml 値は NULL としてパブリッシャーにレプリケートされます。
20505 '%2!' 内の同期更新ストアド プロシージャ '%1!' を削除できませんでした。
20506 ソース テーブル '%1!' が '%2!' に見つかりませんでした。
20507 テーブル '%1!' が '%2!' に見つかりませんでした。
20508 更新可能なサブスクリプション: サブスクライバーで挿入された text、ntext、image の値は NULL になります。
20509 更新可能なサブスクリプション: text、ntext、image の値はサブスクライバーでは更新できません。
20510 更新可能なサブスクリプション: ID 列は更新できません。
20511 更新可能なサブスクリプション: タイムスタンプ列は更新できません。
20512 更新可能なサブスクリプション: トランザクションがロールバックされています。
20513 データベース '%1!' に、sp_showrowreplicainfo の @rowguid パラメーターに指定された値と一致する ROWGUIDCOL を持つ行のレプリケーション メタデータが含まれていません。@rowguid パラメーターに指定された値が正しいかどうかを確認してください。
20514 パブリケーション %3! のアーティクル %2! に対する行数検証要求が異種パブリッシャー %1! に送信されました。検証結果は、ディストリビューションの履歴に書き込まれます。
20515 更新可能なサブスクリプション: パブリッシャーとサブスクライバーで行が一致していません。ディストリビューション エージェントを実行してサブスクライバーの行を最新状態に更新してください。
20516 更新可能なサブスクリプション: レプリケートされたデータは更新できません。
20518 更新可能なサブスクリプション: パブリッシュされたテーブルにタイムスタンプ列が含まれていない場合は、INSERT 操作および DELETE 操作はサポートされません。
20519 更新可能なサブスクリプション: サブスクライバーで主キーが定義されていない場合は、ID 列またはタイムスタンプ列が含まれるテーブルでの INSERT 操作は許可されません。
20520 更新可能なサブスクリプション: サブスクライバーで主キーが定義されていない場合は、ID 列またはタイムスタンプ列が含まれるテーブルでの UPDATE 操作は許可されません。
20521 sp_MSmark_proc_norepl: db_owner ロールまたは sysadmin ロールのメンバーでなければなりません。
20522 sp_MSmark_proc_norepl: オブジェクト名 '%1!' が無効です。
20523 アーティクル '%1!' を検証できませんでした。このアーティクルはアクティブではありません。
20524 テーブル '%1!' は同期されていない可能性があります。行数 (実際の値: %2!、予想値: %3!)。使用された Rowcount メソッドは %4! (0 = Full、1 = Fast) です。
20525 テーブル '%1!' は同期されていません。行数 (実際の値: %2!、予期された値 %3!)。チェックサムの値 (実際の値: %4!、予想値: %5!)。
20526 テーブル '%1!' は行数 (%2!) の検証に合格しました。使用された Rowcount メソッドは %3! (0 = Full、1 = Fast) です。
20527 テーブル '%1!' は行数 (%2!) とチェックサムの検証に合格しました。チェックサムは text 列または image 列では比較されません。
20528 ログ リーダー エージェント スタートアップ メッセージ。
20529 エージェントを開始しています。
20530 エージェントを実行します。

コード メッセージ
20531 ログに記録されないエージェントのシャットダウンを検出します。
20532 レプリケーション エージェントのスケジュール。
20533 レプリケーション エージェントの検査
20534 アクティブに履歴にログ記録されなかったレプリケーション エージェントを検出します。
20535 ディストリビューション データベースからレプリケーション エージェントの履歴を削除します。
20536 レプリケーション: エージェントが失敗しました
20537 レプリケーション: エージェントを再試行します
20538 レプリケーション: 有効期限の切れたサブスクリプションを削除しました
20539 レプリケーションの警告: %1! (しきい値: %2!)
20540 レプリケーション: エージェントが成功しました
20541 ディストリビューション データベースからレプリケートされたトランザクションを削除します。
20542 パブリッシュされたデータベースから有効期限の切れたサブスクリプションを検出し、削除します。
20543 @rowcount_only パラメーターには値 0、1、または 2 を指定してください。0 = バージョン 7.0 と互換性のあるチェックサム。1 = 行数だけをチェック。2 = バージョン 8.0 に導入された新しいチェックサム機能。
20545 既定のエージェント プロファイル
20546 詳細履歴エージェント プロファイル
20547 履歴に詳細情報が記録されるエージェント プロファイル。
20548 低速リンク エージェント プロファイル
20549 低帯域幅接続のエージェント プロファイル。
20550 Windows 同期マネージャー プロファイル
20551 Windows 同期マネージャーで使用されるプロファイル。
20552 ディストリビューション トランザクション テーブルをクリーンアップできませんでした。
20553 ディストリビューション履歴テーブルをクリーンアップできませんでした。
20554 レプリケーション エージェントでは、進捗状況メッセージが %1! 分間ログに記録されていません。この現象は、エージェントの応答が止まったか、システムの使用率が高いことを示している場合があります。レコードがレプリケーション先にレプリケートされていること、およびサブスクライバー、パブリッシャー、ディストリビューターへの接続がアクティブなままであることを確認してください。
20555 6.x パブリケーション。
20556 実行中のすべてのレプリケーション エージェントが実行状態であることを確認できました。
20557 エージェントがシャットダウンされました。詳細については、ジョブ '%1!' の SQL Server エージェント ジョブの履歴を参照してください。
20558 テーブル '%1!' は、高速チェックに失敗した後に全行数検証に合格しました。DBCC UPDATEUSAGE が自動的に開始されます。
20559 必要な行数を指定しないで条件付き Fast Rowcount メソッドが要求されました。Fast メソッドが使用されます。
20560 必要なチェックサム値が渡されましたが、行数のチェックだけしか要求しなかったので、チェックサムは比較されませんでした。
20561 %2! では、生成される行数の予想値は %1! でした。
20565 レプリケーション: サブスクライバーでデータ検証で問題が見つかりました
20566 レプリケーション: サブスクライバーでデータ検証を正常に終了しました
20567 エージェント履歴のクリーンアップ: %1!
20568 ディストリビューションのクリーンアップ: %1!
20569 有効期限が切れたサブスクリプションのクリーンアップ
20570 データ検証で問題が見つかったサブスクリプションの再初期化
20571 データ検証で問題が見つかったすべてのサブスクリプションを再初期化します。
20572 パブリケーション '%3!' のアーティクル '%2!' に対するサブスクライバー '%1!' のサブスクリプションが、検証エラーの発生後、再初期化されました。
20573 レプリケーション: データ検証で問題が見つかった後、サブスクリプションが再初期化されました
20574 パブリケーション '%3!' のアーティクル '%2!' に対するサブスクライバー '%1!' のサブスクリプションで、データ検証に失敗しました。
20575 パブリケーション '%3!' のアーティクル '%2!' に対するサブスクライバー '%1!' のサブスクリプションが、データ検証に合格しました。
20576 パブリケーション '%3!' のアーティクル '%2!' に対するサブスクライバー '%1!' のサブスクリプションが、同期エラーの発生後、再初期化されました。
20577 msdb..sysreplicationalerts にエントリが見つかりませんでした。
20578 レプリケーション: エージェントのカスタム シャットダウン
20579 %3! では、生成される行数の予想値は %1!、チェックサムの予想値は %2! でした。
20580 一部のレプリケーション エージェントの実行状態を確認できません。これらのエージェントの状態は '失敗' に変更されました。
20581 サーバー '%1!' を削除できません。レプリケーションでディストリビューターとして使用されています。
20582 サーバー '%1!' を削除できません。レプリケーションでパブリッシャーとして使用されています。
20583 サーバー '%1!' を削除できません。レプリケーションでサブスクライバーとして使用されています。
20584 サーバー '%1!' を削除できません。レプリケーションでリモート パブリッシャー '%2!' に対するサブスクライバーとして使用されています。
20585 検証に失敗しました。 オブジェクト '%1!' が存在しません。
20586 (既定の転送先)
20587 '%1!' 値はストアド プロシージャ '%2!' では無効です。
20588 サブスクリプションが初期化されていません。最初にディストリビューション エージェントを実行してください。
20589 レプリケートされるキューに登録されたトランザクション リーダーのエージェント プロファイル。
20590 パブリケーションはデータ変換を許可していないので、アーティクル プロパティ 'status' にビット 64 'DTS horizontal partitions' を含めることはできません。

コード メッセージ
20591 パブリケーションはデータ変換を許可しているので、'DTS horizontal partitions' と 'no DTS horizontal partitions' だけが 'status' 値として有効です。
20592 パブリケーションはデータ変換を許可していないので、'dts horizontal partitions' と 'no dts horizontal partitions' は 'status' 値として無効です。
20593 パブリケーション '%1!' を変更できません。このパブリケーションは異種サブスクライバーに対して有効になっているので、sync_method を 'native'、または 'concurrent' に変更できません。
20594 パブリケーションに対するプッシュ サブスクリプションが存在します。sp_subscription_cleanup を使用して、機能していないプッシュ サブスクリプションを削除してください。
20595 エラー シグナルをスキップしています。
20596 '%1!' または db_owner のメンバーだけが匿名エージェントを削除できます。
20597 %1! 個の匿名サブスクリプションが削除されました。
20598 レプリケートされたコマンドを適用しているときに、サブスクライバーで行が見つかりませんでした。
20599 データ一貫性エラー時続行
20600 データ一貫性エラーをスキップするエージェント プロファイル。SQL Server サブスクライバーだけが使用できます。
20601 エージェント パラメーター 'SkipErrors' に指定された値が無効です。
20602 エージェント パラメーター 'SkipErrors' に指定された値が長すぎます。
20603 エージェント プロファイルは異種サブスクライバーでは使用できません。
20604 プッシュ サブスクリプションに対してエージェントを実行する権限がありません。 エージェント パラメーター 'SubscriptionType' を指定してください。
20605 パブリケーションの既存のスナップショットを無効にしました。 新しいスナップショットを生成するために、スナップショット エージェントを実行してください。
20606 サブスクリプションを再初期化しました。
20607 スナップショットが既に生成されているので変更できません。@force_invalidate_snapshot を 1 に設定して、強制的に変更し、既存のスナップショットを無効にしてください。
20608 サブスクリプションがアクティブなので変更できません。@force_reinit_subscription を 1 に設定して、強制的に変更し、アクティブなサブスクリプションを再初期化してください。
20609 サブスクリプション ファイル '%1!' をアタッチできません。有効なサブスクリプション コピー ファイルであるかどうかを確認してください。
20610 ログ リーダー エージェントによってデータベースがレプリケートされているときは '%1!' を実行できません。
20611 アーティクルを追加できません。データ変換サービス (DTS) で変換可能なサブスクリプションを許可するパブリケーションには、テーブルと、テーブルとしてパブリッシュされるインデックス付きビューのみを含めることができます。
20612 パブリケーションが DTS を許可しているので、チェックサム検証はサポートされません。検証には行数だけを使用してください。
20613 DTS 行分割を設定しているアーティクルでは、検証はサポートされません。
20614 異種サブスクライバーでは検証はサポートされません。
20615 異種サブスクリプションをパブリケーションに追加できません。異種サブスクリプションのパブリケーションは有効ではありません。
20616 高ボリューム サーバー間プロファイル
20617 高ボリュームのサーバー間同期シナリオ用に最適化されたマージ エージェント プロファイル。
20618 サブスクリプション データベースをアタッチするには、CREATE DATABASE 権限が必要です。
20619 サーバー ユーザー '%1!' はデータベース '%2!' では有効なユーザーではありません。まず、データベースにユーザー アカウントまたは 'guest' ユーザー アカウントを追加してください。
20620 指定したセキュリティ モードでは、リンク サーバーとして登録されているサーバー '%1!' が必要です。sp_addlinkedserver を使用してサーバーを追加してください。
20621 サブスクリプション データベースを既存のデータベースにコピーできません。
20622 データベースが単純復旧モードなので、レプリケーション データベース オプション 'sync with backup' は、パブリッシュしているデータベースでは設定できません。
20623 アーティクル '%1!' を検証できません。テーブル '%2!' に 'SELECT ALL' 権限が必要です。
20624 @login パラメーターに指定した値が無効です。ユーザー '%1!' はデータベース '%2!' のユーザーではありません。ユーザー アカウントをデータベースに追加してから、ストアド プロシージャ sp_grant_publication_access または sp_revoke_publication_access の実行を試してください。
20625 パブリケーション '%1!' に対するマージ レプリケーションのパブリケーション アクセス リスト (PAL) データベース ロールを作成できません。このロールはレプリケーションにより、パブリケーションへのアクセス制御に使用されます。パブリケーション データベースにロールを作成するための十分な権限が与えられているかどうかを確認してください。
20626 フィルター '%1!' はパブリケーション '%2!' に既に存在します。sp_addmergefilter の @filtername パラメーターには一意な名前を指定してください。
20627 パーティション ID には、0 以上の値を設定してください。
20628 動的スナップショットを生成できませんでした。
20629 パーティション ID 情報を取得できませんでした。
20630 パーティション スナップショット ジョブを作成できません。sp_adddynamicsnapshot_job の @suser_sname または @host_name、あるいはその両方のパラメーターに指定した値を使用しているジョブが、パブリケーション '%1!' に対して既に存在しています。既存のジョブが正しく機能しない場合は、sp_dropdynamicsnapshot_job を使用してジョブを削除し、sp_adddynamicsnapshot_job を使用して新しいジョブを作成してください。
20631 パーティション スナップショットの生成先の場所が見つかりません。パブリケーションに有効なスナップショット フォルダーが指定されているかどうかを確認してください。このフォルダーは、ディストリビューターに関連付けられている既定のフォルダーか、パブリケーションに関連付けられている代替フォルダーです。
20632 動的スナップショットを生成する動的スナップショット ジョブを作成できませんでした。
20633 パーティション スナップショット ジョブを開始できません。ディストリビューターで SQL Server エージェントが実行されているかどうかを確認してください。
20634 ルート パブリケーション情報がリパブリッシャーに見つかりませんでした。
20635 '%1!' に対するプッシュ サブスクリプションが見つかりました。プッシュ サブスクリプションの場合は、プル サブスクリプション エージェントを追加できません。
20636 アーティクル '%1!' のマージ レプリケーション ストアド プロシージャを生成できません。ストアド プロシージャは、スナップショット エージェントまたはデータ定義言語アクションが実行された場合はパブリッシャー上で生成され、マージ エージェントによりスナップショットが適用された場合はサブスクライバー上で生成されます。エージェントに適切な権限が与えられているかどうかと、プロシージャが既に存在していないかどうかを確認してください。
20637 sp_addmergearticle の @processing_order パラメーターで指定されているアーティクルの順序に、パブリッシュされるテーブル間の主キーと外部キーのリレーションシップが反映されていません。アーティクル '%1!' では、これより後に作成される 1 つ以上のアーティクルが参照されています。sp_changemergearticle を使用して、processing_order プロパティを変更してください。
20638 マージ テーブル アーティクルでは、sp_addmergearticle で @source_object パラメーターと @destination_object パラメーターに異なる値が指定されても対応できません。@destination_object の値を指定しないか、両方のパラメーターに同じ値を指定してください。
20639 パブリケーションで SQL Server 以外のサブスクリプションのサポートを有効にできません。パブリケーションでは更新可能なサブスクリプションが有効になっています。SQL Server 以外のサブスクリプションのサポートを有効にするには、既存のパブリケーションを削除し、プロパティ allow_sync_tran と allow_queued_tran を 'False' に設定して新しいパブリケーションを作成してください。
20640 パブリケーションに対するサブスクリプションが存在している間は、異種サブスクリプション プロパティを有効にできません。
20641 subset_filterclause に動的関数が含まれているかどうか、確認できませんでした。
20642 パブリケーションにアクティブなサブスクリプションが存在する可能性があるので、subset_filterclause '%2!' の 1 つ以上の動的関数でアーティクル '%1!' を、パブリケーション '%3!' に追加できません。@force_reinit_subscription を 1 に設定して、アーティクルを追加し、すべてのアクティブ サブスクリプションを再初期化してください。
20643 パブリケーション '%1!' に対して validate_subscriber_info の値を変更できません。パブリケーションにアクティブなサブスクリプションがあります。@force_reinit_subscription を 1 に設定して値を変更し、すべてのアクティブなサブスクリプションを再初期化してください。
20644 パラメーター @identityrangemangementoption に指定された値 "%1!" は無効です。有効な値は "auto"、"manual"、または "none" です。
20645 プロパティ "%1!" は、SQL Server 以外のサブスクリプションが有効になっているパブリケーションに対しては変更できません。
20646 ピア ツー ピア パブリケーションでは %1! はサポートされません。パラメーター '%2!' の値を変更してください。

コード メッセージ
20647 プロパティ '%1!' を変更できません。パブリケーションはピア ツー ピア トポロジで使用されており、この場合パブリケーション作成後のこのプロパティの変更は許可されません。
20648 テーブル "%1!" に、@delete_tracking プロパティの値が異なるアーティクルが既に存在します。この値は、テーブルをパブリッシュするすべてのパブリケーションで同じである必要があります。ストアド プロシージャ sp_helpmergearticle と sp_changemergearticle を使用してもう一方のアーティクルのプロパティを表示し、変更してください。
20649 異種サブスクリプションが有効になっているパブリケーションでは、%1! はサポートされません。'%2!' パラメーター値を変更してください。
20650 パブリケーション "%1!" に対してデータ定義言語 (DDL) レプリケーション (@replicate_ddl パラメーターの値が "True") を有効にできません。このパブリケーションの互換性レベルが 90RTM より低く設定されています。新しいパブリケーションの場合は、ストアド プロシージャ sp_addmergepublication で、@publication_compatibility_level パラメーターを 90RTM に設定してください。既存のパブリケーションの場合は、sp_changemergepublication を使用してください。
20651 パブリケーション "%1!" "%2!" です。パブリケーションの互換性レベルを %3! 未満に設定することはできません。互換性レベルを低く設定するには、この機能を無効にした後でストアド プロシージャ sp_changemergepublication を呼び出して、互換性レベルを指定してください。
20652 パブリケーション '%1!' に必要なメタデータが sysmergeschemachange システム テーブル内で見つかりませんでした。スナップショット エージェントを再度実行してください。
20653 dynamic_filter_login と dynamic_filter_hostname を両方とも NULL にして、動的スナップショット ジョブを作成することはできません。
20654 動的スナップショットは、マージ パブリケーションだけに有効です。
20655 パーティション スナップショット処理を完了できません。ディストリビューション データベースの MSsnapshot_history テーブルから最大タイムスタンプ情報を取得できません。標準のスナップショットが最新の状態にあり、使用できるかどうかを確認してください。
20656 @subset_filterclause パラメーターでは計算列を参照できません。
20657 @pub_identity_range パラメーターの値には、ID 列で使用する増分値の倍数を指定してください。テーブル "%1!" と ID 列 "%2!" の増分値は %3! です。
20658 @identity_range パラメーターの値には、ID 列で使用する増分値の倍数を指定してください。テーブル "%1!" と ID 列 "%2!" の増分値は %3! です。
20659 IDENT_CURRENT ("%1!") の値が、MSmerge_identity_range システム テーブルの max_used 列の値を超えています。
20660 パブリッシャーから取得されたリパブリッシャーの再パブリッシュ範囲は、指定された @pub_identity_range を割り当てるには十分ではありません。
20661 パブリッシャーから取得されたリパブリッシャーの再パブリッシュ範囲は、指定された @identity_range を割り当てるには十分ではありません。
20662 リパブリッシャーには、ルート パブリッシャー '%1!' から、サブスクライバーに割り当て可能な ID 値の範囲が提供されていません。ルート パブリッシャーのパブリケーションに対するサーバー サブスクリプションがリパブリッシャーに存在することを確認してから、マージ エージェントを実行してルート パブリッシャーとの同期を行ってください。
20663 パブリッシャーに対する ID 範囲割り当てエントリが、システム テーブル MSmerge_identity_range で見つかりませんでした。@identityrangemanagementoption プロパティの値が "auto" に設定されていることを確認してください。
20664 パブリッシャーに新しい範囲の ID 値を割り当てることができません。ID 列のデータ型の値がすべて使用されています。ID 列のデータ型を変更してください。
20665 リパブリッシャーには、ルート パブリッシャーから、サブスクライバーに割り当て可能な ID 値の範囲が提供されていません。マージ エージェントを実行してルート パブリッシャーとの同期を行ってください。
20666 パブリッシャーにおいて、ID 範囲またはチェック制約、あるいはその両方を最新の状態に更新できませんでした。ID 列の値が ID 列のデータ型の最大値に達していないかどうかと、最後に挿入を実行したユーザーが CHECK 制約を削除し再作成する権限を持っているかどうかを確認してください。
20667 アーティクル "%1!" に ID 範囲を割り当てることができません。アーティクルで自動 ID 範囲管理が有効になっていません。
20668 サブスクライバーへの新しい範囲の割り当てに使用できる範囲が不足しています。
20669 指定された @article または @artid '%1!' によって参照されるオブジェクトが見つかりませんでした。
20670 テーブル '%1!' に対して ID 範囲の CHECK 制約を追加、削除、または変更できません。この制約はレプリケーションにより、自動 ID 範囲管理のために使用されます。このエラーは通常、テーブルに最後に挿入を行ったユーザーがテーブルのスキーマを変更する権限を持たない場合に発生します。このエラーがパブリッシャーで発生した場合は、sp_adjustpublisheridentityrange を実行してください。サブスクライバーで発生した場合は、マージ エージェントを実行してください。
20671 サブスクライバーの ID 範囲割り当てエントリが MSmerge_identity_range テーブルで見つかりません。サブスクリプションを再初期化してください。
20672 パラメーター @host_name に値が指定されましたが、パラメーター化されたフィルター選択に HOST_NAME() を使用するアーティクルがパブリケーション内にありません。
20673 パラメーター @host_name に値が指定されましたが、パラメーター化されたフィルター選択に SUSER_SNAME() を使用するアーティクルがパブリケーション内にありません。
20674 パブリケーションで動的フィルター選択が使用されていません。
20675 ID 範囲値を NULL にすることはできません。
20676 アーティクル "%1!" のパブリッシャー ID 範囲を最新の状態に更新できません。ストアド プロシージャ sp_adjustpublisheridentityrange を実行して ID 範囲を最新の状態に更新してください。
20677 アーティクル "%1!" を、自動 ID 範囲管理を指定して追加できません。アーティクルはトランザクション パブリケーションにおいて、自動 ID 範囲管理を使用して既にパブリッシュされています。
20678 指定されたパブリケーション '%1!' の通常のスナップショット ジョブが見つかりませんでした。
20679 現在のデータベースでストアド プロシージャ sp_adjustpublisheridentityrange を実行できません。現在のデータベースはリパブリッシャーまたはサブスクライバーです。リパブリッシャーまたはサブスクライバーで ID 範囲を調整するには、ルート パブリッシャーとの同期を行ってください。
20680 行のバッチのメタデータを取得できませんでした。
20681 パラメーター @partition_options に 1、2、または 3 は指定できません。パブリケーション "%1!" の互換性レベルが 90RTM より低くなっています。ストアド プロシージャ sp_changemergepublication を使用して、publication_compatibility_level を 90RTM に設定してください。
20682 テーブル %1! での一括削除の試行で行を削除できませんでした。
20683 ダウンロードだけのアーティクル %1! で一括削除に失敗しました。
20684 テーブル %1! での一括削除試行で、予定の行数よりも多くの行が削除されました。マージ エージェントを停止し、再起動してください。
20685 フィルター '%1!' を削除できません。@filtername パラメーターに指定されたフィルターが見つかりません。
20686 このプロシージャが '%2!' データベースから実行されているときは、パラメーター '%1!' を NULL または空にはできません。
20687 このプロシージャが '%2!' データベースから実行されていないときは、パラメーター '%1!' を NULL にしてください。
20688 パブリッシャー %2!、データベース %3!、パブリケーション %4! のトレーサー トークン ID (%1!) が見つかりませんでした。ストアド プロシージャ sp_helptracertokens を使用して、有効なトレーサー トークン ID の一覧を取得してください。
20689 テーブル %1! で、新しい ID 範囲割り当てを必要とするパブリッシャーを確認できませんでした。この確認はマージ エージェントとスナップショット エージェントが実行されるたびに行われます。マージ エージェントまたはスナップショット エージェントを再実行してください。
20690 テーブル %1! のパブリッシャー ID 範囲を設定できません。アーティクルの作成時に適切な範囲が指定されていたかどうかを確認し、スナップショット エージェントを再実行してください。
20691 サブスクライバーで、SQL Server 2005 メタデータとトリガーのマージ レプリケーション アップグレードに失敗しました。
20692 テーブル %1! に対する一括挿入処理で挿入される 1 つ以上の行が、MSmerge_tombstone で見つかりました。マージ レプリケーションで一括挿入を使用することはできません。これは通常、行が 1 つのパーティションから別のパーティションに移動したときに発生します。特に対応は必要ありませんが、この状態が頻繁に発生する場合は、データが最適にパーティション化されているかどうかを確認してください。一括挿入を行うと、マージ レプリケーションのパフォーマンスを向上できます。
20693 テーブル %1! に対する一括挿入処理で挿入される 1 つ以上の行が、MSmerge_contents で見つかりました。マージ レプリケーションで一括挿入を使用することはできません。これは通常、行が 1 つのパーティションから別のパーティションに移動したときに発生します。特に対応は必要ありませんが、この状態が頻繁に発生する場合は、データが最適にパーティション化されているかどうかを確認してください。一括挿入を行うと、マージ レプリケーションのパフォーマンスを向上できます。
20694 テーブル %1! に対して更新される 1 つ以上の行に、1 つ以上のフィルターに使用される列 %2! の変更が含まれています。マージ レプリケーションでこれらの変更を一括処理することはできません。特に対応は必要ありませんが、この状態が頻繁に発生する場合は、データが最適にパーティション化されているかどうかを確認してください。一括更新を行うと、マージ レプリケーションのパフォーマンスを向上できます。
20695 テーブル %3! に対する一括更新処理で、%2! 行中 %1! 行だけが更新されました。他の行は、削除されているため更新できませんでした。特に対応は必要ありませんが、この状態が頻繁に発生する場合は、更新と削除の競合を回避できないか検討してください。一括更新はパフォーマンス上有益です。
20696 オブジェクト %1! は Microsoft による配布 (ms_shipped) として設定されています。マージ レプリケーションのアーティクルとして追加することはできません。
20697 アーティクル %1! をパブリケーション %2! から削除できません。このパブリケーション内では、このアーティクルはパラメーター化されたフィルターを使用する唯一のアーティクルです。このアーティクルを削除すると、パブリケーションが静的パブリケーションに変更され、すべてのサブスクライバーの再初期化が必要になります。アーティクルを削除しアクティブなサブスクリプションをすべて再初期化するには、sp_dropmergepublication の @force_reinit_subscription パラメーターに値 1 を指定してください。
20698 パブリケーションで動的フィルター選択に HOST_NAME() が使用されていますが、パラメーター @host_name に値が指定されませんでした。
20699 パブリケーションで動的フィルター選択に SUSER_SNAME() が使用されていますが、パラメーター @suser_sname に値が指定されませんでした。
20701 ディストリビューターで動的スナップショット ジョブのスケジュールを変更できませんでした。
20702 1 つ以上のエラーにより、動的スナップショット ジョブのスケジュールを変更できませんでした。
20703 'partition_options' を %2! に設定してテーブルがパブリッシュされましたが、テーブル '%1!' に挿入された 1 つ以上の行がパーティションに含まれませんでした。

コード メッセージ
20704 テーブル '%1!' の ID 列はデータ型が tinyint です。tinyint にはマージ自動 ID 範囲で使用するのに十分な大きさの数値を保持できません。大きな数値を保持できる型に ID 列のデータ型を変更してから、マージ自動 ID 範囲管理でマージ アーティクルを追加してください。
20705 @conflict_logging を 'both' に設定できません。パブリケーション '%1!' の互換性レベルが 90 より低い値に設定されています。パブリケーションの作成時に @publication_compatibility_level を '90RTM' に設定するか、sp_changemergepublication を使用して publication_compatibility_level を '90RTM' に設定してください。
20706 ID 列の ID 番号の許容最大値または許容最小値が、指定されたアーティクルで見つかりませんでした。
20707 1 つ以上のエラーにより、identityrangemanagementoption を 'auto' に設定して、アーティクルをパブリッシュできませんでした。
20708 アーティクルにカスタム ビジネス ロジックの競合回避モジュールが含まれているときは、そのアーティクルを論理レコードの一部にはできません。
20709 マージ プロセスでは、パブリケーション "%2!" の競合テーブル "%1!" をクリーンアップできませんでした。
20710 ディストリビューターで、パブリッシャー '%1!'、publisher_db '%2!'、パブリケーション '%3!'、およびアーティクル '%4!' の ID 範囲割り当て情報をログに記録しているときに、不適切な ID 範囲割り当てが見つかりました。
20711 パブリケーション '%1!' の動的フィルター プロパティが正しく設定されていません。パブリケーションがパラメーター化フィルターを使用する場合は sp_changemergepublication で値を true に、使用されていない場合は false に設定し直してください。
20712 データベース '%1!' のレプリケーション マージ管理アプリケーション ロックを取得できません。スキーマ変更 (DDL) または管理プロセスの変更が試みられたときにアクティブなスナップショットが実行されていたことが原因の可能性があります。
20713 レプリケーション マージ管理ストアド プロシージャ '%1!' がパブリケーション '%2!' で失敗しました。管理プロシージャの呼び出し中にアクティブなスナップショットが実行されていることが原因である可能性があります。
20714 パブリケーション '%2!' のアーティクル '%1!' をマージ レプリケーション用に準備できませんでした。
20715 オブジェクト '%1!' のマージ レプリケーション トリガーを作成できませんでした。
20716 マージ レプリケーション パブリケーション '%1!' のパブリケーション ビューを作成できませんでした。
20717 sp_addmergelogsettings で、ログ設定を追加できませんでした。このサブスクリプションにログ設定が既に存在する場合は、sp_changemergelogsettings を使用して設定を変更するか、sp_dropmergelogsettings を使用して設定を削除してください。
20718 サブスクライバー サーバー '%1!'、サブスクライバー データベース '%2!'、Web サーバー '%3!' のログの設定がありません。sp_addmergelogsettings を使用してログの設定を追加してください。
20719 sp_changemergelogsettings で、ログ設定を更新できませんでした。パラメーター値を確認してください。
20720 サブスクライバー サーバー '%1!'、サブスクライバー データベース '%2!'、Web サーバー '%3!' のログの設定がありません。
20721 sp_dropmergelogsettings で、ログ設定を削除できませんでした。
20722 '%1!' が失敗しました。パラメーター '%2!' の値が無効です。有効な値は、@support_options [0 - 5]、@log_severity [1 - 4]、@log_file_size [2,000,000 - 999,000,000]、@no_of_log_files [2 - 500]、@upload_interval [0 - 40320]、@delete_after_upload [0 - 1] です。
20723 計算列 "%1!" をパブリケーションに追加できるのは、依存するオブジェクト "%2!" が追加された後だけです。
20724 パブリケーション '%2!' の job_id '%1!' を指定した動的スナップショット ジョブの有効なコマンド ラインが見つかりませんでした。
20725 パブリケーション '%2!' にある job_id '%1!' の動的スナップショット ジョブで使用する動的スナップショットの場所を更新できません。
20726 指定されたパブリケーションの 1 つ以上の動的スナップショット ジョブで、動的スナップショットの場所を変更できませんでした。
20727 パラメーター @subscription_type に無効な値が指定されました。有効な値は 'push'、'pull'、'both'、'anonymous' または 'all' です。
20728 パブリケーション '%2!' のアーティクル '%1!' の割り当て済み ID の最大値を復元できませんでした。
20729 パブリケーション '%2!' のアーティクル '%1!' に割り当てられた ID 値の最大値が、ディストリビューターで見つかりませんでした。
20730 @upload_first を 'true' に設定するには、パブリケーションの publication_compatibility_level が '80RTM' 以上である必要があります。この機能を使用する場合は、sp_changemergepublication を使用して publication_compatibility_level を '80RTM' 以上に設定してください。
20731 このエディションの SQL Server では、パブリケーションがサポートされません。既存のパブリケーションを削除しています。
20732 警告: 'schema_option' プロパティで指定された一部のフラグの値は、パブリケーションの互換性レベルと互換性がありません。代わりに、schema_option の変更された値 '%1!' が使用されます。
20733 'partition_options' を %2! に設定してテーブルがパブリッシュされましたが、テーブル '%1!' で更新された 1 つ以上の行がパーティションに含まれませんでした。
20734 'partition_options' を %2! に設定してテーブルがパブリッシュされましたが、テーブル '%1!' で削除された 1 つ以上の行がパーティションに含まれませんでした。
20735 アーティクル '%1!' をパブリケーション '%2!' に追加できません。パブリケーションには、最大数である 256 個のアーティクルが既に含まれています。
20736 警告: 'schema_option' プロパティで指定された一部のフラグの値は、パブリケーションの互換性レベルと互換性がありません。代わりに、schema_option の変更された値 '%1!' が使用されます。
20737 警告: FILESTREAM データのレプリケーションを最適な形で実行し、メモリ使用率を低減できるようにするために、'stream_blob_columns' プロパティは 'true' に設定されています。FILESTREAM のテーブル アーティクルで BLOB ストリームが使用されないようにするには、sp_changemergearticle を使用して 'stream_blob_columns' を 'false' に設定してください。
20738 マージ レプリケーションではスパース列および列セットがサポートされていないため、スパース列または列セットを含むアーティクル '%1!' をマージ パブリケーションに追加できません。
20739 アーティクル '%1!' では DDL 操作はサポートされていません。DDL 操作の列が FILESTREAM に対して有効になっているか、または DDL 操作の列が hierarchyid、geometry、geography、datetime2、date、time、または datetimeoffset のいずれかの型である場合、パブリケーションの互換性レベルは 100RTM 以上でなければなりません。FILESTREAM および hierarchyid 列に関連する DDL 操作の場合、スナップショット モードはネイティブでなければなりません。SQL Server Compact サブスクライバーに必要なキャラクター モードはサポートされていません。
20800 パブリケーション '%4!' のサブスクリプション '%2!:%3!' 内にあるアーティクル '%1!' を再初期化できません。このパブリケーションではピア ツー ピアのトランザクション レプリケーションが有効になっています。したがって、スナップショットを使ったサブスクリプションの再初期化は許可されません。代わりに、サブスクリプションを削除し再作成してください。
20801 サブスクリプションを再初期化できません。このパブリケーションではピア ツー ピアのトランザクション レプリケーションが有効になっています。したがって、スナップショットを使ったサブスクリプションの再初期化は許可されません。代わりに、サブスクリプションを削除し再作成してください。
20802 レプリケーション管理ユーザー スキーマ [%1!] からオブジェクトをパブリッシュできません。このスキーマはすべてのレプリケーション プロシージャとメタデータ テーブルを所有していますが、パブリッシュされるオブジェクトは所有できません。パブリッシュされるオブジェクトには別のスキーマを使用してください。
20803 ピア ツー ピア トポロジでは、同期前に、パブリケーションに含まれているアーティクルがすべてのノードで一致している必要があります。パブリケーション [%1!].[%2!].[%3!] のアーティクルは、[%4!].[%5!].[%6!] のアーティクルと一致していません。
20804 アーティクルは 1 つのピア ツー ピア パブリケーションだけに含めることができます。[%1!].[%2!] は、ピア ツー ピア パブリケーション '%3!' に既に含まれています。
20805 ピア ツー ピア トポロジでは、各パブリッシャーでパブリケーション名が一致している必要があります。ピア ツー ピア パブリケーション [%3!].[%4!].[%5!] で既にパブリッシュされているオブジェクト [%1!].[%2!] を再パブリッシュしようとしています。
20806 ピア ツー ピア転送コマンドの実行中にエラーが発生しました。ご購入元に問い合わせてください。
20807 %1!:%2!:%3! のピアが見つかりませんでした。ストアド プロシージャ sp_requestpeerresponse を実行中にこのエラーが発生した場合は、サブスクリプションが作成されているかどうかを確認してから、プロシージャの呼び出しを再試行してください。それ以外の状況でこのエラーが発生した場合は、ご購入元に問い合わせてください。
20808 ピア ツー ピア パブリケーション '%1!' は存在しません。パブリケーション名の一覧を表示するには、sp_helppublication を実行してください。
20809 ピア ツー ピア トポロジでは、各パブリッシャーでパブリケーション名が一致している必要があります。パブリケーション [%1!].[%2!].[%3!] のディストリビューション エージェントは、パブリケーション [%4!].[%5!].[%6!] 内に存在するアーティクルを同期しようとしています。
20810 'aggregate schema only' 型のアーティクルとしてパブリッシュされる場合、指定するソース オブジェクトはユーザー定義の集計オブジェクトにしてください。
20811 %1! のレプリケーション モニターの状態更新機能
20812 'synonym schema only' 型のアーティクルとしてパブリッシュされる場合、指定するソース オブジェクトはシノニムにしてください。
20813 sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーだけが、プロキシ アカウントが定義されたジョブを含まない %1! を変更できます。
20814 OLE DB ストリーム用ディストリビューション プロファイル
20815 OLE DB ストリームを使用する処理 LOB データ用のディストリビューション エージェント プロファイル。
20816 ピア ツー ピア パブリッシャーは、SQL Server Enterprise クラスのエディションだけでサポートされます。このインスタンスは %1! です。
20817 '%1!' の実行中にエラーが発生しました。'%2!' への呼び出しがエラー コード '%3!' で失敗しました。リターン コード: '%4!'。
21000 アクティブでないパブリケーションにはサブスクライブできません。