読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

SQLServerのエラーコード22001〜27000

SQLServer
スポンサーリンク

SQLServerのエラーコード22001〜27000までです。

コード メッセージ
22101 CHANGE_TRACKING_IS_COLUMN_IN_MASK 関数の change_columns 引数に指定された値が無効です。この値には、CHANGETABLE(CHANGES ...) 関数によって返されるビットマスクを指定する必要があります。
22102 指定された引数は、CHANGETABLE 関数の CHANGES オプションでは無効です。
22103 指定された引数は、CHANGETABLE 関数の VERSION オプションでは無効です。
22104 CHANGETABLE 関数によって返されたテーブルには、別名が必要です。
22105 変更の追跡はテーブル '%1!' で有効になっていません。
22106 CHANGETABLE 関数ではリモート データ ソースがサポートされていません。
22107 オブジェクト '%1!' のデータ型は CHANGETABLE 関数でサポートされていません。このオブジェクトはユーザー定義テーブル型である必要があります。
22108 SELECT ステートメントでは CHANGE_TRACKING_CONTEXT WITH 句を使用できません。
22109 CHANGE_TRACKING_CONTEXT WITH 句の "context" 引数のデータ型は、最大長 128 の varbinary 型である必要があります。
22110 CHANGETABLE(VERSION ...) 関数で指定されている列数がテーブル '%1!' の主キー列の数と一致しません。
22111 CHANGETABLE(VERSION ...) 関数で指定されている列 '%1!' は、テーブル '%2!' の主キーに含まれていません。
22112 各主キー列は CHANGETABLE(VERSION ...) 関数で 1 回指定する必要があります。列 '%1!' が複数回指定されています。
22113 変更の追跡でテーブルが追跡されているため、%1! は許可されません。
22114 ALTER DATABASE の変更の追跡オプションは、他の ALTER DATABASE オプションと組み合わせることはできません。
22115 変更の追跡が、データベース '%1!' の 1 つ以上のテーブルで有効になっています。変更の追跡は、データベースで無効にする前に、各テーブルで無効にしてください。変更の追跡が有効になっているテーブルの一覧を取得するには、sys.change_tracking_tables カタログ ビューを使用します。
22116 変更の追跡は、このエディションの SQL Server ではサポートされません。
22500 予期しないエラー
22501 パブリケーションのすべてのアーティクルがデータ検証 (行数とチェックサム) に合格しました。
22502 パブリケーションの一部のアーティクルがデータ検証 (行数のみ) に合格しませんでした。
22503 初期化中。
22504 サブスクライバーにスナップショットを適用しています。
22505 マージが完了しました。データの変更は処理されませんでした。
22506 マージする必要のあるデータは存在しません。
22507 データの変更をパブリッシャーにアップロードしています。
22508 データ変更をサブスクライバーにダウンロードしています。
22509 サブスクリプション情報を取得しています。
22510 パブリケーション情報を取得しています。
22511 マージが正常に完了しました。
22512 フィルター選択されていないパブリケーションを含むパーティション グループは使用できません。sp_changemergepublication を使用して、"use_partition_groups" を "false" に設定してください。
22513 パーティション グループを使用できません。アーティクル "%1!" と "%2!" の間の結合フィルターに 1 つ以上の関数が含まれています。
22514 パーティション グループを使用できません。1 つ以上のフィルターで関数を含むビュー "%1!" が参照されています。
22515 パブリケーションで事前計算済みパーティションを使用できません。パブリケーションのアーティクルに対して指定された結合フィルターに少なくとも 1 つの循環参照が存在します。事前計算済みパーティションを使用するには、結合フィルターの循環リレーションシップが存在しないようにしてください。
22516 パブリケーション "%1!" は動的フィルターを含むように定義されましたが、動的フィルターは含まれていません。
22517 パブリケーションは動的フィルターを含まないように定義されましたが、1 つ以上の動的フィルターがあります。
22518 アーティクル '%1!' のサブセットまたは結合フィルターでは、型が image、ntext、xml、CLR 型、varchar(max)、nvarchar(max)、または varbinary(max) の列を使用できません。
22519 text、image、ntext、xml、varchar(max)、nvarchar(max)、または varbinary(max) 列が JOIN 句の中で参照されたので、テーブル "%1!" と "%2!" の間に論理レコードのリレーションシップを追加できません。
22520 アーティクルのフィルター選択の種類が変更されました。特定のパーティションのサブスクライバーによってこのアーティクルに行われた保留中の変更または今後の変更は、他のパーティションのサブスクライバーには反映されなくなります。詳細については、マニュアルを参照してください。
22521 レプリケーション外部の別のプロセスから行が更新されたので、行を同期できません。
22522 アーティクル '%1!' をパブリッシュできません。このアーティクルは他のマージ パブリケーションでパブリッシュされています。sp_addmergearticle の @partition_options に値 3 (パーティションごとに 1 つのサブスクリプションを持つ重複しないパーティション) が指定されているアーティクルは、複数のパブリケーションまたはサブスクリプションに含めることはできず、再パブリッシュできません。このアーティクルを複数のパブリケーションに含めるには、sp_changemergearticle を使用して、既存のアーティクルの partition_options プロパティに別の値を指定してください。
22523 アーティクルは、@partition_options 2 または 3 (重複しないパーティション) を使用した場合、論理レコードのリレーションシップの一部にはできません。アーティクル "%1!" を確認してください。
22524 アーティクル '%1!' は別のマージ パブリケーションにおいて、sp_addmergearticle の @partition_options パラメーターに指定された別の値でパブリッシュされます。指定される値はすべてのマージ パブリケーションで同じである必要があります。既存のアーティクルと同じ値を指定するか、sp_changemergearticle を使用して既存のアーティクルを変更してください。
22525 パブリケーション "%1!" では、@partition_options = 3 を使用するアーティクルが含まれている場合、パーティションごとに複数のサブスクリプションを許可できません。
22526 %1! に無効な値が指定されました。有効な値は 0 (なし)、1 (強制されたパーティション)、2 (パーティションごとに複数のサブスクリプションを持つ、重なり合わないパーティション)、および 3 (パーティションごとに 1 つのサブスクリプションを持つ、重なり合わないパーティション) です。
22527 %1! に指定された値は無効です。有効な値は 'day'、'days'、'dd'、'year'、'years'、'yy'、'yyyy'、'month'、'months'、'mm'、'week'、'weeks'、'wk'、'hour'、'hours'、'hh'、'minute'、'minutes'、'mi' です。
22528 パブリケーション "%1!" の互換性レベルは 90 よりも低いので、このパブリケーションの保有期間の単位には "日" 以外を使用できません。sp_changemergepublication を使用して、publication_compatibility_level を 90RTM に設定してください。
22529 パブリケーション "%1!" の互換性レベルは 90 よりも低いので、このパブリケーションの保有期間の単位を変更できません。sp_changemergepublication を使用して、publication_compatibility_level を 90RTM に設定してください。
22530 論理レコードのリレーションシップ句で使用される、アーティクル "%1!" の列は更新できません。
22531 初期化。
22532 サブスクライバーの変更のパブリッシャーへのアップロード。
22533 パブリッシャーの変更がサブスクライバーにダウンロードされます。
22534 キャラクター モードのパブリケーションではパーティション テーブルはサポートされません。
22535 異種パブリケーションでは、"%2!" の呼び出し時に %1! パラメーターを指定してください。

コード メッセージ
22536 異種パブリケーションでは %1! パラメーターの値を更新および変更できません。
22537 指定された job_login は、分散パブリッシャー (sp_adddistpublisher) を追加するときに指定されたパブリッシャー ログインと一致する必要があります。
22538 レプリケーション ストアド プロシージャで追加、変更、削除、または表示できるのは、レプリケーション ジョブまたはジョブ スケジュールだけです。
22539 パラメーター %2! が %3! に設定されているときは、パラメーター %1! の使用は無効です。
22540 パブリケーション "%1!" には論理レコードのリレーションシップが 1 つ以上含まれているので、"character" の sync_mode を使用するようにパブリケーションを変更できません。
22541 パブリケーション "%1!" には論理レコードのリレーションシップを追加できません。このパブリケーションでは、"character" の sync_mode が使用されており、SQL Server Compact Edition のサブスクライバーが存在する可能性があります。
22542 プロパティ @subscriber_upload_options の値が無効です。有効な値は、0 (アップロード可)、1 (アップロード無効)、2 (アップロードを無効、サブスクライバーの変更を禁止)、および 3 (disable_outofpartition_subscriber_changes) です。
22543 パブリケーション プロパティ @allow_partition_realignment が "false" に設定されている場合は、パブリケーションのすべてのアーティクルのアーティクル プロパティ @subscriber_upload_options をアップロード無効に設定してください。
22544 警告: プロシージャ sp_mergecleanupmetadata は推奨されません。SQL Server 2000 SP1 以降では、マージ エージェントが実行されるたびに sp_mergemetadataretentioncleanup を呼び出すので、メタデータを手動でクリーンアップする必要はありません。渡されたパラメーターを無視し、sp_mergemetadataretentioncleanup を呼び出しています。
22545 パブリケーション "%1!" には論理レコードのリレーションシップを追加できません。このパブリケーションでは Web 同期が許可されています。
22546 パブリケーション "%1!" には論理レコードのリレーションシップが 1 つ以上含まれているので、Web 同期を許可するようにパブリケーションを変更できません。
22547 スナップショット パブリケーションには、同時実行スナップショットは許可されません。
22548 列分割は、ログ ベースのアーティクルだけで許可されます。
22549 このサブスクリプションの共有ディストリビューション エージェント (%1!) は既に存在します。
22550 identityrangemanagementoption が auto に設定されているときは、ID 列 "%1!" を列分割から削除できません。
22551 種類 "%1!" は無効です。有効な種類は "merge"、"tran"、および "both" です。
22552 "@resync_type" が 2 に設定されているときは、パラメーター "@resync_date_str" に有効な値を指定する必要があります。
22553 パラメーター "@resync_type" が "%1!" に設定されていますが、このサブスクリプションは正常に検証されていません。
22554 パブリケーション "%1!" で使用される保有期間の単位は "日" 以外なので、"character" の sync_mode を使用するようにパブリケーションを変更できません。sp_changemergepublication を使用して、保有期間の単位を "日" に設定してください。
22555 パブリケーション "%1!" の保有期間の単位を "日" 以外の値に設定できません。このパブリケーションでは "character" の sync_mode が使用されており、SQL Server Compact Edition のサブスクライバーが存在する可能性があります。
22556 プロパティ "%1!" の値が無効です。有効な値は 1 および 0 です。
22557 パブリケーションの互換性レベルが 90 よりも低いので、スキーマ変更の状態を更新できませんでした。sp_changemergepublication を使用してパブリケーション "%1!" の publication_compatibility_level を 90RTM に設定してください。
22558 スキーマ変更の状態を更新できませんでした。
22559 スキーマ変更の状態は、"active" または "skipped" にしてください。
22560 マージ レプリケーションでは、1 つ以上のパラメーターを受け取る動的関数を参照するフィルターは許可されません。関数 "%1!" を確認してください。
22561 パブリケーションの互換性レベルが 90 未満なので、要求された操作は失敗しました。sp_changemergepublication を使用して、パブリケーション "%1!" の publication_compatibility_level を 90RTM に指定してください。
22562 パブリケーションの互換性レベルを既存の値より低い値には変更できません。
22563 変更をアップロードしない 1 つ以上のアーティクルが含まれています
22564 ddl レプリケーションを使用します
22565 保有期間の単位として日以外を使用します
22566 論理レコードを使用します
22567 サブスクリプション ベースまたはパーティション ベースのフィルター選択を使用する 1 つ以上のアーティクルが含まれています
22568 エラーの場合に解決されない 1 つ以上のアーティクルが含まれています
22569 スキーマだけのアーティクルが 1 つ以上含まれています
22570 自動 ID 範囲管理を使用する 1 つ以上のアーティクルが含まれています
22571 SQL Server 2000 の新しいデータ型を使用する 1 つ以上のアーティクルが含まれています
22572 timestamp 列が含まれる 1 つ以上のアーティクルが含まれています
22573 snapshot_in_defaultfolder を FALSE に設定してスナップショット圧縮を使用します
22574 列分割を使用する 1 つ以上のアーティクルが含まれています
22575 アーティクル プロパティ 'published_in_tran_pub' が 'true' に設定されている場合は、アーティクル プロパティ 'upload_options' をアップロード無効に設定してください。
22576 %1! の無効な failover_mode 値が [%2!].[%3!].[%4!] に指定されました。0 [即時] に設定しています。
22577 サブスクリプションを追加できませんでした。SQL Workgroup Edition パブリッシャー '%2!' でのサブスクリプションの許容数 %1! を超えます。許容最大数は %3! です。
22578 パブリケーション "%1!" には論理レコードのリレーションシップが 1 つ以上存在するので、このパブリケーションを変更して use_partition_groups を許可しないようにすることはできません。論理レコードのリレーションシップを使用しているときは、パブリケーションで @use_partition_groups プロパティを 'true' に設定する必要があります。
22579 パブリケーション '%1!' に対するサブスクリプションが見つかりませんでしたが、共有エージェントが存在します。共有エージェントを使用してレプリケートされるパブリケーションにサブスクリプションを指定するには、パブリケーション名に '%2!' を指定してください。
22580 データベース '%1!' は別のサーバーにパブリッシュ済みと設定されているので、パブリッシュできません。このデータベースをパブリッシュする前に、sp_replicationdboption を実行してください。その際、'publish' と 'merge publish' の値に FALSE を指定します。
22581 パブリケーション '%2!' でアーティクル '%1!' を追加または変更できません。FILESTREAM 列のレプリケーションは、'sync_mode' が 1 (キャラクター モード) に指定されているパブリケーションではサポートされません。sp_addmergepublication または sp_changemergepublication を使用してパブリケーションの 'sync_mode' に 0 (ネイティブ モード) を指定するか、FILESTREAM 列がレプリケートされないようにアーティクルを列方向にパーティション分割してください。
22582 パブリケーション '%2!' でアーティクル '%1!' を追加または変更できません。FILESTREAM 列のレプリケーションは、'publication_compatibility_level' が "90RTM" (SQL Server 2005) より低いパブリケーションではサポートされません。sp_addmergepublication または sp_changemergepublication を使用して 'publication_compatibility_level' を "90RTM" 以上に指定するか、FILESTREAM 列がレプリケートされないようにアーティクルを列方向にパーティション分割してください。
22583 パブリケーション '%2!' でアーティクル '%1!' を追加または変更できません。FILESTREAM 列のレプリケーションは、'schema_option' が 0x20000000 に設定されたアーティクルではサポートされません。これにより、ラージ オブジェクト データ型が、以前のバージョンの Microsoft SQL Server でサポートされているデータ型に変換されます。sp_addmergepublication または sp_changemergepublication を使用してこの 'schema_option' 設定を削除するか、FILESTREAM 列がレプリケートされないようにアーティクルを列方向にパーティション分割してください。
22584 警告: 'schema_option' プロパティで指定された一部のフラグの値は、パブリケーションの互換性レベルと互換性がありません。代わりに、schema_option の変更された値 '%1!' が使用されます。
22585 varbinary(max) 列の FILESTREAM 属性をスクリプト出力するスキーマ オプションが、アーティクル '%1!' に対して有効になっています。アーティクルの作成後にこのオプションを有効にすると、FILESTREAM 列のデータが 2 GB より大きく、レプリケーション中に競合が発生した場合に、レプリケーションが失敗する可能性があります。FILESTREAM データをレプリケートする必要がある場合は、アーティクルを削除して再作成し、アーティクルの再作成時には適切なスキーマ オプションを指定してください。
22586 パブリケーション '%3!' のアーティクル '%2!' で列 '%1!' を追加または変更できません。hierarchyid および FILESTREAM 列に対する DDL 操作は、'sync_mode' が 1 (キャラクター モード) に指定されているか旧バージョンとの互換性レベルが 90RTM より低いパブリケーションではサポートされません。
22801 Change Data Capture コレクション エージェント ジョブを開始しています。この操作の進行状況についてレポートを作成するには、sys.dm_cdc_log_scan_sessions 動的管理ビューを照会してください。
22802 低レベルのウォーターマーク %1! を使用して Change Data Capture クリーンアップ エージェント ジョブを開始しています。
22803 Change Data Capture では、LSN{%1!} から LSN{%2!} までのログがスキャンされ、%4! コマンドを含む %3! トランザクションが抽出されました。この操作の進行状況についてレポートを作成するには、sys.dm_cdc_log_scan_sessions 動的管理ビューを照会してください。
22804 Change Data Capture は、このジョブに関連するアクションを続行できません。トランザクション レプリケーションはデータベース %1! で有効になっていますが、ディストリビューター情報を取得してログ リーダー エージェントの状態を確認することができません。ディストリビューション データベースを使用できるようにするか、ディストリビューションを無効にしてください。
22805 詳細については、sys.dm_cdc_errors 動的管理ビューを照会してください。

コード メッセージ
22806 発信元 ID '%1!' が無効です。トポロジで使用されていない 0 以外の ID を指定する必要があります。
22807 ピア ツー ピア パブリケーション '%2!' が競合検出に対して無効なため、パブリケーション プロパティ '%1!' を変更できません。競合検出に対してパブリケーションを有効にするには、sp_configure_peerconflictdetection を使用してください。
22808 プロシージャ '%1!' を実行できません。このプロシージャを実行する前に、パブリケーション '%2!' をピア ツー ピア レプリケーションに対して有効にする必要があります。パブリケーションをピア ツー ピア レプリケーションに対して有効にするには、sp_changepublication を使用してください。
22809 既存の競合テーブル '%1!' が削除されました。
22810 @action パラメーター値が無効です。有効な値は 'enable' および 'disable' です。
22811 ラウンド トリップのタイムアウト値は 0 より大きくする必要があります。
22812 ラウンド トリップ '%1!' はタイムアウトで終了しました: %2! 秒。
22813 競合検出をサポートしていないバージョンのピア ノードがトポロジに含まれています。競合検出を使用するには、トポロジ内のすべてのノードを SQL Server 2008 以降のバージョンにしてください。
22814 重複する発信元 ID がトポロジに含まれています。競合検出を使用するには、発信元 ID がトポロジで一意である必要があります。
22815 種類 '%1!' の競合が、ピア %3! (着信)、トランザクション ID %4! とピア %5! (ディスク)、トランザクション ID %6! 間のピア %2! で検出されました
22816 修飾テーブル名 '%1!' が長すぎて、ピア ツー ピア競合検出に対して有効にできません。
22817 %1! に %2! があります。
22818 削除と削除の競合が検出され解決されました。行は存在しないのでピアから削除できませんでした。着信した削除がスキップされました。
22819 ピア %1! (着信) とピア %2! (ディスク) との間で削除と更新の競合が検出されましたが、自動的に解決できませんでした。着信した削除がピア %3! でスキップされました。ピア間で確実にデータを収束させるには、競合を手動で解決する必要があります。競合を解決する方法の手順については、BOL を参照してください。
22820 ピア %1! (着信) とピア %2! (ディスク) 間の削除と更新の競合が検出され解決されました。着信した削除はピア %3! に適用されました。
22821 ピア %1! (着信) とピア %2! (ディスク) 間の更新と更新の競合が検出され解決されました。着信した更新はピア %3! でスキップされました。
22822 ピア %1! (着信) とピア %2! (ディスク) 間の更新と更新の競合が検出され解決されました。着信した更新はピア %3! に適用されました。
22823 更新と削除の競合が検出されましたが、解決されませんでした。行は存在しないので更新できませんでした。着信した更新はスキップされました。対象となるピアの優先度を確認すると共に、データ検証を実行することにより、削除の競合によってデータの非収束が生じていないか確認してください。
22824 ピア %1! (着信) とピア %2! (ディスク) 間の挿入と挿入の競合が検出され解決されました。着信した挿入はピア %3! でスキップされました。
22825 ピア %1! (着信) とピア %2! (ディスク) 間の挿入と挿入の競合が検出され解決されました。着信した挿入はピア %3! に適用されました。
22827 ピア ツー ピア競合検出の警告
22828 パブリケーション '%1!' はピア ツー ピア競合検出に対して既に %2! です。
22829 コマンド %1! が失敗しました。@ins_cmd、@del_cmd、または @upd_cmd に指定された値にスキーマ名 %2! を追加すると、サイズ制限 %3! を超えてしまいます。
22830 データベース %1! で Change Data Capture が有効になっていることを示すメタデータを更新できませんでした。このエラーはコマンド '%2!' の実行中に発生しました。返されたエラーは %3!: '%4!' です。アクションおよびエラーを使用してエラーの原因を特定し、要求を再実行してください。
22831 データベース %1! で Change Data Capture が有効になっていないことを示すメタデータを更新できませんでした。このエラーはコマンド '%2!' の実行中に発生しました。返されたエラーは %3!: '%4!' です。アクションおよびエラーを使用してエラーの原因を特定し、要求を再実行してください。
22832 テーブル %1! で Change Data Capture が有効になっていることを示すメタデータを更新できませんでした。このエラーはコマンド '%2!' の実行中に発生しました。返されたエラーは %3!: '%4!' です。アクションおよびエラーを使用してエラーの原因を特定し、要求を再実行してください。
22833 テーブル %1! で Change Data Capture が有効になっていないことを示すメタデータを更新できませんでした。このエラーはコマンド '%2!' の実行中に発生しました。返されたエラーは %3!: '%4!' です。アクションおよびエラーを使用してエラーの原因を特定し、要求を再実行してください。
22834 テーブル %1! の詳細ログ状態を変更できませんでした。このエラーはコマンド '%2!' の実行中に発生しました。返されたエラーは %3!: '%4!' です。アクションおよびエラーを使用してエラーの原因を特定し、要求を再実行してください。
22835 データベース %1! のメタデータを更新して、Change Data Capture ジョブが削除されたことを示すことができませんでした。このエラーはコマンド '%2!' の実行中に発生しました。返されたエラーは %3!: '%4!' です。アクションおよびエラーを使用してエラーの原因を特定し、要求を再実行してください。
22836 データベース %1! のメタデータを更新して、Change Data Capture ジョブが追加されたことを示すことができませんでした。このエラーはコマンド '%2!' の実行中に発生しました。返されたエラーは %3!: '%4!' です。アクションおよびエラーを使用してエラーの原因を特定し、要求を再実行してください。
22837 キャプチャ インスタンス '%1!' に関連付けられているテーブル エントリやオブジェクトを削除できませんでした。このエラーはコマンド '%2!' の実行中に発生しました。返されたエラーは %3!: '%4!' です。アクションおよびエラーを使用してエラーの原因を特定し、要求を再実行してください。
22838 CDC 一意インデックスの列はすべて NOT NULL として定義されている必要があります。ソース テーブル '%2!.%3!' の CDC 一意インデックスとして選択されたインデックス '%1!' は、この要件を満たしていません。選択したインデックスのすべての列を NOT NULL として定義するか、別の一意インデックスを CDC インデックスとして選択し、要求を再実行してください。
22840 Change Data Capture メタデータの変更に必要なアプリケーション ロック要求 '%1!' が許可されませんでした。要求から返された値は %2! でした: -1 = タイムアウト、-2 = キャンセル、-3 = デッドロックの対象、-999 = 検証またはその他の呼び出しエラー。エラーの原因を確認し、要求を再実行してください。
22841 Change Data Capture が有効になっているデータベース '%1!' のメタデータをアップグレードできませんでした。このエラーはアクション '%2!' の実行中に発生しました。返されたエラーは %3!: '%4!' です。アクションおよびエラーを使用してエラーの原因を特定し、要求を再実行してください。
22842 ALTER TABLE SWITCH ステートメントが失敗しました。パーティション分割された切り替え先のテーブルで、Change Data Capture が有効になっていますが、@allow_partition_switch が 1 に設定されていません。
22843 ALTER TABLE SWITCH ステートメントが失敗しました。パーティション分割された切り替え元のテーブルで、Change Data Capture が有効になっていますが、@allow_partition_switch が 1 に設定されていません。
22844 '%1!' オプションは 1 または 0 のいずれかにしてください。
22850 Change Data Capture クリーンアップ プロセスのしきい値には 1 以上の値を指定する必要があります。クリーンアップ ジョブの作成または変更時に、正の値のしきい値を指定してください。sys.sp_cdc_cleanup_change_table ストアド プロシージャの実行中にこのエラーが発生した場合は、sp_cdc_change_job ストアド プロシージャを使用して、ジョブに関連付けられているしきい値を負でない値に再設定してください。
22851 データベース %1! の低レベルのウォーター マークが変更されたことを示すために cdc.change_tables を更新することができませんでした。
22852 データベース %1! のキャプチャ インスタンスで 1 つ以上の低レベルのウォーター マークが変更されたことによって古くなった変更テーブル エントリを削除できませんでした。このエラーはコマンド '%2!' の実行中に発生しました。返されたエラーは %3!: '%4!' です。アクションおよびエラーを使用してエラーの原因を特定し、要求を再実行してください。
22853 データベース %1! の cdc.lsn_time_mapping テーブルにある古くなったエントリを削除できませんでした。このエラーはコマンド '%2!' の実行中に発生しました。返されたエラーは %3!: '%4!' です。アクションおよびエラーを使用してエラーの原因を特定し、要求を再実行してください。
22854 テーブル '%1!' に対して Change Data Capture を有効にしたり、ColumnSet 列を追加したりすることはできません。CDC では ColumnSet がサポートされていません。
22855 警告: @allow_partition_switch パラメーターが 1 に設定されています。Change Data Capture では、変更の使用時にデータの一貫性が損なわれる原因となるパーティションの切り替えで生成されるテーブルに加えられた変更は追跡されません。Change Data Capture の使用時のパーティション切り替え動作の詳細については、オンライン ブックを参照してください。
22856 警告: @allow_partition_switch パラメーターが 0 に設定されています。このパーティション テーブルでは、ALTER TABLE ... SWITCH PARTITION ステートメントは使用できません。Change Data Capture の使用時のパーティション切り替え動作の詳細については、オンライン ブックを参照してください。
22857 警告: パーティション分割されていないテーブルでは、@allow_partition_switch パラメーターを 1 に設定する必要があります。パラメーターの明示的な 0 への設定は無視されました。Change Data Capture の使用時のパーティション切り替え動作の詳細については、オンライン ブックを参照してください。
22858 Change Data Capture LSN 時間マッピング テーブルにエントリを追加して、追跡されたテーブルに適用された DML の変更を反映することができません。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22859 ログ レコードの処理中にログ スキャン プロセスが失敗しました。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22860 DDL ログ レコードの処理中にログ スキャン プロセスが失敗しました。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22861 データベース '%1!' をアップグレードできません。エラー '%2!' が発生しました: '%3!'。レポートされたエラーからその原因を特定し、データベース コンテキストで sys.sp_cdc_vupgrade を実行してアップグレードを再実行してください。
22862 データベース スナップショット '%1!' は存在しません。パラメーター値を修正して要求を再実行してください。
22863 Change Data Capture 変更テーブルに行を挿入できませんでした。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22864 データベース '%1!' のキャプチャ ジョブによる sp_MScdc_capture_job の呼び出しに失敗しました。以前のエラーを参照してエラーの原因を特定してください。
22901 データベース '%1!' で Change Data Capture が有効になっていません。適切なデータベース コンテキストが設定されていることを確認し、操作を再試行してください。Change Data Capture で有効なデータベースについてレポートを作成するには、sys.databases カタログ ビューの is_cdc_enabled 列を照会してください。
22902 呼び出し元には、要求されたアクションを開始する権限がありません。sysadmin 特権が必要です。
22903 別の接続により、現在のデータベースの Change Data Capture で 'sp_replcmds' が既に実行されています。
22904 呼び出し元は、要求されたアクションを開始する権限がありません。DBO 特権が必要です。

コード メッセージ
22905 データベース '%1!' は既に Change Data Capture に対して有効になっています。適切なデータベース コンテキストが設定されていることを確認し、操作を再試行してください。Change Data Capture で有効なデータベースについてレポートを作成するには、sys.databases カタログ ビューの is_cdc_enabled 列を照会してください。
22906 データベース '%1!' を Change Data Capture に対して有効にすることができません。'cdc' という名前のデータベース ユーザーまたはスキーマが現在のデータベースに既に存在します。これらのオブジェクトは、Change Data Capture 専用に必要です。ユーザーまたはスキーマを削除するか名前を変更してから、操作を再試行してください。
22907 パラメーター @role_name を空にすることはできません。@role_name に値を指定し、操作を再試行してください。キャプチャした変更データへのアクセスを制御するためにロールを使用しない場合は、値に NULL を指定してください。
22908 データベース '%1!' に Change Data Capture オブジェクトを作成できませんでした。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22909 Change Data Capture で有効な最後のデータベース テーブルが無効になったときに、データベース '%1!' の cdc.lsn_time_mapping テーブルのクリーンアップに失敗しました。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22910 データベース '%1!' のクリーンアップ要求が失敗しました。このデータベースは Change Data Capture に対して有効ではありません。
22911 同じデータベースでトランザクション レプリケーションも有効になっている場合、ログから変更を抽出するために Change Data Capture でキャプチャ ジョブを使用することはできません。Change Data Capture とトランザクション レプリケーションの両方がデータベースで有効になっているときは、ログ リーダー エージェントを使用してログの変更を抽出してください。
22913 データベース '%1!' の Change Data Capture オブジェクトを削除できませんでした。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22914 Change Data Capture がデータベースに対して有効になっている場合、sysadmin、db_owner、または db_ddladmin ロールのメンバーだけがこの操作を実行できます。
22916 指定されたロールに、キャプチャ インスタンス '%1!' とソース テーブル '%2!.%3!' の変更列挙関数に対する SELECT 権限を許可できませんでした。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22918 含まれる列の一覧に、変更テーブル %1! のキャプチャされた列ではない列が 1 つ以上含まれています。
22919 更新フラグが必要な列の一覧に、変更テーブル %1! のキャプチャされた列ではない列が 1 つ以上含まれています。
22920 指定されたキャプチャ インスタンス %1! はデータベース %2! に存在しません。
22921 呼び出し元がアクセスを許可されているすべてのキャプチャ インスタンスのスクリプトを生成できません。これらのスクリプトをすべて生成するには、パラメーター @column_list および @update_flag_list をどちらも NULL または空にする必要があります。
22923 保有期間 %2! から、データベース '%1!' の新しい低レベルのエンドポイントを計算できませんでした。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22924 データベース '%1!' の変更テーブルをクリーンアップできませんでした。現在の保有期間に基づいてデータベース変更テーブルをクリーンアップしようとしたときに、エラーが発生しました。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22925 キャプチャ インスタンス '%1!' によってキャプチャされた列数が、許容最大数 %2! を超えています。@captured_columns_list パラメーターを使用して許容最大数以下の列のサブセットを指定し、要求を再実行してください。
22926 キャプチャ インスタンスを作成できませんでした。キャプチャ インスタンス名 '%1!' は現在のデータベースに既に存在します。パラメーター @capture_instance に明示的な一意名を指定してください。
22927 キャプチャ インスタンス名 '%1!' が長さの制限 (100 文字) を超えています。長さの制約を満たす名前を指定してください。
22928 インデックス名 '%1!' はテーブル '%2!.%3!' のインデックスではありません。テーブルに有効なインデックス名を指定してください。
22929 インデックス '%1!' はテーブル '%2!.%3!' の主キーまたは一意インデックスのいずれかである必要があります。少なくともこれらの要件の 1 つを満たすインデックスを指定してください。
22930 ソース テーブル '%2!.%3!' の列として '%1!' を検出できませんでした。有効な列名を指定してください。
22931 ソース テーブル '%1!.%2!' は現在のデータベースに存在しません。適切なデータベース コンテキストが設定されていることを確認し、このデータベースに有効なスキーマとテーブル名を指定してください。
22932 キャプチャ インスタンス名 '%1!' は無効です。有効な名前を指定してください。オブジェクト名のルールについては、SQL Server オンライン ブックの「識別子」を参照してください。
22938 ロール名 '%1!' は無効です。有効な名前を指定してください。オブジェクト名のルールについては、SQL Server オンライン ブックの「識別子」を参照してください。
22939 パラメーター @supports_net_changes に 1 が設定されていますが、ソース テーブルでは主キーが定義されていません。また、代替の一意インデックスも指定されていません。
22940 キャプチャ インスタンス '%1!' とソース テーブル '%2!.%3!' の Change Data Capture メタデータに含まれている DDL 履歴エントリを削除できませんでした。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22941 ソース テーブル '%2!.%3!' のインデックス '%1!' の列情報を取得できませんでした。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22942 キャプチャされた列リストで指定された列を、ソース テーブル '%1!.%2!' の列にマップできませんでした。パラメーター @captured_column_list で指定された列が正しく区切られていて、ソース テーブルの列と一致することを確認してください。
22943 差分変更を追跡する行を一意に識別するために使用される列は、キャプチャされた列の一覧に含める必要があります。ソース テーブルの主キー列、またはパラメーター @index_name で指定されたインデックス用に定義された列をキャプチャされた列の一覧に追加し、操作を再試行してください。
22944 変更テーブル '%2!.%3!' へのアクセスを制御するために指定されたデータベース ロール '%1!' を作成できませんでした。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22945 ソース テーブル '%1!.%2!' に指定されたインデックスの cdc.index_columns システム テーブルに列情報を追加できませんでした。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22946 ソース テーブル '%1!.%2!' の cdc.captured_columns システム テーブルに列情報を追加できませんでした。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22947 キャプチャ インスタンス '%1!' とソース テーブル '%2!.%3!' の変更テーブルを作成できませんでした。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22948 キャプチャ インスタンス '%1!' とソース テーブル '%2!.%3!' の変更列挙関数を作成できませんでした。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22949 キャプチャ インスタンス '%1!' とソース テーブル '%2!.%3!' の Change Data Capture メタデータを更新できませんでした。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22950 キャプチャ インスタンス '%1!' とソース テーブル '%2!.%3!' の Change Data Capture メタデータに含まれているインデックス列のエントリを削除できませんでした。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22951 キャプチャ インスタンス '%1!' とソース テーブル '%2!.%3!' の Change Data Capture メタデータ内のキャプチャされた列のエントリを削除できませんでした。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22952 キャプチャ インスタンス '%1!' とソース テーブル '%2!.%3!' に作成された Change Data Capture オブジェクトを削除できませんでした。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22953 キャプチャ インスタンス '%1!' とソース テーブル '%2!.%3!' の Change Data Capture を削除できませんでした。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22954 低レベルのエンドポイント %2! を使用してキャプチャ インスタンス '%1!' に変更テーブルを作成できませんでした。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22955 データベースの最大 LSN を関数 'sys.fn_cdc_get_max_lsn' から取得できませんでした。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22956 キャプチャ インスタンス '%1!' に関連する変更テーブルの最小 LSN を関数 'sys.fn_cdc_get_min_lsn' から取得できませんでした。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22957 キャプチャ インスタンス '%2!' に関連付けられた変更テーブルの新しい低レベルのエンドポイントとして指定された LSN %1! が、Change Data Capture のタイムライン [%3!, %4!] 内に存在しません。
22958 キャプチャ インスタンス '%1!' へのすべての変更を照会するための関数を作成できませんでした。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22959 キャプチャ インスタンス '%1!' の差分変更を照会するための関数を作成できませんでした。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22960 Change Data Capture インスタンス '%1!' はソース テーブル '%2!.%3!' に対して有効になっていません。sys.sp_cdc_help_change_data_capture を使用してキャプチャ インスタンス名を確認し、操作を再試行してください。
22961 キャプチャ インスタンス '%1!' とソース テーブル '%2!.%3!' の差分変更の追跡をサポートする非クラスター化インデックスを作成できませんでした。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22962 ソース テーブル '%1!.%2!' には既に 2 つのキャプチャ インスタンスが存在します。テーブルに含めることができるキャプチャ インスタンスは 2 つまでです。現在の追跡オプションが適切でない場合は、sys.sp_cdc_disable_table を使用して古いインスタンスに対する変更の追跡を無効にし、操作を再試行してください。
22963 パラメーター '%1!' を NULL または空にすることはできません。名前付きパラメーターに値を指定し、操作を再試行してください。
22964 変更テーブルのクリーンアップで新しい低レベルのエンド ポイントとして指定された LSN %1! は、cdc.lsn_time_mapping テーブルの現在のエントリの start_lsn 値を表している必要があります。この要件を満たす LSN 値を選択してください。
22965 列リスト内の引用符で囲まれた列が正しく終了していません。列が正しく区切られていることを確認し、操作を再試行してください。詳細については、オンライン ブックの「区切られた識別子」を参照してください。
22966 データベース '%1!' にテーブル dbo.systranschemas を作成できませんでした。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22967 データベース '%1!' にテーブル dbo.systranschemas のクラスター化インデックスを作成できませんでした。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22968 データベース '%2!' に対して Change Data Capture を有効にするときに、DDL トリガー '%1!' を作成できませんでした。SQL Server エラー ログまたはシステム イベント ログ内の別のメッセージで詳細情報を参照できる場合があります。
22970 Change Data Capture ジョブに指定されたパラメーター @maxscans の値には、0 より大きい値を指定する必要があります。

コード メッセージ
22971 ログ リーダー履歴キャッシュにメモリを割り当てられませんでした。すべての操作を実行するための十分なメモリが SQL Server に割り当てられていることを確認してください。また、サーバーの物理メモリと仮想メモリの設定を確認し、別のアプリケーションが過度にメモリを消費していないかどうかを確認するためにメモリ使用量を調べてください。
22972 ストアド プロシージャ [sys].sp_cdc_help_change_data_capture を呼び出すときに、@source_schema または @source_name が NULL 以外および空以外の場合は、他のパラメーターも NULL 以外および空以外にする必要があります。
22973 指定されたファイル グループ '%1!' はデータベース '%2!' に有効なファイル グループではありません。既存の有効なファイル グループを指定するか名前付きファイル グループを作成し、操作を再試行してください。
22974 Change Data Capture に対して、cdc スキーマに含まれているテーブルを有効にすることができません。
22975 ソース テーブル '%1!' には、予約された列名 __$start_lsn、__$end_lsn、__$seqval、__$operation、__$update_mask のいずれかが含まれています。このテーブルで Change Data Capture を有効にするには、キャプチャされた列リストを指定し、これらの列がリストから除外されていることを確認してください。
22976 変更テーブル '%2!' の列 '%1!' を、ソース テーブル '%3!' の対応する列でのデータ型の変更に応じて変更できませんでした。ソース テーブル '%4!' の Change Data Capture メタデータに、ソース テーブルが正確に反映されていない状態になっています。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22977 DDL 履歴情報を更新して、変更テーブル '%1!' に関連付けられている追跡されたテーブルに適用された列の変更を反映することができません。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22978 変更テーブル '%2!' の列 '%1!' の cdc.captured_columns エントリを更新して、ソース テーブル '%3!' の対応する列でのデータ型の変更を反映することができませんでした。テーブル '%4!' の Change Data Capture 列メタデータに、ソース テーブルが正確に反映されていない状態になっています。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22979 テーブル '%2!' の一意のインデックス '%1!' は Change Data Capture によって使用されています。このインデックスを使用する制約は削除することも無効にすることもできません。
22980 テーブル '%2!.%3!' の一意インデックス '%1!' は無効になっています。そのため、Change Data Capture では、このインデックスを一意インデックスとして使用できません。インデックスを有効にしてください。
22981 オブジェクトが存在しないか、アクセスが拒否されました。
22982 キャプチャ インスタンス '%1!' の変更テーブルと、ソース テーブル '%2!.%3!' へのデータ設定に使用される内部ストアド プロシージャを作成できませんでした。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
22983 ソース テーブル '%2!' の一意インデックス '%1!' は Change Data Capture によって使用されています。インデックスを変更または削除するには、最初にそのテーブルで Change Data Capture を無効にする必要があります。
22984 ログ リーダー履歴キャッシュ イベントで待機中にエラーが発生しました。このエラーは内部タスク スケジューリングによって報告されたので、一時的なエラーである可能性があります。操作を再試行してください。
22985 ソース テーブル '%1!.%2!' に対して Change Data Capture が有効になっていません。Change Data Capture を有効にするテーブルの名前を指定してください。Change Data Capture を有効にするテーブルについてレポートを作成するには、sys.tables カタログ ビューの is_tracked_by_cdc 列を照会してください。
22986 Change Data Capture でのデータ設定用にメモリを割り当てることができませんでした。すべての操作を実行するための十分なメモリが SQL Server に割り当てられていることを確認してください。また、サーバーの物理メモリと仮想メモリの設定を確認し、別のアプリケーションが過度にメモリを消費していないかどうかを確認するためにメモリ使用量を調べてください。
22987 1 つ以上のラージ オブジェクト列に BLOB データを書き込んでいるときに、Change Data Capture でのデータ設定に失敗しました。すべての操作を実行するための十分なメモリが SQL Server に割り当てられていることを確認してください。また、サーバーの物理メモリと仮想メモリの設定を確認し、メモリ使用量を調べて、別のアプリケーションが過度にメモリを消費していないかどうかを確認してください。
22988 SQL Server のこのインスタンスは %1! です。Change Data Capture は、Enterprise Edition、Developer Edition、および Enterprise Evaluation Edition でのみ使用できます。
22989 データベース '%1!' に対して Change Data Capture を有効にできません。Change Data Capture はシステム データベースまたはディストリビューション データベースでサポートされていません。
22990 パラメーター @pollinginterval には、0 〜 24 時間の値を指定できます。24 時間 (86,400 秒) 以下のポーリング間隔 (秒単位) を指定してください。
22991 パラメーター @maxtrans には、0 より大きい値を指定する必要があります。
22992 指定された @job_type %1! はサポートされていません。パラメーター @job_type の値には、キャプチャ ジョブを示す N'capture' またはクリーンアップ ジョブを示す N'cleanup' を指定してください。
22993 msdb システム データベースに、データベース '%1!' のジョブ情報を含む Change Data Capture ジョブ テーブルが見つかりません。ストアド プロシージャ 'sys.sp_cdc_add_job' を実行して適切な CDC キャプチャ ジョブまたはクリーンアップ ジョブを作成してください。このストアド プロシージャによって、必要なジョブ テーブルが作成されます。
22994 Change Data Capture クリーンアップ プロセスの保有期間には、0 〜 52,594,800 の値を指定する必要があります。クリーンアップ ジョブの作成または変更時に、保有期間 (分単位) をこの範囲内で指定してください。sys.sp_cdc_cleanup_change_table ストアド プロシージャの実行中にこのエラーが発生した場合は、sp_cdc_change_job ストアド プロシージャを使用して、ジョブに関連付けられている保有期間を 52,594,800 未満の負でない値に再設定してください。
22995 ジョブの種類が 'capture' である場合、パラメーター @retention の値を指定できません。パラメーターに NULL を指定するか、ステートメントからこのパラメーターを削除してください。
22996 CDC クリーンアップ ジョブの追加または変更中に、@pollinginterval、@maxtrans、@maxscans、および @continuous に NULL 以外の値を割り当てることはできません。
22997 システム テーブル 'msdb.dbo.cdc_jobs' には、Change Data Capture の '%1!' ジョブが存在しません。ストアド プロシージャ 'sys.sp_cdc_add_job' を使用して Change Data Capture ジョブを追加してください。
22998 パラメーター @continuous の値には、0 または 1 を指定してください。
22999 ストアド プロシージャ 'sys.sp_cdc_scan' が連続モードで実行されていない場合、パラメーター @pollinginterval の値には、NULL または 0 を指定する必要があります。
23003 WinFS の共有アクセス許可が無効になっています {エラー: %1!}。共有アクセス許可を再設定してください。
23100 入力パラメーターが無効です。
23101 アクセスが拒否されました。
23102 アイテムが存在しません {ItemId: %1!}。
23103 フォルダーは既に存在します {ItemId: %1!}。
23104 フォルダーが存在しません {ItemId: %1!}。
23105 操作が階層構造の名前空間の一意性に違反しています。
23106 コンテナーが空ではありません {ItemId: %1!}。
23107 アイテムをそれ自体にコピーすることはできません。
23108 スコープ パスが存在しないか無効です。
23109 コンテナーが存在しません。
23110 列挙するアイテムはこれ以上ありません。
23111 指定されたスコープにアイテムが存在しません {ItemId: %1!、スコープ: %2!}。
23112 トランザクションがアクティブな状態ではありません。
23113 アイテムが存在しないか、ファイルを使用するアイテムではありません。
23114 共有違反です。
23115 トランザクションのバインド トークンは、トランザクションのコンテキスト内で呼び出される場合、NULL である必要があります。
23116 StreamSize データと AllocationSize データの両方またはいずれかに一貫性がありません {ItemId: %1!}。
23117 ファイルを使用するアイテムが存在しません {ItemId: %1!}。
23200 フォルダー '%1!' の ItemId が見つかりません。
23201 共有 '%1!' がカタログに存在しません。
23202 カタログの共有 '%1!' を削除できませんでした。
23203 カタログで、ストア アイテムが見つかりません。
23204 カタログにあるストア アイテムを削除できませんでした。
23205 ストア データベース名がカタログに見つかりません。
23206 ItemPath '%1!' に共有を作成できませんでした。
23207 カタログで '%1!' の共有のアイテムを追加できませんでした。

コード メッセージ
23208 ItemPath '%1!' がストアに存在しません。
23209 カタログ内でストアの状態を更新できませんでした。
23210 Itempath '%1!' が、ファイルを使用するアイテムであるか、そのサブツリー内にあります。
23211 ストア マネージャーを開始できませんでした。詳細については、WinFS UT ログを参照してください。
23212 Itempath '%1!' は複合アイテムです。
23401 HRESULT 0x%1! で操作に失敗しました。
23402 カタログで、指定されたストア名のストア アイテムが複数見つかりました。
23403 指定された名前のストアを作成できません。既に存在します。
23404 システム ストア (カタログまたは DefaultStore) を削除できません
23405 ストアが見つかりません。
23406 同じ名前の共有が既に存在します。
23407 指定された名前の共有が見つかりませんでした。
23408 指定された itempath が無効です。
23409 システム共有 (カタログまたは DefaultStore) を削除できません
23410 システム エラーが発生しました {ErrorCode: %1!}。
23411 WinFS は指定されたボリュームを検出できませんでした。
23412 WinFS ストア マネージャーは要求に対して準備できていません。
23413 WinFS ストア マネージャーでは、現在、システム以外のボリュームをサポートしていません。
23414 この操作のためにボリューム オブジェクトをロックしようとしてタイムアウトが発生しました。
23415 指定されたボリュームがマウントされていないか WinFS でサポートされていません
23416 アクセスが拒否されました。詳細については、WinFS UT ログを参照してください。
23417 引数が無効です
23418 Itempath は複合アイテムです。
23419 Itempath が、ファイルを使用するアイテムであるか、そのサブツリー内にあります。
23420 Itempath がストアに存在しません。
23421 要求を処理するには、システムで使用できるメモリが不足しています。
23422 ディスクまたはファイル グループがいっぱいです。
23423 ディスクのファイルへのアクセス エラーです。詳細については、WinFS UT ログを参照してください。
23424 デッドロックが原因で、データベース操作がロールバックされました。詳細については、WinFS UT ログを参照してください。
23425 削除する際に、指定したストアへの接続に対して sp_winfs_deletestore を呼び出せません。
23426 スタートアップ時に WSM メモリ クラークを初期化できませんでした。
23427 スタートアップ時に WSM メモリ オブジェクトを初期化できませんでした。
23428 スタートアップ時に WSM トレースを初期化できませんでした。
23500 アイテム コンテナーが存在しません。
23501 所有側アイテムが存在しません。
23502 NamespaceName が空か、最大長を超えています。
23503 ソース エンドポイントの型が無効です
23504 ターゲット エンドポイントの型が無効です
23505 ファイルを使用するアイテムの種類は、複合アイテムである必要があります。
23506 ファイルを使用するアイテムに他のアイテムを含めることはできません。
23509 ソース アイテムが存在しません。
23510 名前の付いたアイテムが既にコンテナーに存在します。
23511 新しいコンテナーをアイテムのサブコンテナーにすることはできません。
23513 アイテムが存在しません。
23515 アイテムに子が含まれる場合はそのアイテムを削除できません。
23519 対象のアイテムが存在しません。
23525 名前空間の名前が無効です。
23530 コミットできないトランザクション内で操作を呼び出すことはできません
23536 アイテムの Win32 ファイル ハンドルが開いています
23573 アイテムの置換時には ContainerId を変更できません。
23579 このプロシージャは予約されているので、呼び出すことができません。
23587 ファイル ストリームを NULL にすることはできません。
23588 コンテナー ID は同じにする必要があります。
23996 デバイス I/O エラーが原因で、要求を実行できませんでした。
23997 システム エラーが発生しました {ErrorCode: %1!}。
23998 要求を処理するには、システムで使用できるメモリが不足しています。

コード メッセージ
23999 予期しないエラーが発生しました。
25002 指定されたパブリッシャーは、このディストリビューターのリモート パブリッシャーとして有効になっていません。パラメーター @publisher に指定されている値が正しいかどうかと、パブリッシャーがこのディストリビューターのリモート パブリッシャーとして有効になっているかどうかを確認してください。
25003 ディストリビューション データベースの MSmerge_subscriptions テーブルのアップグレードに失敗しました。アップグレード プロシージャを再実行して、ディストリビューション データベースをアップグレードしてください。
25005 マージ レプリケーションで使用される rowguid 列の既定の制約を削除することはできません。
25006 アーティクル '%1!' に新しい列を追加できません。このアーティクルには %2! 列を超えるレプリケートされた列が含まれています。
25007 サブスクリプションを同期できません。パブリッシャー側とサブスクライバー側でアーティクルのスキーマが一致しません。保留中のスキーマの変更がまだサブスクライバーに反映されていない可能性があります。マージ エージェントを再度実行して、変更を反映しデータを同期してください。
25008 データ定義言語 (DDL) 操作の実行後に、マージ レプリケーション ビューを再生成できませんでした。
25009 アーティクル '%2!' で sp_changemergearticle を 'identityrangemanagementoption' プロパティに対して実行中に指定された値 '%1!' は無効です。
25010 制約はマージ レプリケーションにより ID 管理に使用されているので、直接削除できません。「sp_changemergearticle @publication, @article, "identityrangemanagementoption", "none"」を実行し、マージ ID 管理を無効にすると、制約も削除されます。
25012 このテーブルはマージ レプリケーション用にパブリッシュされるので、ID 列を追加できません。
25013 ALTER TABLE を実行できません。このテーブルは、'90RTM' より低い publication_compatibility_level を使用して 1 つ以上のパブリケーションでパブリッシュされています。sp_repladdcolumn または sp_repldropcolumn を使用してください。
25014 sp_repladdcolumn では、このリリースから導入された新しいデータ型の列を追加することは許可されません。
25015 スキーマ変更と一括挿入
25016 動的スナップショットの準備
25017 xp_cmdshell を使用してコマンド "%1!" を実行できませんでした。結果セットに、詳細エラー情報が返されました。
25018 事前計算済みパーティションを使用できません。アーティクル "%1!" および "%2!" は結合フィルターに使用されており、アーティクルのうち少なくとも 1 つに CASCADE アクションが定義された制約が設定されています。
25019 アーティクル "%1!" と "%2!" の間に論理レコードのリレーションシップを追加できません。アーティクルのうち少なくとも 1 つに CASCADE アクションが定義された制約が設定されています。
25020 テーブル '%1!' にアーティクルを作成できません。このテーブルには %2! 列以上の列があり、列レベルの追跡が使用されています。テーブルの列数を減らすか、行レベルの追跡に変更してください。
25021 レプリケーションのストアド プロシージャ sp_MSupdategenhistory で、生成 '%1!' を更新できませんでした。この生成は次回のマージで再試行されます。
25022 スナップショット ストレージ オプション (@snapshot_storage_option) には 'file system' または 'database' を指定する必要があります。
25023 テーブル値パラメーターを含んでいるストアド プロシージャを '[serializable] proc exec' アーティクルとしてパブリッシュすることはできません。
25024 スナップショット ストレージ オプションの 'database' は、スナップショット生成用のキャラクター モードの BCP とは同時に使用できません。
25025 このテーブルはマージ レプリケーション用にパブリッシュされるので、スパース列またはスパース列セットを追加できません。マージ レプリケーションではスパース列がサポートされていません。
25026 プロセス sp_registercustomresolver を続行できません。このプロセスがディストリビューション データベースのコンテキストで実行されていないか、ディストリビューション データベースが正しくアップグレードされていません。
25601 拡張イベント エンジンのメモリが不足しています。
25602 初期化中に %1! "%2!" で構成エラーが発生しました。オブジェクトをイベント セッションに追加できません。
25603 %1! "%2!" を追加できませんでした。シングルトンの対象の最大数に達しました。
25604 拡張イベント エンジンが無効になっています。
25605 %1! "%2!" を追加できませんでした。パッケージの最大数に達しました。
25606 拡張イベント エンジンを初期化できませんでした。関連する可能性のある問題の情報については、SQL Server エラー ログと Windows イベント ログを確認してください。
25607 スタートアップ オプションで拡張イベント エンジンが無効になっています。拡張イベントに依存する機能を起動できない場合があります。
25608 拡張イベント エンジンでローカル スレッド/ファイバーのレコードを割り当てることができませんでした。
25623 %1! の名前 "%2!" が無効であるか、このオブジェクトが見つかりませんでした
25624 %1! の名前 "%2!" の制約に違反しました。このオブジェクトでは、アクションまたは述語へのバインドはサポートされません。イベントはイベント セッションに追加されません。
25625 %1! "%2!" は既にイベント セッションに存在します。オブジェクトはイベント セッションに追加できません。
25629 %1! "%2!" には、カスタマイズ可能な属性 "%3!" が存在しません。
25630 %1! "%2!" にバインドされた述語式に、一致していない型が含まれています。
25631 %1! "%2!" は既に存在します。イベント セッションに一意な名前を選択してください。
25632 指定されたバッファー サイズが最小サイズを下回っています。
25633 指定されたバッファー サイズが最大サイズを超えています。
25634 指定されたディスパッチ待機時間が最小値を下回っています。
25635 メモリの最大値が 0 のセッションに非同期の対象を追加しようとしました。非同期の対象をセッションに追加するには、セッションのメモリの最大値が 0 より大きい値である必要があります。
25636 述語のソースと比較演算子の種類が一致しません。
25638 イベント データが許容最大値を超えました。
25639 %1! "%2!" が、使用可能なバインドされたアクションの数を超えています。
25640 イベントの最大サイズが、構成されたイベント セッション メモリのサイズを下回っています。イベントの最大サイズに、より大きい値を指定するか、0 を指定してください。
25641 %1! "%2!" では、渡されたパラメーター "%3!" が無効です。%4!
25642 カスタマイズ可能な必須の属性が %1! "%2!" にありません。
25643 %1! "%2!" は、イベントの損失を指定しないイベント セッションに追加できません。
25644 %1! "%2!" をイベント セッションにバインドできません。
25646 %1! の名前 "%2!" は無効です。
25647 %1! "%2!" が見つかりませんでした。オブジェクトが存在し、名前の綴りが正しいことを確認してください。
25648 %1! "%2!" が見つかりませんでした。パッケージが存在し、名前の綴りが正しいことを確認してください。
25649 %1! "%2!" の 2 つのアクションまたは述語を共存させることはできません。一方を削除してください。
25650 %1! "%2!" で、カスタマイズ可能な属性 "%3!" が複数回指定されました。
25651 %1! "%2!" では、カスタマイズ可能な属性 "%3!" に指定された値が必要な型 "%4!" と一致しませんでした。
25653 %1! "%2!" はイベント セッションに存在しません。オブジェクトはイベント セッションから削除できません。

コード メッセージ
25699 操作中に拡張イベント エンジンが予期せず失敗しました。
25701 イベント セッション名 "%1!" が無効です。一時的なイベント セッションは使用できません。
25702 イベント セッション オプション "%1!" が複数回設定されています。重複しているセッション オプションを削除してステートメントを再実行してください。
25703 イベント セッション オプション "%1!" に無効な値が含まれています。値を修正してステートメントを再実行してください。
25704 このイベント セッションは既に停止されています。
25705 このイベント セッションは既に開始されています。
25706 %1! "%2!" が見つかりませんでした。
25707 イベント セッション オプション "%1!" は、セッションの実行中に変更することはできません。このセッション オプションを変更する前にイベント セッションを停止してください。
25708 指定された "%1!" が最大許容値を超えています。構成値を小さくしてください。
25709 1 つ以上のイベント セッションを開始できませんでした。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
25710 イベント セッション "%1!" を開始できませんでした。現在のセッションで発生した以前のエラーを参照して原因を特定し、関連している問題をすべて修正してください。
25711 イベントの述語を解析できませんでした。
25712 イベントの述語に無効な比較演算子が指定されました。
25713 %1! "%2!"、%3! "%4!" に指定された値が無効です。
25715 イベント "%1!" の述語は無効です。演算子 '%2!' は型 "%3!" (%4!: "%5!") に定義されていません。
25716 イベント "%1!" の述語は %2! 文字の最大長を超えています。
25717 ファイル '%2!' からの読み取り中に、オペレーティング システムからエラー %1! が返されました。
25718 ログ ファイル名 "%1!" は無効です。ファイルが存在すること、および SQL Server サービス アカウントにファイルへのアクセス権があることを確認してください。
25719 初期ファイル名および初期オフセットはペアで指定する必要があります。パラメーターを修正してクエリを再試行してください。
25720 'sys.fn_xe_file_target_read_file' が、オフセット %2! の "%1!" からレコードをスキップしています。
25721 メタデータ ファイル名 "%1!" は無効です。ファイルが存在すること、および SQL Server サービス アカウントにファイルへのアクセス権があることを確認してください。
25722 オフセット %1! はログ ファイル "%2!" では無効です。ログ ファイルに存在するオフセットを指定し、クエリを再試行してください。
25723 ファイル "%1!" からメタデータ情報を取得中にエラーが発生しました。ファイルが壊れている可能性があります。
25724 述語が大きすぎて表示できません
25807 指定されたバッファー サイズ %1! KB は ETW の対象には小さすぎます。サイズを増やしてコマンドを再試行してください。
25809 ETW の対象のログ ファイル パス "%1!" は無効です。パスが存在すること、および SQL Server 開始アカウントにログ ファイルへのアクセス権があることを確認してください。
25810 指定されたセッション名は %1! 文字の最大長を超えています。
25811 ETW トレース セッションの作成中に、オペレーティング システムからエラー 5 (ACCESS_DENIED) が返されました。SQL Server 開始アカウントが 'パフォーマンス ログ ユーザー' グループのメンバーであることを確認し、コマンドを再試行してください。
25812 フィールド '%1!' はイベント '%2!' では無効です。フィールドが存在することを確認し、コマンドを再試行してください。
25813 アクション "%1!" が存在しません。アクションが存在することを確認し、コマンドを再試行してください。
25814 フィルター選択イベント "%1!" が存在しません。イベントが存在することを確認し、コマンドを再試行してください。
25815 ソースの種類 %1! は無効です。有効な種類は 0 (イベント フィールド) または 1 (アクション) です。
25816 スロット数 %1! は最大スロット数 %2! を超えています。スロット数の値を減らしてコマンドを再試行してください。
25817 指定された列名またはアクション名は %1! 文字の最大長を超えています。
25818 イベント "%1!" が見つかりませんでした。
25819 列 "%1!" が見つかりませんでした。
25820 アクション "%1!" が見つかりませんでした。
25821 開始列と終了列の数は一致する必要があります。開始列と終了列が一致するように同じ列数を指定してください。
25822 開始アクションと終了アクションの数は一致する必要があります。開始アクションと終了アクションが一致するように同じアクション数を指定してください。
25824 位置 %1! の開始列と終了列の種類が異なります。同じ種類の一致する列を指定し、コマンドを再試行してください。
25825 位置 %1! の開始アクションと終了アクションの種類が異なります。同じ種類の一致するアクションを指定し、コマンドを再試行してください。
25827 ファイル '%2!' の作成中に、オペレーティング システムからエラー %1! が返されました。パスが存在すること、および SQL Server 開始アカウントにその場所へのアクセス権があることを確認してください。
25833 カウンター対象で、カウントするパッケージの一覧にパッケージ "%1!" を追加できませんでした。このパッケージのイベントはカウントされません。
25834 リング バッファー対象で、パッケージ検出一覧にパッケージ "%1!" を追加できませんでした。このパッケージのイベントは、検出番号に基づいて保持されません。
25838 ソースの種類が 0 の場合は、パラメーター 'filtering_event_name' に値が必要です。
26010 サーバーは、SSL 接続の開始に必要な証明書を読み込めませんでした。次のエラーが返されました: %1!。証明書が有効であることを確認してください。
26011 セキュリティ ライブラリの問題により、サーバーは暗号化を初期化できませんでした。セキュリティ ライブラリが存在しない可能性があります。security.dll がシステムに存在することを確認してください。
26012 サーバーは SSL 暗号化が既に初期化された後で、再度初期化しようとしました。これは SQL Server の問題を示します。ご購入元に問い合わせてください。
26013 証明書 [Cert Hash(sha1) "%1!"] は暗号化用に正常に読み込まれました。
26014 ユーザーが指定した証明書 [Cert Hash(sha1) "%1!"] を読み込めません。サーバー側では接続が許可されません。証明書が正しくインストールされていることを確認してください。詳細については、オンライン ブックの「SSL で使用するための証明書の構成」を参照してください。
26015 ユーザーが指定した証明書を読み込めません。接続を暗号化する必要があるので、サーバー側では接続を許可できません。証明書が正しくインストールされていることを確認してください。詳細については、オンライン ブックの「SSL で使用するための証明書の構成 (Configuring Certificate for Use by SSL)」を参照してください。
26017 SSL 暗号化を初期化できません。有効な証明書が見つかりませんでした。自己署名証明書も作成できません。
26018 自動生成された証明書が暗号化用に正常に読み込まれました。
26022 サーバーは [%1! <%2!> %3!] でリッスンしています。
26023 サーバーの TCP プロバイダーは [%1! <%2!> %3!] でリッスンできませんでした。TCP ポートは既に使用中です。
26024 サーバーは %1! <%2!> %3! でリッスンできませんでした。エラー: %4!。続行するには、システム管理者に通知してください。

コード メッセージ
26025 ユーザー '%1!' の HTTP 認証に成功しました。%2!
26026 HTTP 認証に失敗しました。%1!
26027 仮想インターフェイス アーキテクチャ プロトコルは、このエディションの SQL Server ではサポートされません。
26028 サーバーの名前付きパイプ プロバイダーは、[%1!] で接続を受け入れることができる状態です。
26029 サーバーの名前付きパイプ プロバイダーが [%1!] でリッスンできませんでした。エラー: %2!
26030 サーバーの共有メモリ プロバイダーは、クライアントが [%1!] に接続できる状態です。
26031 サーバーの共有メモリ プロバイダーの初期化に失敗しました。エラー: %1!。
26032 サーバーの VIA プロバイダーは、クライアントが [%1!:%2!] に接続できる状態です。
26033 サーバーの VIA プロバイダーの初期化に失敗しました。エラー: %1!
26034 未処理の接続により、SQL Server ネットワーク インターフェイス ライブラリが正常な終了処理を実行できません。即時終了に移行します。
26035 メモリ不足による closesocket エラーにより、SQL Server ネットワーク インターフェイス ライブラリがソケット ハンドルを閉じられませんでした。Winsock エラー コード: %1!。
26036 サーバーの名前付きパイプ接続はローカル アクセスだけに制限されます。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
26037 SQL Server ネットワーク インターフェイス ライブラリで、SQL Server サービスのサービス プリンシパル名 (SPN) を登録できませんでした。エラー: %1!、状態: %2!。SPN の登録エラーにより、統合認証で Kerberos ではなく NTLM が使用される可能性があります。このメッセージは情報提供を目的としています。追加操作が必要なのは、認証ポリシーで Kerberos 認証が必要な場合だけです。
26038 SQL Server ネットワーク インターフェイス ライブラリで、SQL Server サービスのサービス プリンシパル名 (SPN) を登録解除できませんでした。エラー: %1!、状態: %2!。管理者はこの SPN を手動で登録解除して、クライアント認証エラーを回避してください。
26039 SQL Server ネットワーク インターフェイス ライブラリが SPN 関連のライブラリを読み込めませんでした。エラー: %1!。
26040 サーバーの TCP プロバイダーでエラーが発生したため、ポート [ %1! ] のリッスンが停止されました。エラー: %2!、状態: %3!。サーバーでは自動的にリッスンの再確立が試行されます。
26041 サーバーの TCP プロバイダーがポート [ %1!] のリッスンを正常に再確立しました。
26042 サーバーの HTTP プロバイダーでエラーが発生したため、リッスンが停止されました。エラー: %1!、状態: %2!。サーバーでは自動的にリッスンの再確立が試行されます。
26043 サーバーの HTTP プロバイダーがリッスンを正常に再確立しました。
26044 サーバーの名前付きパイプ プロバイダーでエラーが発生したため、[ %1! ] のリッスンが停止されました。エラー: %2!、状態: %3!。サーバーでは自動的にリッスンの再確立が試行されます。
26045 サーバーの名前付きパイプ プロバイダーが [ %1!] のリッスンを正常に再確立しました。
26046 サーバーの共有メモリ プロバイダーでエラーが発生したため、リッスンが停止されました。エラー: %1!、状態: %2!。サーバーでは自動的にリッスンの再確立が試行されます。
26047 サーバーの共有メモリ プロバイダーがリッスンを正常に再確立しました。
26048 サーバーのローカル接続プロバイダーは、[ %1! ] で接続を受け入れることができる状態です。
26049 サーバーのローカル接続プロバイダーが [ %1! ] でリッスンできませんでした。エラー: %2!
26050 サーバーのローカル接続プロバイダーでエラーが発生したため、[ %1! ] のリッスンが停止されました。エラー: %2!、状態: %3!。サーバーでは自動的にリッスンの再確立が試行されます。
26051 サーバーのローカル接続プロバイダーが [ %1! ] のリッスンを正常に再確立しました。
26052 SQL Server ネットワーク インターフェイスにより、ノード関係マスク 0x%2! のマルチノード (NUMA) サーバー構成であるノード %1! のリスナーが初期化されました。このメッセージは情報提供だけを目的としたものであり、ユーザー操作は不要です。
26053 SQL Server ネットワーク インターフェイスが、ノード関係マスク 0x%2! のマルチノード (NUMA) サーバー構成であるノード %1! のリスナーを初期化できませんでした。メモリが不足している可能性があります。メモリを解放して使用できるメモリを増やし、このノードをオフにしてからもう一度オンにしてください。問題が解決しない場合は、この手順を繰り返し実行するか、SQL Server を再起動してください。
26054 この SQL Server インスタンスが依存する IP アドレスが見つかりませんでした。クラスター サービスが実行されていること、SQL Server とネットワーク名リソースの間の依存関係リレーションシップが正しいこと、この SQL Server が依存する IP アドレスが使用できることを確認してください。エラー コード: %1!。
26055 SQL Server が VIA サポート ライブラリ [%1!] の初期化に失敗しました。この失敗は通常、VIA サポート ライブラリが存在しないか、または壊れていることを示します。VIA ネットワーク プロトコルを修復するか無効にしてください。エラー: %2!。
26056 レジストリで専用管理者接続 (DAC) のポート番号を更新できませんでした。クライアントは、SQL Server Browser サービスを使用して正しい DAC ポートを検出できない可能性があります。エラー: %1!。
26057 SSL サポートの初期化中に、コンピューターの完全修飾ドメイン名を特定できませんでした。コンピューターのネットワーク構成の問題である可能性があります。エラー: %1!。
26058 TCP プロバイダーは有効になっていますが、TCP リスニング ポートが構成されていません。サーバーは TCP 接続を受け入れられません。
26059 SQL Server ネットワーク インターフェイス ライブラリで、SQL Server サービスのサービス プリンシパル名 (SPN) [ %1! ] が正常に登録されました。
26060 SQL Server ネットワーク インターフェイス ライブラリで、SQL Server サービスのサービス プリンシパル名 (SPN) [ %1! ] が正常に登録解除されました。
26061 サービス プリンシパル名 (SPN) の構成中に、コンピューターの完全修飾ドメイン名を特定できませんでした。コンピューターのネットワーク構成の問題である可能性があります。エラー: %1!。
26062 TCP リスニング ポートの初期化中に無効なパラメーターが検出されました。エラー: %1!、状態: %2!。ご購入元に問い合わせてください。
26063 警告: VIA プロトコルのサポートは推奨されておらず、Microsoft SQL Server の今後のバージョンで削除される予定です。可能であれば、別のネットワーク プロトコルを使用し、VIA は無効にしてください。
26065 SQL Server データベース エンジンの拡張保護は有効になっていますが、オペレーティング システムで拡張保護がサポートされていません。Windows 認証を使用した接続の試行が失敗する可能性があります。オペレーティング システムのサービス パックを確認して、サービス バインドとチャネル バインドを使用した拡張保護を許可するか、データベース エンジンの拡張保護を無効にしてください。
26066 拡張保護用にクラスターの仮想 IP アドレスを構成中にエラーが発生しました。Windows 認証を使用した接続の試行が失敗する可能性があります。エラー: %1!.
26073 TCP 接続は閉じられましたが、SQL Server の子プロセスが接続のソケットの複製を保持している可能性があります。TcpAbortiveClose SQL Server レジストリ設定の有効化と SQL Server の再起動を検討してください。問題が解決しない場合は、ご購入元に問い合わせてください。