読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

SQLServerのエラーコード2501〜3000

SQLServer
スポンサーリンク

SQLServerのエラーコード2501〜3000までです。

コード メッセージ
2501 "%1!" という名前のテーブルまたはオブジェクトが見つかりません。システム カタログを確認してください。
2502 メモリ オブジェクト一覧のダンプに失敗しました。メモリ オブジェクトの構造の一貫性が一時的に損なわれています。再試行してください。
2503 物理ファイル '%1!' が正常に削除されました。
2504 物理ファイル '%1!' を削除できませんでした。DeleteFile システム関数からエラー %2! が返されました。
2505 デバイス '%1!' は存在しません。使用できるデバイスを表示するには、sys.backup_devices を使用してください。
2506 テーブル名またはオブジェクト名 '%1!' がデータベース '%2!' に見つかりませんでした。
2507 DBCC CHECKCONSTRAINTS を実行するには、CONCAT_NULL_YIELDS_NULL オプションに ON を設定してください。
2508 オブジェクト "%2!"、インデックス ID %3!、パーティション ID %4!、アロケーション ユニット ID %5! (型 %6!) の %1! カウントが不適切です。DBCC UPDATEUSAGE を実行してください。
2509 内部クエリ エラーにより、DBCC CHECKCONSTRAINTS が失敗しました。
2510 DBCC %1! エラー: %2!。
2511 テーブル エラー: オブジェクト ID %1!、インデックス ID %2!、パーティション ID %3!、アロケーション ユニット ID %4! (型 %5!)。ページ %6!、スロット %7! と %8! でキーの順序が正しくありません。
2512 テーブル エラー: オブジェクト ID %1!、インデックス ID %2!、パーティション ID %3!、アロケーション ユニット ID %4! (型 %5!)。ページ %6! スロット %7! とページ %8! スロット %9! でキーが重複しています。
2514 DBCC PAGE エラーが発生しました: %1!。
2515 ページ %1!、オブジェクト ID %2!、インデックス ID %3!、パーティション ID %4!、アロケーション ユニット ID %5! (型 %6!) は変更されていますが、差分バックアップ ビットマップで変更項目として設定されていません。
2516 修復により、データベース %1! の差分ビットマップが無効になりました。差分バックアップ チェーンが壊れています。データベース全体をバックアップしてから、差分バックアップを実行できます。
2517 データベース %1! で一括ログ記録が有効になっています。すべてのデータを確実にセキュリティで保護するには、ログのバックアップ操作を再実行してください。
2518 オブジェクト ID %1! (オブジェクト "%2!"): 共通言語ランタイム (CLR) が無効になっているので、このオブジェクトでは計算列と CLR 型を確認できません。
2519 内部式エバリュエーターを初期化できなかったので、オブジェクト ID %1! (オブジェクト "%2!") では計算列と CLR 型を確認できません。
2520 データベース '%1!' が見つかりませんでした。このデータベースは存在しないか、ステートメントでの使用前に削除されています。sys.databases カタログ ビューのクエリを実行してデータベースが存在するかどうかを確認してください。
2521 データベース ID '%1!' が見つかりませんでした。このデータベース ID が存在しないか、データベースがステートメントでの使用前に削除されています。sys.databases カタログ ビューのクエリを実行してデータベース ID が存在するかどうかを確認してください。
2522 テーブル %2! のインデックス %1! を処理できません。ファイル グループ %3! が無効です。
2523 ファイル グループ %1! は無効です。
2524 オブジェクト ID %1! (オブジェクト "%2!") は Service Broker キューなので処理できません。sys.internal_tables にある、このキューに対応している内部テーブルのオブジェクト ID を使用して操作を再試行してください。
2525 データベース ファイル %1! はオフラインです。
2526 DBCC ステートメントが不適切です。DBCC の正しい構文とオプションをマニュアルで調べてください。
2527 テーブル %2! のインデックス %1! を処理できません。ファイル グループ %3! がオフラインです。
2528 DBCC の実行が完了しました。DBCC がエラー メッセージを出力した場合は、システム管理者に相談してください。
2529 ファイル グループ %1! はオフラインです。
2530 テーブル "%2!" のインデックス "%1!" は無効です。
2531 テーブル エラー: ページ %6! で、オブジェクト ID %1!、インデックス ID %2!、パーティション ID %3!、アロケーション ユニット ID %4! (型 %5!) の B-Tree レベルが一致しません。レベル %7! が、前の %9! のレベル %8! と一致しません。
2532 このコマンドでは、指定された 1 つ以上の WITH オプションが無効です。
2533 テーブル エラー: オブジェクト ID %2!、インデックス ID %3!、パーティション ID %4!、アロケーション ユニット ID %5! (型 %6!) に割り当てられたページ %1! が見つかりませんでした。このページが無効であるか、ページのヘッダー内に不適切なアロケーション ユニット ID がある可能性があります。
2534 テーブル エラー: ページ %1! が別のオブジェクトによって割り当てられています。このページのヘッダーは、ページがオブジェクト ID %2!、インデックス ID %3!、パーティション ID %4!、アロケーション ユニット ID %5! (型 %6!) に割り当てられていることを示しています。
2536 '%1!' の DBCC 結果。
2537 テーブル エラー: オブジェクト ID %1!、インデックス ID %2!、パーティション ID %3!、アロケーション ユニット ID %4! (型 %5!)、ページ %6!、行 %7!。レコードのチェック (%8!) に失敗しました。値は %9! と %10! です。
2538 ファイル %1!。エクステント数 = %2!、使用ページ数 = %3!、予約ページ数 = %4!。
2539 このデータベース内のエクステントの合計数 = %1!、使用ページ数 = %2!、および予約ページ数 = %3!。
2540 システムはこのエラーを自己修復できません。
2541 DBCC UPDATEUSAGE: テーブル '%1!' (インデックス '%2!'、パーティション %3!) の使用状況カウントが更新されました。
2542 DATA ページ %1!: (%2!) ページから (%3!) ページに変更されました。
2543 USED ページ %1!: (%2!) ページから (%3!) ページに変更されました。
2544 RSVD ページ %1!: (%2!) ページから (%3!) ページに変更されました。
2545 ROWS カウント: (%1!) 行から (%2!) 行に変更されました。

コード メッセージ
2546 テーブル '%2!' のインデックス '%1!' は無効に設定されています。オンラインにするには、インデックスを再構築してください。
2547 オブジェクト ID %1! (オブジェクト "%2!") を処理できません。このオブジェクトはシノニムです。シノニムの参照先オブジェクトがテーブルまたはビューの場合、参照先のベース オブジェクトを使用して操作を再試行してください。
2548 DBCC: インデックス '%1!' の圧縮フェーズが %2!%% 完了しました。
2549 DBCC: インデックス '%1!' のデフラグ フェーズが %2!%% 完了しました。
2550 テーブル "%3!" のインデックス "%1!" (パーティション %2!) を再構成できません。このインデックスは、別のプロセスで再構成されています。
2551 テーブル "%1!" のインデックスを再構成できません。このテーブルでは、オンラインのインデックス構築または再構築が既に実行中です。
2552 テーブル "%3!" のインデックス "%1!" (パーティション %2!) を再構成できません。ページレベルのロックが無効です。
2553 インデックス '%2!' の再構成中は、テーブル '%1!' が使用できなくなります。これは、インデックスの再構成操作がユーザー トランザクション内で実行され、テーブル全体が排他ロックされるためです。
2554 テーブル "%3!" のインデックス "%1!" (パーティション %2!) を再構成できません。ファイル グループが読み取り専用です。
2555 ファイル "%1!" のすべてのコンテンツを他の場所に移動して EMPTYFILE 操作を完了することができません。
2556 EMPTYFILE 操作を完了するには、ファイル グループに領域が不足しています。
2557 ユーザー '%1!' にはオブジェクト '%3!' で DBCC %2! を実行する権限がありません。
2558 無効な %1! 数がデータベース '%2!' で検出されました。
2559 '%1!' オプションと '%2!' オプションは同じステートメントでは許可されません。
2560 パラメーター %1! はこの DBCC ステートメントでは不適切です。
2561 パラメーター %1! はこのステートメントでは不適切です。
2562 FILESTREAM ファイル グループ "%1!" (ID %2!) のチェックは、DBCC CHECKFILEGROUP でサポートされていません。代わりに、FILESTREAM データを使用して、ユーザー オブジェクトを含むファイル グループを指定してください。
2566 DBCC DBREINDEX はシステム テーブルでは使用できません。
2567 DBCC INDEXDEFRAG はシステム テーブル インデックスでは使用できません
2568 ページ %1! は、このデータベースの範囲外にあるか、ログ ファイルにあります。
2570 ページ %1!、オブジェクト ID %3! のスロット %2!、インデックス ID %4!、パーティション ID %5!、アロケーション ユニット ID %6! (型 "%7!")。列 "%8!" の値が、データ型 "%9!" の範囲外です。列を有効な値に更新してください。
2571 ユーザー '%1!' には DBCC %2! を実行する権限がありません。
2572 DBCC で DLL '%1!' を解放できません。DLL は使用中です。
2573 テーブルまたはオブジェクト ID %1! が見つかりませんでした。システム カタログを確認してください。
2574 テーブル エラー: オブジェクト ID %2!、インデックス ID %3!、パーティション ID %4!、アロケーション ユニット ID %5! (型 %6!) のページ %1! が空です。これは、B-Tree のレベル %7! では許可されません。
2575 オブジェクト ID %3!、インデックス ID %4!、パーティション ID %5!、アロケーション ユニット ID %6! (型 %7!) の IAM ページ %2! の次のポインターは、IAM (Index Allocation Map) ページ %1! を指していますが、スキャンでは見つかりませんでした。
2576 オブジェクト ID %3!、インデックス ID %4!、パーティション ID %5!、アロケーション ユニット ID %6! (型 %7!) の IAM ページ %2! の前のポインターは、IAM (Index Allocation Map) ページ %1! を指していますが、スキャンでは見つかりませんでした。
2577 オブジェクト ID %1!、インデックス ID %2!、パーティション ID %3!、アロケーション ユニット ID %4! (型 %5!) の IAM (Index Allocation Map) チェーン内のチェーン シーケンス番号が間違っています。シーケンス番号 %7! のページ %6! がシーケンス番号 %9! のページ %8! を指しています。
2579 テーブル エラー: オブジェクト ID %2!、インデックス ID %3!、パーティション ID %4!、アロケーション ユニット ID %5! (型 %6!) のエクステント %1! が、このデータベースの範囲を超えています。
2580 テーブル '%1!' はシステム テーブルまたは一時テーブルです。DBCC CLEANTABLE はシステム テーブルまたは一時テーブルには適用できません。
2581 DBCC で DLL "%1!" を解放できません。DLL が読み込まれていません。
2583 DBCC ステートメントに指定されたパラメーター数が不適切です。
2585 テーブル "%2!" のパーティション番号 %1! が見つかりません。
2586 インデックス "%2!"、テーブル "%3!" のパーティション番号 %1! が見つかりません。
2587 無効なパーティション番号 %1! が指定されました。
2588 インデックス ID %2!、オブジェクト ID %3! のパーティション番号 %1! が見つかりません。
2589 修復の最初の試行では、すべてのエラーを修正できませんでした。
2590 ユーザー "%1!" は、データベース "%5!" のページ %4! のバイト %2! を %3! に変更しています。
2591 テーブル "%2!" のインデックス ID %1! を含む行がシステム カタログ内に見つかりません。
2592 修復: %1! インデックスは、データベース "%3!" のオブジェクト "%2!" で正しく再構築されました。
2593 オブジェクト "%3!" の %2! ページには %1! 行あります。
2594 オブジェクト "%2!" (ID %3!)、インデックス "%4!" (ID %5!) の行セット ID %1! を処理できません。未検証のファイル グループ "%6!" (ID %7!) に属しています。
2596 修復ステートメントは処理されませんでした。データベースを読み取り専用モードにすることはできません。
2597 トレース フラグ %1! を無視しています。このフラグは、無効なトレース フラグまたはサーバーの起動時にのみ指定できるトレース フラグです。
2599 テーブル "%1!" の行テキストに切り替えられません。
2601 一意インデックス '%2!' を含むオブジェクト '%1!' には重複するキー行を挿入できません。重複するキー値は %3! です。
2627 制約 '%2!' の %1! 違反。オブジェクト '%3!' には重複したキーを挿入できません。重複するキー値は %4! です。
2700 バッチのステートメントが多すぎます。最大数は %1! です
2701 tempdb のオブジェクトを参照しているデータベース名 '%1!' が無視されました。
2702 データベース '%1!' は存在しません。
2703 パーティション列のリストには重複する列名は使用できません。リストに列名 '%1!' が複数個指定されています。
2704 指定されたパーティション構成 '%1!' は無効です。
2705 各テーブルの列名は一意にしてください。テーブル '%2!' の列名 '%1!' が複数指定されています。
2706 テーブル '%1!' は存在しません。
2707 %2! '%3!' の列 '%1!' をインデックスや統計に使用できません。また、パーティション キーとしても使用できません。この列はスキーマ バインドされていないオブジェクトに依存します。
2709 %2! '%3!' の列 '%1!' をインデックスや統計に使用できません。また、パーティション キーとしても使用できません。この列はユーザー データまたはシステム データにアクセスしています。
2710 このステートメント (CREATE、ALTER、TRUNCATE、UPDATE STATISTICS、または BULK INSERT) のオブジェクト '%1!' に指定された所有者ではありません。
2711 リソース データベースのオブジェクト "%1!" の定義に、ASCII 以外の文字 "%2!" が含まれています。
2712 データベース '%1!' は、変更の追跡が有効になっているため、ディストリビューション データベースとして構成できません。
2714 データベースに '%1!' という名前のオブジェクトが既に存在します。
2715 列、パラメーター、または変数 #%1!: データ型 %2! が見つかりません。
2716 列、パラメーター、または変数 #%1!: データ型 %2! の列幅を指定できません。
2717 %2! '%3!' に指定されたサイズ (%1!) は許容最大値 (%4!) を超えています。

コード メッセージ
2719 データベース "%1!" のアップグレードに失敗しました。このバージョンの SQL Server で予約されているユーザー名またはスキーマ名である "sys" という名前のユーザーがデータベースに含まれています。
2720 %1! '%2!' ではシステム オブジェクト '%3!' が参照されるので、スキーマ バインドできません。
2722 XML データ型のメソッドは、このコンテキストの式では許可されません。
2724 パラメーターまたは変数 '%1!' はデータ型が無効です。
2725 %1! '%2!' に、オンラインの操作を実行できません。インデックスには、text、ntext、image、varchar(max)、nvarchar(max)、varbinary(max)、xml、または大きな CLR 型の列 '%3!' が含まれています。非クラスター化インデックスには、インデックスの付加列を使用できます。クラスター化インデックスには、テーブルの任意の列を使用できます。DROP_EXISTING が使用されている場合は、新しいインデックスまたは古いインデックスの一部となっている列を使用できます。この操作はオフラインで実行してください。
2726 パーティション関数 '%1!' では、テーブルまたはインデックスのパーティション分割に使用されているパーティション列数と異なる数の '%2!' 列が使用されています。
2727 インデックス '%1!' が見つかりません。
2728 %1! 列より多くパーティション分割することはできません。
2729 %2! '%3!' の列 '%1!' をインデックスや統計に使用できません。また、パーティション キーとしても使用できません。この列は不明確です。
2730 グループ番号 %2! のプロシージャ '%1!' を作成できません。現在、同じ名前でグループ番号 1 のプロシージャがデータベースに存在しません。まず、CREATE PROCEDURE '%3!';1 を実行してください。
2731 列 '%1!' の幅 %2! は無効です。
2732 エラー番号 %1! は無効です。エラー番号には、%2! から %3! までの値を指定してください。50,000 を指定することはできません。
2733 %1! データ型は戻り値には無効です。
2735 '%2!' にプライマリ XML インデックスまたは空間インデックス '%1!' を作成できません。PRIMARY KEY 制約に timestamp 型の列が含まれています。
2738 テーブルには timestamp 列を 1 つだけ含めることができます。テーブル '%1!' には timestamp 列が既に 1 つあるので、列 '%2!' を追加できません。
2739 text、ntext、および image データ型は、ローカル変数には無効です。
2740 '%1!' はこの SQL Server の公式言語名または言語別名ではないので、SET LANGUAGE は失敗しました。
2741 SET DATEFORMAT の日付順序 '%1!' が無効です。
2742 SET DATEFIRST %1! は範囲外です。
2743 %1! ステートメントには %2! パラメーターが必要です。
2744 テーブル '%1!' に複数の ID 列が指定されています。テーブルごとに 1 つだけしか ID 列を指定できません。
2745 プロセス ID %1! で、ユーザー エラー %2!、重大度 %3! が発生しました。SQL Server により、このプロセスは終了されます。
2747 RAISERROR の書式引数が多すぎます。%1! 個以上の書式引数は指定できません。
2748 書式引数として %1! データ型 (引数 %2!) を指定できません。
2749 ID 列 '%1!' は、小数点以下桁数が 0 の int、bigint、smallint、tinyint、decimal、または numeric 型にしてください。また、NULL 値は許可されません。
2750 列またはパラメーター #%1!: 指定した列の有効桁数 %2! が、最大有効桁数 %3! を超えています。
2751 列またはパラメーター #%1!: 指定した列の小数点以下桁数 %2! が、指定した有効桁数 %3! を超えています。
2752 ID 列 '%1!' に無効な SEED が含まれています。
2753 ID 列 '%1!' に無効な INCREMENT が含まれています。
2754 %1! より大きなエラー重大度レベルは、sysadmin ロールのメンバーだけが WITH LOG オプションを使用して指定できます。
2755 SET DEADLOCK_PRIORITY オプションは無効です。有効なオプションは {HIGH NORMAL LOW integer 型の [%1! ... %2!]} です。
2756 値 %1! は状態には無効です。有効な範囲は %2! から %3! までです。
2759 直前のエラーにより CREATE SCHEMA に失敗しました。
2760 指定したスキーマ名 "%1!" が存在しないか、使用する権限がありません。
2761 ROWGUIDCOL プロパティは、uniqueidentifier データ型だけで指定できます。
2762 sp_setapprole が正しく起動されませんでした。詳細については、マニュアルを参照してください。
2766 ユーザー定義データ型 '%1!' の定義が変更されました。
2767 統計 '%1!' がシステム カタログに見つかりませんでした。
2770 SELECT INTO ステートメントのソース テーブルとターゲット テーブルを同じにはできません。
2772 関数内からは一時テーブルにアクセスできません。
2773 照合順序 ID が壊れています。並べ替え順 ID %1! が無効です。
2774 照合順序 ID %1! は無効です。
2775 コード ページ %1! はサーバーでサポートされていません。
2778 システム管理者だけが %2! コマンドの %1! オプションを指定できます。
2779 %1! '%2!' は自動削除システム オブジェクトです。このオブジェクトはクエリまたは DLL では使用できません。
2780 ビュー '%1!' はスキーマ バインドされていません。
2782 テーブル "%1!" を作成できません。XML データ型の列を含めるには、テーブルにクラスター化された主キーが必要です。

コード メッセージ
2785 ユーザー定義関数、ユーザー定義集計、CLR 型、および CLR 型のメソッドは、このコンテキストの式では許可されません。
2786 書式引数 %1! のデータ型が、書式指定で必要な型と一致しません。
2787 形式の指定が無効です: '%1!'。
2788 シノニムは、スキーマ バインドされているオブジェクトまたは制約式では無効です。
2789 スキーマ バインドされているオブジェクトまたは制約式に、2 つの部分で構成される名前を %1! '%2!' に指定してください。
2790 制約式内では型が TEXT、NTEXT、または IMAGE の列を使用できません。
2791 スキーマ バインド オブジェクトまたは制約の式を解決できませんでした。
2792 スキーマ バインド オブジェクトまたは制約式では、SQL CLR 型を指定できません。
2793 指定された所有者名 '%1!' は存在しないか、またはユーザーに代行する権限がありません。
2794 メッセージ テキストの引数が、最大数 (%1!) を超えると予測されます。
2795 新しい %3! '%4!' がテーブルの FILESTREAM %5! '%6!' と一致しないので、操作 (%1! %2!) を実行できませんでした。
2796 スキーマ バインド オブジェクト、計算列、または制約式では、$partition を含むデータベース名を指定できません。
2797 既定のスキーマが存在しません。
2798 テーブル '%2!' にはインデックスまたは統計 '%1!' を作成できません。SQL Server では、キー列 '%3!' が正確かつ明確であることを確認できません。インデックスまたは統計キーから列を削除するか、計算列を保存される計算列に設定するか、CLR から派生されない列をキーで使用することを検討してください。
2799 テーブル '%2!' にはインデックスまたは統計 '%1!' を作成できません。計算列 '%3!' が不正確か、保存されません。インデックスまたは統計キーから列を削除するか、計算列を保存される計算列に設定することを検討してください。
2801 オブジェクト '%1!' の定義はコンパイルされて以降、変更されました。
2802 SQL Server は、'DBCC FREEPROCCACHE' 操作または 'DBCC FREESYSTEMCACHE' 操作により、'%2!' キャッシュストア (プラン キャッシュの一部) のキャッシュストア フラッシュを %1! 個検出しました。
2803 SQL Server は、一部のデータベース メンテナンス操作または再構成操作により、'%2!' キャッシュストア (プラン キャッシュの一部) のキャッシュストア フラッシュを %1! 個検出しました。
2809 '%3!' は %4! オブジェクトなので、%1! '%2!' の要求は失敗しました。
2812 ストアド プロシージャ '%1!' が見つかりませんでした。
2813 "%1!" はこのエディションの SQL Server ではサポートされません。
2814 SQLHANDLE %1!、PlanHandle %2!、開始オフセット %3!、終了オフセット %4! の再コンパイルが無限に行われる可能性があることが検出されました。前回の再コンパイルの理由は、%5! でした。