読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

SQLServerのエラーコード27001〜34000

SQLServer
スポンサーリンク

SQLServerのエラーコード27001〜34000までです。

コード メッセージ
27001 予約されたエラー メッセージです。発行しないでください。
27002 あいまい参照テーブル メンテナンスに、SQLCLR によって NULL または無効な SqlCommand オブジェクトが指定されました。接続をリセットしてください。
27003 トークン化処理中に不適切なトークンが検出されました。
27004 トークン分割中に予期しないトークン型が検出されました。
27005 エラー トレラント インデックスが壊れています。
27006 削除操作中に ridlist から複数の rid が削除されました。エラー トレラント インデックスが壊れています。
27007 空の ridlist から削除しようとしました。エラー トレラント インデックスが破損しています。
27008 削除する rid が rid リストにありません。エラー トレラント インデックスが壊れています。
27009 エラー トレラント インデックスの周期には、負の値は使用できません。エラー トレラント インデックスが壊れています。
27010 ID が既に存在する行の挿入に失敗しました。エラー トレラント インデックスが破損しています。
27011 追加する ridlist が指定されていません。エラー トレラント インデックスが壊れています。
27012 トークンを削除できません。エラー トレラント インデックスが破損しています。
27013 トークン分割オブジェクトに区切り記号のセットがありません。エラー トレラント インデックスが壊れています。
27014 トークンがインデックスに存在しないので、削除できませんでした。エラー トレラント インデックスが壊れています。
27015 予期しない ridlist の長さです。エラー トレラント インデックスが壊れています。
27016 エラー トレラント インデックスに接続できません。SqlCommand オブジェクトが不適切か、存在しません。
27017 参照テーブルのコピー時にインデックスを削除できませんでした。
27018 エラー トレラント インデックスからメタデータを取得できませんでした。インデックスが壊れている可能性があります。
27019 エラー トレラント インデックスに含まれているメタデータから初期化できませんでした。インデックスが壊れている可能性があります。
27022 あいまい参照テーブルのメンテナンス固有のエラーが発生しました。
27023 あいまい参照テーブルのメンテナンスを実行中にシステム エラーが発生しました。
27024 負のインデックス位置には書き込めません。エラー トレラント インデックスを更新できませんでした。インデックスが破損している可能性があります。
27025 引数は有効な 16 進文字列ではありません。エラー トレラント インデックスに含まれるメタデータから初期化できませんでした。インデックスが壊れている可能性があります。
27026 エラー トレラント インデックス メタデータに負の数が含まれています。このインデックスは壊れている可能性があります。
27027 エラー トレラント インデックス メタデータには、サポートされない正規化フラグが含まれています。インデックスが壊れている可能性があります。
27028 エラー トレラント インデックス メタデータが無効です。このインデックスは壊れている可能性があります。
27029 エラー トレラント インデックス メタデータのバージョンが無効です。
27030 メタデータがありません。エラー トレラント インデックスが壊れている可能性があります。
27031 エラー トレラント インデックス メタデータのトークン数を解析できません。インデックスが壊れている可能性があります。
27032 エラー トレラント インデックス メタデータの文字列が長すぎます。インデックスが壊れている可能性があります。
27033 エラー トレラント インデックス メタデータの長さの制限を超えました。
27034 予期しないエラー トレラント インデックス メタデータの終了です。インデックスが壊れている可能性があります。
27037 エラー トレラント インデックスにテーブル名が指定されていません。インデックスが壊れている可能性があります。
27038 エラー トレラント インデックスのメタデータのデコーディングに入力が指定されていません。インデックスが壊れている可能性があります。
27039 エラー トレラント インデックスのメタデータのエンコードに入力が指定されていません。インデックスが壊れている可能性があります。
27040 初期化にエラー トレラント インデックスのメタデータ文字列が提供されません。インデックスが壊れている可能性があります。
27041 シリアル化にエラー トレラント インデックスのメタデータが提供されません。インデックスが壊れている可能性があります。
27042 object_id を参照できませんでした。指定されたオブジェクト名がありませんでした。
27043 object_id を参照できませんでした。NULL コマンド オブジェクトが指定されました。
27044 接続を開く必要があります。エラー トレラント インデックスにクエリできません。
27045 NULL 出力バッファーに書き込めません。エラー トレラント インデックスを更新できませんでした。インデックスが破損している可能性があります。
27046 指定された出力バッファーが小さすぎます。エラー トレラント インデックスを更新できませんでした。インデックスが壊れている可能性があります。
27047 トークンごとの最小ハッシュ q-gram 数は正の値にする必要があります。
27048 参照テーブルのコピーにインデックスを作成できませんでした。
27049 参照テーブル (または内部コピー) に整数の ID 列がありません。エラー トレラント インデックスが壊れている可能性があります。
27050 整数の ID 値の許容最大値に達しました。シーケンスのギャップを使用するように、エラー トレラント インデックスの再構築を検討してください。
27051 指定されたデータから RID を読み取れませんでした (列名がないか、リーダー オブジェクトが NULL か、データが壊れています)。インデックスが壊れている可能性があります。
27052 テーブル メンテナンスの挿入に失敗しました。
27053 トークン化には正の q-gram 長が必要です。
27054 メンテナンス トリガーはこの参照テーブルに既にインストールされています。
27055 メンテナンス トリガーの拡張プロパティがありません。
27056 メンテナンス トリガー名がエラー トレランス インデックス メタデータと同期されていません。インデックスが壊れている可能性があります。

コード メッセージ
27058 あいまい参照テーブルのメンテナンスを実行中に SQL エラーが発生しました。
27059 object_id を参照できませんでした。参照テーブルまたはメンテナンス トリガーが見つかりませんでした。
27060 指定されたエラー トレラント インデックスのテーブル名は、有効な SQL 識別子ではありません。
27061 指定されたエラー トレラント インデックスのテーブル名が、存在しないテーブルを参照しています。sys.tables を確認してください。
27062 あいまい参照テーブル メンテナンスの補助テーブルがありません。
27063 あいまい参照テーブル メンテナンスの補助テーブル名が NULL です。メンテナンスを続行できません。
27064 参照テーブルから削除された行は、参照テーブルのコピーに見つかりませんでした。
27065 あいまい参照テーブル メンテナンスがインストールされていないか、またはエラー トレラント インデックスが壊れています。
28000 暗号化を解除されたセッション キーが予期されたサイズではありません。
28001 破損したメッセージを受け取りました。無効なフラグが含まれています。この現象は、メッセージ交換 ID '%1!'、発信側: %2!、メッセージ シーケンス番号: %3! のメッセージで発生しました。
28002 Service Broker マネージャーを起動できません。オペレーティング システム エラー: %1!。
28003 Service Broker の内部エラーが発生しました。オペレーティング システム エラー: %1!。
28004 このメッセージを配信できませんでした。'%1!' 操作を '%2!' 状態で実行できません。
28005 対象のキューにメッセージを登録中に例外が発生しました。エラー: %1!、状態: %2!。%3!
28006 ユーザーには、状態 '%3!' のメッセージ交換 '%2!' を %1! する権限がありません。sysadmin 固定サーバー ロールと db_owner 固定データベース ロールのメンバーだけに、この権限があります。
28007 破損したメッセージを受け取りました。確認済みの最大のメッセージ番号は、受信確認を送ったメッセージ番号よりも大きくなければなりません。この現象は、メッセージ交換 ID '%1!'、発信側: %2!、メッセージ シーケンス番号: %3! のメッセージで発生しました。
28008 メッセージ交換ハンドル '{%1!-%2!-%3!-%4!%5!-%6!%7!%8!%9!%10!%11!}' は無効です。
28009 暗号化 API で、暗号化解除操作を実行しようとして無効なデータが検出されました。
28010 このメッセージを配信できませんでした。受信確認済みの無効なメッセージ番号がこのメッセージに含まれています。必要な最大メッセージ番号: %1!。受信確認済みのメッセージ番号: %2!、フラグメント番号: %3!。
28011 このメッセージを配信できませんでした。メッセージの %1! の有効期限が切れたか、無効です。
28012 対象になるデータベースの Service Broker は使用できません: '%1!'。
28013 Service Broker は管理上無効になっています。
28014 データベースは読み取り専用モードです。
28015 データベースはシングル ユーザー モードです。
28016 対象になるデータベースの Service Broker を使用できないので、メッセージは削除されました: '%1!'。
28017 対象になる Service Broker にアクセスできないので、メッセージは削除されました。
28018 データベースはミラーリングされたデータベースのレプリカです。
28019 この転送メッセージの新しいメッセージ要素 GUID を作成中に、システム エラー %1! が発生しました。
28020 ユーザー %1! のユーザー トークンをデータベース %2! に作成できませんでした。
28021 このダイアログで示されるローカル サービスに、1 つ以上のメッセージを配信できませんでした。
28022 この SQL Server インスタンスに関連付けられた公開キー証明書を参照中にエラーが発生しました。証明書はまだ有効ではありません。
28023 この SQL Server インスタンスに関連付けられた公開キー証明書を参照中にエラーが発生しました。証明書の有効期限が切れています。
28024 データベース プリンシパル (ID: %1!) にバインドされたセキュリティ証明書はまだ有効ではありません。証明書が有効になるまで待つか、現在有効な証明書をインストールしてください。
28025 データベース プリンシパル (ID: %1!) にバインドされたセキュリティ証明書の有効期限が切れています。データベース プリンシパルに新しい証明書を作成またはインストールしてください。
28026 接続ハンドシェイクが失敗しました。メモリが不足しています。状態 %1!。
28027 接続ハンドシェイクが失敗しました。互換性のある %1! がありません。状態 %2!。
28028 接続ハンドシェイクが失敗しました。ピアにより接続が閉じられたので、ハンドシェイク メッセージを送信できませんでした。状態 %1!。
28029 接続ハンドシェイクが失敗しました。現在のコンテキスト (%2!) に対して予期しないイベント (%1!) が検出されました。状態 %3!。
28030 接続ハンドシェイクが失敗しました。SQL Server ネットワーク インターフェイスへの呼び出しに失敗しました: (%1!) %2!。状態 %3!。
28031 接続ハンドシェイクが失敗しました。OS の呼び出しに失敗しました: (%1!) %2!。状態 %3!。
28032 接続ハンドシェイク中に同じピアとの既存の接続が検出されました。この接続は確定されなかったので閉じられます。すべてのトラフィックは既存の接続にリダイレクトされます。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。状態 %1!。
28033 同じピアとの新しい接続が確立されました。現在の接続は失われたので閉じられます。すべてのトラフィックは新しく開かれた接続にリダイレクトされます。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。状態 %1!。
28034 接続ハンドシェイクが失敗しました。ログイン '%1!' にはエンドポイントでの CONNECT 権限がありません。状態 %2!。
28035 接続ハンドシェイクが失敗しました。ピアで使用された証明書が次の理由により無効です: %1!。状態 %2!。
28036 接続ハンドシェイクが失敗しました。このエンドポイントで使用された証明書が見つかりませんでした: %1!。master データベースで DBCC CHECKDB を使用して、エンドポイントのメタデータの整合性を確認してください。状態 %2!。
28037 接続ハンドシェイクが失敗しました。証明書に対応する秘密キーの初期化中にエラー %1! が発生しました。SQL Server エラー ログと Windows イベント ログにこのエラーに関連するエントリが記録されている可能性があります。状態 %2!。
28038 接続ハンドシェイクが失敗しました。ハンドシェイクを検証できませんでした。状態 %1!。
28039 接続ハンドシェイクが失敗しました。SSPI 受信パケットの種類が、ネゴシエートされたパッケージではありません。状態 %1!。
28040 破損したメッセージを受け取りました。隣接するエラー メッセージ ヘッダーが無効です。
28041 破損したメッセージを受け取りました。暗号化されたペイロード オフセットが無効です (%1!)。
28042 破損したメッセージを受け取りました。決定要求ヘッダーが無効です。
28043 破損したメッセージを受け取りました。決定応答ヘッダーが無効です。
28044 破損したメッセージを受け取りました。メッセージは現在構成されているエンドポイント アルゴリズムを使用して暗号化および署名されていません。この現象は、メッセージ交換 ID '%1!'、発信側: %2!、メッセージ シーケンス番号: %3! のメッセージで発生しました。
28045 接続ハンドシェイクが失敗しました。ピアで使用された証明書が MASTER データベースの同じ発行者名とシリアル番号を持つ証明書と一致しません。状態 %1!。
28046 ユーザー '%2!' の %1! のログインが成功しました。認証モード: %3!。%4!
28047 %1! のログインが次のエラーで失敗しました: '%2!'。%3!

コード メッセージ
28048 ユーザー '%2!' による %1! のログインが次のエラーで失敗しました: '%3!'。%4!
28050 このメッセージ交換のセッション キーを作成できなかったか、アクセスできませんでした。この操作を実行するには、データベースのマスター キーが必要です。
28051 ダイアログ セッション キーを保存できませんでした。セッション キーを保存するには、データベースにマスター キーが必要です。
28052 FORCE オプションでマスター キーを再生成しているときは、セッション キーを暗号化解除できません。
28053 Service Broker は、データベース '%1!' のメッセージ交換セッション キーを暗号化された形式にアップグレードできませんでした (エラー: %2!)。このデータベースでは Service Broker が無効でした。Service Broker を有効にするにはマスター キーが必要です。
28054 Service Broker はデータベース '%1!' のマスター キーにアクセスする必要があります。エラー コード: %2!。マスター キーが存在する必要があります。また、サービス マスター キーを暗号化する必要があります。
28055 証明書 '%1!' はエンドポイント認証では無効です。証明書には、データベースのマスター キーで暗号化された秘密キーが含まれている必要があります。また、現在の UTC 日付は証明書の開始日と有効期日の間である必要があります。
28056 このメッセージを配信できませんでした。データベース ID %2! の ID %1! のユーザーには、サービスでの制御権限がありません。サービス名: '%3!'。
28057 データベース '%1!' の Service Broker に、保留されているメッセージ交換のアップグレード操作が含まれています。この操作を完了するには、データベース内にデータベース マスター キーが必要です。
28058 Service Broker はデータベースのアップグレード操作中にこのメッセージ交換をアップグレードできませんでした。
28059 接続ハンドシェイクが失敗しました。受け取ったプリマスター シークレットのサイズ %1! が必要なサイズ %2! を満たしていません。状態 %3!。
28060 AES 暗号化アルゴリズムがサポートされるのは、Windows XP、Windows Server 2003 以降のバージョンだけです。
28061 破損したメッセージを受け取りました。隣接するメッセージの整合性チェック署名を検証できませんでした。
28062 破損したメッセージを受け取りました。署名付きダイアログ メッセージ ヘッダーが無効です。
28063 破損したメッセージを受け取りました。必要な変数データ フィールドがありません: %1!。この現象は、メッセージ交換 ID '%2!'、発信側: %3!、メッセージ シーケンス番号: %4! のメッセージで発生しました。
28064 破損したメッセージを受け取りました。文字列変数データ フィールドが有効な UNICODE 文字列ではありません: %1!。この現象は、メッセージ交換 ID '%2!'、発信側: %3!、メッセージ シーケンス番号: %4! のメッセージで発生しました。
28065 破損したメッセージを受け取りました。署名のないダイアログ メッセージ ヘッダーが無効です。この現象は、メッセージ交換 ID '%1!'、発信側: %2!、メッセージ シーケンス番号: %3! のメッセージで発生しました。
28066 破損したメッセージを受け取りました。セキュリティ ダイアログ メッセージ ヘッダーが無効です。この現象は、メッセージ交換 ID '%1!'、発信側: %2!、メッセージ シーケンス番号: %3! のメッセージで発生しました。
28067 破損したメッセージを受け取りました。エンベロープの暗号化オフセットがペイロードの暗号化オフセットと一致していません。この現象は、メッセージ交換 ID '%1!'、発信側: %2!、メッセージ シーケンス番号: %3! のメッセージで発生しました。
28068 破損したメッセージを受け取りました。エンベロープのペイロードがメッセージよりも大きくなっています。この現象は、メッセージ交換 ID '%1!'、発信側: %2!、メッセージ シーケンス番号: %3! のメッセージで発生しました。
28069 ダイアログ メッセージを暗号化しているときに、予期しないセッション キーが検出されました。
28070 接続ハンドシェイクが失敗しました。SSPI 受信メッセージの確認状態が無効です。状態 %1!。
28072 Service Broker メッセージ送信機能で深刻なエラーが発生しました (操作 %1!): エラー: %2!、状態: %3!。メッセージ送信機能は %4! 秒後に再開します。
28073 Service Broker メッセージ送信機能でメモリ不足になりました (操作 %1!)。メッセージ送信機能は %2! 秒後に再開します。
28074 Service Broker は、conversation_handle '%1!' を使用してメッセージ交換をアップグレードできませんでした。END CONVERSATION ... WITH CLEANUP を使用してこのメッセージ交換を削除した後、Service Broker を再度有効にしてください。ALTER DATABASE ... SET ERROR_BROKER を使用すると、このデータベースのメッセージ交換がすべてエラーになります。ALTER DATABASE ... SET NEW_BROKER を使用すると、このデータベースのメッセージ交換がすべて削除されます。
28075 送信者のデータベースのブローカーがシングル ユーザー モードになっています。シングル ユーザー モードの間はメッセージを配信できません。
28076 レジストリから FIPS 準拠モードのフラグをクエリできませんでした。エラー %1!。
28077 %1! トランスポートは FIPS 準拠モードで実行中です。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
28078 FIPS 準拠モードで実行中の場合、RC4 暗号化アルゴリズムはサポートされません。
28079 接続ハンドシェイクが失敗しました。SSPI 受信パケットの方向が予期された方向ではありません。状態 %1!。
28080 接続ハンドシェイクが失敗しました。%1! エンドポイントが構成されていません。状態 %2!。
28081 接続ハンドシェイクが失敗しました。ハンドシェイク メッセージを送信しようとして、予期しないステータス %1! が返されました。状態 %2!。
28082 接続ハンドシェイクが失敗しました。メッセージをマーシャリングしようとして予期しないエラーが発生しました。状態 %1!。
28083 データベース プリンシパル '%1!' は証明書を所有できないので、リモート サービス バインドでは使用できません。リモート サービス バインドは、1) ロール、2) グループ、または 3) 証明書や非対称キーにマップされるプリンシパルと関連付けることができません。
28084 ユーザー キュー '%1!' でその状態をスキャンしようとして、Service Broker の内部アクティブ化エラーが発生しました。エラー: %2!、状態: %3!。%4! このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
28085 関連付けられているキューが削除されたため、アクティブなタスクが終了しました。
28086 キューまたはアクティブ化が無効になったため、アクティブなタスクが終了しました。
28087 アクティブなタスクが中止されました。呼び出されたストアド プロシージャ '%1!' で RECEIVE が実行されませんでした。
28088 エラーが発生したため、アクティブなタスクが中止されました (エラー: %1!、状態 %2!)。ERRORLOG または以前の "Broker:Activation" トレース イベントで、アクティブ化ストアド プロシージャからの出力を確認してください。
28089 データベース プリンシパル '%1!' は証明書を所有できないので、リモート サービス バインドでは使用できません。これは、暗黙的に接続されたユーザー スキーマを使用する旧バージョンとの互換性を保つための特殊ユーザーです。
28090 転送キューから送信メッセージを削除中にエラーが発生しました。エラー: %1!、状態: %2!。他の操作によって転送キューがロックされていないこと、およびデータベースが使用できることを確認してください。
28098 DNS 参照後、同じピアとの既存の接続が検出されました。この接続は閉じられます。すべてのトラフィックは既存の接続にリダイレクトされます。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。状態 %1!。
28099 データベース '%1!' でのデータベースのアップグレード処理中に、'%3!' という名前のユーザー オブジェクト '%2!' が既に存在することがわかりました。そのオブジェクト名は、このバージョンの SQL Server のシステムで予約語になりました。このオブジェクトはデータベース内に既に存在するので、アップグレード処理でこのオブジェクトをインストールできません。古いバージョンの SQL Server で元の (アップグレード前の) データベースからユーザー オブジェクトを削除するか、そのオブジェクトの名前を変更して、CREATE DATABASE FOR ATTACH を使用してデータベースのアップグレード処理を再試行してください。現在の状態のデータベースを引き続き使用する場合、予約済みのオブジェクトに依存する機能が正しく機能しない可能性があります。
28101 ユーザー '%1!\%2!' には要求されたクライアント接続をデバッグする権限がありません。
28102 デバッガーの要求により、バッチの実行が終了しました。
28201 SQLSQM.EXE を起動できません。必要な情報がレジストリにないか壊れている、または SQLSQM.EXE が見つからなかった可能性があります。
29001 このサーバーに接続するには、SQL Server Management Studio または SQL Server Management Objects (SMO) を使用してください。
29003 パラメーターの組み合わせが無効です。
29004 不明なプロパティが指定されました: %1!。
30003 フルテキスト システム ビューまたは stvf で ID %1! のデータベースを開けません。
30004 フルテキスト システム ビューまたは stvf で ID %1! のユーザー テーブル オブジェクトを開けません。
30005 フルテキスト インデックス フラグメント %1! に指定した名前は無効です。
30006 フルテキスト システム ビューまたは stvf で ID %1! のユーザー テーブル オブジェクトのフルテキスト インデックスを開けません。
30007 dm_fts_index_keywords および dm_fts_index_keywords_by_document のパラメーターを NULL にすることはできません。
30008 関数 fn_fulltext_compindex に指定したレベル番号は無効です。有効なレベル番号は 0 から始まり、圧縮されたインデックスのレベル数より小さくする必要があります。適切なレベル番号を使用してください。
30009 フルテキスト クエリに指定された引数のデータ型 '%1!' は無効です。有効なデータ型は char、varchar、nchar、および nvarchar です。

コード メッセージ
30020 %1! のフルテキスト クエリのパラメーターは無効です。
30022 警告: フルテキスト ストップ リストの構成が WITH NO POPULATION 句を使用して変更されました。これにより、フルテキスト インデックスの一貫性が損なわれました。フルテキスト インデックスを一貫性のある状態にするには、フルテキスト インデックスの完全な作成を開始します。この処理の基本的な Transact-SQL 構文: ALTER FULLTEXT INDEX ON table_name START FULL POPULATION。
30023 フルテキスト ストップ リスト '%1!' が存在しないか、現在のユーザーにこのアクションを実行する権限がありません。正しいストップ リスト名が指定されていること、および Transact-SQL ステートメントに必要な権限をユーザーが持っていることを確認してください。
30024 フルテキスト ストップ リスト '%1!' は現在のデータベースに既に存在します。重複するストップ リスト名は使用できません。ステートメントを再実行し、一意のストップ リスト名を指定してください。
30028 '%1!' のパイプライン インターフェイスを取得できなかったため、次のエラーが発生しました: 0x%2!。ホスト コントローラーまたはフィルター デーモン ホストとの通信に問題があります。
30029 フルテキスト ホスト コントローラーを開始できませんでした。エラー: 0x%1!。
30031 エラー 0x%3! により、データベース '%2!' 内のフルテキスト カタログ '%1!' でフルテキスト マスター マージが失敗しました。
30032 ストップ リスト '%1!' にロケール ID %3! のフルテキスト ストップ ワード '%2!' が含まれていません。Transact-SQL ステートメントに有効なストップ ワードとロケール識別子 (LCID) を指定してください。
30033 ストップ リスト '%1!' にロケール ID %3! のフルテキスト ストップ ワード '%2!' が既に含まれています。Transact-SQL ステートメントに一意のストップ ワードとロケール識別子 (LCID) を指定してください。
30034 フルテキスト ストップ リスト '%1!' は少なくとも 1 つのフルテキスト インデックスで使用されているので削除できません。ストップ リストを使用しているフルテキスト インデックスを特定するには、sys.fulltext_indexes カタログ ビューの stoplist_id 列からストップ リスト ID を取得した後、sys.fulltext_stoplists カタログ ビューの stoplist_id 列でそのストップ リスト ID を参照します。DROP FULLTEXT INDEX を使用してフルテキスト インデックスを削除するか ALTER FULLTEXT INDEX を使用してストップ リストの設定を変更した後、ストップ リストの削除を再試行してください。
30037 フルテキスト関数に渡された引数は無効です。
30038 圧縮中または圧縮解除中にフルテキスト インデックス エラーが発生しました。ディスク上のフルテキスト インデックスが壊れている可能性があります。dbcc checkdatabase を実行してインデックスを再作成してください。
30039 フィルター デーモン ホストから SQL Server プロセスに戻るデータが壊れています。これは無効なフィルターが原因である可能性があります。インデックス操作のバッチは、小さいバッチ サイズを使用して自動的に再試行されます。
30043 長さ 0 のストップ ワードはフルテキスト ストップ リストに追加できません。少なくとも 1 文字を含む一意のストップ ワードを指定してください。
30044 ユーザーには現在の既定のストップ リスト '%1!' を変更する権限がありません。データベースの既定のストップ リストを変更するには、新しい既定のストップ リストと古い既定のストップ リストの両方に対して ALTER 権限が必要です。
30045 圧縮中または圧縮解除中にフルテキスト インデックス エラーが発生しました。ディスク上のフルテキスト インデックスが壊れている可能性があります。dbcc checkdatabase を実行してインデックスを再作成してください。
30046 フルテキスト フィルター デーモン ホスト (FDHost) プロセスとの通信中に SQL Server でエラー 0x%1! が発生しました。FDHost プロセスが実行中であることを確認してください。FDHost プロセスを再開するには、sp_fulltext_service 'restart_all_fdhosts' コマンドを実行するか、SQL Server インスタンスを再起動してください。
30047 ユーザーにはストップ リスト '%2!' に対して %1! を実行する権限がありません。
30048 情報: LCID %2! の類義語辞典ファイルを読み込み中、類義語辞典の重複する規則 '%1!' を無視しています。類義語辞典で重複する語句が、拡張規則の セクションまたは置換規則の セクションで見つかりました。あいまいさの原因となるため、この語句は無視されます。
30049 フルテキスト類義語辞典の内部エラー (HRESULT = '0x%1!')
30050 LCID '%1!' の類義語辞典ファイルとグローバル類義語辞典をどちらも読み込めませんでした。
30051 512 の Unicode 文字を超える語句は類義語辞典ファイルでは許可されません。語句: '%1!'。
30052 フルテキスト クエリの CONTAINS 述語または CONTAINSTABLE 関数に非常に複雑な NEAR 句が含まれています。NEAR 句が正常に実行されるようにするには、使用する用語を 6 語以下にしてください。プレフィックスまたは繰り返される用語を削除することで、クエリを変更し、条件を簡単にしてください。
30053 フルテキスト クエリ文字列の単語区切り処理がタイムアウトしました。このタイムアウトは、ワード ブレーカーによるフルテキスト クエリ文字列の処理が長時間かかったか、サーバー上で実行されているクエリ数が多い場合に発生する可能性があります。負荷を少なくしてクエリの再実行を試みてください。
30055 データベース '%2!' 内のフルテキスト カタログ '%1!' のフルテキスト カタログ インポートが開始しました。
30056 データベース '%2!' 内のフルテキスト カタログ '%1!' のフルテキスト カタログ インポートが終了しました。%3! 個のフラグメントと %4! 個のキーワードが処理されました。
30057 アップグレード オプション '%1!' は、データベース '%3!' 内のフルテキスト カタログ '%2!' に使用されています。
30059 フルテキストの作成中に致命的なエラーが発生したため、作成が取り消されました。作成の種類: %1!、データベース名: %2! (ID: %3!)、カタログ名: %4! (ID: %5!)、テーブル名: %6! (ID: %7!)。フルテキスト クロール ログに記録されているエラーを修正してから、作成を再開してください。再開するための基本的な Transact-SQL 構文: ALTER FULLTEXT INDEX ON table_name RESUME POPULATION。
30060 致命的なエラー ('%5!') が発生したため、データベース %1! (ID: %2!)、カタログ %3! (ID: %4!) のインポート時のデータ設定が取り消されています。フルテキスト クロール ログに記録されているエラーを修正してください。その後、データベースをデタッチしてから再アタッチするか、データベースをオフラインにしてからオンラインに戻すことにより、インポートを再開してください。エラーから復旧できない場合は、フルテキスト カタログを再構築してください。
30061 SQL Server は、フルテキスト filterdata ディレクトリを作成できませんでした。このエラーは、FulltextDefaultPath が無効であるか、SQL Server サービス アカウントに権限がないことが原因で発生する可能性があります。この問題が解決されるまで、BLOB のフルテキスト インデックス作成は失敗します。この問題が解決された後、SQL Server を再起動してください。
30062 SQL Server は FDHost サービス グループ sid を読み込めませんでした。このエラーは、インストールが壊れていることが原因で発生する可能性があります。
30063 警告: SQL Server では fdhost.exe のプロセッサ関係を %1! に設定できませんでした。値が無効です。
30064 SQL Server は、FTData フォルダー内のフルテキスト FilterData ディレクトリにセキュリティ情報を設定できませんでした。この問題が解決されるまで、いくつかの種類のドキュメントについて、フルテキスト インデックスの作成が失敗する可能性があります。SQL Server インストールを修復する必要があります。
30067 警告: デタッチ操作では、データベース '%2!' 内のテーブル '%1!' に作成されたフルテキスト インデックスを削除できません。このインデックスは、読み取り専用のファイル グループに存在します。フルテキスト インデックスを削除するには、データベースを再アタッチし、読み取り専用のファイル グループを読み取り/書き込みアクセスに変更してからデタッチします。この警告が発生しても、データベースのデタッチ操作は失敗しません。
30068 データベースのアップグレード処理中に、カタログ '%2!' で使用されているフルテキスト フィルター コンポーネント '%1!' が正常に検証されました。コンポーネントのバージョン: '%3!'、完全なパス: '%4!'。
30069 以前の SQL Server リリースでカタログ '%2!' の作成に使用されていたフルテキスト フィルター コンポーネント '%1!' が現在のバージョンではありません (コンポーネントのバージョン: '%3!'、完全なパス: '%4!')。これにより、検索結果が以前のリリースとわずかに異なる場合があります。これを回避するには、フィルター コンポーネントの現在のバージョンを使用してフルテキスト カタログを再構築してください。
30070 データベースのアップグレード処理中に、カタログ '%2!' で使用されているフルテキスト ワード ブレーカー コンポーネント '%1!' が正常に検証されました。コンポーネントのバージョン: '%3!'、完全なパス: '%4!'、要求された言語: %5!、使用されている言語: %6!。
30071 以前の SQL Server リリースでカタログ '%2!' の作成に使用されていたフルテキスト ワード ブレーカー コンポーネント '%1!' が現在のバージョンではありません (コンポーネントのバージョン: '%3!'、完全なパス: '%4!'、要求された言語: %5!、使用されている言語: %6!)。これにより、検索結果が以前のリリースとわずかに異なる場合があります。これを回避するには、ワード ブレーカー コンポーネントの現在のバージョンを使用してフルテキスト カタログを再構築してください。
30072 データベースのアップグレード処理中に、カタログ '%2!' で使用されているフルテキスト プロトコル ハンドラー コンポーネント '%1!' が正常に検証されました。コンポーネントのバージョン: '%3!'、完全なパス: '%4!'、プログラム ID: '%5!'。
30073 以前の SQL Server リリースでカタログ '%2!' の作成に使用されていたフルテキスト プロトコル ハンドラー コンポーネント '%1!' が現在のバージョンではありません (コンポーネントのバージョン: '%3!'、完全なパス: '%4!'、プログラム ID: '%5!')。これにより、検索結果が以前のリリースとわずかに異なる場合があります。これを回避するには、プロトコル ハンドラー コンポーネントの現在のバージョンを使用してフルテキスト カタログを再構築してください。
30074 データベース '%2!' のフルテキスト カタログ '%1!' のマスター マージが取り消されました。
30075 データベース ID: %1!、テーブル ID: %2!、カタログ ID: %3! のフルテキスト クロールが停止されます。テーブルのクラスター化インデックスが変更または削除されました。クロールを最初からやり直す必要があります。
30076 クラスター化インデックスの変更が原因で、データベース ID: %1!、テーブル ID: %2!、カタログ ID: %3! のフルテキスト クロールの進行情報がリセットされました。クロールは、一時停止が解除された後、最初からやり直します。
30077 フルテキスト クエリでは OPTIMIZE FOR クエリ ヒントに指定された値を使用しませんでした。OPTIMIZE FOR クエリ ヒントを含むフルテキスト クエリの値として許可される用語は 1 つだけです。OPTIMIZE FOR クエリ ヒントの値を空でない 1 つの用語に変更してください。
30078 フルテキスト クエリでは OPTIMIZE FOR ヒントに指定された値を使用しませんでした。クエリには、複数の種類のフルテキスト論理演算子が含まれていました。
30079 フルテキスト クエリで OPTIMIZE FOR ヒント内の UNKNOWN が無視されました。
30080 フルテキスト カタログで既存のカタログからデータをインポートしているため、テーブル '%1!' でフルテキストの作成を開始できません。インポート操作が完了してから、コマンドを再実行してください。
30081 現在の値と互換性がないトレース フラグを使用して、キャッシュされたプランがコンパイルされました。新しいトレース フラグ設定を使用してクエリを再コンパイルすることを検討してください。
30082 集計式にはフルテキスト述語を含めることはできません。集計式をサブクエリに配置してください。
30083 GROUP BY 句にはフルテキスト述語を含めることはできません。GROUP BY 句の式をサブクエリに配置してください。
30084 ファイル グループ '%1!' が存在しないか、ファイル グループ名が正しく指定されていないため、フルテキスト インデックスを作成できません。有効なファイル グループ名を指定してください。
30085 フルテキスト クエリの処理中またはフルテキスト インデックスの実行中にストップ リストのキャッシュを生成できません。ストップ リストのキャッシュを読み込むためのメモリが不足しています。使用できるリソースが増えたら、クエリまたはインデックス コマンドを再実行してください。
30086 フルテキスト インデックスの構築中に、システムでメモリ不足になりました。フルテキスト インデックス操作のバッチは、小さいバッチ サイズを使用して自動的に再試行されます。
30087 フィルター デーモン ホストから SQL Server プロセスに戻るデータが壊れています。これは無効なフィルターが原因である可能性があります。インデックス操作のバッチは、小さいバッチ サイズを使用して自動的に再試行されます。
30088 フルテキスト フィルター デーモン ホスト プロセスが通常どおり停止されました。このプロセスは、必要に応じて自動的に再開されます。
30089 フルテキスト フィルター デーモン ホスト (FDHost) プロセスが異常停止しました。このエラーは、フルテキスト インデックスまたはクエリの処理中に、ワード ブレーカー、ステマー、フィルターなど、正しく構成されていないか正しく機能しない言語コンポーネントによって回復不可能なエラーが発生した場合に発生する可能性があります。プロセスは自動的に再開されます。
30090 フルテキスト フィルター デーモン ホスト プロセスの新しいインスタンスが正常に開始されました。
30091 テーブルまたはインデックス付きビュー '%1!' のフルテキスト インデックスの作成が現在一時停止しているので、このテーブルまたはインデックス付きビューでのフルテキスト インデックスの作成開始要求は無視されます。一時停止した作成処理を再開または停止してください。作成処理を再開するには、ALTER FULLTEXT INDEX ON %2! RESUME POPULATION という Transact-SQL ステートメントを使用してください。作成処理を停止するには、ALTER FULLTEXT INDEX ON %3! STOP POPULATION というステートメントを使用してください。
30092 フルテキスト ストップ リスト ID '%1!' は存在しません。

コード メッセージ
30093 SQL Server の単語区切り処理を行うクライアントが初期化に失敗しました。このエラーは、フィルター デーモン ホスト プロセスが有効な状態でないために発生する可能性があります。これにより、SQL Server で重要なシステム オブジェクトを初期化できない場合があります。この問題が解決されるまで、フルテキスト クエリは失敗します。SQL Server およびすべてのフィルター デーモン ホスト プロセスを停止してから、SQL Server のインスタンスを再起動してください。
30094 フルテキスト インデックスのパイプラインを初期化できませんでした。このエラーは、システム上のリソースが少なすぎて、メモリを割り当てたりタスクを作成したりできないために発生する可能性があります。SQL Server のインスタンスを再起動してください。
30095 データベース '%2!' 内のフルテキスト カタログ '%1!' で使用されている言語コンポーネントのバージョンが、このバージョンの SQL Server に含まれている言語コンポーネントのバージョンと異なります。このフルテキスト カタログは、データベース アップグレードの一部としてインポートされます。クエリ結果の一貫性が損なわれないようにするには、フルテキスト カタログの再構築を検討してください。
30096 テーブルまたはインデックス付きビュー '%2!' で、%1! 作成のフルテキスト再試行パスを開始しました。テーブル ID またはインデックス付きビュー ID: '%3!'。データベース ID: '%4!'。
30097 データベース ID %2! のカタログ ID %1! で、sys.master_files と sys.fulltext_catalogs の間のメタデータに一貫性がないため、フルテキスト カタログのアップグレードに失敗しました。このデータベースを再アタッチしてください。これが失敗した場合は、アタッチする前に、カタログを削除または再作成する必要があります。
30098 データベース '%1!'、テーブル '%2!' でクロールのデータを読み込む内部クエリがエラー コード %3! で失敗しました。このエラーの原因となった状態の詳細については SQL エラー コードを確認してください。この状態を解消してからクロールを再開する必要があります。
30099 フルテキストの内部エラー
31001 セッション '%1!' は既に存在します。別のセッション名を使用してください。
31002 この操作を実行できるのは、セッションの所有者だけです。
31003 ユーザーには、指定された 1 つ以上のデータベースをチューニングする権限がありません。
32001 %1! のログ配布のバックアップ ログ ジョブ。
32002 %1!:%2! のログ配布のコピー ジョブ。
32003 %1!:%2! のログ配布のログ復元ジョブ。
32004 ログ配布のバックアップ ログ ジョブ ステップ。
32005 ログ配布のコピー ジョブ ステップ。
32006 ログ配布のログ復元ジョブ ステップ。
32007 データベース %1! はオンラインではありません。
32008 データベース %1! は ONLINE ではありません。このデータベースがオンラインになるまでバックアップ ジョブは実行されません。
32009 データベース %1! のログ配布のプライマリ エントリは既に存在します。
32010 データベース %1! は、ログ配布プライマリとして存在しません。
32011 プライマリ データベース %1! には、アクティブなログ配布のセカンダリ データベースがあります。最初に、セカンダリ データベースを削除してください。
32012 セカンダリ %1!.%2! は既にプライマリ %3! に存在します。
32013 セカンダリ データベース %1! のログ配布エントリは既に存在します。
32014 データベース %1! は、ログ配布セカンダリとして存在しません。
32015 プライマリ データベース %1! では、単純復旧でログ配布を正常に機能させることはできません。
32016 指定した agent_id %1! または agent_type %2! は、ログ配布モニター処理の有効なペアを形成しません。
32017 ログ配布は、SQL Server の Enterprise Edition、Developer Edition、Standard Edition、および Workgroup Edition でサポートされます。このインスタンスにインストールされているのは %1! なので、ログ配布はサポートされません。
32018 ログ配布がこのインスタンスにインストールされていません。
32019 ログ配布の警告ジョブ。
32020 ログ配布の警告ジョブ ステップ。
32021 ログ配布の警告ジョブ スケジュール。
32022 ログ配布ジョブを %1! という名前で追加できません。同一名のジョブがシステムに既に存在していますが、このジョブはログ配布カテゴリに所属していません。
32023 このセカンダリには、プライマリ サーバー %1!、プライマリ データベース %2! のエントリは存在しません。最初にプライマリを登録してください。
32024 プライマリ サーバー %1!、プライマリ データベース %2! のエントリは既に存在します。
32025 プライマリ サーバー %1! のデータベース %2! は、セカンダリ サーバーにアクティブなログ配布構成のセカンダリ データベースがあります。最初に、セカンダリ データベースを削除してください。
32026 ログ配布のプライマリ サーバー警告。
32027 ログ配布のセカンダリ サーバー警告。
32028 パラメーター @threshold_alert の値 = %1! は無効です。
32029 ログ配布のバックアップ エージェント [%1!] により、ログ バックアップ ファイル '%2!.wrk' が検証され、その名前が '%3!.trn' に変更されました。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
32030 ログ配布のプライマリ %1!.%2! の監視情報を監視サーバー %3! に問い合わせることができませんでした。
32031 ログ配布のセカンダリ %1!.%2! の監視情報を監視サーバー %3! に問い合わせることができませんでした。
32032 値 '%1!' は更新期間として無効です。更新期間は 1 〜 120 分の範囲で指定してください。
32033 データベース ミラーリング モニターの更新ジョブが既に存在します。更新期間を変更するには、sys.sp_dbmmonitorchangemonitoring を使用してください。
32034 データベース ミラーリングの監視ジョブを設定中に、内部エラーが発生しました。
32035 データベース ミラーリングの監視ジョブを変更中に、内部エラーが発生しました。
32036 パラメーターが範囲外です。
32037 データベース ミラーリング モニターのジョブに対し、更新期間の単位が変更されました。
32038 データベース ミラーリング モニターで内部エラーが発生しました。
32039 データベース '%1!' はミラー化されていません。ベース テーブルは更新されませんでした。
32040 '最も古い未送信のトランザクション' の警告が発生しました。現在の値 '%1!' はしきい値 '%2!' を上回っています。
32041 データベース ミラーリング モニターのベース テーブルが作成されていません。sys.sp_dbmmonitorupdate を実行してベース テーブルを作成してください。
32042 '未送信のログ' の警告が発生しました。現在の値 '%1!' はしきい値 '%2!' を上回っています。
32043 '復元されていないログ' の警告が発生しました。現在の値 '%1!' はしきい値 '%2!' を上回っています。
32044 'ミラー コミットのオーバーヘッド' の警告が発生しました。現在の値 '%1!' はしきい値 '%2!' を上回っています。
32045 '%1!' は msdb で実行する必要があります。
32046 sysadmin 固定サーバー ロール、または msdb の 'dbm_monitor' ロールのメンバーだけがこの操作を実行できます。

コード メッセージ
32047 データベース ミラーリング モニターのジョブ
32048 データベース ミラーリング モニターのスケジュール
32049 データベース ミラーリングの監視ジョブは存在しません。sp_dbmmonitoraddmonitoring を実行してジョブを設定してください。
32050 システム データベースの master、msdb、model、または tempdb では警告を作成できません。
32051 ベース テーブルを更新するには、システム管理者権限が必要です。ベース テーブルは更新されませんでした。
32052 パラメーター '%1!' を NULL または空にすることはできません。名前付きパラメーターに値を指定し、操作を再試行してください。
32053 '@@servername' で指定されたサーバー名は現在 NULL です。
32054 リモート監視サーバーへのリンクの確立中にエラーが発生しました。
32055 リモート監視サーバーの構成中にエラーが発生しました。
33001 オプションが %1! で指定されていないので、このオプションを削除できません。
33002 署名が無効なので、%1! %2! へのアクセスがブロックされました。
33003 DDL ステートメントは許可されません。
33004 ログイン '%1!' のパスワードが無効です。このログインには古いパスワードを指定せず、新しいパスワードを設定してください。
33005 ファイル %1! から証明書または非対称キーが見つかりません。エラー コード: 0x%2!。
33006 WITH SIGNATURE オプションはデータベースで指定できません。
33007 対称キーは対称キー自体を使用して暗号化できません。
33008 INFORMATION_SCHEMA または SYS %2! に対する %1! 権限を許可、拒否、または取り消すことはできません。
33009 master データベースに記録されているデータベース所有者 SID がデータベース '%1!' に記録されているデータベース所有者 SID と異なります。ALTER AUTHORIZATION ステートメントを使用してデータベース '%2!' の所有者を再設定し、この状態を修正してください。
33010 HASHED オプションと一緒に MUST_CHANGE オプションを指定することはできません。
33011 %1! 秘密キーを削除できません。この秘密キーによって 1 つ以上のエンティティが暗号化されています。
33012 署名に対する操作 (%1! %2! %3! '%4!') を実行できません。署名は、既に存在するか、追加できません。
33013 %2! '%3!' による %1! は存在しません。
33014 '%1!' には副署名できません。副署名できるのはモジュールだけです。
33015 データベース プリンシパルは、データベースの %1! によって参照されているので、削除できません。
33016 ユーザーをログインに再マップできません。再マップできるのは、Windows ログインまたは SQL ログインにマップされているユーザーのみです。
33017 ユーザーを別の種類のログインに再マップすることはできません。たとえば、SQL ユーザーは SQL ログインにマップする必要があり、Windows ログインに再マップすることはできません。
33018 ユーザーをログイン '%1!' に再マップできません。このログインは既にデータベースのユーザーにマップされています。
33019 特別なログイン '%1!' に暗黙的なユーザーを作成することはできません。
33020 CHECK_POLICY が ON になっているログインには、HASHED パスワードを設定できません。
33021 SQL Server のユーザー インスタンスを生成できませんでした。ユーザー インスタンスを生成できるのは、ローカル ユーザー アカウント、対話ユーザー アカウント、サービス アカウント、またはバッチ アカウントだけです。接続は閉じられます。%1!
33022 暗号化サービス プロバイダーのプロパティを取得できません。プロバイダー エラー コード: %1!。
33023 %1! が長すぎます。許容最大長は %2! バイトです。
33024 DLL の暗号化サービス プロバイダー %1! '%2!' が、ID %3! のプロバイダーのシステム カタログに記録された GUID とは異なります。
33025 暗号化サービス プロバイダーのプロパティ %1! が無効です。
33026 GUID '%1!' の暗号化サービス プロバイダーが既に存在します。
33027 ライブラリ '%1!' を読み込めません。詳細については、エラー ログを参照してください。
33028 %1! '%2!' のセッションを開くことができません。プロバイダー エラー コード: %3! (%4!)。
33029 暗号化サービス プロバイダーを初期化できません。プロバイダー エラー コード: %1! (%2!)。
33030 暗号化サービス プロバイダーが使用できません。
33031 暗号化サービス プロバイダー '%1!' が無効になっています。
33032 プロバイダーによって実装された SQL Crypto API バージョン '%1!.%2!' はサポートされていません。サポートされているバージョンは '%3!.%4!' です。
33033 指定されたキーの種類またはオプション '%1!' は、プロバイダーではサポートされていません。
33034 既存のキーにはアルゴリズムを指定できません。
33035 プロバイダーにキー '%1!' を作成できません。プロバイダー エラー コード: %2! (%3!)。
33036 プロバイダーにある拇印 '%1!' の付いたキーを削除できません。
33037 %1! をプロバイダーからエクスポートできません。プロバイダー エラー コード: %2! (%3!)。
33038 操作が暗号化サービス プロバイダー キーではサポートされていません。
33039 アルゴリズム '%1!' が無効です。プロバイダー エラー コード: %2! (%3!)。
33040 暗号化サービス プロバイダー キーは、パスワードまたはその他のキーで暗号化することはできません。
33041 既存の認証システムのログイン トークンを作成できません。dbo が Windows ユーザーである場合、その Windows アカウント情報で SQL Server にアクセスできることを確認してください。
33042 %1! は既にログインにマップされているので追加できません。
33043 ログインに指定された %3! が既に存在するため、%1! '%2!' を追加できません。
33044 このプロバイダーを参照する %2! が存在するため、%1! を削除できません。
33045 %1! はこのログインにマップされていないので削除できません。
33046 サーバー プリンシパル '%1!' には、%2! '%3!' に関連付けられた資格情報がありません。
33047 %1! '%2!' の機密データを取得または暗号化解除できません。

コード メッセージ
33048 プライマリ以外のセキュリティ コンテキストでは %1! を使用できません。
33049 %1! '%2!' のキーがプロバイダーに存在しないか、アクセスが拒否されています。プロバイダー エラー コード: %3! (%4!)。
33050 プロバイダーにキー '%1!' を作成できません。プロバイダーでは、キー名の指定は許可されていません。
33051 無効なアルゴリズム ID: %1!。プロバイダー エラー コード: %2! (%3!)。
33052 暗号化サービス プロバイダー キーを一時キーにすることはできません。
33053 拡張キー管理が無効になっているか、SQL Server のこのエディションではサポートされていません。sp_configure 'EKM provider enabled' を使用して有効にしてください。
33054 拡張キー管理は SQL Server のこのエディションではサポートされていません。
33055 API '%2!' で暗号化サービス プロバイダー '%1!' の呼び出し中に例外が発生しました。SQL Server は、プロセス %3! を終了しています。例外の種類: %4!。例外コード: 0x%5!。
33056 ログイン '%1!' の権限を借用して %2! '%3!' にアクセスできません。
33057 暗号化サービス プロバイダーが無効になりました。ただし、このプロバイダーとの暗号化セッションを既に開いているユーザーは、このプロバイダーをこのまま使用できます。すべてのユーザーに対してプロバイダーを無効にする場合は、サーバーを再起動してください。
33058 暗号化サービス プロバイダーが削除されました。ただし、このプロバイダーとの暗号化セッションを既に開いているユーザーは、このプロバイダーをこのまま使用できます。すべてのユーザーに対してプロバイダーを削除する場合は、サーバーを再起動してください。
33070 監査ログ ファイルに指定されたサイズの上限が、許容される最小値を下回っています。サイズの上限は最低 2 MB にする必要があります。
33071 このコマンドでは、%1! を無効にする必要があります。%2! を無効にして、このコマンドを再実行してください。
33072 監査ログ ファイルのパスが無効です。
33073 %1! '%2!' が見つからないか、必要な権限がありません。
33074 ユーザー データベースから %2! %3! を %1! できません。この操作は master データベースで実行する必要があります。
33075 監査は、このエディションの SQL Server では使用できません。SQL Server の各エディションでサポートされている機能の詳細については、SQL Server オンライン ブックを参照してください。
33076 指定されたサイズの上限が許容される最大値を上回っています。サイズの上限は、16777215 TB より小さくする必要があります。
33077 MAXSIZE = UNLIMITED を設定すると、RESERVE_DISK_SPACE を指定できません。MAXSIZE を小さくするか、RESERVE_DISK_SPACE を指定しないでください。
33079 CLR 型 '%1!' にはデフォルトまたはルールをバインドできません。既存のスパース列でこのデータ型が使用されています。スパース列のデータ型を変更するか、列のスパースの指定を削除してください。
33080 暗号化サービス プロバイダー ライブラリ '%1!' がメモリ内に読み込まれました。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
33081 Authenticode 署名またはファイル パスが無効であるため、暗号化サービス プロバイダー '%1!' を読み込めませんでした。他のエラーの以前のメッセージを確認してください。
33082 guid '%1!' の暗号化サービス プロバイダー ライブラリが見つかりません。
33083 拡張キー管理プロバイダー '%4!' ではサポートされていないため、%2! '%3!' の %1! を作成できません。
33084 OPEN SYMMETRIC KEY ステートメントでは、拡張キー管理 (EKM) プロバイダーから作成された対称キーは参照できません。EKM プロバイダーから作成された対称キーは、暗号化サービス プロバイダーで正しく認証できるプリンシパルに対して自動的に開かれます。
33085 暗号化サービス プロバイダー ライブラリ '%1!' に存在しないメソッドがあります。
33086 SQL Server Audit で、%1! アクションを記録できませんでした。
33087 EKM プロバイダーから返されたキーの %1! プロパティが予期された値と一致しません
33088 アルゴリズム %1! は、SQL Server では EKM 操作に対してサポートされていません
33089 キーのアルゴリズム情報の取得に失敗したため、キーの検証に失敗しました。プロバイダー エラー コード: %1! (%2!)。
33090 ライブラリ '%1!' をメモリ内に読み込もうとしています。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
33091 警告: データベース暗号化キーの暗号化に使用した証明書がバックアップされていません。証明書および証明書に関連付けられた秘密キーをすぐにバックアップしてください。証明書が使用できなくなった場合、またはデータベースを別のサーバーに復元またはアタッチする必要がある場合に、証明書と秘密キーの両方のバックアップが必要です。これらのバックアップがない場合は、データベースを開けません。
33101 秘密キーが存在しないか、データベース マスター キーによって保護されていないため、%1! '%2!' を使用できません。SQL Server は、この操作に使用される %3! の秘密キーに自動的にアクセスできる必要があります。
33102 システム データベースを暗号化できません。データベースの暗号化操作は、'master'、'model'、'tempdb'、'msdb'、または 'resource' の各データベースに対して実行できません。
33103 このデータベースのデータベース暗号化キーは既に存在します。
33104 このデータベースのデータベース暗号化キーは存在しません。
33105 データベース暗号化キーは現在使用中なので削除できません。データベース暗号化キーを削除できるようにするには、データベース暗号化を無効にする必要があります。
33106 データベース暗号化キーが設定されていないため、データベース暗号化の状態を変更できません。
33107 データベース暗号化は既に有効になっているので、有効にすることはできません。
33108 データベース暗号化は既に無効になっているので、無効にすることはできません。
33109 暗号化、暗号化解除、またはキー変更のスキャンの実行中に、データベース暗号化を無効にすることはできません。
33110 暗号化、暗号化解除、またはキー変更のスキャンの実行中に、データベース暗号化キーを変更することはできません。
33111 拇印 '%2!' でサーバー %1! が見つかりません。
33112 データベース '%1!' に対してデータベース暗号化のスキャンを開始しています。
33113 データベース '%1!' に対するデータベース暗号化のスキャンが完了しました。
33114 データベース '%1!' に対するデータベース暗号化のスキャンが中止されました。ALTER DB を再実行してスキャンを再開してください。
33115 CREATE/ALTER/DROP DATABASE ENCRYPTION KEY が失敗しました。データベースをロックできませんでした。後で再試行してください。
33116 CREATE/ALTER/DROP DATABASE ENCRYPTION KEY が失敗しました。データベース '%1!' をロックできませんでした。後で再試行してください。
33117 この SQL Server インスタンスのエディションでは、透過的なデータ暗号化を使用できません。SQL Server の各エディションでサポートされている機能の詳細については、オンライン ブックを参照してください。
33118 読み取り専用のデータベース、読み取り専用ファイルが含まれるデータベース、または復旧されていないデータベースでは、データベース暗号化を有効化または変更できません。
33119 暗号化の実行中は、ファイル グループの読み取り専用/読み書き可能の状態を変更できません。
33120 %1! でデータベース暗号化キーを暗号化するには、拡張キー管理プロバイダーに存在する %2! を使用してください。
33121 %1! '%2!' にはログインが関連付けられていません。拡張キー管理プロバイダー '%3!' に自動的にアクセスするには、このキーのログインと資格情報を作成してください。
33122 このコマンドでは、データベース '%1!' に対してデータベース暗号化のスキャンを実行する必要があります。ただし、データベースに、ログ バックアップを保留している以前の暗号化のスキャンからの変更が含まれます。ログ バックアップを実行してコマンドを再試行してください。
33123 データベース暗号化キーは現在ミラーで使用中であるため、削除または変更できません。以前の再暗号化のスキャンがすべてミラーに反映された後、またはミラーリングを無効にした後に、コマンドを再実行してください。
33124 1 つまたは複数のファイルがオフラインであるため、データベース '%1!' に対するデータベース暗号化のスキャンを完了できません。スキャンを完了するには、ファイルをオンラインにしてください。

コード メッセージ
33125 セカンダリ プリンシパルが多すぎるため、ログイン トークンを作成できません。セカンダリ プリンシパルの許容最大数は %1! です。この問題を解決するには、サーバー ロールからログインを削除してください。
33201 監査ファイルまたはファイル パターンからの読み取り中にエラーが発生しました: '%1!'。SQL サービス アカウントにファイルの読み取り権限がないか、壊れているファイルがパターンによって 1 つ以上返されている可能性があります。
33202 SQL Server Audit で、ファイル '%1!' に書き込めませんでした。
33203 SQL Server Audit で、イベント ログに書き込めませんでした。
33204 SQL Server Audit で、セキュリティ ログに書き込めませんでした。
33205 監査イベント: %1!。
33206 SQL Server Audit で、監査ファイル '%1!' を作成できませんでした。ディスクがいっぱいになっていないこと、およびファイルの作成と書き込みに必要な権限が SQL サービス アカウントにあることを確認してください。
33207 SQL Server Audit で、イベント ログにアクセスできませんでした。イベント ログへのアクセスに必要な権限が SQL サービス アカウントにあることを確認してください。
33208 SQL Server Audit で、セキュリティ ログにアクセスできませんでした。セキュリティ ログへのアクセスに必要な権限が SQL サービス アカウントにあることを確認してください。
33209 -m フラグを使用してサーバーが起動されたので、監査 '%1!' は ON_FAILURE=CONTINUE に変更されました。
33210 SQL Server Audit を開始できなかったため、サーバーをシャットダウンしています。この問題のトラブルシューティングを行うには、サーバーの起動時に -m フラグ (シングル ユーザー モード) を使用して監査によるシャットダウンを回避します。
33211 列などのサブエンティティのリストは、エンティティレベルの監査に指定できません。
33212 AUDIT SPECIFICATION ステートメントのオブジェクト名の後ろに無効な列リストがあります。
33213 監査の仕様ステートメントのすべてのアクションは、同じスコープ内にある必要があります。
33214 SQL Server Audit が開始されていないため、操作を実行できません。
33215 1 つ以上の監査を開始できませんでした。エラー ログで以前のエラーを参照して原因を特定し、各エラーに関連している問題を修正してください。
33216 SQL Server が -f フラグを使用して起動されました。SQL Server Audit は無効になっています。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
33217 SQL Server Audit により、監査を開始しています。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
33218 SQL Server Audit により、監査が開始されました。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
33219 SQL Server Audit '%1!' はエラーの発生時にシャットダウンするように構成されているので、サーバーが停止しました。この問題のトラブルシューティングを行うには、サーバーの起動時に -m フラグ (シングル ユーザー モード) を使用して監査によるシャットダウンを回避します。
33220 現在のデータベースが master の場合に限り、サーバー スコープの監査操作を許可できます。
33221 監査操作は、現在のデータベースのオブジェクトにのみ作成できます。
33222 監査 '%1!' は %2! に失敗しました。詳細については、SQL Server のエラー ログを参照してください。また、ring_buffer_type = 'RING_BUFFER_XE_LOG' を指定して sys.dm_os_ring_buffers に照会することもできます。
33223 ALTER SERVER AUDIT では、他のオプションを使用せずに STATE オプションを指定する必要があります。
33224 指定されたパターンがファイルを返さなかったか、有効なファイル共有を表していません。パターン パラメーターを確認し、コマンドを再実行してください。
33225 initial_file_name および audit_record_offset に指定された値が、監査ファイル セット内の有効な位置を表していません。ファイル名とオフセットの位置を確認してから、コマンドを再実行してください。
33226 fn_get_audit_file 関数が、オフセット %2! の '%1!' からレコードをスキップしています。
33227 QUEUE_DELAY に指定された値は無効です。0 または 1000 以上の値を指定してください。
33228 サーバーをシャットダウンするための権限がないため、サーバーをシャットダウンするように SQL Server Audit を構成できません。システム管理者に相談してください。
33229 監査の仕様が無効になっている間に監査の仕様を変更する必要があります。
33230 監査 '%1!' の監査の仕様は既に存在します。
33231 AUDIT SPECIFICATION ステートメントでは、セキュリティ保護可能なクラス DATABASE、SCHEMA、または OBJECT のみを指定できます。
33301 メッセージ交換の優先度 '%2!' に指定されている %1! が無効です。値は 1 〜 %3! 文字で指定してください。
33302 メッセージ交換の優先度 '%2!' に指定されている %1! が無効です。値は 1 〜 10 で指定してください。
33303 データベース内に、'%1!' という名前または %2!='%3!'、%4!='%5!'、および %6!='%7!' のプロパティで、メッセージ交換の優先度が既に存在します。一意の名前または一意のプロパティ セットを使用してください。