読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

SQLServerのエラーコード3501〜4000

SQLServer
スポンサーリンク

SQLServerのエラーコード3501〜4000までです。

コード メッセージ
3505 データベース "%1!" の所有者、または関連する権限のあるユーザーだけが CHECKPOINT ステートメントを実行できます。
3604 重複したキーが無視されました。
3605 データベース '%1!' のスキーマの検証が失敗しました。
3606 算術オーバーフローが発生しました。
3607 0 除算が発生しました。
3608 トークンに GUID を割り当てられません。
3609 トランザクションはトリガーで終了しました。バッチは中止されました。
3612 %1! SQL Server 実行時間: %2!、CPU 時間 = %3! ミリ秒、経過時間 = %4! ミリ秒。
3613 SQL Server の構文解析とコンパイルの時間: %1! CPU 時間 = %2! ミリ秒、経過時間 = %3! ミリ秒。
3615 テーブル '%1!'。スキャン回数 %2!、論理読み取り数 %3!、物理読み取り数 %4!、先行読み取り数 %5!、LOB 論理読み取り数 %6!、LOB 物理読み取り数 %7!、LOB 先行読み取り数 %8!。
3616 トリガーの実行中にエラーが発生しました。バッチは中止されました。ユーザー トランザクション (ある場合) はロールバックされました。
3619 ログに空き領域がないので、データベース ID %1! にチェックポイント レコードを書き込めませんでした。データベース管理者に問い合わせて、ログを切り捨てるか、データベース ログ ファイルに追加領域を割り当ててください。
3620 ログに空き領域がないので、データベース '%1!' では自動チェックポイント処理は無効です。データベース所有者がデータベースのチェックポイント処理を正常に実行すると、自動チェックポイント処理が有効になります。データベース所有者に問い合わせて、ログ ファイルを切り捨てるか、ログにディスク領域を追加してください。その後、CHECKPOINT ステートメントを再試行してください。
3621 ステートメントは終了されました。
3622 警告: 無効な浮動小数点演算が実行されました。
3623 無効な浮動小数点演算が実行されました。
3624 システム アサーション チェックが失敗しました。詳細については、SQL Server エラー ログを確認してください。通常、アサーションの失敗はソフトウェアのバグまたはデータの破損が原因で発生します。データベースが破損していないかどうかを確認するには、DBCC CHECKDB の実行を検討してください。セットアップ中、ダンプを Microsoft に送信することに合意した場合は、ミニ ダンプが Microsoft に送信されます。また、Microsoft から提供される最新の Service Pack や製品サポート サービスから提供される QFE に、更新プログラムが含まれている場合もあります。
3625 '%1!' はまだ実装されていません。
3627 現時点で実行されている並列操作が多すぎるので、新しい並列操作を開始できません。"max worker threads" 構成オプションを使用して使用可能なスレッド数を増やすか、システムで実行されている並列操作の数を減らしてください。
3628 データベース エンジンは、ユーザー要求の処理中に、オペレーティング システムから浮動小数点の例外を受け取りました。トランザクションを再試行してください。問題が解決しない場合は、システム管理者に問い合わせてください。
3633 '%4!' (%5!) で '%3!' に対して '%2!' を試行中に、オペレーティング システムからエラー '%1!' が返されました。
3634 '%3!' で '%2!' を試行中に、オペレーティング システムからエラー '%1!' が返されました。
3635 データベース ID %2!、ファイル ID %3! の '%1!' メタデータの処理中にエラーが発生しました。トランザクション='%4!'。詳細コンテキスト='%5!'。場所='%6!'(%7!)。操作を再試行してください。問題が解決しない場合は、データベース管理者に問い合わせて、ロックとメモリ構成を調査してください。アプリケーションで競合のデッドロックが生じている可能性を調査してください。
3636 データベース ID %2! ファイル ID %3! の '%1!' メタデータの処理中にエラーが発生しました。
3637 DAC 接続からは並列操作を開始できません。
3638 SQL テキスト キャッシュ メモリ使用量: %1! ページ。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
3639 この操作は単一ファイル DB ではサポートされていません。
3701 %2! '%3!' を %1! できません。存在しないか、権限がありません。
3702 データベース "%1!" は現在使用中なので削除できません。
3703 %1! '%2!' は現在使用中なので、デタッチできません。
3705 '%2!' を指定した DROP %1! は使用できません。'%3!' が %4! です。%5! を使用してください。
3706 データベース スナップショットを %1! できません。
3707 問題のあるデータベースまたは復旧中のデータベースをデタッチできません。データベースを修復または削除してください。
3708 %2! '%3!' を %1! できません。システム %4! です。
3709 データベース スナップショット "%2!" がデータベースを参照しているので、そのデータベースを %1! できません。データベースを最初に削除してください。
3710 サーバーが最小構成モードのときは、開かれているデータベースをデタッチできません。
3716 %1! '%2!' は、1 つ以上の %3! にバインドされているので、削除できません。
3717 DROP DEFAULT ステートメントでは、既定の制約を削除できません。ALTER TABLE を使用して、既定の制約を削除してください。
3721 型 '%1!' はオブジェクト '%2!' が参照しているので名前を変更できません。
3723 インデックス '%1!' では明示的な DROP INDEX は許可されません。このインデックスは %2! 制約設定で使用されています。
3724 %2! '%3!' を %1! できません。レプリケーションに使用されています。
3725 制約 '%1!' はテーブル '%2!'、外部キー制約 '%3!' で参照されています。
3726 オブジェクト '%1!' を削除できませんでした。このオブジェクトは、FOREIGN KEY 制約で参照されています。
3727 制約を削除できませんでした。以前のエラーを調べてください。
3728 '%1!' は制約ではありません。
3729 %1! '%2!' できません。オブジェクト '%3!' によって参照されています。
3730 SET DEFAULT 参照操作として外部キーで使用されているときは、既定の制約 '%1!' を削除できません。
3732 型 '%1!' はオブジェクト '%2!' が参照しているので削除できません。この型を参照するオブジェクトはこれ以外にも存在する可能性があります。

コード メッセージ
3733 制約 '%1!' はテーブル '%2!' に所属していません。
3734 主キー制約 '%1!' を削除できませんでした。テーブルに XML インデックスまたは空間インデックスがあります。
3735 テーブル '%2!' の主キー制約 '%1!' を削除できません。テーブルで変更の追跡が有効になっています。変更の追跡では、テーブルに主キー制約が必要です。制約を削除する前に、変更の追跡を無効にしてください。
3737 ファイル '%1!' を削除できませんでした。詳細については、SQL Server エラー ログを参照してください。
3738 データベース ファイル '%1!' を削除しています。
3739 インデックス '%2!' を %1! できません。統計コレクションではありません。
3740 %1! '%2!' を削除できません。少なくともテーブルの一部が読み取り専用ファイル グループに存在しています。
3741 %1! '%2!' を削除できません。少なくともテーブルの一部がオフラインのファイル グループに存在しています。
3743 データベース '%1!' でデータベース ミラーリングが有効になっています。データベースを削除するには、先にデータベース ミラーリングを削除する必要があります。
3744 インデックスをオンラインで削除するステートメントで使用できる句は 1 つだけです。
3745 オンラインで削除できるのは、クラスター化インデックスだけです。
3746 ビュー '%1!' のクラスター化インデックスを削除できません。このビューはレプリケーションで使用されています。
3747 drop clustered index 句を使用して、ビューに作成されたクラスター化インデックスを削除することはできません。クラスター化インデックス '%1!' はビュー '%2!' に作成されます。
3748 drop clustered index 句を使用して、非クラスター化インデックス '%1!' を削除することはできません。
3749 古い 'Table.Index' 構文を使用して XML インデックス '%1!' を削除できません。代わりに 'Index ON Table' 構文を使用してください。
3750 警告: %4! のクラスター化インデックスが無効になったので、%2! '%3!' のインデックス '%1!' が無効になりました。
3751 '%2!' が %3! であるため、'%1!' で SP_DROPEXTENDEDPROC または DBCC DROPEXTENDEDPROC を使用できません。%4! を使用してください。
3801 警告: "%2!"."%3!" のインデックス "%1!" は照合順序のアップグレードの影響を受ける可能性があります。DBCC CHECKTABLE を実行してください。
3802 警告: "%2!"."%3!" の制約 "%1!" は照合順序のアップグレードの影響を受ける可能性があります。WITH CHECK を無効にしてから、有効にしてください。
3803 警告: "%2!"."%3!" のインデックス "%1!" が無効です。checksum 関数の実装が変更されました。
3804 警告: テーブル "%2!"."%3!" のチェック制約 "%1!" が無効です。checksum 関数の実装が変更されました。
3805 警告: テーブル "%2!"."%3!" のインデックス "%1!" が壊れている可能性があります。このインデックスは、文字列から日付への不明確な変換を含む計算列 "%4!" を参照しています。DBCC CHECKTABLE を実行してインデックスを確認してください。121 などの明確な日付形式で明示的な CONVERT を使用することを検討してください。互換性モードが 90 の場合、不明確な式を参照している計算列のインデックスを作成できません。詳細については、オンライン ブックのトピック「計算列に対するインデックスの作成」を参照してください。
3806 警告: インデックス付きビュー "%1!"."%2!" が壊れている可能性があります。このビューには、文字列から日付への不明確な変換が含まれています。DBCC CHECKTABLE を実行してビューを確認してください。121 などの明確な日付形式で明示的な CONVERT を使用することを検討してください。互換性モードが 90 の場合、不明確な式を参照しているインデックス付きビューを作成できません。詳細については、オンライン ブックのトピック「インデックス付きビューの作成 (Creating Indexed Views)」を参照してください。
3807 使用できるすべての ID がなくなったので作成に失敗しました。
3808 警告: "%2!"."%3!" のインデックス "%1!" が無効です。このインデックスは、ignore_dup_key インデックス オプションが指定されたビューで定義されています。インデックスを削除し、可能な場合は、ignore_dup_key オプションを指定せずにインデックスを再作成してください。すべての行が一意であることを保証するために、ビューの論理構造を変更することが必要な場合があります。
3809 データベース "%1!" のアップグレードに失敗しました。オブジェクト ID %3! のインデックス "%2!" の名前が、同じテーブルの別のインデックスの名前と同じです。
3810 アセンブリのイベント通知 "%1!" が削除されます。
3811 ブローカー インスタンスが指定されていないので、サービス キューのイベント通知 "%1!" は削除されます。
3812 オブジェクトのイベント通知 "%1!" が削除されます。
3813 ログイン '%1!' のアップグレードに失敗しました。このログインの名前または sid が別のログインまたはサーバー ロールと重複しています。
3814 サーバー '%2!' のリモート ログイン '%1!' にマップされたローカル ログインが無効です。アップグレードする前に、リモート ログインを削除して再作成してください。
3815 サーバー '%2!' のリンク ログイン '%1!' にマップされたローカル ログインが無効です。アップグレードする前に、リンク ログインを削除して再作成してください。
3816 ログイン '%1!' のアップグレードが失敗しました。ログイン パスワードのハッシュが無効です。アップグレードの前にログイン パスワードを更新してください。
3817 警告: "%2!"."%3!" のインデックス "%1!" が無効になりました。geometry メソッドおよび geography メソッドの実装が変更されました。
3818 オブジェクト %2! のインデックス "%1!" に 6 バイトの CUID 列を追加できません。行の長さが、最大許容サイズ %3! バイトを超えている可能性があります。
3819 警告: "%2!"."%3!" のチェック制約 "%1!" が無効になり、信頼されていない制約として設定されました。geometry メソッドおよび geography メソッドの実装が変更されました。
3820 警告: オブジェクト %2! のインデックス "%1!" に 6 バイトの CUID 列が追加されましたが、行の最大サイズが許容最大サイズの %3! バイトを超えています。大きな値の組み合わせによっては、このインデックスへの INSERT または UPDATE が失敗します。
3821 警告: "%2!"."%3!" の外部キー制約 "%1!" が無効になりました。geometry メソッドおよび geography メソッドの実装が変更されました。
3822 警告: ヒープ "%1!"."%2!" に、geometry メソッドまたは geography メソッドに依存するため古い情報が含まれる可能性がある計算列が保存されました。このため、このテーブルの一貫性が損なわれていることが DBCC でレポートされる場合があります。データを更新するには、geometry メソッドまたは geography メソッドに依存する保存済みの計算列を保存解除してから再度保存してください。
3823 警告: オブジェクト "%1!"."%2!" はバインドできなかったため、アップグレード中に無視されました。定義を確認して修正することを検討してください。
3851 システム テーブル sys.%2!%3! に無効な行 (%1!) が見つかりました。
3852 sys.%2!%3! の行 (%1!) と一致する行 (%4!) が sys.%5!%6! にありません。
3853 sys.%3!%4! の行 (%2!) の属性 (%1!) には、sys.%6!%7! に一致する行 (%5!) がありません。
3854 sys.%3!%4! の行 (%2!) の属性 (%1!) には、sys.%6!%7! に一致する行 (%5!) がありますが、無効です。
3855 属性 (%1!) が存在しますが、sys.%3!%4! の行 (%2!) がありません。
3856 属性 (%1!) が存在しますが、sys.%3!%4! の行 (%2!) では使用できません。
3857 属性 (%1!) が必要ですが、sys.%3!%4! の行 (%2!) にはありません。
3858 sys.%3!%4! の行 (%2!) の属性 (%1!) には、無効な値が含まれています。
3859 警告: システム カタログがデータベース ID %1! で直接更新されました。最新の更新は %2! で行われました。

コード メッセージ
3860 データベース ID 32767 をアップグレードできません。この ID 値は、SQL Server 内部で使用するために予約されています。
3862 CLR 型 '%1!'.'%2!' は無効です。この CLR 型のディスク フォーマットが変更されました。DROP TYPE を使用して、この無効な型を削除してください。
3864 ID が %3! のデータベースで、オブジェクト ID %2!、インデックス ID %1! に対応するエントリが見つかりませんでした。スキーマが壊れている可能性があります。DBCC CHECKDB を実行してください。
3901 マーク オプションを使用するときは、トランザクション名を指定してください。
3902 COMMIT TRANSACTION 要求に対応する BEGIN TRANSACTION がありません。
3903 ROLLBACK TRANSACTION 要求に対応する BEGIN TRANSACTION がありません。
3904 データベース '%3!' で、オブジェクト '%2!' の論理ページ %1! の分割を解除できません。両方のページに含まれるデータを併せると 1 ページに収まるデータ量を超えます。
3906 データベース "%1!" を更新できませんでした。データベースが読み取り専用です。
3908 データベース '%1!' が BYPASS RECOVERY モードなので、このデータベースでは BEGIN TRANSACTION を実行できませんでした。
3909 セッション バインド トークンが無効です。
3910 トランザクション コンテキストを他のセッションが使用中です。
3912 サーバーが XP を呼び出していないのに、XP トークンを使用してバインドできません。
3913 TDS リセット接続プロトコル エラー。クライアント ドライバーによって ResetConnectionKeepLocalXact と ResetConnectionKeepDTCXact が同時に要求されました。この動作はサーバーで想定されていません。
3914 データ型 "%1!" は、トランザクション名またはセーブポイント名には無効です。有効なデータ型は char、varchar、nchar、varchar(max)、nvarchar、および nvarchar(max) です。
3915 INSERT-EXEC ステートメント内では ROLLBACK ステートメントを使用できません。
3916 BEGIN TRANSACTION が最初に使用されていない場合は、INSERT-EXEC ステートメント内で COMMIT ステートメントは使用できません。
3917 セッションは使用中のトランザクション コンテキストに制限されます。バッチ内の他のステートメントは無視されました。
3918 このステートメントまたは関数は、ユーザー トランザクションのコンテキストで実行してください。
3919 トランザクションは既にコミットまたはロールバックされているので、トランザクションに参加できません。
3920 WITH MARK オプションだけが最初の BEGIN TRAN WITH MARK ステートメントに適用されます。オプションは無視されます。
3921 アクティブなトランザクションが存在しない場合は、トランザクション トークンを取得できません。トランザクションを開始してからステートメントを再実行してください。
3922 トランザクションが存在しないので、トランザクションに参加できません。
3923 データベース '%1!' で、一括ログ記録操作が設定されたトランザクションは、バックアップされていないので使用できません。この設定は無視されます。
3924 新規トランザクションにバインド中に、セッションがアクティブなユーザー トランザクションに参加しました。セッションは以前のユーザー トランザクションから参加解除されました。
3925 無効なトランザクション マーク名です。'LSN:' プレフィックスは予約されています。
3926 このセッションでアクティブなトランザクションが、別のセッションによりコミットまたは中止されました。
3927 分散トランザクション コーディネーター トランザクションに参加しようとしているときに、セッションにアクティブなトランザクションがありました。
3928 マークされたトランザクション "%1!" が失敗しました。マークされたトランザクションをコミットしてマークをログに配置中にタイムアウトが発生しました。準備された後でコミットまたは中止されていない、Microsoft 分散トランザクション コーディネーター (MS DTC) トランザクションまたはその他のマークされたローカル トランザクションが存在することで、これらのトランザクションとの競合が発生している可能性があります。操作を再試行してもエラーが解決しない場合は、競合の発生元を特定してください。
3929 シングル ユーザー データベースでは、分散トランザクションまたはバインドされたトランザクションは許可されません。
3930 現在のトランザクションのコミットおよびログ ファイルに書き込む操作はサポートできません。トランザクションをロールバックしてください。
3931 現在のトランザクションのコミットおよびセーブポイントへのロールバックはできません。トランザクション全体をロールバックしてください。
3932 指定されたセーブポイント名 "%1!" は長すぎます。許容最大長は %2! 文字です。
3933 このトランザクションを分散トランザクションに昇格できません。アクティブな savepoint がこのトランザクション内に存在します。
3934 現在のユーザーはこの FILESTREAM トランザクション コンテキストを使用できません。有効な FILESTREAM トランザクション コンテキストを取得するには、GET_FILESTREAM_TRANSACTION_CONTEXT を使用します。
3935 FILESTREAM トランザクション コンテキストを初期化できませんでした。これは、リソース不足が原因である可能性があります。操作を再試行してください。エラー コード: 0x%1!。
3936 FILESTREAM データをディスクにフラッシュしようとしてエラーが発生したため、トランザクションをコミットできませんでした。ファイルがコミット時に開いているか、ディスク I/O エラーが発生している可能性があります。'%1!' は、関連する 1 つ以上のファイルのうちの 1 つです。エラー コード: 0x%2!
3937 トランザクションのロールバック中に FILESTREAM フィルター ドライバーにロールバック通知を配信しようとしてエラーが発生しました。エラー コード: 0x%1!。
3938 同じトランザクションが使用される、FILESTREAM を閉じる操作と競合したため、トランザクションが中止されました。トランザクションはロールバックされます。
3939 コミットできないトランザクションがバッチの開始時に検出されました。このトランザクションはロールバックされました。これは、このトランザクションのコンテキストで FILESTREAM 要求の処理中に発生したエラーが原因です。
3950 次の行の読み取り中に、バージョン ストアのスキャンがタイムアウトしました。後でシステムがビジー状態ではなくなったら、ステートメントを再試行してください。
3951 データベース '%1!' でトランザクションが失敗しました。スナップショット分離でステートメントが実行されましたが、トランザクションはスナップショット分離で開始されませんでした。トランザクションが最初からスナップショット分離レベルで開始されている場合を除き、トランザクションが開始された後にトランザクションの分離レベルをスナップショットに変更することはできません。
3952 スナップショット分離トランザクションでデータベース '%1!' のアクセスに失敗しました。このデータベースではスナップショット分離は許可されていません。スナップショット分離を許可するには、ALTER DATABASE を使用してください。
3953 データベース '%1!' でスナップショット分離トランザクションが失敗しました。現在のトランザクションを開始したときに、データベースは復旧していませんでした。データベースの復旧後にトランザクションを再試行してください。
3954 データベース '%1!' でスナップショット分離トランザクションを開始できませんでした。スナップショット分離を禁止する ALTER DATABASE コマンドが、このトランザクションよりも前に開始されています。データベースはオフ状態に遷移中です。トランザクションの分離レベルを変更するか、データベースのスナップショット分離を再度有効にしてください。
3955 データベース '%1!' でスナップショット分離トランザクションが失敗しました。このデータベースの復旧がスキップされています。データベースを復旧してから、スナップショット分離でトランザクションを実行する必要があります。
3956 データベース '%1!' でスナップショット分離トランザクションを開始できませんでした。このデータベースのスナップショット分離を有効にする ALTER DATABASE コマンドが完了していません。データベースはオン状態の保留に遷移中です。ALTER DATABASE コマンドが正常に完了するのを待つ必要があります。
3957 データベース '%1!' でスナップショット分離トランザクションが失敗しました。データベースでは、現在のトランザクションを開始したときにスナップショット分離が許可されませんでした。トランザクションを再試行してください。
3958 データベース '%2!' のテーブル '%1!' のバージョン管理された行にアクセスするときにトランザクションが中止されました。要求されたバージョン管理された行が見つかりませんでした。tempdb の領域が不足している可能性があります。バージョン管理用に tempdb を構成する方法については、BOL を参照してください。
3959 バージョン ストアがいっぱいです。新しいバージョンを追加できませんでした。バージョン ストアにアクセスする必要があるトランザクションがロールバックされる可能性があります。バージョン管理のために tempdb を構成する方法については、BOL を参照してください。
3960 更新の競合により、スナップショット分離トランザクションが中断しました。スナップショット分離を使用してデータベース '%2!' のテーブル '%1!' に直接または間接的にアクセスし、別のトランザクションによって変更または削除された行を更新、削除、または挿入することはできません。トランザクションを再試行するか、更新/削除ステートメントの分離レベルを変更してください。
3961 データベース '%1!' でスナップショット分離トランザクションが失敗しました。ステートメントからアクセスされるオブジェクトが、このトランザクションの開始後に別の同時トランザクションの DDL ステートメントで変更されました。メタデータはバージョン管理されないため、この操作は許可されません。メタデータに対する同時更新は、スナップショット分離と組み合わせると一貫性を損なう結果になる可能性があります。
3962 SQL Server 内部クエリ実行中に別のトランザクションにバインドすることはサポートされていません。LOGON トリガーの定義を確認し、sp_bindsession を使用している場合はすべて削除してください。このエラーの発生が LOGON トリガーの実行中ではない場合は、製品サポート チームに問い合わせてください。
3963 データベース '%1!' でトランザクションが失敗しました。スナップショット分離では分散トランザクションはサポートされていません。
3964 この DDL ステートメントはスナップショット分離トランザクションで許可されていないため、トランザクションが失敗しました。メタデータはバージョン管理されないため、メタデータの変更は、スナップショット分離との組み合わせで一貫性を損なう結果になる可能性があります。
3965 アクティブなローカル トランザクションがないので、PROMOTE TRANSACTION 要求は失敗しました。
3966 バージョン ストアにアクセスするときにトランザクションはロールバックされます。このトランザクションは、tempdb の領域不足が原因でバージョン ストアが圧縮されたときに対象としてマークされていました。このトランザクションは、tempdb の領域を確保するために削除された行バージョンを必要とする可能性があるため、対象としてマークされていました。トランザクションを再試行してください。
3967 tempdb に、行バージョンを格納する領域が不足しています。バージョン ストアを圧縮して tempdb の領域を開放する必要があります。トランザクション (id=%1! xsn=%2! spid=%3! elapsed_time=%4!) は対象としてマークされていて、バージョン ストアにアクセスした場合はロールバックされます。問題が解決しない場合は、tempdb のサイズが不適切であるかトランザクションが長時間にわたって実行されていることが原因であると考えられます。バージョン管理用に tempdb を構成する方法については、BOL を参照してください。
3968 SQL Server の起動に未登録のトレース フラグが使用され、データベースのバージョン管理ができなくなったため、データベース '%1!' でスナップショット分離および READ COMMITTED スナップショットを使用できません。スナップショット分離を使用して開始したトランザクションは失敗します。READ COMMITTED スナップショットで実行したクエリは成功しますが、その処理は、ロックに基づく既定の READ COMMITTED によって行われます。
3969 SQL Server 内部クエリ実行中の分散トランザクションはサポートされていません。LOGON トリガーの定義を確認し、分散トランザクションを使用している場合はすべて削除してください。このエラーの発生が LOGON トリガーの実行中ではない場合は、製品サポート チームに問い合わせてください。

コード メッセージ
3970 この操作は、このトランザクションの別の保留中の操作と競合しています。操作が失敗しました。
3971 サーバーはトランザクションを再開できませんでした。説明: %1!。
3972 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) プロトコルが無効です。トランザクション マネージャー イベントの長さが正しくありません。イベントの種類: %1!。必要な長さ: %2!。実際の長さ: %3!。
3973 データベースは、現在同一ワークスペースの他のスレッドにより排他モードで使用されています。操作は失敗しました。
3974 ワークスペースで排他モードで使用できるデータベース数には上限があります。その上限を超えたので、操作に失敗しました。
3975 varchar(max) データ型は、sp_getbindtoken ではサポートされません。バッチが中止されました。
3976 トランザクション名の長さ %1! が不適切です。バッチは中止されました。
3977 セーブポイント名は NULL にできません。バッチは中止されました。
3978 savepoint までロールバックした後で新しいトランザクションを開始することは許可されません。
3979 TM 要求が予期された長さよりも長くなっています。この要求は処理されていません。
3980 バッチが中止されたため、要求の実行に失敗しました。クライアントから中止信号が送信されたか、同じセッションで別の要求が実行されていてセッションがビジー状態になっている可能性があります。
3981 このトランザクションで保留されている要求が作業中なので、トランザクション操作を実行できません。
3982 DTC またはバインドされたトランザクションがアクティブな間は、新しいトランザクションを開始することはできません。
3983 セッションがシングル スレッドではないので、この操作に失敗しました。
3984 トランザクションの変更中にデータベースをロックできません。
3985 トランザクション コンテキストを変更中にエラーが発生しました。このエラーは、通常、システムのメモリが不足することにより発生します。メモリの解放を試みてください。
3986 トランザクションのタイムスタンプの期限が切れました。サーバーを再起動してください。
3987 SNAPSHOT ISOLATION はこのデータベースでは常に有効です。
3988 新しいトランザクションは許可されません。他のスレッドがこのセッションで実行されています。
3989 新しい要求は、有効なトランザクション記述子を含んでいる必要があるので、この要求を開始できません。
3990 ユーザー定義のルーチン、トリガー、または集計内ではトランザクションのコミットは許可されません。トランザクションはこの CLR レベルで開始されていません。厳密なトランザクションの入れ子を設定するようにアプリケーションのロジックを変更してください。
3991 ユーザー定義のルーチン、トリガー、または集計 "%1!" を入力する前はアクティブであったコンテキスト トランザクションが内部で終了しました。このような動作は許可されません。厳密なトランザクションの入れ子を設定するようにアプリケーションのロジックを変更してください。
3992 ユーザー定義のルーチン、トリガー、または集計 "%3!" 内でトランザクション数が %1! から %2! に変更されました。このような動作は許可されず、ユーザー トランザクションはロールバックされます。厳密なトランザクションの入れ子を設定するようにアプリケーションのロジックを変更してください。
3993 ユーザー定義のルーチン、トリガー、または集計 "%1!" の終了時に、その中で開始されたユーザー トランザクションが終了していません。このような動作は許可されず、ユーザー トランザクションはロールバックされます。厳密なトランザクションの入れ子を設定するようにアプリケーションのロジックを変更してください。
3994 ユーザー定義のルーチン、トリガー、または集計で、この CLR レベルで開始されていないトランザクションのロールバックが試行されました。残りのユーザー定義のルーチン、トリガー、または集計が実行されないようにするために例外がスローされます。
3995 トランザクション分離レベル %1! が不明です。有効な値の範囲は 0 〜 5 です。
3996 分散トランザクションではスナップショット分離レベルはサポートされていません。別の分離レベルを使用するか、または分散トランザクションの使用を中止してください。
3997 MARS バッチで開始されたトランザクションが、バッチの終了時に依然としてアクティブです。トランザクションはロールバックされます。
3998 コミットできないトランザクションはバッチの終了時に検出されます。このトランザクションはロールバックされます。
3999 エラー %2! により、dbid %1! でコミット テーブルをディスクにフラッシュできませんでした。詳細については、エラー ログを確認してください。