読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

SQLServerのエラーコード6001〜6500

SQLServer
スポンサーリンク

SQLServerのエラーコード6001〜6500までです。

コード メッセージ
6001 SHUTDOWN が、%1! 個のプロセスの完了を待機しています。
6004 ユーザーにはこの操作を実行する権限がありません。
6005 SHUTDOWN が進行中です。
6006 ログイン %2! からの %1! によってサーバーがシャットダウンされました。
6007 トランザクション内部から、またはストアド プロシージャを使用して SHUTDOWN ステートメントを実行することはできません。
6101 プロセス %1! は有効なプロセス ID ではありません。1 から %2! までの数値を選択してください。
6102 ユーザーには KILL ステートメントを使用する権限がありません。
6104 ユーザー自身のプロセスを強制終了するために KILL は使用できません。
6106 プロセス %1! は、アクティブなプロセス ID ではありません。
6107 ユーザー プロセスだけを強制終了できます。
6108 KILL SPID WITH COMMIT/ABORT は、Microsoft SQL Server ではサポートされていません。Microsoft 分散トランザクション コーディネーター (MS DTC) に関係する、状態が不明な分散トランザクションを解決するには、KILL UOW WITH COMMIT/ABORT を使用してください。
6109 SPID %1!: トランザクションをロールバック中です。推定ロールバック完了率: %2!%%。推定残り時間: %3! 秒。
6110 UOW %1! の分散トランザクションが存在しません。
6111 UOW %1! に関連付けられた分散トランザクションに対して、別ユーザーが異なる結果を決定しました。
6112 UOW %1! の分散トランザクションは準備された状態です。このトランザクションを解決できるのは、Microsoft 分散トランザクション コーディネーターだけです。KILL コマンドは失敗しました。
6113 UOW %1! に関連付けられた分散トランザクションは PREPARE 状態です。KILL UOW WITH COMMIT/ABORT 構文を使用して、トランザクションを強制終了してください。
6114 UOW %1! の分散トランザクションは別のユーザーが使用中です。KILL コマンドは失敗しました。
6115 KILL コマンドはユーザー トランザクション内では使用できません。
6117 UOW %1! の分散トランザクションに関連付けられた接続が存在します。最初に、KILL SPID 構文を使用して接続を強制終了してください。
6118 UOW %1! に関連付けられた分散トランザクションは PREPARED 状態ではありません。KILL UOW を使用して、トランザクションを強制終了してください。
6119 UOW %1! の分散トランザクションをロールバック中です。推定ロールバック完了率: %2!%%、推定残り時間 %3! 秒。
6120 状態レポートを取得できません。プロセス ID %1! のロールバック操作は実行中ではありません。
6121 状態レポートを取得できません。UOW %1! のロールバック操作は実行中ではありません。
6200 アセンブリ "%3!" の型 "%2!" のメソッド "%1!" は、ミューテーターとして設定されています。このクエリの読み取り専用部分では、ミューテーターを使用できません。
6201 アセンブリ "%3!" の型 "%2!" のメソッド "%1!" は、ミューテーターとして設定されていません。CLR 型の値を更新するのに使用できるのはミューテーターだけです。
6202 アセンブリ "%3!" の型 "%2!" のメソッド "%1!" からは値が返されません。
6203 アセンブリ '%3!' の型 '%2!' のメソッド '%1!' をミューテーターとして設定できません。ミューテーター メソッドは静的ではないパブリック メソッドにする必要があり、void 型を返します。

コード メッセージ
6204 %1! 列のレコードを %2! 列の結果セットに送信しようとしています。
6205 %1! ASSEMBLY が失敗しました。アセンブリ '%2!' は /UNSAFE オプションを指定してコンパイルされましたが、必要なオプション PERMISSION_SET = UNSAFE を指定しないで登録されました。
6206 送信された要求のパラメーターが多すぎます。最大数は %1! です。
6207 %1! を固定長 binary データ型に変換中にエラーが発生しました。結果の長さが足りない部分にデータが埋め込まれるので、変換を元に戻せません。
6208 %1! が失敗しました。FillRow メソッドのパラメーター数は、テーブル値 CLR 関数の SQL 宣言よりも 1 つ多くする必要があります。
6209 CLR 型 "%1!" に不完全な順序付けがあります: NULL 以外の入力で NULL が返されます。
6210 CLR 型 '%1!' は、完全には比較できません。
6211 %1! ASSEMBLY が失敗しました。%3! アセンブリ '%4!' の型 '%2!' には静的フィールド '%5!' があります。%6! アセンブリの静的フィールドの属性には、Visual C# では readonly、Visual Basic では ReadOnly、Visual C++ や中間言語では initonly を指定する必要があります。
6212 %1! ASSEMBLY が失敗しました。%4! アセンブリ '%5!' の型 '%3!' のメソッド '%2!' は、静的フィールドに格納されています。%6! アセンブリでは静的フィールドへの格納は許可されません。
6213 %1! ASSEMBLY が失敗しました。%4! アセンブリ "%5!" の型 "%3!" のメソッド "%2!" には、同期される属性があります。%6! アセンブリでは明示的な同期は許可されません。
6214 %1! ASSEMBLY が失敗しました。アセンブリ "%2!" にはアンマネージ エントリ ポイントがあります。
6215 %1! ASSEMBLY が失敗しました。%4! アセンブリ '%5!' の型 '%3!' のメソッド '%2!' には無効な属性 0x%6! があります。
6216 %1! ASSEMBLY が失敗しました。%3! アセンブリ "%4!" の型 "%2!" にはファイナライザーがあります。%5! アセンブリではファイナライザーは許可されません。
6217 ALTER ASSEMBLY ADD FILE が失敗しました。追加対象のファイル "%1!" が空です。
6218 アセンブリ '%3!' の検証に失敗したため、アセンブリ '%2!' の %1! ASSEMBLY が失敗しました。データベースで実行するために、参照元のアセンブリが最新かつ信頼済み (external_access または unsafe の場合) であることを確認してください。CLR Verifier エラー メッセージが存在する場合は、そのメッセージに従います。%4!
6219 %1! ASSEMBLY が失敗しました。アセンブリ ソース パラメーター %2! にはアンマネージ エントリ ポイントがあります。
6220 SELECT INTO が失敗しました。CLR 型 "%1!" が対象のデータベースに存在しません。
6221 カーソル操作により、異なる列メタデータの行が複数生成されました。
6222 型 "%1!.%2!" はネイティブ シリアル化が設定されていますが、型 "%4!.%5!" のフィールド "%3!" はネイティブ シリアル化には有効ではありません。
6223 型 "%1!.%2!" はネイティブ シリアル化が設定されていますが、型 "%4!.%5!" のフィールド "%3!" は "LayoutKind.Sequential" に設定されていない型 "%6!.%7!" です。ネイティブ シリアル化を行うには、型を "LayoutKind.Sequential" に設定してください。
6224 型 "%1!.%2!" はネイティブ シリアル化が設定されていますが、型 "%4!.%5!" のフィールド "%3!" には "System.NonSerializedAttribute" が設定されています。ネイティブ シリアル化を行う型は、フィールドに "System.NonSerializedAttribute" を設定できません。
6225 型 "%1!.%2!" はネイティブ シリアル化が設定されていますが、型 "%4!.%5!" のフィールド "%3!" は値ではない型 "%6!.%7!" です。ネイティブ シリアル化を行う型は、blittable 型のフィールドしか保持できません。他の型のフィールドを保持できるようにするには、ユーザー定義のシリアル化など、異なる種類のシリアル化形式の使用を検討してください。
6226 型 "%1!.%2!" はユーザー定義のシリアル化が設定されていますが、"%3!.%4!" インターフェイスが実装されていません。
6227 型 "%1!.%2!" はネイティブ シリアル化が設定されていますが、型 "%4!.%5!" のフィールド "%3!" が blittable ではない型 "%6!.%7!" であるか、型 "%8!.%9!" に再帰定義が指定されています。
6228 型 "%1!.%2!" はネイティブ シリアル化が設定されていますが、非 blittable 型のフィールドが含まれています。
6229 型 "%1!.%2!" はネイティブ シリアル化が設定されていますが、"LayoutKind.Sequential" に設定されていません。ネイティブ シリアル化を行うには、型を "LayoutKind.Sequential" に設定してください。
6230 型 "%1!.%2!" はネイティブ シリアル化が設定されていますが、型 "%4!.%5!" のフィールド "%3!" にはフィールド マーシャラーがあります。ネイティブ シリアル化を行う型は、フィールド マーシャラーを保持できません。
6231 型 "%1!.%2!" はネイティブ シリアル化が設定されていますが、基本データ型 "%3!.%4!" の 1 つがネイティブ シリアル化では有効でありません。
6232 型 "%1!.%2!" はネイティブ シリアル化が設定されていますが、基本データ型 "%3!.%4!" が "LayoutKind.Sequential" に設定されていません。ネイティブ シリアル化を行うには、型を "LayoutKind.Sequential" に設定してください。
6233 権限を借用した状態では、インプロセス データ アクセスは許可されません。
6234 データの切り捨てエラー。長さ (%1!) は型 '%3!' の最大長 (%2!) を超えています。
6235 データのシリアル化エラー。長さ (%1!) は型 '%3!' の固定長 (%2!) よりも短くなっています。
6236 %1! ASSEMBLY が失敗しました。ファイル名 '%2!' が長すぎます。
6237 %1! ASSEMBLY が失敗しました。アセンブリ "%4!" の型 "%3!" のメソッド "%2!" には無効なカスタム属性 "%5!" があります。
6238 %1! ASSEMBLY が失敗しました。アセンブリ "%4!" の型 "%3!" のフィールド "%2!" には無効なカスタム属性 "%5!" があります。
6239 %1! ASSEMBLY が失敗しました。アセンブリ "%3!" の型 "%2!" には無効なカスタム属性 "%4!" があります。
6240 ALTER ASSEMBLY が失敗しました。型 '%2!' の関数 '%1!' はインデックスを使用する要件を満たさなくなりました。この関数は、インデックス付きビュー '%3!' に使用されています。
6241 列 %1! の型または名前が結果セットの対応する列の型または名前と異なるレコードを送信しようとしています。
6242 CREATE ASSEMBLY が失敗しました。authorization 句で指定されたユーザー "%1!" が存在しません。
6243 '%1!.%2!' はネイティブ シリアル化が設定されていますが、'%3!' 属性では MaxByteSize プロパティが指定されています。ネイティブ シリアル化オブジェクトでは、MaxByteSize プロパティを指定できません。このプロパティは、SQL Server によって計算されます。
6244 "%2!.%3!" のサイズ (%1!) が有効範囲外です。サイズは、-1 または 1 〜 8000 の数値で指定してください。
6245 型 "%2!.%3!" のシリアル化形式 (%1!) が無効です。
6246 アセンブリ "%1!" はデータベース "%2!" に既に存在しています。
6247 '%1!.%2!' の MaxByteSize が -1 に設定されている場合は固定長にできないため、型を作成できません。
6248 %1! が失敗しました。型 '%2!' には、SqlUserDefinedType.ValidateMethodName で指定されたメソッド '%3!' が含まれています。これには無効な署名が含まれているので、必要な仕様に準拠していません。
6249 アセンブリ "%2!" の関連ファイル "%1!" が既に存在します。
6250 アセンブリ "%1!" には関連するファイル "%2!" がありません。
6251 ALTER ASSEMBLY が失敗しました。アセンブリ ファイル パラメーター %1! は有効な式ではありません。
6252 ALTER ASSEMBLY が失敗しました。インライン アセンブリ ファイル パラメーター %1! にファイル名が指定されませんでした。
6253 共通言語ランタイム (CLR) 機能は %2! の CLR バージョン %1! を使用して初期化されました。
6254 共通言語ランタイム (CLR) 機能が初期化されました。
6255 %1! が失敗しました。型 "%2!" は %3! 仕様に準拠していません。カスタム属性 "%4!" がありません。
6257 アセンブリが共通言語ランタイムのサポートされていないバージョン用にビルドされているため、アセンブリ '%1!' の CREATE ASSEMBLY が失敗しました。
6258 SqlFunctionAttribute.FillRowMethodName で指定された "FillRow" メソッドの関数のシグネチャが、列 %2! が原因で、CLR テーブル値関数 '%1!' の SQL 宣言と一致しません 。
6260 ユーザー定義のテーブル値関数から新しい行を取得中にエラーが発生しました: %1!。
6261 テーブル変数 "%2!" の列 "%1!" によって参照されている CLR 型は、バッチの実行中に削除されました。バッチを再実行してください。
6262 アセンブリが現在のデータベースに見つからなかったか、バージョンが一致しませんでした。
6263 .NET Framework でのユーザー コードの実行は無効です。"clr enabled" 構成オプションを有効にしてください。
6264 データ アクセスに失敗しました。.NET Framework ルーチンが "DataAccessKind.Read" または "SystemDataAccessKind.Read" に設定されていません。
6265 %1! ASSEMBLY が失敗しました。%3! アセンブリ "%4!" の型 "%2!" には pinvokeimpl メソッドがあります。%5! アセンブリでは P/Invoke は許可されません。
6266 警告: アセンブリ "%1!" はバージョン %2! の .NET Framework を使用してビルドされました。SQL Server では現在バージョン %3! を使用しています。
6267 アセンブリ "%1!" は存在しないか、またはユーザーにこのアセンブリを参照する権限がありません。

コード メッセージ
6269 ALTER ASSEMBLY が失敗しました。更新されたアセンブリに、ユーザー定義の集計 "%1!" が存在しないか、正しく定義されていません。
6270 ALTER ASSEMBLY が失敗しました。更新されたアセンブリでは、型 "%2!" に必要なメソッド "%1!" が同じ署名で見つかりませんでした。
6271 ALTER ASSEMBLY が失敗しました。更新されたアセンブリでは、型 "%2!" に必要なフィールド "%1!" が同じ署名で見つかりませんでした。
6272 ALTER ASSEMBLY が失敗しました。更新されたアセンブリでは、型 '%2!' に必要なプロパティ '%1!' が同じ署名で見つかりませんでした。
6273 ALTER ASSEMBLY が失敗しました。更新されたアセンブリに必要な型 '%1!' が存在しないか、正しく定義されていません。
6274 ALTER ASSEMBLY が失敗しました。更新されたアセンブリでは、型 '%1!' のシリアル化形式が変更されます。保存される型では、シリアル化形式の変更は許可されません。
6275 ALTER ASSEMBLY が失敗しました。更新されたアセンブリでは、型 '%1!' の IsByteOrdered 属性が変更されます。
6276 ALTER ASSEMBLY が失敗しました。更新されたアセンブリでは、型 '%1!' のシリアル化データが変更されます。保存される型では、シリアル化データの変更は許可されません。
6277 ALTER ASSEMBLY が失敗しました。更新されたアセンブリでは、型 '%1!' の MaxLen 属性が変更されます。保存される型では、MaxLen 属性の変更は許可されません。
6278 ALTER ASSEMBLY が失敗しました。更新されたアセンブリでは、型 '%1!' の IsFixedLen 属性が変更されます。保存される型では、IsFixedLen 属性の変更は許可されません。
6279 ALTER ASSEMBLY が失敗しました。更新されたアセンブリでは、型 '%2!' のメソッド '%1!' のミューテーター属性が変更されます。また、このメソッドは、スキーマ バインド関数またはビュー '%3!' で使用中です。
6280 ALTER ASSEMBLY が失敗しました。テーブル、ビュー、または制約 '%1!' がこのアセンブリに依存しています。WITH UNCHECKED DATA を使用して、保存されるデータの確認をスキップしてください。
6281 ALTER ASSEMBLY が失敗しました。sysadmin ロールのメンバーだけが WITH UNCHECKED DATA を使用できます。
6282 ALTER ASSEMBLY が失敗しました。参照されるアセンブリが変更されます。参照されるアセンブリ リストは同じ状態に保持してください。
6283 ALTER ASSEMBLY が失敗しました。アセンブリ リビジョンのバージョン番号だけを変更できます。
6284 ALTER ASSEMBLY が失敗しました。アセンブリはオブジェクト '%1!' から参照されています。SQL オブジェクトから参照されているアセンブリは非表示にはできません。
6285 %1! ASSEMBLY が失敗しました。MVID によると、ソース アセンブリと同じアセンブリが "%2!" という名前で既に登録されています。
6286 '%1!' ASSEMBLY が失敗しました。アセンブリ '%3!' によって参照される、別のバージョンのアセンブリ '%2!' がデータベースに既に存在します。
6287 ALTER ASSEMBLY が失敗しました。型 '%2!' の関数 '%1!' はインデックスを使用する要件を満たさなくなりました。この関数は、テーブル '%4!' の保存される計算列 '%3!' に使用されています。
6288 ALTER ASSEMBLY により、データベース "%1!" の 1 つ以上のオブジェクトのデータが未チェックに設定されました。これらすべてのオブジェクトを確認するには、システム ビュー "sys.tables" と "sys.views" の列 "has_unchecked_assembly_data" を参照してください。
6289 共通言語ランタイム (CLR) の機能にメモリを割り当てられませんでした。
6290 AppDomain %1! (%2!) はアンロードされました。
6291 エラー コード 0x%3! で、AppDomain %1! (%2!) をアンロードできませんでした。
6292 この操作に関連付けられているトランザクションはコミットまたはロールバックされました。別のトランザクションを使用して再試行してください。
6293 %1!.%2!.%3!: SqlFacetAttribute は、パブリック以外のメンバーでは無効です。
6294 %1!.%2!.%3!: このコンテキストでは SqlFacetAttribute の %4! プロパティを使用できません。
6295 %1!.%2!.%3!: SqlFacetAttribute の %4! プロパティに無効な値が含まれています。
6296 %1!.%2!.%3!: SqlFacetAttribute はプロパティの取得側や設定元には適用できません。プロパティ自体に適用する必要があります。
6297 %1!.%2!.%3!: MaxSize が -1 に設定されている場合は、SqlFacetAttribute のプロパティ IsFixedLength を True に設定できません。
6298 %1!.%2!.%3!: SqlFacetAttribute のプロパティ Precision と Scale は、同時に使用してください。

コード メッセージ
6299 AppDomain %1! (%2!) が作成されました。
6302 CREATE または ALTER XML SCHEMA COLLECTION ステートメントの引数は文字列式にしてください。
6303 XML の解析: ドキュメントの解析で必要なメモリが多すぎます
6304 XML の解析: XML パーサーで予期しないエラーが発生しました
6305 XML データ型のメソッドでは、XQuery のデータ操作式が必要です。
6306 XML データ型のメソッドに渡された XQuery 式が無効です。
6307 XML 整形式チェック: 属性を要素の宣言の外側に記述することはできません。XQuery を書き直して、整形式の XML に戻してください。
6308 XML 整形式チェック: 属性 '%1!' が重複しています。XQuery を書き直して、整形式の XML に戻してください。
6309 XML 整形式チェック: ノード '%1!' のデータに、XML で許可されない文字 (0x%2!) が含まれています。
6310 既存のスキーマ コンポーネントは変更できません。既存の XML スキーマ コンポーネントの変更が試みられました。コンポーネントの名前空間: '%1!' コンポーネント名: '%2!' コンポーネントの種類: %3!。
6311 XMLDB スキーマ プロセッサの内部エラーが発生しました。ご購入元に問い合わせてください。
6312 対象になる名前空間 '%1!' のスキーマ コンポーネントが、コレクション '%2!' に見つかりませんでした。
6314 指定されたコレクションがメタデータに存在しません: '%1!'
6315 XQuery: 値 '%1!' で更新できません。正規の形式の型 '{%2!}%3!' が必要なパターンに違反しています。文字列以外の型でパターン ファセットを使用しないことをお勧めします。
6316 指定されたコンポーネント '%1!' を削除できません。このコンポーネントは、コンポーネント '%2!' で使用されています。
6317 XQuery: 値 '%1!' で更新できません。型 '{%2!}%3!' に対する検証に失敗しました。
6318 XQuery: UPDATE の検証中に、文字列変換に失敗しました
6320 XQuery: 空のシーケンスで更新できるのは、nillable 要素またはテキスト ノードだけです
6321 xml:space 属性には、'preserve' または 'default' のいずれかの値を指定してください。'%1!' は有効ではありません。
6322 XML Parser でメモリ不足になりました。属性または名前空間宣言の数が多すぎる可能性があります。
6323 変数 '%1!' の XML スキーマ コレクションが、バッチの実行中に変更されました。バッチから、これに依存する XML スキーマ コレクション DDL 操作をすべて削除し、バッチを再実行してください。
6324 DROP XML INDEX ではオプションがサポートされません。
6325 XQuery: ノードの値を空のシーケンスで置き換えることは、'()' を新しい値式として使用する場合に限り許可されています。新しい値式を評価すると空のシーケンスになりますが、'()' ではありません。
6326 XML 整形式チェック: XML 名前空間の宣言を要素の宣言の外側に記述することはできません。XQuery を書き直して、整形式の XML に戻してください。
6327 指定した XML スキーマ コレクション ID は有効ではありません: %1!
6328 指定されたコレクション '%1!' を削除できません。このコレクションは %2! '%3!' で使用されています。
6329 ノード '%1!' では QName 型の値の使用はサポートされていません。
6330 テーブル '%2!' の列 '%1!' の型が XML ではありません。XML インデックスを作成するには、XML 型にする必要があります。
6331 プライマリ XML インデックス '%1!' は、テーブル '%3!' の列 '%2!' に既に存在します。1 つの列に複数のプライマリ XML インデックスは設定できません。
6332 テーブル '%1!' には、プライマリ XML インデックスを作成するために、%2! 列より少ない列を含むクラスター化された主キーが必要です。
6333 '%2!' という名前の %1! XML インデックスが、テーブル '%3!' に見つかりませんでした
6334 オブジェクト '%1!' はテーブルではないため、XML インデックスまたは空間インデックスを作成できませんでした。インデックスはベース テーブル列に作成してください。
6335 XML データ型インスタンスに入れ子になったノードのレベルが深すぎます。許容最大深度は %1! レベルです。
6336 テーブル '%1!' のプライマリ インデックスの最大サイズは %2! バイトです。CREATE XML INDEX を使用する場合には、最大サイズを %3! バイトに制限する必要があります。
6337 '%1!' は文字 '%2!' で始まっているので、有効な XML インデックス名ではありません。XML インデックス名を '#' または '@' から始めることはできません。
6338 XML DTD が 1 つ以上の XML フラグメントから切り離されました。外部サブセットは存在しても無視されています。

コード メッセージ
6339 指定されたコレクション '%1!' は変更できません。このコレクションは、SQL Server の組み込み XML スキーマ コレクションです。
6340 テーブル変数 '%2!' によって参照されている XML スキーマ コレクション '%1!' が、バッチの実行中に削除または変更されました。バッチを再実行してください。
6341 テーブル変数 '%2!' の列 '%1!' によって参照されている XML スキーマ コレクションが、バッチの実行中に削除または変更されました。バッチを再実行してください。
6342 テーブル '%2!' の列 '%3!' にプライマリ XML インデックスまたは空間インデックス '%1!' を作成できません。この列は計算列です。
6343 USING XML INDEX 句を指定しないで、セカンダリ XML インデックス '%1!' を作成することはできません。
6344 プライマリ xml インデックス '%1!' はテーブル '%2!' 列 '%3!' に存在しません。
6345 テーブル '%2!' のスパース列セット '%1!' には XML インデックスを付けることができません。
6346 DROP_EXISTING オプションを使用して、プライマリ XML インデックスをセカンダリ XML インデックスに変換できません。'%1!' はプライマリ XML インデックスです。
6347 指定されたコレクション '%1!' は変更できません。このコレクションが存在しないか、権限がありません。
6348 指定されたコレクション '%1!' は作成できません。このコレクションが既に存在するか、権限がありません。
6350 XML スキーマ コレクション '%1!' の定義が変更されました。
6351 モジュール '%1!' の戻り値パラメーターの XML スキーマ コレクションが、バッチの実行中に変更されました。バッチを再実行してください。
6352 指定されたパラメーターが無効です。XML スキーマ コレクションを作成できるのは、文字列リテラルか、文字列として型指定された変数、または型指定されていない XML だけです。
6353 組み込みのスキーマのシリアル化はサポートされません。
6354 XML インスタンスを表すには、対象の文字列サイズが小さすぎます
6355 1 つ以上の文字を XML から対象になる照合順序に変換できません
6356 DLL をロードできませんでした。インストールされている SQL Server に xmlrw.dll が存在することを確認してください。
6357 内部エラー: xmlrw.dll に CreateInfoSetReaderEx が見つかりません。xmlrw.dll のバージョンが適切ではない可能性があります。
6358 %1! は XML への変換時に有効なスタイル番号ではありません。
6359 内部サブセット DTD を使用した XML の解析は許可されません。スタイル オプション 2 を設定して CONVERT を使用し、制限付きの内部サブセット DTD のサポートを有効にしてください。
6360 %1! は XML からの変換時に有効なスタイル番号ではありません。
6361 指定された NULL パラメーターが無効です。XML スキーマ コレクションは、NULL 以外の値からのみ作成できます。
6362 スキーマ コレクションの変更を実行できません。現在のスキーマには、あいまいなワイルドカードまたは xs:anyType 型の要素が含まれています。
6363 ALTER SCHEMA COLLECTION が失敗しました。これは、厳密に検証されていない内容を許可するスキーマ コレクションでは実行できない、スキーマ バインドです。スキーマ バインドを削除してから、コレクションの変更を試みてください。
6364 ALTER SCHEMA COLLECTION が失敗しました。テーブル '%1!' の XML 列の再検証は、次の理由により成功しませんでした: '%2!'。スキーマまたは指定したデータを変更して、検証で不一致が検出されないようにしてください。
6365 XML 操作の結果、XML データ型のサイズが 2GB を超えました。操作は中止されました。
6401 %1! をロールバックできません。この名前のトランザクションまたは savepoint は見つかりませんでした。
6500 %1! が失敗しました。アセンブリ '%4!' のクラス '%3!' のメソッド '%2!' から %5! が返されましたが、CLR トリガーは void を返す必要があります。