読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

SQLServerのエラーコード7501〜8000

SQLServer
スポンサーリンク

SQLServerのエラーコード7501〜8000までです。

コード メッセージ
7601 %1! '%2!' にはフルテキスト インデックスが設定されていないので、CONTAINS 述語または FREETEXT 述語を使用できません。
7604 タイムアウトのために、フルテキスト操作が失敗しました。
7606 データベース ID %1!、テーブルまたはインデックス付きビュー ID %2! のフルテキスト インデックスが見つかりませんでした。
7607 データベース ID %2!、テーブルまたはインデックス付きビュー ID %3! で、フルテキスト カタログ '%1!' を検索条件 '%4!' で検索しましたが、不明な結果 (0x%5!) で失敗しました。
7608 "%2!" 中に不明なフルテキスト エラー (0x%1!) が発生しました。
7609 フルテキスト検索がインストールされていないか、フルテキスト コンポーネントを読み込めませんでした。
7610 "%1!" へのアクセスが拒否されたか、パスが無効です。
7613 インデックス '%1!' を削除できません。このインデックスにより、テーブルまたはインデックス付きビュー '%2!' にフルテキスト キーが設定されています。
7614 列 '%1!' ではフルテキスト検索が有効なので、変更または削除できません。
7615 CONTAINS 述語または FREETEXT 述語は 1 つのテーブルまたはインデックス付きビューだけで操作できます。* を使用している個所をテーブル名またはインデックス付きビュー名で修飾してください。
7616 現在のデータベースではフルテキスト検索は無効です。sp_fulltext_database を使用して、データベースのフルテキスト検索を有効にしてください。データベースのフルテキスト検索を無効または有効にする機能は推奨されていません。アプリケーションを変更してください。
7617 クエリでフルテキスト インデックスが設定されたテーブルまたはインデックス付きビューを参照していないか、ユーザーにこの操作を実行する権限がありません。
7619 フルテキスト クエリの実行に失敗しました。"%1!"
7620 フルテキスト検索キーのデータ型 %1! への変換は失敗しました。
7621 HAVING 句でのフルテキスト述語の使用法が無効です。
7622 この操作を完了するには、フルテキスト カタログ "%1!" のディスク領域が不足しています。
7624 フルテキスト カタログ '%1!' は使用できない状態です。このフルテキスト カタログを削除し、再作成してください。
7625 フルテキスト テーブルまたはインデックス付きビューには、フルテキスト インデックスが設定された列に複数の LCID があります。
7626 top_n_by_rank 引数 ('%1!') には 0 以上の値を指定してください。
7627 クラスター サーバーのディレクトリ "%1!" にフルテキスト カタログを作成できません。サーバーのクラスター グループのディスク上にあるディレクトリだけが使用できます。
7629 フルテキスト カタログの既定パスを表すレジストリ キーを開けないか、クエリできません。既定のフルテキスト カタログのパスが無効です。
7630 フルテキスト検索条件 '%2!' の '%1!' 付近で構文エラーが発生しました。

コード メッセージ
7632 Weight 引数の値は 0.0 〜 1.0 で指定してください。
7636 警告: テーブルまたはインデックス付きビュー '%1!' のカタログ作成が現在アクティブなので、このテーブルまたはインデックス付きビューでのフルテキスト インデックスの作成開始要求は無視されます。
7638 警告: 変更の追跡の停止要求により、テーブルまたはインデックス付きビュー '%1!' で追跡されていたすべての変更が削除されました。
7640 警告: テーブルまたはインデックス付きビュー '%1!' の変更追跡の停止要求では、テーブルまたはインデックス付きビューで現在実行中の作成は停止されません。
7641 データベース '%2!' にフルテキスト カタログ '%1!' が存在しないか、ユーザーにこの操作を実行する権限がありません。
7642 このデータベースには、フルテキスト カタログ名 '%1!' が既に存在します。別の名前を使用してください。
7644 フルテキスト クロール マネージャーが初期化されていません。クロール マネージャーが完全に初期化される前に開始されたクロールを再開する必要があります。SQL Server を再起動し、コマンドを再試行してください。また、エラー ログを確認して、クロール マネージャーが失敗する原因になった可能性がある機能を修正する必要があります。
7645 フルテキスト述語が NULL または空です。
7646 フルテキスト述語では、2 つの異なるテーブルまたはインデックス付きビュー '%1!' と '%2!' の列が参照されています。このような参照は許可されません。
7647 警告: '%1!' のフルテキスト カタログの構成をデータベースのデタッチ中に保存できませんでした。
7648 警告: フルテキスト カタログ '%1!' をアタッチできませんでした。
7649 警告: '%1!' でフルテキスト カタログをマウント解除できませんでした。
7650 警告: '%1!' でフルテキスト カタログを削除できませんでした。
7651 警告: 実行中の作成操作は、インデックスを最新状態に保つために必要です。必要に応じて、最初に変更の追跡機能を停止し、その後フルテキスト インデックスの作成を非アクティブにしてください。
7652 テーブルまたはインデックス付きビュー '%1!' のフルテキスト インデックスは、既に作成されています。
7653 '%1!' はフルテキスト検索キーを設定するのに有効なインデックスではありません。フルテキスト検索キーには、NULL 値が許可されない一意な単一列インデックスを指定する必要があります。そのインデックスはオフラインではなく、保存されない計算列での定義が不明確または不正確ではなく、フィルターもなく、最大サイズが %2! バイトである必要があります。フルテキスト キーに別のインデックスを選択してください。
7654 テーブルまたはインデックス付きビュー '%1!' の設定状態を取得できません。
7655 image 型または varbinary(max) 型の列では TYPE COLUMN オプションを指定してください。
7656 データベースがシングル ユーザー アクセス モードなので、テーブルまたはインデックス付きビュー '%1!' のフルテキスト インデックスを設定できません。
7657 警告: テーブルまたはインデックス付きビュー '%1!' には、image、text、または ntext 型のフルテキスト インデックスが設定された列が含まれています。フルテキスト変更の追跡では、これらの列で実行された WRITETEXT または UPDATETEXT 操作を追跡できません。
7658 テーブルまたはインデックス付きビュー '%1!' にフルテキスト インデックスがないか、ユーザーにこの操作を実行する権限がありません。
7659 テーブルまたはインデックス付きビュー '%1!' にはフルテキスト検索が有効になっている列がないので、フルテキスト検索をアクティブにできません。
7660 この操作を実行する前に、フルテキスト検索をテーブルまたはインデックス付きビュー '%1!' でアクティブにしてください。
7661 警告: テーブルまたはインデックス付きビュー '%1!' では、フルテキスト変更の追跡が現在有効です。
7662 警告: フルテキストの自動反映は、テーブルまたはインデックス付きビュー '%1!' で現在有効になっています。
7663 変更の追跡が有効な場合、オプション 'WITH NO POPULATION' を使用しないでください。
7664 変更をフラッシュする前に、テーブルまたはインデックス付きビュー '%1!' でフルテキスト変更の追跡を開始してください。
7665 テーブルまたはインデックス付きビュー '%1!' でフル クロールを実行してください。最後にインデックス全体が作成されてから、インデックスに影響する列が追加または削除されました。
7666 ユーザーにはこの操作を実行する権限がありません。
7668 フルテキスト カタログ '%1!' を削除できません。このカタログにはフルテキスト インデックスが含まれています。
7669 警告: データベースがシングル ユーザー アクセス モードなので、テーブルまたはインデックス付きビュー '%1!' のフルテキスト インデックスを作成できません。このテーブルまたはインデックス付きビューでは、変更の追跡が停止されています。
7670 列 '%1!' をフルテキスト検索に使用できません。この列は、文字ベース、XML 型、image 型、または varbinary(max) 型の列ではありません。
7671 列 '%1!' を image 列のフルテキスト型の列として使用できません。この列は、サイズが %2! 文字以下の文字ベースの列にしてください。
7672 重複した列 '%1!' が指定されているので、テーブルまたはインデックス付きビューにフルテキスト インデックスを作成できません。
7673 警告: テーブルまたはインデックス付きビュー '%1!' では、フルテキスト変更の追跡が現在無効です。
7674 警告: フルテキスト カタログ '%1!' は削除中で、現在は既定として設定されます。
7676 警告: フルテキストの自動反映が有効になっています。クロール停止の要求は無視されます。
7677 列 "%1!" にはフルテキスト インデックスが設定されていません。
7678 次の文字列は、syslanguages で言語の別名として定義されていません: %1!。
7679 列 "%1!" のフルテキスト インデックス言語が、フルテキスト検索でサポートされる言語ではありません。
7680 既定のフルテキスト インデックス言語は、フルテキスト検索でサポートされる言語ではありません。
7681 警告: ディレクトリ '%1!' に有効なフルテキスト カタログがありません。フルテキスト カタログ ヘッダー ファイルまたはアタッチ状態ファイルが存在しないか壊れています。フルテキスト カタログをアタッチできません。
7682 コンポーネント '%1!' でインデックス処理中にエラーがレポートされました。コンポーネント パス '%2!'。
7683 テーブルまたはインデックス付きビュー '%1!'、データベース '%2!' (テーブルまたはインデックス付きビュー ID '%3!'、データベース ID '%4!') に対するフルテキスト インデックスの作成中に、エラーが発生しました。詳細については、フルテキスト クロールのログを参照してください。
7684 テーブルまたはインデックス付きビュー '%2!' (テーブルまたはインデックス付きビュー ID '%3!'、データベース ID '%4!')、フルテキスト キー値 '%5!' のフルテキスト インデックスの作成中に、エラー '%1!' が発生しました。行にインデックスを作成できませんでした。
7685 テーブルまたはインデックス付きビュー '%2!' (テーブルまたはインデックス付きビュー ID '%3!'、データベース ID '%4!')、フルテキスト キー値 '%5!' のフルテキスト インデックスの作成中に、エラー '%1!' が発生しました。インデックスの再作成が試行されます。
7689 フルテキスト操作の実行に失敗しました。'%1!'
7690 フルテキスト操作が失敗しました。データベースが読み取り専用です。
7691 フルテキスト ログのパスへのアクセスが拒否されました。データベース '%1!'、カタログ '%2!' (データベース ID '%3!'、カタログ ID '%4!') のフルテキスト ログ記録は無効です。
7692 フルテキスト カタログのパス '%1!' が %2! 文字の制限を超えました。
7693 フルテキストの初期化で、メモリ クラークを作成できませんでした。
7694 バックアップのためにカタログを一時停止できませんでした。バックアップが中止されました。
7696 無効なロケール ID が指定されました。ロケール ID が正しく、対応する言語のリソースがインストールされていることを確認してください。
7697 警告: データベース '%2!' のテーブルまたはインデックス付きビュー '%1!' のフルテキスト インデックスは、フルテキスト カタログ ファイルのバックアップ後に変更されました。カタログを完全に作成するには、フルテキスト インデックスを一貫性のある状態にする必要があります。
7698 フルテキスト検索クエリでは GROUP BY ALL を使用できません。
7699 image および varbinary(max) 以外の列の型には TYPE COLUMN オプションを使用できません。
7702 パーティション関数を定義するとき、パーティション関数のパラメーター型のリストを空にすることはできません。

コード メッセージ
7703 複数のパラメーター型を指定する RANGE パーティション関数は作成できません。
7704 この操作では型 '%1!' は有効ではありません。
7705 序数 %1! で指定された範囲値の型をパーティション関数のパラメーター型に暗黙に変換できませんでした。
7706 パーティション関数 '%1!' は、1 つ以上のパーティション構成で使用中です。
7707 関連するパーティション関数 '%1!' では、構成 '%2!' で指定されたファイル グループ数を超えるパーティションが生成されます。
7708 パーティション関数の境界値リストでは、重複する範囲境界値を使用できません。序数 %1! と %2! のパーティション境界値は同じです。
7709 警告: パーティション関数 '%1!' の範囲値リストは値順に並べ替えられていません。関数 '%2!' が CREATE PARTITION SCHEME で参照されている場合、CREATE PARTITION SCHEME でファイル グループへパーティションをマッピングする際には、並べ替え済みの境界値が使用されます。
7710 警告: パーティション構成 '%1!' には次に使用するファイル グループがありません。パーティション構成は変更されていません。
7711 テーブル、またはテーブルがパーティション分割されている場合にはそのパーティションの少なくとも 1 つに、DATA_COMPRESSION オプションが複数回指定されました。
7712 パーティション構成 '%1!' が正しく作成されました。'%2!' は、パーティション構成 '%3!' で次に使用されるファイル グループに設定されています。
7713 次に使用するファイル グループの後に指定された %1! ファイル グループは無視されます。
7714 パーティションの範囲値がありません。
7715 指定したパーティションの範囲値が見つかりませんでした。
7716 パーティションを含まないようにパーティション関数を作成または変更することはできません。
7717 パーティション構成 "%1!" は、現在 1 つ以上のテーブルのパーティション分割に使用されています。
7718 ハッシュ パーティション分割には、パーティションの範囲値を指定できません。
7719 最大で %1! 個のパーティションしか作成できないので、CREATE または ALTER パーティション関数が失敗しました。
7720 範囲値をパーティション関数のパラメーター型に変換しているときに、データが切り捨てられました。序数 %1! の範囲値ではデータの切り捨てが必要です。
7721 パーティション関数の境界値リストでは、重複する範囲境界値を使用できません。追加される境界値は、境界値リストの序数 %1! に既に存在します。
7722 %2! '%3!' に指定されたパーティション番号 %1! は無効です。パーティション番号には 1 から %4! までの範囲を指定できます。
7723 オプション ALL ですべてのファイル グループを指定してパーティション構成を作成するときに、指定できるファイル グループは 1 つだけです。
7724 保存されていない計算列はパーティション キーとして使用できません。テーブル '%2!' のパーティション キー列 '%1!' は保存されていません。
7725 パーティション関数を変更するステートメントが失敗しました。クラスター化インデックス '%3!' が無効なので、パーティション関数 '%2!' を変更してもテーブル '%1!' を再度パーティション分割することはできません。
7726 パーティション列 '%1!' には、パーティション関数 '%3!' のパラメーターのデータ型 %4! と異なる %2! データ型が設定されています。
7727 パーティション列 '%1!' の照合順序がパーティション関数 '%2!' の対応するパラメーターの照合順序と一致しません。
7728 パーティションの範囲 %1! TO %2! が無効です。下限を上限より大きくすることはできません。
7729 %3! '%4!' がパーティション分割されていないので、%1! %2! ステートメントでパーティション番号を指定することはできません。
7730 %1! を変更するステートメントが失敗しました。パーティション番号 %2! が %3! '%4!' に存在しません。
7731 %1! を変更するステートメントでパーティション番号を指定して、%2! '%3!' のパーティションを再構築または再構成することはできません。
7732 テーブル '%1!' に通常のインデックスが設定されていない場合は、ALTER INDEX ステートメントとキーワード ALL でパーティション番号を指定して、このテーブルのパーティションを再構築することはできません。
7733 '%1!' ステートメントが失敗しました。%2! '%3!' はパーティションに分割されていますが、%4! '%5!' はパーティションに分割されていません。
7734 クラスター化インデックス '%3!' に指定された %1! '%2!' がテーブル '%4!' に使用されましたが、%5! '%6!' がそのインデックスに指定されています。
7735 %4! がパーティション分割されていないので、%1! を変更するステートメントでパーティション番号を指定して、%2! '%3!' のパーティションを再構築または再構成することはできません。
7736 パーティション関数は、SQL Server Enterprise Edition だけで作成できます。パーティション分割がサポートされるのは、SQL Server Enterprise Eidtion だけです。
7737 ファイル グループ %1! の種類がパーティション構成 %2! の最初のファイル グループと異なります。
7738 オブジェクト '%1!' の圧縮を有効にできません。圧縮がサポートされるのは、SQL Server Enterprise Edition だけです。
7801 要求されたパラメーター %1! が指定されませんでした。
7802 戻り値の型が "%1!" の関数は、SOAP 呼び出しからはサポートされません。
7803 句 %1! は %2! ステートメントでは使用できません。
7804 %1! と %2! は、同じ値を共有できません。
7805 パラメーター SITE に 'http://' などの構成のプレフィックスを指定することはできません。SITE に使用できる値には、{'*' '+' 'site_name'} があります。
7806 エンドポイント '%1!' で指定された URL は、既に要求を受信するように登録されているか、他のサービスで使用されるように予約されています。
7807 エンドポイント '%2!' の登録中にエラー ('0x%1!') が発生しました。
7808 エンドポイント '%1!' を登録解除できませんでした。
7809 オブジェクト '%1!' が存在しないか権限がないので、このオブジェクトを見つけることができません。
7810 値 '%1!' は '%2!' パラメーターの範囲外です。
7811 COMPUTE BY クエリは SOAP 経由ではサポートされません。
7812 エンドポイント '%1!' がメタデータで確立されていますが、HTTP サポートが正常に開始されていないので HTTP をリッスンできません。オペレーティング システムと SQL Server のこのエディションでネイティブ HTTP アクセスがサポートされていることを確認してください。SQL Server エラー ログで、HTTP サポート開始時に発生した可能性があるエラーを確認してください。
7813 パラメーター PATH を正規の形式で指定してください。許容される PATH は '%1!' です。
7814 指定した値 '%1!' は既に存在します。
7815 指定した値 '%1!' は存在しません。
7816 重複したパラメーター '%1!' が指定されました。
7817 Base64 エンコードされた入力データは、パラメーター "%1!" には不適切でした。
7818 要求が内部制限を超えています。要求を簡単にするか、サイズを縮小してください。
7819 SOAP メソッド オブジェクト '%1!' は、3 部構成の完全修飾名を使用して指定してください。
7820 '%1!' で始まる SOAP 名前空間は許可されません。システムで使用するために予約されています。

コード メッセージ
7821 データベース '%1!' が存在しないか権限がないので、このデータベースを見つけることができません。
7822 SOAP 要求の "%3!" 要素 ("%4!" 名前空間内) に、予期しない XML ノード "%1!" (名前空間 "%2!" 内) が見つかりました。
7823 SOAP 要求の "%3!" 要素 ("%4!" 名前空間) に、"%1!" XML 要素 ("%2!" 名前空間) が必要です。
7824 "%1!" XML 要素 ("%2!" 名前空間) は、SOAP 要求の最上位ノードである必要があります。
7825 SOAP 要求の "%1!" 要素 ("%2!" 名前空間) には SOAP メソッド要素が必要です。
7826 SOAP 要求の "%1!" 要素 ("%2!" 名前空間) で、予期しない文字データが見つかりました。
7827 ユーザーには HTTP 名前空間の予約または予約の取り消しを行う権限がありません。
7828 このステートメントは、このバージョンのオペレーティング システムではサポートされません。Httpapi.dll がパスに見つかりませんでした。
7829 このステートメントは、このバージョンのオペレーティング システムではサポートされません。関数のエントリ ポイント '%1!' が Httpapi.dll に見つかりませんでした。
7830 予期しないエラーが発生したので、操作を完了できません。
7831 この HTTP 名前空間 (%1!) は既に予約されています。
7832 この HTTP 名前空間 (%1!) は予約されていません。
7833 HTTP 名前空間 (%1!) の形式が無効です。この名前空間を正規の形式で指定してください。
7834 HTTP 名前空間 (%1!) の予約が削除されました。この名前空間に関連するエンドポイントがある場合は、サーバーが再起動されるまで、要求の受信と処理が続行されます。
7835 エンドポイント '%1!' の構成がセキュリティで保護されていないので、エンドポイントが無効になっています。詳細については、ALTER ENDPOINT ステートメントを使用してエンドポイントを開始してください。
7836 ネットワークから入力ストリームを読み取り中に致命的なエラーが発生しました。1 つの要求に含まれるネットワーク パケット数が最大値を超えました。一括挿入を使用するか、ネットワーク パケットのサイズを大きくするか、または要求のサイズを小さくしてください。セッションを終了します。
7847 XML データが、XML パラメーターではないパラメーター '%1!' で見つかりました。このパラメーターに含まれる無効なすべての XML 文字データをエンティティにするか、このパラメーターを XSD:anyType または sqltypes:xml として型指定してから渡してください。
7848 パラメーター "%1!" に、無効またはサポートされていない localeId が指定されました。
7849 パラメーター "%1!" に無効な sqlCompareOptions が指定されました。
7850 SQL Server サービス アカウントには、エンドポイント '%1!' で指定された URL を登録する権限がありません。sp_reserve_http_namespace を使用して URL 名前空間を明示的に予約した後、再度 URL を登録してください。
7851 %1! 属性は、型が %4! なので、パラメーター "%3!" の %2! 要素に指定してください。
7852 パラメーター "%1!": 型 "%3!" のパラメーター値ノード (名前空間 "%4!") に %2! 属性が存在する場合、その属性は CLR 型を参照する必要があります。
7853 パス ("%1!") に指定した URL が絶対パス形式ではありません。"%2!" から始めてください。
7854 "%1!" パラメーターに指定された URL 値は長すぎます。
7855 HTTP 入力ストリームからの読み取りに失敗しました。
7856 XML パラメーターでは、Unicode 以外の要素値または属性値はサポートされません。
7857 パラメーター "%1!": ネイティブ SOAP アクセスでは、不正な形式のパラメーターや推奨されない名前の関数パラメーターまたはプロシージャ パラメーターはサポートされません。パラメーターの適切な命名規則の詳細については、マニュアルを参照してください。
7858 SOAP 要求の "%3!" 要素 ("%4!" 名前空間) にある "%1!" XML 要素 ("%2!" 名前空間) に無効な binary 型が含まれています。
7859 パラメーター "%1!": "%2!" ノード (名前空間 "%3!") ではパラメーターの照合順序を指定できません。
7860 ALTER ENDPOINT ステートメントを使用してエンドポイントのトランスポートまたはコンテンツを変更することはできません。これらを変更するには、DROP ENDPOINT を使用してから CREATE ENDPOINT ステートメントを実行してください。
7861 "%1!" 個のエンドポイントは "FOR %2!" 型以外にはできません。
7862 要求された型のエンドポイントは既に存在します。この型のエンドポイントは 1 つだけサポートされます。ALTER ENDPOINT または DROP を使用して既存のエンドポイントを変更または削除してから、CREATE ENDPOINT ステートメントを実行してください。
7863 エンドポイントは変更されませんでした。ALTER ENDPOINT ステートメントに、更新や変更に使用する値がありませんでした。
7864 CREATE ENDPOINT または ALTER ENDPOINT を使用して、エンドポイントをこの情報で更新できません。専用管理者接続エンドポイントは予約されているので、更新できません。
7865 Web サービス記述言語 (WSDL) を生成できませんでした。システムでは、エンドポイントのメタデータをクエリできませんでした。
7866 4,000 文字を超える XML 属性値と XML 要素値は、SOAP Body ノード内だけで使用できます。
7867 パラメーター "%1!" に無効な sqlCollationVersion が指定されました。
7868 パラメーター "%1!" に無効な sqlSortId が指定されました。
7869 エンドポイント名 '%1!' は SQL の予約名です。エンドポイント名を '%2!' で始めることはできません。
7870 AFFINITY 句は、この種類のエンドポイントではサポートされません。
7871 句 "%1!" は、この種類のエンドポイントでは無効です。
7872 "%1!" はプロシージャ "%2!" のパラメーターではないか、指定されている順序が異なります。
7873 エンドポイント "%1!" は組み込みのエンドポイントなので削除できません。プロトコル構成ユーティリティを使用して、Transact-SQL エンドポイントを追加または削除してください。
7874 指定されたバインドにはエンドポイントが既に存在します。特定のバインドにはエンドポイントが 1 つだけサポートされます。ALTER ENDPOINT または DROP を使用して既存のエンドポイントを変更または削除してから、CREATE ENDPOINT ステートメントを実行してください。
7875 SOAP 要求の "%1!" 要素 ("%2!" 名前空間内) の文字データに、予期しない XML コンストラクトが見つかりました。
7878 この "%1! ENDPOINT" ステートメントは、このエディションの SQL Server ではサポートされません。
7879 SQL Server が %1! を待機しています。セッションおよび接続は閉じられません。これらのセッションを閉じるのに非常に時間がかかる場合、"正常な" シャットダウンは中止されます。このメッセージは、SQL Server がシャットダウンされる前に複数回表示されることがあります。
7880 SQL Server で、セッションと接続を閉じる処理が正常に終了しました。
7881 SQL Server がセッションと接続を閉じるのに、非常に時間がかかって完了できません。"正常な" シャットダウンを中止しています。
7882 パラメーター '%1!' に OUTPUT が要求されています。WEBMETHOD が FORMAT=NONE に設定されている場合、この要求はサポートされません。
7883 ユーザー定義関数は、WEBMETHOD が FORMAT=NONE に設定されている場合は使用できません。
7884 表形式のデータ ストリーム (TDS) プロトコル違反です。多くの場合、このタスクの直前の例外が原因になります。このタスクの最後の例外はエラー %1!、重大度 %2!、アドレス 0x%3! でした。この接続は終了されます。
7885 プロセス ID %2!、バッチ ID %3! でクライアントにデータを送信中にネットワーク エラー 0x%1! が発生しました。このエラーは、一般的にサーバーからの応答の一部を読み取らないままクライアントを切断した場合に発生します。この接続は終了されます。
7886 クライアントにデータを送信中に、ラージ オブジェクトでの読み取り操作に失敗しました。この問題は、一般的にアプリケーションが READ UNCOMMITTED 分離レベルで実行されている場合に発生します。この接続は終了されます。
7887 指定された IPv6 アドレスはサポートされません。リッスン中は、正規形式の数値を使用したアドレスだけがサポートされます。
7888 指定された IPv6 アドレスはサポートされません。サーバーが IPv6 接続を許可するように設定されていないか、このアドレスは認識されている IPv6 形式ではありません。
7889 要求の SOAP ヘッダーが、このエンドポイントに設定されているサイズの上限を超えました。このエンドポイントの所有者は、ALTER ENDPOINT を使用してサイズの上限を増やすことができます。
7890 エンドポイント '%1!' を登録中にエラーが発生しました。CREATE ENDPOINT ステートメントで指定されたポートの 1 つ以上を別のプロセスにバインドできません。別のポートを指定してステートメントを再実行するか、netstat を使用してそのポートを現在使用しているアプリケーションを検索し、競合を回避してください。
7891 TSQL エンドポイントを作成すると、'%1!' エンドポイントですべての 'Public' 接続権限が失効します。このエンドポイントで 'Public' アクセス権が必要な場合は、'GRANT CONNECT ON ENDPOINT::[%2!] to [public]' を使用してこの権限を再適用してください。
7892 SOAP 要求の中では内部サブセット DTD は許可されません。
7893 パラメーター '%1!': 互換性のない XML 属性が存在します。'%2!' 属性と '%3!' 属性の両方が、型 '%4!' (名前空間 '%5!') のパラメーター値ノードに存在することはできません。
7894 メタデータに見つかったエンドポイント '%1!' でリッスンが開始されていません。このエディションの SQL Server では、エンドポイントの操作は無効です。
7895 システム管理者だけが、エンドポイントでカスタム WSDL ストアド プロシージャを指定できます。
7896 列またはパラメーター '%1!' に使用されているデータ型は SOAP でサポートされていません。SOAP では、SQL Server 2005 以前でサポートされているデータ型のみがサポートされています。
7897 SOAP エンドポイントの作成および変更機能は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの機能の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションでは変更を検討してください。
7898 SQL Server のネイティブ SOAP サポートは現在推奨されておらず、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの機能の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションでは変更を検討してください。
7899 戻り値に使用されているデータ型は SOAP でサポートされていません。SOAP では、SQL Server 2005 以前でサポートされているデータ型のみがサポートされています。
7901 修復ステートメントは処理されませんでした。データベースが緊急モードのときは、このレベルの修復はサポートされません。
7903 テーブル エラー: 孤立したファイル "%1!" が、オブジェクト ID %3!、インデックス ID %4!、パーティション ID %5!、列 ID %6! の FILESTREAM ディレクトリ ID %2! で見つかりました。
7904 テーブル エラー: オブジェクト ID %4!、インデックス ID %5!、パーティション ID %6!、ページ ID %7!、スロット ID %8! の列 ID %2! (列ディレクトリ ID %3!) に対応する FILESTREAM ファイル "%1!" が見つかりません。
7905 データベース エラー: ディレクトリ "%1!" は有効な FILESTREAM ディレクトリではありません。
7906 データベース エラー: ファイル "%1!" は有効な FILESTREAM ファイルではありません。
7907 テーブル エラー: 行セット ディレクトリ ID %2! のディレクトリ "%1!" は有効な FILESTREAM ディレクトリではありません。
7908 テーブル エラー: 行セット ディレクトリ ID %2! のファイル "%1!" は有効な FILESTREAM ファイルではありません。
7909 緊急モードでの修復が失敗しました。バックアップから復元してください。
7910 修復: ページ %1! が、オブジェクト ID %2!、インデックス ID %3!、パーティション ID %4!、アロケーション ユニット ID %5! (型 %6!) に割り当てられました。
7911 修復: ページ %1! が、オブジェクト ID %2!、インデックス ID %3!、パーティション ID %4!、アロケーション ユニット ID %5! (型 %6!) から割り当て解除されました。
7912 修復: エクステント %1! が、オブジェクト ID %2!、インデックス ID %3!、パーティション ID %4!、アロケーション ユニット ID %5! (型 %6!) に割り当てられました。
7913 修復: エクステント %1! が、オブジェクト ID %2!、インデックス ID %3!、パーティション ID %4!、アロケーション ユニット ID %5! (型 %6!) から割り当て解除されました。
7914 修復: %2! で %1! ページが再構築されました。
7915 修復: オブジェクト ID %1!、インデックス ID %2!、パーティション ID %3!、アロケーション ユニット ID %4! (型 %5!) の IAM チェーンがページ %6! の前で切り捨てられました。チェーンが再構築されます。
7916 修復: ページ %6!、スロット %7! のオブジェクト ID %1!、インデックス ID %2!、パーティション ID %3!、アロケーション ユニット ID %4! (型 %5!) のレコードが削除されました。インデックスが再構築されます。
7917 修復: ページ %6!、スロット %7! のオブジェクト ID %1!、インデックス ID %2!、パーティション ID %3!、アロケーション ユニット ID %4! (型 %5!) の転送済みレコードがデータ行に変換されました。
7918 修復: ページ %1! 次ポインターと %2! 前ポインターがオブジェクト ID %3!、インデックス ID %4!、パーティション ID %5!、アロケーション ユニット ID %6! (型 %7!) で相互に一致するように設定されました。
7919 修復ステートメントは処理されませんでした。データベースをシングル ユーザー モードに設定する必要があります。
7920 データベース ID %2! のシステム カタログ内にある %1! 件のエントリを処理しました。
7921 修復ステートメントは処理されませんでした。データベースをスナップショットにすることはできません。
7922 **************************************************************
7923 テーブル %1! オブジェクト ID %2!。
7924 インデックス ID %1!、パーティション ID %2!、アロケーション ユニット ID %3! (型 %4!)。FirstIAM %5!。ルート %6!。Dpages %7!。
7925 インデックス ID %1!、パーティション ID %2!、アロケーション ユニット ID %3! (型 %4!)。%6! 個の専用のエクステントで、%5! ページが使用されています。
7926 Check ステートメントが中止されました。データベース スナップショットを作成できず、データベースまたはテーブルをロックできなかったので、このデータベースをチェックできませんでした。この動作が発生する状況や回避策の詳細については、オンライン ブックを参照してください。また、以前に発生したエラーも参照してください。
7927 エクステント総数は %1! 個です。
7928 オンライン チェックのためのデータベース スナップショットを作成できませんでした。前のエラーで理由が説明されているか、基になるボリュームの 1 つがスパース ファイルまたは代替ストリームをサポートしていません。オフライン チェックを実行するため、排他アクセスを試みています。
7929 Check ステートメントが中止されました。データベースに遅延トランザクションが含まれています。
7930 この DBCC コマンドのデータベースからミラーリングを削除する必要があります。
7931 データベース エラー: パーティションの FILESTREAM ディレクトリ ID %1! が 2 回出現しました。
7932 テーブル エラー: オブジェクト ID %2!、インデックス ID %3!、パーティション ID %4! の FILESTREAM ディレクトリ ID %1! はファイル グループ %5! に存在しますが、ファイル グループ %6! に存在する必要があります。
7933 テーブル エラー: FILESTREAM ディレクトリ ID %1! はパーティションに存在しますが、対応するパーティションはデータベース内に存在しません。
7934 テーブル エラー: オブジェクト ID %2!、インデックス ID %3!、パーティション ID %4! の FILESTREAM ディレクトリ ID %1! が見つかりませんでした。
7935 テーブル エラー: FILESTREAM ディレクトリ ID %1! は、オブジェクト ID %2!、インデックス ID %3!、パーティション ID %4! の列に存在しますが、その列はパーティションに存在しません。
7936 テーブル エラー: FILESTREAM ディレクトリ ID %1! は、オブジェクト ID %3!、インデックス ID %4!、パーティション ID %5! の列 ID %2! に存在しますが、その列は FILESTREAM 列ではありません。
7937 テーブル エラー: オブジェクト ID %3!、インデックス ID %4!、パーティション ID %5! の列 ID %2! に対する FILESTREAM ディレクトリ ID %1! が見つかりませんでした。
7938 テーブル エラー: オブジェクト ID %1!、インデックス ID %2!、パーティション ID %3! の処理により、列ディレクトリ %5! (列 ID %6!) でファイル名 "%4!" が 2 回検出されました。
7939 データベース '%1!' が存在しないので、デタッチできません。
7940 システム データベース master、model、msdb、および tempdb はデタッチできません。
7941 テーブル エラー: オブジェクト ID %1!、インデックス ID %2!、パーティション ID %3! の処理により、列 ID %5! (列ディレクトリ %6!) でファイル名 "%4!" が 2 回検出されました。
7942 DBCC %1! により、'%2!' テーブルがスキャンされています...
7943 テーブル: '%1!' (%2!)、インデックス ID: %3!、データベース ID: %4!

コード メッセージ
7944 %1! レベルのスキャンが実行されました。
7945 - スキャンされたページ数.....................: %1!
7946 - スキャンされたエクステント数...............: %1!
7947 - エクステントの切り替え回数.................: %1!
7948 - エクステントごとの平均ページ数.............: %1!
7949 - スキャン密度 [最善値:実際値]...............: %1!%2! [%3!:%4!]
7950 - 論理スキャンの断片化 ......................: %1!%2!
7951 警告: オペレーティング システム エラーが原因で、FILESTREAM の一貫性チェックを完了できませんでした。FILESTREAM サブシステムで見つかった一貫性エラーは記録されません。詳細については、他のエラーを参照してください。この状態は一時的な状態である可能性があるので、コマンドを再実行してください。
7952 - エクステント スキャンの断片化 .............: %1!%2!
7953 - ページごとの平均空きバイト数...............: %1!
7954 - 平均ページ密度 (全体) .....................: %1!%2!
7955 無効な SPID %1! が指定されました。
7957 指定された SPID のバッファーは変化中で表示できません。
7958 指定した SPID では入出力ストリームは処理されません。
7960 無効なサーバー プロセス識別子 (SPID) %1! またはバッチ ID %2! が指定されました。
7961 オブジェクト ID %1!、インデックス ID %2!、パーティション ID %3!、アロケーション ユニット ID %4! (型 %5!)、ページ ID %6!、行 ID %7!。列 '%8!' は、NULL 値を含み、0 以外のデータ長の var 列です。
7962 無効な BATCHID %1! が指定されました。
7963 データベース エラー: ファイル "%1!" は有効な FILESTREAM LOG ファイルではありません。
7964 修復: ページ %8!、スロット %9! のオブジェクト ID %3!、インデックス ID %4!、パーティション ID %5!、アロケーション ユニット ID %6! (型 %7!) の、列 ID %2! の FILESTREAM ファイル "%1!" が削除されました。
7965 テーブル エラー: 無効なアロケーション (IAM) ページにより、オブジェクト ID %1!、インデックス ID %2!、パーティション ID %3!、アロケーション ユニット ID %4! (型 %5!) を確認できませんでした。
7966 警告: %1! の NO_INDEX オプションが使用されています。システム インデックス以外のチェックはスキップされます。
7968 データベース '%1!' のトランザクション情報。
7969 開かれたアクティブなトランザクションがありません。
7970 %1!最も古いアクティブなトランザクション:
7971 SPID (サーバー プロセス ID): %1!%2!
7972 UID (ユーザー ID) : %1!
7974 名前 : %1!
7975 LSN : (%1!:%2!:%3!)
7977 開始時刻 : %1!
7978 SID : %1!
7979 %1!レプリケートされたトランザクション情報:
7980 配布された最も古い LSN : (%1!:%2!:%3!)
7982 配布されなかった最も古い LSN : (%1!:%2!:%3!)
7983 ユーザー '%1!' にはデータベース '%3!' で DBCC %2! を実行する権限がありません。
7984 システム テーブルの事前チェック: オブジェクト ID %1!。ページ %2! に予期しないページ型 %3! が含まれています。修復できないエラーにより、Check ステートメントが終了しました。
7985 システム テーブルの事前チェック: オブジェクト ID %1!。ラッチ型 %3! のページ %2! を読み取りおよびラッチできませんでした。修復できないエラーにより、Check ステートメントが終了しました。
7986 システム テーブルの事前チェック: オブジェクト ID %1! にはオブジェクト間のチェーン リンケージがあります。ページ %2! は、アロケーション ユニット ID %4! の %3! を指しています (%5! の必要があります)。修復できないエラーにより、Check ステートメントが終了しました。
7987 システム テーブルの事前チェック: オブジェクト ID %1! のチェーン リンケージが一致しません。%2!->next = %3!、%4!->prev = %5!。修復できないエラーにより、Check ステートメントが終了しました。
7988 システム テーブルの事前チェック: オブジェクト ID %1!。データ チェーンでのループが %2! で検出されました。修復できないエラーにより、Check ステートメントが終了しました。
7992 '読み取り専用' データベース '%1!' は圧縮できません。
7993 データベース '%2!' 内のファイル '%1!' は %4! ページしかないので、%3! ページに圧縮できません。
7995 データベース '%1!': システム カタログの一貫性エラーにより、DBCC %2! 処理を続行できません。
7996 拡張ストアド プロシージャは、master データベースだけに作成できます。
7997 '%1!' には ID 列がありません。
7998 ID 情報を調べています。現在の ID 値 '%1!'、現在の列値 '%2!'。
7999 テーブル '%2!' に '%1!' という名前のインデックスが見つかりませんでした。