読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

SQLServerのエラーコード8001〜8500

SQLServer
スポンサーリンク

SQLServerのエラーコード8001〜8500までです。

コード メッセージ
8001 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。Sql Variant パラメーターのメタ情報が無効です。
8002 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメーター %1! ("%2!"): データ型 0x%3! (XML) に、無効なデータベースまたはスキーマが指定されています。
8003 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。この RPC 要求に指定されたパラメーターが多すぎます。最大数は %1! です。
8004 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。RPC 名が無効です。
8005 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメーター %1!: パラメーター名が無効です。
8006 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメーター %1!: パラメーター状態フラグが無効です。
8007 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメーター %1! ("%2!"): 型 0x%3! のラージ オブジェクトのパラメーターでは、チャンク形式は不適切です。
8008 sp_execute に渡されたパラメーター数が、このハンドルを準備したときに使用したパラメーターの数と異なります (%1!)。
8009 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメーター %1! ("%2!"): データ型 0x%3! が不明です。
8010 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメーター %1! ("%2!"): RPC はメタデータ Unchanged フラグが設定されていますが、データ型 0x%3! は前回送信されたデータ型と異なります。
8011 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメーター %1! ("%2!"): データ型 0x%3! (sql_variant) に、型固有のメタデータには無効な長さが指定されています。
8012 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメーター %1! ("%2!"): データ型 0x%3! (sql_variant) に、型固有のメタデータには無効な有効桁数または小数点以下桁数が指定されています。
8013 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメーター %1! ("%2!"): データ型 0x%3! (sql_variant) に、無効なインスタンス長が指定されています。
8014 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメーター %1! ("%2!"): データ型 0x%3! (sql_variant) に、型固有のメタデータには無効な型が指定されています。
8015 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメーター %1! ("%2!"): データ型 0x%3! は型指定されていない NULL ですが、出力パラメーターとして設定されています。
8016 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメーター %1! ("%2!"): データ型 0x%3! に、無効なデータ長またはメタデータ長が指定されています。
8017 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメーター %1! ("%2!"): データ型 0x%3! に、無効な有効桁数または小数点以下桁数が指定されています。

コード メッセージ
8018 無効なパラメーター %1! ('%2!'): データ型 0x%3! は推奨されないラージ オブジェクト (LOB) ですが、出力パラメーターとして設定されています。推奨されない型は出力パラメーターとしてはサポートされません。代わりに、現在のラージ オブジェクト型を使用してください。
8019 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメーター %1! ("%2!"): データ型 "0x%3!" (CLR 型) に無効なユーザー型が指定されています。
8020 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメーター %1! ("%2!"): データ型 "0x%3!" (CLR 型) に、シリアル化メタデータには無効な長さが指定されています。
8021 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメーター %1! ("%2!"): データ型 "0x%3!" (CLR 型) に無効なデータベースが指定されています。
8022 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) のプロトコル ストリームが正しくありません。パラメーター %1! ("%2!"): NULL 値が指定されました。データ型 %3! を NULL にすることはできません。ソース データに無効な値があるかどうかを確認してください。
8023 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) のプロトコル ストリームが正しくありません。パラメーター %1! ("%2!"): 指定した値はデータ型 %3! の有効なインスタンスではありません。ソース データに無効な値があるかどうかを確認してください。たとえば、小数点以下桁数が有効桁数より大きい数値型のデータは無効です。
8024 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメーター %1! ("%2!"): データ型 0x%3! (sql_variant) に、型固有のメタデータには無効な照合順序が指定されています。
8025 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメーター %1! ("%2!"): RPC はメタデータ Unchanged フラグが設定されていますが、データ型 0x%3! の最大長は前回送信されたものと異なります。
8026 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメーター %1! ("%2!"): RPC はメタデータ Unchanged フラグが設定されていますが、データ型 0x%3! の実際の長さは前回送信されたものと異なります。
8027 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメーター %1! ("%2!"): データ型 "0x%3!" (CLR 型) に無効なスキーマが指定されています。
8028 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) のプロトコル ストリームが正しくありません。パラメーター %1! ("%2!"): 指定した長さはデータ型 %3! では無効です。長さが無効なソース データがあるかどうかを確認してください。たとえば、長さが奇数バイトの nchar 型のデータの長さは無効です。
8029 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメーター %1! ("%2!")、行 %3!、列 %4!: データ型 0x%5! (ユーザー定義テーブル型) の予期しないトークンが、テーブル値パラメーターの処理中に検出されました。
8030 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメーター %1! ("%2!")、行 %3!、列 %4!: データ型 0x%5! (XML) に、無効なデータベースまたはスキーマが指定されています。
8031 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメーター %1! ("%2!")、行 %3!、列 %4!: データ型 0x%5! のラージ オブジェクトのパラメーターでは、チャンク形式は不適切です。
8032 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメーター %1! ("%2!")、行 %3!、列 %4!: データ型 0x%5! が不明です。
8033 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメーター %1! ("%2!")、行 %3!、列 %4!: データ型 0x%5! (sql_variant) に、型固有のメタデータには無効な長さが指定されています。
8034 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメーター %1! ("%2!")、行 %3!、列 %4!: データ型 0x%5! (sql_variant) に、型固有のメタデータには無効な有効桁数または小数点以下桁数が指定されています。
8035 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメーター %1! ("%2!")、行 %3!、列 %4!: データ型 0x%5! (sql_variant) に、無効なインスタンス長が指定されています。
8036 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメーター %1! ("%2!")、行 %3!、列 %4!: データ型 0x%5! (sql_variant) に、型固有のメタデータには無効な型が指定されています。
8037 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメーター %1! ("%2!")、行 %3!、列 %4!: データ型 0x%5! に、無効なデータ長またはメタデータ長が指定されています。
8038 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメーター %1! ("%2!")、行 %3!、列 %4!: データ型 0x%5! に、無効な有効桁数または小数点以下桁数が指定されています。
8039 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメーター %1! ("%2!")、行 %3!、列 %4!: データ型 0x%5! (CLR 型) に無効なユーザー型が指定されています。
8040 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメーター %1! ("%2!")、行 %3!、列 %4!: データ型 0x%5! (CLR 型) に、シリアル化メタデータには無効な長さが指定されています。
8041 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメーター %1! ("%2!")、行 %3!、列 %4!: データ型 0x%5! (CLR 型) に無効なデータベースが指定されています。
8042 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメーター %1! ("%2!")、行 %3!、列 %4!: NULL 値が指定されました。データ型 %5! を NULL にすることはできません。ソース データに無効な値がないか確認してください。
8043 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメーター %1! ("%2!")、行 %3!、列 %4!: 指定した値はデータ型 %5! の有効なインスタンスではありません。ソース データに無効な値がないか確認してください。たとえば、小数点以下桁数が有効桁数より大きい数値型のデータは無効です。
8044 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメーター %1! ("%2!")、行 %3!、列 %4!: データ型 0x%5! (sql_variant) に、型固有のメタデータには無効な照合順序が指定されています。
8045 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメーター %1! ("%2!")、行 %3!、列 %4!: データ型 0x%5! (CLR 型) に無効なスキーマが指定されています。
8046 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメーター %1! ("%2!")、行 %3!、列 %4!: 指定した長さはデータ型 %5! では無効です。長さが無効なソース データがないか確認してください。たとえば、nchar 型で奇数バイトのデータ長は無効です。
8047 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメーター %1! ("%2!")、行 %3!、列 %4!: データ型 0x%5! (ユーザー定義テーブル型) に 0 以外の長さのデータベース名が指定されています。テーブル値パラメーターでは、データベース名が許可されていません。スキーマ名と型名だけが有効です。
8048 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメーター %1! ("%2!")、行 %3!、列 %4!: データ型 0x%5! (ユーザー定義テーブル型) に無効なスキーマが指定されています。
8049 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメーター %1! ("%2!")、行 %3!、列 %4!: データ型 0x%5! (ユーザー定義テーブル型) に無効な型名が指定されています。
8050 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメーター %1! ("%2!")、行 %3!、列 %4!: データ型 0x%5! (ユーザー定義テーブル型) に無効な列数が指定されています。
8051 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメーター %1! ("%2!")、行 %3!、列 %4!: データ型 0x%5! (ユーザー定義テーブル型) に無効な列名が指定されています。
8052 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメーター %1! ("%2!")、行 %3!、列 %4!: データ型 0x%5! (ユーザー定義テーブル型) のタイムスタンプ列は既定の列にする必要があります。
8053 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメーター %1! ("%2!")、行 %3!、列 %4!: データ型 0x%5! (ユーザー定義テーブル型) に無効な列フラグが指定されています。
8054 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメーター %1! ("%2!")、行 %3!、列 %4!: データ型 0x%5! (ユーザー定義テーブル型) に、順序付けと一意性に関する無効なメタデータが指定されています。
8055 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメーター %1! ("%2!")、行 %3!、列 %4!: データ型 0x%5! (ユーザー定義テーブル型) に、列の順序付けに関する無効なメタデータが指定されています。
8056 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメーター %1! ("%2!")、行 %3!、列 %4!: データ型 0x%5! (ユーザー定義テーブル型) に指定されているオプションのメタデータ トークンが多すぎます。

コード メッセージ
8057 テーブル値パラメーター %1! ("%2!")、行 %3!、列 %4!: データ型 0x%5! (ユーザー定義テーブル型)。指定された列は、計算列または既定の列ですが、順序付けまたは一意性が設定されています。順序付けおよび一意性は、クライアントが指定したデータを格納する列だけに設定できます。
8058 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメーター化された文字列へのテーブル値パラメーター %1! のテーブル型が定義されていません。
8059 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメーター化された文字列へのテーブル値パラメーター "%1!" のテーブル型が定義されていません。
8060 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメーター %1! ("%2!")、行 %3!、列 %4!: データ型 0x%5! (ユーザー定義テーブル型) は NULL ですが、既定値に設定されていません。NULL のテーブル値パラメーターは、既定のパラメーターとして送信される必要があります。
8061 テーブル値パラメーター "%1!" のデータがそのパラメーターのテーブル型に適合していません。
8062 テーブル値パラメーター %1! のデータがそのパラメーターのテーブル型に適合していません。
8063 着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームによって、長さに制限のない CLR 型が送信されています。パラメーター %1! ("%2!") が、型 %3! として定義されています。この型は、ダウンレベル クライアントではサポートされません。大きな CLR 型をシリアル化したデータを varbinary(max) として送信するか、クライアント ドライバーを、制限のない CLR 型をサポートしているバージョンにアップグレードしてください。
8064 パラメーター %1! ([%2!].[%3!].[%4!]): CLR 型が存在しないか、アクセスする権限がありません。
8101 列リストが使用されていて、IDENTITY_INSERT が ON のときに限り、テーブル '%1!' の ID 列に明示的な値を指定できます。
8102 ID 列 '%1!' を更新できません。
8105 '%1!' はユーザー テーブルではありません。SET 操作は実行できません。
8106 テーブル '%1!' には ID プロパティがありません。SET 操作は実行できません。
8107 IDENTITY_INSERT はテーブル '%1!.%2!.%3!' で既に ON です。テーブル '%4!' の SET 操作は実行できません。
8108 SELECT INTO ステートメントを使用してテーブル '%1!' に ID 列を追加できません。テーブルには ID プロパティを継承する列 '%2!' が既に存在します。
8109 SELECT INTO ステートメントを使用してテーブル '%1!' に複数の ID 列を追加しようとしました。
8110 テーブル '%1!' に複数の PRIMARY KEY 制約を追加できません。
8111 テーブル '%1!' の NULL 値が許可される列に PRIMARY KEY 制約を定義できません。
8112 テーブル '%1!' の制約では複数のクラスター化インデックスは追加できません。
8113 XML データ型メソッド '%1!' の使用が不適切です。このコンテキストではミューテーター メソッドを使用してください。
8114 データ型 %1! を %2! に変換中にエラーが発生しました。
8115 %1! をデータ型 %2! に変換中に、算術オーバーフロー エラーが発生しました。
8116 引数のデータ型 %1! は %3! 関数の引数 %2! では無効です。
8117 オペランドのデータ型 %1! は %2! 演算子では無効です。
8118 列 '%1!.%2!' は選択リスト内では無効です。この列は集計関数に含まれておらず、GROUP BY 句も存在しません。
8119 列 '%1!.%2!' は HAVING 句内では無効です。この列は集計関数に含まれておらず、GROUP BY 句も存在しません。
8120 列 '%1!.%2!' は選択リスト内では無効です。この列は集計関数または GROUP BY 句に含まれていません。
8121 列 '%1!.%2!' は HAVING 句内では無効です。この列は集計関数または GROUP BY 句に含まれていません。
8123 相関式は、GROUP BY 句以外では無効です。
8124 外部参照を含む集計式で複数の列が指定されました。集計される式が外部参照を含むときは、その外部参照は式内の列参照だけにしてください。
8125 外部参照を含む集計式は、選択リストまたはクエリの HAVING 句のサブクエリに含まれている必要があります。このときクエリには、集計される列を含むテーブルが指定された FROM 句が必要です。
8126 列 "%1!.%2!" は ORDER BY 句では無効です。この列は、集計関数に含まれておらず、GROUP BY 句も存在しません。
8127 列 "%1!.%2!" は ORDER BY 句では無効です。この列は集計関数または GROUP BY 句に含まれていません。
8128 '%1!' バージョン '%2!' を使用して拡張ストアド プロシージャ '%3!' を実行します。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
8129 新しいディスク サイズは必ず %1! よりも大きくなります。DBCC SHRINKDB の使用を検討してください。
8131 拡張ストアド プロシージャ DLL '%1!' では、__GetXpVersion() がエクスポートされません。詳細については、マニュアルの「旧バージョンとの互換性の詳細 (レベル 1) - Open Data Services (Backward Compatibility Details (Level 1) - Open Data Services)」を参照してください。
8132 拡張ストアド プロシージャ DLL '%1!' では、DLL のバージョンが %2!.%3! と報告されています。必要なバージョンは %4!.%5! です。
8133 CASE で指定するすべての結果式は NULL にはできません。
8134 0 除算エラーが発生しました。

コード メッセージ
8135 テーブル '%1!' のテーブル レベル制約では列リストが指定されていません。
8136 テーブル '%2!' の %1! 制約キー リストに重複する列が指定されました。
8137 XML データ型メソッド '%1!' の使用が不適切です。このコンテキストではミューテーター以外のメソッドを使用してください。
8138 テーブル '%1!' で、外部キー列リストに 17 個以上の列が指定されました。
8139 テーブル '%1!' で、外部キーの参照先の列数が参照元の列数と一致しません。
8140 テーブル '%2!' の列レベル %1! 制約で、複数のキーが指定されました。
8141 列 '%2!' の列 %1! 制約では、他の列 (テーブル '%3!') が参照されています。
8143 パラメーター '%1!' が複数回指定されました。
8144 プロシージャまたは関数 %1! に指定された引数が多すぎます。
8145 %1! はプロシージャ %2! のパラメーターではありません。
8146 プロシージャ %1! には引数が不要ですが、指定されました。
8147 テーブル '%2!' で、NULL 値を許可する列 '%1!' に IDENTITY 属性を作成できませんでした。
8148 テーブル '%3!' で、複数の列 %1! 制約が列 '%2!' に指定されています。
8149 OLE オートメーション オブジェクトはファイバー モードではサポートされません。
8150 テーブル '%2!' で、複数の NULL 制約が列 '%1!' に指定されました。
8151 PRIMARY KEY 制約と UNIQUE 制約の両方がテーブル '%2!' の列 '%1!' で定義されました。許可されるのは 1 つだけです。
8152 文字列データまたはバイナリ データが切り捨てられます。
8153 警告: NULL 値は集計またはその他の SET 演算で削除されました。
8154 テーブル '%1!' はあいまいです。
8155 '%2!' の列 %1! に列名が指定されませんでした。
8156 列 '%1!' が '%2!' に複数回指定されました。
8158 '%1!' には、列リストよりも多くの列が指定されています。
8159 '%1!' には、列リストよりも少ない列しか指定されていません。
8160 GROUPING 関数または GROUPING_ID 関数は、GROUP BY 句がある場合にだけ指定できます。
8161 %2! 関数の引数 %1! が、GROUP BY 句の式と一致しません。
8162 仮引数 "%1!" は OUTPUT 引数として宣言されませんでしたが、実引数によって要求された出力に渡されました。
8164 INSERT EXEC ステートメントは入れ子にはできません。
8165 サブコマンド値 %1! が無効です。正しい範囲は %2! から %3! までです。
8166 制約名 '%1!' は許可されません。制約名を番号記号 (#) で始めることはできません。
8167 列 "%1!" の型が、UNPIVOT リストで指定されている他の列の型と競合しています。
8168 このコンテキストでは、'%1!' という名前の制約、列、またはトリガーを 2 つ以上作成、削除、有効化、または無効化することができません。重複した名前は許可されていません。
8169 文字列から uniqueidentifier に変換中、変換に失敗しました。
8170 uniqueidentifier 値を CHAR に変換した結果を格納する領域が不足しています。
8171 オブジェクト '%2!' のヒント '%1!' が無効です。
8172 XML データ型メソッド "%2!" の引数 %1! は、文字列リテラルにしてください。
8173 XML データ型メソッド '%1!' の呼び出しに使用された構文が不適切です。

コード メッセージ
8174 ハンドル %1! のスキーマ ロックが見つかりません。
8175 テーブル %1! が見つかりませんでした。後でこのテーブル名の解決を試行します。
8176 プロシージャの再同期にはキー '%1!' の値が必要ですが、指定されませんでした。
8177 集計関数または GROUP BY 句のいずれかに含まれていない列は、%1! 句内で使用できません。
8178 パラメーター化クエリ '%1!' に必要なパラメーター '%2!' が指定されていません。
8179 ハンドル %1! の準備されたステートメントが見つかりませんでした。
8180 ステートメントを準備できませんでした。
8181 '%1!' のテキストがシステム カタログにありません。このオブジェクトを使用するには、いったん削除し、再作成する必要があります。
8183 計算列で作成できるのは、UNIQUE 制約と PRIMARY KEY 制約だけです。CHECK 制約、FOREIGN KEY 制約、および NOT NULL 制約では、計算列が保存される必要があります
8184 バイナリのチェックサムでエラーが発生しました。バイナリのチェックサム入力には比較できる列がありません。
8185 "*" の展開エラー: 基になるテーブルまたはビューに比較できない列が見つかりました。
8186 関数 '%1!' は、ユーザー テーブルおよびシステム テーブルだけで使用できます。
8187 準備されたハンドル %1! は、現在、別のコマンドによって使用されています (エラー状態: %2!)。
8188 アセンブリ "%2!" のアセンブリの型 "%1!" には SQL 型が既に存在します。指定されたアセンブリの型には SQL 型を 1 つだけマップできます。CREATE TYPE は失敗します。
8189 '%1!' の実行権限がありません。
8190 フィルター選択されるテーブルを定義せずに、レプリケーション フィルター プロシージャをコンパイルすることはできません。
8191 レプリケーション フィルター プロシージャには、SELECT、GOTO、IF、WHILE、RETURN、および DECLARE ステートメントだけを指定できます。
8192 レプリケーション フィルター プロシージャにはパラメーターは指定できません。
8193 FOR REPLICATION が指定されたプロシージャは実行できません。
8195 "%2!" に "%1!" を作成できません。Insert トリガー、Update トリガー、および Delete トリガーはユーザー テーブルとビューだけに作成できます。
8196 ROWGUIDCOL で重複した列が指定されました。
8197 オブジェクト '%1!' が存在しないか、この操作では無効です。
8199 EXECUTE で、procname にはリテラルまたは CHAR、VARCHAR、NCHAR、NVARCHAR 型の変数だけを指定できます。
8301 プロシージャ sp_addextendedproperty、sp_updateextendedproperty、sp_dropextendedproperty、およびテーブル値関数 fn_listextendedproperty で、値 'USER' が設定された level0type を使用することは推奨されません。今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。ユーザーはスキーマのスコープが設定されるようになるので、USER の拡張プロパティには、値 'SCHEMA' が設定された level0type および値 'USER' が設定された level1type を使用してください。
8302 CREATE RULE および DROP RULE は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業では CREATE RULE および DROP RULE の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションの変更を検討してください。代わりにチェック制約を使用してください。チェック制約は、CREATE TABLE または ALTER TABLE の CHECK キーワードを使用して作成されます。
8303 CREATE DEFAULT および DROP DEFAULT は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業では CREATE DEFAULT および DROP DEFAULT の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションの変更を検討してください。代わりに、ALTER TABLE または CREATE TABLE の DEFAULT キーワードを使用して作成される既定の定義を使用してください。
8304 INDEXKEY_PROPERTY は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの機能の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションの変更を検討してください。代わりに、sys.index_columns を使用してください。
8305 text in row 機能は今後のバージョンの SQL Server で削除される予定です。新しい開発作業では sp_tableoption で text in row オプションを使用するのを避け、現在 text in row オプションを使用しているアプリケーションの変更を検討してください。大きなデータを格納するには、varchar(max)、nvarchar(max)、および varbinary(max) データ型を使用することをお勧めします。
8306 プロシージャ sp_addextendedproperty、sp_updateextendedproperty、sp_dropextendedproperty、およびテーブル値関数 fn_listextendedproperty で、値 'TYPE' が設定された level0type を使用することは推奨されません。今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。型はスキーマのスコープが設定されるようになるので、TYPE の拡張プロパティには、値 'SCHEMA' が設定された level0type および値 'TYPE' が設定された level1type を使用してください。
8307 FILE_ID は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの機能の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションの変更を検討してください。代わりに、FILE_IDEX を使用してください。
8308 USER_ID は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの機能の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションの変更を検討してください。代わりに、DATABASE_PRINCIPAL_ID を使用してください。
8310 名前付きファイル マッピング オブジェクト '%1!' を作成する (開く) ことができません。SQL Server パフォーマンス カウンターが無効です。
8311 ファイル マッピング オブジェクト '%1!' のビューを SQL Server プロセスのアドレス空間にマップできません。SQL Server のパフォーマンス カウンターが無効です。
8312 名前付きミューテックス '%1!' を作成する (開く) ことができません。SQL Server パフォーマンス カウンターが無効です。
8313 SQL Server のパフォーマンス オブジェクトおよびパフォーマンス カウンターのインデックスをオブジェクト名やカウンター名にマッピング中に、エラーが発生しました。SQL Server パフォーマンス カウンターは無効です。
8314 SQL Server パフォーマンス オブジェクト '%1!' がレジストリに見つかりません。SQL Server パフォーマンス カウンターは無効です。
8315 SQL Server パフォーマンス カウンター '%1!' がレジストリに見つかりません。SQL Server パフォーマンス カウンターは無効です。
8316 レジストリ キー 'HKLM\%1!' を開けません。SQL Server パフォーマンス カウンターが無効です。
8317 レジストリ キー 'HKLM\%2!' に関連付けられている値 '%1!' をクエリできません。SQL Server パフォーマンス カウンターが無効です。
8318 パフォーマンス カウンターの初期化中に、仮想メモリの割り当てエラーが発生しました。SQL Server パフォーマンス カウンターが無効です。
8319 Windows カーネル オブジェクト '%1!' は既に存在しています。このオブジェクトは SQL Server サービス アカウントによって所有されていません。SQL Server パフォーマンス カウンターが無効です。
8320 @@REMSERVER は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの機能の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションの変更を検討してください。代わりに、リンク サーバーおよびリンク サーバー ストアド プロシージャを使用してください。
8350 ステートメント ('%1!') の対象のテーブルで、UPDATE ステートメントまたは DELETE ステートメントの FROM 句内に NOLOCK ヒントまたは READUNCOMMITTED ヒントを使用することは推奨されません。これらのヒントをこの位置で使用しても効果はありません。このステートメントからこれらのヒントを削除することをお勧めします。この位置でのこれらのヒントの使用は、今後のバージョンの SQL Server ではサポートされなくなります。
8351 無効なパラメーターを指定してイベントが登録されたので、トレース制御要求を処理できませんでした。パラメーターが有効範囲内であることを確認してください。
8352 要求されたトレース テンプレートが見つかりません。id = %1!。
8353 Event Tracing for Windows を起動できませんでした。%1!。Event Tracing for Windows を有効にするには、SQL Server を再起動してください。
8354 Event Tracing for Windows でイベントを送信できませんでした。同じエラー コードの送信エラーは今後報告されない可能性があります。エラー ID: %1!、イベント クラス ID: %2!、原因: %3!。

コード メッセージ
8355 サーバー レベルのイベント通知を配信できません。Service Broker が MSDB で無効になっているか、MSDB を起動できませんでした。他のデータベースのイベント通知も影響を受ける可能性があります。MSDB をオンラインにするか、Service Broker を有効にしてください。
8356 Event Tracing for Windows (ETW) はイベントを送信できませんでした。サーバーでメモリが不足しています。同じ送信失敗は今後報告されない可能性があります。
8357 Event Tracing for Windows (ETW) はイベントを送信できませんでした。リソースが不足している可能性があります。同じ送信失敗は今後報告されない可能性があります。
8358 Event Tracing for Windows (ETW) はイベントを送信できませんでした。イベント メッセージ サイズが制限を超えています。同じ送信失敗は今後報告されない可能性があります。
8359 SQL トレースはイベント通知を送信できませんでした。サーバーでメモリが不足しています。同じ送信失敗は今後報告されない可能性があります。
8360 SQL トレースはイベント通知を送信できませんでした。リソースが不足している可能性があります。同じ送信失敗は今後報告されない可能性があります。
8379 古い形式の RAISERROR (形式: RAISERROR 整数文字列) は、次のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業では、古い形式の RAISERROR の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションでは、新しい形式の RAISERROR を使用するように変更することを検討してください。
8380 SQLOLEDB はサポートされなくなったプロバイダーです。リンク サーバー '%1!' を使用している SQL Server に接続する場合は、SQL Native Client (SQLNCLI) を使用してください。
8381 SQLOLEDB はサポートされなくなったプロバイダーです。SQL Server へのアドホック接続には SQL Native Client (SQLNCLI) を使用してください。
8382 WITH キーワードを使用せずにテーブル ヒントを指定することは推奨されない機能で、今後のバージョンでは削除される予定です。
8383 HOLDLOCK をかっこで囲まずにテーブル ヒントとして指定することは推奨されない機能であり、次のバージョンの SQL Server では削除される予定です。
8384 スペースを使用してテーブル ヒントを区切ることは推奨されない機能です。今後のバージョンでは削除される予定です。個別のテーブル ヒントはコンマを使用して区切ってください。
8385 集計インデックス付きビューの選択リストには、互換性モードが 90 以上の場合、count_big(*) を含めてください。
8386 INSERT の対象になるテーブルでヒント "%1!" を使用することは推奨されません。今後のバージョンの SQL Server で削除される可能性があります。INSERT ステートメントを変更して、このヒントを削除してください。
8387 ビュー経由で複数ステートメントのテーブル値関数 (TVF) を呼び出す、テーブル ヒントの間接アプリケーションは、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。ビュー "%1!" への参照のヒントを削除してください。このビューは、複数ステートメントの TVF を参照しています。
8388 トリガーから結果を返す機能は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの機能の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションの変更を検討してください。
8389 ALL 権限は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの権限の使用を避け、現在この権限を使用しているアプリケーションの変更を検討してください。
8390 関数呼び出し構文 '::' は、今後のバージョンの SQL Server で削除される予定です。この構文を "sys." に置き換えてください。
8391 DROP INDEX で 2 部構成の名前を使用しないでください。DROP INDEX の新しい構文は <1p-name> ON {<3p-table-name> <3p-view-name>} です。
8393 データ型が timestamp の場合に列名を指定しない機能は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの機能の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションの変更を検討してください。
8394 推奨されないインデックス オプションの構文の使用。推奨されないリレーショナル インデックス オプションの構文構造は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの構文構造の使用を避け、現在この構造を使用しているアプリケーションの変更を検討してください。
8396 %1! は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの機能の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションでは変更を検討してください。代わりに、%2! を使用してください。
8397 TEXT、NTEXT、および IMAGE データ型は今後のバージョンの SQL Server で削除される予定です。新しい開発作業ではこれらのデータ型の使用を避け、現在これらのデータ型を使用しているアプリケーションの変更を検討してください。代わりに、varchar(max)、nvarchar(max)、および varbinary(max) データ型を使用してください。
8398 2 つ以上の部分で構成される列名は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの機能の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションの変更を検討してください。
8399 %1! は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの機能の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションでは変更を検討してください。
8401 このメッセージを配信できませんでした。データベース ID %2! の ID %1! の対象ユーザーには、キュー '%3!' から受信する権限がありません。
8402 '%2!' ステートメントの '%1!' のデータ型は %3! である必要があります。%4! データ型は許可されません。
8403 メッセージ型 '%1!' は複数回指定されています。重複するメッセージ型を削除してください。
8404 サービス コントラクト '%1!' は複数回指定されています。重複するサービス コントラクトを削除してください。
8405 キューを無効にしているときに、Service Broker キュー ロールバック ハンドラーでエラーが発生しました。データベース ID: %1!、キュー ID: %2!、エラー: %3!、状態: %4!。
8406 ダイアログの有効期間には NULL を指定できません。ダイアログの有効期間に %1! 〜 %2! の有効な値を指定してください。
8407 無効なヘッダー フィールドが含まれたメッセージを受信しました。ネットワークに問題があるか、Service Broker のエンドポイントに別のアプリケーションが接続されている可能性があります。
8408 対象のサービス '%1!' ではコントラクト '%2!' がサポートされていません。
8409 このメッセージを配信できませんでした。対象となるサービスではサービス コントラクトがサポートされていません。対象となるサービス: '%1!'、サービス コントラクト: '%2!'。
8410 メッセージ交換タイマーは、メッセージ交換の有効期間を超えて設定できません。
8411 ダイアログの有効期間値 %1! は、許容範囲 (%2! 〜 %3!) 内にありません。有効なダイアログ有効期間値を指定してください。
8412 サービス名 '%1!' の構文が無効です。
8413 ブローカー インスタンス '%1!' の構文が無効です。指定したブローカー インスタンスが長すぎます。最大サイズは 256 バイトです。
8414 このコンテキストでは、メッセージ交換グループ ID '%1!' は無効です。別のメッセージ交換グループ ID を指定してください。
8415 アクティブなタスクが中止されました。呼び出されたストアド プロシージャ '%1!' が、開始した 1 つ以上のトランザクションで COMMIT または ROLLBACK を発行しませんでした。
8417 サービス コントラクト名が NULL です。サービス コントラクト名を指定してください。
8418 メッセージ交換ハンドルが存在しません。メッセージ交換ハンドルを指定してください。
8419 END CONVERSATION WITH ERROR にはエラー コードと説明の両方を提供してください。どちらの値も NULL にすることはできません。
8420 メッセージ交換グループが存在しません。メッセージ交換グループを指定してください。

コード メッセージ
8421 サービス名がありません。サービス名を指定してください。
8422 エラーの説明がありません。エラーの説明を指定してください。
8423 サービス "%1!" が見つかりません。
8424 エラー コードとエラーの説明がありません。エラー コードとエラーの説明の両方を指定してください。
8425 サービス コントラクト '%1!' が見つかりません。
8426 メッセージ交換ハンドル "%1!" が見つかりません。
8427 メッセージ交換のエンドポイントが、END CONVERSATION には有効な状態ではありません。現在のエンドポイントの状態は '%1!' です。
8428 メッセージ型 "%1!" が見つかりません。
8429 メッセージ交換のエンドポイントが、SEND には有効な状態ではありません。現在のエンドポイントの状態は '%1!' です。
8430 メッセージ本文は構成された検証に失敗しました。
8431 メッセージ型 '%1!' はサービス コントラクトの一部ではありません。
8432 メッセージを送信できません。メッセージ型 '%1!' はコントラクトで SENT BY TARGET に設定されていますが、このサービスは発信側です。
8433 メッセージ本文は NULL にできません。長さ 0 の UNICODE またはバイナリ文字列は許可されます。
8434 メッセージを送信できません。メッセージ型 '%1!' はコントラクトで SENT BY INTITIATOR に設定されていますが、このサービスは送信先です。
8436 メッセージ交換グループ "%1!" が見つかりません。
8437 受信したメッセージは対象のサービスから送信されましたが、メッセージ型 '%1!' はコントラクトで SENT BY INITIATOR に設定されています。
8438 メッセージ交換のエンドポイントが、MOVE CONVERSATION には有効な状態ではありません。現在のエンドポイントの状態は '%1!' です。
8439 対象のメッセージ交換グループ '%1!' は無効です。
8440 メッセージ交換グループは存在しますが、キューが存在しません。データベースが壊れている可能性があります。DBCC CHECKDB を実行してください。
8442 データベースにアクティブな Service Broker が存在しません。Service Broker を含むデータベース コンテキストに変更してください。
8443 ID '%1!' のメッセージ交換と発信側: %2! は存在しないメッセージ交換グループ '%3!' を参照しています。DBCC CHECKDB を実行して、データベースを分析し、修復してください。
8444 サービス キューの構造に一貫性がありません。データベースが壊れている可能性があります。DBCC CHECKDB を実行してください。
8445 メッセージ交換ハンドル '%1!' が無効なメッセージ交換 ID '%2!'、発信側: %3! を参照しています。
8447 変数に値を代入する RECEIVE ステートメントを、データ取得操作と組み合わせることはできません。
8450 RECEIVE プロジェクションでは INTO 句と組み合わせた代入は許可されません。
8457 受信したメッセージはメッセージ交換の発信側から送信されましたが、メッセージ型 '%1!' はコントラクトで SENT BY TARGET として設定されています。
8458 メッセージ交換のエンドポイントが、BEGIN CONVERSATION TIMER には有効な状態ではありません。現在のエンドポイントの状態は '%1!' です。
8459 ヘッダー情報を含むメッセージのサイズが、最大許容値 %1! を超えています。
8460 ID '%1!' のメッセージ交換エンドポイントと is_initiator: %2! は無効なメッセージ交換ハンドル '%3!' を参照しています。
8461 Service Broker の内部エラーが検出されました。データベースが破損している可能性があります。DBCC CHECKDB を実行してください。
8462 メッセージ交換のリモート エンドポイントが、これ以上メッセージを交換できない状態か、または削除されています。
8463 メッセージをマーシャリング中にメッセージ本文を読み取れませんでした。このメッセージは、別の問題が発生する可能性があることを意味します。関連するメッセージについて、SQL Server エラー ログおよび Windows イベント ログを確認し、基になる問題を解決してください。問題が解決しない場合は、データベースが壊れている可能性があります。データベースを復旧するには、クリーン バックアップからデータベースを復元してください。クリーン バックアップを使用できない場合は、DBCC CHECKDB の実行を検討してください。DBCC CHECKDB では、データベースの修復のためにデータが削除される場合があることに注意してください。
8468 基になるサービスが変更されました。
8469 リモート サービスが変更されました。
8470 リモート サービスが削除されました。
8471 Service Broker/データベース ミラーリング トランスポートの操作中に、SNI 呼び出しが失敗しました。SNI エラー '%1!'。
8472 リモート サービスは、無効なヘッダー フィールドを含むメッセージを送信しました。
8475 ID '%1!' のメッセージ交換エンドポイントと is_initiator: %2! が削除されました。
8477 Service Broker の内部エラーが発生しました (エラー = 0x%1!)。このエラーは、SQL Server の重大な問題を示しています。SQL Server エラー ログと Windows イベント ログで、ハードウェアに問題がある可能性を示す情報を確認してください。データベースが壊れている可能性があります。データベースを復旧するには、クリーン バックアップからデータベースを復元してください。クリーン バックアップを使用できない場合は、DBCC CHECKDB の実行を検討してください。ただし、DBCC CHECKDB では、データベースの修復のためにデータが削除される場合があることに注意してください。
8479 フェールポイント シミュレーションのテストで使用されます。
8487 リモート サービス コントラクトは削除されました。
8489 指定されたダイアログの有効期間が切れました。
8490 リモート サービス '%1!' が存在しないので、見つけることができません。
8492 サービス コントラクト '%1!' には、SENT BY INITIATOR または ANY のメッセージが少なくとも 1 つ含まれている必要があります。
8493 サービス '%1!' の変更により、キューまたは少なくとも 1 つのコントラクトを変更する必要があります。
8494 サービス '%1!' へのアクセス権限がありません。
8495 メッセージ交換では、このサービスの別のインスタンスから既に受信確認を受け取りました。
8498 リモート サービスで送信されたメッセージの型 '%1!' は、ローカル コントラクトの一部ではありません。
8499 リモート サービスで送信されたメッセージ本文の型 '%1!' は、メッセージ本文のエンコード形式に一致しません。この現象は、メッセージ交換 ID '%2!'、発信側: %3!、およびメッセージ シーケンス番号: %4! のメッセージで発生しました。