読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

SQLServerのエラーコード9501〜10000

SQLServer
スポンサーリンク

SQLServerのエラーコード9501〜10000までです。

コード メッセージ
9501 XQuery: sql:variable('%1!') を解決できません。変数は、TSQL スカラー変数として宣言してください。
9502 '%2!' メソッドの引数 %1! に指定される文字列リテラルは %3! バイトを超えることはできません。
9503 XML データ型メソッド '%1!' の XQuery ステートメントを処理中に、エラーまたは警告が発生しました。詳細については、以前に発生したエラー メッセージを参照してください。
9504 X 列 '%2!'、テーブル '%3!' で呼び出された XML データ型メソッド '%1!' の XQuery ステートメントを処理中に、エラーまたは警告が発生しました。詳細については、以前に発生したエラー メッセージを参照してください。
9506 XMLDT メソッド '%1!' は、型 xml の列だけで呼び出せます。
9507 このクエリで使用されるリモート列の XML データ型メソッドは、ローカルとリモートのどちらでも実行できません。クエリを書き直してください。
9508 XMLDT メソッド '%1!' に指定された参照パラメーターは、適用先以外の XML インスタンスから生成されました。
9509 XMLUNNEST メソッドには、1 つのグローバル要素を含む、型指定された XML 列が必要です
9510 機能はまだ実装されていません: XMLNODEREFS はビューで公開された参照を使用できません。
9512 XML データ型は、リモート呼び出しのパラメーターとしてはサポートされません。
9513 XML データ型メソッド '%1!' を処理中にエラーが発生しました。XML データ型メソッドで必要な次の SET オプションが設定されていません: '%2!'。
9514 XML データ型は、分散クエリではサポートされません。リモート オブジェクト '%1!' には xml 列が含まれています。
9515 XML スキーマが変更または削除されたので、クエリ プランが無効になりました。クエリ バッチを再実行してください。
9516 XQuery: %1!('%2!') に指定された名前またはマルチパート名のいずれかの部分が空です。SQL でオブジェクト、列、または変数を識別する際に、空の名前は使用できません。
9517 XQuery: %2!() に指定された '%1!' で始まる名前またはマルチパート名のいずれかの部分が有効な SQL 識別子ではありません。SQL 識別子が長すぎます。最大長は %3! ですが、実際の長さは %4! です。
9518 XQuery: %2!() に指定された、'%1!' で始まる名前またはマルチパート名のいずれかの部分が有効な SQL 識別子ではありません。無効な文字が含まれています。
9519 XQuery: sql:variable('%1!') に指定された名前が有効な SQL 変数名ではありません。変数名は、'@' 記号で始まり、その後に 1 文字以上が続く形式にしてください。
9520 XQuery: sql:variable() によって参照される '%1!' は有効なシステム関数名ではありません。
9521 XML データ型を処理中にエラーが発生しました。XML データ型のインスタンスに負の値 xs:date または xs:dateTime が含まれています。
9522 スパース列セットでは、XQuery の変更メソッドが許可されていません。
9523 スパース列セット '%1!' を更新できません。指定された XML コンテンツが、この列セットに属していない、スパース列以外の列 '%2!' を参照しています。スパース列セットの更新に使用される XML データは、この列セットに属していない列を参照できません。
9524 指定された XML コンテンツが、スパース列セットに必要な XML 形式に準拠していません。
9525 スパース列セット '%1!' に指定されている XML コンテンツには、列 '%2!' への重複する参照が含まれています。スパース列セットに指定された XML コンテンツで列を参照できるのは一度だけです。
9526 スパース列セット '%1!' に指定されている XML コンテンツでは、要素 '%3!' の '%2!' 属性値が範囲外です。有効な範囲は 1 〜 %4! です。
9527 列セット '%1!' に指定されている XML コンテンツでは、要素 '%2!' の sqltypes:scale 属性値が範囲外です。小数点以下桁数の有効な範囲は 0 から指定した有効桁数までです。
9528 列セット '%1!' に指定されている XML コンテンツでは、要素 '%3!' の '%2!' 属性が無効です。この属性は sql_variant データ型のスパース列に対してのみ有効です。
9529 列セットの列 '%1!' に指定されている XML コンテンツでは、要素 '%2!' の sqlDBType:base64Encoded 属性が無効です。base64Encoded 属性を使用できるのは、対応するスパース列が character データ型 (char、varchar、nchar、nvarchar) である場合、またはスパース列が sql_variant データ型で xsi:type 属性の値が "Char"、"VarChar"、"NChar"、または "NVarChar" の場合だけです。
9530 列セットの列 '%1!' に指定されている XML コンテンツでは、要素 '%3!' の '%2!' 属性が無効です。この属性を削除してください。
9531 列セットの列 '%1!' に指定されている XML コンテンツでは、要素 '%3!' の '%2!' 属性値が無効です。
9532 列セット '%1!' に関係するクエリ/DML 操作で、列 '%4!' のデータ型 '%2!' をデータ型 '%3!' に変換する際に変換に失敗しました。
9533 列セット '%1!' に指定されている XML では、要素 '%2!' がグローバルな名前空間に存在する必要があります。既定の名前空間の宣言または要素のプレフィックスを削除してください。
9534 列セット '%1!' に関係するクエリ/DML 操作で、列 '%4!' のデータ型 '%2!' をデータ型 '%3!' に変換する際に変換に失敗しました。CLR 型の XML 変換メソッドの指定の詳細については、オンライン ブックを参照してください。
9601 %3! なので %1! %2! に関連付けることはできません。
9605 分析されたメッセージ交換の優先度: %1!。
9606 ID %1! のメッセージ交換の優先度が削除されました。
9607 ID %1! のメッセージ交換の優先度が、ID %2! の存在しないサービスを参照しています。
9608 ID %1! のメッセージ交換の優先度が、ID %2! の存在しないサービス コントラクトを参照しています。
9609 %1! の名前 '%2!' は、プレフィックスの最大数を超えています。最大数は %3! です。
9610 FROM SERVICE 句のサービス '%1!' は、%3! = '%4!' で参照されているサービス '%2!' に一致する必要があります。
9611 指定されたユーザー '%1!' が見つかりません。
9613 アクティブ化ユーザーが指定されていないので、キュー '%1!' をアクティブにできません。
9614 アクティブ化ストアド プロシージャが指定されていないか無効なため、キュー '%1!' をアクティブにできません。
9615 型 '%1!' のメッセージは、対象のサービスでの XML 検証に失敗しました。%2! この現象は、メッセージ交換 ID '%3!'、発信側: %4!、およびメッセージ シーケンス番号: %5! のメッセージで発生しました。
9616 型 '%1!' のメッセージが受信されましたが、XML 検証に失敗しました。%2! この現象は、メッセージ交換 ID '%3!'、発信側: %4!、およびメッセージ シーケンス番号: %5! のメッセージで発生しました。
9617 サービス キュー "%1!" は現在無効です。
9618 メッセージを送信できません。ダイアログに関連付けられたサービス キュー '%1!' が現在無効で、保有が有効になっています。
9619 リモート サービス バインド '%1!' を作成できませんでした。サービス '%2!' のリモート サービス バインドが既に存在します。
9620 アクティブ化ストアド プロシージャ '%1!' は無効です。関数は許可されません。
9621 Service Broker およびデータベース ミラーリング トランスポートのメッセージの処理でエラーが発生しました。エラー: %1! 状態: %2!。
9622 暗号化プロバイダーのコンテキストが初期化されていません。
9623 この操作に渡されたキーの状態は無効です。
9624 キーのサイズは、このキー オブジェクトでは使用できません。
9625 キーのバッファー サイズがキー モジュールのサイズと一貫性がありません。

コード メッセージ
9626 Service Broker の内部エラーが発生しました。オブジェクトの状態がこの操作に適していません。このエラーは、SQL Server の重大な問題を示しています。SQL Server エラー ログと Windows イベント ログで、ハードウェアに問題がある可能性を示す情報を確認してください。
9627 このハッシュ バッファー サイズは、ハッシュ オブジェクトの初期化には不適切です。
9628 暗号化/暗号化解除データのバッファー サイズが 8 バイトに揃っていません。
9629 暗号化を解除された署名のサイズが正しくありません。
9630 この署名では内部ハッシュを確認できませんでした。
9631 salt のサイズは、このキー オブジェクトでは使用できません。
9632 salt のバッファー サイズが小さすぎます。
9633 渡された名前が長すぎます。
9634 Service Broker は、暗号化操作用のメモリを割り当てられませんでした。このメッセージは、別の問題が発生する可能性があることを意味します。関連するメッセージについて、SQL Server エラー ログを確認し、基になる問題を解決してください。
9635 証明書は、この時点では無効です。
9636 要求されたオブジェクトが見つかりませんでした。
9637 渡されたシリアル化オブジェクトが正しくエンコードされていません。
9638 cer ファイルまたは pvk ファイルのサイズが大きすぎます。
9639 パスワードが指定されましたが、pvk ファイルが暗号化されていません。
9640 この操作により OS エラーが検出されました。
9641 暗号化操作に失敗しました。このエラーは SQL Server で重大な問題が発生したことを示しています。詳細については、SQL Server エラー ログと Windows イベント ログを参照してください。
9642 Service Broker/データベース ミラーリング トランスポートの接続エンドポイントでエラーが発生しました。エラー: %1!、状態: %2!。(こちら側のエンドポイントのロール: %3!、相手側のエンドポイントのアドレス: '%4!')
9643 Service Broker/データベース ミラーリング トランスポート マネージャーでエラーが発生しました。エラー: %1!、状態: %2!。
9644 Service Broker メッセージ ディスパッチャーでエラーが発生しました。エラー: %1!、状態: %2!。
9645 Service Broker マネージャーでエラーが発生しました。エラー: %1!、状態: %2!。
9646 タイマー イベント キャッシュでエラーが発生しました。エラー %1!、状態 %2!。
9647 不適切な形式のメッセージをネットワークから受信しました。データベース ID %1! に送信されたメッセージから、ブローカー メッセージの属性を取得できません。ネットワークに問題があるか、Service Broker のエンドポイントに別のアプリケーションが接続されている可能性があります。
9648 キュー '%1!' ではアクティブ化が有効になっていますが、MAX_QUEUE_READERS が 0 です。アクティブ化されるプロシージャはありません。MAX_QUEUE_READERS の数値を増やすことを検討してください。
9649 別の Service Broker '%1!' に接続中にセキュリティ (SSPI) エラーが発生しました。詳細については、Windows イベント ログを確認してください。
9650 Service Broker またはデータベース ミラーリングの操作中に、暗号化されたシステム呼び出しが失敗しました。システム エラー '%1!'。
9651 Service Broker またはデータベース ミラーリングの操作中に、システム呼び出しが失敗しました。システム エラー: '%1!'。
9652 Service Broker は、メッセージを暗号化するためのセッション キーを取得できませんでした。
9653 アクティブ化ストアド プロシージャ '%1!' の署名は無効です。パラメーターは許可されません。
9654 データベースの使用を試みましたが、データベースが存在しません。
9655 データベース内の転送キュー テーブルの構造に一貫性がありません。データベースが壊れている可能性があります。
9657 tempdb の Service Broker 転送作業テーブルの構造が正しくないか、壊れています。これは、データベースが壊れているか、ハードウェアに問題があることを示しています。SQL Server エラー ログと Windows イベント ログで、ハードウェアに問題がある可能性を示す情報を確認してください。SQL Server を再起動して tempdb を再構築してください。
9658 データベース内の転送キュー テーブルにアクセスできません。
9659 ルート '%2!' の %1! を空にすることはできません。
9660 ルート '%2!' の %1! の長さは %3! 文字未満にしてください。
9661 ミラーリングの使用時は、ルート "%1!" の SERVICE_NAME と BROKER_INSTANCE を指定してください。
9662 ルート "%1!" で、SERVICE_NAME を指定しないで BROKER_INSTANCE を指定することはできません。
9663 システム オブジェクトは変更できません。
9666 %1! プロトコルのトランスポートが無効か、構成されていません。
9667 分析されるサービス: %1!。
9668 分析されるサービス キュー: %1!。
9669 分析されたメッセージ交換のエンドポイント: %1!。
9670 分析されるリモート サービス バインド: %1!。
9671 メッセージ交換 ID '%1!' のメッセージが転送キューから削除されました。
9672 メッセージ交換ハンドル '%1!'、メッセージ交換グループ '%2!' のメッセージが ID %3! のキューから削除されました。
9673 ID %1! のキューでは、アクティブ化が無効になっています。
9674 分析されたメッセージ交換グループ: %1!。
9675 分析されるメッセージ型: %1!。
9676 分析されるサービス コントラクト: %1!。
9677 ID %1! のサービス コントラクトで、ID %2! の存在しないメッセージ型を参照しています。
9678 ID %1! のサービスで、ID %2! の存在しないサービス コントラクトを参照しています。
9679 ID %1! のサービスで、ID %2! の存在しないサービス キューを参照しています。
9680 メッセージ交換のエンドポイント '%1!' は、存在しないメッセージ交換グループ '%2!' を参照しています。
9681 ID '%1!' のメッセージ交換エンドポイントと is_initiator: %2! は ID '%3!' の存在しないサービス コントラクトを参照しています。
9682 ID '%1!' のメッセージ交換エンドポイントと is_initiator: %2! は ID '%3!' の存在しないサービスを参照しています。
9683 メッセージ交換グループ '%1!' が、ID %2! の存在しないサービスを参照しています。
9684 ID %1! のサービスが削除されました。
9685 ID %1! のサービス コントラクトが削除されました。

コード メッセージ
9686 ハンドル '%1!' のメッセージ交換エンドポイントが削除されました。
9687 メッセージ交換グループ '%1!' が削除されました。
9688 Service Broker マネージャーが起動しました。
9689 Service Broker マネージャーがシャットダウンしました。
9690 %1! プロトコルのトランスポートでは、接続のリッスン中です。
9691 %1! プロトコルのトランスポートにより、接続のリッスンが停止されました。
9692 ポート %2! は他のプロセスで使用中なので、%1! プロトコルのトランスポートではそのポートでリッスンできません。
9693 次のエラーが発生したので、%1! プロトコルのトランスポートでは接続をリッスンできませんでした: '%2!'。
9694 Service Broker マネージャーを起動できませんでした。関連するエラー メッセージについては、SQL Server エラー ログおよび Windows エラー ログを確認してください。
9695 Service Broker タスク マネージャーを起動するために十分なメモリを割り当てられませんでした。このメッセージは、別の問題が発生する可能性があることを意味します。関連するメッセージについて、SQL Server エラー ログを確認し、基になる問題を解決してください。
9696 Service Broker プライマリ イベント ハンドラーを起動できません。このエラーは、別の問題が発生する可能性があることを意味します。関連するメッセージについて、SQL Server エラー ログを確認し、基になる問題を解決してください。
9697 データベース ID %1! の Service Broker を起動できませんでした。問題が発生したので、SQL Server では Service Broker を起動できません。関連するメッセージについては、SQL Server エラー ログを確認してください。
9698 Service Broker セキュリティ マネージャーを起動できません。このメッセージは、別の問題が発生する可能性があることを意味します。関連するメッセージについて、SQL Server エラー ログおよび Windows イベント ログを確認し、基になる問題を解決してください。
9699 CPU の追加中に、追加の Service Broker タスク用のメモリを割り当てることができませんでした。
9701 Service Broker アクティブ化マネージャーを起動できません。このメッセージは、別の問題が発生する可能性があることを意味します。関連するメッセージについて、SQL Server エラー ログおよび Windows イベント ログを確認し、基になる問題を解決してください。
9704 このメッセージを配信できませんでした。メッセージで XML 検証に失敗しました。このエラーは、対象になるサービスにメッセージを配信中に発生しました。
9705 ID %1! のキューのメッセージは無効なメッセージ交換ハンドル '%2!' を参照しています。
9706 ID %1! のストアド プロシージャは無効ですが、ID %2! のキューから参照されています。
9707 ID %1! のアクティブ化ユーザーは無効ですが、ID %2! のキューから参照されています。
9708 ID %1! のキューのメッセージは無効なメッセージ交換グループ '%2!' を参照しています。
9709 ID %1! のキューのメッセージは ID %2! の無効なメッセージ型を参照しています。
9710 ID '%1!' のメッセージ交換エンドポイントと is_initiator: %2! は無効なメッセージ交換グループ '%3!' を参照しています。
9711 転送キューで無効なメッセージ交換 ID '%1!' が参照されています。
9712 ID %1! のリモート サービス バインドは、ID %2! の無効なサービス コントラクトを参照しています。
9713 ID %1! のメッセージ型は無効な XML スキーマ コレクション ID %2! を参照しています。
9715 メッセージ交換ハンドル '%1!' のメッセージ交換のエンドポイントが一貫性のない状態です。SQL Server エラー ログと Windows イベント ログで、ハードウェアに問題がある可能性を示す情報を確認してください。データベースを復旧するには、クリーン バックアップからデータベースを復元してください。クリーン バックアップを使用できない場合は、DBCC CHECKDB の実行を検討してください。DBCC CHECKDB では、データが削除されることがあるので注意してください。
9716 メッセージ交換グループ '%1!' は %2! メッセージ交換ハンドルへの参照をレポートしていますが、実際には %3! を参照しています。
9717 キュー '%1!' でストアド プロシージャによるアクティブ化を有効にできません。queue_activation のイベント通知が、このキューで既に構成されています。
9718 キュー "%1!" に queue_activation のイベント通知は作成できません。このキューでは、ストアド プロシージャによるアクティブ化が既に構成されています。
9719 このメッセージ交換のエンドポイントのデータベースがアタッチまたは復元されます。
9720 メッセージ交換のリモート エンドポイントのデータベースがアタッチまたは復元されます。
9721 Service Broker は、データベース '%1!' のメッセージ交換エンドポイントをクリーンアップできませんでした。他の問題により SQL Server でこの操作を完了できません。関連するメッセージについては、SQL Server エラー ログを確認してください。
9723 ブローカー インスタンス ID が重複しているので、データベース "%1!" はブローカーとして開始されません。
9724 キュー '%2!' で実行中のアクティブ化されたプロセス '%1!' から次の出力がありました: '%3!'
9725 ID %1! のメッセージ型から、無効なスキーマが削除されました。
9726 ID %1! のリモート サービス バインドが削除されました。
9727 このメッセージ交換ではダイアログ セキュリティは使用できません。対象になるサービスのリモート サービス バインドがありません。リモート サービス バインドを作成するか、BEGIN DIALOG ステートメントに ENCRYPTION = OFF を指定してください。
9728 セキュリティ証明書が見つかりません。参照データベース プリンシパル ID (%1!) が有効ではありません。メッセージ交換が作成された後に、セキュリティ プリンシパルが削除された可能性があります。
9730 セキュリティ証明書が見つかりません。参照データベース プリンシパル (ID: %1!) がサーバー プリンシパルに対応していません。メッセージ交換が作成された後に、セキュリティ プリンシパルが削除された可能性があります。
9731 このメッセージ交換ではダイアログ セキュリティは使用できません。データベース プリンシパル (ID: %1!) にバインドされたセキュリティ証明書がありません。メッセージ交換を始めるときに、プリンシパルの証明書を作成するか、ENCRYPTION = OFF を指定してください。
9733 データベース プリンシパル (ID: %1!) にバインドされたセキュリティ証明書の秘密キーがありません。証明書の作成またはインストールが正しく行われなかった可能性があります。証明書を再インストールするか、新しい証明書を作成してください。
9734 データベース プリンシパル (ID: %1!) にバインドされているセキュリティ証明書の秘密キーの長さは、Windows 暗号化サービス プロバイダーと互換性がありません。キーの長さは 64 バイトの倍数にしてください。
9735 データベース プリンシパル (ID: %1!) にバインドされているセキュリティ証明書の公開キーの長さは、Windows 暗号化サービス プロバイダーと互換性がありません。キーの長さは 64 バイトの倍数にしてください。
9736 ダイアログの転送中にエラーが発生しました。エラー: %1!、状態: %2!. %3!。
9737 データベース プリンシパル (ID %1!) にバインドされたセキュリティ証明書の秘密キーはパスワードで保護されています。セキュリティで保護されたダイアログでは、パスワードで保護された秘密キーの使用はサポートされません。
9738 Service Broker メッセージ ディスパッチャーのタスクを作成できません。このメッセージは SQL Server でタスクを作成できない別の問題が発生している可能性があることを意味します。SQL Server エラー ログおよび Windows イベント ログに別のメッセージがあるかどうかを確認してください。
9739 Service Broker メッセージ ディスパッチャーのメッセージ送信機能が %1! 回失敗しました
9740 Service Broker メッセージ ディスパッチャーを起動できません。このエラーは、別の問題が発生する可能性があることを意味します。関連するメッセージについて、SQL Server エラー ログおよび Windows イベント ログを確認し、基になる問題を解決してください。
9741 %1! '%2!' は、削除されたシステム コントラクトを参照していたので、アップグレード時に削除されました。
9742 アクティブ化ストアド プロシージャ '%1!' は無効です。アクティブ化のための一時的なプロシージャを構成できません。
9743 ルート "%2!" の %1! はミラーリングを使用するときのアドレスにしてください。
9744 ルート "%2!" の %1! は有効なアドレスではありません。
9745 SERVICE_NAME が指定されているときは、ルート '%1!' の ADDRESS を 'TRANSPORT' にできません。
9746 ルート '%1!' の LIFETIME は %2! から %3! の範囲内にしてください。
9747 ルート '%1!' の ADDRESS と MIRROR_ADDRESS は同じにはできません。
9748 %1! プロトコルのトランスポートを使用できません。
9749 対象のキューがビジーです。メッセージが配信用のキューに登録されました。

コード メッセージ
9750 このメッセージ交換の対象となるサービス名に一致するルートがありません。このメッセージ交換でのメッセージの対象となるサービス名へのルートを作成してください。
9751 エラー '%1!' により認証が失敗しました。
9752 %1! 接続は拒否されました。リモート サーバーのユーザー アカウントではこの SQL Server にログインできません。ユーザー アカウント: '%2!'、IP アドレス: '%3!'。
9753 対象の Service Broker にアクセスできません。
9754 接続試行がエラー '%1!' で失敗しました。
9755 データ '%1!' を受信中にエラーが発生しました。
9756 隣接するブローカーへの接続中に内部例外が発生しました。エラー: %1!、状態: %2!。%3!
9757 Service Broker/データベース ミラーリング ネットワーク プロトコル エラーが発生しました。
9758 ログイン プロトコル ネゴシエーション エラーが発生しました。
9759 データ '%1!' を送信中にエラーが発生しました。
9761 ダイアログ ハンドル '%1!' の Broker Configuration メッセージ交換は、エラーにより閉じられました。この問題のトラブルシューティングを実行するには、エラーを調査してください: '%2!'。
9762 この SQL Server インスタンスに関連付けられた公開キー証明書を参照中にエラーが発生しました。証明書が見つかりませんでした。
9763 この SQL Server インスタンスに関連付けられた公開キー証明書を参照中にエラーが発生しました。見つかった証明書は現時点では有効ではありません。
9764 この SQL Server インスタンスに関連付けられた公開キー証明書を参照中にエラーが発生しました。見つかった証明書が大きすぎます。
9765 この SQL Server インスタンスに関連付けられた公開キー証明書を参照中にエラーが発生しました。見つかった証明書には公開キーが関連付けられていません。
9766 この SQL Server インスタンスに関連付けられた公開キー証明書の検索中に、不明な内部エラー (%1!) が発生しました。
9767 データベース プリンシパル (ID: %1!) にバインドされたセキュリティ証明書は、BEGIN DIALOG では使用できなくなっています。概要については、オンライン ブックのトピック「証明書と Service Broker (Certificates and Service Broker)」を参照してください。証明書を ACTIVE FOR BEGIN_DIALOG にする構文については、「ALTER CERTIFICATE (Transact-SQL)」を参照してください。
9768 セキュリティで保護されたメッセージ交換に関係するデータベース ユーザーが、相手側のエンドポイントと資格情報を交換する前に削除されました。メッセージ交換の作成中は DROP USER の使用を避けてください。
9769 メモリ不足により、Service Broker/データベース ミラーリング トランスポート マネージャーを開始できません。
9770 Broker Configuration サービスを使用して、ルートおよびセキュリティ情報を検索しています。
9771 Service Broker マネージャーは、シングル ユーザー モードでは無効です。
9772 データベース "%1!" の Service Broker は有効にできません。同じ ID の有効な Service Broker が既に存在します。
9773 データベース "%1!" の Service Broker は無効です。同じ ID の有効な Service Broker が既に存在します。
9774 アタッチされた読み取り専用データベース "%1!" には新しい Service Broker を作成できません。Service Broker は無効になります。
9775 読み取り専用データベース "%1!" には新しい Service Broker を作成できません。
9776 データベース "%1!" の Service Broker を有効にできません。データベースの Service Broker GUID (%2!) が sys.databases の GUID (%3!) と一致しません。
9777 データベース "%1!" の Service Broker は無効になります。データベースの Service Broker GUID (%2!) が sys.databases の GUID (%3!) と一致しません。
9778 ミラー化されたデータベース "%1!" には新しい Service Broker を作成できません。
9779 Service Broker はこのメッセージ交換で END CONVERSATION メッセージを受信しました。Service Broker はメッセージを転送しません。メッセージはアプリケーションがメッセージ交換を終了するまで保持されます。
9780 Service Broker マネージャーを初期化しています。
9781 Service Broker マネージャーをシャットダウンしています。
9782 メッセージのディスパッチ中に内部例外が発生しました。エラー: %1!、状態: %2!。%3!
9783 DNS 参照がエラー '%1!' で失敗しました。
9784 Service Broker はこのメッセージ交換でエラー メッセージを受信しました。Service Broker はメッセージを転送しません。メッセージはアプリケーションがメッセージ交換を終了するまで保持されます。
9785 無効なアドレス '%1!' が指定されました。
9786 セキュリティ コンテキストからユーザー名を取得できません。エラー: '%1!'。状態: %2!。
9787 ブローカーのミラーリング ルートを処理中にエラーが発生しました。エラー: %1!。状態: %2!。
9788 着信メッセージをルーティングできません。ルーティング情報を保持するシステム データベース msdb が使用できません。
9789 着信メッセージをルーティングできません。ルーティング情報を保持するシステム データベース msdb が使用できません。msdb ではブローカーが無効です。
9790 着信メッセージをルーティングできません。ルーティング情報を保持するシステム データベース msdb がシングル ユーザー モードです。
9791 ブローカーは送信側のデータベースで無効になっています。
9792 この SQL Server インスタンスでは転送が無効になっているので、メッセージを転送できませんでした。
9793 対象のサービス名が見つかりませんでした。サービス名が正しく設定されていること、ルーティング情報が指定されていることを確認してください。
9794 ブローカーのミラーリング マネージャーは完全に初期化されていません。
9795 対象になるブローカーが、SQL Server のローカル インスタンスに見つかりませんでした。
9796 対象のサービス名が LOCAL ルートに一致しましたが、ローカルの SQL Server インスタンスにはその名前のサービスはありません。
9797 ルーティング情報を現在更新しているので、分類が遅延しています。
9798 メッセージを分類できなかったので、配信できませんでした。ブローカー メッセージ分類トレースを有効にして、エラーの原因を確認してください。
9801 %1! から %2! への変換中にエラーが発生しました。結果は切り捨てられます。
9802 ロケール識別子 (LCID) %1! は SQL Server ではサポートされていません。
9803 型 "%1!" のデータは無効です。
9804 列またはパラメーター #%1!: %3! データ型に指定された小数秒の有効桁数 %2! が無効です。小数秒の有効桁数の最大値は %4! です。
9805 警告: %1! から %2! への変換中に、情報が失われました。
9806 日付要素 %1! は日付関数 %2! でサポートされていません。
9807 入力文字列がスタイル %1! に従っていません。入力文字列を変更するか、異なるスタイルを使用してください。
9808 この文字列形式から date、time、datetime2、または datetimeoffset への変換では、このセッションの YDM 日付形式はサポートされていません。セッションの日付形式を変更するか、スタイルを明示的な変換に指定してください。
9809 スタイル %1! は、%2! から %3! への変換ではサポートされていません。

コード メッセージ
9810 日付構成要素 %1! はデータ型 %3! の日付関数 %2! ではサポートされていません。
9811 システムのタイム ゾーン情報を取得できませんでした。
9812 ビルトイン関数 %1! に指定されたタイム ゾーンが無効です。
9813 ビルトイン関数 %1! に指定されたタイム ゾーンが原因で、datetimeoffset が UTC またはローカル時刻の有効な日付範囲をオーバーフローしました。
9814 指定された日付は、マイクロソフトの 'クウェート アルゴリズム' で西暦 622 年 7 月 15 日 (ユリウス暦) または西暦 622 年 7 月 18 日 (予期的グレゴリオ暦) に当たる、イスラム暦の開始日より前です。
9815 waitfor delay と waitfor time の型を %1! にすることはできません。
9816 列セットの列数が 2,048 を超えています。列セットで参照される列数を減らしてください。
9817 指定された列セット値では、行の推定サイズが少なくとも %1! バイトになります。これは、許容される最大行サイズの %2! バイトを超えています。行サイズを小さくするには、列セットで指定された列数を減らします。
9901 データベース '%3!' ('%4!') のフルテキスト カタログ '%1!' ('%2!') のディスク領域が不足しています。使用可能なディスク領域が増えるまで、実行中の作成処理がすべて一時停止されます。理由コード: %5!。エラー: %6!。作成を再開するには、ディスク領域を解放してください。
9902 データベース '%3!' ('%4!') のフルテキスト カタログ '%1!' ('%2!') に対しシステム リソースが少なくなっています。より多くのリソースが使用できるようになるまで、進行中の作成処理は一時停止されます。理由コード: %5!。エラー: %6!。このメッセージが頻繁に表示される場合は、複数のカタログに対するフルテキスト インデックス作成処理のシリアル化を試行してください。
9903 フルテキスト カタログのヘルス モニターにより、データベース '%3!' (%4!) のフルテキスト カタログ '%1!' (%2!) のエラーがレポートされました。理由コード: %5!。エラー: %6!。システムにより、以前のチェックポイントから実行中の設定が再開されます。このメッセージが頻繁に表示される場合のトラブルシューティングの詳細については、SQL Server オンライン ブックを参照してください。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
9904 データベース '%3!' (%4!) のフルテキスト カタログ '%1!' (%2!) は、エラーから復旧するために再度マウントされます。理由コード: %5!。エラー: %6!。このメッセージが頻繁に表示される場合のトラブルシューティングの詳細については、SQL Server オンライン ブックを参照してください。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
9905 情報: フルテキスト インデクサーにより、データベース '%3!' ('%4!') のカタログ '%1!' ('%2!') の状態の変更が要求されました。新しい状態: %5!、理由: %6! (%7!)。
9906 フルテキスト カタログのモニターにより、%5! 状態のデータベース '%3!' (%4!) のカタログ '%1!' (%2!) がレポートされました。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
9907 エラー: データベース ID '%2!' のフルテキスト カタログ ID '%1!' に含まれる総項目数が、サポートされる制限を超えています。トラブルシューティングの詳細については、オンライン ブックを参照してください。
9908 データベース '%4!' (%5!) のフルテキスト カタログ '%2!' (%3!) の状態を %1! に変更しています。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
9909 警告: データベース '%4!' (%5!) で、フルテキスト カタログ '%2!' (%3!) の状態を %1! に変更できませんでした。エラー: %6!。
9910 警告: テーブルまたはインデックス付きビュー '%2!'、データベース '%3!' (テーブルまたはインデックス付きビュー ID '%4!'、データベース ID '%5!') に対するフルテキスト %1! の作成中にエラーが発生しました。エラー: %6!。
9911 情報: テーブルまたはインデックス付きビュー '%2!' (テーブル ID またはインデックス付きビュー ID '%3!'、データベース ID '%4!') でのフルテキスト %1! の作成が初期化されました。作成のサブタスク: %5!。
9912 エラー: テーブルまたはインデックス付きビュー '%2!'、データベース '%3!' (テーブルまたはインデックス付きビュー ID '%4!'、データベース ID '%5!') に対するフルテキスト %1! の作成の初期化に失敗しました。エラー: %6!。
9913 情報: データベース '%2!' のテーブルまたはインデックス付きビュー '%1!' (テーブル ID またはインデックス付きビュー ID '%3!'、データベース ID '%4!') で、フルテキストの作成を再開しています。以前に処理されたドキュメント数: %5!、発生したエラー: %6!。
9914 エラー: テーブルまたはインデックス付きビュー '%2!'、データベース '%3!' (テーブルまたはインデックス付きビュー ID '%4!'、データベース ID '%5!') に対するフルテキスト %1! の作成を再開できませんでした。エラー: 0x%6!。再開のきっかけとなった操作を繰り返すか、インデックスを削除して再作成してください。
9915 テーブル '%2!' (テーブル ID '%3!'、データベース ID '%4!') に対するフルテキスト %1! の作成処理が、一時エラーの後、再初期化されました。エラーの前に処理されたドキュメント数: %5!。発生したエラー: %6!。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザーによる操作は不要です。
9916 エラー: 一時的なエラーが発生した後、テーブルまたはインデックス付きビュー '%2!'、データベース '%3!' (テーブルまたはインデックス付きビュー ID '%4!'、データベース ID '%5!') に対するフルテキスト %1! の作成の再初期化に失敗しました。エラー: %6!。
9917 フルテキスト docid マッパーで内部エラーが発生しました。
9918 警告: フルテキスト カタログ '%1!' では FAT ボリュームが使用されています。このカタログでは、セキュリティと差分バックアップはサポートされません。
9919 SQL Server がシングル ユーザー モードで起動されたので、フルテキスト DDL コマンドが失敗しました。
9920 警告: データベース '%3!' ('%4!') で、フルテキスト カタログ '%1!' ('%2!') の MSFTESQL インデクサー インターフェイスを取得できませんでした。エラー: %5!。
9921 アップグレード中に、CoCreateGuid で致命的なエラー 0x%1! が発生しました。'%2!' のフルテキスト カタログ ファイル名を解決できませんでした。
9922 警告: テーブルまたはインデックス付きビュー '%1!' のフルテキスト作成で、データのバッチを MSFTESQL サービスに送信できませんでした (テーブルまたはインデックス付きビュー ID '%2!'、カタログ ID '%3!'、データベース ID '%4!')。エラー: %5!。
9923 警告: テーブルまたはインデックス付きビュー '%1!' のフルテキストの作成で、データのバッチを MSFTESQL サービスに送信中、リソースが少なくなっていることがレポートされました (テーブルまたはインデックス付きビュー ID '%2!'、カタログ ID '%3!'、データベース ID '%4!')。エラー: %5!。
9924 フルテキスト カタログ '%1!' を再構築できませんでした: カタログ ヘッダー ファイルが読み取り専用です。
9925 フルテキスト カタログ '%1!' を再構築できませんでした: フルテキスト カタログは読み取り専用です。
9926 情報: MS Search 停止制限に達しました。フルテキスト クエリで返された行数は正しい行数よりも少ない可能性があります。
9927 情報: フルテキスト検索条件にノイズ ワードが含まれています。
9928 計算列 '%1!' は不明確または不正確で保存されない計算列なので、フルテキスト検索には使用できません。
9929 計算列 '%1!' を image 列または varbinary(MAX) 列のフルテキスト列としては使用できません。この計算列のサイズを %2! 文字以下にして、明確で正確か、または保存される計算列にしてください。
9930 NULL ドキュメント型が指定されました。行にフルテキスト インデックスが設定されません。
9931 ドキュメント型が許容最大長を超えています。行にはフルテキスト インデックスが作成されません。
9932 ドキュメント型の値が不適切です。行にはフルテキスト インデックスが作成されません。
9933 内部エラー: 行にフルテキスト インデックスを作成できません。プロトコル ハンドラーが正しい順序で呼び出されませんでした。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザーによる操作は不要です。
9934 行が見つかりませんでした。行はインデックスの作成中に削除または更新されました。
9935 警告: カタログ '%1!' で使用されるワード ブレーカー、フィルター、またはプロトコル ハンドラーが、このインスタンスに存在しません。sp_help_fulltext_catalog_components および sp_help_fulltext_system_components を使用して、一致しないコンポーネントを確認してください。カタログの再構築をお勧めします。
9936 情報: フルテキストでサポートされている言語が見つかりません。
9937 複雑すぎて実行できないフルテキスト列またはフルテキスト クエリが多すぎます。
9938 指定されたユーザーまたはロール '%1!' が見つかりません。
9939 現在のユーザーまたはロール '%1!' には、所有者を設定するために必要な権限がありません。
9940 エラー: テーブルまたはインデックス付きビュー '%2!' (テーブルまたはインデックス付きビュー ID '%3!'、データベース ID '%4!') に対するフルテキスト %1! の作成は、以前に発生したエラーにより終了されます。
9941 情報: テーブルまたはインデックス付きビュー '%2!' (テーブル ID またはインデックス付きビュー ID '%3!'、データベース ID '%4!') で、データベースが使用できないため、システムによりフルテキスト %1! の作成が中断されています。データベースが使用可能になった時点で、システムにより作成が再開されます。
9942 情報: テーブルまたはインデックス付きビュー '%2!' (テーブル ID またはインデックス付きビュー ID '%3!'、データベース ID '%4!') でのフルテキスト %1! の作成は、ユーザーにより取り消されました。
9943 情報: テーブルまたはインデックス付きビュー '%2!' (テーブル ID またはインデックス付きビュー ID '%3!'、データベース ID '%4!') で、フルテキスト %1! の作成が完了しました。処理されたドキュメント数: %5!。失敗したドキュメント数: %6!。再試行されるドキュメント数: %7!。
9944 情報: テーブルまたはインデックス付きビュー '%2!' (テーブル ID またはインデックス付きビュー ID '%3!'、データベース ID '%4!') で、%1! 作成のフルテキスト再試行パスが完了しました。処理されたドキュメント数: %5!。失敗したドキュメント数: %6!。
9945 エラー: データベース '%3!' ('%4!') のカタログ '%1!' ('%2!') に対して実行中のすべてのフルテキスト作成は、エラーにより終了しました。エラー: 0x%5!。
9947 警告: ディレクトリ '%1!' で、フルテキスト カタログの ID がデータベース '%2!' と一致しません。フルテキスト カタログをアタッチできません。
9948 警告: フルテキスト カタログのパス '%1!' は無効です。長さの制限を超えているか、相対パスか、隠しディレクトリです。フルテキスト カタログをアタッチできません。
9949 警告: データベース '%3!' ('%4!') のフルテキスト カタログ '%1!' ('%2!') に対する実行中のフルテキストの作成がすべて一時停止されました。理由コード: %5!。エラー: %6!。このメッセージが頻繁に表示される場合は、インデックス作成のパフォーマンス チューニングの詳細について、オンライン ブックを参照してください。
9950 情報: フルテキスト カタログのヘルス モニターにより、データベース '%3!' ('%4!') のカタログ '%1!' ('%2!') のエラーがレポートされました。理由コード: %5!。エラー: %6!。カタログは破損し、実行中の作成処理はすべて停止されます。カタログの再構築を使用して、エラーを復旧し、作成を最初から開始してください。
9951 警告: デタッチ中は、データベース %1! を変更できません。データベースが読み取り専用、スタンバイ、またはシャットダウンの状態にあります。フルテキスト カタログは削除されません。'@keepfulltextindexfile = false' は無視されます。
9952 情報: 致命的なクロール エラーにより、テーブルまたはインデックス付きビュー '%1!' (テーブル ID またはインデックス付きビュー ID '%2!'、データベース ID '%3!') で、フルテキストの変更の自動追跡が無効になります。

コード メッセージ
9953 パス '%1!' に無効な属性が含まれています。このパスはディレクトリにする必要があります。また、隠しディレクトリ、読み取り専用のディレクトリ、リムーバル ドライブにはしないでください。
9954 SQL Server はフィルター デーモン起動サービスと通信できませんでした (Windows エラー: %1!)。フルテキスト フィルター デーモン プロセスを開始できませんでした。フルテキスト検索機能は使用できません。
9955 SQL Server は、名前付きパイプ '%1!' を作成して、フルテキスト フィルター デーモンと通信することができませんでした (Windows エラー: %2!)。フィルター デーモン ホスト プロセスの名前付きパイプが既に存在するか、システムのリソースが少なくなっているか、またはフィルター デーモン アカウント グループのセキュリティ ID 番号 (SID) の検索が失敗しました。このエラーを解決するには、実行中のフルテキスト フィルター デーモン プロセスをすべて終了し、必要に応じて、フルテキスト デーモン ランチャー サービス アカウントを再構成してください。
9959 要求されたタスクを実行できません。フルテキスト メモリ マネージャーが初期化されていません。
9960 ビュー '%1!' はインデックス付きビューではありません。このビューにはフルテキスト インデックスを作成できません。
9961 フルテキスト カタログの論理名プロパティ、サイズ プロパティ、最大サイズ プロパティ、ファイル拡張プロパティ、およびオフライン プロパティを変更することはできません。
9962 フルテキスト カタログを '%1!' から '%2!' に移動できませんでした。OS エラー '%3!'。
9963 フルテキスト カタログで、アクセントの区別の不一致が検出されました。カタログ ID '%1!'、データベース ID '%2!' のフルテキスト カタログはリセットされます。
9964 フルテキスト操作を完了できませんでした。ファイル グループ '%1!' が空、読み取り専用、またはオフラインです。
9965 '%1!' パラメーターに NULL または無効な型の値が指定されました。
9966 master、tempdb、または model データベースではフルテキスト検索を使用できません。
9967 データベース '%1!' に既定のフルテキスト カタログが存在しないか、ユーザーにこの操作を実行する権限がありません。
9968 警告: テーブルまたはインデックス付きビュー '%1!' (テーブルまたはインデックス付きビュー ID '%2!'、データベース ID '%3!')、フルテキスト キー値 '%4!' のフルテキスト インデックスの作成中に、適切なフィルターが見つかりませんでした。行内の一部の列にインデックスが設定されませんでした。
9969 警告: テーブルまたはインデックス付きビュー '%1!' (テーブルまたはインデックス付きビュー ID '%2!'、データベース ID '%3!')、フルテキスト キー値 '%4!' のフルテキスト インデックスの作成中に、適切なワード ブレーカーが見つかりませんでした。行の一部の列には、ニュートラルなワード ブレーカーが使用されました。
9970 フルテキスト操作を完了できませんでした。テーブルまたはインデックス付きビュー '%1!' のフルテキスト キーがオフラインです。
9971 警告: テーブルまたはインデックス付きビュー '%1!' (テーブルまたはインデックス付きビュー ID '%2!'、データベース ID '%3!')、フルテキスト キー値 '%4!' のフルテキスト インデックスの作成中に、埋め込みオブジェクトに適切なフィルターが見つかりませんでした。行内の一部の埋め込みオブジェクトにインデックスを設定できませんでした。
9972 データベースが完全には起動されていないか、オンライン状態ではありません。データベースが起動され、オンライン状態になってから、フルテキスト DDL コマンドを再試行してください。
9973 情報: テーブルまたはインデックス付きビュー '%2!' (テーブル ID またはインデックス付きビュー ID '%3!'、データベース ID '%4!') で、フルテキスト %1! の作成が一時停止されました。処理されたドキュメント数: %5!。失敗したドキュメント数: %6!。
9974 警告: 実行中のカタログの完全な作成処理だけを一時停止できます。コマンドは無視されます。他の種類の作成処理は停止だけが可能で、同じ種類のクロールを再開したときに続行されます。
9975 警告: 一時停止された、カタログの完全な作成処理だけを再開できます。コマンドは無視されます。
9977 警告: ディレクトリ '%1!' で、フルテキスト カタログの最後の作成完了時刻がデータベース '%2!' と一致しません。フルテキスト カタログはアタッチされていますが、フルテキスト カタログの再作成が必要な場合があります。
9978 警告: アップグレード中にテーブル '%1!' のフルテキスト インデックスが無効になっています。少なくとも 1 つのフルテキスト キー列、フルテキスト列、または型列が、不明確または不正確な計算列です。
9979 警告: アップグレード中にデータベース '%2!' のフルテキスト カタログ '%1!' をパス '%3!' で作成できなかったため、このカタログはオフラインに設定されています。アップグレード後にフルテキスト カタログのパスを修正して、フルテキスト カタログを再構築してください。
9980 変数パラメーターは、フルテキスト述語の contains、freetext およびリモート テーブルに適用された関数の containstable、freetexttable に渡すことはできません。
9982 ユーザー インスタンスではフルテキスト検索を使用できません。
9983 フルテキスト コンポーネント '%2!' の値 '%1!' が許容最大長 (%3! 文字) を超えています。値の長さを短くしてください。
9984 情報: テーブルまたはインデックス付きビュー '%2!' (テーブル ID またはインデックス付きビュー ID '%3!'、データベース ID '%4!') で、フルテキスト %1! の作成が一時停止されました。
9998 列 '%1!' をフルテキスト インデックスに追加することはできません。フルテキスト インデックスは 1,024 列に制限されています。フルテキスト インデックスを作成する場合は、列数を減らしてください。
9999 テーブル '%2!' の列 '%1!' は、スパース列セットなので、フルテキスト検索には使用できません。
10000 不明なプロバイダー エラー。