読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

ITとアコースティックギター、そして日常のひとこま。

【悲報】老後資金は私の分はあるけど、あなたの分はないよ、と言われた件

よもや話
スポンサーリンク

 世間でたびたび話題にのぼる老後資金。

「1000万円は必要」「いや2000万円は要る」

など出てくる金額はまちまちですね。

f:id:lightgauge:20141112234601j:plain

実際はその時でないとわからに必要な老後資金

実際のところは自分が「老後」になった時の

景気や社会情勢、何年生きるのか、健康なのか

などなどいろいろな条件があるので、

その時にならないとわからないのが現状でしょうね。

 

わたしたち夫婦はまだ「老後」には少し早く、

今はこども達の学費をどうするかが大きな

争点です。

衝撃の宣告を受ける

そんな中で先日衝撃の宣告を妻から受けました。

こんな感じの宣告でした。

今度も月曜日に塾の月謝が必要なんだけど。

いくら必要だったけ?

月曜日は1万5千円。

じゃあ月曜日に銀行に寄って下ろしてくる。

お願い。でもお金いっぱい要るねぇ。

仕方ないよ、しばらくは。これが終わったら老後資金やね。

ああ、私は結婚前に貯めたお金があるから何とかなるけど
あなたの分はないからねぇ。

え?

結婚前の貯金は夫婦の共有財産じゃないから。

・・・ああ、そうだね。あまり長生きしないようにするわ。

いや、お金貯まったら長生きしてもいいんじゃない?

・・・ああ、貯まったらね・・・

という感じの宣告でした。

多分、彼女は私がいなくても立派に生きていくでしょう。

それはそれで少し安心かな。それでいいんでしょう。

きっとそれでいい。

万が一自分が早くいなくなっても、

ちゃんと生きて行ってくれるので

あれば、こんなに気持ちが楽に

なることはない。 

 

さぁ、あとはどうやって

「老後資金」貯めようかな。

長生きあきらめますか。

日本人の4割が老後準備資金0円 老後難民にならない「逆算の資産準備」 (講談社+α新書)
 
50歳から老後資金を作る! お金の知恵袋

50歳から老後資金を作る! お金の知恵袋