攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

人生、なすがママ、きゅうりがパパ

学資保険に入ってなかったらわが家も詰んでたかもしれない。年間300万円ですよ・・・

昨日、見ました。
www.businessinsider.jp


これ、わが家も他人ごとではない可能性があったこと。

年間300万円以上必要な「学費」

わが家はの子供たちは去年から1人、今年から1人が大学生になりました。


年子なので仕方ないのですが、わが家は必ず「重なる」時期が出てきます。


幸いにも2人とも「行きたい大学」に合格してくれたので、親としては「安心」一言なのですが、やはり「学費」は相当のものに


今年の学費は「授業料」だけで合わせて300万円弱。


その他「交通費」や「教科書代」に「備品」、その他もろもろを含めると300万円を超えます。


年間ですよ。
毎年「300万円」。
4年間で卒業してくれても「1,200万円」。

車買えるやん。

おかしくないですか?

下手したら年収くらい行く人も出てくるよね。


何にそんなに必要なのかわかりませんが、ちょっと高すぎる気がします。


わが家が詰まなくて済んだのは学資保険のおかげ

わが家、こんな状況でもなんとか詰まないで済んでます。


それは子供が生まれてすぐに妻が始めてくれた「学資保険」のおかげ。


妻が「学資保険、しとかなあかんと思う」と言った時は正直「まだ、そんな先の事。そのころには、今よりもっと稼いでるって」と変な自信があったのです。


でもどうしても妻が「お金貯めるのは大変なので、強制的くらいでやらんと・・・」と言うので、2人の子供とも学資保険に入りました。


今はこれがあるので何とか学費払えてます。


もしあの時「要らん、要らん」と入らなかったら・・・と思うと、かなり恐ろしい。
(全然、稼げてないし、本当に子供たちに「学校諦めて」って言わないといけなかったかも知れなない。)

妻に感謝。


ということで、保険料を払うときは「痛~~~い(年払いで15万円んくらい)」って思いますが、もらうときには「おぉ、あって助かった」ってなります。


備えあれば憂いなし。
できるのであれば学資保険は入っておいた方が良いのかも。